Xperia AX SO-01Eの評価レビュー! 機能やスペック・性能

 

 

NTTドコモの2012年冬モデルとして登場した「Xperia AX SO-01E」のレビューをお届けします。

ソニーの技術をふんだんに盛り込んだだけでにとどまらず、同じ国内向け機能を搭載した「Xperia acro」「Xperia acro HD」と異なり、他のXperiaシリーズで好評なアーチ状のデザインを実現しています。



「Xperia AX SO-01E」本体。タッチパネルとガラス層を一体化した約4.3インチHD(1280×720)液晶にシーンやコンテンツの解像度に応じて自動で効果を調整する「モバイルブラビアエンジン2」を搭載したほか、CPUに「Xperia GX」などと同じ「MSM8960(1.5GHz、デュアルコア)」を採用しており、OSのバージョンはAndroid 4.0。

Xperia AX SO-01Eのサイズ

Xperia AX SO-01Eの横幅は65.0mmで、厚みは8.7mmです。手が大きい男性であれば楽々と片手操作ができますが、手が小さい女性ではすこし大きく感じそうなサイズ感です。また、Xperia AX SO-01Eの重さは約120.0gです。片手で操作していても重さをほとんど感じないくらいの重さで、長時間操作でもあまり手が疲れることはないでしょう。

Xperia AX SO-01Eの総合的な持ちやすさを評価すると、このくらいのサイズ・重さであれば、普段使いでほとんど問題にはならないでしょう。


黒つぶれや白とびしやすい逆光時やノイズが出やすい暗い場所でもキレイに撮影できるソニーの裏面照射型CMOS「Exmor R」を採用した1300万画素カメラを搭載。

 つまりどういうことか? 今までのXperiaシリーズのスタイルを守っているということだ。きれいな画面、きれいな写真が撮れるカメラはXperiaの要と言ってよい。

 日本向け機能では、ワンセグおサイフケータイ赤外線通信に対応し、防水・防塵仕様なので水回りで使う場合や外出先の雨も気にならない。が、筆者は知っている。ちょっと水に濡れたくらいでスマホはそうそう壊れない(壊れた人はごめん)。だが汚す人はいる。筆者は汚したスマホを水で洗える、というのが防水の最大のメリットだと思っている。おにぎりやパンを持った手で触っている人、あなたのスマホは脂ぎっていないか?  私の手は脂ぎっている。防水は必須だ。

Xperiaで久しぶりの防水・防塵仕様

ドコモ冬モデル「Xperia AX」
 

「Xperia AX」は、Xperiaシリーズとして春モデルのacro HD以来の防水・防塵モデル。

 チップセットは1.5GHzのデュアルコアCPUで、クアッドコアCPUほどではないにせよ、最近のスマートフォンとしては必要十分な処理能力がある。OSも主流のAndroid 4.0。常に最先端を狙っている人でなければ十分だ。

 ドコモの高速通信LTEサービス「Xi」は、下り最大100Mbps・上り最大37.5Mbpsに対応したので、とくに地方のユーザーには嬉しいはずだ(下り100Mbps/上り37.5Mbpsのエリアは地方から導入され、東名阪などの都市部は2014年の予定)。さらに海外版おサイフケータイと呼ばれ、世界的に普及が進む非接触通信「NFC」にも対応している。
 最強・最先端端末というわけではないが、欲しい機能、トレンドは網羅しているうえ、これまでの実績を考えると「買って外れはない」と言えそうだ。

 すでに発売中のXperia acro HD SO-03DXperia GX SO-04Dと何が変わったのか気になる人も多いと思う。なので、ここで従来モデルと比較しつつチェックしてみよう。

Xperia AX SO-01Eのバッテリー性能

Xperia AX SO-01Eのバッテリー性能は1700mAhあり、比較的少ない容量です。Xperia AX SO-01Eの連続通話時間は、約460分です。他のスマホと比較するとXperia AX SO-01Eの電池もちはよくありません。そのため。ほとんど操作しないか充電環境がある場所でしか使わないなら十分ですが、基本的に予備のモバイルバッテリーを持っておくとよいでしょう

Xperia AX SO-01EのCPU性能

Xperia AX SO-01Eの処理性能は1.5GHzのデュアルコア(2コア)で割と性能が高いです。現在までに発売されているスマホの中ではハイレベルからミドルクラスに位置する性能ですが、たいていのアプリを使っていてもストレスを感じることはありません。軽めの3Dゲームであればほとんど不満なく遊べます。2Dゲームならストレスをほとんど感じることはないでしょう。

Xperia AX SO-01Eのメモリ容量は1GBしかなく、かなり少ないです。定常的にメモリが不足するため、軽めのアプリを使っていても動作が不安定になったり、カクカクしたりします。

Xperia AX SO-01Eの総合的な動作速度を評価すると、ミドルレンジ~ローエンドに分類されるスマホであり、普段使いではあまり問題に感じることはありませんが、少し性能が足りないと感じるケースが多少あるでしょう。