Windows 10でSpotlightロック画面設定を変更する方法とやり方・手順!!背景画像を変更!!

 

 

Microsoft Windows 10で最も一般的に使用されるパーソナライゼーション機能の1つは、ロック画面とデスクトップの背景画像を変更する機能です。それが家族やペットの写真であろうと、お気に入りの作者からの引用であろうと、人々は通常、デフォルトのマイクロソフト提供の画像をより個人的な意味を持つものに変更することを選択します。

背景画像が機能として最初にインストールされて以来、このようになっています。

Windows 10の最近のバージョンでは、Spotlightと呼ばれる機能を使用して、ロック画面の背景の選択に少しひねりを加えました。Windows 10 Spotlightは、意図したとおりに使用すると、ユーザーから受け取ったフィードバックに基づいて、ロック画面にさまざまな高品質の写真を毎日表示します。Windows 10 Spotlightの構成設定を変更したり、システムが以前のフィードバックから収集した設定を調整したりする簡単な方法はありません。いくつかの高度な技術が必要です。

このチュートリアルでは、Windows 10のロック画面にあるWindows 10 Spotlightシステムのデフォルトの構成設定を変更する方法を示します。

 

 

Windows 10 Spotlightロック画面設定を変更する方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図Aは、典型的なWindows 10 Spotlight画像がロック画面にどのように表示されるかを示しています。ユーザーは画像に関する詳細情報を要求し、簡単なフィードバックを提供し、Bingから最新のニュースを受け取ることができます(左上隅)。

 10では、Windows 10にログインするためのプロビジョニングがないことに注意してください。そこにアクセスするには、フィードバックを提供するか、リンクが添付されていない場所で画像をクリックする必要があります。提供できるフィードバックは、単純な「はい、好きです」または「いいえ、好きではありません」に限定されています。時間の経過とともに構築されるその単純なフィードバックによって、次に表示される画像が決まります。

簡単に言えば、これがWindows 10のスポットライト機能のしくみです。ただし、理由は不明ですが、その動作を変更するには必要以上の作業が必要です。

 

①パーソナライゼーション設定に移動すると、Windows 10スポットライトをオフ

②[スタート]ボタンをクリックし、[システム]アイコンをクリック

③[システム]画面で、リストから[個人設定]項目を選択

④左側のナビゲーションバーで[画面のロック]項目をクリックして、図Bに示す画面を表示します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背景設定をWindows 10スポットライトから、自分で選択した静止画像またはスライドショーのフォルダーにある一連の画像に変更します。これにより、ロック画面からWindows 10スポットライトがなくなり、構成設定を変更する必要がなくなります。

 

残念ながら、Windows 10 Homeユーザーの場合、Windows 10 Spotlightの構成設定を変更する機能は制限されています。フィードバック設定をFalseにリセットして、新しいフィードバックから始めることができますが、これにはWindowsレジストリファイルの編集が含まれます。プ

 

通常よりも複雑であるため、編集から得られる小さなメリットは、時間やリスクに見合わない場合があります。

 

レジストリ編集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

免責事項: Windowsレジストリファイルの編集は深刻な作業です。破損したWindowsレジストリファイルは、コンピューターを動作不能にし、Windows 10オペレーティングシステムの再インストールとデータの損失の可能性を必要とする可能性があります。続行する前に、Windows 10レジストリファイルをバックアップし、有効な復元ポイントを作成します。

 

デスクトップの検索ボックスに「regedit」と入力し、regeditアプリケーションを選択します。このキーに移動します。

Computer \ HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Lock Screen \ Creative

右側のウィンドウでCreativeJsonエントリをダブルクリックし、値を編集します(図C)。値の文字列は非常に長いですが、feedbackProvidedを見つけて「true」から「false」に変更したいとします。データ値の文字列をメモ帳にコピーし、そこで編集してから、テキストを[データ値]ボックスに貼り付けます。

完了したら、[OK]をクリックして、regeditアプリを終了します。

 

 

影響が見られるようになるまで数時間かかる場合がありますが、新しいフィードバックに基づいて、受け取る画像に違いが見られるはずです。

Windows Enterprise、Education、およびProユーザーの場合、システム管理者および管理者権限を持つユーザーは、グループポリシーエディターを使用してWindows 10スポットライト設定を変更できます。

Windows 10 Proでは、デスクトップの検索ボックスに「グループポリシーエディター」と入力し、グループポリシーエディターアプリケーションを選択します。

この設定セクションに移動します。
ユーザーの構成\管理用テンプレート\ Windowsコンポーネント\クラウドコンテンツ

 

 

 

図Dを見るとわかるように、このセクションにはいくつかの構成設定があります。

 

 

図D

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には、MicrosoftがWindows 10スポットライトでサードパーティのコンテンツを提案したくないので、例としてその設定を編集します。

「Windowsスポットライトでサードパーティを提案しない」というラベルの付いた設定をダブルクリックします。「有効」ラジオボタン(図E)をクリックし、「適用」と「OK」をクリックします。

 

 

 

図E

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グループポリシーエディターを閉じて、プロセスを完了します。

Windows 10スポットライトのその他の設定を変更するために必要なプロセスも同様です。覚えておいてください。システムはあなたのフィードバックに基づいて表示する画像を変更するので、好きなものと嫌いなものに注意してください。

また、パーソナライゼーション設定を静止画像またはスライドショーにしばらく変更しても、Windows 10スポットライトのフィードバック設定はリセットされません。フィードバックはクラウドに保存され、ロック画面に使用する背景画像や設定に関係なく保持されます。