オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

イヤホン 未分類

WF-SP700NとWF-1000Xとの比較。両者の違いは?

投稿日:


2018年4月に発売されましたソニーの完全ワイヤレスイヤホン新機種 WF-SP700N。
気になっている方も多いのではないでしょうか。
先に発売されているWF-1000X同様ノイズキャンセリング機能やアンビエントサウンドモードを搭載し、さらにスポーツ向けの要素が色々加わったモデルとなっております。

両者を比較しながらちょっとご紹介していきます。

WF-SP1000Xはスポーツモデル

ストリート向けモデルのWF-1000Xに対し、WF-1000Xはスポーツモデル。
スポーツ用の防滴性能を加え、それに伴うデザイン変更が基本的な違いですね。

また、音質設計としては「extra bass」という低音重視型となり、WF-1000Xのほうがそれよりは音質は上のクラスということのようです。

サイズとしてはWF-SP700Nの方が一回り二回り大き目です。・・・が、フィット感は抜群でジョギング程度の運動ではびくともしませんでした。
他には充電機能付きケースがWF-SP700Nのほうが小型化されており、使い勝手は良くなっている印象です。

 

WF-SP700NとWF-1000Xのスペックを比較

WF-SP700N WF-1000X
発売日 2018年4月28日 2017年10月7日
防水性能 iPX4(防滴) iPX2
EXTRA BASS
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.1
対応コーデック SBC/AAC SBC/AAC
対応プロファイル A2DP/AVRCP/HFP/HSP A2DP/AVRCP/HFP/HSP
連続再生時間(イヤホン単体/充電ケース込み) 最大3時間/最大9時間 最大3時間/最大9時間
充電時間(イヤホン本体/充電ケース) 約1.5時間/約3時間 約1.5時間/約3時間
ノイズキャンセリング
NFC接続
アンビエントサウンド(外音取り込み機能)
クイックサウンドセッティング(任意の設定に瞬時に切り替え)
重量(イヤホン単体) 約7.6g (イヤホン1個) 約6.8g (イヤホン1個)
重量(充電ケース) 約45g 約70g
カラー ブラック/ホワイト/イエロー/ピンク ブラック/シャンパンゴールド

主な違いは

ポイント1. WF-SP700NはIPX4防水規格」に対応。汗や小雨から守るには十分な防水性能です、選べるカラーを見てもスポーツシーンでの使用を意識していることが分かります。

ポイント2. WF-SP700NはEXTRA BASS sound搭載。迫力の重低音を実現してくれます。

ポイント3. カラーバリエーション。WF-1000Xはシックなブラックとシャンパンゴールドの2色展開ですが、WF-SP700は全4色展開。ピンクやイエローカラーなど、スポーツシーンを意識した多彩なカラー展開です。

サウンドの比較

両者共に低音から高温まで解像度の高いサウンドです。それに加え、WF-SP700NにはEXTRA BASS soundを搭載。
迫力の低音域と、それでいて中高音もクリアなバランスの良さを感じます。
ヴォーカルの中音域もしっかりクリアに聴き取れます。

音質のみで比較しますと、正統派vs低音重視派といった感じですね。

迫力ある重低音とクリアさは、他の完全ワイヤレスイヤホンと比較しても間違いなく上位レベル。
WF-SP700Nの大きな魅力の一つとなっている部分です。

ノイズキャンセリングとアンビエントサウンド

こちらの機能は両者ともに搭載。独立型完全ワイヤレスイヤホンで、ノイズキャンセリング搭載なのはさすがSONYです。

一般的なイヤホンのノイズキャンセリングと比較すると多少ききが弱めな感じはありますが、それでも十分効果を感じられるレベルです。ノイズキャンセリングをオンにすると、す~っと外音が消えていきます。電車内などでも十分活躍してくれます。

専用アプリ「Headphones」を使うと外音コントロールを設定可能。様々なモード選択が可能になります。

アンビエントサウンドは、簡単に言うと外音をあえて取り込むというもの。イヤホンに搭載されたマイクで外音をひろい、イヤホンを装着した状態で周囲の音を聞くことができる機能です。特に屋外で使用される方には重宝する機能です。

この2つの機能に関しては両者に性能の違いは殆どないかと思います。

まとめ

双方ともに音質や装着感はかなり良いレベル。サウンドの傾向や、防水仕様を比べるとWF-1000Xは普段用、WF-SP700Nは運動用という事になるかと思います。
ただ、運動しない方でもIPX4防水規格」の防滴性能やEXTRA BASS soundの迫力ある音質はかなり魅力的。
本体サイズや外観のデザインは好みが別れる所ではありますが。

WF-SP700N、WF-1000Xともに個別のレビュー記事がございますので、是非そちらも御覧ください。

関連記事
IPX4防水規格に対応した完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」
ソニー WF-1000x ノイズキャンセルワイヤレスイヤホン レビュー

-イヤホン, 未分類
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.