コンパクトなキーチェーン300ルーメンLEDライト SUREFIRE SIDEKICKレビュー!!

小さいのに超強力なキーチェーンライトのSUREFIRE SIDEKICKです。

こちらのライトは内蔵型のリチウムイオン充電池を搭載したコンパクトなキーチェーンLEDライト。
付属のマイクロUSBケーブルにて充電が可能です。
MAX300ルーメン 3段階調光。ワイドに広がる配光と軽量コンパクトなボディが特徴です。
見た目は車のエントリーキーかセキュリティーのリモコンのようなもの。サイズも概ね同じ程度です。

これまでの筒型のライトとは異なるSUREFIREの新しい挑戦的なデザインです。時代は変りました。
これまでSUREFIREを手にすることのなかった層へもコミットし始めたという事でしょう。
軍や警察などに関わらない一般の人々にも手にとってもらうことを目的としたアイテムだと思います。

スイッチはボディ上部にあるプッシュ式のスイッチ。
親指で押してボディを挟むようにして使います。スイッチの感触は硬め。グッと押し込む感じです。
誤動作を防ぐ目的だと思います。

明るさは3段階に設定されており、ディフォルトでは1秒以内にスイッチを押す毎にLow→Med→Hi→OFF→Low…の順でサイクルします。4回スイッチを押すと消灯します。

また、各モードで1秒以上点灯させた後、スイッチを再度押すと消灯します。原則必ずLowモードより点灯します。以下の手順でHiから点灯するように調整が可能です。

  1. マイクロUSBコネクターをSIDEKICKのポートに挿し込む(充電状態)
  2. プッシュボタンを押して、Hiモードの点灯状態にする。
  3. Hiモードで約5秒から6秒間点灯させ、スイッチボタンを押して消灯。
  4. SIDEKICKからUSBケーブルを外し、テストしてください。
  5. Lowモードスタートに戻す場合は手順2をLowモードにしてください。※Medモードスタートには設定できません。LowまたはHiのいずれかです。

●Lowモード 5ルーメンでの照射。手元を照らすのに適した明るさ。

●Medモード 60ルーメン。足元を照らすのに適した感じの明るさ。ランタイムは4時間と充分。常時点灯で使うのであれば、Medモードがおススメです。

●Hiモード 300ルーメン。ふわっと広がる拡散光。この手のライトにしてはかなり明るい設定。しかもリフレクターを装備しているので光りの飛ぶ距離も意外とあると思います。

リフレクターの形状はキーライトのTITAN-AやTITAN-Bと同じ仕様。リフの広さや深さもさほど違いは無さそうです。手元、足元を照らすのに適した拡散配光となります。

ディフォルトで付くキーリングの内径は13mmと広め。なので、鍵束はもちろん、カラビナやフックなどにも付けられます。鍵束だけでなく、「身につける系」の用途で使いたい方であればかなり便利なパーツかと思います。なお、リングは焼きいれされた鋼製で硬くて丈夫です。

ボディは丈夫で軽量なABS樹脂。スイッチの反対側にあるSIDEKICKと刻印された部分は金属製。この部分がヒートシンクの役目を果たします。Hiモードで連続点灯させるとこの部分に熱を感じます。熱いと思ったら消灯するか明るさを落として冷ましてください。

充電はマイクロUSBケーブルにて行います。3時間で約90%の急速充電が可能。USBを接続し充電開始後 、充電し始めLEDライトが点滅し正常に充電が開始されたことを表示し約2~3秒後に自動で消灯。
充電終了のインジケーターによる表示は有りません、過充電による破損・事故の防止の為3時間以上の充電はおこなわないでください。

これまでのSUREFIREにはないコンセプトの充電式ライトです。
他社の同型ライトと比べて非常に明るい設定なのが魅力。しかも点灯順を変えられるのでユーザーの好みにカスタマイズすることが出来ます。配光はワイド拡散光なので近距離での使用に適しております。Lowモードであれば手元、Medで足元、Hiであれば5m以上先でもに明るく照らすことが出来ます。あなたにとって日常の相棒(SIDEKICK)になりうるアイテムです。

(シュアファイア) SUREFIRE SIDEKICK コンパクト LED キーチェーンライト SIDEKICK-A

新品価格
¥9,200から
(2018/10/25 11:17時点)

日本正規品 SUREFIRE シュアファイヤーサイドキック キーチェーン型ライト USB充電式 300ルーメン SIDEKICK-A

価格:11,564円
(2018/10/25 11:18時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

SUREFIRE x LUMINOX Wネーム 2211 リストライトレビュー!

SUREFIRE x LUMINOX
SUREFIRE x LUMINOX

LUMINOXとSUREFIREのダブルネーム!2211-A-BK-LMX

USAを代表する二つのメジャーブランドが組み合わさった非常にレアなアイテムです。

SUREFIRE 2211 主な仕様

明るさ Hi:300ルーメン、Mid:60ルーメン、Low:15ルーメン
照射時間 Hi:1時間 ※タクティカルランタイム50ルーメンに下がるまでの時間
サイズ 57mm×51mm×29mm
ボディ素材 エアクラフトアルミ合金
重量 約105(電池含)
使用電池 内蔵専用リチウムイオン充電池
付属品 マイクロUSBコード,ACアダプター

ライト部分の基本的な操作は先に発売されておりました時計無しのモデル2211と同じです。
スイッチは両サイドにあり、左右どちらの腕に付けても操作が可能です。
どちらかのスイッチを1回押すとHi300ルーメン、0.5秒以内に連続してスイッチを押すとLowモード15ルーメンに調光。
また、消灯状態から両方のスイッチを同時に押すとLowモードが点灯します。

明るさは時計なしの2211がリリースされた時よりも明るくHiが300ルーメンにアップしております。
サークル状の円形配光。近距離での使用が前提となります。
2211のコンセプトは両手でハンドガンを握っても前方へライトを照射することが出来ること。
腕にはめるのでマグチェンジやドアの開閉時にライトを手放す必要がありません。
米国の法執行官の要望を取り入れて作られたと言われています。

充電は本体後方にあるUSBポートより行います。
PCなどのデバイスか、USB/ACアダプターを介しての充電が可能です。
本体後方に電池残量を示すインジケーターを装備。

満充電:グリーン
オレンジ:充電地残量小またはそろそろ充電
レッド:要充電となります。

尚、充電池はライト部分のみ。時計本体は別途内臓のボタン電池で稼働しております。

まとめ

ただの腕時計としてみると、とにかくデカイ。
ルミノックス自体かなり存在感のある時計ですが、それが2211にマウントされているんですから、当たり前にゴツいです。
一般的な時計と並べると圧倒的存在感です。
ルミノックスが付いているか、付いていないか、と言われればやっぱり付いていた方がカッコいいですよね。

SUREFIRE(シュアファイア) LUMINOX ルミノックス 2211 充電式 LED リスト ライト 2211-B-BK-LMX [並行輸入品]

新品価格
¥88,200から
(2018/10/22 11:57時点)

ヤフオクでお安く購入したい方はこちら!

SUREFIRE (シュアファイア)FURY-DFT タクティカルライトのレビュー

 

SUREFIREの新作 FURY-DFTです。
型番のDFはDual Fuelの略で、TはTactical。調光無し、1500ルーメンのシングルアウトプット、生粋のタクティカルライトです。

明るさはもちろん、使用電池、外形、デザイン、全てが新しくなっております。
それでは、早速見ていきましょう!

外観

ボディはエアログレードアルミ合金にTYPE3ハードアノダイズド処理が施された丈夫なボディ。
重量感ある質感はFURYならではです。

サイズは全長:142mm × ベゼル径:35mm × 把持部:25.4mm  重量:約184g
6PXなどのベゼル径31.7mmのモデルと比べると一回り大きく見えます。

滑り止めのチェッカリング、アンチロールデザインのヘッドなど従来のFURYの雰囲気を受け継ぎながらもさらにマッシブなデザインに生まれ変わってます。

重量は電池込みで184g。DFになったことでバッテリースペースは広くなり、テールキャップのジョイント部は従来と規格が異なります。また、テールキャップも一回り大きくなっております。

主な仕様

主な仕様はこんな感じです。

明るさ 18650:1500ルーメン / SF123A:1200ルーメン
照射時間 18650:1.5時間 / SF123:1.25時間  ※FL1 STANDARD最大照射距離300m ※FL1 STANDARD
全長×ベゼル径×把持部 142mm×35mm×25.4mm
ボディ素材 エアログレードアルミニウム合金 Type3HA
重量 約184g(電池含)
使用電池 CR123×2本 or SF18650×1本
付属品 テスト乾電池

Dual Fuel

DFなのでSF18650充電池がきっちり入ります。なので内径は19mmにサイズアップしています。
乾電池のSF123Aをバッテリースペースに入れると少しカタつきますが、テールキャップを締め込みますと安定します。
サイズスペース的には充電池にあわせたサイズ設計なのでしょうから、一回り外形の小さい乾電池を使用する場合は構造上致し方ない部分なのでしょう。
いずれにしても、パワフル容量の18650がFURYでも使えるようになった点は大きいですね。

肝心の明るさ

レンズの直径は28.8mm。これは従来のFURYと同じです。
レンズ素材は、低反射加工されたガラス製です。
リフレクターは深いものですが、その表面は細かな凹凸の付いたテクチャーパターンが採用されています。
なので、照射光はそれなりに集光されますが、全体としては拡散する配光になることが想像出来ます。

MAX1500ルーメン。圧倒的な光りの量で、照射光は驚きの一言です。
実際に照射すると綺麗に拡散し、中心光が判らないほどです。その明るさは圧倒的です。

ただ、ヘッドの加熱具合には驚くと思います。この光量なので致し方ないですが・・・。
連続点灯はちょっと苦手です。

まとめ

FURY-DFTはあくまでも「タクティカルライト」なので、点灯・消灯を繰り返し、移動を繰り返しながら使います。
決して常時点灯をするようには考えて造られていません。
LEDのメリットである瞬時に設定された明るさに点灯させることが出来る瞬発力。
その特徴を最大限に発揮させているモデルがSUREFIRE FURY-DFTです。

在庫販売 日本正規品 SUREFIRE シュアファイヤー FURY DFT DUAL FUEL LEDフラッシュライト 1500ルーメン(18650A使用時)FURY-DFT

価格:30,950円
(2018/10/30 12:27時点)
感想(0件)

(シュアファイア)SUREFIRE FURY-DFT FURY DUALFUEL TACTICAL 6V 1500ルーメン CLICK-SW

新品価格
¥29,435から
(2018/10/30 12:27時点)