【SONY】ハイレゾプレーヤーの最高峰「DMP-Z1」レビュー!最高品質の音を体験

驚くほど巨大で、とんでもなく高額なデジタルプレーヤーが登場。香港やベルリンなど海外の展示会で先に披露されていた「DMP-Z1」がついに日本で正式発表となった。

DMP-Z1

DMP-Z1は、ソニーのオーディオ技術を結集し、アーティストの意図する音楽表現を再現することを目的とした「Signature」シリーズの第2弾であり、希望小売価格はおよそ100万円(税込で102万6000円)。発売は12月8日だ。

操作感に関しては「NW-WM1Z」を筆頭とした、従来のウォークマンそのものでありつつも、高出力/高S/N比のアナログアンプを搭載し、「TA-ZH1ES」のような据え置き機に匹敵するドライブ能力を兼ね備えている。ひとことで言えば、これまでにない挑戦的なコンセプトの製品になっている。

 

SONY DMP-Z1は、ソニーのこれまでのオーディオ技術を結集しアーティストの意図する音楽表現を再現するために開発された新しいコンセプトのミュージックプレイヤーです。

SONY DMP-Z1とは??

そのコンセプトは大まかに分けると

 

 

5つのバッテリーセルを使用した独立電源システム

-クリーンな電源供給を実現するバッテリー(DC)駆動

高出力と高S/Nを実現するアナログアンプ

-インピーダンスが高いヘッドホンをドライブする高出力

高剛性と軽量化を両立した新開発のH型アルミシャーシ

-H形の押し出し材から切削加工したモノコックボディ

高音質を実現するために厳選したパーツ

-「ソニー専用カスタムボリューム」「高性能DAC」他

 

アナログとデジタルの高音質技術による高品位なヘッドホンサウンドが特徴のプレイヤーです。

 

独立バッテリー電源システム

SONY DMP-Z1は、「音質を最優先した結果」バッテリーを搭載しております。

 

ノイズが乗っている場合のあるAC電源と比較して、高品位なバッテリーはは音質にとって重要な高品質の電源供給が可能。加えてAC電源ブロックが不要シンプルなDCベースの高品位オーディオ設計が可能となっております。

 

しかもバッテリーはデジタル用に1セル、アナログ正/負電源に独立した2セルバッテリーを採用。5つのバッテリーセルを使用した独立電源システムが特徴的となっています。

 

デジタル/アナログで電源を分離する事によりデジタル系のノイズをアナログ回路に影響させない、徹底した電源回路設計です。

「AC駆動モード」と「バッテリー駆動モード」2つの電源駆動モードをを備えておりますが、もちろんおすすめはバッテリ駆動モード。ACアダプターから供給される電源と比較してバッテリーからはクリーンな電源供給が担保されます。

 

 

 

高品位なアナログ出力ライン

 

 

デジタル部分は高性能DACをLch/Rchで独立に使用するDual DAC構成、アナログ部分は大出力&高音質を実現するためアナログアンプ方式を採用しております。

 

アナログブロック 3つのポイント

 

高性能32bit DACをLch/Rchで独立して使用するDual DAC構成

-最新の高性能32bit DAC をLch/Rchで独立して使用するDual DAC構成高情報量・高解像度な音質と高いチャンネルセパレーションを実現

ソニー専用カスタムのロータリーボリュームを採用

-重厚な真鍮ケースに銅メッキと金メッキを施し接触抵抗を低くすることで高音質化デリケートな音楽信号の流れをそのままに、艶のあるボーカルや低域の重厚感を再現

大出力&高音質を実現するためアナログアンプ

-バッテリー駆動機器において、高音質と同時に高いヘッドホン出力を実現するために高品位なアナログアンプICを採用

 

バッテリーも内蔵する。目的は高音質化のためであり、重量も2.49kgある。しかし持ち運んでの利用も可能だ。常時携帯するのは難しいが、両手で持ち上げるぶんには特に問題のない重さとも言える。使い終わったら片づけたり、ACアダプターを外して、書斎やバルコニーなどに持ち運んで使うことも十分想定できる。96kHz/24bitのハイレゾ音源をバランス駆動で再生した場合、約9時間の再生ができるので長さも十分だろう。

本体サイズはおよそ幅138×奥行き278.7×高さ68.1mm。フットプリントは、A4サイズ(210×297mm)の紙を縦に折って、少しスリムにした感じをイメージするといいだろう。

 

 

ユニークな独立バッテリー電源システムに加え、アンプ基板メイン基板の分離した設計。こだわり抜いた高品位なパーツを多数使用。

沢山の高音質化機能を搭載し機能面でも申し分ない製品に仕上がっていますね。

 

正に「究極」のデジタルミュージックプレイヤーにふさわしい製品だと思います。

アーティストの意図する音楽表現を再現するためにのオーディオ技術を結集した超プレミアムモデル

オーナーになられる方が素直に羨ましい。そんな製品のご紹介でした。

20時間再生を実現したお手頃イヤホン SONY 「WI-C400」レビュー

WI-C400

WI-400は、最大約20時間の連続音楽再生が可能なBluetoothイヤホンです。
発売は2017年10月。

カラーはブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色展開です。

それでは,私がこのワイヤレスイヤホンを実際に使ってみての感想をレビューいたします。

まずは基本スペック

 

ヘッドホン部(その他)
電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約4.5時間
充電方法 USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大20時間
電池持続時間(連続通話時間) 最大20時間
電池持続時間(待受時間) 最大200時間
Bluetooth
通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.4.2
出力 Bluetooth標準規格 Power Class 2
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式 FHSS
対応Bluetoothプロファイル *1 A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile),
AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),
HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile)
対応コーデック *2 SBC, AAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP) 20Hz-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

WI-C400

とにかく電池持ちが抜群!

電池持ちが抜群!なんと最大20時間です。
これがとにかく、この製品の最大の特徴であります。
一般的なワイヤレスイヤホンは10時間持てば良い方ですが、こちらの最大20時間は驚異的な数字です。

実際、厳密に測定したわけではないのですが、私の使い方で累計すると概ねカタログ値通りでした。
間違いなく再生しているミュージックプレイヤーの方が先に電池が切れます。

とにかく低価格!Bluetoothイヤホンにしてはとにかく安い!!

この商品の1番のポイントが電池持ちだとすると、2番目はこれです。お値段!!
ソニーストアで6,880円(税別)です(2018年10月28日時点)。
日本のソニー製でBluetoothイヤホンがこの価格です。
これは間違いなく安い部類だと思います。

音声コーデック

対応している音声コーデックは標準の「SBC」とiPhoneに対応している「AAC」。

「AAC」に対応しているBluetoothイヤホンは少ないのでiPhoneユーザーの方には嬉しいですね。

iOS 4.3.1以降のiPhoneなど、AACでエンコードした音楽も高音質で再生します。

NFC対応機器なら接続はタッチでOK

最近のソニー製品でBluetooth対応 = NFC対応というのが当たり前になりましたね。

Android製スマホやウォークマンなどを使う場合、「N」のマークを合わせればそれだけでワイヤレス接続の設定が完了します。

非常にカンタンに接続ができますよ。

 

スマートフォンの着信を知らせてくれるバイブレーション機能搭載

個人的にはDAPを使用する為、この機能は使いませんが・・・。
スマホで音楽を聞かれる方にとっては、便利な機能です。

ちなみにハンズフリー通話にも対応してます。

まとめ

少々安価な感じがするとか、低音が弱いなどマイナスポイントもいくつかありますが、敢えて紹介はしません。
それらのマイナスポイントはすべて価格が消し去ってくれます。

・音質に強い拘りがない人

・デザインに強い拘りがない人

・安くて、なおかつ安心の日本メーカー製ワイヤレスイヤホンが欲しい人

これらの条件に合う人にはオススメです。
最近のiPhoneのようにイヤホンジャックのないスマホを使っていて困っている人にもオススメですよ。

 

WI-C400

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C400 : Bluetooth対応 最大20時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-C400 B

新品価格
¥4,901から
(2018/10/28 12:25時点)

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C300 : Bluetooth対応 最大8時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ブラック WI-C300 B

新品価格
¥5,480から
(2018/10/28 12:26時点)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B

新品価格
¥29,480から
(2018/10/28 12:26時点)

とにかく軽い!! 8時間再生可能なワイヤレスヘッドセット SONY WI-C300 レビュー

Sony WI-C300

2018年3月に発売が開始されましたSONY WI-C300

SONYの左右一体型のBluetoothイヤホンでエントリークラスのモデルになります。
9mm径のダイナミック型ユニットを採用した、ネックバンド型です。

大きな特徴の一つは「AAC」に対応しているという点。
「AAC」に対応しているBluetoothイヤホンは少ないのでiPhoneユーザーの方には嬉しいですね。

まずは基本スペック

  • 型式:密閉ハイブリッド型
  • ドライバーユニット:9mm(CCAWボイスコイル採用)
  • マグネット:ネオジウム
  • 装着スタイル:インイヤー ヘッドホン
  • 再生周波数帯域:8Hz-22,000Hz
  • 質量:15g
  • 連続音楽再生:最大8時間
  • 連続待ち受け:200時間
  • 充電時間:2時間(15分の充電で1時間再生可能)
  • 通話用マイク内蔵
  • 音声アシスト機能対応(Siriなど)

Bluetoothイヤホンでやはり気になるのは電池持続時間ですよね。

15分の充電で1時間の音楽再生が可能で、空の状態から満充電までは約2時間。最大で8時間連続再生できます。
単体で8時間を超える再生時間はなかなか無いです。

通勤用やランニングに使うのであれば十分ですね。

とにかく軽い

ワイヤレス機器はバッテリーを搭載する必用があるため、どうしてもバッテリー分大きく・重くなるのですが「WI-C300」は約15gという超軽量。単三電池一個よりも軽いです。

 

音声コーデック

対応している音声コーデックは標準の「SBC」とiPhoneに対応している「AAC」。

「AAC」に対応しているBluetoothイヤホンは少ないのでiPhoneユーザーの方には嬉しいですね。

iOS 4.3.1以降のiPhoneなど、AACでエンコードした音楽も高音質で再生します。

NFC対応機器なら接続はタッチでOK

最近のソニー製品でBluetooth対応 = NFC対応というのが当たり前になりましたね。

Android製スマホやウォークマンなどを使う場合、「N」のマークを合わせればそれだけでワイヤレス接続の設定が完了します。

非常にカンタンに接続ができますよ。

首元でスマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作

ケーブルに搭載されたボタンを操作することで、Bluetooth接続をしているスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/曲戻し、再生/一時停止、音量の調節が可能です。

ポケットからプレーヤーを取り出すことなく簡単に操作ができます。また、電話の着信や終話の操作も可能。
スマートフォンを手に取ることなく、着信・通話し、終了したらまたシームレスに音楽再生がスタートします。

Sony WI-C300

音質

音の傾向としては高音域と中音域、特に中音域、歌声などがとてもクリアで気持ち良く広がって行く感じです。
ポップスなどを気持ち良く聞く事が出来る、楽曲の幅を選ばないオールマイティーな感じです。

高音域も非常にキレがあり音の中で聞こえにくいという事がありません。ただシンバルなど超速で連打される楽曲だとキレが良すぎて、聞きづらいという点があります。

低音域はグッと締まった音が全体の土台として出ています。結構十分に出ていると思います。

バランスよく各音域が出ていますし、バランスがいい。さすがは「SONY」です。

まとめ

通勤用としてとても良いイヤホンだと感じました。

ワイヤレスイヤホンのベーシックなイメージを全て押さえたイヤホンという感じです。

おすすめポイントはイヤホン本体が物凄く小さい、そして軽い点。

イヤホンの大きさが目立つのが嫌だという人は見過ごす事の出来ない、重要なポイントだと思います。

デザインも無駄な装飾がないので、機会があれば是非試してみてください。

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C300 : Bluetooth対応 最大8時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ホワイト WI-C300 W

新品価格
¥5,480から
(2018/10/26 00:51時点)

Xperia XZ Premium(G8142)のレビュー!プレミアムな使用感は??

Xperia XZ Premium(G8142)を購入してから1ヶ月経過したので実機レビューしたいと思います♪

設計

  • ガラス、金属、プラスチック製
  • サイドマウント型の指紋スキャナが便利です

スペック

Xperia XZ Premium(G8142)のスペックですがハイエンドモデルらしいスペックになってます♪

項目 Xperia XZ Premium(G142)
OS Android 7.1.1
CPU Qualcomm製Snapdragon 835
メモリ 4G
容量 64GB
サイズ 高さ×幅×厚さ
156×77×7.9mm
重さ 191g
画面サイズ 5.5インチ
解像度 3840×2146ドット
メインカメラ 約1,900万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,300万画素
バッテリー 3,230mAh
防水・防塵 IP65/IP68

やはりXperia XZ Premium(G8142)は最新のCPUであるQualcomm製Snapdragon 835を採用しているところです♪

ベンチマークアプリ(AnTuTu)でテストした結果
f:id:jin4817:20170730162208j:image

ハイスペックらしいスコアですね♪どんなゲームもサクサクに動きます♪

ソニーの携帯電話は名前でプレミアムかもしれませんが、それほど自然ではありません。Sony Xperia XZ Premiumを設計するときは、その主力ライバルと比較して何かを残すことができます。

Gorilla Glass 5の前後には、少なくとも厳しい保護が施されていますが、携帯電話の側面は目立つようにプラスチックであり、携帯電話を持っているときに感じるこの素材です。

それは、それがそれよりも安価に感じるように、それは残念です – 一ドルを過ごすときにあなたが望まないもの – そしてフラットなフロントとバックは、より湾曲したデバイスの一部としてきれいに手に入れないことを意味します市場で

ガラスは本物の指紋であることがわかりました.Gallaxy S8やJet Black iPhone 7とよく似ています。

ソニーXperia XZプレミアムギャラリー

 

また、XZプレミアムの大きさを156×77×7.9mmにすることで、LG G6やサムスンギャラクシーS8 – ソニーよりも大きなスクリーンを誇る携帯電話に比べて、より大きく、より幅が広がるベゼルが展示されています。

これらのベゼルでは、ステレオのフロントフェイスのスピーカーが使用でき、指でディスプレイを遮らずにゲームやビデオを見ているときに、携帯電話を横向きにしておくことができます。

右手に持っていればハンドセットの右の電源ボタンも親指の下に、また、左手のときは指ですこし下がります。指紋スキャナーをキーに組み込むことで機能が強化され、電話機のロックを解除できますピン、パターンまたはパスワードを入力する必要はありません。

私たちはそれがほとんどの時間をロック解除するのが速かったことを発見しましたが、今はそれを登録しようとするもう一つの試みが必要です。

これまでの指紋読み取りソニーの携帯電話機は米国のモデルのスキャナー技術を落としてしまったため、Xperia XZ Premiumが米国に当たるかどうかは保証されません。

XZプレミアムの上端と下端は金属製で、この仕上げが携帯電話の側面を伸ばしているのが好きだったでしょう。携帯電話のベースにはUSB-Cポートがあり、上にはヘッドフォンジャックがあります.MotololaとAppleが携帯電話からそれを削除したことを恐れている人々を喜ばせます。

Xperia XZプレミアムのもうひとつの肯定的な点は、IP68の埃や耐水性です。つまり、浴槽や雨の中で泳いでも生き残ることができます。深海ダイビングをしないでください。IP保護は、淡水中で最大1mまでの電話保護を提供します。

わずかに失望しているのは、SIMとmicroSDのフラップとトレイです。プラスチック製のインサートは壊れやすいと感じるだけでなく、microSDカード用のスペースもあります。別のSIMトレイ(同じフラップの下にあります)には、携帯電話の側面に爪を掘って、それを試してみる必要があります。

多くの人にとって、これは数回だけ実行する必要がある作業ですが、プラスティック製のフラップは、microSDカードを定期的に交換している人なら耐水性チェーンの弱いリンクを証明するように感じます。

Sony Xperia XZ Premiumは、同社と並んで同じフラッグシップフィニッシュを生み出すわけではなく、OnePlus 3THonor 8など、さらに手頃な価格の携帯電話機は間違いなくスマートな仕上がりになっています。

表示

  • 5.46インチ4K HDRディスプレイ

Sony Xperia XZ Premiumのデザインはそれをはっきりさせないかもしれませんが、そのスクリーンは確かに独自のリーグです。

Xperia Z5プレミアムに続き、XZ Premiumは、ブラビアのテレビ技術でバックアップされた4Kディスプレイを誇るソニーの第2のスマートフォンです。そして、ほとんどの市場で、このような解像度で見つけることができる唯一の携帯電話になります。

これは3840 x 2160の解像度に相当します。これは、5.46インチを超えると807ppiの目立つ画素密度が得られます。それを見て、ギャラクシーS8の美しいInfinityディスプレイは570ppiを管理し、LG G6は564ppiを放棄します。

あなたは別のスマートフォンでより鮮明な画面を見つけることはできませんし、その4Kの前任者とは異なり、実際には常にフル解像度を得ることができます。Z5プレミアムは同じ解像度のビデオを見ているときに完全な4Kのエクスペリエンスを提供しますが、新しいXperia XZプレミアムではホームスクリーンやブラウザからアプリストアやソーシャルメディアのプロファイルまで3840 x 2160です。

設定には、処理能力とバッテリ寿命を節約するためにディスプレイの解像度を下げるオプションはありません。QHDを搭載したGalaxy S8はオプションを提供しています。

しかし、Xperia XZ Premiumでは、バッテリ寿命が好調であったため、いつでも解像度を下げる必要はありませんでした。このレビューでは、それが後でどれくらい持続したかを知ることができます。

スクリーン・パネルはLCD技術を使用して、鮮明で鮮明な画像を表示します。Galaxy S8、Moto Z、OnePlus 3Tに搭載されているAMOLEDディスプレイと全く同じポップはありませんが、Triluminos Displayテクノロジーは標準LCDパネルよりも色を強調します。これは、あなたがまだ色目をしたいスクリーンです。

また、5.7インチのLG G6と5.8インチのサムスンギャラクシーS8が2017年の画面サイズで新境地を切り開いたことで、少し小さくなっているように感じました。

それは、あなたがまだそれらの携帯電話を使用する贅沢を持っていない場合、特にあなたが2歳の携帯電話からアップグレードしている場合は、Xperia XZのプレミアムは十分なスペースを提供していることがわかります。

あなたの携帯電話が4Kの解像度を盛り込んだと言うのは間違いありませんが、実際には、Galaxy S8、LG G6、HTC U11のような優れたQHDディスプレイに比べるとほとんど上回るものはありません。

Xperia XZ Premiumの4Kコンテンツを見てみましょう。これはスマートフォンから得られる最高のビジュアル体験の1つですが、そのコンテンツを見つけることは容易ではなく、実際に利用可能なものはほとんどありません。

ソニーは、XKプレミアムは将来的に証明されると主張します.4Kのコンテンツは可用性が増すだけですが、これは本当にこの画面サイズのQHDで十分です。

インタフェースと信頼性

  • よりクリーンなAndroidのオーバーレイは使いやすい
  • あらかじめインストールされているアプリの数は不必要です

Sonyは過去1年ほどAndroidのオーバーレイを整理しています。つまり、Sony Xperia XZ Premiumを使用してよりクリーンで画面のぼやけた体験を得ることができます。

ソニーの皮膜の下には、日本の会社Android 7 Nougatソフトウェアを置き換えるためのアップデート開始した後、Googleの最新のモバイルオペレーティングシステムであるAndroid 8.0 Oreoが登場しました。

Android 8ソフトウェアは、Xperia XZ PremiumにSonyの巧妙な3Dスキャンアプリケーションやカメラアプリの新しい自動笑顔検出モードなどの新機能を追加し、笑顔を見逃さないようにします。

これらはXperia XZ1XZ1 Compactで開始された機能であり、旧式ではあるが高機能のデバイスに後付けされていることを確認するのは素晴らしいことです。

このレビューでは、Xperia XZ PremiumのAndroid 8アップデートの詳細を徹底的に使用していきます。

しかし、ほとんどの場合、他のAndroid搭載端末から誰かに移行するのはいつものようにビジネスです。

iPhoneからの切り替えを検討している場合でも、AndroidとiOSは長年類似しているため、Xperia XZ Premiumを選択すると、学習曲線はそれほど大きくはありません。

ソニーが習慣を逃れていないものは、携帯電話にいくつかのアプリをプリインストールしている。Xperia XZ Premiumは、Googleのスイートと一緒に標準的な電話ベースのアプリケーションを持っていますが、日本の企業はこれらに少なくとも10を追加します。

電子メール、音楽、アルバム、ビデオは基本的にGmail、Playミュージック、写真、Playムービー&TVの中核機能を複製するだけで、フィットネストラッキングのLivelogやビデオ編集ムービークリエーターなど、便利なものもあります。

ソニーのWhat’s NewやXperia Loungeのアプリがあり、コンテンツ、ダウンロード、アプリ、ゲーム、さらには競技やニュースが盛りだくさんです。

プラスの面では、これらのアプリを使用しないことに決めた場合、ほとんどのアプリを無効にすることができます。アプリを長押ししてアイコンの隣に表示される小さな ‘x’をタップすると、アプリが表示されなくなります。

我々は、XZ Premiumが指の下で信頼できることを発見し、マルチタスキングパネルのすべてのアプリケーションを閉じて再オープンすることによって修正された奇数の画面回転の問題を取り除いた。

音楽、映画、ゲーム

  • 4Kの映像は見つけにくいですが、見た目が魅力的です
  • ゲームは印象的です
  • 素晴らしいオーディオエクスペリエンス

4K HDRディスプレイと高解像度オーディオのサポートを備えたSony Xperia XZ Premiumは、深刻なマルチメディアマシンです。

4K HDRビデオコンテンツにアクセスできる場合は、Xperia XZ Premiumに深刻な影響を与えます。私たちはいくつかのビデオを見て、ディスプレイの明瞭さによって吹かれました。

画面上の人々は、スマートフォンのディスプレイではなくウィンドウを見ているかのように、ガラスの反対側に座っているように見えます。これはすばらしい視聴体験であり、本当に信じられなければならないものです。

事は、それが正確には分かりません。これは、Xperia XZ Premiumが4K HDRビデオを見つけることを特に容易にしないためです。

初めて携帯電話を起動したときに、携帯電話のコルク表示を見せてくれるビデオを搭載したアプリやストアに向かうことを期待しました。

しかし、セットアップウィザードを過ぎても明白な兆候は見られなかったので、Playムービー&TV、Xperiaラウンジ、新着情報、ビデオ、YouTubeなど、Googleやソニーのアプリケーションにプレインストールされました。私たちにいくつかの助けを与える

新機能は基本的にアプリ、テーマ、壁紙のための単純なアプリストアとダウンロードセンターです。

ビデオアプリは潜在的に最も混乱していました。家庭で使用したケーブルテレビサービスを選択し、完全な番組ガイドを表示することができましたが、わかりやすい4Kコンテンツへのリンクはありませんでした。

Google Playムービー&TVは、携帯端末用の4K HDRフッテージを提供していないため、役に立たない。

Amazon Prime Videoが4KのHDRコンテンツを提供しているという事実を広告するバナーを付けて、Xperia Loungeに運がありました。

まずアンダーグラウンドと呼ばれるAmazonのサードパーティ製アプリケーションストアをダウンロードしてから、Prime Videoアプリをダウンロードする必要があります。また、Amazonのアプリのダウンロードを試みる前に、電話のセキュリティ設定に潜り込んで、「Unknown Sources」からのアプリのダウンロードを許可する必要があります。

それは少し面倒だと感じています。あなたがちょうどあきらめたら、あなたが4Kのビデオのために絶望的でなければ私たちはあなたを責めません。

Netflixは過度に役立たず、XZ Premiumの生涯の最初の数か月は、携帯電話でのHDR再生をサポートしていませんでした。ありがたいことに今は(2017年8月から)、その独自のHDRアクションをソニーの画面にもたらしています。

しかし、最終的にはプライムビデオに入ると、アプリはグランドツアーとレッドオークスを含む4K(UHD)とHDRプログラムのホームページに専用のセクションを持っています。選択肢はまだ限られていますが、今後数ヶ月でさらに多くの希望が追加される予定です。

真剣に堅牢なWi-Fiまたは4G接続が必要になるため、4Kでストリーミングすることはできません。フル解像度でストリーミングするには、いつでも十分な帯域幅を得ることができませんでした。つまり、ダウンロードに頼る必要があります。

4Kの1時間のテレビ番組では、1つのエピソードにつき7GBのストレージしか使用しないため、Grand Tourのフルシーズンを望む場合は、91GBの空き容量が必要です。

Xperia XZ Premiumには64GBが内蔵されており(うち50GB未満が利用可能です)、多くのダウンロードを予定している場合は、microSDカードが必要です。

無料の4Kアクションを気に入ったら、いつでもYouTubeに向かうことができます。ここには4K HDR映像が豊富に用意されています。素晴らしいと言われていますが、映画やテレビ番組ではありません。

ソニーは、4K HDRコンテンツをユーザーがより簡単に利用できるようにすることが賢明です。そうでなければ、Xperia XZ Premiumで賞賛される優れたディスプレイを利用する人はほとんどいませ。

ありがたいことに、ゲームははるかに直接的な事である。Snapdragon 835チップセットと4GBのRAMにより、Xperia XZ Premiumは、あなたが投げたものを最大限に処理できるようになります。

ディスプレイの上下にある追加のベゼルは、風景モードのときに電話を保持するためのウェルカムルームを提供します。できるだけ多くの手をディスプレイの外に出て、行動の仕方を保つのに最適です。

正面に向いているステレオスピーカーは、あなたの手のひらの中にではなく、あなたの方に向けてオーディオを発射する、もう1つのプラス点です。

これらのスピーカーは、あなたが音楽を聴きたいときにも役立ちます。ソニーXperia XZ Premiumは、音質が最高ではないにもかかわらず、ルームフィルのオーディオを蹴飛ばしています。

ヘッドホンのセットを差し込むと、プラグインしたヘッドホンのタイプに合うように音の出力を調整する、オーディオの強化技術と自動ヘッドホンの最適化のおかげで、XZ Premiumは優れています。

ソニーはBluetooth経由でオーディオ出力を強化しているので、ワイヤレスヘッドフォンやスピーカーのファンにも良いニュースがあります。

ヘッドフォンのセットを3.5mmジャックに差し込むと、有線接続で得られるのと同じ高解像度品質ではありませんが、一般的な標準よりも改善されています。

Sony Xperia XZ Premiumは、有線とワイヤレスの両方のヘッドホンで優れたオーディオ体験を提供します。もしあなたが大きな音楽ファンなら、この電話をチェックアウトしたいでしょう。

パフォーマンス

  • 遅れのない高速で流体作動
  • アプリケーションはすばやく開き、マルチタスクは簡単です

我々がすでに示唆したように、Sony Xperia XZ Premiumのパフォーマンスは優れています。Snapdragon 835チップと4GBのRAMコンボは、サムスンギャラクシーS8とLG G6とが完全にマッチしています。

Xee PremiumでGeekbench 4アプリを実行し、平均6,424のマルチコアスコアを達成しました。それは優れた結果であり、サムソンギャラクシーS8に近く、Huawei P10の 6,630と5,888 を平均して上回っています。

それはあなたのためにどういう意味ですか?まあ、アプリは素早くロードされ、Androidはスムーズに動作し、Xperia XZ Premiumは複数のアプリを同時にうまく実行し、簡単にそれらの間を飛び越えることができます。

 

バッテリー寿命

  • 1回の請求から1日の使用を簡単に取得できます
  • クイックチャージサポートと省電力モード

Sony Xperia XZ Premiumには、厚さ7.9mmの本体の中に3,230mAhの取り外し不可能なバッテリーが入っています。

それは最も寛大な提供ではない – たとえば、LG G6は、3,600mAhのユニットを誇っている – しかし、それはサムスンギャラクシーS8の3000mAhのパワーパックよりも大きいので、それは遅れていない。

しかし、バッテリーのサイズはすべてではなく、最終的なものではありません。重要なことについては良いニュースです。XZプレミアムは、1回の充電で1日も快適に過ごしました。適度な使用量の後、15%から20%の間で定期的に寝ます。

普通の日はどのように見えますか?Spotifyのストリーミング、テレビ番組の約40分、複数の電話、メッセージ、ソーシャルメディアのアクション、電子メールとウェブブラウジングの瞬間、そしてゲームの1〜2時間です。

私たちは一般的にXperia XZ Premiumを毎日午前6時30分ごろに持ち帰り、通常は午後11時から深夜12時の間に戻しました。

ゲームやビデオの使用を抑えれば、タンクに20%以上残ったまま寝ることができます。これは、現代の旗艦電話のための素晴らしいパフォーマンスです。

毎晩XZプレミアムを充電する必要があるという事実から逃れることはできませんが、電源に到達する前にバッテリーがなくなるというパニックを経験したことはありません。

Sony Xperia XZ Premiumバッテリーの弱点は90分のフルHDビデオテストで、最大の明るさを実現し、さまざまなアカウントをWi-Fi経由でバックグラウンドで同期させました。

1時間半のビデオ再生が終わった後、XZ Premiumはバッテリーの32%を失いました。パワーが欲しい4Kディスプレイが原因で疑いの余地はありません。

あなたが電話で4KのHDR映画を見るために落ち着いているなら、近くに電源があることを確認したいでしょう。

いつも自分が安いところにいる時があります。感謝してXZプレミアムには、あなたのお手伝いをしてくれる数少ないトリックがあります。

まず、クイックチャージ3.0をサポートしています。これは、標準の充電器よりも4倍の速さでバッテリを補充します。そのため、夜間にドアを出ようとしている場合や、通勤時間が長い場合は、うまくいった。

クイックチャージを有効にするには、クイックチャージ3.0対応充電ブロックが必要です。あなたが家から遠く離れた場所でスピーディなトップアップをしたいのであれば、それを取ることを忘れないでください。

これは、充電器の近くにいる場合に便利ですが、Xperia XZ Premiumには、残りの充電量を最大限に活用するための2つの省電力モードがあります。

スタミナモードは、バックグラウンドデータや画面の明るさを低下させたり、一部の機能を無効にしたりすることで、バッテリ寿命を延ばします。バッテリーがデフォルトで15%に達するとアクティブになるように設定されていますが、早めにバッテリーを有効にする場合は手動でオーバーライドできます。

また、あなたが本当に苦労している場合は、スマートフォンをフィーチャーフォンに変えることができるUltra Stamina Modeを呼び出すことができます。これにより、あなたは9つのコアアプリになり、最後の数パーセントから多くの時間を逃すことができます。

それは極端な選択肢です。私たちは電話をかけ続ける必要があり、充電器に出られないようにする必要がある場合にのみ採用していますが、念のために使うのはいい選択です。

カメラ

  • 真剣に印象的なスローモーションカメラ
  • 固体の後部カメラは多くの細部をキャプチャする

Sony Xperia XZ Premiumは優れたカメラを持っています。それは、HDR、顔検出、EIS(電子画像安定化)、予測位相検出、およびレーザーオートフォーカスを特徴とする19MPソニー製後部センサーを備えています。

要するに、それは十分に装備されています – それは本当のパーティーピースに到達する前です:驚異的な960fpsで映像をキャプチャすることができる超スローモーション提供。これと比較して、iPhone 7(および7 Plus)とSamsung Galaxy S8(およびS8 Plus)のスローモーションモードは240fpsで記録されます。

つまり、XZプレミアムはさらに低速の映像を提供し、スローモーションで適切な瞬間を捉えることができれば、結果は真剣に印象的です。結果を見るには、下のビデオをご覧ください。

選択する3つの異なるスローモーションモードがあります。エントリーレベルのスローモーションオプションはわずか120fpsで記録しますが、ビデオの録画後にスローモーションエフェクトを適用するという追加の利点があります。

これは、撮影後すぐにタイミングを取得することなく、撮影後にスローダウンしたい正確な瞬間を特定できることを意味します。

スーパースロー(ワンショット)とスーパースローモーションの他の2つのモードでは、録画中に960fpsの断片をキャプチャする必要があります。後でビデオのスローモーションセクションを編集することはできません。

スーパースロー(ワンショット)は、シャッターキーを1回タップするだけで、XZプレミアムは960fpsで5秒間のクリップをキャプチャするので、操作は簡単です。これは、クリップのどちらの側にも通常の速度のビデオを取得しないことを意味しますが、スローモーションの結果がより良くなる可能性があります。

スーパースローモーションモードはフルパッケージです。それを選択してヒットレコードを録画すれば、720pで撮影されますが、余分なボタンが画面に表示されます – 録画中にこのボタンをタップすると、XZプレミアムは直ちにすばやくスローモーションクリップを取得します通常速録音を再開します。

スーパースローモーションモードでは、適切なタイミングをとるのが難しい場合がありますので、ワンショットオプションをお勧めします。

スローモーション映像は720pで記録されるため、特に明かりが弱い屋内や屋外では、結果が一般的に粗いです。外に出て、良い光の中でSony Xperia XZ Premiumは、市場に出ているスマートフォンのスローモーション映像を最高に生み出します。

スローモーションから離れてカメラ自体に戻ると、ソニーのデフォルトのインテリジェントオートモードのままにしておくと、ほとんどのシナリオでうまくいく素晴らしいスマートフォンスナッパーが得られます。

これは、あなたが入っている照明環境に適応し、露出の良いショットを提供します。レーザーオートフォーカスにより、詳細が高く、ぼかしが最小限に抑えられます。

移動するオブジェクトも、ソニーの予測位相検出によって容易に処理されます。これは、常に焦点が合っているかどうかをターゲットに追従させることができます。私たちはこれを猫で試してみました.XZプレミアムは、庭を探索しながらペースを保つことができました。

ソニーはハイエンドの携帯電話に専用の物理カメラボタンを装備している数少ないメーカーの1つです.XZプレミアムの2段階キーでは、ボタンを半押しして完全にフォーカスを合わせることができますそれを押して画像をスナップする。

Xperia XZプレミアムの大きなサイズは、片手で使用すると画面上のシャッターキーを巧妙に叩くので、簡単に取り込むことができ、写真を簡単に撮ることができます。また、シャッターキーを押したままにして、カメラアプリを起動することもできます。

あなたのイメージをより細かく制御したい場合、Sony Xperia XZ Premiumは手動モードを提供し、焦点、露出、ホワイトバランス、シャッタースピードを微調整することができます。

フォーカスコントロールは、特に便利で使いやすく、ディスプレイの側面にある単純なスライダを使用することで、フォーカスが前景か背景かにかかわらず、ピントを合わせることができます。

もっと楽しいものをお探しの方には、カメラアプリのセクションに移動してください。ここでは、火山や恐竜などのシナリオをあなたの周囲にオーバーレイするSonyのzanier AR Effectと並んで、より静かな4Kビデオ録画とパノラマオプションがあります。ちょっとばかだけど、遊ぶのは楽しいです。

Sony Xperia XZ Premiumカメラが生成する画像は素晴らしいですし、ソニーはここでの後処理を改良し、以前の機器での撮影を妨げていました。

サムスンギャラクシーS8で撮影されたものと同じポップが欠落していることがわかりましたが、ポイントアンドシュートのタスクに関しては、XZプレミアムの端をつかんでいます。

しかし、カメラでソニーで時間を過ごし、スーパースローモーションモードでスキルを磨くと、Xperia XZ Premiumが写真部門で提供するものを大いに楽しむことができます。

カメラのサンプル

イメージ1/9

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

 

 

Sony Xperia XZ Premium G8142 (Dual 64GB) – Deepsea Black (並行輸入品)

新品価格
¥50,840から
(2018/10/24 11:36時点)

SIMフリー Sony Xperia XZ Premium Dual G8142 [Deepsea Black 64GB 海外版 SIMフリー][中古Bランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:40,800円
(2018/10/24 11:38時点)
感想(0件)

ヤフオクで購入したい方はこちらから!!

ネックスタイルのワイヤレスイヤホン WF-SP600N レビュー

SONY WI-SP600Nのレビュー

「WI-SP600N」は、デジタルノイズキャンセリング、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードと防滴性能を搭載したワイヤレスイヤホンです。

発売開始は2018年4月28日。

同時期に発売された「WF-SP700N」との違いは、見ての通り左右のインナーイヤーがケーブルでつながっているということ。
バッテリーがリモコン部に用意されているので耳に装着するヘッドホン部分は「WF-SP700N」よりも軽量です。

ネックバンドタイプ「WI-1000X」の防滴性能搭載版といった感じで、耳からイヤホンをはずして肩掛けできるのでより気軽に着脱できます。

耳への装着スタイルは「WF-SP700N」と同じで、4種類のイヤーピースと耳のくぼみにフィットする2種類のアークサポーから自分の耳にあったサイズを選ぶことができます。

6mm径ダイナミック型ドライバーで再生周波数帯域は、50 Hz-8,000 Hz。

BluetoothコーデックはSBC, AAC。

JIS防水保護等級IPX4相当の防滴に対応しており、雨や汗、水しぶきも気にせずに使えます。

イヤホンのスペック・機能

取扱説明書にはiPhone 7 Plus(2016年モデル)までの対応しか記載されていませんが、iPhone X(iOS11.3)でも利用できることを確認しています。

Bluetoothで接続可能な一般的なスマホ・パソコン・オーディオ機器ならば、大半の製品で利用ができるはずです。

型式 密閉ダイナミック型
ドライバー 口径6mm
接続 Bluetooth ver.4.1 準拠
通信距離 見通し最大10メートル
防滴性能 IPX4(水しぶきに対する耐性)
ノイズ
キャンセリング
デジタルノイズキャンセリング/
アンビエントサウンド切り替え
利用可能時間 最大6時間再生(NCオン)
充電時間 約1.5時間
(0.5A以上のACアダプタで給電可)
対応iPhone* iPhone5~iPhone 7 Plus(2017年12月時点)
ハンズフリー通話 iOS/Androidスマホで利用可
音声アシスタント Siri, Googleアプリを起動可能

 

操作性

ケーブル途中にコントローラー部が装備されており、電源、再生/一時停止、ボリューム、NC/AMBキーの操作ができます。

microUSB端子から充電、内蔵バッテリーで最大再生時間約6時間というスタミナ性能が魅力です。

この部分にNFCもあるので、XperiaなどNFCを搭載したスマホとタッチしてかんたんにペアリングできます。

 

そして電車内や航空機内などのリスニング時に、走行音やエンジンノイズなどさまざまな騒音を低減できる「デジタルノイズキャンセリング」機能つき。

しかもヘッドホン内蔵のマイクから、周りの音や人の声を取り込める「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」機能もあるので、イヤホンをしたままで周囲の人と会話もできるし、周囲の状況を把握できちゃいます。

スマホの専用アプリ「Sony | Headphones Connect」を利用して、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードの切り替えやイコライザーの調整、「クイックサウンドセッティング機能」ができるのは「WF-SP700N」と一緒ですね。

便利なマルチポイント機能

SONY WI-SP600Nのレビュー

スマホとウォークマンの2台持ちという方には非常に便利な機能のひとつ。
ウォークマン(A2DPプロファイル)と、スマホ(HFPまたはHSPプロファイル)それぞれに同時接続できるマルチポイントに対応しています。
ウォークマンで音楽再生をする場合、スマホ側で外音コントロールや、イコライザー調整ができる点は非常に使い勝手が良いです。

 

スマートフォン(AndroidやiPhone)とBluetooth接続して、ハンズフリー通話もできるのはやっぱり便利。

しかも、再生ボタンを長押ししてスマートフォンの「Google アプリ」や「Siri」といったボイスアシスタントを呼び出して、情報を調べたり電話発信といった音声操作ができるのが意外と役立ちます。

 

音質

WI-SP600Nは「EXTRA BASS(TM)」という機能シリーズに属しており、重低音が特徴的です。
コーデックとして「SBC/ACC」に対応し、ワイヤレスの状態でも高音質なサウンドが楽しめるようになっています。

個人的な主観ですと、どちらかというと中低域に厚みを感じます。
高域は極めて自然な感じ。突き抜け感はそれほど出ないので、高さは感じづらいです。

中域には低域が少し被さってきます。中域の楽器音の発色は良く、ピアノなどはきれいに瑞々しく聞こえます。
低域はかなり厚みがあり、やや前面に出てくる感じ。
全体的には、中低域に密度を感じ、重厚で満腹感のある表現になっています。

あくまでも個人的な主観なのでご参考までに。

接続性

WI-SP600Nでは接続機器と見通し最大10メートルくらいまで離れても利用が可能です。
利用する環境にもよりますが、屋内で使う限りでは接続されたスマホやPCから1~2部屋移動しても、途切れること無く利用が出来ます。

パソコンと接続させた状態で数時間音楽を再生しつづけてみたところでは、1度も音飛び・音切れに気づくことはありませんでした。接続の安定度は非常に良いという印象です。

接続に関しても、1度設定を行ったPCであれば、イヤホンの電源を入れるとすぐに自動接続が完了し、音楽を聴ける状態となりますので煩わしさがありません。

防滴性能

WI-SP600Nは「IPX4」という防滴性能規格に対応しています。
これはあらゆる方向からの水しぶきを掛けて、5分間浸水しないことを確認された仕様という意味。
屋外で雨が降ってきたり、汗が掛かっても安心して利用することが可能なレベルです。
しかし、あくまでも想定されているのは「真水/水道水/汗」のみであり、それ以外の液体が掛かってしまったときにはすぐに液体を除去・清掃などのお手入れをしましょう。

そして、注意していただきたいのは、「防水」ではないということ。水の中にイヤホンを沈めるようなテストや防塵テストは行なわれていません。例えば海レジャーで使うような場合には海水・砂が混入して壊れてしまうかもしれませんので、過酷な状況での利用はNGです。

装着感について

WI-SP600Nは屋外での移動、スポーツ時の利用も想定されており、軽く・安定した装着感があります。

アークサポーターを耳介部分にぴったり合わせると、ウォーキング・ジョギング程度の運動では全くズレないくらいの安定性があります。

アークサポーターを外すと重心のズレとコントローラーの重みによって、下がって外れそうになりますので、アークサポーターは付けたほうが良いです。
正しく装着していれば頭を上下前後左右にどんなに激しく動かしても、イヤホン部分が外れることはまずありません。

ただ、コントローラー部分は左側の耳から垂れ下がったような状態になりますので、左右に体を大きく動かす場合には、ちょっと邪魔です。
スポーツをするときにはWI-SP600Nではなく完全ワイヤレスタイプのWI-SP700Nような製品のほうが良いと思います。

ただ、このコントローラーユニットがあるおかげで完全ワイヤレスの製品よりも長い連続利用が可能になっているとも言えますので、一長一短といったところですね。

まとめ

音質的にずば抜けている印象はないです。
細かな分解能や音色の発色の良さは感じる。全体的に自己主張が強い感じではなく、曲に少し厚みを持たせて素直に聴かせるといった感じで、派手さは感じないが、魅力は十分にあります。

ただお値段はちょっと高め。音質だけで判断すると、コスパは正直難しいかなというのが率直な感想です。

 

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-SP600N PM : Bluetooth対応 NFC接続対応 防滴仕様 2018年モデル ピンク

新品価格
¥15,736から
(2018/10/21 18:42時点)

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

新品価格
¥20,880から
(2018/10/21 18:48時点)

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。お手軽なボイスレコーダー

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

今回は久々にガジェット関係のエントリーになります。 ソニー ICレコーダー ICD-UX543Fを購入したのでレビューをお届けします。

 

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

電源を入れて、日時設定をします。

あまり気にしていませんでしたが、黒バックに白地の有機ELディスプレイが搭載されているので、結構見やすいですね。

設定が終わって録音ボタンを押したところ。

 

録音設定に関しては、自動で状況にあったマイク感度を判断するおまかせボイスのほか、「会議」モードなど、個別に録音ビットレート、シーンの選択が可能です。
また、カスタマイズした設定をMyシーンとして保存することも可能です。

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

※録音形式/ビットレートはMP3のほか、リニアPCM録音も選択可能です。
以前のICレコーダーにはなかった機能なので、これは嬉しいですね。

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

肝心の音質は?

しばらく会議の収録や、環境音の収録等に使用してみましたが、ステレオマイクの恩恵および、高音質録音技術の採用で、音質は申し分ないレベルですね。

臨場感のある音声収録ができ、指向性も比較的高いです。

 

 

 

1つ目は消去ボタンです。
533には本体の右側面に消去ボタンがあるので
必要のないファイルはボタン1発で消すことができます。

 

ところが543にはこの消去ボタンがありません。
消去するにはオプションボタンを1回押し
表示されるメニューの中から1ファイル消去を選びます。

 

つまりボタンを押す回数が2回余計なんですね。
これが個人的には非常に面倒に感じてしまいます。

 

例えば私はカラオケに行く時には必ずICD-533F持って行き
自分の歌声を録音して聴くようにしています。

 

1曲歌い終わるとをその場ですぐに録音した歌を聞くんですが
いちど聴いたらそのファイルはその場ですぐ削除してしまいます。

 

その時,消去ボタンがある533はすぐにファイルの削除ができました。
ところが543はメニュー画面を出さないといけないのですごく面倒に感じました。

 

もう1つはデジタルピッチコントロール(DPC)操作です。
533の側面にはDPCのオンオフスイッチが付いています。

 

なのでこれを常時オンにしておけば正面のボタンで
すぐにスピードコントロールできます。

 

ところが543ではこれができません。
一度DPCボタンを押してからでないとスピード調整が
できなくなっています。

 

先程のファイル消去の時と同じように
ここでもボタンを押す回数が余計にかかってしまうのです。

 

私は英語のリスニングでDPCをよく使うので
こ手間が非常に面倒に感じてしまいます。

 

もう1つは録音フォルダの指定です。
533では今使っているフォルダがそのまま録音フォルダになりますが
543では設定画面で録音フォルダを指定するようになっています。

 

533は正面にあるフォルダボタンで
この録音フォルダをすぐに切り替えることができますが
543ではそうはいきません。これも余計にボタン押す作業が必要です。

 

個人的には543にもDPCのオンオフスイッチと
フォルダ切り替えボタンを配置してほしかったです。

 

それともう一つ最後に。
543はパソコンのUSB端子に挿入したときに
認識しないことがたびたびあります。

 

毎回ではありませんが数回に1回は認識しません。
これもまた非常にイライラします。

SONY ステレオICレコーダー FMチューナー付 4GB シルバー ICD-UX543F/S

価格:19,824円
(2018/10/21 19:04時点)
感想(0件)

ソニー SONY ステレオICレコーダー ICD-UX560F : 4GB リニアPCM録音対応 ブラック ICD-UX560F B

新品価格
¥10,498から
(2018/10/21 19:05時点)

Xperia Ear Duo(XEA20)実機レビュー!!

全く新しいと言ってもいいデザインで登場した、ワイヤレスイヤホンのXperia Ear Duo(XEA20) 開梱レビューをお届けいたします!

デザインもさることながら、耳をふさがず、外音を取り込む遮音性は「ほぼゼロ」のイヤホン。それでは早速開梱してみます。

Sony Xperia Ear Duo

互換性の面では、Xperia Ear DuoはAndroid 5.0以降を実行するすべての携帯電話で動作しますが、iPhone搭載の携帯電話はiOS 10以降を使用している場合に使用できます。

設計

  • あなたの耳に入れるのが難しい奇妙なデザイン
  • あなたの耳たぶの周りをタッチパッドでつかみ、相互作用する
  • 大型だが持ち運び可能なワイヤレス充電ケースが付属

ソニーがXperia Ear Duoのために選んだ奇妙なデザインから脱却することはできないので、まずそれから始めましょう。これはユニークに見えるヘッドセットですが、真のワイヤレスヘッドセットの導入により、近年変化してきたことの多くを反映しています。

Ear Duoはワイヤで接続されていない2つのイヤフォンで構成されています。これは真のワイヤレスが意味するものです。これらはどちらもワイヤレス充電ケースに収められています。詳細については後で詳しく説明します。そのため、携帯して歩いているときに携帯することができます。

Apple AirPodsや他のほとんどの真のワイヤレスヘッドフォンとは異なり、Sony Xperia Ear Duoは実際にはビジネスの耳に巻き込まれたBluetoothヘッドセットに似ています。

バッテリー、それと相互作用するタッチパッド、およびその他のさまざまなセンサーを収容する、厚い技術の部分があります。それはあなたの耳の後ろに座っています。小さな金属バンドが耳の周りを曲がり、イヤホンが音を聞くことができます。

私たちが最初にXperia Ear Duoを箱から取り出したとき、我々はそれらを着用する方法によってちょっと混乱しました。あなたがそれらを入れることを意味する方法を実証するための便利なガイドがありますが、会社がそのメッセージを含める必要があることを戸惑わせるのは本質的に問題です。

私たちは、他の人にTechRadarオフィスで試着してもらうように頼みました。そして、しばしば、彼らはそれをやり遂げる方法を知っていても、耳に入れてしまうのが苦手でした。私たちは1週間以上ヘッドホンを装着していましたが、まだ耳に入れようと努力しています。

一度ヘッドフォンのしくみに慣れても、耳の周りにはそれぞれ10秒ほどの時間がかかります。おそらく、私たちは特に長い耳たぶを持っていますが、私たちはしばしば、最初の外出時に耳の底の周りにイヤピースを快適に着けるように苦労していることがよくありました。

この巨大な技術を耳の後ろに置くのは奇妙な感じですが、特に不快なことではありません。それぞれが軽いので、彼らはあなたの耳の中によく座り、頭の両側を軽く叩くことはありません。

このような複雑なことを説明するために、Xperia Ear Duoが耳の周りにどのように座っているかを理解するのに役立つこのビデオを共有しました。

内耳には小、中、大の3種類の選択肢があります。メディアが完璧なサイズであることを理解するまでに時間がかかりましたが、これまでヘッドセットの内部は快適でした。私たちはまた、彼らがApple AirPodsとは言い切れないような、耳から落ちるようなことは一度も感じていませんでした。

スマート機能にアクセスするには、耳の後ろに座っているビットの側面に指を使います。これは手が届きやすく、うまく機能します。

タッチパッドの上で指を動かして音量を調整したり、音楽を一時停止して再生したりすることができます。1つの興味深い奇抜な点は、左のイヤホンを軽くたたくだけで止めることができるということです。ヘッドセットを正しく使用できるようにするには、両方のイヤピースを着用する必要があります。

あなたは両方のボリュームを変更することができますが、何らかの理由で正しいものを身につけているだけであれば、音楽をすばやく一時停止することができなくなります。代わりに、適切なものを長押ししてGoogleアシスタントを開くことができます。この間、簡単にタップすると通知が提供されます。

Xperia Ear Duoヘッドセットが馬鹿に見えるという事実を知ることはできません。つまり、Apple AirPodの外観も特に好きではないが、それらはiPhoneファンのための人気の高い選択となっている。そのため、Sony Xperia Ear Duoは多く採用される見通しであるかもしれない。

Xperia Ear Duoを購入する予定がある場合は、黒色(このレビューを通して描いた写真)または金色で購入できます。元々Xperia Ear Duoをテストしたところ、銀色でも見ましたが、ソニーが完全版でその色を決めたようです。

Xperia Ear Duoに付属の充電ケースは大型ですが、小さなバッグやバックポケットにも簡単に挿入できます。薄いですが、ラウンドデザインは大型ですが、大型のケースではありません。

これは、Apple AirPodとその充電ケースと同じように持ち運びがスリムで簡単ではないので、簡単にポータブルデバイスを探している場合、これはあなたの通りを正しくすることではないかもしれません。

音の質

  • あなたの周りのオーディオや世界を聞くことができるオープンなデザイン
  • 騒々しい環境には適していません。
  • あなたがオフィスで聞くことができるが、まだ音楽を聞くことができる場合に有益です

おそらく、Xperia Ear Duoの最もユニークな機能は、ヘッドセットを使用しているときにあなたの周りの世界を聴くことができるという事実です。これは、大きな有線ヘッドセットやノイズキャンセリングヘッドフォンのようなあなたの周辺のすべてをブロックするつもりはありません。

それは利益とネガの両方を持っています。つまり、Xperia Ear Duoを使って自転車に乗ったり、自転車に乗ったりして、音楽を聴いていても、あなたの周辺と調和していることを知ることができます。

引き続き音楽を聴きながら、あなたの周りの会話や交通を聞くことができます。これは、音楽を聴いているときに、より安全なタッチになることを意味します。

AfterShokzやその他のスポーツ向けブランドから得られる骨伝導オーディオヘッドセットに似ています。

しかし、これらのヘッドフォンがあらゆる状況で動作するわけではありません。このレビューを書いたとき、私たちは長距離飛行でSony Xperia Ear Duoを着用していました。ノイズキャンセリングが必要な状況や、仕事に集中したり、エンターテインメントを観たり、周辺の飛行機の騒音を吹き飛ばしたりするヘッドフォンが必要でした。

これは、Xperia Ear Duoが特にうまく機能しない状況の1つです。最大音量で周囲の騒音を取り除くのに十分ではなく、周りの人が聴くことのできる機能をオフにするスイッチはありません。

あなたの周りで聞くことができれば便利ですが、状況によっては私たちの周りの周囲の騒音がなくても、オーディオに没頭する機会を逃してしまいました。あなたが大音量の環境にいる場合、Xperia Ear Duoは役に立たないです。

ノイズを殺す可能性のあるヘッドフォンが必要ではないと思うなら、これはあなたの路地のすぐ上にあるかもしれませんが、ヘッドセットが必要な場合は地下鉄や忙しい道を歩くことができます。

実際の音質に関しては、Xperia Ear Duoは大丈夫なオーディオを提供し、真のワイヤレスヘッドフォンのミッドレンジ価格のペアから期待されるものを中心にしています。それは驚くべきことではなく、オーディオファンを賞賛しませんが、オーディオは、この価格の周りの他の製品から聞いたものと似ています。

最大音量を少し大きくすることもできましたが、ソニーがヘッドセットに搭載した特定のアイデアではなく、この技術の限界と思われます。

ここでは適応型の音量調整があります。そのため、ヘッドセットが周囲の騒音を聞くと、音量は自動的に増加し、周囲に何もないときは騒々しくなりません。

ボリュームを十分に大きくすることはできないとわかりましたが、ボリュームを上げるためにゆっくりと動作することがよくありました。設定でこの機能をオフにして、標準的な音量レベルにすることができます。この機能を停止するには、これを頻繁にやっていることがわかりました。

スマート機能

  • Sony Xperia Ear Duoの優れた機能
  • 通知を読み、アップデートを共有し、お使いの携帯電話のAIアシスタントに接続します
  • ヘッドジェスチャーを使用すると、電話に触れることなく電話を操作できます

スマートな機能は、Xperia Ear Duoが成功する場所です。音量を一時停止および変更する機能と同様に、右のイヤフォンは、すべてのスマートな機能をコントロールできる場所です。

ソニーのボイスアシスタントが貴方の耳に直接栄誉を授与して、あなたの通知を読み上げます。

ヘッドセットを持ってきたら、通話が届いたらすぐにあなたの電話通知を読むことができます。これは、友人からWhatsAppメッセージを受け取った場合、一部のヘッドセットが提供するよりロボット的な “WhatsApp message from John McCann:hello”ではなく、 “John McCann says hello”と聞くことになります。

スマート機能の設定を変更できるSony Xperia Ear Duoアプリ。

スマート機能の設定を変更できるSony Xperia Ear Duoアプリ。

これはあなたの電話に表示されるときに、あなたのすべての通知を読み上げます。携帯電話からバッテリ寿命を最適化できるという通知があれば、その耳に読んでもらえますが、それは特に有用ではありません。

また、すぐにあなたのメッセージを読んでいます。あなたがグループチャットの一部であっても、常に更新されていると迷惑をかけることがあります。しかし、それはあなたが走っていて、携帯電話が振動していると感じるときに便利です。

Sony Xperia Ear Duoモバイルアプリで読み込むアプリを選択して選択することができます。ここでは、すべての通知を簡単に無効にすることもできますが、通知を無効にすることは簡単なことではありません。

右のイヤホンを長押しすると、スマートフォンのデフォルトのAIで挨拶されます。Androidを使用している場合は、Google Assistantになる可能性が高いため、すぐに質問をしたり、携帯電話の機能をすぐに変更することができます。

ヘッドセットがわれわれの要求を理解していることがわかりました。あなたの電話を開くことなくクエリを知ることが必死なら、すぐにこれを使うことができますが、これらをあなたの耳に入れても、あなたの電話に話すのは間違いです。

ヘッドセットには頭振りも付いているので、頭を動かして通話に応答したり辞退したり、トラックをスキップしたり、メッセージを停止したりすることができます。

Xperia Ear Duoでの頭の動き。

私たちはこれが素早く簡単に行えることを発見しました。電話を受ける際に頭がうなずいた場合、電話に応答します。

しばしば、それぞれのことについての特定の頭振りが何であるかを忘れているので、これは、特にあなたがあなたの電話機とやり取りすることをより容易にするつもりはありません。

バッテリー寿命

  • 1回の充電から約3時間続きました
  • 充電の場合も最大3つの追加料金が加算されます。これは便利です

あなたが充電ケースを持っているなら、Xperia Ear Duoのバッテリー寿命はかなり印象的です。充電の場合を除いて、ヘッドセットが100%から約3時間続くことがわかりました。

これは、Xperia Ear Duoの多くの機能と、オーディオ全体の聴き取りを行う私たちと一緒でしたが、イヤフォンのより大きなデザインを考えると、バッテリーの寿命はそれほど長くありませんでした。

充電ケースはソニーによると、ヘッドセットに最大16時間の充電が追加され、充電ケースに30分間スナップすると、100%に戻すことができました。

それは便利ですが、あなたを吹き飛ばすことはないでしょう。素晴らしいバッテリーを探しているなら、このヘッドセットを買うべきではありません。

Sony Xperia Ear Duoには本当に好きな機能がいくつかありますが、それは多くの人に適した製品だとは思いません。

真のワイヤレスイヤホンは現在普及しており、このタイプのヘッドセットにリスニング可能な機能を組み込むことは、付加価値を高める素晴らしい方法ですが、ヘッドセットそのものを損なうネガティブな要素があります。

しかし、皆さんのための製品ではないと懸念している限り、ソニーは、今の市場とはまったく違った見た目と機能を持つ独自の製品を開発することを賞賛しなければなりません。

これは誰ですか?

あなたの耳に届いたときにあなたの通知を直接読むという考えが大好きです。Xperia Ear Duoはあなたの路地を右折しなければなりませんが、耳の中のDuoを購入する前に考慮する必要があることがいくつかあります。

あなたの周りの騒音をキャンセルするヘッドセットを探しているなら、これはそうではありません。このテクノロジーは純粋にオーディオを提供するように設計されており、トラフィックや会話などの周囲の騒音を日常生活の中で鳴らすことができます。

あなたが頻繁に外で運動したり、忙しい地域で散歩をしている場合、この機能はあなたがどこにいるかを熟知することができるので素晴らしいです。公共交通機関に乗っているときや、忙しいオフィスに集中しようとしているときは、それをオフにすることはできません。あなたの周りに何が起きているのかを聞くことができます。

そのすべてが訴えるならば、Xperia Ear Duoは完璧かもしれません。そのすべては、私たちはデザインのファンではないと言いました。これらはあなたの耳たぶの周りにぴったりとは見えず、履いていくのが難しいですが、一度着用すれば着用するのが苦ではありません。

あなたはそれを買うべきですか?

あなたが上で話した特定のアンビエントオーディオ真のワイヤレス体験を探しているなら、これを買ってください。

ここにはスマートな機能がたくさんありますが、ヘッドフォンの設定を変更すること(ヘッドフォンのボタンを使って行うことが多い)、通知を読んだりできることGoogle Assistantを起動します。

状況によっては、これらの機能が役立つことがわかりますが、多くの人が、音楽を聴きようとしている間、常に通知を読むことに苛立っています。

さらに、Xperia Ear Duoの価格を念頭に置いておきたいと思います。これは現在購入可能な他の多くの真のワイヤレスヘッドセットと比較して低速ではありません。Apple AirPodの価格は159ドル159.99ポンドで、Xperia Ear Duoと非常に似ているため、iPhoneを所有している場合は検討する価値がある。

これは多くの規定のように聞こえるかもしれませんが、真実はXperia Ear Duoが非常に特定の人を念頭に置いてデザインされていることを示しています。これらのうちから

そして、あなたがデザインのファンでなければ、Sonyが将来的に新しいXperia Ear Duo製品を改良するかどうかを知りたいかもしれません。

 

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP : オープンイヤー ボイスアシスタント機能 クアッドビームフォーミングマイク搭載 2018年モデル ブラック XEA20JP B

新品価格
¥28,559から
(2018/10/29 11:35時点)

【送料無料】 ソニー SONY フルワイヤレスイヤホン イヤーカフ Xperia Ear Duo XEA20JP ブラック [左右分離タイプ /Bluetooth]

価格:32,270円
(2018/10/29 11:36時点)
感想(2件)

ヤフオクはこちらから!!

日本未発売6.0インチ「Xperia XA2 Ultra」レビュー SIMフリー スマホは買うべきか??

 

「Xperia XA2 Ultra」レビューしたいと思います。

ETORENで購入したのは、H4233という型番のもので、デュアルSIMでストレージ64GB版です。XA1 Ultraとの性能比ではSoC(CPU)がMediaTek Helio P20から、Snapdragon630に変わり、カメラがフロントだけですがダブルレンズになっている点、また指紋認証リーダーが背面に付いたのが大きな変化。更にバッテリー容量が増大しています。その分、新デザインの前後ラウンドフォルムと相まって厚みと重さが増しているのが若干気になる所です。

対応周波数帯は4GではB1/B3/B8/B28/B41あたりが日本で使え、特にSoftBank系はB8プラチナバンドが使えます。※4G LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)

主要スペック XA2 Ultra vs XA1 Ultra

製品 Xperia XA2 Ultra Xperia XA1 Ultra
ディスプレイ 6.0インチ フルHD (1920×1080) IPS 6.0インチ フルHD (1920×1080) IPS
CPU Qualcomm Snapdragon 630 オクタコア Up to 2.2GHz MediaTek Helio P20 Octa Core
(Quad Core 2.3GHz + Quad Core 1.6GHz)
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 32GB 32GB/64GB
OS Android 8.0 Android 7.0
カメラ 背面 23MP (84度 F2.0)
前面 16MP+8MP (8MPは120度 F2.4)
背面 23MP (F2.0)
前面 16MP (F2.0)
バッテリー 3580 mAh 2700 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
SIMスロット nano SIM x1 nano SIM x1
microSD 有り : 最大256GB 有り : 最大256GB
3G/
4G(LTE)
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2 (dual-SIM model only)
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
サイズ 163 mm ×80 mm × 9.5 mm 165 mm ×79 mm × 8.1 mm
重さ 221g 188g
その他 ・USB Type-C
・指紋認証センサー
・USB Type-C
カラー Silver
Black
Blue
Gold
White
Black
Pink
Gold
サポート言語 日本語不明 (恐らく有り) 日本語あり

 

大きな画面と大きなバッテリーは、XA2 Ultraを勝者にするには十分ですか?

設計

Sony Xperia XA2 Ultraはおなじみのソニーデザインを誇っていますが、そこでは最もエキサイティングではありませんが、少なくとも機能的です。

それはプレミアムデバイスではないことを思い出させる、後部はプラスチックです。

それは163×80×9.5ミリメートルを測定し、体重が221グラムであることを意味します。いくつかの深刻なタイピングをしたい場合は、片方の手のひらで扱いにくいので、両手を使う必要があります。

フィニッシュはグリップ力もあまり大きくないので、携帯電話のサイズと重量を考えれば、特に手が小さい場合には、ここでは落とす危険があります。

後ろの指紋スキャナーはヒットするのが比較的簡単ですが、ヒントではなく指の下の部分でヒットすることがありましたが、スキャナーを正しく配置するために別の指紋スキャナーを使用する必要があります。

ただスキャナが過度に敏感であることを発見しました。携帯電話を振動させる読み込みエラーにつながり、私たちは通知を受け取ったと勘違いしてしまいます。

ソニーは、スキャナーをより一般的な(ソニーの携帯電話の)サイドマウントされた場所から後方に移動させ、新しい場所が誰にでも(左利きのユーザーと右利きのユーザーの両方にとって)ヒットしやすくなると主張している。しかし、古い場所は間違いなく見つけやすく、不要なポケット内スキャンにはならなかった。

上部にはヘッドフォンジャックがあり、コード好きのオーディオファンを喜ばせます。ベースには、下方に発射する単一のスピーカーの横にUSB-Cポートがあります。

電源/ロックキーは電話機の中央に配置されており、ボリュームロッカーを上に置くだけで簡単に見つけることができます。

右利きの使用ではボリュームキーが親指のストレッチであることがわかりました。音量を上げると、手のひらの中で少しずつシャッフルする必要がありました。私たちは、デバイスの左側で、ボリュームキーを少し下げることを好みました。

角型の矩形はまだファンを備えていますが、ベゼルをはさみ、厚さをミリメートル単位でカットし、より未来的なデバイスを提供しようとするメーカーの見解に応じて、急速にますます重要性を増しています。

デザインは新しいものではありませんが、その実用的で機能的です

デザインは新しいものではありませんが、実用的で機能的です

表示

  • 大型の6インチフルHDディスプレイは、映画やゲームに最適です

Sony Xperia XA2 Ultraの大きな話題の1つは、フルHD 1080pの解像度で6インチとパックを測定する画面です。

Xperia XA2 Ultraは、この価格帯でこのサイズのスクリーンを備えたスマートフォンの巨大な選択肢はありません。これにより、Xperia XA2 Ultraは素晴らしい小さなニッチを自ら創り出すことができます。

手頃な価格のNetflix /ゲーム機をお探しなら、XA2 Ultraは強力な候補です。LCD IPSディスプレイは、ライバルのAMOLEDディスプレイのカラーパンチを持っていませんが、それはまだ鮮明でクリアなので、ビデオコンテンツには良いキャンバスを提供します。

私たちは、私たちの時間の間、携帯電話で何時間もNetflixを見て、その画面がその仕事にうってつけであることを確認することができます。

6インチLCD IPSディスプレイは明るくクリアです

6インチLCD IPSディスプレイは明るくクリアです

より分かりやすい視聴者は、ディスプレイにわずかな青い色合いを感じるかもしれませんが、これに対抗するために設定の画面の色温度を調整できます。ただし、調整することを選択すると、明るさが失われることがあります。

ソニーは、携帯電話の左右にあるディスプレイの端にディスプレイを押し当てることができ、前述のベゼルから幾分かを取り戻すことができました。これにより、横向きの表示が向上しました。

バッテリー寿命

  • タンクにたくさん残って快適に1日中続きます
  • パワーユーザーでも1回の料金で1日を得ることができます

Sony Xperia XA2 Ultraは3,580mAh相当の大容量バッテリを搭載しているため、耐久性の面で優れた性能を発揮します。

私たちは、Netflixの2時間、ゲームの2時間、電話の一握りを含む中程度から高いレベルの使用であっても、電話で私たちの時間中にフル充電から1日を簡単に使用することができました。写真、および電子メール、ソーシャルネットワーク活動、一般的なウェブブラウジングなどの自由な量を提供します。

このすべてでさえも、午前7時に充電を取り、午後11時にそれを接続した後、タンクに少なくとも15%残ったままで寝ていました。そしてゲームの習慣を抑えれば、まだ30%で終わりました時々去った。

1回の請求で1日を使用できます

あなたの使用量がそれほど多くない場合は、タンク内にさらに残っている可能性が高いチャンスがあります。本当に経済的なユーザーにとっては、XA2 Ultraは電源ソケットに接続する前に1日半かかることがあります。

私たちは、画面の明るさを最大限にした90分のフルHDビデオを再生し、バックグラウンドでWi-Fiで同期をとるという、ハンドセットでの標準バッテリテストを実行しました。

90分後、Xperia XA2 Ultraは充電量の20%を失っていましたが、これは特に素晴らしいパフォーマンスではありませんでしたが、

ワイヤレス充電は内蔵されていないので、電話機のベースにあるUSB-Cポートにケーブルを接続する必要があります。XA2 Ultraは高速充電をサポートしていますが、箱に入っているプラ​​グブロックはありませんので、別途クイックチャージャーを購入する必要があります。

さまざまなレベルのスタミナモードにより、必要な時にバッテリ寿命が延長されます

さまざまなレベルのスタミナモードにより、必要な時にバッテリ寿命が延長されます

カメラ

  • 後ろのカメラは良い光でうまく動きますが、暗いところでは苦労します
  • 手動モードのHDRはあなたの友人です
  • デュアルフロントカメラにより、より広いセルフショットが可能

Sony Xperia XA2 Ultraは、2つではなく3つのカメラを備えていますが、そのうちの1つだけが携帯電話の背面にあります。

その後ろ向きのスナップは、この電話の前身(Xperia XA1 Ultra)で見つかったセンサーと同じメガピクセル数ですが、まったく同じセンサーではありませんが、23MP です。

XA2 UltraのSnapdragon 630チップセットのおかげで、この携帯電話のカメラは4Kビデオを撮影することができます。

Xperia XA2 Ultraには、16MPと8MPのスナッパーが付属しているので、物事が面白くなるところでは正面が丸い。

16MPカメラには、低光性能を向上させるOIS(光学式手ブレ補正)機能が搭載されています.LEDフラッシュを使用することで、品質を損なうことなくショットを実際に明るくすることができます。

Xperia XA2 Ultraには23MPリアカメラが搭載されています

Xperia XA2 Ultraには23MPリアカメラが搭載されています

一方、8MPカメラは超広角120度の視野を誇っており、セルフマネージメントのために全員のグループにパックすることができます。シャッターキーのすぐ上にある2つのボタンを使って、カメラアプリ内の2つのカメラを簡単に切り替えることができます。

また、カメラのアプリを起動するためにワンクリックでアクセスできるようにし、写真を撮るための物理的なシャッターボタンも備えています。ワイドアングルレンズを使用してセルフをしている場合、このボタンはオンスクリーンよりもはるかに簡単です。

カメラアプリにダイビングし、ソニーは豊富な機能と設定を提供しています。写真をスナップするだけの場合、デフォルトのモードはソニーのスーペリアオートで、これはあなたのためにさまざまな設定を調整します。

後部カメラは昼間の屋外で非常によく機能し、高いレベルのディテールと素敵な色を捉えますが、ライトが屋内や屋外に降りると、物事は良くなりません。

我々は、Xperia XA2 Ultraがライバルと比較して暗い状況で撮影するときに顕著な遅れがあることを発見した。これは、処理が完了する前にカメラを動かすときに追加のぶれを引き起こした。

忍耐が必要であることを理解し、被写体に焦点を当てていれば合理的なショットを得ることができますが、ソニーの画像処理はノイズ除去のための詳細レベルを下げます。少し泥だらけとミュート。

あなたのショットで微妙にしたい場合は、画面上で指を左から右にスライドさせて手動モードにすることができます。

カメラアプリの手動モードでは、

カメラアプリの手動モードでは、

シャッターキーの横にボタンが追加され、タップすると設定オーバーレイが開き、ISO、ホワイトバランス、フォーカス、露出、シャッタースピードを調整できます

これらの設定は、あなたの暗い照明や屋内での撮影に役立つほか、HDRを手動でオン/オフするオプションがあり、写真の点灯方法をよりよく制御できます。

実際にはHDRモードが非常に優れていて、XA2 Ultraを使用しているときには好みの撮影モードになっていました。他のマニュアルコントロールを自動で維持し、より明るく、より詳細でよりカラフルなショットのために作られたHDRをオンに切り替えることが、ほとんどのシナリオです。

手動モードに移行してHDRを有効にするために、日常的な撮影ではスーペリアオートを無視することをおすすめします。

手動モードでHDRを有効にするには、設定値をヒットします

手動モードでHDRを有効にするには、設定値をヒットします

以前に述べたように、Xperia XA2 Ultraは4Kのビデオを撮影できますが、このオプションはアプリケーションのビデオセクションでは見つかりません。カメラモードで右から左にスワイプしてビデオモードにすると、最高の解像度はフルHD(30fps)とフルHD(60fps)です。

他のモードに進むには、画面全体をスワイプする必要があります。ここでは、4Kカメラがオプションの1つです。これを選択すると、電話が暑くてスイッチが切れるかもしれないと言って画面に警告が表示されます。これはあまり励まされませんが、これまでのSony携帯電話で経験したことです。

つまり、4Kレコーディングを数分に制限したいだけです。そうしないと、電話機が本当に苦労し始めます。

多くの場合、フルHDは十分に高い解像度で、XA2 UltraにはフルHDディスプレイしか搭載されていないことを考慮すると、特に4Kの記録へのジャンプは必要ありません。たとえ友達とビデオを共有していても、 4Kディスプレイ(Sony Xperia XZ Premium)を搭載した世界の携帯電話では、誰かがその栄光の中でビデオをすばやく簡単に見ることができる可能性は低いです。

カメラサンプルギャラリー

良い光では、Xperia XA2 Ultraのリアカメラは、屋外で高いレベルの詳細をキャプチャできます

インタフェースと信頼性

  • Googleの最新OSであるAndroid 8 Oreoを実行
  • 比較的ソニーの皮膚と一部のbloatwareと、Androidの在庫を比較的に

Sony Xperia XA2 Ultraは、Googleのオペレーティングシステムの最新バージョンであるAndroid 8 Oreoを実行しており、携帯電話を最新の状態にすることができます。

ソニーは独自のインターフェイススキンをAndroidに適用していますが、これはオペレーティングシステムの一部の領域の外観と操作を少し変更しますが、重いものではなく、使い易いものです。

Googleと大部分のAndroid携帯電話メーカーが垂直方向のスクロールリストを採用したときにソニーが水平方向にスクロールするアプリリストを選択した、アプリの引き出しにはいくつかの重要な調整がある。

ソニーはまた、あなたの使用習慣に基づいた提案とともに、アプリの引き出しの左側のパネルに推奨のアプリケーションタブを追加しました。これは少し冗長であることがわかりましたが、途方もないことで大きな問題ではありません。

ソニーのAndroidオーバーレイは軽く、比較的純粋なAndroidの体験を提供します

Xperia XA2 Ultraにあらかじめインストールされている追加のアプリケーションは、少し刺激的なものです。

ソニーは、Playstation、Xperia Lounge、Kobo Books、Amazonショッピング、Prime Video、Kindleアプリとともに、独自の音楽、アルバム、ビデオアプリを追加している。

これらのアプリをもっと迷惑にするのは、アンインストールできないということです。それらを表示しないようにすることはできますが、それでもいくつかのストレージを占有しています。

Xperia XA2 Ultraは、他のAndroid搭載端末と同じように動作します。すでにオペレーティングシステムに精通していれば、ここで実際の問題は起こりそうにないでしょう。

XA2 Ultraには、あらかじめインストールされているいくつかのアプリがありますが、これは無効にすることはできますが、アンインストールすることはできません

音楽、映画、ゲーム

  • 大画面は映画、テレビ、ゲームに最適です
  • ヘッドフォンジャックはコード付きのファンになります

Sony Xperia XA2 Ultraには32GBのストレージが搭載されていますが、システムでは17GBがすでに使用されているため、約15GBの容量で再生できます。

たくさんの音楽やビデオをダウンロードする場合は、XA2 Ultraに同梱されているmicroSDスロットを利用する必要があります。このスロットは、最大256GBのカードをサポートできます。

すでに述べたように、Xperia XA2 Ultraの6インチフルHDディスプレイは、ビデオやゲームの視聴に適しています。

XA2 Ultraには、プリインストールされた4つのビデオアプリがあり、Google Play TV&MoviesとYouTubeにはソニー独自のビデオアプリとAmazonのPrime Videoが参加しています。

YouTubeとPrime Videoは特定のサービスを提供していますが、ソニーとGoogleの両方のアプリでは、カメラで撮影したものでも、別々にダウンロードしたものでも、携帯電話のストレージに保存されている動画を見ることができます。

再生はスムーズで、色再現は良いです。映画は、もっとパンチのあるAMOLEDパネルを誇る携帯電話と同じくらい鮮やかに見えないし、HDRのサポートもないが、これはミッドレンジの携帯電話であると考えると、その経験はまだ素晴らしい。

それほどうれしくないのは、歩行者品質の音声を汲み出しているハンドセットの底面にある単一の下向きに発射されるスピーカーで、音です。それは合理的に大音量になりますが、その過程で音がより歪んだり、電話機を横向きにしておくと、スピーカーを手で覆うのは簡単です。

良いニュースは、ソニーがヘッドフォンジャックをXA2 Ultraの上に置いておき、有線のヘッドホンを差し込むことができるということです。Bluetoothは、絡み合っていない人にも提供されていますが、有線のオプションは有益です。

ソニーのプリロードされた音楽アプリは、あなたが携帯電話に転送するすべての曲について、あなたに堅実な音楽プレーヤーを提供し、ヘッドフォンによる音質は非常に優れています。

ゲームはXperia XA2 Ultraのもうひとつのヒットであり、大画面とスムーズなスラッグでスムーズなゲームプレイと負荷時間を実現します。横向きのゲームでは、画面の両側に手が置かれます。

パフォーマンス

  • 4GBのRAMを搭載したSnapdragon 630チップセット
  • スムーズな一般的なナビゲーションでスムーズにゲームを実行する

Sony Xperia XA2 Ultraは、クアルコムのミドルレンジスナップドラゴン630チップセットと4GBのRAMを搭載したパワー部門に十分搭載されています。

これは、ストリーミングビデオ、ゲーム、さらには過度のソーシャルメディアの行動に対しても十分なパワーです。少し遅れたカメラアプリを除いて、Xperia XA2 Ultraの残りの部分はとてもうまく動作します。

私たちは不安定なアプリの動作を経験しておらず、Clash Royale、Micro Machines、Pokemon GOなどのゲームは問題なくロードされ、プレイされました。

ソニーのXperia XA2 UltraでGeekbench 4を実行すると、携帯電話の平均マルチコアスコアは4,185となり、RAMの容量は1GBにもかかわらず、同じテストで4,222アップしたXperia XA2と同等です。

XA1 Ultraは、Geekbench 4で3,724点の平均スコアしか登録できないので、それを置き換えるハンドセットよりも快適に優れています。

これは、Xperia XA2 Ultraがあなたが投げるほとんどの事柄を処理することができるので、重大なパフォーマンスの問題を経験すべきではないということです。

Xperia XA2 Ultraの総合評価

Xperia XA2 Ultraは総合的にみると高性能なスマホです。普段使いで不便を感じることはほとんどないでしょう。ミドルレンジモデルだからといって、正直最新機種のハイエンドモデルであるXperia XZ2にも全く引けを取りません。

 

更にSIMフリーモデルですので十分おすすめできます。

 

Sony Xperia XA2 Ultra Dual H4233 4GB Blue/ブルー SIMフリー 並行輸入品

新品価格
¥36,645から
(2018/10/31 11:27時点)

中古 Sony Xperia XA2 Ultra Dual H4233【Blue 64GB 海外版】 SIMフリー スマホ 本体 送料無料【当社3ヶ月間保証】【中古】 【 携帯少年 】

価格:33,800円
(2018/10/31 11:28時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

SIMフリー版「Xperia X Compact」レビュー 4.6インチの小型スマホ その実用性は???

ドイツ・ベルリンで開催された「IFA 2016」で、ソニーモバイルが公開した、Xシリーズのモデル「Xperia XZ」および「Xperia X Compact」。

、Xperia X Compactのほうも、Compactモデルとしては、「Xperia Z5 Compact」以来となる1年ぶりにアップデートになるわけで、最近の大型スマホよりiPhone4のようなコンパクトなスマホが好みな方にはおすすめできるスマホになっています。今回はXperia Z5 Compactのレビューを行います

設計

 

Xperia X Compactは、技術的にはMWCで発表されたXperia Xよりも更に小さなバージョンで  Xperia X Compactは完全にプラスチックで作られています。

X Compactは、メタルやガラスのビルドを提供する他のソニーのデバイスと同じ感触を提供しないかもしれませんが、耐久性は驚くほど頑丈です。更に光沢のある仕上げが付いています。セラミックの質感がとてもよく、電源ボタンに指紋センサー搭載のために作られています。携帯電話の上部と下部は完全にフラットなので、デバイスは独立して立つことができ、デザインの残りの部分とうまく合う色のインサートが曇っています。

Sony Xperia Xコンパクトレビュー4

Xコンパクトには、ソニーが「ループ」デザインと呼んでいるものがあります。これは、ガラスからプラスチックにシームレスに移行する側面に沿ってデザインするもので、電話機をより快適に保持できます。審美的な変化にもかかわらず、ソニーが知られている正方形の形状はここでも見られます。

Sony Xperia X Compactの最大の特長は、片手での使用が簡単であることです。これは、明らかにミニスマートフォンのポイントです。非常に多くの大型ディスプレイの携帯電話があるので、このコンパクトなデバイスを使用することは非常に爽快です。手を両方使用しなくても簡単に手が届くスクリーンがあります。

ソニーXperia Xコンパクトレビュー - 7

デバイスの周りを見て、ヘッドフォンジャックとUSBタイプCポートはそれぞれ上部と下部にあり、左側はSIMカードとmicroSDカード用のスロット、右側は電源ボタン、ボリュームロッカー、専用のカメラボタンがあります。カメラのショートカットキーは、カメラをすばやく簡単に起動できるだけでなく、シャッターボタンとしても機能するため、非常に便利です。

しかし、これらのボタンを片方に置いておくと、煩雑なタッチを感じることがあります。また、ボリュームロッカーはあまりにも遠くに座って親指で快適に手が届くようにします。音量キーの位置は、カメラのデジタルズーム調整に使用すると意味がありますが、主な目的であるボリュームを制御する最適な位置にはないことは残念です。

Sony Xperia Xコンパクトレビュー10

Xperia X Compactには、電源ボタンに埋め込まれた指紋センサーも付属していますが、理由は不明ですが、これは米国版のデバイスでは利用できません。同社の主力製品やソニーのコンパクトスマートフォンとは異なり、Xコンパクトにはほこりや耐水性がありません。

表示

Sony Xperia Xコンパクトレビュー-15

Xperia X Compactには、720p解像度の4.6インチIPS LCDディスプレイが搭載されているため、ピクセル密度は319ppiになります。現在のディスプレイスペック的には特に印象的ではないかもしれませんが、このサイズのディスプレイで十分です。ディスプレイはかなり鮮明で、テキストを読むことに問題はありませんでした。

ディスプレイは、素晴らしい色再現と彩度、良好な視野角を提供する点を考えればかなり良いです。また、画面は驚くほど明るく、直射日光の当たる場所でも快適な視聴が可能です。小さな画面で入力することはあまり問題にはなりませんが、大型のスマホに慣れていれば差所は小さく見えてしましますが、購入をためらう理由にはなりません。

パフォーマンス

Sony Xperia Xコンパクトレビュー12

Xperia X Compactは、Adreno 510 GPUと3 GB RAMを搭載したクアルコムのSnapdragon 650プロセッサと同じ処理パッケージを保持しています。ライン仕様のトップは特長ではありませんが、パフォーマンスはX Compactでは問題になりませんでした。

すべてが高速かつ応答性が高く、デバイスは苦労せずにハイエンドのゲームを処理することもできます。確かに、ロード時間はもう少し長くなるかもしれませんが、ゲームがロードされると、非常にスムーズに実行されます。全体として、パフォーマンスはかなり印象的で、Snapdragon 650のようなミッドレンジプロセッサーから期待されるものを超えています。

ハードウェア

Sony Xperia Xコンパクトレビュー11

保存容量が限られている限り、32 GBしか使用できませんが、microSDカードを使用した拡張可能なストレージでは、最大256 GBのストレージを追加することができます。

ディスプレイの上下には、2つのフロントフェーディングステレオスピーカーを収容する2つの細いスリットがあります。他のフロントフェイスのセットアップと比較して全体の音量はより静かですが、音質は実際にはきれいで鮮明なサウンドで、歪みはほとんどありません。

ソニーXperia Xコンパクトレビュー-2

ただし、ヘッドホンを差し込むと、オーディオ体験がはるかに向上します。Xperia X Compactは、FLAC、ALAC、DSD、およびLPCMのようなHi-Res Audioをサポートしていますが、これらのフォーマットのオーディオをすでに持っていない場合は、圧縮されたオーディオファイルを高音質にしてHi – 音が鳴ります。

Xperia X Compactには2,700 mAhのバッテリーが搭載されています。バッテリーの寿命が驚くほど良くなり、比較的低解像度のディスプレイに電力を供給しなければなりません。バッテリーは快適な1日の使用を提供しています.Youtubeで多くのゲームやビデオを観るような過酷な使用であっても、一日のうちに充電することはめったにありませんでした。

このデバイスには、クアルコムQuickCharge 3.0のサポートが付属しており、バッテリの容量を考えれば、完全充電に戻すのに時間がかかりません。しかし、覚えておくべきことの1つは、SonyにはボックスにQC 3.0充電器が含まれていないということです。そのため、携帯電話の高速充電機能を利用するにはサードパーティ製のものを手に入れなければなりません。

カメラ

Sony Xperia Xコンパクトレビュー6

ソニーはまた、Xperia X Compactのカメラについても大きな注目を集めています。正面の5 MPシューティングゲームはかなり標準的な広角レンズカメラであり、背中には23MPのカメラがあります。これは、Xperia XZのようなソニーのハイエンド製品と同じセンサーです。

ソニーでは、カメラを改善するために、遠距離での撮影や暗い場所での撮影に役立つ新しいレーザーオートフォーカスシステムを追加しました。また、より良いホワイトバランスを得るための新しいカラーセンサーもあります。本物のキッカーは、ビデオを録画する際に、Xカメラが5軸の画像安定化機能を備えていますが、内部に物理的なハードウェアが存在しないためです。

Sony Xperia Xコンパクトレビュー-17

しかし、、5軸安定化は “マクロ”ショットを記録するときにのみ利用されるので、ビューファインダーの隅にマクロポップアップという言葉が表示されない限り、3軸安定化のみが得られます。映像は安定しており、歪みや歪みはありません。マクロビデオは、多くの人々が通常スマートフォンを使って録画するものではないため、限られた状況でしか使用されない機能を、ソニーが誇示したことは幾分奇妙です。

カメラアプリケーションは、私たちがソニーのデバイスから期待していたものを提供し、それは長年にわたって大きく変化していないように見えます。ビューファインダーで上下にスワイプして、優れたオート、マニュアル、ビデオ録画などのさまざまなモードを切り替えることができます。また、ソニーが常に追加するカメラエフェクトのスルーも可能です。これは最も直感的なカメラアプリではなく、HDRは手動モードを使用している場合にのみ動作しますが、カメラ全体の撮影経験はかなり簡単です。

Sony Xperia Xコンパクトカメラサンプル:

専用のカメラシャッターボタンを使ってカメラをすばやく起動して撮影するのは簡単で、画質は平均以上です。画像は非常に鮮明で細かい画像であり、色や彩度が十分にある一方で、他のスマートフォンで撮影された過飽和の写真と比べると、より自然な画像になります。

カメラには、動きのある被写体を連続的に追跡し、モーションブラーなしに撮影することができる予測ハイブリッドオートフォーカス機能も搭載されています。オブジェクトが非常に速く動いていない限り、この機能は本当にうまく機能します。暗い環境では、かなりの詳細量がまだ残っており、画像は一般的にノイズフリーです。しかし、そのような照明状況ではシャッタースピードが非常に遅くなる可能性があるので、ぼやけた写真を避けるためには非常に安定した手が必要です。

ソフトウェア

Sony Xperia Xコンパクトレビュー-13

ソフトウェア面では、Xperia X Compactはソニーのカスタムスキンを搭載したAndroid 6.0 Marshmallowを実行しています。しかし、カスタムスキンと呼ぶことは、ユーザーインターフェース全体でどのくらい多くのストックAndroidエレメントが見つかるかを考慮して、確かにストレッチです。

ソニーは独自のカスタマイズを本当に縮小していますし、このランチャーにGoogle Nowのホーム画面を追加するだけでなく、経験を実際に在庫に近づけるようになっています。つまり、あらかじめインストールされているSonyアプリケーションやいくつかのサードパーティ製のアプリケーションを含む膨大な膨大な機能が搭載されていますが、これらはすべて無効にして移動できます。

全体として、ソニーはソフトウェア体験をクリーンでシンプルに保つという素晴らしい仕事をしています。これは、Xperia X Compactで利用できるスムーズなパフォーマンスにも貢献します。

仕様

Sony Xperia X Compact
表示 4.6 “HD Triluminos IPS LCD
プロセッサー ヘキサコア、64ビットSnapdragon 650(2 x 1.8 GHZ、4 x 1.2 GHz)
RAM 3 GB
ストレージ 32 GB + microSD
寸法 129×65×9.5mm
重量 135g
IP格付け いいえ
メインカメラ 23 MP、予測ハイブリッドオートフォーカス、トリプルイメージセンシング技術、5軸安定化
フロントカメラ 5 MP
電池 2,700 mAh、クイックチャージ3.0、Qnovoアダプティブ充電、USBタイプC
指紋センサー はい
ネットワーク GSM GPRS / EDGE(2G)、UMTS HSPA +(3G)、Cat。6 LTE
接続性 A-GNSS(GPS + GLONASS)、Wi-Fiミラキャスト、Bluetooth 4.2、NFC

ギャラリー

まとめ

Sony Xperia Xコンパクトレビュー-14

CPUがSnapdragon 650とミドルレンジのものですが、少し前のフラッグシップモデルに使われていたSnapdragon 810に匹敵する性能なので、普段使いで不便に感じることはありません。Xperia XZと比較しても動作が遅い、引っかかりがあるといったことは全く感じないので、よほど重い処理をするゲームをしない限りは大丈夫でしょう。

また、Xperia XZや国内版と違って防水・防塵に対応していないことになっていますが、公式な保証がないだけで実際は防水・防塵に対応した構造になっています。

Xperia X Compact F5321は最新フラッグシップモデルとほぼ同等のソフトウェアやカメラ機能を備え、普段使いに十分なパフォーマンスを持っていながら、46,800円とXperiaにしては低めの価格です。

コンパクトで手に収まるスマホが欲しいけれど、まともなスペックのスマホがなかなか見つからない…という方は、Xperia X Compactに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

 

 

Sony Xperia X Compact ブラック F5321 [並行輸入品]

新品価格
¥29,800から
(2018/11/2 10:38時点)

SIMフリー Sony Xperia XZ1 Compact G8441[Black 32GB 海外版 SIMフリー][中古Aランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:41,800円
(2018/11/2 10:39時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

「フォーカス録音」対応前方の音を狙えるICレコーダー『ICD-UX560』レビュー!

 

大事な会議や要件をメモではなく音で保存できるICレコーダーはべんりですよね。

今はスマホのアプリでも録音することででき便利な世の中、わざわざICレコーダーを必要があるのか??とお考えの人も多いと思います。自分も買うまではその一人でしたが実際に購入してみると録音環境が劇的に改善します笑

今回はSONYから発売されています『ICD-UX560シリーズ』を購入しましたのでレビューしていきたいと思います。

ICD-UX560

 

『ICD-UX560』の機能とスペック

ICレコーダー『ICD-UX560シリーズ』主な特徴は以下の通り。

● 指向性が強く、前方の音をしっかりフォーカスし録音できる「フォーカス録音」
● 遠くの音や小さな音までクリアに収音する「Sマイク・システム」
● マイクを左右前方に向けた全指向性マイクを搭載
● 原音をありのままに録音できる非圧縮「リニアPCM録音形式」対応
● 汎用性の高いMP3形式での録音に対応、長時間録音が可能に
● 録音時に音声以外の周波数を低減する「ノイズカットフィルター」
● エアコンやプロジェクターのファンノイズなどを低減する「ローカットフィルター」
● 録音環境に応じて最適なマイク感度に自動で設定する「おまかせボイス」
● 用途に応じて最適な録音設定ができる「シーンセレクト」
● 録音時のレベルがひと目でわかるピークメーター
● 音を感じて自動的に録音が可能な「VOR(Voice Operated Recording)録音」
● 通話を録音できる電話録音用マイクロホン付属(ICD-UX565Fのみ)
● 声が重ならずはっきり聞こえる「ワイドステレオ録音」
● ノイズを抑えて聞きやすい音声で再生できる「クリアボイス機能」
● インタビューの書き起こしや議事録作成などに便利な「書き起こし用再生」
● 再生中に一定秒数の早送り、早戻しができる「イージーサーチ」
● 音程は自然なままで再生スピードを変更できる「DPC(速度調節)」機能
● その場ですぐ録音内容を確認できる本体スピーカー搭載
● バッグやポケットにすっきり収まるコンパクトサイズ
● 直接パソコンと接続できるスライド式USB端子を搭載
● 約3分の充電で約1時間の録音ができる急速充電対応
● 約27時間の連続録音が可能なスタミナ設計
● 文字が見やすくてわかりやすい有機ELディスプレイ
● MP3/WMA/AAC/WAVファイルをパソコンから転送し再生が可能
● FMラジオチューナー内蔵
● FM補完放送対応でクリアな音質でAMラジオ番組を受信可能
● microSDHC/microSDXC対応で容量拡張可能
● パソコン用ソフトウェア「Sound Organizer 2」付属

 

本体のメモリは4GB 何十時間も録音したい方には心もとない容量だが、2-3時間を数回録音したいだけなら十分だ。

実は8GBとの上位modelもあったりはするが、普段遣いでは4GB問題はない。

最悪容量満タンでもSDカード対応ですので安心できる。

『ICD-UX560』のデザイン・サイズ感

ICレコーダーを使う上で大型のものは会議などを録音する際必要はありません。

そういう意味でICD-UX560はかなりベストなサイズ感になっています。長さが10.2CM・幅3.7CM・厚さ1.1Cm

ポケットにすっぽりハマるサイズ感服の胸ポケットに丁度良く収まります。

さらに軽さはが約52gですので正直胸ポケットにいれても重さを感じないほどです。

 

デザインは若干丸みを帯びた長方形型になっており、完全な長方形ではなく曲線が丁度手に収まる。

持ってみた感触はウォークマンに近いかも知れない。

持ち運び際は付属品にソフトカバーが付属していますので小傷が付く心配はありません。

ICD-UX560

ICD-UX560の録音音質は??

スマホの録音アプリを使う際大きな音を拾った際ノイズがはしったり、逆に声が小さいと全く聞き取れないことがあるなど

自分の声を近づけて撮る分には構わないが、会議のような重要な事柄を正確に録音するにはいささか不安があった。

しかしICD-UX560に変えた際『ノイズが劇的に減りました』

ICD-UX560には協力ノイズカット機能を搭載しており、再生時にノイズを大幅に無くしてくれる。

会議のように様々な音が飛び込む場所ではノイズ覚悟な所がありますが、ザザッという音も聞こえずかなりクリアな音実が録音されている。

値段が1万円前後でこのクオリティーはコスパ的にもかなり優れているのでは・・・笑

さらに音質を環境に合わせてセレクトできる『シーンセレクト』も注目すべき機能の1つだ。

実際口元に近づけて撮るのと会議・さらに大音量で演奏されるバンドでは同じ音でも音の広がり方が違い、勿論録音されるICレコーダーの音質にも影響する。

ICD-UX560には自分が録音したい場面に合わせ最適な録音を選択できるので変に音が籠もっていたり、逆に音が大きすぎるように聞こえたりなどを録音する前に防止できる。

そのほか小さい音や大きい音を自動的に調整して最適かつクリアな音に変換可能なS-MIC機能もあり、上記2つも合わさることで高音質な録音を可能にしている。

高音質かつコスパ重視なら買い!

再生時の頭出しや分割位置をマーキングできる『トラックマーク』機能など音質の他にも便利な機能が満載のICD-UX560

勿論高価なものであれば4-6万円でさらに高音質なものが購入できますが1万円でここまでの多機能ICレコーダーはそうないと思います。

ICレコーダー入門機としても値段的にとっつきやすくSONYということで製品の安心共格別。

格安のICレコーダーは2-3000円で売ってはいますが、結局音質に納得行かず買い換えるならICD-UX560はかなり買いなのでは??

かなりおすすめできる商品です。

【送料無料】 ソニー SONY 【ワイドFM対応】リニアPCMレコーダー【4GB】(ブラック)ICD-UX560FBC[ICDUX560FBC]

価格:10,534円
(2018/11/9 11:05時点)
感想(6件)

ソニー SONY ステレオICレコーダー ICD-UX560F : 4GB リニアPCM録音対応 ブラック ICD-UX560F B

新品価格
¥10,498から
(2018/11/9 11:05時点)

ヤフオクはこちらから!!

Sony MDR-1000XとBose QuietComfort 35の比較

SonyMDR-1000XとBose QuietComfort 35の比較

Boseという名前はノイズキャンセルのヘッドホ

ンやイヤホンの代名詞となっています。

QuietComfortシリーズは、ノイズキャンセル技術において比類のない品質を誇っています。

しかし、SONYも同じコンセプトの商品を販売して優れたノイズキャンセル機能を誇っています。

実際同じコンセプトで作られたSony MDR-1000XとBose QuietComfort 35を比較してみました。

Sony MDR-1000XとBose QuietComfort 35レビュー

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 – パッケージング

どちらのヘッドホンも取り外し可能なケーブルおよび飛行機の変換アダプターを収納するためのポケットを備えたハードグレードのキャリングケースが付属しています。

どちらのケースも楕円形の角が丸い長方形の形状になりますのでバックの中に入れて持ち運ぶ場合でも場所をとりません。

構造的には外側は革、中はクッションのある構造になっていてヘッドホンをホールドするようになっています。

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 – デザイン

MDR-1000Xは、QC 35よりも主に合成皮革のため高級感のある外観をしています。

QC 35は主にプラスチック製になっています。

どちらのヘッドフォンも耐久性はありますが、比較するとMDR-1000の方が豪華にみえます。

ソニーはソフトレザークッションが特徴で、やさしく包み込むような装着感です。

きちんとしたホールド

感が好きな方にはもの足りなく感じるかもしれませんが長時間の装着でも違和感を感じることは少ないと思います。

ヘッドバンドも内側は合皮で覆われたクッションになっていますのでソフトな感覚です。

MDR-1000Xは、ヘッドホン自体の重量がちょっと重いため、飛行機のエコノミークラスで長距離を飛行する場合は首に負担がかかるかもしれません。

QC 35のエキステンダーは、暗い色で、一種のプラスチックまたは金属材料製の露出したスライダーです。

MDR-1000Xと比較してクッションが枕のように耳の周りを少し軽くホールドする感じで、しっかりした装着感が好きな方にはQC 35の方が良いかもしれません。

ノイズキャンセラ機能を持っているヘッドホンなので使用するシーンを飛行機で考えると、エコノミークラスでは装着感の違いから好みで選ぶことが出来ます。

しかし、フルフラットになるビジネスクラスやファーストクラスでは横になった状態で装着するとSONYのMDR-1000Xはホールド感が弱く耳から外れることはありませんが、ずり落ちそうな感覚があります。

 

 

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 – サウンド

音質に関して言えば、両方のヘッドフォンとも、きれいで豊かなオーディオを提供するという点において共通しています。

しかし、その中でもヘッドホンによって微妙な違いがあります。

MDR-1000Xは、暖かみのあるバランスの取れたサウンドで低音の響きも吐出することなく、それはとてもリラックスしていて、全体的に心地良いリスニング体験を提供します。

Bose QuietComfort 35は、より多くのベースラインを提供します。

それは時には少し攻撃的で決してひどいことではありませんがリラックスするというよりもアクティブな感じがします。

どちらもワイヤレスで視聴してもハイレゾを十分再現していると思いますが、ヘッドホンの本来の性能を発揮されるのは有線で接続したときです。

楽器の微妙なニュアンスまで余さず伝えるようになります。

 

 

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 – 特長

両方のヘッドホンの主な機能は、ワイヤレス接続でノイズキャンセラを提供することです。

QC 35は最大20時間ノイズキャンセラを提供することができ、電池切れ時には15分の迅速な充電で最大2.5時間の再生時間が得られます。

MDR-1000Xは20時間の使用でほぼ同じ結果が得られます。

この2つのノイズキャンセラ機能を比較するとソニーのノイズキャンセラ機能に関して、ボーズに勝る内容になっています。

MDR-1000Xは最適化された「デュアルノイズセンサーテクノロジー」や今回新開発された「パーソナルNCオプティマイザー」により精度の高いノイズキャンセラ機能を持っています。

「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載することにより周囲の音を分析して効果的なモードを自動的に選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能を利用する事ができます。

「パーソナルNCオプティマイザー」は頭部の形状や髪の状態、メガネ等で異なる装着状態を検出して補正していきます。

また右の耳のカップの上に手を置くことによって、スムーズに会話をすることができます。

BOSEは、残念ながら、このような機能は搭載しておりません。どちらかというとBose QuietComfort 35は通勤用ヘッドフォンですが、ソニーのMDR-1000X機能は頻繁に飛行機で旅行または出張する方に向いていると思います。

ただし、先に記載したように装着感に関しての問題がありますので、日本国内やアジア近郊程度の移動やアメリカ国内程度の移動であれば問題はありませんが、片道12時間程度の路線では首に負担がかかるかもしれません。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 快適な装着感 20時間連続再生 通話マイク搭載 ブラック

新品価格
¥39,960から
(2018/11/12 11:00時点)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2 B : Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2017年 ブラック

新品価格
¥33,800から
(2018/11/12 11:00時点)

SONY ヘッドホン MDR-Z1R

Sony MDR-Z1Rヘッドフォン

昨日のSony NW-WM1Zポータブルプレーヤーの視聴に関して同じSonyから販売しているヘッドフォンMDR-Z1Rについて触れました。

今回はその流れでMDR-Z1Rについて記載していきます。

 

 

MDR-Z1Rヘッドフォン

MDR-Z1Rヘッドフォンの外観と感触は完全に黒いマットな仕上がりで、派手なロゴ等は無くさっぱりとした印象を受けます。

MDR-Z1Rヘッドフォンは直径70mmのフルレンジ・ドライバーをベースとしたまったく新しいデザインです。

120kHzまでの高い周波数を持つこの新しいドライバは、アルミコーティングされた液晶ポリマーエッジに取り付けられたマグネシウムドームを備えています。

通常の円形またはグリッドパターンの代わりに、MDR-Z1Rはフィボナッチパターンのグリルを使用します。

ソニーの測定によれば、このグリルは従来のグリル設計よりも少ない共振でより滑らかな周波数応答を実現します。

フィボナッチパターンはフィボナッチ数列を参考にした曲線でということで自然界には数多くある曲線なので効果としては空気の伝搬を阻害せずに超高域特性スムーズになると言われています。

 

 

MDR-Z1Rは、直径70mmとより大きなドライバを使用することでいくつかの利点を得ることができます。

1つは、ドライバが耳の近くの位置に配置される必要はありません。

ほとんどのヘッドフォンは、音と快適さが最適な理想的なフィット感を探す必要があります。

MDR-Z1Rでは、どのようにかけても同じように聞こえます。

Sony MDR-Z1R

MDR-Z1Rには特別な注意が必要です。

MDR-Z1Rは密閉型、オープンエアヘッドフォンなどのほとんどのヘッドフォンの形態とは異なります。

MDR-Z1Rには、音を通過させるレゾナンスフリーハウジングがあります。

これは、カナダ産の柔らかい木材を原料にしたパルプで形成した筐体を日本の地下水で混合して均一な粘稠度に抄き上げた “音響レジスター”によって支えられています。

この過程は、アート紙を形成するのに似ていますが、この場合の最終的な結果は吸音性の高い素材を作成するために役立ちます。

このサンドイッチの外層は、クロム化合物で被覆されたステンレス鋼のメッシュで成形された「ハウジングプロテクタ」になります。

この構造でオープンヘッドホンの音響的利点をもたらし、密閉型ハウジングでは不要な共鳴を発生させる原因になるが、MDR-Z1R構造的に通気性があるため、不要な共鳴を限りなく除去できるというメリットがあります。

MDR-Z1Rは厚手の本革製のイヤパッドを使用して、眼鏡をかけているときでもヘッドフォンがユーザーの耳の周りを完全に閉塞することができます。

同じくヘットホンのカバーの外装も同じ牛革で作られており、その内側コアは眼鏡フレームに使用されているのと同じベータチタン素材で作られています。

高価なプレミアムヘッドフォンなのでケーブルは取り外し可能で、他の高級ケーブルと交換可能です。

MDR-Z1Rは70mmのダイアフラムを採用しているため、色が黒なので引き締まった印象も受けますが物理的に大きなヘッドホンです。

外出時にも使おうと思えば使えるといった大きさであり、殆どは部屋での使用を目的とすると思います。

ただし大きくなってもMDR-Z1Rは約385gと驚くほど軽量です。

装着した感じも十分な厚みのあるスポンジを羊革でカバーしたイヤーパッドは装着したときの圧力が均等にかかりますので長時間装着していても違和感なく使用できます。

MDR-Z1Rは箱は革を張ったハードケースになり、大型の宝石箱かと思う形状です。

高級感はこの上なく、棚に置いてもさぞ見栄えがすると思います。

しかし、どのようなプレミアムヘッドフォンも同じようなハードケースを使うことが多く、これはジャンルが違いますが高価な万年筆も価格に比例するように箱が高級に、大きくなることと一緒なのかもしれません。

ただし、多くのオーディオファンは貴重な棚のスペースを占める手の込んだケースではなく、持ち運びの際にきちんとヘッドホンをホールドできる小型のケースを好むと思います。

 

サウンド

MDR-Z1Rは、評価が大きく分かれるかもしれません。

聞いた中で最高の音質のヘッドホンです。と言う方もいれば購入したことを後悔する方もいるかもしれません。

よく言われているように個体差があり、当たり外れがあるとも言われますが、聞く方のジャンルや今まで使っていた音楽環境にもよります。

MDR-Z1Rは非常に素直な音で、これといった特徴が少ないことが特徴になると思います。

部屋のスピーカーで音楽を聴くのとは違ってヘッドフォンで音楽を聴くときの閉塞感を苦手とする人でも、長時間聞いていても疲れないサウンドになります。

ヘッドフォンはスピーカーとは異なる空間環境でイメージを形成しサウンドステージを作成します。

MDR-Z1Rのサウンドステージは、非常に立体的であるだけでなく、大きな広がりがあります。

イメージ自体は大きかったわけではありませんでしたが、サウンドステージの境界線はほとんどのヘッドホンよりもはるかに広がっているように感じました。

そして、1つ1つの音が非常に丁寧に音を再現していて、モニタリング的な音で低音から高音域までフラットでとても落ち着きのある音に感じます。

MDR-Z1Rはバランス接続とシングルエンド接続に関して顕著な差が出やすいヘッドホンになると思います。

バランス接続のケーブルを替えることで更に印象を替えることになります。

どんなヘッドホンでも当然違いますが、音が素直な分だけ環境に左右されることもあるのでオーディオプレーヤーやヘッドホンアンプ、ケーブルの組み合わせで印象が変わってきます。

MDR-Z1Rをより良い音で聞きたいならケーブルの交換は必要かもしれません。

付属するケーブルは音質的にも、しなやかなコードで取り回しも良いとは思いますが、他のケーブルに替えた際には大きく印象を替えました。

正直、箱にお金をかけるならケーブルにかけてほしいと思います。

 

MDR-Z1Rの購入を考えている方へ

MDR-Z1Rは2016年10月29日に発売されていますので販売されから1年以上が経過しています。

その間中古品も徐々にたま数が増えてオークションなどで販売されています。

今のオークションでの落札価格は12万円前後。

ところがMDR-Z1Rの新品は16万円前後で販売している店舗があります。

そう考えるとエージングや音楽の試聴履歴を考えなくてもMDR-Z1Rに関しては新品を狙った方が良いと思います。

ソニー SONY MDR-Z1R

新品価格
¥173,750から
(2018/11/13 11:39時点)

Sony NW-WM1Z ポータブルプレーヤーのレビュー

Sony NW-WM1Zポータブルプレーヤー

ソニーは他のメーカーに先駆けて歴史的に見てもウォークマンを販売し、デジタルオーディオの分野でもハイレゾの機種を2013年NW-ZX1を発売するなど早い段階からフラッグシップコンポーネントを販売しています。

そして、こういった最新の商品にありがちですが、これらのフラッグシップモデルは、将来のより低価格の機種の設計のためのベンチマークを提供してきた。

新しいSony NW-WM1Zポータブルプレーヤーはソニーの最新のフラッグシップポータブルオーディオデバイスです。

NW-WM1Z ポータブルプレーヤー

ポータブルプレイヤーは、最初のソニーウォークマンを発売して以来ずっと進化し続けています。

現在の最先端のポータブル製品は、高性能の卓上型コンポーネントと同じくらい高度な技術を備えています。

しかし、スペース的な余裕のあり内部の部品に必要なだけスペースをさける卓上型コンポーネントとは異なり、ポータブルコンポーネントでは、サイズと重量が重要な問題であり、技術的にも非常に難しくなります。

こういったポータブルプレイヤーを使う多くの方がそうであるように、最も軽く最小のデバイスを求めています。

 

 

Sony NW-WM1Zの概要

コンパクトではあるが、NW-WM1Zは455グラムで軽量とは決して言えません。

その理由は、その筐体が無酸素銅切削筐体モデルの単一インゴットから彫刻され、製造後に99.7%の金が内外にコーティングされているからです。

このシャーシ素材を選んだのは、アルミニウム製の標準的な筐体よりも優れた機械的および電子的な絶縁性を提供しているからです。

NW-WM1ZのOSは、SonyのNW-ZX1やNW-ZX2プレーヤーのようにAndroid OSを使用しないオリジナルシステムです。

NW-WM1Zは、ユーザーがAndroid Playストア経由でサードパーティプログラムを追加することはできません。

NW-WM1ZはWi-Fiもサポートしていないため、ストリーミングで音楽を聴いたり、NW-WM1Z単体でファームウェアのアップグレードを行うことはできません。

NW-WM1ZはBluetoothの最新バージョンをサポートしていますが、これはBluetoothイヤホンに接続するためのもので、Bluetooth経由でのデザリングもサポートしていないようです。

NW-WM1ZはUSB端子を持っていますが、そのUSBはファイル転送と充電のために使用するものでUSB DACアンプ等とデジタル接続が可能になりますがUSB DACとしての機能は持っていません。

独自のOSは拡張性を犠牲にしますが、簡単な操作性とノイズの除去などに役立ちますので、純粋に音楽のみを視聴したのであれば、拡張性を無視してでも大きなメリットがあると思います。

NW-WM1Zには、無酸素銅切削筐体シャーシ以外にも、多くの技術的特長があります。

NW-WM1Zは、新しく開発された2つの100MHz互換のICの雑音を受けにくいレイアウトが可能になり、より低位相ノイズな発振器を使って発振周波数が2倍になっているデュアルクロック発振器システムを採用しています。

これはNW-WM1Zが前機種のNW-ZX2よりも大くなった主な理由であり、ソニーのエンジニアが個々のコンポーネントをさらに離れた場所に配置してNW-WM1Zのレイアウトを設計できるためです。

ノイズをさらに低減するために、NW-WM1Zの最適化された基板でオーディオとパワー/デジタルブロックを物理的に分離した状態になっています。

NW-WM1Zには、ソニー独自の信号処理方法がいくつか採用されています。

ソニーによれば、「圧縮の過程によって切り捨てられた上限周波数を復元する」という5つのモード(スタンダード/女性ボーカル/男性ボーカル/パーカッション/ストリングス)をユーザーは選択可能です。

NW-WM1Zには、DCフェーズリニアライザー搭載により、伝統的なアナログ方式のパワーアンプの位相特性を再現しています。「Type A Standard」や「Type B Low」などの6種類の設定を提供しています。

NW-WM1Zには、特にポータブル機器向けに開発されたCDX-3779GFと呼ばれる「フルデジタル」出力アンプがあり、自然なDSD出力、高出力、平衡信号を出力できます。

また、NW-WM1Zのサウンドを10バンドのEQとトーンコントロールで3つまでプリセット可能な自分好みのアレンジを行うことが可能になります。

フラッグシップポータブルオーディオデバイスとして期待されるように、NW-WM1Zは、MP3、FLAC、WAV、ALAC、およびAIFF形式だけでなく、DSDを最大4倍、PCMを最大384/32までサポートします。

NW-WM1Zが再生できない唯一のフォーマットはMQAファイルくらいですが、主要なファイル形式をサポートしていますので問題はないと思います。

NW-WM1Zの操作性

 

 

NW-WM1Zには、片側に基本コントロールボタンがあり、タッチセンサーディスプレイ、もう一方のホールド/ロックスイッチ、上部に2つのヘッドフォンコネクター、下部にUSBとmicroSDカードスロットが装備されています。

2つのヘッドホン接続の理由は、標準のミニステレオコネクタであり、もう1つは接続安定性の高いΦ4.4mm(JEITA統一規格)バランス接続を採用。

NW-WM1Zは、今までにない操作性として4.0型、FWVGA(854×480ドット)のタッチパネル液晶を上下や左右にスワイプすることでライブラリートップ/各種音質設定/再生リスト/ブックマークリストなど、それぞれのコントロール画面から別のコントロール画面に移動できる新しいユーザーインターフェースを採用しています。

 

 

NW-WM1Zの操作は直感的に行うことが可能で、スマートフォンなどの操作に慣れた方であれば簡単に操作できます。

ただし、込み入った設定や改良を行う場合はマニュアルを見る必要があります。

NW-WM1Zの付属品

NW-WM1Zには、USBケーブル、リストストラップ、WM-PORTキャップ、ヘッドホンジャックキャップ(ステレオミニ)、ヘッドホンジャックキャップ(バランス標準、取扱説明書、使用上のご注意/主な仕様、保証書、製品登録のお願いが入っています。

NW-WM1ZにはNW-ZX1のように専用のケースは付属していません。

NW-WM1Zは無酸素銅切削筐体モデルの筐体のため丈夫そうに見えますが落とした時に傷がつくのが嫌なので専用のケースは早急に用意したいところです。

NW-WM1Zのデータストレージ容量は256GBの内部ストレージがあり、最大256GBの1枚のmicroSDカードの増設が可能で、総容量は512GBになります。

microSDカードに関しては出し入れが難しいほかに、microSDカードを交換することが可能で自動的にデータが認識される多くのポータブルプレーヤーとは異なり、NW-WM1Zは音楽ファイルを「music」フォルダに置かない限り、ファイルを見つけたり認識したりしません。

他のメーカーのポータブルプレーヤーでは利用できないユニークなソニーの機能として、SensMe–機能の音楽をシャッフルする機能です。このシャッフル機能は、朝、昼間、夕方、真夜中、元気、リラックス、快活、優しい、ラウンジ、感情的、ダンス、など12のカテゴリーによってライブラリーから曲を自動的に選択してくれます。

これはソニーの下位機種にも採用されていますので音楽がライブラリーが充実していている方は、個人的なラジオ局を持っているのとほとんど同じなのでニーズは高いと思います。

NW-WM1Zのサウンド

NW-WM1Zはよりナチュラルでアコースティックな領域まで再現できるモデルなので目指しているサウンドはポータブルプレーヤーとしてではなく、非常に単純になると思います。

どちらかというと室内でりようする据え置き型のデジタル再生システムと競合すると思います。

そう考えるといくつかの項目でこの目標の達成を成功していると思います。

NW-WM1Zは、パソコンや据え置き型のデジタル再生システムと同じくらいの低音機能を生み出すことができない他のポータブルオーディオプレーヤーとは違って、十分に再現されています。

NW-WM1Zは音源の形式に関係なく、ノイズレベルはほとんどのポータブルプレイヤーのノイズレベルよりも低く常に完全にコントロールされていました。

NW-WM1Zの「自然な」サウンドは10バンドEQを使用することによって、音質を大幅に変えることができます。

もちろん、何も設定を変えなくても十分な音質を楽しむことができ明日が、イコライザーの設定は個人の好みにも影響を受けますが、それ以上に接続するヘットフォンにも依存します。

NW-WM1Zのアンバランス出力とバランス出力を直接比較するために必要な4.4mm終端ケーブルとアンバランス出力ケーブルを備えた唯一のヘッドフォンは、Sony MDR-Z1Rヘッドフォンです。

Sony MDR-Z1Rヘッドフォンを使用して、アンバランス出力とバランス接続で聞いた違いは非常に大きく、4.4mmのバランス接続ジャックにプラグを差し込むと、若干の間を置いて左右の音を完全に分離するため回路が切り替わる音が本体からきこえてきます。

プレーヤーの画面左上には「Balanced」のアイコンが表示され、バランス接続に切り替わったことを知らせてくれます。

アンバランス出力の4倍のドライブ能力を持つアンプを使用すると、全体的な音が流動的で余裕があり、音色のサイズと範囲に大きな違いが生じました。バランスの取れた出力ではそうでないときと比較して特に低音で大きな違いが現れました。

NW-WM1Zを利用する際にはフルサイズのヘッドフォンの4.4mmバランス接続をサポートするアダプタまたは新しいケーブルを入手することをおすすめします。

NW-WM1Zで利用するヘッドフォンとしては優れているのは、バランス接続を使用したMDR-Z1Rヘッドフォンでした。

この組み合わせで音楽を視聴すると静かな背景や巨大音響空間でのサウンドステージ、深みのある低音のレスポンス、音楽的で細かい表現が可能な中域、静かな素材でさえ十分に再現がされていると思います。

出費を考えずに音質だけを考えるとNW-WMZ1は最高のポータブルプレーヤーとして評価できるかと思います。

しかし、その性能を生かすためにはその他に、もう1台十分な性能を持ったポータブルオーディオプレーヤーが購入できるほどの価格であるMDR-Z1Rを購入する必要があることです

そう考えるとNW-WMZ1には理想的なポータブルプレーヤーであるかどうかを考えるときに大きな影響を及ぼすいくつかの制約があります。

SONY デジタルオーディオプレーヤー ウォークマン WM1シリーズ ゴールド NW-WM1Z N

新品価格
¥269,824から
(2018/11/13 11:42時点)

中古で買うと、とてもお得なSONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2

さて、SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2ですが、いわゆるポータブルヘッドフォンアンプになります。

2012年に発売されたPHA-1の後継機として2013年10月25日に発売された「PHA-2」。

発売当時はまだハイレゾが普及してまもなく、ポータブルヘッドフォンアンプもそれほど普及していませんでした。

しかし、今ではヘッドフォンアンプは音楽を聴く上で重要なアイテムになっています。

PHA-2は発売当初の販売価格は55,000円前後と気軽に購入できる商品ではありませんでしたが、発売から4年以上経過して程度の良い中古品が数多く販売されています。

価格も15000円くらいから20000円を切る程度の値段で手に入りますので購入したときの効果と比較して非常にコストパフォーマンス優れているポータブルヘッドフォンアンプになります。

SONY PHA-2ポータブルヘッドフォンアンプとDACは、ウォークマン、スマートフォン、iPod、iPads、およびコンピュータのUSBソースからのサウンドを向上させるために設計されたポータブルヘッドホンアンプです。

移動時にも使えるDAC /ヘッドフォンアンプとしてSony PHA-2はサイズがちょっと大きめですが最適な商品です。

 

PHA-2の重さは270g、ヘアライン仕上げが映えるブラックカラーを特徴とするアルミのケースに収納されています。

端子類は、マイクロUSB、または標準のUSB経由のiPad / iPhone / iPad、またはソニーウォークマンのmini-USBコネクタを介した高解像度サポートの端子やPCからのデジタル入力のための規定を備えています。

PHA-2は、ライン出力を兼ね備えたミニステレオ入力を介してアナログ信号も受け入れます。

出力には、ミニステレオヘッドフォン出力とライン出力がを備えています。

PHA-2の片側には、ラインレベルとヘッドフォンの出力を選択し、通常またはハイゲインのアンプ出力レベルを選択するためのトグルスイッチがあります。

PHA-2のコントロールには、前面にバンパーで保護された大きな音量ノブがあり、PHA-2の電源スイッチもこのノブを回すことによってオンとオフを切り替えます。

音量ノブの隣には2つの小さなLEDがあり、ユニットが再生されているときは、「電源」LEDが緑色に点灯し、最初に電源をオンにしたときに内部充電式3.7V 2160mAhリチウムイオンバッテリの充電レベルが一連の点滅で通知されます。

3回の点滅は完全充電などを意味します。もう一つ下のLEDは充電中に赤く点灯します。

 

 

PHA-2の背面には、3つのデジタル入力と、現在アクティブなものを選択するための小さなスイッチがあります。

音量をミュートするスイッチや曲をコントロールするような機能は搭載していません。

PHA-2をDACとして使用する場合でも、ヘッドフォンアンプとして使用する場合でも、PHA-2に接続するすべてのデバイスに対応した端子はPHA-2の上面に表示されていますので迷うことは無いと思います。今回はiPhone 6を直接デジタル光速 – USBコネクタ経由、Astell&Kern AK100をアナログ入力経由、SONY NW-ZX1を専用コネクターでデジタル入力、マイクロUSB経由でApple MacBook Airなどのさまざまなデバイスにつなげましたが接続は非常に簡単にできました。

PHA-2 DACセクションは、デジタル入力のいずれかを介してPCM最大192/24、DSD 2.8(64x)、DSD 5.6(128x)などの幅広いデジタルフォーマットをサポートします。

ソニーの技術資料によると、DSD 5.6はMacでは使用できず、Audirvana Plus 128x素材を使用すると再生用に自動的に176.24 PCMに変換されます。

PHA-2は、Windows用の独自のドライバを使用する非同期USB 2.0転送モードを採用しています。Macにはドライバは必要ありません。

セットアップ

PHA-2のセットアップで試したすべてのポータブルおよびコンピュータ再生デバイスでは、実質的にプラグアンドプレイで接続できました。唯一の作業は、背面にあるPHA-2のデジタル入力選択スイッチを正しい位置を選択することでした。最初MacでDSDからWAVに移行するときに、PHA-2から若干のノイズがありました。

オーディオ設定をリセットすると、すぐにノイズが解消されました。

PHA-2のバッテリー時間はバッテリの持続時間は、デジタル接続で約6.5時間、アナログ接続で約17時間。DAC /ヘッドフォンアンプとして使用する場合はアナログと比較して半分以下になります。

PHA-2の充電中は音楽を再生することは出来ません。

なおで、据え置き型のDACとしてパソコンに接続してPHA-2を使用する場合、使っていないときに充電をする必要があります。

PHA-2側面に2つの出っ張りがあり、音楽プレーヤーを固定するエッジになります。このエッジは音楽プレーヤーを固定するように設計された2本の伸縮性のあるラバーストラップを取り付けるためのものです。

そのラバーストラップを利用すると、PHA-2にしっかりと音楽プレーヤーは固定されます。

SONYのウォークマンであるNW-ZX1やNW-F880はもちろん、iPhoneやAstell&Kern AK100もしっかり固定されます。

ただし音楽プレーヤーとPHA-2を重ねると体積も増加してバックに入れないと持ち運びは厳しいかもしれません。

また、PHA-2の重量をポータブル再生装置に追加すると、400g程度になり、組み合わせによってはそれ以上の重さになるとがあります。

デスクトップシステムでPHA-2をDACとして使用する場合は、構造的にいくつかの問題があります。

まず、今回試したAstell&KernのAK100のアナログ接続の場合のような時では、アナログ端子が出力も入力を兼ね備えているのでプリアンプやパワードスピーカーを駆動するためにアナログ出力ではなくヘッドフォンを使用するしかできません。

また、スピーカーとサブウーファーを駆動したいときなど、2つの出力が必要な場合は、PHA-2には1つのアナログ出力しかないので、ジャンパーまたはYコネクターを介して2つに信号を分割する必要があります。

他のDAC /ヘッドフォンアンプよりもPHA-2を選択する主な理由はPHA-2のDSD機能があるため、PHA-2を介してDSD録音を再生することができる事です。

PHA-2をDAC /プリアンプとして使用して、April Music Eximus S-1パワーアンプにaudience clairaudient 1+1スピーカーを接続して視聴した際には、ヘッドホンで視聴したとき以上に空間が広がりPHA-2の効果を実感できました。

ポータブルヘッドフォンアンプとしてはウォークマンNW-ZX1と多くの方が使用すると思われるスマートフォンのiPhoneをPHA-2にデジタルコネクタで接続して試してみました。

ウォークマンNW-ZX1直接の音と、PHA-2に接続した場合を比較すると アンプのパワーに余裕なのか、PHA-2は、PHA-1と比較して低音がおとなしい印象を受けるかもしれませんが、全ての音域でとても抑制のきいた表現を持ちます。

それ以上に音の空間の広がりははっきりと体感でき、ライブ音源などでは聴衆の拍手でに関しても微妙な位置の違いと、拍手の細かい違いがわかるような素晴らしい解析力を持っています。

アコースティック・ベース等の楽器はPHA-2による周波数拡張と音質の精度に合っているのか特に優れていました。

部屋の中に空間が広がり、遠い場所か聞いている感覚にもかかわらずボーカルの小さな動きや挙動が伝わってきます。

特に違いがわかるのは音の広がり。単体でも不満に思うことはあまりないと思いますが、PHA-2を接続するとさらに空間が広がります。

特に音の上下の音域での解像度が上がり、中域はクリアなまま表現豊かなサウンドになります。

ライブ音源やJAZZ、クラシックなどでの違いは非常に大きいと思います。

iPhoneではストリーミングのAMAZON Musicやインターネットラジオの音質を比較しました。

同じ音源をMacにDAC として接続して聞いてみましたが殆ど違いがわからないほどでした。

どちらも同じように広々としたダイナミックにそして詳細に音源を再生していました。

結論としてPHA-2の最大の弱点は重さと大きさです。

PHA-2は、今のポータブルヘッドフォンアンプと比較した場合に持ち運びに適したポータブルDAC /ヘッドフォンアンプではないかもしれません。

現にSONYのPHA-3と比較して、PHA-2は重さも無視できないほど重く、形状も丸みを帯びたPHA-3と比較すると角張っています。

その他にもコンピュータやポータブルオーディオ再生のためのポータブルヘッドフォンアンプとして、持ち運びに便利な新しいDAC /ヘッドフォンアンプ製品が着実に登場しています。

しかし、先に記載したようにSony PHA-2は多くの機能と優れたサウンドを中古で20000円以下で提供します。

その出費で確実にはっきりと音響は向上します。

ポータブルヘッドフォンアンプの入門用に購入するには最適な機種になると思います。

 

スペック

デジタル入力: USBマイクロB入力(のiPod / iPhone / iPad用)(ウォークマン用)、USBミニB入力、USB標準タイプA(充電&PC用)

充電時間:約7時間

出力:携帯電話(ステレオミニジャックが、唯一の3極対応)、音声入力/ライン出力(ステレオミニジャック、サポートされている唯一の3極)

アナログ入力:一つ

出力電力:約。165mW + 165mW(8オーム、10%歪み)。約。90mW + 90mW(32Ω、1%歪み)。約。25mW + 25mW(300Ω、10%歪み)

入力電圧:最大:1V RMS

外形寸法: 6.8 x 2.9 x 14 cm

 

 

SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2

新品価格
¥39,700から
(2018/11/13 11:54時点)

 

 

ソニー WF-1000x ノイズキャンセルワイヤレスイヤホン レビュー

 

 

 

 

 

ソニー WF-1000x ノイズキャンセルワイヤレスイヤホン レビュー

さて、独立型のワイヤレスイヤホンは各メーカーから新商品が数多く販売されて、市場を賑わしています。

この年末商戦の目玉として購入を考えている方も多いと思います。

ソニーの新型WF-1000xはワイヤレスイヤホン中でも優れた商品の一つです。

独立型ワイヤレスイヤホンとノイズキャンセリングを両立する商品はノイズキャンセリングで有名なBOSEでも販売していません。

価格も25.000円程度と購入しやすい価格帯になっています。

このSony WF-1000xノイズキャンセリングブルートゥースワイヤレスイヤホンのレビューを書いていきます。

パッケージ

ソニーWF-1000xノイズキャンセリングルートゥースワイヤレスイヤホン

– エクストライヤーチップ(シリコン、スムースの中小、中、大)

– マイクロUSB充電ケーブル

-説明書

 

設計

最初にSony WF-1000x ノイズキャンセリングルートゥースワイヤレスイヤホンを箱から取り出してみた感想は、同じタイプのイヤホンの中ではコンパクトでスタイルも洗練されていることでした。

確かにApple Airpodsよりは大きいが、BOSEよりも軽く、小さいサイズです。装着してみると思った以上に安定感があり、普通の使い方では落ちることはなさそうです。

耳にあったカナル型イヤフォンなので音漏れも少なく、ノイズキャンセリングは他のソニー商品と比較すると弱い方ですが通勤の際の電車の音などは気にならないレベルまでもなります。

 

特徴

ソニーのWF-1000xの接続に関する問題について多くの否定的なレビューを見ましたので、使用するときの期待は少し低かった。

しかし、実際に使用してみると接続有線にはしていますが聞いて限りそのような問題はなかったので安心しました。もし接続に問題がある場合でもまだ完全に解決されてはいないようですがSony Connect Appをダウンロードすると、WF-1000xの最新のファームウェアをダウンロードできます。これにより、あるていどの接続の問題を解決することができます。

Sony Connect Appには、記載する価値のある他の機能がいくつか含まれています。左イヤホンの小さなボタンでもこれを行うことができますが、ノイズキャンセレーションや周囲のノイズを簡単にオンにすることができます。先ほど記載したようにノイズキャンセラ機能はソニーの他の製品よりも強くないことですが、これは実際にはあまり強いノイズキャンセラ機能は個人的には圧迫感が多少ありますのでWF-1000xのほうが自然に感じられました。

ただし、電車などの場合はそれを程感じませんが飛行機で使用すると機能的に不足な部分を感じます。

さらに、Sony Connect Appには、Adaptive Sound Controlによるスマートリスニング機能も含まれています。この機能は、使っている行動によって歩いているか、座っているかなどを感知し、それらの動きに基づいてノイズキャンセルのレベルを変更します。しかし機能的には素晴らしい物になると思いますが十分に違いがわからず、現状はオフのままにしておくことをお勧めします。

Sony Connect Appには、さまざまなプリセットを備えたEQも搭載されています。プリセットは全体的にかなり良いと思いますが、変更するときにはイヤホンからポップ音が聞こえました。

WF-1000xノイズキャンセリングトゥリーワイヤレスイヤホンのバッテリー寿命は3時間です。(実際は2時間30分程度)2回分の充電を保持する充電ケースも付属しています。充電ケースを持っている場合は最長9時間使用することが出来ます。

Sony WF-1000xノイズキャンセリングトゥリーワイヤレスイヤホン

低温はすこし薄く聞こえましたが、イヤホンの装着によっても変わりますし、耳の形にフィットしているかによっても違いますので参考程度に。

中音は良いと思います。も良いと思う。800Hzカットにもかかわらず、中音域は依然として厚く聞こえます。

高音は細かくこのタイプのイヤホンの中では伸びもあると思います。

最後に、ノイズ除去のために、イヤホンはダイナミックレンジを正確に再現することは難しいのか、ダイナミックな変化(クラシック、ジャズ、インディーズ音楽など)などのジャンルに関してはちょっと見劣りがします。

概要

ソニーWF-1000xワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンは、優れた商品になります。接続性の問題に関する否定的なレビューがあったにもかかわらず、問題はありませんでした。今後もSony Connect Appを介して最新のファームウェアをダウンロード出来るようなので改善していくと思います。もちろんこのジャンルのイヤホンは発売されたばかりなので機能はすべて完璧ではないと思います。

なので音質や接続性、バッテリーなどの問題はあると思いますが、着けていないような装着感は一度試してみると非常なアドバンテージがあると思います。

来年も多くの新商品が販売されると思いますが、現状ではソニーWF-1000xは非常にお勧めです。

 

関連記事

WF-SP700NとWF-1000Xとの比較。両者の違いは?

WF-SP700NとWF-1000Xとの比較。両者の違いは?

SONY WF-SP700N vs SONY WF-1000X vs Apple AirPods 比較レビュー

 

 

 

 

 

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N

新品価格
¥20,129から
(2018/11/14 11:12時点)