Android One X4の実機レビュー!最新スペックとディスプレイ&大容量バッテリー

本記事では、ワイモバイルで販売されている「Android One X4」の実機レビューや、基本的な操作方法、口コミ、評判についてまとめています

新しくスマホを購入する、となったらやはり気にするのはそのスペックですよね。

さっそく見ていきましょう。

1 Android One X4の気になるスペックを紹介


画像引用元:スペック | Android One X4

新しくスマホを購入する、となったらやはり気にするのはそのスペックですよね。

さっそく見ていきましょう。

内容 スペック詳細
サイズと重さ 約71×約151×約8.9mm(突起部を除く)
約157g
OS Android 8.1
CPU Qualcomm Snapdragon 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)
+1.8GHz(クアッド)
内蔵メモリ ROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリ microSDメモリカード/ microSDHCメモリカード/
microSDXCメモリカード 最大400GB(すべて別売)
連続通話時間 3G:約1,690分/GSM:約920分/
FDD-LTE:約1,850分
連続待受時間 3G:約780時間/GSM:約685時間/
FDD-LTE:約670時間/AXGP:約695時間
充電時間 約155分(ACアダプタ:Y1-AC17-TCQC使用時)
ディスプレイ 約5.5インチ
IGZO
2,160×1,080ドット フルHD+
通信速度 最大通信速度(下り)292Mbps
最大通信速度(上り)37.5Mbps
通信・通話機能 VoLTE(HD+) ○
VoLTE ○
HD Voice(3G) ○
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Wi-Fiテザリング機能 ○(最大10台)
Bluetooth 5.0
赤外線通信対応 -
対応サービス 防水/防塵 IPX5/IPX8 / IP6X
ワンセグ/フルセグ ○/-
生体認証 指紋センサー(ロック解除)
おサイフケータイ® ○
NFC ○
緊急速報メール ○
Google バックアップ ○
GPS ○ (GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、みちびき対応)
国際ローミング ○
外部接続端子 USB Type-C
カメラ メインカメラ
約1,640万画素 CMOS 裏面照射積層型
サブカメラ
約800万画素 CMOS 裏面照射型

スマホで音楽を聴く人には大変嬉しい、ハイレゾ対応ですので高音質の音を楽しむことができ、防水・防塵でどんな場所でも安心して使えるのは心強いです。

また、そのバッテリーの持続時間はSHARP独自の省エネ技術で3日超え(SHARP調べ)の電池持ちというので驚きです。

ついつい長時間経ってしまいがちのスマホゲームをやっていても、動画を何時間見ていても、途中で充電しながらやらなければいけないのは煩わしいですよね。

これは非常にありがたい技術です。

 

Android One X4のベンチマークスコアを測定

ベンチマークアプリを使用してスペックを数値化してみました。

Android One X4 ベンチマークスコアの測定結果Android One X4 ベンチマークスコアの測定結果
ベンチマークスコアの測定結果

Antutu Benchmarkの測定結果は「89,891点」、GeekBenchの計測結果はシングルコアのスコアが「872点」、マルチコアでは「4,140点」となりました。

これまでのAndroid Oneシリーズと比べて基本性能が向上しており、Webサイトの閲覧やSNSなどを楽しむ分にはサクサク快適に動作しました。しかし、グラフィック性能を求められるゲームなどでは動きに引っかかりを感じるので、ゲームをメインにスマホ選びをしたい方には不向きかもしれません。

指紋認証を搭載

これまで、日本のスマートフォンは防水、防塵機能は搭載していましたが、指紋認証を搭載しているモデルはあまりありませんでした。

このandroid one X4は指紋認証も搭載。

日本のモデルが持つ基本機能に、生体認証がプラスされ、弱点が無くなっています。

 

ワンセグを搭載

海外のスマホでは、ほぼ搭載していないテレビ機能「ワンセグ」を搭載しています。

 

ハイレゾ再生にも対応

ハイレゾ対応音源を入れることで、高音質な音楽を楽しむ事ができます。

フルHDのIGZOディスプレイ採用

今回のAndroid One X4の製造会社は「SHARP(シャープ)」。

そのおかげもあって、IGZOディスプレイが画面パネルに採用され、スムーズで目が疲れにくいブラウジング操作ができるようになっています。

また、IGZOディスプレイは従来のスマホ画面よりも鮮明で明るい映像を表現してくれるので、画面が非常にキレイに見えます。ネットサーフィンでは文字を読む機会も多いはずなので、そんな時に画面がキレイで見やすいと目の負担も自然と減ります。

そんなIGZOディスプレイを、5.5インチの大きさで利用できます。

3,100mAhのバッテリーで電池持ちよし

3,000mAh超えと大容量のバッテリーを搭載しているのも、Android One X4の特徴。

SHARP独自実験では、想定される通常の使い方をすればバッテリーが3日ほど持つとされています。

対応バンド(周波数帯)

Android One X4の対応バンドは次の通り。

ソフトバンク(ワイモバイル)の周波数帯と変わりありません。

 

ソフトバンクから「HUAWEI Mate 10 Pro」レビュー! “スペック・カメラの仕様は??

Huawei Mate 10 Proとは何ですか?

2017年末に発売されたフラッグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」。当初SIMフリー機として登場したが、この5月からソフトバンクも取り扱いをスタートした。Leicaダブルレンズのカメラと、オクタコアCPU、6GBメモリ、128GBストレージを装備するハイエンドな性能。それに高速回線を組み合わせることで、さらに魅力あふれる端末になりそうだ。

ところでこの「HUAWEI Mate 10 Pro」、ハイエンドなパフォーマンスを支える要素の1つにAIが関わっているのはご存じだろうか。「HUAWEI Mate 10 Pro」が搭載するチップセットKirin 970は、数値演算を行うCPUとグラフィック処理を受け持つGPUの他に、NPUと呼ばれるものを搭載している。「Neural-network Processing Unit」の略であるこのNPUが、AI処理のためのまさに頭脳として動作することで、端末の各機能の快適さを底上げするのに一役買っているという。

AIを軸に、何がどんな風にスマートフォンとしての快適さにつながっているのか。「HUAWEI Mate 10 Pro」の各機能における「ストレスフリーポイント」をさっそくチェックしてみよう。

圧倒的なハイスペック性能

プロセッサは“AIチップ”を謳うファーウェイ独自のKirin 970を採用。AIによる機械学習によってユーザーがどのようにアプリや機能を使うかを把握し、システムを最適化することで使い始めの高速なレスポンスを長期間継続させるなどスマートフォンを頻繁に買い換えず長期間利用したいといった要望を叶えます。

スマートスピーカーなどクラウド型AIが目立つなか、Mate 10 ProのAIは外部との通信が発生しないローカル型を採用。さらに、AI専用のプロセッサ「NPU」を搭載することでAIの電力効率を50倍、パフォーマンスを25倍にアップするなどデータ通信容量や電池持ちへの影響を気にする必要はありません。

肝心の処理能力はオクタコアのプロセッサ、6GBの大容量メモリによって性能を数値化するベンチマークスコアではサムスンのGalaxy S8/Galaxy Note8を超えるなどAndroidスマートフォンの中でもトップクラスに。実際にゲームアプリなど高い処理能力が必要になるアプリを利用しても、もたつきなどは皆無で軽快に動作します。

OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載。ログインIDやパスワードを記憶して自動入力する「オートフィル」やアプリを起動しながら動画を見たり、ナビ、ビデオ通話を利用できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」など便利な最新の機能を利用できます。

動画を小窓で再生できるピクチャ・イン・ピクチャ
動画を小窓で再生できるピクチャ・イン・ピクチャ
HUAWEI Mate 10 Pro
OS Android. 8.0 Oreo / EMUI 8.0
サイズ 高さ:約154.2mm / 幅:約74.5mm / 厚さ:約7.9mm
重さ 約178g
ディスプレイ 約6.0インチ
2,160×1,080ピクセル
有機EL(OLED)
アスペクト比:18:9
HUAWEI FullView Display
402ppi
1,670万色
コントラスト: 70000:1
プロセッサ HUAWEI Kirin 970
オクタコア 4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53 + i7 コプロセッサ
Mali-G72 12コア GPU
Neural Network Processing Unit
RAM / ROM 6GB / 128GB
microSD なし
メインカメラ ダブルレンズ
1,200万画素カラーセンサー + 2,000万画素モノクロセンサー
ƒ/1.6
光学手ブレ補正
デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム
像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF
4K動画撮影
フロントカメラ 800万画素 ƒ/2.0
バッテリー 4,000mAh
充電 USB Type-C / 急速充電:5V/2A、5V/4.5A、4.5V/5A
SIM スロット数:2 / スロット:nanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 with BLE
通信速度 受信時最大500Mbps / 送信時最大50Mbps
防水、防じん IP67
おサイフケータイ ×
ワンセグ/フルセグ ×
指紋認証
カラー ミッドナイトブルー / チタニウムグレー

 

Huawei Mate 10 Pro – デザイン

Huawei Mate 10 Proは、通常のMate 10に近いデザインで、悪いことではありません。

このデザインは、Galaxy Note 8やiPhone Xと同じメタル・アンド・ガラス・アロケーションを採用しています。わずかに湾曲したガラス製のバックは、丈夫なメタル・サイドとほぼベゼルのないフロントと組み合わされ、プロのファットを市場。スリムなベゼルはまた、プロが6インチのスクリーンを梱包しているにもかかわらず、ひどく扱いにくいと感じないことを意味します。

これ以外には、2017年のフラッグシップに期待されるすべてのトリミングを見つけることができます。背面には、ライカブランドのカメラの直下に、指紋スキャナがあります。このスキャナは、テスト中に高速で信頼性が高いことが証明されています。

下段には、ますます普及しているUSB-C充電ポートと、最も大きなものではないものの、ビデオ通話用のものよりも優れているスピーカーが表示されます。

ビルド品質も優れています。より安価な携帯電話とは異なり、ここに戻ってきたガラスは曲げがなく、驚くほど傷つきにくくなっています。誤ってポケットに投げた後、Proは緩やかな変化をしなくなり、Proは無傷になりました。IP67認定もまた、プロがキッチンでそれを溺死させようとしている間、真実となった。しかし、私はまだ硬い表面に落下して生き残るためにガラスバックを信頼しませんでした。

128GBの内蔵ストレージは、ほとんどのユーザーにとって十分な大きさ以上のものであり、microSDカードスロットがないことは大きな問題ではないことを意味します。

携帯電話のデザインで私の唯一の小さな屁理屈は、その兄弟メイト10とは異なり、プロは3.5ミリメートルのヘッドフォンジャックを持っていないということです。誰もがAppleの「3.5mmのバンドル」に乗っていないので、私は戦いに敗れていることは分かっているが、私と多くの音楽ファンにとって、ポートの不在は依然として厳しい状況である。

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – ディスプレイ

メイト10プロとレギュラーメイト10の大きな違いは、ProにはLCDではなくOLEDが搭載されていることです。

具体的には、Proには6インチHD + HDR 10 OLEDディスプレイが付属し、通常のMate 10にはより基本的な5.8インチクワッドHD HDR10 LCDスクリーンが付属しています。

一部の人々は、一見低解像度に不平を言うかもしれませんが、真実は、プロの2160×1080ピクセル数が十分以上であるということです。あなたが絶対にあなたの絶対を試みても、あなたは個々のピクセルを見つけることはありません。

OLEDパネルは現時点で市場でも最高のものの1つです。GoogleのPixel 2 XLとは異なり、スクリーンはひどく校正されていません。温かみのある温かみのある色は、一般に、過飽和領域に飛び込むことなくきれいに鮮やかに見えます。

ホワイトはよく設定されたIPSパネルほどきれいではありませんが、OLEDで見た中で最も汚いものではなく、競合するAMOLEDスクリーン付き携帯電話で見られる黄​​色または青色のシフトが気にならないものです。黒はしっかりとしている。

輝度レベルも非常に高く、モバイルHDR 10規格を満たしています。しかし、Mate 10 Proが利用できるハイダイナミックレンジのコンテンツが現在不足しているため、現在HDRの性能についてコメントすることはできません。

全体として、Mate 10 Proのスクリーンは、この価格帯で最高のものです。

Huawei Mate 10 Pro – ソフトウェア

Huaweiは独自のEMUIスキンの使用を主張しているため、常にモバイルソフトウェアに苦労していました。伝統的にこれは、Androidバージョンが認識できないレベルに近づいた場合でも、針のUIの変更やサードパーティのbloatwareの追加や簡単に数えることができるアプリの複製など、

飛躍と飛躍にもかかわらず、HuaweiはGoogleの最新のAndroid 8 OreoソフトウェアでProを読み込むことができましたが、この問題はMate 10 Proでも同じです。感情のUIはまだAndroidの設定メニューのような重要なことを完全に改造して、あなたが探している正確なオプションを見つけるのを難しくしています。また、メインメニューからアプリトレイを削除します

bloatwareの量が大幅に減少しているにもかかわらず、Androidのネイティブアプリと同等の機能を提供する、音楽、カレンダー、メッセージングなどの点で重複しない重複アプリケーションを見つけることもできます。

関連する:ベストphablets

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – パフォーマンス

唯一の肯定的なソフトウェアの追加は、Mate 10 Proの新しいAI注入Kirin 970プロセッサに焦点を当てています。

Huawei氏によると、最新の8コアCPUには、特別に作られた「ニューラルプロセッシングユニット」が付属しています。このユニットは、電話機が学習し、最終的に使用パターンを予測して、ニーズに合わせてアプリケーションを先取りして起動または調整することができるようにします。

追加の特典として、AIはバッテリを節約し、時間の経過とともにパフォーマンスの低下を回避するために、不要なプロセスをいつシャットダウンするかも知っています。ファイヤーウォールをもう少し長く使い切るまで、Huaweiのパフォーマンス低下の主張を確認することはできません。通常、何かの減速が見られるようになるのは数ヶ月前です。しかし、2週間のうちにメイト10プロで、すばらしいニッピーになる

6GBのRAMとペアになって、かなり率直に言って、電話で過剰なキリンチップセットは、私がそれに投げたすべてのタスクを打ち破った。マルチタブのウェブブラウジングは滑らかで、アプリケーションとゲームは数ミリ秒以内に開かれました。電話は安定していて楽しくドロップアウトがなく、Mate 10 Proは要求の厳しい3Dゲームをスムーズにしました。そのEMUIソフトウェアは、私がテストした過去のバージョンよりも安定しています。いくつかのアプリケーションクラッシュの外で、私はまだ深刻なバグや不具合を経験していません。

Mate 10 Proの合成ベンチマークスコアは、私の実際の経験を反映し、競合する2017年のフラッグシップのパフォーマンスと一致しました。下の表のギャラクシーS8とどのようにスコアが比較されているかを見ることができます。

 

電話 アントゥー Geekbenchシングルコア Geekbenchマルチコア
Huawei Mate 10 Pro 178091 1906 6740
ギャラクシーS8 173292 2013年 6659

 

私のごくわずかな懸念は、長時間の集中的な使用で、Proが目立つようになり始めることです。Looping Riptide GP2 1時間後にいくつかのCPUスロットリングが発生したことに気づきました。

Huawei Mate 10 Pro – カメラ

Huaweiは、キリンのCPUのAIチョップは、12メガピクセルのカラーセンサーと専用の20メガピクセルのモノクロカメラを搭載した携帯電話のデュアルリアカメラにも適用されると主張しています。

具体的には、Huawei氏は、このチップを使って、あなたが写真を撮っているものに応じてカメラのモードを飛ばすことができると主張している。花の接写をする場合は、たとえば、マクロモードにジャンプすることがわかります。

一般的に、私は自動検出機能が少し遅かったことを発見し、数日後に手動でより具体的な設定を切り替えることができました。しかし、それでもなお、カメラは前世代のHuawei P10やHuawei P10 Plusと比べても印象的です。

カメラアプリは、過去のHuaweiの携帯電話よりもはるかに速く感じられ、よりインテリジェントにレイアウトされたUIを備えています。通常の光で撮影された写真はすばらしく鮮明で、過度に見えません。低照度性能も大幅に向上しました。広範囲のf / 1.6絞りとOISの追加といくつかのフード・オン・フード・ソフトウェアの改良により、シャッタースピードは落ちますが、低照度で撮影された写真はノイズが少なく、一般的にソーシャルメディア上で共有するのに十分です。

通常のメイト10と同じように、カメラは写真性能に関してギャラクシーS8とピクセル2を打ち負かすことからそれを保つためにいくつかの小さな問題が残っています。困難な混合光条件では色が歪み始め、難しい照明ではオートフォーカスが少しうまくいく可能性があります。低照度でのコントラストも問題ではありますが、Huaweiには公正であるが、これは私たちがテストしたすべての電話機で問題になります。

ビデオ録画も同様の話ですが、ライティングは十分にうまくいきますが、Proの安定化が最も信頼できるものではないため、暗い環境では苦労する可能性があります。

以下のMate 10 Proで撮影したサンプル写真を見ることができます。

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – バッテリー

バッテリ寿命は、Huawei Mate 10 Proが優れている1つの領域です。巨大な4000mAhのセルを搭載しているので、バッテリーはもちろんのこと、同等の機能を備えた携帯電話を見つけるのに苦労します。

私は、今日の基準ではかなり良い、通常の使用でプロから1日半から2日間の生活を送ることができました。定期的な使用は、私の朝と夕方の通勤時に音楽を聴くこと、数回の呼び出しを行い、WhatsAppで定期的にメッセージを送ること、電子メールとソーシャルメディアフィードを定期的にチェックすること、30分のゲームセッションを速くすること、そしてNetflixベッド。

ビデオ再生のパフォーマンスも非常に印象的です。ビデオをストリーミングするとき、Mate 10 Proは時間当たりの充電の8-10%を失いました。ビデオの再生は、ローカルに保存されたビデオでさらに印象的でした。長距離飛行で2番目のシリーズのStrangerを見守ることができました。

ゲームのパフォーマンスも同様に印象的でした。RiptideやAsphaltのような要求の厳しい3DゲームをプレイするMate 10 Proは、平均の15-18%を失ってしまいました。

関連性の高いAndroidスマートフォン

HUAWEI Mate 10 Pro

なぜHuawei Mate 10 Proを購入するのですか?

あなたがトップエンドのフェレットの市場にいるが、ギャラクシーノート8またはiPhone Xの莫大な費用を費やしたくなければ  、メイト10プロが利用可能な最良のオプションです。

ハードウェアの1つとして、Mate 10 Proは滑らかなパフォーマンス、平均以上のカメラと優れたバッテリー寿命を提供する魅力的なデバイスです。これらのすべてが滑らかな混合金属とガラスのデザインに含まれています。

唯一の欠点は、Androidの魅力的なUIを混乱させ、望ましくない、不要な重複アプリを追加する、若干明るいEMUIソフトウェアです。

 

HUAWEI 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン チタニウムグレー【日本正規代理店品】

新品価格
¥69,629から
(2018/11/1 10:49時点)

HUAWEI Mate 10 Pro/MID(ミッドナイトブルー) Mateシリーズ SIMフリー LTE対応 128GB

価格:75,406円
(2018/11/1 10:49時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちらから!!

ゲーミングスマホBlack Shark Heloレビュー!!機能・スペック・発売日まとめシャオミが発表

中国シャオミの関連会社Black Sharkは、新型ゲーミングスマートフォン「Black Shark Helo」を発表しました。注目点はトップクラスのスペックだけでなく、多色発光機能や付属コントローラーなど多岐にわたります。なかでも最大の特徴は、現行スマートフォンとして最大容量となる10GBのRAMを搭載したこと。搭載プロセッサのSnapdragon 845と組み合わせることで、ゲーミングスマートフォンとしてもトップクラスのスペックw実現しています。

ゲーミング仕様

blackshark-hero

基本デザインは初代を継承。カラーリングは极夜黑。背面はX状にWi-Fiアンテナを配置しており、ゲームプレイ時の横持ち両手保持でも電波が遮られないようにしている、としています。

PCゲームの世界では、「ゲーミング」と名のつく製品はやたらピカピカ光るという謎の不文律が存在しており、ライバルのRazer Phone 2も背面ロゴが光るようになりましたが、Blackshark Heroも左右側面と背面「S」ロゴが光ります。1680万色のRGB照明とのこと。

スマホを挟み込む、まるでNintendo Switchのようなコントローラー。

 

さらにフロントダブルスーパーリニアスピーカーを搭載し迫力ある音響を実現する一方で、画面はAMOLED 60Hzなのがやや残念。競合のRazer Phone 2は120Hz液晶、ROG Phoneは90Hz有機ELだからです。

さらに、スマートフォンを挟み込むようにして利用するコントローラーが同梱されるのも特徴でしょう。左にはジョイスティック、右にはタッチパッドを搭載したこのコントローラーにより、正確なゲーム操作が可能となっています。

S845、実行10GBメモリ選択可

プロセッサはSnapdragon 845。実行メモリ10GBを選択可能になりました。Mi MIX3も10GBメモリのモデルが用意されていますね。現時点で中国のBlack Shark公式サイトで予約可能なのは実行6GB、8GBメモリのようです。

独立映像チップ搭載、HDR描写を実現するとしています。

その他のスペックとしては、ディスプレイは6インチ/1080p解像度の有機ELディスプレイで、背面カメラは2000万画素+1200万画素のデュアル仕様。バッテリー容量は4000mAhで本体背面に指紋認証センサーを搭載し、内部にはデュアルチャンバーによる冷却システムが内蔵されています。

ダブルヒートパイプ

Snapdragon 845搭載のスマホは多数ありますが、ゲームをするにあたって重視したいのはパフォーマンスの持続時間。発熱によってパフォーマンスはどんどん落ちてくるのが普通です。

しかしBlackshark Heloはヒートパイプを2つ搭載。放熱面積を増やし、CPUを冷却、CPUの最高パフォーマンスを6倍も長くするなどとしています。

スクリーンショット 2018-10-27 16.59.28

スペック

OS Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon 845
メモリ 6 / 8 / 10 GB
ストレージ 128 / 256GB
ディスプレイ 6.01型AMOLED
FHD+(2160×1080)
カメラ 1600万画素+2000万画素
インカメラ 2000万画素
 バッテリー 4000mAh 急速充電QC3.0 18W
寸法  160×75.25×8.7mm, 190g
その他 Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
デュアルnanoSIM
USB Type C

ヤフオクはこちらから!!

Razer Phone 2レビュー ゲーム特価のRAM8GBゲーミングスマホのスペックは??

Razer社は、サンディエゴ、カリフォルニア、シンガポールを拠点に、2005年にスタートしたゲームに特化した周辺機器を取扱うメーカーです。

  • ゲーミングマウスやゲーミングキーボード
  • ゲーム専用のノートパパソコン
  • 臨場感あふれるヘッドセットや音響機器

など幅広くラインナップされた製品は、世界中のゲームマニア達から高く評価されています。

 RazerはシンガポールのPC周辺機器メーカー。PCゲーマーなら誰もが知っているゲーミングデバイスのメーカーですね。マウスやキーボードなどでお世話になっている人も多いでしょう。私もRazerの左手ゲームパッドを愛用しています。

Razerがクラウドスマホで知られる「Robin」のNextbitを買収、その開発部隊によって作られたのがRazer Phoneシリーズです。今回、スペックが強化されたRazer Phone 2が発表されました。

 

Razer Phone 2・Razer Phoneのスペック

項目 Razer Phone 2 Razer Phone
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (2.80 GHz)
vapor chamber cooling system
Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile Platform
GPU Adreno 630 Adreno 540
メモリー 8GB (LPDDR4X) 8GB dual channel (LPDDR4, 1866 MHz)
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.72-inch IGZO LCD 1440 x 2560 5.7-inch IGZO LCD 1440 x 2560
120Hz, Wide Color Gamut
Corning Gorilla Glass 5 Corning Gorilla Glass 3
アウトカメラ 広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
4K Video撮影
広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
インカメラ 8MP f/2.0
1080P Video撮影
8MP f/2.0
音響 Dual front-firing stereo speakers with dual amplifiers
Dolby Atmos Technology
バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
急速充電 Qualcomm QuickCharge 4.0+
ワイヤレス充電 Wireless Charging(Qi)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900 GSM: Quad-band GSM UMTS: 1/2/3/4/5/8
WCDMA: 1/2/3/4/5/8
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: 38/39/40/41/48 TDD LTE: 38/39/40/41
TD-SCDMA: 34/39 TD-SCDMA: 34/39
LAA: 46
4×4 MIMO: 1/2/3/4/7/30/38/48/66
防水・防塵 IP67
サイズ 158.5 x 78.99 x 8.5 mm 158.5 x 77.7 x 8 mm
OS Android 8.1 Android 7.1.1
コネクター USB Type-C

次のページでは、「Razer Phone 2」のスペックの詳細について調べてみました。

Razer Phone 2:デザイン&ビルド

Razer Phone 2について最初に気づくのは、元のモデルとよく似ているということです。

Razer Phone 2

正面から見ると、電話機はほぼ同じです。前向きのカメラの配置がわずかに異なり、コーナーが少し丸みを帯びていて、身体の方が分厚くなっています。あなたが見ることができないのは、防水性の高いIP67であることです。

これ以外にも、これは昨年とほぼ同じです。厚い上下のベゼルに囲まれた5.7インチの16:9ディスプレイで、大型のステレオスピーカーを備えています。もう一度、指紋センサーが平らなパワーに組み込まれます ボタンは途中で一番下に、音量ボタンは他のボタンの下にあります。どちらもゲーム中に電話の風景を保持するために最適化されています。

それはあなたが実際に変更されたものを見ることを介して電話をフリップするときです。最も明らかなのは、艶消しのバックが光沢のある黒色のガラス(これはワイヤレス充電を可能にする)に置き換えられていることです。ゴリラ・グラス5から作られているが、これは(少なくともガラス基準で)十分に丈夫でなければならないが、すべてのガラス電話と同様に、指紋をたくさん引き付ける。

リアカメラレンズも移動しました。これらは現在、Razerの大きなロゴの上に少し突出して中央に座っています。さらに嬉しいことに、ロゴ自体が変更されました。昨年のモデルが十分に光っていないと心配した場合に備えて、RazerのChroma照明技術を搭載しました。

Razer Phone 2

付属のChroma アプリを使用しています静的な色やサイクルで1680万色の異なる色合いを持つ照明を制御したり、様々なパターンで点滅したりすることができます。また、バッテリーを節約するためのオプションがいくつか用意されています。常にオンにしておくか、画面が表示されているときだけ点灯させるか、通知を受け取ったときに点滅させるだけです。

終わりには、これはガラスのバックと派手なロゴが付いたRazer Phone 1です。それがあなたにアピールするかどうかはすでに分かっているでしょう。Razerののブロック状のデザインは間違いなく、ほとんどの主力ライバルよりも少ないなめらかであるが、それはそのファンを持っている、そしてそれはの名の下にすべてです向上します ハンドヘルドゲーム体験。

Razer Phone 2:仕様と機能

新しいデバイスの外部は基本的にRazer Phone 1.5です – 内部はどうですか?まあ、それは似たような話です。新しい携帯電話をこれまでのものより少しだけ良くするための小さな変更と洗練。

画面

間違いなく画面上で最も明白です。これは主に、業界をリードする120Hzのリフレッシュレートのおかげで、最初の電話機の見出しの機能でした。

Razer Phone 2

Razerは同じサイズ(5.7インチ)、同じ解像度(2560 x 1440、別名クワッドHD)、同じリフレッシュレート(120Hz)で、今回はあまり変更しないことにしました。また、16:9のアスペクト比は、18:9のベゼルレスディスプレイがますます主流となっている市場では奇妙な選択肢に思えるかもしれませんが、余分な画面スペースはゲームの恩恵であると主張しています。ほとんどの部分が16:9の画面に最適化されています

変更されたのは明るさです。Razer氏は、新しい画面が50%明るく、645cd / m 2を超えていると主張しています。 これが真であれば、今までテストした電話よりも明るくなります。私たちは今後これをテストしますので、結果をすぐに確認してください。

実際には、第一世代と第二世代のスマートフォンの品質の違いを見つけるのは難しいです。これは、明らかに、ほとんど変わっていない画面の小さな微調整ですが、原作は間違いなく最高のスマートフォンがそこに展示されていることを誇っているので、それは悪いことではありません。

プロセッサ、メモリ、ストレージ

内部仕様にも大きな変化はなかった。プロセッサSnapdragon 835から今年の主力製品である845チップへのアップグレードが予定されています。それはまた、蒸気チャンバー冷却機能を搭載しています。ピーク性能でさえも冷えていなければならないという言葉がたくさんありますが、使用中に電話機がまだまだ熱くなっていることがわかりました。

以前のモデルと同様に、8GBのRAMと64GBのストレージ、microSDカードスロットと一緒に – これは最大2TBのカードを受け入れ  ます。

予想通り、Razer Phone 2は、一般的な使用とゲームの両方で、特に120Hzまでクロックされたディスプレイで急速です。これはGeekbench 4のマルチコアスコア8955でバックアップされ、Xiaomi Black Sharkの7173を水から吹き飛ばします。

しかしそれは明確ではない。Razer Phone 2は90fpsのT-Rexで素晴らしいGFXBenchの結果を誇っていますが、高強度カーチェイステストRazerの新モデルはXiaomiの提供で31fpsに比べてわずか22fpsしか管理していませんでした。

これは、Razerのスマートフォンがはるかに高い解像度を提供し、より多くのピクセルに電力を供給しなければならないという事実を含むいくつかの要因になります。しかし、実際には、Razer Phone 2でのゲームでは、PUBG Mobileのようなグラフィックが激しいゲームでも、遅れを感じることはほとんどありません。

接続性とオーディオ

これまでのように、充電、オーディオ、データ転送に使用されるUSB-Cポートは、Razerには3.5mmヘッドフォンアダプタが同梱されていますが、こちらのポートだけが唯一のものです。前に述べたように、あなたも再び印象的に見つけることができます速いを 携帯電話の側面にある電源ボタンに内蔵された指紋スキャナ。

Razer Phone 2

ワイヤレスに関しては、通常のWi-FiとギガビットのLTE(現在は最大1.2Gbps)がBluetooth 5.0とNFCに加えてあります。

最後に、スクリーンに隣接する巨大なスピーカーも調整されています.Razerは、彼らがより大きく、より明確になっていると言います。PUBGをいくつか試して、その欲望の鶏の夕食を食べたら、私たちは彼らが大声で明瞭であることを確認することができます。

それは本当に優れたオーディオ体験であり、最も重要なのは、XiaomiのBlack Sharkのサイドスピーカーのように、ゲームプレイ中にスピーカーを覆う手を心配する必要はないということです。

カメラ

主要な改造が行われた電話の少なくとも1つの領域があります:カメラ。おそらく元の電話機の最も弱い要素だったRazerは、批判を心に抱き、ライバルと一線を画すように努めました。

まず、正面カメラは1080 @ 60fps (8MP f / 2.0レンズ)でビデオをアップグレードしました。これはストリーマーやビデオカメラに歓迎され、品質を損なうことなく彼ら自身の映像を共有しようとしています。

オリジナルのRazer Phoneと比べて、画質が飛躍的に向上し、鮮明で明るいセルフと、ポートレートモードを含む一連の撮影モードが提供されます。

一方、新しいソニーIMXセンサーを搭載したリアカメラは、4K @ 60fpsをキャプチャしたり、120fpsのスローモーションで1080pを撮影することができます。後ろのレンズは両方とも12MP、光学式手ぶれ補正付きの1つのf / 1.75広角レンズ、もう1つのf / 2.6望遠レンズです。

正面に向いているカメラと同様に、元のRazer Phoneと比べると、目立つような品質の飛躍があります。色はより真実であり、オートフォーカスはより速く正確であり、画像は一般的に見栄えがよくなります。11/10ドッグ・ゴーのスナップは、今年のオファーから期待できるイメージの素晴らしい例です。

 

リアレンズの開口率が向上しているため、暗い場所での使用に適しています。それは、他のハイエンドスマートフォンのような専用の夜間モードはなく、確かにフラッシュの必要性に取って代わるものではありませんが、光と詳細をキャプチャするのはうまくいきます。

ズームインすると、やや積極的なノイズキャンセルアルゴリズムが明らかになりますが、これはほとんどのスマートフォンに見られるものです。

バッテリー寿命

Razer Phone 2のバッテリはこれまでと同じですが、少し良くなっています。

寛大な4,000mAhの寛大なバッテリーがありますが、ソフトウェアとプロセッサーの最適化はこれまでよりもわずかに長く持続します。ソーシャルメディアとゲームが混在していても、快適に過ごすことができますが、スマートフォンをより保守的に使用するユーザーは、1回の料金で1日半を絞り込むことができます。

ワイヤレス充電の導入は、使用していないときに一日を通して軽く充電することができる利点です。

大きな疑問はChromaのロゴです:これはバッテリーにどのような影響を与えるかを今見積もるのは難しいです。特に、使用可能な色、明るさの設定の範囲、およびその使用頻度について考えてください。私たちは、ロゴを永久に点灯させたいと思うなら、バッテリーでそれを支払うでしょうが、確かに言いたいことがたくさんあります。

現在、一連のバッテリテストを実施しており、今後の結果で更新される予定です。

Razer Phone 2

Razerは独自のワイヤレスを販売しています新しい電話機の充電ドックは、風景、肖像画、またはフラットでそれを支えることができます。これは、Chromaの照明効果を自慢しています。電話の充電時にはサイクリング、バッテリーがいっぱいになると緑色に静電気、電話機が充電用に正しく配置されていないことを検出すると赤色に点滅します。

それはすべてうまくいいですが、ここでは2つの大きな注意点を覚えておいてください:それは£99で高価です、あなたのベッドで一晩あなたの携帯電話を充電する傾向がある場合、照明は厄介者になります。

Razer Phone 2:ソフトウェアとアプリケーション

Razer Phone 2にはAndroid 8.1が付属していますが、最近のAndroid 9はあまりにも長すぎると思われます。

もう一度Razerはかなりの在庫を持つOSのバージョンを実行しています。これは主に、Nova Launcherを使用することです。これはカスタマイズ可能なホーム画面とアプリドロワーのバージョンであり、あなたの好みに合わせて調整できます。

Razer Phone 2

Razer Theme Storeはさらに装飾的なオプションのリターンをもたらし、モバイル版のRazer Cortex、同社の総合パフォーマンスオプティマイザとアプリストアフロント。ここでは、Razerチームによって生成されたゲームの推奨事項が含まれており、Googleの独自のPlayストアよりも優れた新しいAndroidゲームを簡単に見つける方法を提供しています。

 

Razer – Phone 2 (2018) with 64GB Memory Cell Phone (Unlocked) – Black

新品価格
¥128,040から
(2018/10/30 11:06時点)

ヤフオクはこちらから!!

Vivo NEX Sレビュー 6.59インチの全画面フルスクリーンスマホ!外観の美しさ

ワールドカップのスタジアム広告でも存在感を示しているVivoの新型スマートフォン「vivo NEX S」について、長く触ることができたのでそちらの実機レビューをこの記事で行いたいと思います。

Vivo NEX Sはその見た目が非常に特徴的なスマホです。

最近のスマホはベゼルを極端になくして前面パネルをディスプレイ表示で埋めようとしていますが、インカメラの存在によって画面すれすれまでが表示領域でありながら、上部にカメラを配したノッチタイプのデザインを採用するメーカーが増えています。

ノッチのあるデザイン自体はあまり気にはならないものの、どれも似たようなデザインになってしまう上にノッチ部分が結局ナビゲーションバーように使われてしまうため、せっかくの大画面ディスプレイを有効に活用することが出来ない点が不満なところとしてありました。

今回のVivo NEX Sはそうしたノッチに対する不満への一つの解決策を示しています。

前面パネルをノッチなしで90%以上をディスプレイで占めながら、インカメラはなんと本体に内蔵して必要な時だけ露出させるという形でインカメラ問題を解決してくるという、画期的なデザインとなっています。

ノッチ嫌いの方でディスプレイの表示領域を多く確保してほしかったという方には、現状理想的なデザインとなっているスマホであるために、その画期的なデザイン性含めて気になっているスマホかと思われます。

Vivo NEX Sは自分のようにデザインが気に入って輸入して使ってみようと思っている方もそこそこいると思うので、実際の操作性や特徴、それに購入方法なんかの参考になればとレビューとしてVivo NEX Sの特徴をまとめておきます。

 

 

vivo NEX Sのスペック表・対応周波数帯

今回レビューするのは8GB RAM + 128GB ROMのグローバルモデルで、主なスペックは以下のとおり↓

OS Android 8.1 Oreo / Funtouch OS 4.0
プロセッサー Qualcomm Snapdrgaon 845
CPU:8コア 4x Cortex A75@2.8GHz + 4x Cortex A55@1.8GHz
GPU:Adreno 630
ストレージ 128GB
メモリ 8GB
ディスプレイ 対角6.59インチ 2,316 x 1,080ピクセル(388ppi) Super AMOLEDディスプレイ(有機EL)
内側カメラ 800万画素 f/2.0 ポップアップ式カメラ
外側カメラ メイン:1,200万画素 f/1.8 1.4μm ソニーIMX363センサー 光学手ブレ補正対応
サブ:500万画素 f/2.4
バッテリー容量 4,000mAh
拡張 USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
SDカード 非対応
センサー GPS、A-GPS、GLONASS、BeiDou、電子コンパス、近接、環境光、加速度、ジャイロ、指紋認証センサー(画面埋め込み式)
SIMカード Nano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さ 77 x 7.98 x 162mm
本体重量 199g(公称値)
防水・防塵性 不明
カラー ブラック

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHa
  • WCDMA:B1, B2, B4, B5, B8
  • CDMA2000:BC0, BC1, BC10
  • TD-SCDMA:B34, B39
  • FDD-LTE:B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B17, B18, B19, B20, B25, B26, B28
  • TD-LTE:B34, B38, B39, B40, B41

グローバルモデルということで幅広いバンドをカバーしており、ドコモのプラチナバンドLTE B19やソフトバンク(Y!mobile)のB8、auのB18/B26などに対応しています。

ドコモ回線のmineoと楽天モバイル、それからソフトバンク回線のY!mobile試したところ、LTE通信と3G通話は確認できましたが、VoLTEは利用できませんでした。一方、UQmobile(au回線)のVoLTE SIMは案の定受け付けてくれず、通信も通話もできません。

デザインと表示

過去12ヶ月の電話機設計では、18:9のアスペクト比のディスプレイを選択し、重要な技術を隠すために画面上部にノッチを入れて、これまで以上にベゼルを薄くしていましたが、Vivoではこれを行っていません。

Vivoには、観客を追いかけることができず、「ベゼルレス」の携帯電話にノッチを含めるために拍手をかけなければなりません。その代わりに、91.24%のスクリーン・トゥ・ボディ・レシオを達成するための様々な新技術が選ばれました。

だから、マーケティングのように完全にベゼルフリーではありません。あなたはこの電話を信じるでしょう。携帯電話の底面には非常にスリムな顎があり、外側には薄いベゼルがありますが、ベゼルがいかに小さいかはまだ目立っています。

これを実現するために、Vivoは3つの異なるテクノロジーを使用しています。最初は、携帯電話の左上端にあるポップアップセルフカメラです。

セルフモードを起動すると、小さなカメラが跳ね上がって、あなたのショットを撮ることができます。

カメラアプリを終了するかメインカメラに戻ると、約2秒で元に戻ります。それは瞬時に小さなカメラで遊んで、それが飛び跳ねるのを見て、目新しさです。

画像1/2

 

私たちはちょっとしたセルフをしたいと思った時に始めるには時間がかかりすぎると少しは心配していましたが、カメラをセルフモードに切り替えると2秒もかかりませんでした。その速度で。

セルフカメラが電話機の中に隠れているため、2018年に発表された最新の主力携帯電話の多くで見られたように、Vivo Nexには顔スキャナはありません。

セルフカメラの横には3.5mmのヘッドフォンジャックがあり、電話の下端にはUSB-C充電ポートと一般のオーディオを聴くための単一のスピーカーが装備されています。

2番目のイノベーションには、イヤホンスピーカーがあります。このスピーカーは、電話の会話の中で相手の端を聞くために使用します。他のスマートフォンが携帯電話の本体に穴を開ける場合、Vivoは代わりにイヤホンをディスプレイに内蔵しています。

これは、Screen SoundCastingと呼ばれる技術を使用して実現され、骨伝導技術と同様に機能します。これは、通話中に画面の任意の部分を耳に当てることができることを意味し、Vivoはこれが通話でより良い音質を提供すべきであると主張しています。

大音量の環境やその他の分野での電話の品質を改善するかどうかはまだ分かりませんが、将来的にはこれをさらにテストしていきます。

第3の技術は、ディスプレイ内の指紋センサを含む。これはインディスプレイのセキュリティ技術で市場に登場した最初の携帯電話ではありませんが、画面に指を置いて認証魔法の仕組みを見ていることはまだまだ新しいことです。

Vivo Nexでは、指や親指を画面上の特定の領域に置くことしかできません。どこに配置するかを示す小さなアイコンがありますが、これまでの非常に限定されたテストでは、迅速に動作することがわかりました。正確さを確認するためにはそれをさらにテストする必要がありますが、Vivoはそれを電話機のロックを解除する主な方法として推奨しています。

これらの3つの技術を含めて、会社はノッチの電話の前部または底部の大きな顎を取り除くことができましたが、これは私たちが見たVivoコンセプトの電話機 MWC 2018では、最初に画面の電源をオンにしたときにはまだ素晴らしいです。

ディスプレイ自体はFull HD +のみであり、ビデオを見ているときにピクセルを調べると目立ちますが、AMOLEDディスプレイなので色が鮮やかです。

広告

携帯電話のデザインには、カーブしたエッジが付いたガラスバックが付いています。これは、手にかなり快適に座っていることを意味します。現在のところ、Gorilla Glassの保護があるかどうかはわかりません。これは大きな電話ですが、それはほぼ6.6インチのディスプレイを持っていると考えると、片手で持ち歩くのはとても簡単です。

199gの重さでは、市場で最も軽いデバイスではありませんが、そのサイズを考えれば、これはあなたがこのような電話機から期待する重量になります。それはまた、電話は防水や防塵ではないことに注意する価値があるので、あなたは水の完全なシンクでこれをドロップしたくないでしょう。

仕様と機能

Vivo Nexの中には、トップクラスのクアルコムSnapdragon 845チップセットがあります。これは、今年の多くの主要デバイスで見られたものと同じです。このVivoデバイスでもうまくいくことを期待しています。

それは8GBのRAMとペアになっているので、実行する必要があります。何時間ものテストで、すぐに読み込まれ、UI全体で動き回るアプリはうんざりしていたので、携帯電話が何を達成できるか期待しています。

ストレージ面では、microSDカードスロットがないことに失望しているかもしれませんが、代わりに同社は標準容量として256GBのストレージを標準搭載しているため、ほとんどのバイヤーは十分なスペース以上を確保する必要があります。

Googleがテストした携帯電話は、中国市場向けの特定のOSを実行しています。つまり、現在Google PlayストアなどのAndroid固有のサービスの多くにアクセスすることはできません。

それが他の国で発表された場合、Vivoはそのリリースのために電話でオペレーティングシステムを再構築することを期待しています。

バッテリーとカメラ

VivoはNexの内部に4,000mAhのセルを選択しましたが、これは大型ですが、電源がオンになったときにいつもこの電話機にどれくらいの電力が供給されているかを考えるとまだ苦労するかもしれません。私たちは、その人生を後でテストすることを確かにするでしょう。

Vivoはこのガラスにガラスを使用しているにもかかわらず、この電話機にワイヤレス充電技術を搭載していませんが、少なくとも急速充電をサポートしています。

カメラに関しては、革新的なセルフアイディアについて、すでに電話の中から出てくることについて話しました。私たちのテストでは、f / 2.0の開口部を備えた8MPセンサーで、セルフサービスの品質は大丈夫でした。

これは、あなたがいくつかの携帯電話から見ることができますそれらの素晴らしいセルフショットを与えることはありませんが、それだけでVivo Nexから来るの新奇さは、より頻繁に前面のカメラを起動することをお勧めします。

このデバイスの背面には、1つの12MPレンズともう1つの5MPレンズを使用するデュアルレンズカメラがあります。12MPレンズはf / 1.8の開口部を有し、5MPセンサはf / 2.4である。これまでのところ、Vivoはそれぞれのセンサーの詳細を共有していませんでした。

Huaweiの製品や他のデバイスのようなカメラのAI機能があります。つまり、特定のオブジェクトを撮影しているときに最も良いと思われるものを撮影するための設定を最適化します。

Vivoには、Snapchatと同様の方法で動作する美容モード、パノラマ、人工知能フィルタなど、他の多くの機能が満載されています。

仕様・ベンチマーク

久々にQualcommのハイエンドチップ”Qualcomm Snapdragon 845 2.8GHz Octa Core” を載せたスマートフォンという事で、少し楽しみでもあったベンチマークを測定していきたいと思います。
Antutuは冷やすこともなく28万点越え、Androbenchで測定した結果、UFSストレージが使用されているのがわかります。NEX S(Ultimate)は標準で8GB RAM、128GB(256GBも発売中)ストレージを搭載するので、今後長く使用できるスマートフォンです。

 

vivo NEX S バッテリー

バッテリーは4000mAhと比較的大容量です。ディスプレイが大きく、高性能で消費電力は少し気になるところですが、1日普通に使用しても持ちます。(節電 / スーパー節電機能あり)

早期の判決

Vivo Nexは革新的な機能を満載したエキサイティングな携帯電話であり、ベゼルレスの携帯電話を手に入れたい人にとってはノッチデザインに代わるものです。

これらの新技術は、今後数年間、世界中の企業によって採用される可能性があります.Vivo Nexができるだけ早く世界中で利用できるようになることを願っています。

 

 

 

Vivo Nex Mobile Phone Snapdragon 845 Octa Core 6.59″ OLED Full Screen Auto-elevated Camera 4000mAh Type-C AI HiFi (8G 128GB red flagship)

新品価格
¥148,100から
(2018/10/29 11:07時点)

SIMフリー Vivo NEX S Dual-SIM【Black 8GB 128GB 香港版 SIMフリー】[中古Aランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:84,800円
(2018/10/29 11:07時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

Xperia XZ Premium(G8142)のレビュー!プレミアムな使用感は??

Xperia XZ Premium(G8142)を購入してから1ヶ月経過したので実機レビューしたいと思います♪

設計

  • ガラス、金属、プラスチック製
  • サイドマウント型の指紋スキャナが便利です

スペック

Xperia XZ Premium(G8142)のスペックですがハイエンドモデルらしいスペックになってます♪

項目 Xperia XZ Premium(G142)
OS Android 7.1.1
CPU Qualcomm製Snapdragon 835
メモリ 4G
容量 64GB
サイズ 高さ×幅×厚さ
156×77×7.9mm
重さ 191g
画面サイズ 5.5インチ
解像度 3840×2146ドット
メインカメラ 約1,900万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,300万画素
バッテリー 3,230mAh
防水・防塵 IP65/IP68

やはりXperia XZ Premium(G8142)は最新のCPUであるQualcomm製Snapdragon 835を採用しているところです♪

ベンチマークアプリ(AnTuTu)でテストした結果
f:id:jin4817:20170730162208j:image

ハイスペックらしいスコアですね♪どんなゲームもサクサクに動きます♪

ソニーの携帯電話は名前でプレミアムかもしれませんが、それほど自然ではありません。Sony Xperia XZ Premiumを設計するときは、その主力ライバルと比較して何かを残すことができます。

Gorilla Glass 5の前後には、少なくとも厳しい保護が施されていますが、携帯電話の側面は目立つようにプラスチックであり、携帯電話を持っているときに感じるこの素材です。

それは、それがそれよりも安価に感じるように、それは残念です – 一ドルを過ごすときにあなたが望まないもの – そしてフラットなフロントとバックは、より湾曲したデバイスの一部としてきれいに手に入れないことを意味します市場で

ガラスは本物の指紋であることがわかりました.Gallaxy S8やJet Black iPhone 7とよく似ています。

ソニーXperia XZプレミアムギャラリー

 

また、XZプレミアムの大きさを156×77×7.9mmにすることで、LG G6やサムスンギャラクシーS8 – ソニーよりも大きなスクリーンを誇る携帯電話に比べて、より大きく、より幅が広がるベゼルが展示されています。

これらのベゼルでは、ステレオのフロントフェイスのスピーカーが使用でき、指でディスプレイを遮らずにゲームやビデオを見ているときに、携帯電話を横向きにしておくことができます。

右手に持っていればハンドセットの右の電源ボタンも親指の下に、また、左手のときは指ですこし下がります。指紋スキャナーをキーに組み込むことで機能が強化され、電話機のロックを解除できますピン、パターンまたはパスワードを入力する必要はありません。

私たちはそれがほとんどの時間をロック解除するのが速かったことを発見しましたが、今はそれを登録しようとするもう一つの試みが必要です。

これまでの指紋読み取りソニーの携帯電話機は米国のモデルのスキャナー技術を落としてしまったため、Xperia XZ Premiumが米国に当たるかどうかは保証されません。

XZプレミアムの上端と下端は金属製で、この仕上げが携帯電話の側面を伸ばしているのが好きだったでしょう。携帯電話のベースにはUSB-Cポートがあり、上にはヘッドフォンジャックがあります.MotololaとAppleが携帯電話からそれを削除したことを恐れている人々を喜ばせます。

Xperia XZプレミアムのもうひとつの肯定的な点は、IP68の埃や耐水性です。つまり、浴槽や雨の中で泳いでも生き残ることができます。深海ダイビングをしないでください。IP保護は、淡水中で最大1mまでの電話保護を提供します。

わずかに失望しているのは、SIMとmicroSDのフラップとトレイです。プラスチック製のインサートは壊れやすいと感じるだけでなく、microSDカード用のスペースもあります。別のSIMトレイ(同じフラップの下にあります)には、携帯電話の側面に爪を掘って、それを試してみる必要があります。

多くの人にとって、これは数回だけ実行する必要がある作業ですが、プラスティック製のフラップは、microSDカードを定期的に交換している人なら耐水性チェーンの弱いリンクを証明するように感じます。

Sony Xperia XZ Premiumは、同社と並んで同じフラッグシップフィニッシュを生み出すわけではなく、OnePlus 3THonor 8など、さらに手頃な価格の携帯電話機は間違いなくスマートな仕上がりになっています。

表示

  • 5.46インチ4K HDRディスプレイ

Sony Xperia XZ Premiumのデザインはそれをはっきりさせないかもしれませんが、そのスクリーンは確かに独自のリーグです。

Xperia Z5プレミアムに続き、XZ Premiumは、ブラビアのテレビ技術でバックアップされた4Kディスプレイを誇るソニーの第2のスマートフォンです。そして、ほとんどの市場で、このような解像度で見つけることができる唯一の携帯電話になります。

これは3840 x 2160の解像度に相当します。これは、5.46インチを超えると807ppiの目立つ画素密度が得られます。それを見て、ギャラクシーS8の美しいInfinityディスプレイは570ppiを管理し、LG G6は564ppiを放棄します。

あなたは別のスマートフォンでより鮮明な画面を見つけることはできませんし、その4Kの前任者とは異なり、実際には常にフル解像度を得ることができます。Z5プレミアムは同じ解像度のビデオを見ているときに完全な4Kのエクスペリエンスを提供しますが、新しいXperia XZプレミアムではホームスクリーンやブラウザからアプリストアやソーシャルメディアのプロファイルまで3840 x 2160です。

設定には、処理能力とバッテリ寿命を節約するためにディスプレイの解像度を下げるオプションはありません。QHDを搭載したGalaxy S8はオプションを提供しています。

しかし、Xperia XZ Premiumでは、バッテリ寿命が好調であったため、いつでも解像度を下げる必要はありませんでした。このレビューでは、それが後でどれくらい持続したかを知ることができます。

スクリーン・パネルはLCD技術を使用して、鮮明で鮮明な画像を表示します。Galaxy S8、Moto Z、OnePlus 3Tに搭載されているAMOLEDディスプレイと全く同じポップはありませんが、Triluminos Displayテクノロジーは標準LCDパネルよりも色を強調します。これは、あなたがまだ色目をしたいスクリーンです。

また、5.7インチのLG G6と5.8インチのサムスンギャラクシーS8が2017年の画面サイズで新境地を切り開いたことで、少し小さくなっているように感じました。

それは、あなたがまだそれらの携帯電話を使用する贅沢を持っていない場合、特にあなたが2歳の携帯電話からアップグレードしている場合は、Xperia XZのプレミアムは十分なスペースを提供していることがわかります。

あなたの携帯電話が4Kの解像度を盛り込んだと言うのは間違いありませんが、実際には、Galaxy S8、LG G6、HTC U11のような優れたQHDディスプレイに比べるとほとんど上回るものはありません。

Xperia XZ Premiumの4Kコンテンツを見てみましょう。これはスマートフォンから得られる最高のビジュアル体験の1つですが、そのコンテンツを見つけることは容易ではなく、実際に利用可能なものはほとんどありません。

ソニーは、XKプレミアムは将来的に証明されると主張します.4Kのコンテンツは可用性が増すだけですが、これは本当にこの画面サイズのQHDで十分です。

インタフェースと信頼性

  • よりクリーンなAndroidのオーバーレイは使いやすい
  • あらかじめインストールされているアプリの数は不必要です

Sonyは過去1年ほどAndroidのオーバーレイを整理しています。つまり、Sony Xperia XZ Premiumを使用してよりクリーンで画面のぼやけた体験を得ることができます。

ソニーの皮膜の下には、日本の会社Android 7 Nougatソフトウェアを置き換えるためのアップデート開始した後、Googleの最新のモバイルオペレーティングシステムであるAndroid 8.0 Oreoが登場しました。

Android 8ソフトウェアは、Xperia XZ PremiumにSonyの巧妙な3Dスキャンアプリケーションやカメラアプリの新しい自動笑顔検出モードなどの新機能を追加し、笑顔を見逃さないようにします。

これらはXperia XZ1XZ1 Compactで開始された機能であり、旧式ではあるが高機能のデバイスに後付けされていることを確認するのは素晴らしいことです。

このレビューでは、Xperia XZ PremiumのAndroid 8アップデートの詳細を徹底的に使用していきます。

しかし、ほとんどの場合、他のAndroid搭載端末から誰かに移行するのはいつものようにビジネスです。

iPhoneからの切り替えを検討している場合でも、AndroidとiOSは長年類似しているため、Xperia XZ Premiumを選択すると、学習曲線はそれほど大きくはありません。

ソニーが習慣を逃れていないものは、携帯電話にいくつかのアプリをプリインストールしている。Xperia XZ Premiumは、Googleのスイートと一緒に標準的な電話ベースのアプリケーションを持っていますが、日本の企業はこれらに少なくとも10を追加します。

電子メール、音楽、アルバム、ビデオは基本的にGmail、Playミュージック、写真、Playムービー&TVの中核機能を複製するだけで、フィットネストラッキングのLivelogやビデオ編集ムービークリエーターなど、便利なものもあります。

ソニーのWhat’s NewやXperia Loungeのアプリがあり、コンテンツ、ダウンロード、アプリ、ゲーム、さらには競技やニュースが盛りだくさんです。

プラスの面では、これらのアプリを使用しないことに決めた場合、ほとんどのアプリを無効にすることができます。アプリを長押ししてアイコンの隣に表示される小さな ‘x’をタップすると、アプリが表示されなくなります。

我々は、XZ Premiumが指の下で信頼できることを発見し、マルチタスキングパネルのすべてのアプリケーションを閉じて再オープンすることによって修正された奇数の画面回転の問題を取り除いた。

音楽、映画、ゲーム

  • 4Kの映像は見つけにくいですが、見た目が魅力的です
  • ゲームは印象的です
  • 素晴らしいオーディオエクスペリエンス

4K HDRディスプレイと高解像度オーディオのサポートを備えたSony Xperia XZ Premiumは、深刻なマルチメディアマシンです。

4K HDRビデオコンテンツにアクセスできる場合は、Xperia XZ Premiumに深刻な影響を与えます。私たちはいくつかのビデオを見て、ディスプレイの明瞭さによって吹かれました。

画面上の人々は、スマートフォンのディスプレイではなくウィンドウを見ているかのように、ガラスの反対側に座っているように見えます。これはすばらしい視聴体験であり、本当に信じられなければならないものです。

事は、それが正確には分かりません。これは、Xperia XZ Premiumが4K HDRビデオを見つけることを特に容易にしないためです。

初めて携帯電話を起動したときに、携帯電話のコルク表示を見せてくれるビデオを搭載したアプリやストアに向かうことを期待しました。

しかし、セットアップウィザードを過ぎても明白な兆候は見られなかったので、Playムービー&TV、Xperiaラウンジ、新着情報、ビデオ、YouTubeなど、Googleやソニーのアプリケーションにプレインストールされました。私たちにいくつかの助けを与える

新機能は基本的にアプリ、テーマ、壁紙のための単純なアプリストアとダウンロードセンターです。

ビデオアプリは潜在的に最も混乱していました。家庭で使用したケーブルテレビサービスを選択し、完全な番組ガイドを表示することができましたが、わかりやすい4Kコンテンツへのリンクはありませんでした。

Google Playムービー&TVは、携帯端末用の4K HDRフッテージを提供していないため、役に立たない。

Amazon Prime Videoが4KのHDRコンテンツを提供しているという事実を広告するバナーを付けて、Xperia Loungeに運がありました。

まずアンダーグラウンドと呼ばれるAmazonのサードパーティ製アプリケーションストアをダウンロードしてから、Prime Videoアプリをダウンロードする必要があります。また、Amazonのアプリのダウンロードを試みる前に、電話のセキュリティ設定に潜り込んで、「Unknown Sources」からのアプリのダウンロードを許可する必要があります。

それは少し面倒だと感じています。あなたがちょうどあきらめたら、あなたが4Kのビデオのために絶望的でなければ私たちはあなたを責めません。

Netflixは過度に役立たず、XZ Premiumの生涯の最初の数か月は、携帯電話でのHDR再生をサポートしていませんでした。ありがたいことに今は(2017年8月から)、その独自のHDRアクションをソニーの画面にもたらしています。

しかし、最終的にはプライムビデオに入ると、アプリはグランドツアーとレッドオークスを含む4K(UHD)とHDRプログラムのホームページに専用のセクションを持っています。選択肢はまだ限られていますが、今後数ヶ月でさらに多くの希望が追加される予定です。

真剣に堅牢なWi-Fiまたは4G接続が必要になるため、4Kでストリーミングすることはできません。フル解像度でストリーミングするには、いつでも十分な帯域幅を得ることができませんでした。つまり、ダウンロードに頼る必要があります。

4Kの1時間のテレビ番組では、1つのエピソードにつき7GBのストレージしか使用しないため、Grand Tourのフルシーズンを望む場合は、91GBの空き容量が必要です。

Xperia XZ Premiumには64GBが内蔵されており(うち50GB未満が利用可能です)、多くのダウンロードを予定している場合は、microSDカードが必要です。

無料の4Kアクションを気に入ったら、いつでもYouTubeに向かうことができます。ここには4K HDR映像が豊富に用意されています。素晴らしいと言われていますが、映画やテレビ番組ではありません。

ソニーは、4K HDRコンテンツをユーザーがより簡単に利用できるようにすることが賢明です。そうでなければ、Xperia XZ Premiumで賞賛される優れたディスプレイを利用する人はほとんどいませ。

ありがたいことに、ゲームははるかに直接的な事である。Snapdragon 835チップセットと4GBのRAMにより、Xperia XZ Premiumは、あなたが投げたものを最大限に処理できるようになります。

ディスプレイの上下にある追加のベゼルは、風景モードのときに電話を保持するためのウェルカムルームを提供します。できるだけ多くの手をディスプレイの外に出て、行動の仕方を保つのに最適です。

正面に向いているステレオスピーカーは、あなたの手のひらの中にではなく、あなたの方に向けてオーディオを発射する、もう1つのプラス点です。

これらのスピーカーは、あなたが音楽を聴きたいときにも役立ちます。ソニーXperia XZ Premiumは、音質が最高ではないにもかかわらず、ルームフィルのオーディオを蹴飛ばしています。

ヘッドホンのセットを差し込むと、プラグインしたヘッドホンのタイプに合うように音の出力を調整する、オーディオの強化技術と自動ヘッドホンの最適化のおかげで、XZ Premiumは優れています。

ソニーはBluetooth経由でオーディオ出力を強化しているので、ワイヤレスヘッドフォンやスピーカーのファンにも良いニュースがあります。

ヘッドフォンのセットを3.5mmジャックに差し込むと、有線接続で得られるのと同じ高解像度品質ではありませんが、一般的な標準よりも改善されています。

Sony Xperia XZ Premiumは、有線とワイヤレスの両方のヘッドホンで優れたオーディオ体験を提供します。もしあなたが大きな音楽ファンなら、この電話をチェックアウトしたいでしょう。

パフォーマンス

  • 遅れのない高速で流体作動
  • アプリケーションはすばやく開き、マルチタスクは簡単です

我々がすでに示唆したように、Sony Xperia XZ Premiumのパフォーマンスは優れています。Snapdragon 835チップと4GBのRAMコンボは、サムスンギャラクシーS8とLG G6とが完全にマッチしています。

Xee PremiumでGeekbench 4アプリを実行し、平均6,424のマルチコアスコアを達成しました。それは優れた結果であり、サムソンギャラクシーS8に近く、Huawei P10の 6,630と5,888 を平均して上回っています。

それはあなたのためにどういう意味ですか?まあ、アプリは素早くロードされ、Androidはスムーズに動作し、Xperia XZ Premiumは複数のアプリを同時にうまく実行し、簡単にそれらの間を飛び越えることができます。

 

バッテリー寿命

  • 1回の請求から1日の使用を簡単に取得できます
  • クイックチャージサポートと省電力モード

Sony Xperia XZ Premiumには、厚さ7.9mmの本体の中に3,230mAhの取り外し不可能なバッテリーが入っています。

それは最も寛大な提供ではない – たとえば、LG G6は、3,600mAhのユニットを誇っている – しかし、それはサムスンギャラクシーS8の3000mAhのパワーパックよりも大きいので、それは遅れていない。

しかし、バッテリーのサイズはすべてではなく、最終的なものではありません。重要なことについては良いニュースです。XZプレミアムは、1回の充電で1日も快適に過ごしました。適度な使用量の後、15%から20%の間で定期的に寝ます。

普通の日はどのように見えますか?Spotifyのストリーミング、テレビ番組の約40分、複数の電話、メッセージ、ソーシャルメディアのアクション、電子メールとウェブブラウジングの瞬間、そしてゲームの1〜2時間です。

私たちは一般的にXperia XZ Premiumを毎日午前6時30分ごろに持ち帰り、通常は午後11時から深夜12時の間に戻しました。

ゲームやビデオの使用を抑えれば、タンクに20%以上残ったまま寝ることができます。これは、現代の旗艦電話のための素晴らしいパフォーマンスです。

毎晩XZプレミアムを充電する必要があるという事実から逃れることはできませんが、電源に到達する前にバッテリーがなくなるというパニックを経験したことはありません。

Sony Xperia XZ Premiumバッテリーの弱点は90分のフルHDビデオテストで、最大の明るさを実現し、さまざまなアカウントをWi-Fi経由でバックグラウンドで同期させました。

1時間半のビデオ再生が終わった後、XZ Premiumはバッテリーの32%を失いました。パワーが欲しい4Kディスプレイが原因で疑いの余地はありません。

あなたが電話で4KのHDR映画を見るために落ち着いているなら、近くに電源があることを確認したいでしょう。

いつも自分が安いところにいる時があります。感謝してXZプレミアムには、あなたのお手伝いをしてくれる数少ないトリックがあります。

まず、クイックチャージ3.0をサポートしています。これは、標準の充電器よりも4倍の速さでバッテリを補充します。そのため、夜間にドアを出ようとしている場合や、通勤時間が長い場合は、うまくいった。

クイックチャージを有効にするには、クイックチャージ3.0対応充電ブロックが必要です。あなたが家から遠く離れた場所でスピーディなトップアップをしたいのであれば、それを取ることを忘れないでください。

これは、充電器の近くにいる場合に便利ですが、Xperia XZ Premiumには、残りの充電量を最大限に活用するための2つの省電力モードがあります。

スタミナモードは、バックグラウンドデータや画面の明るさを低下させたり、一部の機能を無効にしたりすることで、バッテリ寿命を延ばします。バッテリーがデフォルトで15%に達するとアクティブになるように設定されていますが、早めにバッテリーを有効にする場合は手動でオーバーライドできます。

また、あなたが本当に苦労している場合は、スマートフォンをフィーチャーフォンに変えることができるUltra Stamina Modeを呼び出すことができます。これにより、あなたは9つのコアアプリになり、最後の数パーセントから多くの時間を逃すことができます。

それは極端な選択肢です。私たちは電話をかけ続ける必要があり、充電器に出られないようにする必要がある場合にのみ採用していますが、念のために使うのはいい選択です。

カメラ

  • 真剣に印象的なスローモーションカメラ
  • 固体の後部カメラは多くの細部をキャプチャする

Sony Xperia XZ Premiumは優れたカメラを持っています。それは、HDR、顔検出、EIS(電子画像安定化)、予測位相検出、およびレーザーオートフォーカスを特徴とする19MPソニー製後部センサーを備えています。

要するに、それは十分に装備されています – それは本当のパーティーピースに到達する前です:驚異的な960fpsで映像をキャプチャすることができる超スローモーション提供。これと比較して、iPhone 7(および7 Plus)とSamsung Galaxy S8(およびS8 Plus)のスローモーションモードは240fpsで記録されます。

つまり、XZプレミアムはさらに低速の映像を提供し、スローモーションで適切な瞬間を捉えることができれば、結果は真剣に印象的です。結果を見るには、下のビデオをご覧ください。

選択する3つの異なるスローモーションモードがあります。エントリーレベルのスローモーションオプションはわずか120fpsで記録しますが、ビデオの録画後にスローモーションエフェクトを適用するという追加の利点があります。

これは、撮影後すぐにタイミングを取得することなく、撮影後にスローダウンしたい正確な瞬間を特定できることを意味します。

スーパースロー(ワンショット)とスーパースローモーションの他の2つのモードでは、録画中に960fpsの断片をキャプチャする必要があります。後でビデオのスローモーションセクションを編集することはできません。

スーパースロー(ワンショット)は、シャッターキーを1回タップするだけで、XZプレミアムは960fpsで5秒間のクリップをキャプチャするので、操作は簡単です。これは、クリップのどちらの側にも通常の速度のビデオを取得しないことを意味しますが、スローモーションの結果がより良くなる可能性があります。

スーパースローモーションモードはフルパッケージです。それを選択してヒットレコードを録画すれば、720pで撮影されますが、余分なボタンが画面に表示されます – 録画中にこのボタンをタップすると、XZプレミアムは直ちにすばやくスローモーションクリップを取得します通常速録音を再開します。

スーパースローモーションモードでは、適切なタイミングをとるのが難しい場合がありますので、ワンショットオプションをお勧めします。

スローモーション映像は720pで記録されるため、特に明かりが弱い屋内や屋外では、結果が一般的に粗いです。外に出て、良い光の中でSony Xperia XZ Premiumは、市場に出ているスマートフォンのスローモーション映像を最高に生み出します。

スローモーションから離れてカメラ自体に戻ると、ソニーのデフォルトのインテリジェントオートモードのままにしておくと、ほとんどのシナリオでうまくいく素晴らしいスマートフォンスナッパーが得られます。

これは、あなたが入っている照明環境に適応し、露出の良いショットを提供します。レーザーオートフォーカスにより、詳細が高く、ぼかしが最小限に抑えられます。

移動するオブジェクトも、ソニーの予測位相検出によって容易に処理されます。これは、常に焦点が合っているかどうかをターゲットに追従させることができます。私たちはこれを猫で試してみました.XZプレミアムは、庭を探索しながらペースを保つことができました。

ソニーはハイエンドの携帯電話に専用の物理カメラボタンを装備している数少ないメーカーの1つです.XZプレミアムの2段階キーでは、ボタンを半押しして完全にフォーカスを合わせることができますそれを押して画像をスナップする。

Xperia XZプレミアムの大きなサイズは、片手で使用すると画面上のシャッターキーを巧妙に叩くので、簡単に取り込むことができ、写真を簡単に撮ることができます。また、シャッターキーを押したままにして、カメラアプリを起動することもできます。

あなたのイメージをより細かく制御したい場合、Sony Xperia XZ Premiumは手動モードを提供し、焦点、露出、ホワイトバランス、シャッタースピードを微調整することができます。

フォーカスコントロールは、特に便利で使いやすく、ディスプレイの側面にある単純なスライダを使用することで、フォーカスが前景か背景かにかかわらず、ピントを合わせることができます。

もっと楽しいものをお探しの方には、カメラアプリのセクションに移動してください。ここでは、火山や恐竜などのシナリオをあなたの周囲にオーバーレイするSonyのzanier AR Effectと並んで、より静かな4Kビデオ録画とパノラマオプションがあります。ちょっとばかだけど、遊ぶのは楽しいです。

Sony Xperia XZ Premiumカメラが生成する画像は素晴らしいですし、ソニーはここでの後処理を改良し、以前の機器での撮影を妨げていました。

サムスンギャラクシーS8で撮影されたものと同じポップが欠落していることがわかりましたが、ポイントアンドシュートのタスクに関しては、XZプレミアムの端をつかんでいます。

しかし、カメラでソニーで時間を過ごし、スーパースローモーションモードでスキルを磨くと、Xperia XZ Premiumが写真部門で提供するものを大いに楽しむことができます。

カメラのサンプル

イメージ1/9

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

 

 

Sony Xperia XZ Premium G8142 (Dual 64GB) – Deepsea Black (並行輸入品)

新品価格
¥50,840から
(2018/10/24 11:36時点)

SIMフリー Sony Xperia XZ Premium Dual G8142 [Deepsea Black 64GB 海外版 SIMフリー][中古Bランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:40,800円
(2018/10/24 11:38時点)
感想(0件)

ヤフオクで購入したい方はこちらから!!

Xperia XZ1 Compact 使用レビュー!詳しいスペックや使用感について!

Sony Mobile の 2017 年モデルの中でハイスペックながらも非常にコンパクトな「Xperia XZ1 Compact」のレビューをお送りします。

Xperia XZ1 Compact は 4.6 インチの小さなディスプレイを備えたコンパクトサイズの筐体に、Xperia XZ1 に匹敵するスペックを備えたモンスターマシンです。同時に発売された Xperia XZ1 と多くのハードウェアを共有していますが、解像度、ROM 容量、バッテリー容量は下げられており、その分、価格も安くなっています。

Xperia XZ1 Compact(G8441)のスペック

項目 スペック
OS Android 8.0
SoC Snapdragon 835
メモリ 4GB
保存容量 32GB
SDスロット 搭載
最大256GB
液晶 4.6型
(1280×720)
背面カメラ 1920万画素
前面カメラ 800万画素
広角レンズ
対応バンド LTE
1/2/3/4/5/7/8/12
13/17/19/20/25/26
28/29/32/66/38/39
40/413G
1/2/5/6/8/9/19
Simサイズ NanoSIM×1
DSDS
Bluetooth Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,
2.4 GHz & 5 GHz
センサー GPS
加速度センサ、電子コンパス
光センサ、磁気センサ
近接センサ、ジャイロスコープ
指紋センサー、RGBセンサ
VoLTE
CA
防水・防塵 防水(IPX5/8)
防塵(IP6X)
おサイフ機能
ドコモ版は○
バッテリー 2700mAh
USB-C
QC3.0対応
サイズ 約129㎜×約65㎜×約9.3
(最厚部 約9.5mm)
重量 143g
カラー ブラック
シルバー
ブルー
ピンク

SoCにQualcommの最新フラッグシップモデルであるSnapdragon 835、メモリは大容量な4GB、画面解像度は1280×720で画素密度は319.262ppiとなっており小型でありながら人の網膜では識別できる300ppiを超えているので高精細です。

基本動作に関わるSoC、メモリ、解像度のバランスは非常に良く、2017年11月現在では最新鋭の性能でスペック不足で困る事は皆無と言っていいでしょう。

デザインと表示

  • スモールフォームファクタは、巨大な画面を持つデバイスを必要としない人に最適です
  • ここ数年の典型的なソニーの設計が、後部にプラスチックを使用
  • 4.6インチの720pディスプレイは鮮明で明るく、紙よりもはるかに優れています

XZ1のように、Sony Xperia XZ1 Compactは、その前身に比べてデザイン面で若干の揺れを受けています。それはまだ大きな旗艦よりもボクサーですが、そのエッジはわずかに丸くなっていて、より人間工学的な感じがします。

Xperia XZ1 Compact

フルサイズのXZ1と比較すると、この電話機をコンパクトなフォームファクターに詰め込む過程でいくつかの妥協がなされていることが予想されるかもしれません。しかし、129 x 64 x 9.3mmで来るその寸法以外に、ここではそれほど多くはないことが正直に分かります。それは良いことです。

不器用なデザインは人々を傷つけるかもしれませんが、XZ1 Compactについてはかなり愛用しています。ほとんどの魅力的な外観は魅力的です。ほとんどのメインストリームメーカーが大画面のプレミアム電話だけを作っている場合は、より小さな選択肢があるのは良いことです。

携帯電話の本体はプラスチックですが、安価な意味では「プラスチック」ではありません。携帯電話のようなローエンドの携帯電話のようには感じられません。

ユニボディーはガラス繊維製のプラスチック製で、強力で軽量でありながら、携帯電話に心地よい感触と仕上がりを与えます。あなたは本当にこれが金属ではないことを知らないでしょう。あなたの手にそれを持っているときに頑丈に感じるからです。

装置の上部と下部には金属製の蓋があり、前面にはGorilla Glassが保護されています。小さいデザインのおかげで、この携帯電話は特に重いとは思わない140g。

あなたはあなたの人にこの電話を持っていればほとんど目につきませんが、現代の多くのスマートフォンではジーンズのポケットに入れることができます。XZ1 CompactはIP65 / 68の定格を持っているため、スマートフォンの防塵および防水性を維持するというソニーの習慣がここでも続く。つまり、水中ダンクでも生き残ることさえできる。

私たちはこの電話をタップの下で走らせました。それは経験から生き残りました。つまり、誤ってバスタブの中に入った場合、またはあなたがシャワーを浴びている間にトイレに入れた場合、あなたの電話は大丈夫です。

Xperia XZ1よりも少し小さいにもかかわらず、XZ1 Compactはその電話のボタンとポートレイアウトを保持しています。ボリュームロッカーは電話機の右側にあり、これはちょっと小さすぎる – それは隣接する電源ボタンと同じ大きさなので、音量を変更するのではなく電話機を誤ってロックしていた。

電源ボタン自体は、本体に並んでいます。米国にいない限り、指紋スキャナーが内蔵されています。この機能はすぐに動作することがわかりました。あなたの手に届くのは簡単です。

あなたが米国にいるのでなければ、それに注意してください。ソニーは、米国市場向けの電源キーから指紋センサーをもう一回省略し、セキュリティオプションをPINやパターンに制限しています。まさにソニーがこれを選択した理由は不明です。

色は、ブラック、スノーシルバー、ホライゾンブルー、トワイライトピンクのいずれかを選択できます。Horizo​​n Blueのオプションをテストしました。これは、使用している他の「ブルー」の携帯電話に比べて非常に特徴的な色です。

XZ1 Compactの4.6インチディスプレイは、720pのHD解像度を誇っています。これはSonyのコンパクトラインの標準であり、主な競合相手であるiPhone SEとの快適な位置付けです。それはいくつかを失望させるかもしれませんが、我々はより高解像度のパネルを欠場することはありませんでした。

これは明るいディスプレイで、カラフルです。ソニーがFull HDパネルを選択した場合、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることなく、バッテリ寿命に悪影響を与えた可能性があります。

あなたがゲームをたくさんして、あなたの携帯電話で多くのビデオを見たいのであれば、この小さなパネルは小さすぎるかもしれませんが、画面のサイズが気に入っています。片手。

 

電池

  • 2,700mAhのセルを備えたより大きなXperia XZ1と同じサイズのバッテリー
  • 我々はそれが集中的な使用の一日続くことがわかった
  • 急速充電技術は印象的ですが、ワイヤレス充電はありません

Sony Xperia XZ1 Compactの2,700mAhバッテリーは紙にはあまり響きませんが、携帯電話の小型4.6インチディスプレイとSnapdragon 835チップセットとAndroid Oreoソフトウェアの電力効率の向上により、スタミナは魅力的です。

これはXperia XZ1と同じセルですが、ここでは720pディスプレイに電力を供給しているだけで、大型電話よりもはるかに優れた性能を発揮します

私たちのテストの間、私たちは一日の終わりになる前にバッテリーが私たちの上で死ぬことはありませんでした。大規模な使用であっても、1日も終わるとわかりましたが、夜間にプラグを差し込むと、タンクにはまだ10%程度残っています。

驚異的なバッテリー寿命であり、Moto E4 Plusの2日間の高さに当たっていない瞬間、数多くのトップエンドのAndroid搭載携帯電話と比較すると、内部には重く蓄えられていないバッテリーもありません。

最高の画面輝度で90分のビデオを再生し、Wi-Fiでバックグラウンドで同期をとるという、当社の標準バッテリテストでXperia XZ1 Compactを使用すると、83%にまで低下しました。

Xperia XZ1 Compactにワイヤレス充電機能を搭載していないにも関わらず、ソニーはワイヤレス充電機能を搭載していないにもかかわらず、ソニーは同じことを決断しなかったことは恥ずかしいものだ。

最新の携帯電話ではワイヤレス充電がますます一般的になっているので、ソニーがここに含めることは賢明な動きでした。

少なくともXperia XZ1 Compactで提供される急速充電技術があります。これは、30分ほどで携帯電話がゼロから50%までポンプアップされることを意味します。私たちはこれが広告されたように機能することを発見し、USB-C techへの移行はソニーの大きな動きです。

カメラ

  • Xperia XZ Premiumに搭載されたslow-mo機能搭載の19MPリアセンサーを使用
  • 広角レンズを備えた8MPの正面カメラ、それは人がいっぱいのセルフサービスに最適です

XZ1 Compactは、より大きなXperia XZ1とXperia XZ Premiumと同じ19MPリアカメラを誇っています。

つまり、1秒間に960フレームのスローモーションビデオを記録できるセンサーが搭載されています。この機能は、これまでのカメラのハイライトであり、再生するには非常に余分な小さな機能です。

私たちはすばらしいスローモーションショットを手に入れました。あなたはiPhoneやSamsung Galaxy Note 8で撮影できるものに勝利しました。つまり、この機能には非常に限られたユースケースがあります。

Predictive Cameraというモードもあり、カメラのシャッターを押す前に3枚の画像をバーストし、笑顔検出技術でこれを行います。わずかに振ればぼんやりとしたショットが得られるはずですが、これもソニーの高速オートフォーカス技術のおかげです。

毎日のカメラ使用の面では、19MPセンサが印象的な写真を撮るが、低照度の写真撮影では苦労することがわかった。あなたが夜に撮影している場合、写真はかなりざらつくことがあります。

良い光で撮影された風景は、このような強力なカメラから期待していたほど印象的ではありませんが、見栄えが良くなりました。

XZ1コンパクトには8MPの正面向きのスナッパーもあります。ソニーはこの電話をソーシャルメディア/セルフジェネレーションで非常に目指しており、フロントフェイスカメラはその魅力の重要な要素です。

それは、私たちの目のそれに似ている120度の視界を与え、ショットの中に、あなたの仲間、またはあなたの後ろの美しい眺めの多くを詰めることを可能にするスーパーワイドモードを提供します。

私たちは、このモードを頻繁に使用していました。自分のセルフスタイルに異なるスタイルを与えてくれましたが、仲間を撃ったり印象的な風景の前にいると本当に役に立ちます。

このワイドアングルと、より典型的な80度のオプションを切り替えることができます。これは、近接するInstagramの穴とSnapchatストーリーに最適です。

フロントカメラはビデオ録画も提供しています。薄暗いバーでは、ディスプレイのフラッシュを利用することができます。シャッターキーを押すと、スマートフォンの画面が明るく白くなり、セルフがぼやけていないことを確認できます、暗い混乱。

カメラのサンプル

このショットの色は、実生活のように大胆に見えます

他に何か知っておくべきことは?

  • クアルコムSnapdragon 835と4GBのRAMを搭載したトップパフォーマンス
  • 限られたストレージで32GBモデルのみ販売中
  • Android Oreoをすぐに購入できる最初の携帯電話の1つ

それは小さいかもしれませんが、Sony Xperia XZ1 Compactは強力で、Snapdragon 835チップと4GBのRAMを搭載しています。これらのスペックは、電話にすぐに将来的な証明を与えるものです。

私たちはGeekbench 4を通して電話を走り、ゲームやマルチタスキングのような日常的なパフォーマンスと集中的な使用に反映された6,500という印象的なスコアを出しました。

XZ1 CompactはSony Xperia XZ1ほど強力ではなく、ベンチマークの面ではOnePlus 5やHonor 9よりもわずかに低いですが、これはまだ市場で最も強力な携帯電話の1つです。そのパフォーマンスには失望していません。

内部には32GBのストレージもありますが、最近では特に寛大ではありません。これをmicroSDカードで拡張することもできますが、Xperia XZ1のようにソニーが標準で64GBのストレージを提供していれば、それはncieだったでしょう。

Xperia XZ1 Compactは、Android Oreoをオンボードで搭載しています。新しいソフトウェアで利用できる最初の携帯電話の1つです。ソニー独自のUIが一番上にあり、ここではAndroidの最新バージョンを使用することは素晴らしいことです。

うまくいけば、これはソニーがAndroidの後続バージョンでも最新の状態に保つことを熱望していることを示していることを念頭に置いてください。

UI自体は若干古いものに見えるかもしれませんが、過去に見たSonyの携帯電話よりもはるかに改善されています。PlayStationやWhat’s Newアプリなど、不要なソニーソフトウェアがいくつか含まれていますが、デバイスの空き容量を確保したい場合は削除できます。

Xperia XZ1 Compactには、より大きな兄弟のように、Sonyの新しい3D Creatorアプリケーションが付属しています。これにより、顔、頭、食べ​​物、およびランダムなオブジェクトを携帯電話で3Dスキャンして保存したり、あなたの作品を3Dプリントすることさえできます。

それはプロセスのハングアップを取得するためにしばらく時間がかかりますが、一度作ったと一緒に遊ぶための楽しいツールです。下に、Xperia XZ1の機能を試してみることができます。

あなたの友人の顔を地図にして、似ているものを愚かな動画に入れて、GIFまたはMP4として友人に送ることができるということもあります。これらのスキャンではあまり多くのことを行うことはできませんが、もう1つの面白い機能です。

ソニーがいつかプレイステーション4にもたらす機能だと願っています。たとえば、あなたのキャラクターにあなたの顔を使ってゲームをプレイできるようにすることです。

Sony Xperia XZ1 Compactは、XZ Premiumと同様、Hi-Resオーディオをサポートしており、ヘッドフォンのセットでMP3トラックをアップスケールすることも可能です。

このようなヘアーホンを電話機で使用すると、他の端末と比較して音質に大きな違いがあります。

また、電話機の前面にデュアル発射スピーカーがあり、音楽を聴いたり、携帯電話でビデオを見たりしているときに優れたオーディオパフォーマンスを発揮します。オーディオの品質が重要な機能である場合、これがXperia XZ1 Compactを購入するもう一つの理由です。

 

 

Sony Xperia XZ1 Compact G8441 (32GB) – Black ブラック SIMフリー【並行輸入品】

新品価格
¥39,800から
(2018/10/23 10:51時点)

SIMフリー 未使用 Sony Xperia XZ1 Compact G8441[White Silver 32GB 海外版 SIMフリー]【当社6ヶ月保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:48,800円
(2018/10/23 10:52時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちらから!!

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー!お手頃の価格と使いやすいデザイン性

 

 

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Go」。実機を簡易レビュー!10点タッチ式の大画面液晶・着脱可能な3010mAh大容量電池・「美人」自撮りカメラなど魅力満載

主な仕様

ASUS ZenFone Goの主な仕様を同じASUSの2機種とともにまとめました。

ZenFoneシリーズの5.5インチのラインナップの中では一番軽量で、価格が安いです。本体カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色から選べます。

本体背面。音量ボタンがあります
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

上部に電源ボタンとイヤフォンジャック。
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

USB充電口は本体下部です
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

正面。5.5インチと本体は大きめですが背面がカーブが掛かっていて手に馴染みやすい設計になってます。

 

動作は予想以上に軽快。ZenUI等もMax同様細部が詰められて使い勝手が向上した印象。

これはまだ初日なので確信があるわけでは無いのですが、Maxを使い始めた時と同じ印象を受けました。例えばバッテリー管理、省電力など。今回のGoも日本の4G/LTEに対応させる等々独自仕様になっていますが、UI部分も細かい部分が見直されているのではないか、と思います。

Maxでは設定項目の「スクリーンショット」が増え、スクリーンショット音のONとOFFの切り替えが出来ました。

今回のGoでは同様に「スクリーンショット」の項目はありますが、中に音のONとOFFの切り替えはありません。ただ、前回ZenBlogさんに教えて頂いたのですが、最近は音量を0にすれば勝手に音もなくなるそう。

今回も音量を0(バイブのみ)の状態にしておけばスクリーンショット音はしません。ということは、Maxで敢えてONとOFFを作ったのは、何だったのか少々気になるところではあります。

「ZenFone Go」の液晶は10点マルチタッチ式!

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

「ZenFone Go」の液晶画面はは10点マルチタッチ対応

次にAnTuTuベンチマークアプリのマルチタッチテストで液晶をテストしてみました。

すると、「ZenFone Go」では同時に10本の指を感知し、「10点マルチタッチ式」のタッチパネルを使用していることが分かりました。

アンダー2万円のスマホでは「5点」や「2点」などタッチパネルのコストを削減しているスマホも多いので、これは嬉しいポイントです。

「ZenFone Go」のベンチマークスコアは?

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

AnTuTuベンチマークアプリによる「ZenFone Go」のスコア

最後に気になるのが「ZenFone Go」の端末性能。

性能を点数化する「AnTuTuベンチマークアプリ」でテストしたところ、結果は「19561点」とあまり芳しくはありませんでした。

ただ、実機の操作感はサクサクしていて悪くないので、LINEやネットをするくらいの使用目的であれば十分に使えるスマホだと思います。

 

バッテリー駆動時間のチェック

ZenFone Goのバッテリ―駆動時間をチェックしました。

なお、バッテリー容量は約3010mAh(メーカー公表値)です。

「バッテリーHD」によるバッテリー駆動時間の目安は次の通りでした。駆動時間は普通です。

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
アプリ「バッテリーHD」による駆動時間の目安

 

100%充電後にスリープ状態で放置し、約20時間経過後のバッテリー残量は96%でした。スリープ時の消費電力はやや少なめです。

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
スリープ時のバッテリー消費をBattery Mixで計測

5.5インチの大きさに抵抗がなければ初めてのSIMフリーにピッタリかも

3Dのベンチマークスコアが結構低いのと液晶画質がHD止まりなのがが気になりました。大画面を活かせる場面と言ったらゲーム系や動画視聴なんかになると私は思うのですが。

とは言え普通に使う分には全く問題ありません。ネックになりそうなサイズ感も5.5インチの大画面スマホにしては持ちやすいです。カーブデザインが功を奏してるのかな。

LTEの対応周波数も守備範囲が広く、海外向けの周波数も多く対応してるので旅行とかで使うのに重宝しそう。もちろん国内も優秀。これで2万円台で買えるのであれば文句無し。

ZenfoneシリーズはSIMフリースマホの大本命と言われ続けていますが今回のZenfone Goもその期待を裏切らない出来です。機能的にも価格的にも初めてのSIMフリースマホとしてオススメできます。

 

 

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ホワイト ZB551KL-WH16

新品価格
¥14,500から
(2018/10/21 18:57時点)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go レッド ZB551KL-RD16

中古価格
¥11,300から
(2018/10/21 18:57時点)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ピンク ZB551KL-PK16

新品価格
¥16,980から
(2018/10/21 18:58時点)

音楽好き必見!『marshall london』スマホ!!

 

marshall london
ギターアンプの老舗Marshall が、AndroidスマートフォンLONDONを発表しました。Marshall HeadphonesブランドでBluetoothスピーカーやヘッドフォンを展開するZound Industriesが、「音楽のためのスマホ」として開発した製品です。Marshallといえばロックンロール。スマホ市場進出は意外ですが、LONDONはデュアルスピーカーやステレオマイク、2つのヘッドフォンポートなど、音楽ファンにはたまらないこだわりの設計が特徴です。

モバイルマーケットでコピーキャットにぶつかるのが普通の人は、Marshall Londonがすごく爽やかであると感じるでしょう。この電話は、マーシャルが最初から作り出したものであり、間違いなく同社の象徴的な外観の多くを占めています。初心者向けには、ロゴは4.7型ディスプレイの真下にあり、前面に向いた2つのスピーカーの上にあります。また、電話の前面全体を輪郭を描くユニークな白線もあります。

marshall london

側面に移動することで、ゴム引きした素材を感じることができます。マーシャルは、アンプやスピーカーでの使用が有名です。あなたの中には、非金属材料が好きではない人もいるかもしれませんが、私はこれが電話機の大きなグリップを提供すると言います。右側には、身体の上部の電源ボタンがあり、そのすぐ下にボリュームローラー(はい、ローラー)があります。このアナログスタイルコントロールは、さらに機能させるために押しても可能です。
marshall london

私たちはマーシャル・ロンドンについての魅惑的な部分を見ているのが最上位です。これには2つのオーディオジャックがあり、リスニングとレコーディングの両方に使用できます。同社の公式音楽アプリを起動するために使用できる円​​形のマーシャルボタンもあります。
marshall london

後ろに移動するにつれて、そのゴム材料の多くを見つけることができます。しかし興味深いのは、この業界が進化するにつれて死ぬほどの品種になっている、ここには取り外し可能なバックが実際にあるということです。バッキングの下には、取り外し可能なバッテリーとともに、microSDカードスロットとnanoSIMカードトレイがあります。しかし、これを入手して、バッテリーは文字通り “Long Live Rock&Roll”を書いています。あなたが私に尋ねるならば、すごく凄い!
marshall london

全体として、このデバイスがどのようにユニークに設計されているかを本当に楽しんだと言わざるを得ない。マーシャルは、象徴的なデザインをスマートフォンの世界に翻訳するうえで素晴らしい仕事をしています。そして、4.7インチのディスプレイのおかげで、現代のものと同じくらい扱いがよくなります。

私は取り外し可能な裏表紙は私が望むより少し薄いですと言わなければならない。簡単に壊れたり、ラッチが壊れて使用できなくなったりする可能性があるようだ。しかし、ボリュームダイヤルのようなスマートなタッチは、マーシャルが本当にこの電話機にスタンプを入れたかったことを明確にしています。そして、彼らはそうしました。

表示

上記のように、この携帯電話には4.7インチの便利なディスプレイが付いていますが、それ以外には何がわかりますか?さて、それはより現実味のある色を与えるIPSパネルを持っていますが、ここで悲しい部分は、それが720pの解像度をスポーツしているということです。これは間違いなく、電話のミッドレンジ仕様の最初の兆候です。つまり、これは本当に悪い表示ではありません。私たちはこの携帯電話が旗艦競技者として意図されていないことを心に留めておきたいと思います。それはそれ自身の領域に住んでいます。
marshall london

明るさが最も高く設定されている場合は、すべてのものの上に目立つ暖かい色合いがあることを明らかにして、白い部分をより鮮やかに見せることができます。ちなみに、この明るさは、昼間の電話機の読み取りを可能にしますが、過去に見た他のIPSディスプレイでは確かに上にはありません。

テキストやその他の鮮明なコンテンツを読むときは、解像度が低くなります。720pは恐ろしいことではありませんが、今は時代遅れです。

パフォーマンス

私たちがパフォーマンスに移行する中、中〜低範囲のトレンドは続いています。Adreno 306 GPUと2 GB RAMを搭載したMarshall LondonにSnapdragon 410が搭載されています。ご想像のとおり、この処理パッケージはプレミアムとはみなされず、コンポーネントは確実にパフォーマンスに反映されます。
marshall london

私たちは時々、一般的なUIを通過することもありますが、電話はほとんど問題なくほとんどの簡単なタスクを実行できます。結局のところ、それはより高い解像度のディスプレイと他のリソース重いコンポーネントによって引っ張られていません。あなたは本当に高需要のタスクが運ぶ重量に気づくことができます。例えば、ゲームの読み込み時間が長くなったり、定期的なクラッシュが発生したりしました。

通常の仕事ではうまくいきましたが、アプリを開いたり、他の簡単な仕事をする余分な時間に慣れる必要がありました。ロンドンのMarshallがこれまで進めてきたのは、近々のAndroid搭載の経験です。Marshallは、GoogleのOSを異ならせるためにあまりにも頑張っていませんでした。これは、電話を賢明に保つのに役立つかもしれません。

この電話機の中から下位層のパフォーマンスを得ることを覚えておいてください。それは本当に重要な部分です。

marshall london

ハードウェア

ここでの主な焦点はもちろん、オーディオですが、少しはそれに着きます。最初に、その取り外し可能な背もたれとそれの下にあるものについてもっと話しましょう。そのmicroSDカードスロットは内部16ギガバイトをかなり拡張することができます。つまり、この携帯電話に豊かな高品質のオーディオファイルを収めることができます。

バッテリーは2500 mAh単位です。ローエンドの仕様を検討するときは間違いありません。そのバッテリーは実際にはかなりうまく動作します。私の最高の1日のうちの1つは、14時間と約4時間のスクリーンオン時間でした。あなたの意志でバッテリーを交換する能力とあなたが勝者を持っているそのバッテリー性能をカップル。

NFCは欠落していますが、これは間違いなく間違いですが、私たちの多くはそれなしで暮らすことができます。また、この電話機は必ずしもアメリカ向けに作られているわけではないことに注意してください。つまり、米国に輸入(またはリリース)されたときにGSMおよびHSPA +ネットワークでのみ動作します。
marshall london

これでオーディオについて話すことができます。あなたが気づく最初のもの、つまりフロントフェイスのスピーカーから始めましょう。これらは素晴らしいです!Marshallは、そのデバイスにステレオサウンドを提供するだけでなく、ゲーム中やヘッドフォンを使用したり、友人とビデオを共有したりする必要がない非常にフルボディのオーディオを提供しました。

しかし、あなたは完全なオーディオ体験をしたいときは、上に2つのオーディオジャックがあります。これにより、ユーザーは両方のジャックへの完全な接続性を提供する組み込みのCirrus Logicサウンドカードを使用して、音楽を共有することができます。これは両方のユーザーのための完全なセットアップです。電話機は両方の出力に完全なオーディオ品質を提供し、各自が独自の音量コントロールを備えています。
marshall london

この携帯電話の大きな部分は、それがあなたの好みに音を成形することができるということです。イコライザーのコントロールは、ローエンド・ベースまたはハイエンド・ピークを必要とするかどうかにかかわらず、あなたの曲を非常に劇的に変えることができます。オーディオエクスペリエンスはここで非常に堅牢です…確かに会社が独自に作成した歴史に沿っています。専門家はそれを爆発させるだけでなく、カジュアルなオーディオ愛好家も魅了するでしょう。

カメラ

あなたはこの電話機から素晴らしいカメラを期待しているのではないでしょうか?あなたがいれば、失望が待っている。マーシャル・ロンドンは8MPのリアカメラと2MPのフロント・カメラを搭載していますが、仕事を終えることはできますが、余分な距離を取ることは間違いありません。
marshall london

Googleカメラアプリを使用しているため、これに伴うすべてのものにアクセスできます。レンズブラー、Photo Sphere、HDRなどの機能を搭載しています。しかし、カメラはまだ少し遅く、実績のないものですが、実際の写真にはっきりと示されています。これらは洗い流される傾向があり、詳細やシャープネスが十分に示されていません。色再現は実際にはかなり良いですが、全体的に私たちはこのレビューからカメラの良い印象で歩き回っていませんでした。

私はこれがソーシャルメディアの写真を撮る人のための最小限のカメラだと言います。仕事は終わってしまいますが、それ以上の成果はありません

ソフトウェア

Marshallは多くのユーザーにAndroidの大半のバージョンをお届けします。同社は、ソフトウェアのコアを変更するのではなく、その経験を向上させるために特定のアプリケーションを作成することを選択しました。しかし、ユニークなパワーアップアニメーションや通知用の非常に素晴らしいギターリフのようないくつかの追加があります。Lollipopは、典型的なホームスクリーン、アプリの引き出し、通知のプルダウンメニューに[クイック設定]パネルを表示します。

マーシャルのユニークなアプリケーションには、オーディオアプリ(イコライザーとサウンド設定)があり、Google PlayミュージックSpotifyなどの他のサービスにもアクセスできます。このアプリは初めにちょっとしたものでしたが、最近のアップデートではすべての問題が修正されているようです。ユーザーは音楽を作成するためのループスタックにアクセスすることもできますし、経験豊富なミュージシャンにとっても本格的なDJアプリケーションがあります。私は個人的にロカビリー・ブラザーズと呼ばれる小さなゲームを愛していました。そこでは、バンドと彼らが演奏する会場を管理することができます。

結局のところ、私はAndroidを可能な限り純粋に保つためのMarshallの試みのファンです。彼らは目立つことなく、自分のタッチで追加できる大きなバランスを見つけました。
marshall london

ギャラリー

価格と結論

英国とヨーロッパの市場でマーシャル・ロンドンを取得し、少なくとも499ドルの価格に換算することができます。これは、米国の場合、電話の予測価格となります。これは高価なビットですが、一部のオーディオ愛好家は、このようなデバイスは貴重だと思うかもしれません。いつものように、それはあなたが探しているものに依存します。

マーシャルはスマートフォンの世界に潜入してリスクを冒していました。特に飽和市場ではそうでしたが、これもまた効果的です。1つは、中規模のスマートフォンを作るコストが下がったため、より多くの企業が特定の部門を専門にすることができます。マーシャルにとって、オーディオは明らかに焦点であり、ロンドンでは間違いなくそのことが示されています。

marshall london

あなたの曲を友人と共有することは一つのことですが、イコライザー、録音、音楽作成などのアプリを使って経験を積み重ねる限り、Marshall Londonはオーディオファンにとってベンチマークとなります。

それは、カジュアルなスマートフォンユーザーが優れたサウンドで生きるにはあまりにも多くのコーナーをカットしなければならないということです。それがここでの主な問題です。マーシャルは一般的な電話機を使い、その名前を付けました。クールなアプリと良いデザインは、この電話をターゲットニッチ以外の人々の手に渡すには十分ではありません。特にその価格を考えるとき。

私たちは確かにマーシャルがここでやったことを愛していますが、Androidの忠実な人にとって本当に重要な側面についてフォローアップが改善されることを期待しています。

美しい海外版「Huawei P20 Pro トワイライト」レビュー!

Huawei P20 Pro

HUAWEIから今夏発売された最新フラグシップモデル「HUAWEI P20 Pro」の海外版(台湾)をフリマアプリで購入しました。既にドコモでも販売していますが、デザインの美しさや世界初のライカ監修トリプルカメラが話題になっています。

今回はそんなHUAWEI P20 Proの魅力の1つである美しいデザインについて写真を交えて紹介したいと思います。

HUAWEI P20 Proのスペック

HUAWEI P20 Proのスペックを表にまとめました。グローバル版および国内版の公式サイトを元に作成していますが、もし情報に誤りがあればご指摘ください。

HUAWEI P20 Pro CLT-L29のスペック
本体カラー ミッドナイトブルー、ブラック
※グローバル版のみピンクゴールド、トワイライト
本体サイズ 155mm×73.9mm×7.8 mm(ドコモ版は横幅74mm)
重量 約180g
ディスプレイ 約6.1 インチ FHD+(2,244 x 1,080)縦横比18.7:9(ノッチ付き) / OLED
OS / UI Android™ 8.1 Oreo / EMUI 8.1.0
CPU(SoC) HUAWEI Kirin970 オクタコア(2.36GHz×4、1.8GHz×4)
メモリ(RAM) 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB
外部ストレージ microSD非対応
ドコモ版にはmicroSDカードリーダーが付属
メインカメラ カラー:4,000万画素 F1.8
モノクロ:2,000万画素 F1.6
望遠:800万画素 F2.4
裏面照射型CMOS
1/1.7型の大型イメージセンサー搭載
ISO 102,400が利用可能
インカメラ 2,400 万画素 F2.0 裏面照射型CMOS
防水・防塵 防水:IPX7
防塵:IP6X
おサイフケータイ 対応(ドコモ版のみ)
生体認証 指紋認証・顔認証に対応
バッテリー 4,000mAh(ドコモ版は3,900mAh)
HUAWEI Superchargeに対応。付属のケーブル・充電器の利用で急速充電可。(ドコモ版は付属なし)
SIMカード nano SIM×2 DSDS対応(ドコモ版・グローバル版シングルSIMは1枚・DSDS非対応)
対応周波数(グローバル版) FDD-LTE:Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32
TD-LTE:Band 34 / 38 / 39 / 40
WCDMA: Band 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
対応周波数(ドコモ版) FD-LTE:Band 1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 12 / 13 / 17 / 19 / 21 / 28
TD-LTE:Band 38 / 39 / 40 / 41 / 42
W-CDMA:Band 1 / 5 / 6 / 19
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth規格 Bluetooth 4.2
3.5mmイヤホンジャック 非搭載(Type-Cイヤホン、変換ケーブルが内蔵)

グローバル版とドコモ版で若干スペックが異なります。本体カラー、サイズ、付属品、おサイフケータイ、バッテリー容量、SIMスロット、対応周波数などに違いがありました

 

ホーム画面と設定項目

購入したP20 Proはグローバル仕向けのDual SIMモデル(型番:CLT-L29)。購入先のETORENが取り扱う商品はシンガポールより手配したものですが、言語ロケールには日本語がプリインストールされています。

デフォルトのホームアプリ(ランチャー)はHuawei製の「ドロワーホーム」で、インストール済みアプリがホーム画面に羅列されます。ホーム画面とアプリ一覧で分けたい場合には、設定画面から変更も可能です。

▼初期状態でのホーム画面は2枚。加えて左にユーザーに応じた情報が出る「HiBoard」を配置

Huawei P20 Pro

設定画面は1.5画面分に整理されシンプル。各項目内に細かな設定・機能が多く詰まっています。

 

Huawei P20 Pro

背面は鏡面加工のガラス製。
光の当たり方によって色味が変化していくのが綺麗です。

Huawei P20 Pro

HUAWEIのロゴは横向きに配置。
端末を横持ちでカメラを起動することを想定しているとのこと。

Huawei P20 Pro

背面で大きく主張するのは話題のライカ製トリプルカメラ。
左から2,000万画素のモノクロカメラ、4,000万画素の標準カメラ、800万画素の望遠カメラと並びます。
レンズの左側にはライカのロゴが印字されています。

カメラレンズが1mm~2mmほど出っ張っているため、背面を下にして机に置いた時にガタガタ動きます。レンズの傷も気になるので、付属のケースを使用して段差を埋めて使用することをオススメします。

Huawei P20 Pro

ドコモ版にはHUAWEIロゴの対角線上(写真右下)部分に「docomo」ロゴと背面中央付近にFeliCaマークが印字されています。

 

セキュリティ認証

指紋認証と顔認証の両方に対応しています。

顔で認証できなければ指紋で認証。指紋で認証できなければPINで認証。

顔認証の精度はほどほどなので、指紋を使用することも結構あります。その意味では、iPhone Xのように指紋を捨てなかったのは現実的な判断だと思います。

 

エンターテイメント機能

アスペクト比18.7:9の画面とベゼルレスな前面設計は、端末を横向きに持った際の没入性を高めてくれます。またP20 Proでは音響関連技術「Dolby Atmos(ドルビー・アトモス)」に対応するなど、サウンド面でも機能強化も。動画や音楽、ゲームにも向くスマホになりました。

動画視聴

有機ELディスプレイは屋外(太陽下)での視認性が課題が残るものの、黒色の再現性が高いことで、映像は全体的に引き締まった印象に。色も鮮やかに感じられます。

 

音楽再生

音響技術として新対応したDolby Atmosは設定画面から有効化/無効化が選べます(スピーカー使用時は強制的にオン)。

デフォルトではAI技術で再生中のコンテンツを自動識別し、最適化を施す「スマート」に設定。これを手動で「映画」「音楽」に変更することが可能。「音楽」には3種類のイコライザも用意されています。

 

ゲーム

ハイエンドな仕様でゲームもサクサク楽しめるP20 Pro。ゲームに集中し、より満喫するためのしくみとして「全画面表示」設定も用意。画面サイズに最適化されていないアプリを強制的に全画面で表示させることが可能です。

注意点

  • SDカードスロットがないこと
  • イヤホンジャックがないこと

内部ストレージが128GBあるので、SDカードを使用せずとも十分だと思いますが、SDを重視する人は注意です。

また、イヤホンジャックがありません。ただし、USB Type-C-イヤホンジャックの変換アダプタが付属品として同梱されている為、それを使用すれば普通のイヤホンを使用することができます。更にUSB Type-C対応のハイレゾイヤホンも付属品として同梱されてきます。

急速充電対応だが、ワイヤレス充電がない

電池容量4000mAh(ドコモ版は3900mAh)で、Huawei独自の急速充電「Huaweiスーパーチャージ」や、USB-PDに対応。安心感があります。

一方で、ワイヤレス充電がないのは残念。アルミ筐体をやめてガラス筐体にしたので、やろうと思えばできたはず。これは残念という他ありません。後継機に期待ですね。

 

 

(SIMフリー) Huawei P20 Pro 4G/LTE (RAM 6GB / ROM 128GB) Twilight 並行輸入品

新品価格
¥85,385から
(2018/10/21 19:11時点)

HTC U11 life レビュー!防水・防塵のお手頃な安価スマホ

HTC U11 life レビュー! お手頃価格で購入できる防水・防塵&おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ

「HTC U11 life」は、ソフトバンクから販売されているハイエンドモデル「HTC U11」の廉価版に当たるSIMフリースマホ。

手頃な価格帯でありながらHTC独自開発の便利機能「エッジ・センス」を搭載するなど、
U11の特徴をしっかりと踏襲。SIMフリースマホとしては希少なおサイフケータイや防水防塵などの国産機能も完備した注目の1台を徹底レビューしていきます。

HTC U11の価格と在庫状況

HTC U11の寿命は349ドル349ドル(約460オーストラリアドル)で、トップエンドの代替製品の半分、フルファルトHTC U11よりもはるかに少ない。

これはHonor 9Moto X4Sony Xperia XZ1 CompactSamsung Galaxy A5のようなもので肩をこすります。これらはU11ライフが簡単に乗ることができないように真剣に強いミッドレンジの選手です。

主な機能

  • 圧力に敏感な側面が目立つ
  • バッテリ以外のスマートな妥協

HTC U11の生活を見るには2つの主要な方法があります。元のHTC U11よりもはるかに安価な代替品で、コストを削減するために一部の部品を削減した上で、ほぼ同様の体験を得ることができます。

また、ほとんどの地域でAndroid Oneの携帯端末であり、標準のAndroidインターフェースを使用しているため、Googleが作っていない Google Pixelの携帯電話と似ています。

より大きい、より高価な兄弟から継承するコア要素には、他の携帯電話には見られないジェスチャーを可能にする、光沢のある湾曲した後部および感圧面の側面が含まれる。

これは、HTCの目立つ試みです。携帯電話の使い方は変わらないかもしれませんが、HTCはそれを深く掘り下げてあなた自身のものにするのに十分カスタマイズ可能にしました。

コストの妥協は、ほとんどの場合、目立たないほどです。画面は超高解像度ではなく1080pで、HTC U11 Lifeのチップセットは最上位のチップセットではなく中規模のSnapdragon 630です。グラフィックチップの大幅な改良は、それが実生活ではうまくいくことを意味します。

ミッドレンジの携帯電話に共通するように、カメラはあらゆる状況で最高のものと競合することはできません。偉大な写真処理は日光のような写真をしばしば幻想的に見せますが、夜間は疲れてしまい、細かいディテールは高品質で低解像度のセンサーほど鮮明ではありません。

ビルドは、HTC U11のどちらともまったく同じではありません。その携帯電話にはガラスバックがあり、U11 Lifeはアクリル/プラスチック製です。感じの最大の違いは、空気中にわずかな冷えがあるときにガラスが触れると寒いのですが、プラスチックはそうではありません。

あなたはそれがあなたにとって重要かどうかを決める必要があります。

携帯電話をしばらく使用した後には、電池の寿命に悩まされると思われる唯一の妥協案があります。貧弱なフラットアウトではありませんが、Moto X4Honor 9は、料金の間に長く続きます。HTC U11 Lifeの2,600mAhバッテリーはそれほど大きなものではありません。

設計

  • 滑らかなプラスチック/アクリルバック
  • 指紋スキャナー
  • 握りやすい圧力感知側

腕の長さから、HTC U11の生活は、より高価な携帯電話である通常のU11とよく似ています。背中は曲がりくねって輝いていて、あたかもそれが興奮するかのように光に反応します。

しかし、HTC U11ライフのバックは、実際のガラスではなく「アクリルガラス」で作られています。アクリルガラスって何?プラスチック。

金属やガラスに付いている涼しい硬さのどれもありません。その結果、HTC U11の生活は特に高価ではありません。モトG5にプラス、モトX4と名誉9すべてがより印象的に感じ。

しかし、HTC U11 Lifeのビルドは十分に快適です。HTCは、硬質で平らな面がないことを確認しました。すべてがスムーズで魅力的ですが、アクセスが容易な5.2インチスクリーンはあらゆるサイズの手を歓迎します。

しかし、これは、超狭い画面のサラウンドを備えた新しい種類の携帯電話の1つではありません。各辺に2つのブランクミリメートルがあり、画面の上下に約1インチあります。

しかし、トレンドがまだ発展しているにもかかわらず、それほど大きな問題ではないようです。あなたが悩んでいるかどうかを目で見てみましょう。

HTC U11 Lifeハードウェアの他の部分も健全です。電話にはIP67耐水性があり、水没する可能性があり、正面には優れた指紋スキャナーがあります。

HTC U11 Lifeの一部のバージョンには、64GBの優れたストレージ容量もあります。私たちは「ちょうど」32GBを持っていますが、HTCから購入すれば64GBになります。私たちのモデルは、アメリカとイギリスが4GB RAM / 64GB版を手に入れたヨーロッパのモデルです。

ただし、HTC U11 Lifeを設定するハードウェア機能はEdge Senseです。これは、携帯電話の側面にある圧力センサーを使用して、それらの側面が圧迫されたときにジェスチャーを可能にします。標準では、クイックスクイズがカメラを起動し、長いカメラがGoogleデジタルアシスタントを起動させます。

しかし、Edge Senseもカスタマイズすることができます。GoogleマップやGoogleフォトをズームインしたり、アラームをスヌーズしたり、電話に応答したりすることができます。これらの機能は、HTCが誤って機能を停止させて、あなたの携帯電話が幽霊になっていると思うのをやめたくないので、これらは標準として賢明に無効になっています。

あなたは、アプリケーションに入り、コマンドを「記録する」ことによって、独自のマクロを作成することさえできます。多くのHTC U11 Lifeバイヤーがこの努力をしてくれるのかどうかは疑問ですが、HTCはEdge Senseを最大限に活用しようと努力しています。

HTCはU11でエッジセンスを導入しました。これは古い機能ではありません。

しかし、HTC U11 Lifeの魅力を1つ抜き出すことであなたの一部が犠牲になるかもしれません。それはヘッドフォンジャック、ちょうどUSB – Cポートを持っていません。合理的なUSB-Cイヤホンが付属していますが、3.5mmアダプタはありません。

画面

  • 5.2インチフルHD液晶画面
  • 良好な画質

HTC U11 Lifeには、U11よりも小さく、解像度の低い画面があります。しかし、それは、ほとんどの状況では、そこに任意の電話よりもはるかに悪く見えないパンチディスプレイです。

5.2インチの1080 x 1920スーパーLCDです。ある角度であまり明るさが失われることはなく、過度の色を見なくても色が十分に飽和しています。画像はまた、最先端の超薄型スクリーンアーキテクチャの兆候である表面のすぐ近くにも現れます。

その極限を見るためには、より極端な環境にHTC U11 Lifeを取り込まなければなりません。私たちはBear Gryllsの飼料を話しているわけではありません。暗い部屋では非常に微妙に育った黒が見えるだけで明るさは明るいですが、明るいのは1000ニットではありません。それは、私たちはかなり明るい日に電話を取り出し、スクリーンはまだはっきりと見えていたと言いました。

HTCのウェブサイトには、ディスプレイのカラープロファイルをカスタマイズできる機能がありますが、私たちのモデルのソフトウェアには含まれていません。

 

バッテリー寿命

  • このクラスの普通のスタミナ
  • 2,600mAhセル
  • USB-C充電

HTC U11 Lifeは、Moto G5S PlusHonor 9Moto X4よりも小型の2,600mAhのバッテリーを搭載しています。

Snapdragon 630チップセットのエネルギーの改善により、スタミナは受け入れられる程度です。しかし、4Gを超える数時間のポッドキャストをストリーミングしたときの忙しい電話では、HTC U11 Lifeには就寝前に最高の時間が必要でした。

あなたがそれに従事しているにもかかわらず、1日(ほとんど)続く電話を望むなら、HTC U11ライフは最良の選択ではありません。

私たちの通常のバッテリーベンチマークの結果も悪かったです。最大輝度で再生される90分のビデオは、バッテリー残量の35%を消費します。Moto X4はわずか10%しか失われなかった。

カメラ

  • 優れたHDR処理
  • 細かい細部はしばしば柔らかいクローズアップに見える
  • 低照度画質が悪い

HTC U11の生活は、あなたが見つける計算写真のための最良の議論の一つです。特定の状況では、やや目立たないセンサであると思われるものから取り除くことができる結果は、驚くべきことです。

そのダイナミックレンジの最適化は時々驚異的で、APS-Cカメラで撮影されたショットのような太陽の光を当てるときのシャドーディテールを備えています。カメラ以外のオタクのために、これはコンパクトなシステムとDSLRカメラで1000ドル/ 1000ポンドのコストがかかるセンサの一種です。

これは、あなたが撮ったほぼすべてのショットで、いくつかの露出をマージすることになります。太陽が木の後ろで覗き見される夕焼けの写真や自然の撮影には、これは素晴らしい利点です。ダイナミックレンジは、現在利用可能な最高の電話カメラのダイナミックレンジに匹敵します。Instagram-tasticです。

少し近づくと、ハードウェアのいくつかの制限を見ることができます。HTC U11 Lifeには16MPセンサーが搭載されていますが、HTCは正確なセンサーの使用を発表していませんが、ほぼ確実に小さなセンサーピクセルを搭載しています。

近づけば、細部の詳細は、最高の12MPセンサーのものよりはるかに完全性が低くなります。ピクセルレベルの画像では、昼間でも柔らかく、少し騒がしいように見えます。

解像度が高い一方で、低解像度のカメラは実際にはるかに優れた、きれいな詳細を再現することができます。他のカメラがハードウェアの限界に苦しんでいるように、HTC U11 Lifeも非常に鮮やかな赤色のトーンで苦労する傾向があります。

夜の写真の品質も悪いです。より遅い露出を可能にする光学的な像安定化がないので、細かいディテールが完全に消える。これは、(あなたがズームインしない限り)厄介な昼間の条件のための素晴らしいカメラですが、夜は貧しい人々です。

HTC U11 Lifeには、バックグラウンドのぼやけたポートレートモードもありません。これは通常、必ずしもそうではありませんが、デュアルリアカメラを搭載した携帯電話に限定されています。JPGの代わりにDNG(RAW)ファイルを保存するProモードが用意されていますが、より多彩なセンサーと安定したレンズを備えたカメラでそのようなモードが輝きます。

正面では、8MPセルフカメラは何も特別なものではありません。ここでも細部は柔らかく見えます。

ビデオキャプチャは後部カメラのために4K解像度まで上がるが、120fpsのスローモーションモードがある。

HTC U11のライフは夜に顔に落ち、このようなショットを作り出します

HTC U11のライフは夜に顔に落ち、このようなショットを作り出します

インタフェースと信頼性

  • ほとんど純粋な形のAndroid 8.0
  • 迅速な更新を受け取る可能性がある
  • HTCの変更は最小限で微妙です

HTC U11 LifeはAndroid 8.0を実行し、Android Oneプログラムに参加する最初の携帯電話の1つです。つまり、元のHTC U11や他のほとんどのHTC携帯電話に見られるカスタムの外観であるHTC Senseではなく、標準のAndroidインターフェイスを使用しています。

それとも少なくとも、それは世界の大部分でそうします。しかし、米国のバイヤーは、通常のHTCオーバーレイを取得します

Android Oneは悪いことではありません。Googleのインターフェースはクリーンで魅力的で直感的です。たとえば、ホーム画面の任意の場所にフリックするだけで、垂直アプリメニューが表示されます。それはジェスチャーのスピードにも反応し、ほとんどの競合インターフェースよりも流動的な感触を与えます。

おなじみのAndroidソフトキーもあります。HTC U11 Lifeが使用されているときはいつでも、指紋スキャナーの両側にライトアップの最新のアプリアイコンが表示されます。

まだAndroid 8.0を使用していない場合は、アイコンの一部に小さな点が表示されます。これは、そのアプリの保留中の通知があることを意味し、通知バーをドラッグするだけでなく、アイコンを長押しすることで表示できます。

映画、音楽、ゲーム

  • 優れたゲームパフォーマンス
  • ヘッドフォンジャックなし
  • ライバルはより良いスピーカーを持っています

HTC U11 Lifeには、神経を痛める特別なアプリはありません。Edge Senseのような特別な機能も、あなたのアプリケーションメニューを乱雑にするのではなく、設定メニューに組み込まれています。

これにより、曲のPlayミュージックとビデオのPlayムービーが残ります。これらは、自分のファイルを再生したり、Googleライブラリからタイトルをストリーミングしたり購入したりするのに最適なアプリです。当然、Googleは後者をやりますが、これはレイアウトで機能します。

HTC U11 Lifeのメディアクレジットを定義し、制限するのはハードウェア側です。まず、ヘッドフォンジャックはありません。これはあなたが(おそらく)アダプタなしであなたのお気に入りのヘッドフォンを差し込むことはできず、同時にバッテリーを充電したりヘッドフォンを使用することができないことを意味します。特別なアダプターを持っていない限り、もう一度。

ボックスに入っているイヤフォンは、耳にはまともな予算のペアと並んでいて、あなたが音質についてあまり気にしないなら、仕事をします。彼らはまた、あなたの聴覚にカスタムチューニングすることができ、ノイズキャンセルを持っています。どちらもイヤホンの内側にマイクを使用しています。

このチューニングにより、サウンドはより活発になりますが、やや積極的になり、ドライバーの精巧さの欠如が強調されます。ノイズキャンセリングは、アクティブノイズキャンセルイヤホンのほぼすべてのペアと同じくらい効果的です。

それらを道路上でテストすると、ケーブルノイズの錆を少し軽減するように見えますが、交通騒音を大幅に低減することはありません。

バンドルされたイヤホンについてあまり興奮しないでください。

HTC U11 Lifeのスピーカーはクラス最高のものではありません。最大音量はMoto G5S PlusまたはHonor 9の音量よりも低く、低音域の音量はわずかです。

しかし、ポッドキャストや奇妙な緊急音楽のために十分な音質で、まだまだ有益な小さな話者です。下端に座っているので、ゲームをプレイするときにステレオ効果はありません。

一般的なゲームパフォーマンスは非常に優れています。特に、HTC U11 LifeはミッドレンジCPUを使用しているためです。Real Racing 3、Asphalt 8、Dead Trigger 2などのハイエンドゲームのフレームレートはすべて、非常に滑らかで、真のトップエンドの携帯電話から期待されるパフォーマンスに近いものです。

パフォーマンスとベンチマーク

  • ミッドレンジCPUは素晴らしい仕事をします
  • Snapdragon 630 CPU
  • 新しくアップグレードされたグラフィックチップセット

HTC U11 LifeにはSnapdragon 630チップセットが搭載されています。Geekbench 4では、そのスコアは、この場合、4,125ポイントのSnapdragon 625のものと非常に似ています。しかし、いくつかの顕著な改善があります。

まず、これは素晴らしいゲームパフォーマンスを説明し、クアルコムはグラフィックスチップセットを大幅に改善しました。Adreno 508はSnapdragon 625の650MHzから850MHzでクロックされています。

また、高速の4Gモデムを搭載し、プロセッサコアに異なるアプローチをとっています。他の6シリーズSnapdragon CPUと同様に、すべてのコアがCortex-A53(従来の「予算」コア)ですが、クアルコムは4つの低速クロックと4つの高速性能を使用するように移行しました。同じスピードで8つではなく。

目的は、パフォーマンスを損なうことなくバッテリ寿命を向上させることです。

評決

HTC U11ライフは、多くの点で素晴​​らしい電話です。画面、ソフトウェア、および日常のパフォーマンスはすべて不平を言うが、圧搾可能な側面は啓示ではないかもしれないが、ほぼ根本的にカスタマイズ可能である。したがって、現在考えられているほど有用である。

バッテリーの寿命はちょうど良いですし、かなりのミッドレンジの電話のように、カメラは夜にはあまり良くありません。しかし、HTC U11 Lifeは楽しく使いやすく、本当に破壊的ではないにしても価値があります。

トップエンドの携帯電話の価格が$ 1000 /£1000以上で渦巻いているので、通常の人々の価格で携帯電話を楽しむことは、胃だけが成長することができます。

「vivo V9」のスマホレビュー! スペックと使用感の紹介

vivo-v9-gold-1

中国vivoから、インドで「vivo V9」が正式発表。ミッドレンジのAndroidスマートフォン・新モデルで、AIカメラやベゼルレスのディスプレイが特徴のグローバル・モデルとなっています。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 vivo V9
メーカー
vivo
発売時期 2018年4月, 発売済み , 日本では未発売
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド
速度  HSPA, LTE
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.3インチ, IPSディスプレイ,  画面占有率: 85.2%
ディスプレイ解像度 1080 x 2280(フルHD), アスペクト比1080 x 2280 pixels (~400 ppi density), 400ppi
サイズ 154.8 x 75.1 x 7.9mm
重さ 150g
システム
OS Android 8.1 (Oreo) , Funtouch OS 4.0
Soc Qualcomm Snapdragon 626
CPU Cortex-A53 8コア, 2.2 GHz
GPU Adreno 506
ベンチマーク Antutu: 66613
Geekbenchシングル:928 Geekbenchマルチ: 4496
メモリ
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB,  microSD最大256GBまで
カメラ
メインカメラ  16MP, F値/2.0 , デュアルカメラ, デュアルLED
前面カメラ  24MP, F値/2.0
動画  最大画素数: 2160p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 4.2
GPS   GPS, GLONASS, BDS
ネットワーク機能   FMラジオ
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   有り
バッテリー
バッテリー容量  3260mAh
ポート  microUSB 2.0
その他
本体色 Gold, Black
現地価格 24990ルピー
円換算価格 約40500

 

デザイン

vivo V9

 

X20と大幅に違うのは、背面にカーブした3Dガラスを採用していることではないでしょうか。質感はかなり異なり、ボディカラーとは異なるシルバーのメタルフレームに3Dガラスボディを採用した本体となっています。購入したのは、オーロラホワイトというカラーですが、上品なカラーです。
厚さが7.37mmで本体は湾曲しているので持ち易さはX20から引き続き健在、重さも6.28 inchながら156.2gと非常に軽量です。このクラスのスマートフォンが150g台というのもなんだか不安になりますが、大きさを忘れる重さに感心します。

vivo V9
vivo X21Aという機種名がシールで貼られているのが少し残念です。

vivo V9
X21のフレームはX20とは違い、艶ありのフレームなので傷つきやすいく、目立つ気がします(既にSIMスロットに傷が付きました)。
SIMスロットはX20と同じように、水が浸入しないように加工されています。防水性能は搭載されていませんが、この点はBBKの会社らしい配慮です。SIMスロットが下部に配置されている関係で、上部に3.5mmイヤホンがあります。

vivo V9
カメラは左上に縦に並んでいます。カメラの出っ張りは付属しているケースを装着すればカバーできるくらいの出っ張りです。

 

 

ノッチ搭載19:9、6.3インチIPSディスプレイ

vivo V9

vivo V9は”FullView 2.0″な6.3インチのスクリーンを搭載。アスペクト比は19:9となっていますが、これはノッチを採用したことが関係していると思われます。

スクリーン占有率は約90%、上左右のベゼルはかなり狭く、下だけ若干ベゼルを残しています。実機レビューもいくつか出ていますが、画像をみる限り上左右はかなりベゼルレスになっている様子。

ミッドレンジモデルということもあってか、IPSを採用しています。

AIカメラ

最近のスマホカメラはAI、AI、AI…なのですが、vivo V9も「AIカメラ」をアピールしています。

フロントカメラは24MPのセルフィーシューターとなっており、 AI美顔機能を搭載。背景照明の種類もソフトウェアで調整したり、ARステッカーなども追加できるようです。

vivo V9

背面には16MP+5MPのデュアルリアカメラが搭載。AIぼかし、AI HDR…とにかくAIカメラ推し。

vivo V9

 

 

Vivo V9 4GB / 64GB 6.3インチLTEデュアルSIM SIMフリー [並行輸入品] (パールブラック)

新品価格
¥38,196から
(2018/10/22 11:45時点)

GALAXY S5 Active SC-02Gレビュー!! 手袋操作可能な防水携帯

※この記事はGALAXYアンバサダーモニター企画でお借りしたGALAXY S5 Active SC-02Gを使用しています。

厚さは気にならず、むしろ持ちやすい

image

夏に発売されたGALAXY S5のタフネスモデルということで少々大きくなった感じではあるが、さほど厚みなどが増しているわけではない。タフネススマホというと頑丈で分厚いという印象があったが、他のタフネスではないスマホとほぼ同じようなサイズ感だ。素材はプラスチックだが、フレームは岩のようなザラザラとした質感になっている。個人的にはXperiaやiPhoneよりも持ちやすいと感じる。グリップ感も良好だ。

性能的にはS5とほぼ同等

SC-02Gは約5.1インチの有機ELディスプレイ、クアッドコアのSnapdragon 801(2.5GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GB、1,600万画素/210万画素のカメラを搭載し、夏モデルのS5と同等のスペックを誇る。もちろんワンセグやおサイフケータイも利用できる。背面の心拍数センサは健在だが、指紋認証機能が省かれている。

手袋での操作も可能

タッチパネルの感度はかなり良好で、手袋を装着したままの操作もできる。Xperiaだといちいち手袋モードに切り替えをする必要があるが、SC-02Gはその必要がない。

充電方法は改善の必要ありか

image

SC-02Gは充電の方法がmicroUSB端子からのみとなっている。しかし本機のmicroUSB端子はパッキンカバーで覆われているので充電のたびにこれを開閉しなければならない。しかもタフネス仕様なせいか、このカバーが少々硬く、開けづらいと感じる人もいるかもしれない。カバーやパッキン自体はしっかりしているので劣化などで防水性能が低下するということはないだろうが、充電方法は無線充電や卓上ホルダなどの端子を用意すべきだったのでは。

タフネス仕様から得られるのは安心感

image

本機の最大の特徴として、米国国防総省の米国軍用規格(MIL-STD-810G)18項目に準拠しているということだ。防水・防塵(IPX5/7・IP6X)、耐衝撃、耐振動、防湿、耐日射、塩水耐久、低圧対応、高温/低温/熱衝撃などの温度耐久、耐氷結の試験をクリアしているとされている。だが、パナソニックや京セラなどが発売している他のタフネスな端末と比べるとどうしてもひ弱に感じてしまうかもしれない。
厚みもあまりなく薄いし、カメラレンズも突出している。背面のカバーは外すことができ、かなり薄っぺらい。
しかし、上にあげたような様々な試験を本当にすべてクリアできるかどうかは正直どうでもいい。少なくとも一般人にとっては日常生活で使用していて安心感を得ることができればそれでいいのだ。筆者はSC-02Gを使用していて何度か地面に落としてしまったことがあるが、目立つ傷が付くようなことはなかった。本体を覆うフレームがかなる傷に強い素材だからだ。
しばらく水没させてもなんの問題もない。防水に関しては以前にSC-04Fをお借りした際にもお風呂などでの使用も問題なかったので、SC-02Gの場合はさらに安心できるだろう。水滴が付いてもタッチパネルの精度は高い。
ある程度の強度はあるので、例えば岩場やアスファルトなどの上に置いたり、海岸の砂浜にも持ち込める。筆者はSC-02Gをジーンズの尻ポケットによく入れていたがなんの問題もなかった。幸い、筆者はこれまでGALAXYスマートフォンを使用していて痛い目には遭っていないのでSC-02Gはとても安心感を得ることができるスマートフォンだった。ちょうどS5にタフネスなケースと強化ガラスを装着したような感覚であるので、SC-02Gにケース類を装着させる必要はないだろう。

さいごに

image

タフネス仕様なスマートフォンということでとてもニッチなモデルであるように思えたが、実際に使ってみて、サイズ感も他のスマートフォンとは変わらず、むしろ対等以上に勝負ができる端末であった。ケース類などの余計な出費や故障などのリスクも少なく、万人にオススメできるスマートフォンとも言える。

【送料無料】【中古】SAMSUNG GALAXY S5 Active SC-02G (GR) カモグリーン (NTTドコモ)

価格:19,418円
(2018/10/22 11:48時点)
感想(0件)

SAMSUNG docomo GALAXY S5 ACTIVE SC-02G Titanium Gray

新品価格
¥27,800から
(2018/10/22 11:49時点)

ヤフオクでお安く購入したい方はこちらから!

ASUS ZenFone 5Q(レッド)レビュー!4つのカメラを搭載し顔+指紋認証に対応!

2018年5月18日に発売された「ZenFone 5Q」は、ASUSの最新モデル「ZenFone 5」シリーズの1機種。フラッグシップモデルのZenFone 5 / 5Zの単なる廉価版ではなく、前面・背面の両方に2つずつ、計4つのレンズを搭載したカメラ機能を強化したモデルになっています。

縦横比18:9のフルビューディスプレイを装備し、指紋認証と顔認証の両方に対応。トリプルスロット構造を採用しているので、2枚のSIMと同時にmicroSDカードを利用できるのも大きな特徴です。

ZenFone 5Qのデザインとサイズ感をチェック

縦横比18:9のフルビューディスプレイを搭載。6インチのフルHD+液晶で、ZenFone 5 / 5Zのようなノッチ(画面の切り欠き))はありません。他の2018年モデルと同様、画面内に各種キーを表示するオンスクリーンキーに変更されているため、前面は大半をディスプレイが占めるシンプルなデザインに。背面には光沢のあるパネルを採用し、中心にカメラや指紋センサーが縦一列に並んでいます。

左側面にあるSIMスロットは付属のピンを使って取り出すトレイ式。nano SIMカードを2枚とmicroSDカードを同時にセットできるトリプルスロット仕様になっています。4G+3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しており、microSDカードとの同時使用も可能です。

ZenFone 5Qのカメラは前面・背面にそれぞれ2つずつレンズを搭載したクアッドカメラ仕様。指紋センサーは背面に組み込まれており、認証の速さ、成功率ともに申し分なく快適に使用できました。また、指紋認証と並ぶもう1つの生体認証機能として、ZenFone 5Qにはインカメラを使用した顔認証機能も搭載されています。

ZenFone 5Qのスペック性能・パフォーマンスを確認

ZenFone 5Qのスペック情報(参照:製品ページ

OS Android 7.1.1
SoC Snapdragon 630 2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
RAM 4GB
ROM 64GB
外部メモリ microSDXC
サイズ 約160.5 × 76 × 7.7mm
重さ 約168g
ディスプレイ 6.0インチ 2,160×1,080(FHD+)
バッテリー 3,300mAh
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
SIMカード nano SIM ×2
カメラ (アウトカメラ)
約1,600万画素+約800万画素
(インカメラ)
約2,000万画素+約800万画素
カラー ミッドナイトブラック / ルージュレッド / ムーンライトホワイト

ZenFone 4 Selfie」と比較すると、カメラの進化だけでなく全体的にパワーアップしていることが分かります。核となるSoCは、より高速処理ができる「Snapdragon 630」に変更。18:9ディスプレイの採用、バッテリー容量のアップなど、実用性を向上させながらもしっかりとトレンドも押さえている印象です。

メールやSNS、Webブラウジングといった日常的なスマホの使い方は快適に行えるでしょう。ミドルスペックながら、設定次第ではゲームなども十分プレイできるクラスです。スペックと価格のバランスを考えると、コスパが優れている部類の機種といえます。

ドコモは快適に利用できます。

ドコモ回線はLTE/3Gともにフル対応。LTEプラチナバンドの19は3GのFOMAプラスエリアのバンド6にも対応しているのでドコモで発売されているモデルと遜色ないエリアで通信可能です。また、通話はVoLTEが利用できます。

(検証:楽天モバイル

ソフトバンク・ワイモバイルは快適に利用できます。

ソフトバンクとワイモバイルは同じ電波を利用しているので一緒に紹介。

ソフトバンク・ワイモバイルもフル対応しているのでキャリアで発売している端末と遜色ないエリアで通信可能です。こちらも通話はVoLTEが利用可能でした。

 

評価まとめ:ZenFone 5Qはカメラ性能を重視する人におすすめ

カメラ性能が話題のZenFone 5Qのレビューはいかがでしたか?
カメラ性能が話題のZenFone 5Qのレビューはいかがでしたか?

ZenFone 5Qは6インチの大画面ながら持ちやすさを兼ね備えた幅65mmのボディに、普段使いには十分なミドルスペック性能を装備したSIMフリースマホ。なんといっても最大の特徴は、前面・背面に2つずつレンズを搭載したクアッドカメラです。

上位機種のZenFone 5 / 5Zも先進的な機能を搭載した機種ではありますが、コストを考えて全体的にバランスの取れたミドルレンジ機のZenFone 5Qを選択するのもアリだと思います。

注目はやはりカメラ機能で、自撮り中心の人も含め、安価でカメラを重視した機種が欲しい人には最適でしょう。

ASUS ZenFone 5Q 【日本正規代理店品】 6.0インチ / SIMフリースマートフォン / ムーンライトホワイト (4GB/64GB/3,300mAh) ZC600KL-WH64S4/A

新品価格
¥36,485から
(2018/10/22 11:53時点)

ZC600KL-BK64S4 エイスース ASUS ZenFone 5Q (ZC600KL) ミッドナイトブラック 6インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 4GB/ストレージ 64GB]

価格:42,973円
(2018/10/22 11:54時点)
感想(0件)

ヤフオクでお安く購入したい方はこちら!

 

Moto X4 Android Oneモデルのレビュー!コンパクトサイズで使い勝手よし!

モトローラ・モビリティ・ジャパンより2017年10月27日に発売された、Moto X4

防水防塵対応で指紋認証機能も搭載。そして4G+3GのDSDSへの対応といったトレンドの機能を十分に盛り込んだ利便性が魅力です。

また、ドコモ・ソフトバンク、そしてau回線のSIMにも対応している為、格安SIM選びの幅が広がり、節約や更なる使い勝手の良さがポイントとなる機種です。

Moto X4 Android Oneモデルには、Google Play Protectに組み込まれた毎月のセキュリティアップデート、さらに重要な2年間のオペレーティングシステムのアップグレードが含まれています。あなたはそれが他の携帯電話の前にAndroid PとAndroid Qを取得することがわかります。

Android Oneモデルのこれらの機能以外にも、Moto X4のほとんどのバージョンは似ています。米国以外のモデルでは、記憶容量を増やし、メモリをわずかに増やすオプションがあります。

Moto X4のいずれのモデルも、OnePlus 5のようなライバルの携帯電話と価格競争が激しく、さらにはモトローラ自身のスマートフォンラインナップとの厳しい競争に直面しています。例えば、Moto Z2 PlayはMotoModsの使用の恩恵を受けており、価格はほとんど変わりません。ここにはいくつかの好都合な機能がありますが、非常に似通った価格帯で電話で推薦するには十分ではありません。

価格と発売日

Moto X4のリリース日は米国の10月26日で、エントリーレベルの32GBオプションでは399ドル(約370ドル、AU $ 529)です。これは、ロックスクリーン広告付きの329ドルのプライム限定版として米国のAmazonでも入手可能です。

米国の中規模の携帯電話で一度にすべての料金を支払う場合よりも、Googleストアを通じて月に16.63ドル(24ヶ月)契約することができます。それはPixel 2とPixel 2 XLのように、それと並行して販売されている他のGoogle Fi携帯電話よりもはるかに安い。

この携帯電話のAndroid One / Google FiバージョンとMotorolaが販売しているもう1つのバージョンがあります。後者の設定では、ハードウェアに影響を与えるソフトウェア機能がいくつか追加されています(Moto Display、Moto Voice、特殊な指紋センサーコントロール)。より安価なAmazonバージョンでは、Moto-exclusiveのこれらの機能が維持されます。

Moto X4のスペック・性能を評価

Moto X4 スペック情報(参照:製品ページ

サイズ 約148.4 × 73.4 × 7.99mm
OS Android 7.1.1 Nougat(Android™ 8.0 Oreoにアップテード可能)
重量 約163g
SoC Qualcomm Snapdragon 630 2.2GHz オクタコア
RAM 4GB
ROM 64GB
外部メモリ microSDXC(最大2TB)
バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 5.2インチ 1,920×1,080(FHD) IPS液晶
カメラ アウトカメラ:約1,200万画素 F2.0(標準) + 約800万画素 F2.2(広角)
インカメラ:約1,600万画素 F2.0
カラー スーパーブラック / スティーリングブルー
ネットワーク LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/40/41
W-CDMA:Band 1/2/4/5/8/19(Band 6を含む)
GSM:850/900/1800/1900MHz
備考 DSDS / 指紋認証 / 防水防塵

RAM 4GB・ROM 64GBとどちらも大容量なモデル。マルチウィンドウ機能や重いアプリをよく使う方、写真や音楽などをたくさん入れる方も安心な仕様となっています。

基本性能以外の部分を見ますと、防水防塵であることや指紋認証が付いていること、そして4G+3GのDSDSへの対応といった機能の豊富さも魅力です。また、docomo・au・SoftBankどのキャリアにも対応しているので、お使いのSIMを問わず多くのMNO・MVNOで使うことができます。

設計

モトローラはMoto X4を「スタイルを犠牲にすることなくオクタコアのパフォーマンスを得る」方法として宣伝しています。モトローラの代表的な電話機デザインが好きで、本当にスタイリッシュなオクタコア携帯電話を好きならギャラクシーS8注8 5 OnePlusまたは非常にクローズ・イン・価格。

モトローラの現在の設計手法には、上下の滑らかなカーブ、画面の下部にある楕円形の指紋スキャナ、デバイスの上部中央に位置する大型のリアカメラのバンプがあります。画面には、2016年のビットを感じるすべての側面にベゼルが並んでいます。電源ボタンと音量ボタンはすべて右側にあり、しっかりとしています。唯一のスピーカーはスクリーンの最上部にあり、電話の受話器として倍増するため、底面にスピーカーグリルはありません。

まともな見た目の携帯電話ですが、多くのミッドレンジのデバイスと同様に、私たちは確かにそれがいかに涼しいかを彼らに伝えるために友人を呼ぶことはありません。Moto X4が実際にスタイルを犠牲にしているように感じますが、少なくとも3.5mmのヘッドフォンジャックを犠牲にしません。

Moto X4はガラスバックとメタルフレームのおかげでしっかりとした滑らかさを感じますが、すべてのガラスは粉砕のような気がします。電話機が平らになっても、金属製のフレームは上がらず、落下のタイミングをとることができます。それは少なくとも水と埃から保護されています。IP68の評価は、プールの浅い部分で30分のダンクが大したことではないことを意味します。

最近のスマホってどんどんサイズが巨大化する傾向にあります。女性が片手で持つには大きすぎるスマホっていうのが多いんですよね。その点、MOTO X4は5.2インチディスプレイでスマホ本体も片手で持てるサイズ。

実際にうちのヨメも触ってみたのですが、サイドにかけて丸みがある形状が片手で操作しやすくしている、と高評価です。

悲しいことに、デザインの悲しみは、2017年に退屈なように見えます。全画面を忘れて、これはオールカメラのバンプフォンで、デュアルレンズカメラが際立つ要素です。さらに悪いことに、電話の後部は汚れに優しいガラスバックと見苦しいダストトラップを作る金属製のフレームとの間の不幸な隙間に呪われている。モトローラは、モトローラがモトクロスの最善のアイディアをモトローラのZラインに追加したことにより、その前身であるMoto X Style Editionと比較して、アイデンティティがなくなったと感じています。

表示

Moto X4には、Moto Z2 Forceよりもミッドレンジのアイデンティティに適合した5.2インチフルHDディスプレイが搭載されています。それは、VR以外のすべてのために十分高い画素密度で仕事を得る。

非常に多くの携帯電話が同様の価格のMoto Z2 Playを含むOLEDディスプレイに切り替えると、OLEDの純粋な黒が欠けているIPSディスプレイだけを使ってMoto X4を見るのは残念です。

X4のAndroid One以外のバージョンでは、Moto Display機能が継承されています。この機能では、時間、日付、および通知アイコンを使って画面の一部を離散的に点灯させます。ほとんどは白黒です。それが必要とするのは、常時オンのディスプレイに代わるこの種のセンサーを起動させるためのセンサ上の動きです。X4のAndroid Oneバージョンにもこの機能がありますが、画面をトリガーするためのナッジだけが必要です。

モトディスプレイでは、今すぐ通知と対話できるので、キーボードや音声でテキストメッセージにすばやく返信したり、電話を完全にロック解除したり点灯させたりすることなく、音楽を一時停止して再生できます。

 

仕様とパフォーマンス

  • Snapdragon 630は時々その弱点を示します
  • まだ3GBのRAMはまだ傷ついていない
  • MicroSDスロットは安心です

Moto X4は、ミッドレンジのスペックと性能を備えたミッドレンジの電話機で、テストで見たものとまったく同じです。それにはSnapdragon 630チップセットと3GBのRAMがあり、2017年に主要な電話機で体験したものからダイヤルバックされています。

確かに、私たちは時々、Moto X4がその時を過ごしたと感じました。それはそこにあったが、この純粋なAndroidスマートフォンは、カメラのようなアプリを開くたびに目立って減速していた。超高速の写真を撮ることはこの電話では実行可能ではありません。

そのGeekbench 4のベンチマークスコアは、シングルパフォーマンスで871、マルチコアパフォーマンスで4125となった。その後のベンチマークは、いずれの方向からも10ポイント以上変化しなかった。

ゲームは、Moto X4が巡航しなかった別のエリアでした。Android Oneモデルで3GBのRAMを搭載していても、読み込み速度はそれほど速くはなかったが、ゲームを開くたびに読み込む時間が長くなる可能性が高い。ゲーム中にも減速に気づいた。

減速はジェスチャーがどのように反応するかでも明らかです。電話を鳴らしたり、カメラや懐中電灯をオンにしてからジェスチャーを開始するまでには2秒以上かかることがあります。

幸いにも、電話は他のすべてのためにかなり安定していた。ビデオを見たり、ウェブをブラウジングしたり、メッセージングやその他のことがスムーズだった。スピーカーは素晴らしく、低音域はやや濁っていましたが、最大音量でも鮮明に保ちました。

スピーカーをイヤホンに内蔵させることは、携帯電話を持ちながら手で覆われないので、すばらしい変更です。

指紋スキャナーはすごく気持ちがいいと感じていました。私たちが片方だけをテストしていなければ、OnePlus 5よりも遅かったことがわかりました。

インタフェースと信頼性

  • 整頓されたAndroidはいつでも大歓迎です
  • Moto Gesturesが反応しなかった

モトローラはこれまで、サムスンとキャリアブランドのデバイスを傷つけていた通常のクラッターを、Android版で綺麗に保つという素晴らしい仕事をしてきました。Moto X4は簡単なソフトウェアでその傾向に固執しています。

インターフェイスは使いやすいです。簡単なスワイプでアプリのドロワーメニューを表示し、画面の一番上からスワイプして通知シェードを表示します。通知シェードの設定セクションは、1つではなく2つの指でスワイプしてすばやくアクセスできますが、画面の上部は片手で使用するにはまだ遠くありません。

Moto X4指紋センサーは、スマートフォン画面のロックとロック解除の両方の方法として倍増し、Android One以外のバージョンではいくつかの機能が追加されています。タップするとホーム画面に戻り、左にスワイプが戻り、最近のアプリを右にスワイプするとアプリが開きます

何らかの理由で、Android Oneにはこれらの機能がありません。

 

  • 高解像度セルフ
  • 特別な機能はほとんど働かなかった
  • ビデオ録画の不備
  • 素晴らしいHDRのシャープな静止画

モトX4は、12MPの望遠レンズと8MPの広角レ​​ンズを搭載したデュアルレンズカメラを搭載し、最新の動向に追いつき、4Kビデオも記録することができます。カメラの機能の範囲に関する豊富な経験はありませんでしたが、シンプルな静止画が適切な設定で本当にうまく見えることがわかりました。

AutoとHDR onに設定すると、細部と明暗のバランスの良い写真を撮った。コントラストの高いシーンでは、ショットのどの部分が崩壊するかを決める必要はありませんでした。残念なことに、写真がどれほどうまくいくかはわかりませんでした。写真が撮影されるまでHDR処理が表示されないため、この中距離電話にLive HDRはありません。私たちは仕事をするためにカメラに少しの信念を入れなければなりませんでした。

もう一つのすばらしい機能は、Proモードでは、背面の望遠レンズと広角レンズを独立して選択できることです。通常、携帯電話には主眼の望遠レンズが搭載されていますが、プロモードでは広角レンズだけで撮影することができ、画像が低解像度であっても広い視野で魚眼レンズを撮影できます。

続きを読む:Moto G6 review

イメージ1/6

 

カメラの他の側面はそれほど熱くありませんでした。デュアルレンズ効果は素晴らしい写真をもたらさなかったし、携帯電話は両カメラからの情報を一度に処理するのに苦労した。私たちがたぶん日常的に使うことのない奇妙な経験でした。

12MPのセルフマンは、低解像度のカメラよりも少し意識を誘導する鮮明な写真を撮りました。フロントカメラにもパノラマ機能があり、数十回の試行では動作しませんでした。実際にパノラマを保存した瞬間も、私たちの腕の1つを切断しました。ああ。

ビデオ録画も壮大ではなかった。4Kでシンプルなクローズアップビデオはひどくはありませんでしたが、少しばかばかしいかもしれません。毎秒30フレームのフルHDビデオは低解像度を感じました。フルHDと毎秒60フレームで録画すると、バタフライでスムーズな映像が得られるはずでしたが、電話機が時々騒がしくなったり、照明がぎこちなく変化したりして苦労しました。ビデオのオートフォーカスも弱点でした。

バッテリー寿命

  • 3,000mAhはこの電話で長く続きました
  • 0%から50%への到達は超高速でした

このミッドレンジの電話機は、ありがたいことに全範囲に渡っています。バッテリーのコーナーはカットされていませんでした。ミッドレンジのチップセットと低解像度のスクリーンではかなり大きかったです。1日を終えるのは簡単ですし、中程度の使用では2日後には十数時間は間違いありません。

GPSとWi-Fiホットスポットの両方をオンにして、ほとんどの時間を使って時間を過ごしました。私たちの90分間のHDビデオ再生テストでは、バッテリーの消費量はわずか10%でした。これは、バッテリ寿命スペクトルの平均をはるかに上回っています。

モトローラのTurboPower充電、特にバッテリの前半の充電では、電話機の充電は非常に迅速です。0%から、電話は15分で27%、30分で54%になりました。45分後にはほぼ4分の3のフルタイムだった。充電は終わりに向かって減速し、100分を少し超えて100%の充電に達しましたが、数分から数時間充電することは命を救うことができ、Moto X4はそれを釘付けにします。

Moto X4は、Moto ZラインナップとMoto Zラインナップのギャップを埋めるユニークな携帯電話を持っていないというモトローラの反応のように感じます。その結果、基本的にMoto G5 Plusの携帯電話が登場し、もう少しパワーが増し、幻想的なデュアルレンズカメラとシャープなセルフシューティングゲームが実現しました。

Moto X4は、市場に挑戦する価格で高性能スマートフォンの素晴らしいシリーズであったものへの驚異的なフォローアップのように感じます。それはほとんどのことをうまくやっており、手頃な価格であり、ローエンドの携帯電話のようには感じられません。しかし、Moto Xのような気分にはならない.Heck、Moto X Style Editionは、より大きな、高解像度のディスプレイと、21MPリアカメラを備えていた。

$ 399は非常に魅力的な価格帯に設定されていますが、優れたOnePlus 5と$ 470、またはSamsung Galaxy S8との距離はまだ570ドル前後です。さらに数ドルで、同様のスペック、より良いスクリーン、Moto Modsへのアクセスを備えたMoto Z2 Playを手に入れることができます。モトローラのXシリーズは暮らしていますが、2017年にはこれまで以上にミッドレンジの競争が存在する世界で暮らしています。

これは誰ですか?

Google Pixel 2の値札なしでAndroid OneまたはProject Fi対応の携帯電話を手に入れようとしている人は、Moto X4の市場にいる可能性があります。しかし、Android One Editionでは、Motorolaの優れた機能のいくつかが無効になっていることを知っていなければなりません。米国でAmazon Primeバージョンを選ぶことが最善の策かもしれないし、セルフ・中毒者は高解像度の前面カメラのためにMoto X4を楽しむかもしれない。

Motorola Moto X4 Android One Sterling Blue SIMフリー

新品価格
¥53,600から
(2018/10/22 12:04時点)

ヤフオクでお安く購入したい方はこちら