完全ワイヤレスヘッドホン『WF-SP900』Bluetooth機能をオン/オフの切り替えと音楽を再生する方法

ソニーから左右完全独立ヘッドホンの第4弾モデルとして登場した「WF-SP900」を試用させていただくことができました。4GBの内蔵メモリーがあるとのことで、それだとこれはもうウォークマンになるんじゃないか?と、思えますがとりあえず実機の様子をレポートしたいと思います。

 

Bluetooth機能をオン/オフする

  1. プレーヤーの電源がオンの状態でボタン()を2秒長押しして、Bluetooth機能をオンにする。

    ランプ()がゆっくり点滅して、Bluetoothオーディオ機器を検索します。最後に接続したBluetoothオーディオ機器と自動的に接続され、ランプ()が5秒間点滅します。

    プレーヤーを両耳に装着している場合は、ランプ()は点滅せず音声ガイダンスが聞こえます。

Bluetooth機能をオフにするには

再度ボタン()を2秒長押しします。ランプ()の色が変わり、5秒おきのゆっくりした点滅に変わります。

プレーヤーを両耳に装着している場合は、ランプ()は点滅せず音声ガイダンスが聞こえます。

スマートフォンの音楽を再生する

プレーヤーとスマートフォンをBluetooth接続して、スマートフォンの音楽を再生します。

  1. プレーヤーを両耳に装着した状態でボタン()を2秒長押しして、Bluetooth機能をオンにする。
    最後に接続したスマートフォンと自動的に接続され、音声ガイダンスが聞こえます。
  2. ボタン()を押して、曲を再生する。
    スマートフォンの音楽が再生されます。一時停止するには、ボタン()を押します。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方??安価な品でもスペックを見れば十分使用可能!!

 

完全ワイヤレスイヤホンとは

 

従来のBluetoothイヤホンと比較するとバッテリー持ちが悪く、連続再生が3〜5時間程度となります。それでもケースで充電したりすれば10時間以上、多いものだと20時間以上再生できるものがあるので、1日中音楽を聞いている方でもおすすめかと思います。

その他、音質やスペック面、携帯性を考えても差がなくクオリティもとても高いものが多く販売されています。今やコードレスかどうかの違いと思ってもいいです。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

ここからは、完全ワイヤレスイヤホンの購入を考えているけど選び方がわからないという方の為に、簡単に選ぶポイントをご紹介していきます。

【重要】対応コーデックについて

コーデックとはBluetoothで音声を伝送するときに音声を圧縮する方式の名前で「SBC」というコーデックが標準として採用されています。実際、SBCは圧縮効率や転送速度を優先するので音質が良くありません。

お使いのスマートフォンに合わせて、高音質のコーデックに対応している完全ワイヤレスイヤホンを購入しましょう。以下で挙げたコーデックは高音質で低遅延な音楽を楽しむ事が出来ます。

だた送信側と受信側の両方が同じコーデックに対応している必要があり、各製品の対応コーデックをメーカーサイトなどで確認してください。

AACやAptX以上に高音質なSONYが開発したLDACというコーデックに対応しているBluetoothイヤホンもあります。例えばSONYのWI-1000Xとかです。Xperiaをお持ちの方におすすめです。

コーデック 音質や対象スマホ
SBC 標準音質
AAC SBCより高音質で、iPhone/iPadがおすすめ
aptX SBCより高音質で、Androidスマホがおすすめ
aptX HD aptXより高音質で、Androidスマホがおすすめ
LDAC ハイレゾ音源で、Xperiaスマホがおすすめ

連続再生時間の長さ

一般的に完全ワイヤレスイヤホンはバッテリー持ちが良くないでもデメリットがあり、平均的に約3〜4時間と長時間音楽を楽しむことができません。

しかしケースに充電機能がついているものが多く、充電すれば計20時間以上聞けるものが多くなっています。

少しでも長く聞きたい方は5時間ほど再生できるものや急速充電に対応したモデルがあるので、チェックしてみてください。

Bluetoothのバージョン

何気なく使っているBluetoothですが、実はバージョンがあり、現在は5.0まであります。

ほとんどが4以上に対応しており、省エネかつ安定した通信が可能なので、購入する際は4.0以降かチェックしましょう。

4.0以降なら「Battery Service Profile」というプロファイルでiPhoneのウィジェット画面でBluetooth機器のバッテリー残量が表示可能で便利です。

最近Bluetooth5.0対応が増えているので調べたところ、iPhone8以降で対応しているものの、音楽を聞く分には4.0以降と変わりないようです。

4.0 大幅な省エネ対応
4.1 自動再接続及びLTEとBluetooth機器間での通信干渉を削減
4.2 転送速度の高速化とセキュリティの強化
5.0 通信範囲が4倍、データ転送速度が2倍

耳へのフィット感

小型化、軽量化が進んでいますが、コードレスなため、イヤホン本体が大きめなものもあります。長時間つけていると耳が痛くなったり、歩くだけで落ちてしまうなど装着感は重要です。

耳栓サイズくらいの小さいものもあり、できるだけ小さく、コンパクトな物を選ぶといいでしょう。その分バッテリー持ちにも影響しますが、だいたい3時間程度で変わらないので問題ないと思います。

完全ワイヤレスイヤホンでも軽い部類に入るのが3g台なので覚えておいてください。またイヤーピースは付属品や別売り、自分に合うものを選ぶか購入しましょう。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能といえば周りの雑音を消してくれて、音楽に集中できる機能ですが、完全ワイヤレスイヤホンでも対応している機種があります。

遮音性が高いコンプライのイヤーチップを付けただけでもほとんど周りの雑音が気にならなくなるので必須ではないと思っています。

大注目の新製品 装着したまま泳げる完全ワイヤレス SONY WF-SP900 レビュー

SONY WF-SP900

 

SONYの大注目の新製品 WF-SP900。いよいよ発売されましたね。
発売日は10月27日。価格はソニーストアで29,880円です。
ソニーの完全ワイヤレスとしては第4弾となりますね。

今回登場した「WF-SP900」は、ノイズキャンセリング機能こそ備えていないものの、水中でも使えるIP68の防塵・防水に対応したり、メモリー内蔵でスマホなしの単体運用が可能となっているなど、SONYの完全ワイヤレスイヤホンラインアップの中でも、よりスポーツシーンに特化したモデルとなっています。

スポーティな外観はWF-SP700を踏襲しつつ、さらに薄くスリム化。左右のイヤホン間の接続はBluetoothの代わりにXperia Ear Duo XEA20で採用された、新しい通信規格NFMIを採用するなど、要注目のイヤホンとなっています!

防塵防水

IP68の防塵防水対応、付属の水泳用イヤーピース、左右のヘッドホン本体をつなぐリーシュコードを付属しているので、水中などでも安心して使用できます。

4GBのメモリーを内蔵!! スマホなしでも単体で運用可能!

今までのモデルとは異なる「WF-SP900」の大きな特徴。それは、本体に4GBのメモリーを内蔵し、スマホなしでも単体で運用できるという点です。

1曲4分、128kbpsのMP3ファイルで約920曲、16bit/44.1kHzのWAVファイルなら約80曲を収録できます。
激しいワークアウト中はもちろん、スマホを一緒に持ち運べないマリンスポーツなどで威力を発揮します。

また、水中などでスマホなしでの単体運用することを想定し、操作性が刷新されているのも見逃せないポイントです。
具体的には、本体側面のタップセンサーを利用し、音量調整や楽曲再生コントロールが可能となっています。
特にボリューム調整は頻繁に利用する機能なので、スマホなしでもコントロールできるようになったのはうれしいポイントですね。

このほかには、スポーツ中でも安心して使用できるように「アンビエントサウンド(外音取り込み)モ―ド」を搭載。専用アプリ「Headphones Connect」を使ったイコライター調整やカスタム調整にも対応しています。

装着安定性も格段に向上

完全ワイヤレスイヤホンはケーブルが無いという商品の使用上落としたり、無くしてしまったりするのが不安だと感じる方もいるかもしれません。

が、本体は水中での利用を想定し、できるだけ水の抵抗を減らせるようにスリムな形状を採用。
本体重量は片耳約7.3gと、防水対応モデルとしてはかなり軽量な仕上がりです。

「WF-SP700N」で好評だったアークサポーターを「WF-SP900」でも引き続き採用しています。
付属のアークサポーターのサイズを、「WF-SP700N」のM/Lの2サイズからS/M/Lの3サイズに拡大し、耳の小さな人にもしっかりと対応できるようになってます。

また、イヤーピース装着位置を2か所から選択できるようになったのも「WF-SP900」の大きなポイント。
ノズル部分に設けられた凹凸で、耳の上にのせるような軽めの装着感、耳穴の奥にグッと収めるしっかりとした装着感の2種類をシーンに応じて選べるようになっています。

また、イヤーピースは、通常タイプのものに加え、ヘッドホン部への水の侵入を防ぐ構造を採用した水泳用イヤーピースを付属。水中で使用時にイヤホンを紛失しないよう、左右のイヤホンをつなぐリーシュコードも用意されています。

WF-SP900

NFMI接続で遅延を改善

接続性の部分については、アンテナ構造を刷新するとともに、左右のイヤホンの接続にNFMIを採用することで、安定した接続と低遅延を実現しています。
ちなみに、左右のイヤホンの接続にBluetoothではなくNFMIを採用。
接続の安定性だけでなく、Bluetoothの電波が通らない水中でも利用することを可能にしています。

小型・防水を実現。しかもクリアで自然な音質

同社製イヤホンXBA100等にも搭載されているソニー製BAドライバーを搭載。

防水性能とクリアな音質を両立しています。

専用ケースでヘッドホン本体約3回分充電

バッテリー性能は、イヤホン本体がBluetooth接続時で最大3時間、メモリー再生時で最大6時間となっています。
バッテリー内蔵の専用ケースは、最大3回本体をフル充電可能。
専用ケース充電端子はUSB Type-C。対応スマホとワンタッチでペアリング可能なNFCも搭載しています。

主な仕様

 

型式:密閉バランスド・アーマチュア型

ドライバーユニットバランスド・アーマチュア

連続音楽再生時間:BT接続時最大3時間/メモリー再生時最大6時間(ケース3回充電)

充電時間:本体約2.5時間、ケース約3.5時間

質量本体7.3gケース約75g

対応BTコーデック:SBC/AAC

通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.0

本体メモリー容量:4GB

まとめ

完全ワイヤレスイヤホンは、スポーツで使える音楽再生用のアイテムとして注目されていますが、「泳ぐ」シーンにも活用できるとなればさらに人気を後押ししそう。
ソニーのWF-SP900が最初の火付け役になりそうですね。
今季一番の大注目商品です。

Jaybirdから新Bluetoothイヤホン「X4 Wireless」レビュー!

Jaybirdは長年にわたりBluetoothフィットネスイヤホンの充電をリードしてきました。Jaybird X2は、彼らが出てきたときに離れて競争を吹いて、昨年同社は、真のワイヤレスリリースJaybirdラン我々が言っていたがで吹き飛ばされていませんでした、。今日、Jaybirdはその強みを発揮し、新しいBluetoothイヤホン(Jaybird X4)をリリースしています。だから、彼らは以前のモデルよりも優れているのですか?それとも同じカバーですか?確認してみましょう。

誰がJaybird X4を購入するのですか?

  • フィットネス愛好家。同じようJaybird X3その前とX2、Jaybird X4はすべての少しを持っており、運動イヤフォンの偉大なすべての周りのペアです。
  • 彼らは古いX3を取得する必要がある場合議論する人々。通常、私は何かの新しいバージョンが出るのを待っています。私はそれを購入したいからではなく、もっと安い価格で古いバージョンを購入したいからです。私はIPX7防水の追加が間違いなく私にお金の価値があるので、ここでそれを言うことはできません。

最後に、Jaybird製品の防水構造

Jaybird X4のコントロールモジュールは、前身と同じくらいスリムで機能的です。

Jaybird X4イヤホンで最大のアップグレードに飛び込みましょう:防水!以前のJaybird X3イヤホンの大きな不満の1つは、防水仕様ではないことでした。耐寒性のコーティングが施されていました。Jaybird X4は耐汗性のコーティングを施し、IPX7防水認証を取得します。これにより、集中豪雨に巻き込まれたり、プールに落としたりする必要がなくなり、心配する必要がなくなります。IPX7等級はあなたが水のメートルまでに最大30分のためにそれらを沈めることができることを意味します。これらは、耐汗処理コーティングとIPX7認証を取得した最初のイヤホンではありませんが、会社が追いついていても、Jaybirdのラインナップには歓迎されています。

Jaybirdのロゴは、X4のイヤフォンの背面に描かれています。

Jaybirdのロゴがイヤフォンに塗られました。

それ以外にも、これらのルック・アンド・フィールにはあま​​りにも多くの違いがありません。ストーリーは最後に似ていますが、ラインを再定義するのではなく、リファインすることに重点を置いています。彼らはまだプラスチック製である(それは約14.7グラムでそれらを軽く保つので良い)、そして制御モジュールはまだ超スリムである。これはJaybird X3とほぼ同じですが、コントロールモジュールがどれだけスリムであるかを考慮すると悪くありません。私が見つけることができる唯一の他の新機能は、ビルドの品質よりもデザインを多くしなければならなかった。Jaybirdのロゴは、安価なメタリックステッカーに刻印されるのではなく、塗装作業の一部になりました。翼の先端には、1トンの小さな穴の代わりに1つの大きな穴があり、オールグレーのモデルのノズルは青く塗られています。私はそれのためにすべてだ。誰も知りませんが、あなたが耳の先端を変えるたびに、それが私が好きな理由です。それはあなたの小さな秘密です。

写真はJaybird X4に付属しているウィングチップです。

新しいJaybird X4イヤホンは、以前のバージョンと比較して、新しいウィングチップデザインを採用しています。

コントロールモジュールには3つのボタンがあり、前のモジュールと同様にすべて正常に動作し、音量を調整したりトラック間をスキップしたりしても問題はありませんでした。走っていると言えば、私はあなたがケーブルを調整することができるケーブル上のプラスチックシンチの巨大なファンでした。Jaybirdシリーズはいつもそれを持っていましたが、私はそれを私のために働かせることはできませんでしたし、ちょうど私の顎の下につないでイヤホンを着て終わった。私の頭の後ろで快適に着ることができたのは初めてのことです。耳から滑っているのを心配する必要はありません。そう、ええ、フィット感はかなり良いです。特にメモリフォーム用のシリコンイヤーチップを交換すると(アイソレーションにも役立ちます)。

残念ながら、すべてが譲り受けている。記憶泡のヒントは孤立を助けましたが、驚くほど不快でした、そして、私は箱に含まれている2つのペアのうち小さい方を選びました。しかし、私は喜んで喜んでより良い音のための僅かな不快感をトレードします。

BluetoothとJaybirdアプリ

私たちはJaybird X4イヤフォンの灰色のバージョンをチェックしました。

Jaybird X4にIPX7防水構造が追加されました。

接続強度は、Jaybird製品に期待していたものの平均であり、これは十分に良いものの優れているものの驚くべきものではないことを意味します。走っている間にスキップしたり、部屋を歩いているときに身に着けていたときには何も経験しなかったし、範囲をテストしていたときには30〜40フィートに達するまで落ち込んでいなかった。したがって、通常のBluetooth規格であっても、かなり合法です。再び、実質的に私は苦情はありませんでしたが、私のオタクはまだBluetooth 5.0を持っていることを願っています。

再生コントロールも直感的でした。私はそれを理解するために指示を見る必要はありませんでした。プラスまたはマイナスのボタンをタップして音量を調整し、トラックをスキップしてスキップすることができます。途中に多機能ボタンがあり、タップすると一時停止/再生ボタン(または応答/終了ボタン)として機能し、長時間押すとSiriやGoogle Assistantにアクセスできます。

写真はJaybird X4の耳の先端です。

メモリフォームのヒントは分離を助けますが、長期間に驚くほど不快です。

その後、Spotifyアカウントに接続して音楽を聴くことができるJaybirdアプリがありますが、なぜあなたがそうするのかわかりません。実際に役立つのは、あなたの音楽がどのように変化するかを見分けることができるEQプリセットです。あなたが好きなものが見つからなければ、いつでもあなた自身のものを作ってプリセットとして保存することができます。

バッテリーはどれくらい持続するのですか?

その後、バッテリー寿命があります。Jaybirdは以前のX3のイヤホンで8時間を要し、かなり頭に釘を打つ。Jaybird X4では何も変わっていません。彼らは8時間の連続再生を主張し、テストでは7.5時間を要した。だから、あなたが通勤しているのか、ジムを打っているのか、あなたが死ぬことについてあまり心配する必要はないと言っても過言ではありません。それらを充電するには、ちょうど前のバージョンと同じように充電クレードルにポップアップし、USBポートに差し込んでください。まだ迷惑だが、少なくともJaybirdは一貫している。

音の質

写真はあなたの耳に音を発するJaybird X4の角度のついたノズルです。

Jaybird X4のノズルは明るい青色です(少なくとも灰色のモデルでは)。

 

あなたはアプリケーションを介してこれらのサウンドの方法を変更することができますが、私は彼らがボックスから新鮮に設定されている方法である “フラット”プロファイルにこれらを保持しました。それでも、Jaybird X4の芽は、より低い音に少し重点を置いているようです。Freelance WhalesのGenerator ^ Second Floorという曲のベース・キックは、いつでも圧倒されませんでした。私が屋外で走っている間、わずかなプッシュが実際に私が音楽を少し上手く聞くのを助けてくれたと思います。

 

外の騒音があるときには、通常は下の音符が最初に出ますが、余分なumpfがうまくいきましたが、Powerbeats3のような誇張された低音に慣れていれば失望するかもしれません。しかし、あなたがそのカテゴリに入るならば、あなたはいつもアプリでそのサウンドプロファイルを選ぶことができます。私は中盤の巨大なファンではなかったし、おそらくこれはボーカルを他の楽器よりも強調しすぎているように見えるからだ。これはKanye Westの曲「Street Lights」で明らかになりました。彼はすでにオートチューニングされた声で、バックグラウンドでより柔らかい要素の一部をマスキングしていました。もう一度、あなたが仕事をしている間に音楽に沿って歌いたいと思っても、あなたの好きな曲のニュアンスを聞くのに最適ではありません。

最終的な考え

ジムで使用するフィットネス無線イヤホンの場合と同様に、音の明瞭さの欠如が問題ではないと私は考えています。Jaybird X4の音ジムを打つか、実行のために行く人のための十分より多くが、実際に彼らの前任者、Jaybird X3からの大幅な違いはありません。さらに、それらはほぼ同じように見えるので、すでにJaybird X3イヤフォンをお持ちの場合は、おそらくこれらを注文するために急ぐ必要はありません。それは、私にはヘッドホンの1つの側面があり、以前のバージョンよりも簡単に推奨されています。それはIPX7防水認証です。

X4はこれまでのJaybird X3のイヤホンの中で最も大きな批評を浴びました。その意味では、実際にフィードバックを聞いているJaybirdの人々の誇りです!さらに、Jaybird X4のイヤホンは、Jaybird X3が発売されたのと同じ価格の129ドルです。アップグレードのために特別料金を払うつもりはありません。それは、たとえそれがJaybird製品にとっては安価であっても、まだかなり高価だということです。あなたが仕事を終わらせるいくつかのより安価なイヤホンと一緒に行きたいなら、私たちはあなたをカバーしました。しかし、インターネットでお気に入りのワークアウトイヤホンのペアに飛び乗る準備ができたら、Jaybird X4のイヤホンをJaybird X4の上に置く理由はまったくありません。X3の芽が売りに出ても、IPX7認証と耐磨耗ナノコーティングの安心感はまだありますが、それは私だけです。

Jaybird X4 ワイヤレスイヤホン Bluetooth/防水・防汗対応(IPX7)/連続再生8時間/スポーツ対応 ストームメタリック JBD-X4-001SMG 【国内正規品】

新品価格
¥16,571から
(2018/10/23 11:30時点)

【新製品】 スポーツ向け ワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン JayBird ジェイバード X4 Wireless アルファメタリック ジェイド 【JBD-X4-001AMJ】【送料無料】 【1年保証】

価格:18,230円
(2018/10/23 11:30時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!

EARIN M-2、詳細レビュー! 使用感・音質・スペックは???

 

 

今日はEARINの完全ワイヤレスイヤホンM-2をレビューします。

2016年発売で爆発的人気を誇ったM1の後継機です。

度々発売延期を繰り返していましたが、2018年2月ついに登場。

なのでちょうど一ヶ月くらいの使用感をお届けしていきたいと思います。

待ちに待ったEARINのM-2の実力は如何に!

 

完全ケーブルレスBluetoothイヤホン、EARIN

ワイヤレスイヤホンM-2レビュー

究極のワイヤレスBluetoothイヤフォン、EARIN

EARINというのは、kickstarter発のプロダクトで、簡単に言ってしまえばワイヤレスBluetoothイヤホンです。

しかし!他のワイヤレスBluetoothイヤホンと決定的に違うところがあります。

このEARIN、ケーブルレスで左右完全分離なんです!

 

EARIN以外のワイヤレスBluetoothイヤホンと言うと、

JayBirdのワイヤレスBluetoothイヤホン。本記事では取り上げませんが、評価は高め。

こんな感じでイヤホンの間にケーブルがあるのが一般的です。実際に使うときはケーブルの部分を肩にかけて使う感じですね。

でもこれって「ワイヤレス」ではない気がするんですよね…普通にケーブルあるし!

そんな今までの「ワイヤレスだけどケーブル有」というワイヤレスBluetoothイヤホンの常識を打ち破った黒船が、このEARINというわけです。

 

EARINの主なスペック

EARINのサイズは100円と比べても小さめ

こう見てもかなりちっちゃめ

以下がEARINの主なスペックです。

【本体】

サイズ:14.5mm(直径)× 20.0mm(全長)

重量:3.5g(片側)

再生時間:ステレオ / 最大3時間、モノラル / 最大11時間

バッテリー : 60mAh リチャージャブルリチウムイオン

充電時間:70分

 

【カプセル】

サイズ :21.0mm(直径)× 95mm(全長)

重量 : 42g

バッテリー : 600mAh リチャージャブルリチウムイオン

フル充電時間 : 75分

 

イヤホン片方の重さが3.5gしかありません!!

イヤホントに軽いんです。中抜きしてる?

こんだけ軽くてしかもケーブルがないので、イヤホンを付けていることを忘れそうになるくらいです。

 

そしてバッテリー持ちですが、最大3時間と少し短めですね。

でもカプセルが充電器を兼ねており、しまっておけば勝手に充電してくれるので意外とバッテリー切れになりません。

ちなみに、バッテリー切れが近いときは「ピッピッ」と鳴るので「知らないうちにバッテリーが切れた!」ということは滅多にないと思います。

 

耳からはみ出ない極小イヤホンとカッコ良いケース

フランケンになりたくない人にはうってつけの秀逸デザイン

外で使うことが前提の完全ワイヤレスイヤホンですから、デザインは本当に重要ですよね。

AirPodsのように「耳からうどん」は論外としても、耳栓が耳から飛び出た「フランケンスタイル」に拒否感のある方も多いかと思います。

そんな方にM-2はうってつけでしょう。

よくあるボタン式ではなくタッチセンサーを搭載しているのもカッコイイ。

ケースはポケットにすんなり収まりますし、デスクに置いておいてもカッコイイ。

とにかく見た目的な部分では文句のつけようがありません。

Bluetooth接続の安定性

間違いなく完全ワイヤレス最高の安定性

最近ではAnkerのZolo Libertyのような安くても接続の安定したイヤホンも出てきていますが、M-2のそれはぶっちぎりです。

他の接続の安定した完全ワイヤレスは【特定の場所(ビルの谷間など)ではどうしても途切れることは有るが、基本は安定している】といった感じです。

満員電車や地下鉄でも途切れないのでそれでも十分なのですが、M-2は本当にどこで使っていても全く途切れないことに感心させられます。

また、接続が繋がるのも非常にはやいです。

取り出して耳にはめてる間にもうつながっている感じ。

 

集中力が切れてきたオフィスで

オフィスでデスクワークをしていると集中力、切れてきますよね?

そこでEARINです。ケーブルがないので、ほとんどバレずに音楽で気分転換ができます。

髪の長い人なら耳を隠せるのでなおさらGoodですよ!

 

フィットネスジムで

フィットネス中は音楽を聴きたくなりますね。

ポケットにipod nanoなんかを入れて聴きながらフィットネスしてる人もいますが、結局コードが煩わしかったり、誤って体重かけて画面割ったりすることもあるらしいです…

EARINならipodやiphoneを少し離れた場所に置けるので、こういったことを避けてフィットネスに集中できます。

 

通勤電車で

通勤電車でもEARINはオススメです!

通勤電車、特に都内だと満員なので、普通のイヤホンだとケーブルが他の人のバッグとかに引っ掛かるんです…。

もし自分がちょっといいイヤホンを買って、それが満員電車で他の人のバッグに引っ掛かって千切れたりしたら…想像もしたくないですね!

EARINなら大丈夫です。

 

 

【国内正規品】完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォン EARIN M-2 Black EI-3002

新品価格
¥28,557から
(2018/10/24 12:31時点)

※シルバーカラー8/31発売 【国内正規品】完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォン EARIN M-2 Black EI-3001 EI-3002【DZONE店】

価格:28,944円
(2018/10/24 12:32時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

【完全独立イヤホン】Nuheara IQBuds レビュー! 

左右が無線でつながる「完全ワイヤレスイヤホン」が人気です。Appleの「AirPods」が大ヒットしてからというもの、音質や左右の接続性に工夫をこらした製品が次々に登場、スマートフォンユーザから熱い視線を集めています。そこに現れたNuheara(ニューヒエラ)の「IQbuds」、確かに括りとしては完全ワイヤレスイヤホンですが、カテゴリの枠を超えた機能が……。その詳細に迫ります

セットアップ

事実上すべての真のワイヤレスイヤホンのように、最初のステップはイヤホンを完全に充電することです。IQbudsの充電には1.5時間、ケースを完全に充電するのに2.5時間かかります。そのため、4時間プラグインすることをお勧めします。小さなボタンを手前に押してケースを開かずに充電状態を確認することができます。短く押すとイヤホンの充電状態が表示され、長く押すとケースの充電状態が表示されます。

次は、あなたに最高のフィット感を与えるイヤーチップを選ぶことです。目標は快適性を犠牲にすることなく外耳道を完全に塞ぐことです – 私たちは、大きな楕円形のイヤーチップが最もフィットすることを発見しました。IQbudsをあなたの電話機とペアにするには、IQbudsアプリを開き、芽を入れ、両者の外面を5秒間タッチして保持します。芽は口頭で「ペアリング」を発表し、スマートフォンのBluetooth設定を使用してプロセスを完了します。

機能とデザイン

IQbudsはBragiのDashイヤホンドップラーラボのHere Onesとデザインが似ています。内蔵マイク用の各芽には2つの小さな開口部があり、周囲の音を逃さずに音楽や通話を聞くことができます。イヤホンは、内面にLとRのインジケータが付いていますので、簡単に区別できます。

音楽ストリーミングやハンズフリー通話は印象的でした。

それぞれの芽の側面に触れることで、さまざまな機能が制御されます。左のイヤホンをタップすると、携帯電話から音楽が再生または一時停止されます。電話がかかってきたら、音楽は終了し、1回タップするとその電話に応答します。長いタップは、通話を拒否したり、進行中の通話を切断したりします。右イヤホンをシングルタップすると、音声拡張モードがオンまたはオフに切り替わります。長いタップでロケーションプロファイルが切り替わり、ダブルタップするとSiriまたはGoogle Nowがアクティブになります。他のすべてのコントロールと設定はNuhearaの独自のスマートフォンアプリで処理されます。

Nuhearaは、2017年10月3日にファームウェアリリース1.2.0のIQbudsにカスタムタップタッチ機能を追加しました。この機能により、ユーザーは個人的な好みに基づいて両方の芽にタップタッチコントロールを設定できます。左または右のイヤホンで、8つの異なる機能をシングル、ダブル、ロング、またはショートタップで機能させることができます。使用可能な機能は、ワールドオン/オフ、音量アップ、音量ダウン、次のトラック、戻る(前)トラック、再生/一時停止、位置の変更、Siri / Google Nowの起動です。

IQbudsでのカスタムタップタッチの設定は、付属のタップタッチメニューで簡単です。まず、6つのタップタッチの選択の1つ、たとえば左ダブルタップを選択します。その選択肢の6つの選択肢が表示されます.Googleアシスタント(この場合はAndroid搭載端末)がデフォルトまたは現在の選択肢として表示されます。再生/一時停止などの別のアクションを選択するには、その選択肢のアクションボックスをタップするだけで、IQbudがスマートフォンアプリに接続されていることを前提に、直ちに変更が行われます。注:芽とアプリの間のBluetooth接続が壊れていると、IQbudsアプリはロードされません。

バッテリー寿命に関しては、私たちのテストでは、IQbudは連続した音楽を3.5時間、または1回の充電でサウンドフィルタだけで約5.25時間持続しました。私たちは、デフォルト設定と非常に近い独自の設定の両方でサウンド増強をテストしました。これとは対照的に、ドップラー・ラボのHere Oneは2時間の音楽ストリーミングと約3時間のサウンド増強しか提供していません。

アプリ

IQbudsのアプリは比較的単純ですが、ハングアップするには時間がかかるかもしれません。パーソナルプロファイルアプリ設定ページでは、全体の増幅、各耳の相対音量、および周波数ブースト設定を設定できます。Doppler LabsのHear Oneイヤホンと同様に、このアプリでは、個人の聴覚プロファイルを設定し、次に、それぞれの実際のサウンド特性に基づいて一般的な位置ノイズと音声処理を調整できるように、異なる位置設定を構成することもできます。

ホーム、運転、レストラン、オフィス、ワークアウト、ストリート、飛行機、音楽など、8つのロケーションベースのフィルタが利用できます。IQbudsから直接選択できるのは4つだけなので、4つは心臓のアイコンをタップしてアプリで選択したものです。

8つの場所のそれぞれについて、円形のスライダを使用して周囲の音を制御するIQVolumeを最初に設定する必要があります。いくつかの設定のデフォルトは、いつも始めるのに適しています。スライダを午後2時または3時頃に設定します。次に、NuhearaがSuper Intelligent Noise Cancellation(SINC)と呼ぶものを設定します。周囲の音から声を分離するのに役立つ設定です。デフォルトの設定は場所によって異なりますが、開始するのに適した場所はIQボリュームの1時間前です。したがって、全体の音量設定が午後3時の場合は、SINCレベルを4pに設定します。最後にLive EQをクリックし、別の円形スライダを使用して周波数に基づいてノイズキャンセルを調整します。

あなたはいつでもアプリから位置設定を再構成することができ、イヤホンでリセットされます。私たちのヒアリングのために適切なサウンド設定を得るためには、さまざまな場所をテストするのに約1週間かかりました。それが設定されたら、私たちはほとんど変更を加えませんでした。

耳のバランスの問題を解決するために、各耳にスライダを調整した2本の垂直バーがあります。一般的なサウンドの増幅が必要な場合は、スライダーを両側の中央の位置に移動し、相互に相対的に調整して、サウンドを中央に配置します。テストでは、音楽を聴き、リードシンガーの声が集中するまでスライダを上下に動かしました。ここでは5種類のイコライザー設定があり、耳に合わせて調整することができます。

音楽ロケーション設定で調整するNuhearaのブレンドモードでは、周囲の音を聞かずに音楽や電話を聴くことができます。この設定が適切に構成されていると、私たちはまだ揺れ動いている間に誰かが話すのをはっきりと聞くことができたことに驚いていました

コンフォート

イヤホンとの良好なフィット感の2つの尺度は、快適さとパフォーマンスです。適切な耳の先端を選択することは、多くの場合、両方のキーです。約1週間のうちに、耳にイヤホンが付いていることさえ忘れ始めました。これは、あなたが適切なフィット感で達成できる快適さのレベルについて話しています。

毎日のパフォーマンス

IQbudsをゼロから再充電するのに約1.5時間かかりますが、私たちは一日中着用していませんでした。私たちはそれらを取り出した後、彼らは充電ケースに入って、毎晩2番目または3日目にケースに接続しました。もちろん、バッテリの寿命を長くしたいのですが、実際の使用では、決して電源が切れませんでした。

Nuheara IQbudsのレビュー
Bill Roberson /デジタルトレンド

現在の世代の他の多くの真のワイヤレスイヤホンと同様に、NuhearaのIQbudsは、NXPのワイヤレスNFMI(Near Field Magnetic Induction)を採用して、2つのイヤフォン間で音を同期させます。左右のイヤフォンの同期の違いに気付かなかった。

日常的な使用に関する特別な注意事項:最初にIQbudをテストしたとき、外部の風雑音はわずかな微風で顕著でした。私たちは食べながらイヤホンを身に着けたとき、私たち自身の噛みを聞くことができました。当時、Nuhearaは私たちに、それらの音をキャンセルまたは最小化するよう働いていたと言いました。2週間後、私たちは両方の音に慣れたので、少し気にしていましたが、それほど騒がしい音でもありませんでした。

しかし、2017年10月のファームウェア1.2.0アップデートでは、外部の風雑音が大幅に減少しました。以前は、ウォーキングの動作だけで十分な騒音が発生していましたが、ファームウェアのアップデートでは騒音レベルはほとんど目に見えませんでした。噛む食べ物はまだ芽には聞こえますが、それは当初の問題ではなく、大きな問題ではありません。

音楽の再生と電話

音楽再生とハンズフリー通話はIQbudsで印象的でした。Spotifyで様々な音楽スタイルを聴くことは期待を上回りました。ベース音の深さ、明確な上限周波数、簡単に識別可能なミッドレンジ音に満足していました。これは、あまりにも多くのヘッドホンで混乱しがちな周波数帯です。

音声通話は大声で鮮明になる傾向がありました。人々が電話でどのように聞こえたかを尋ねたところ、彼らはイヤホンを使用していたことを知らず、音声が背景に染み込むなど、Bluetoothの一般的な問題のどれにも気づいていませんでした。

音声強調

IQbudsは音楽や通話には最適ですが、最初に音楽ストリーミングを希望する人は、IQbudsに300ドルを支払う必要はありません。半分の価格で他にもたくさんの選択肢があります。他の人の言葉をよく聞くためのノイズキャンセリングとボイス機能強化は、ほとんどの人がこの値段で聞き取り音を選択する理由です。

私たちは、レストラン、ネットワーキング会議、混雑した教会、高速道路での運転など、幅広い設定で音声強調のためにIQbudsをテストしました。最初の数回のテストでは、大きなデリで直接私たちの向こう側に座っている人と、ハード・アコースティックで会議室を横切って座っている人の両方がどれくらい明確に聞こえるか驚いていました。声は大きくはありませんが、はっきりとしています。すべての講演者がネットワーキング会議で自分自身を紹介することを何年にもわたって初めて聞きました。

約1週間以内に私たちは私たちの耳にIQbudsがあったことを忘れてしまいました。

他の人が言っていたことを理解する能力が向上したのは、このレビューアの音声の明瞭さに関する通常の問題と比較して劇的なものでした。途中で座っていた町で一番大きなレストランで食事をしたとき、私たちはランチの同伴者やウェイターに一度でも繰り返してもらう必要はありませんでした。テスト中にSUVで高速道路を運転している間、私たちは大きなタイヤの騒音を知っていました。次の停止時にアンビエントサウンドの設定をダイヤルバックした後、ノイズはより鈍くなり、もはや会話に干渉しなくなりました。

500〜600人の人々が集まっている大教会の真ん中で、合唱団からスピーカーまで、音の方向性を初めて聞いた。各サービスが始まる大きな拍手が劇的に減少しました。

おそらく最も劇的な改善は家庭内で行われていました。そこで、家族に繰り返し繰り返すように求める絶え間ない必要性が大幅に軽減されました。全体として、NuhearaのIQbudsの声理解能力を向上させる能力は、私たちが望んでいたよりも優れており、非常に優れていました。

保証情報

Nuhearaは、米国では1年間の保証がありません.Nuhearaは、製品の修理または交換、または購入価格の払い戻しを選択することができます。

私たちのテイク

IQバッドは、私たちが投げたすべてのテストに合格しました。私たちの主な焦点は、さまざまな設定でのスピーチを理解するために適度な聴力損失を持つ人を支援する能力を測定することでした。また、新しい「聞き手」のジャンルであるHere Hereの唯一の本当の競争をはるかに超えるバッテリ寿命を備えた、印象的な音楽再生とハンズフリー通話を提供します。

よりよい選択肢がありますか?

頻繁に参照されるように、IQbudの唯一の本当の競合相手はDoppler LabsのHere ‘s Ones ですが、バッテリー寿命の違いはIQbudsを先取りしています。実際、IQbudsの3.5時間バッテリーが長持ちすることを願っています。機能のゴブを探している人はBragi’s Dashをチェックすることもできますが、それらは独自の問題を伴います。周囲の音量を増やすことはできません。機能とユーザビリティについては、この時点ではIQbudsが最高です。

彼らはどれくらい持続するでしょうか?

DTアクセサリーパック

IQbudsのようなスピーチヒアリングの改善に焦点を当てた本当に無線の可聴音は、真新しいウェアラブルカテゴリであり、大規模な需要になる可能性のあるものを満たすためにのみ競争が激化します。しかし、Nuheara氏は、IQbudsのソフトウェアとファームウェアは、将来の世代に対応できるように、時間とともに更新されると主張しています。イヤホンと充電ケースは丈夫であるように見えます。両方とも、様々な設定で腰の高い液滴から生き残っています。バッテリーが最後であると仮定すると、長年の使用が期待されます。

あなたはそれらを購入する必要がありますか?

他の人が言っていることを聞いて助けが必要だが、実際の補聴器が必要だと思っていない(考えたいと思っている)人は、購入してください。IQbudの音楽再生は非常に優れており、ハンズフリー通話には最適ですが、周囲の騒音が他人の声を聞くのが難しい環境で最も明るく輝きます。

あなたがろう者であるか重度の難聴をしている場合は、IQbudsを購入しないでください。彼らは医療補聴器ではなく、聴力を回復しません。彼らは耳鳴りを減らしたりキャンセルしたりしません。3.5時間以上の音楽再生または5.25時間のスピーチ強化が必要な場合は、期待を下げるか、これらのパスを与えます。

 

 

Nuheara IQbuds トゥルーワイヤレスイヤホン Bluetooth フルワイヤレス イヤホン iPhone android iPad 対応 ノイズコントロール 機能【国内正規品 メーカー1年保証】

価格:39,194円
(2018/10/24 12:37時点)
感想(0件)

Nuheara IQbuds トゥルーワイヤレスイヤホン ノイズコントロール 通話 機能 バッテリーケース付き Bluetooth 4.2 イヤーピース フルワイヤレス イヤホン iPhone android iPad 対応 イヤーピース 4サイズ 2種類

新品価格
¥39,194から
(2018/10/24 12:37時点)

ヤフオクはこちらから!!

IPX4防水規格に対応した完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」

WF-SP700N

2018年4月に発売が開始されましたIPX4防水規格に対応する完全ワイヤレスイヤホン、「WF-SP700N」です。
SONY初の完全ワイヤレスイヤホンとして話題となった「WF-1000X」の第2弾ということもあり、注目されている人も多いのではないでしょうか。

「WF-SP700N」は左右独立型として「世界初」となる、ノイズキャンセリング機能と防滴性能(IPX4)を両立した、ワイヤレスステレオヘッドセットになります。

WF-1000Xのスポーツ特化版といった感じですね。
とっても軽くて装着性もバツグンです。

防滴仕様なのでスポーツだけでなく、汗をかくような季節にも安心して使えるので、オールシーズン使える音のイイワイヤレスイヤホンを探しているって方には、おすすめな1台だと思います。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、イエロー、ピンクの4色です。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、イエロー、ピンク

 

主な搭載機能

  • 左右独立型スポーツモデルとして世界初デジタルノイズキャンセリング機能搭載
  • 「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」搭載
  • JIS防水保護等級IPX4相当の防滴対応
  • アプリ「Headphones Connect」に対応
  • SiriやGoogleアプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動に対応

主な仕様

  • 型式:密閉ダイナミック
  • 重量:本体(左右各)約7.6g
  • ケース重量:45g
  • 対応コーデック:SBC, AAC
  • 対応Bluetoothプロファイル:A2DP / AVRCP / HFP / HSP
  • 充電時間:本体約1.5時間、充電ケース約3時間(フル充電)
  • 電池持続時間(音声再生時):最大3時間

バッテリーライフ 最大3時間×2

「WF-SP700N」には充電機能を用意した専用ケースが付属します。

ヘッドホン部分のバッテリーライフは最大で3時間。ケースには2回分の充電機能があります。
途中充電することで合計6時間の使用が可能です。
ちょっと短めな感じもありますが重量との兼ね合いなんでしょうね。

ペアリング

まずは充電。完了しましたらスマホとのペアリングを行います。

L側のイヤホンを充電器から取り出してボタンを長押しすると本体がペアリングモードに入るので、スマホ側のBluetooth設定で「WF-SP700N」を選択すればペアリング完了です。

更にこの機種は、NFCを使ったワンタッチペアリングにも対応しています。

本体を充電ケースから取り出して電源オン状態にした後、充電ケースのNFCマークにスマホをタッチするとワンタッチでペアリングが完了します。

ヘッドホン部分の操作は慣れが必要

小さな本体に小さなボタン、操作するには少し慣れが必要です。

左側本体のボタン操作はノイズキャンセリングや外音取り込みなどの機能切り替えのみ。
右側本体のボタン操作はちょっと複雑です。再生と一時停止はシンプルな1アクションですが、早送りや早戻し等の操作は複数回のアクションを起こすことで操作出来るようになっておりますので覚えておくことが必要です。

ちなみに音量操作はヘッドフォン部分では出来ません。接続機器側で行う必要があります。
この辺はちょっと残念ですね。耳元操作だけで完結出来れば最高でした。

【R側のボタンの操作】

  • 短1回押し:再生/一時停止
  • 短2回押し:次曲の頭出し
  • 短3回押し:再生中曲の頭出し
  • 1回押して離した後長押し:早送り
  • 2回押して離した後長押し:早送り

【L側のボタンの操作】

ボタンを押すたびにモードが切り替わります。

  • ノイズキャンセリング「オフ」
  • ノイズキャンセリング「オン」
  • 外音取り込みモード

装着感

この辺は個人差が有るかと思いますが、私の場合装着感はとても良好に感じました。

耳のくぼみに入れるアークサポーターがしっかりイヤホン本体を支えてくれるので、長時間走っていても外れそうになったり位置を直したくなったりすることはありませんでした。

重量も7.6 gと十分軽く、体感的にも重さを感じることはありませんでした。
運動を前提としたイヤホンなので装着した時の安定感・快適性は重要ですよね。

 

音質

長い歴史で培ってきた技術を生かして安定感のある高音質です。EXTRA BASSという独自技術で迫力の低音を鳴らすことができるのも特徴です。低音がよりはっきり出ている感じかなという印象です。

専用アプリをダウンロードすれば、イコライザーで簡単に自分好みの音質に切り替えることもできます。

外音取り込みモード(アンビエントサウンドモード)

すっかり一般的になった外音取り込みモード。WF-SP700N にも搭載されています。

特にランニングなどで使用する方には必須な機能ですよね。

周囲の音が再生音と自然にミックスされて聞こえる感じです。
不快な感じもなく、長時間のランニングでも違和感なく使い続けることができました。

ノイズキャンセリング

防滴スポーツモデルながらノイズキャンセリング機能も搭載しております。

ノイキャンをオンにすると周囲の騒音のレベルが明らかに下がります。周囲の音が「スーッ」と小さくなるのがわかります。より音楽に集中できる感じです。ジムでトレッドミルなどをやる時などには良いですね。

スマホアプリ「Headphones Connect」

ソニーのスマホアプリをダウンロードすれば、細かい設定変更を簡単にできるようになります。

  • クイックサウンド設定(イヤホンのボタンから設定呼び出し機能)
  • 外音コントロール(ノイズキャンセリング、アンビエントサウンド)
  • イコライザー(8種類から選択)
  • 音質モード(音質の優先/接続の優先)
  • 音楽の操作(再生、停止、早送り)

その日の気分や周りの環境に合わせて簡単に設定変更して音楽を楽しめます。

まとめ

いくつか小さな不満点はあるものの、快適な装着感や防水性能、外音取り込み機能などランニングに欠かせない機能を備えつつ、スポーツ中のリスニングに適した感じの音質も好印象で、個人的には高得点なモデルだと感じました。

ランニングに特化した完全独立型のワイヤレスイヤホンを探している人には、現時点ではかなり有力な選択肢だと思います。

関連記事

WF-SP700NとWF-1000Xとの比較。両者の違いは?

WF-SP700NとWF-1000Xとの比較。両者の違いは?

SONY WF-SP700N vs SONY WF-1000X vs Apple AirPods 比較レビュー

 

 

 

 

 

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

新品価格
¥20,704から
(2018/10/25 10:48時点)

SONY(ソニー) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(ブラック) WF-SP700N-B

価格:22,026円
(2018/10/25 10:47時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちらから!!!!

Xperia Ear Duo(XEA20)実機レビュー!!

全く新しいと言ってもいいデザインで登場した、ワイヤレスイヤホンのXperia Ear Duo(XEA20) 開梱レビューをお届けいたします!

デザインもさることながら、耳をふさがず、外音を取り込む遮音性は「ほぼゼロ」のイヤホン。それでは早速開梱してみます。

Sony Xperia Ear Duo

互換性の面では、Xperia Ear DuoはAndroid 5.0以降を実行するすべての携帯電話で動作しますが、iPhone搭載の携帯電話はiOS 10以降を使用している場合に使用できます。

設計

  • あなたの耳に入れるのが難しい奇妙なデザイン
  • あなたの耳たぶの周りをタッチパッドでつかみ、相互作用する
  • 大型だが持ち運び可能なワイヤレス充電ケースが付属

ソニーがXperia Ear Duoのために選んだ奇妙なデザインから脱却することはできないので、まずそれから始めましょう。これはユニークに見えるヘッドセットですが、真のワイヤレスヘッドセットの導入により、近年変化してきたことの多くを反映しています。

Ear Duoはワイヤで接続されていない2つのイヤフォンで構成されています。これは真のワイヤレスが意味するものです。これらはどちらもワイヤレス充電ケースに収められています。詳細については後で詳しく説明します。そのため、携帯して歩いているときに携帯することができます。

Apple AirPodsや他のほとんどの真のワイヤレスヘッドフォンとは異なり、Sony Xperia Ear Duoは実際にはビジネスの耳に巻き込まれたBluetoothヘッドセットに似ています。

バッテリー、それと相互作用するタッチパッド、およびその他のさまざまなセンサーを収容する、厚い技術の部分があります。それはあなたの耳の後ろに座っています。小さな金属バンドが耳の周りを曲がり、イヤホンが音を聞くことができます。

私たちが最初にXperia Ear Duoを箱から取り出したとき、我々はそれらを着用する方法によってちょっと混乱しました。あなたがそれらを入れることを意味する方法を実証するための便利なガイドがありますが、会社がそのメッセージを含める必要があることを戸惑わせるのは本質的に問題です。

私たちは、他の人にTechRadarオフィスで試着してもらうように頼みました。そして、しばしば、彼らはそれをやり遂げる方法を知っていても、耳に入れてしまうのが苦手でした。私たちは1週間以上ヘッドホンを装着していましたが、まだ耳に入れようと努力しています。

一度ヘッドフォンのしくみに慣れても、耳の周りにはそれぞれ10秒ほどの時間がかかります。おそらく、私たちは特に長い耳たぶを持っていますが、私たちはしばしば、最初の外出時に耳の底の周りにイヤピースを快適に着けるように苦労していることがよくありました。

この巨大な技術を耳の後ろに置くのは奇妙な感じですが、特に不快なことではありません。それぞれが軽いので、彼らはあなたの耳の中によく座り、頭の両側を軽く叩くことはありません。

このような複雑なことを説明するために、Xperia Ear Duoが耳の周りにどのように座っているかを理解するのに役立つこのビデオを共有しました。

内耳には小、中、大の3種類の選択肢があります。メディアが完璧なサイズであることを理解するまでに時間がかかりましたが、これまでヘッドセットの内部は快適でした。私たちはまた、彼らがApple AirPodsとは言い切れないような、耳から落ちるようなことは一度も感じていませんでした。

スマート機能にアクセスするには、耳の後ろに座っているビットの側面に指を使います。これは手が届きやすく、うまく機能します。

タッチパッドの上で指を動かして音量を調整したり、音楽を一時停止して再生したりすることができます。1つの興味深い奇抜な点は、左のイヤホンを軽くたたくだけで止めることができるということです。ヘッドセットを正しく使用できるようにするには、両方のイヤピースを着用する必要があります。

あなたは両方のボリュームを変更することができますが、何らかの理由で正しいものを身につけているだけであれば、音楽をすばやく一時停止することができなくなります。代わりに、適切なものを長押ししてGoogleアシスタントを開くことができます。この間、簡単にタップすると通知が提供されます。

Xperia Ear Duoヘッドセットが馬鹿に見えるという事実を知ることはできません。つまり、Apple AirPodの外観も特に好きではないが、それらはiPhoneファンのための人気の高い選択となっている。そのため、Sony Xperia Ear Duoは多く採用される見通しであるかもしれない。

Xperia Ear Duoを購入する予定がある場合は、黒色(このレビューを通して描いた写真)または金色で購入できます。元々Xperia Ear Duoをテストしたところ、銀色でも見ましたが、ソニーが完全版でその色を決めたようです。

Xperia Ear Duoに付属の充電ケースは大型ですが、小さなバッグやバックポケットにも簡単に挿入できます。薄いですが、ラウンドデザインは大型ですが、大型のケースではありません。

これは、Apple AirPodとその充電ケースと同じように持ち運びがスリムで簡単ではないので、簡単にポータブルデバイスを探している場合、これはあなたの通りを正しくすることではないかもしれません。

音の質

  • あなたの周りのオーディオや世界を聞くことができるオープンなデザイン
  • 騒々しい環境には適していません。
  • あなたがオフィスで聞くことができるが、まだ音楽を聞くことができる場合に有益です

おそらく、Xperia Ear Duoの最もユニークな機能は、ヘッドセットを使用しているときにあなたの周りの世界を聴くことができるという事実です。これは、大きな有線ヘッドセットやノイズキャンセリングヘッドフォンのようなあなたの周辺のすべてをブロックするつもりはありません。

それは利益とネガの両方を持っています。つまり、Xperia Ear Duoを使って自転車に乗ったり、自転車に乗ったりして、音楽を聴いていても、あなたの周辺と調和していることを知ることができます。

引き続き音楽を聴きながら、あなたの周りの会話や交通を聞くことができます。これは、音楽を聴いているときに、より安全なタッチになることを意味します。

AfterShokzやその他のスポーツ向けブランドから得られる骨伝導オーディオヘッドセットに似ています。

しかし、これらのヘッドフォンがあらゆる状況で動作するわけではありません。このレビューを書いたとき、私たちは長距離飛行でSony Xperia Ear Duoを着用していました。ノイズキャンセリングが必要な状況や、仕事に集中したり、エンターテインメントを観たり、周辺の飛行機の騒音を吹き飛ばしたりするヘッドフォンが必要でした。

これは、Xperia Ear Duoが特にうまく機能しない状況の1つです。最大音量で周囲の騒音を取り除くのに十分ではなく、周りの人が聴くことのできる機能をオフにするスイッチはありません。

あなたの周りで聞くことができれば便利ですが、状況によっては私たちの周りの周囲の騒音がなくても、オーディオに没頭する機会を逃してしまいました。あなたが大音量の環境にいる場合、Xperia Ear Duoは役に立たないです。

ノイズを殺す可能性のあるヘッドフォンが必要ではないと思うなら、これはあなたの路地のすぐ上にあるかもしれませんが、ヘッドセットが必要な場合は地下鉄や忙しい道を歩くことができます。

実際の音質に関しては、Xperia Ear Duoは大丈夫なオーディオを提供し、真のワイヤレスヘッドフォンのミッドレンジ価格のペアから期待されるものを中心にしています。それは驚くべきことではなく、オーディオファンを賞賛しませんが、オーディオは、この価格の周りの他の製品から聞いたものと似ています。

最大音量を少し大きくすることもできましたが、ソニーがヘッドセットに搭載した特定のアイデアではなく、この技術の限界と思われます。

ここでは適応型の音量調整があります。そのため、ヘッドセットが周囲の騒音を聞くと、音量は自動的に増加し、周囲に何もないときは騒々しくなりません。

ボリュームを十分に大きくすることはできないとわかりましたが、ボリュームを上げるためにゆっくりと動作することがよくありました。設定でこの機能をオフにして、標準的な音量レベルにすることができます。この機能を停止するには、これを頻繁にやっていることがわかりました。

スマート機能

  • Sony Xperia Ear Duoの優れた機能
  • 通知を読み、アップデートを共有し、お使いの携帯電話のAIアシスタントに接続します
  • ヘッドジェスチャーを使用すると、電話に触れることなく電話を操作できます

スマートな機能は、Xperia Ear Duoが成功する場所です。音量を一時停止および変更する機能と同様に、右のイヤフォンは、すべてのスマートな機能をコントロールできる場所です。

ソニーのボイスアシスタントが貴方の耳に直接栄誉を授与して、あなたの通知を読み上げます。

ヘッドセットを持ってきたら、通話が届いたらすぐにあなたの電話通知を読むことができます。これは、友人からWhatsAppメッセージを受け取った場合、一部のヘッドセットが提供するよりロボット的な “WhatsApp message from John McCann:hello”ではなく、 “John McCann says hello”と聞くことになります。

スマート機能の設定を変更できるSony Xperia Ear Duoアプリ。

スマート機能の設定を変更できるSony Xperia Ear Duoアプリ。

これはあなたの電話に表示されるときに、あなたのすべての通知を読み上げます。携帯電話からバッテリ寿命を最適化できるという通知があれば、その耳に読んでもらえますが、それは特に有用ではありません。

また、すぐにあなたのメッセージを読んでいます。あなたがグループチャットの一部であっても、常に更新されていると迷惑をかけることがあります。しかし、それはあなたが走っていて、携帯電話が振動していると感じるときに便利です。

Sony Xperia Ear Duoモバイルアプリで読み込むアプリを選択して選択することができます。ここでは、すべての通知を簡単に無効にすることもできますが、通知を無効にすることは簡単なことではありません。

右のイヤホンを長押しすると、スマートフォンのデフォルトのAIで挨拶されます。Androidを使用している場合は、Google Assistantになる可能性が高いため、すぐに質問をしたり、携帯電話の機能をすぐに変更することができます。

ヘッドセットがわれわれの要求を理解していることがわかりました。あなたの電話を開くことなくクエリを知ることが必死なら、すぐにこれを使うことができますが、これらをあなたの耳に入れても、あなたの電話に話すのは間違いです。

ヘッドセットには頭振りも付いているので、頭を動かして通話に応答したり辞退したり、トラックをスキップしたり、メッセージを停止したりすることができます。

Xperia Ear Duoでの頭の動き。

私たちはこれが素早く簡単に行えることを発見しました。電話を受ける際に頭がうなずいた場合、電話に応答します。

しばしば、それぞれのことについての特定の頭振りが何であるかを忘れているので、これは、特にあなたがあなたの電話機とやり取りすることをより容易にするつもりはありません。

バッテリー寿命

  • 1回の充電から約3時間続きました
  • 充電の場合も最大3つの追加料金が加算されます。これは便利です

あなたが充電ケースを持っているなら、Xperia Ear Duoのバッテリー寿命はかなり印象的です。充電の場合を除いて、ヘッドセットが100%から約3時間続くことがわかりました。

これは、Xperia Ear Duoの多くの機能と、オーディオ全体の聴き取りを行う私たちと一緒でしたが、イヤフォンのより大きなデザインを考えると、バッテリーの寿命はそれほど長くありませんでした。

充電ケースはソニーによると、ヘッドセットに最大16時間の充電が追加され、充電ケースに30分間スナップすると、100%に戻すことができました。

それは便利ですが、あなたを吹き飛ばすことはないでしょう。素晴らしいバッテリーを探しているなら、このヘッドセットを買うべきではありません。

Sony Xperia Ear Duoには本当に好きな機能がいくつかありますが、それは多くの人に適した製品だとは思いません。

真のワイヤレスイヤホンは現在普及しており、このタイプのヘッドセットにリスニング可能な機能を組み込むことは、付加価値を高める素晴らしい方法ですが、ヘッドセットそのものを損なうネガティブな要素があります。

しかし、皆さんのための製品ではないと懸念している限り、ソニーは、今の市場とはまったく違った見た目と機能を持つ独自の製品を開発することを賞賛しなければなりません。

これは誰ですか?

あなたの耳に届いたときにあなたの通知を直接読むという考えが大好きです。Xperia Ear Duoはあなたの路地を右折しなければなりませんが、耳の中のDuoを購入する前に考慮する必要があることがいくつかあります。

あなたの周りの騒音をキャンセルするヘッドセットを探しているなら、これはそうではありません。このテクノロジーは純粋にオーディオを提供するように設計されており、トラフィックや会話などの周囲の騒音を日常生活の中で鳴らすことができます。

あなたが頻繁に外で運動したり、忙しい地域で散歩をしている場合、この機能はあなたがどこにいるかを熟知することができるので素晴らしいです。公共交通機関に乗っているときや、忙しいオフィスに集中しようとしているときは、それをオフにすることはできません。あなたの周りに何が起きているのかを聞くことができます。

そのすべてが訴えるならば、Xperia Ear Duoは完璧かもしれません。そのすべては、私たちはデザインのファンではないと言いました。これらはあなたの耳たぶの周りにぴったりとは見えず、履いていくのが難しいですが、一度着用すれば着用するのが苦ではありません。

あなたはそれを買うべきですか?

あなたが上で話した特定のアンビエントオーディオ真のワイヤレス体験を探しているなら、これを買ってください。

ここにはスマートな機能がたくさんありますが、ヘッドフォンの設定を変更すること(ヘッドフォンのボタンを使って行うことが多い)、通知を読んだりできることGoogle Assistantを起動します。

状況によっては、これらの機能が役立つことがわかりますが、多くの人が、音楽を聴きようとしている間、常に通知を読むことに苛立っています。

さらに、Xperia Ear Duoの価格を念頭に置いておきたいと思います。これは現在購入可能な他の多くの真のワイヤレスヘッドセットと比較して低速ではありません。Apple AirPodの価格は159ドル159.99ポンドで、Xperia Ear Duoと非常に似ているため、iPhoneを所有している場合は検討する価値がある。

これは多くの規定のように聞こえるかもしれませんが、真実はXperia Ear Duoが非常に特定の人を念頭に置いてデザインされていることを示しています。これらのうちから

そして、あなたがデザインのファンでなければ、Sonyが将来的に新しいXperia Ear Duo製品を改良するかどうかを知りたいかもしれません。

 

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP : オープンイヤー ボイスアシスタント機能 クアッドビームフォーミングマイク搭載 2018年モデル ブラック XEA20JP B

新品価格
¥28,559から
(2018/10/29 11:35時点)

【送料無料】 ソニー SONY フルワイヤレスイヤホン イヤーカフ Xperia Ear Duo XEA20JP ブラック [左右分離タイプ /Bluetooth]

価格:32,270円
(2018/10/29 11:36時点)
感想(2件)

ヤフオクはこちらから!!

ナチュラルなサウンドが特徴のワイヤレスイヤホン BeatsXのレビュー

BeatsXナチュラルなサウンドが特徴のワイヤレスイヤホン BeatsXです。

今回、私が僕が購入したのはBeatsXのブラックモデル。

カラーラインナップは他に「ホワイト」「ブラック」「ブルー」や「グレイ」が用意されています。

「BeatsX」は、いわゆるカナル型(密閉型とも)と呼ばれるイヤホンタイプ。耳の中の隙間を埋めるようにピッタリとはまる設計で、外からの音をシャットアウトし、純粋な音楽を楽しむことができます。

そして、超軽量。BeatsXの重量はたったの21gと、とても軽いんです。ランニングなどの際に使っても全く邪魔にはなりません。

 

装着感

「BeatsX」の着け心地は、個人差があるかと思いますが、私の場合はジャストフィット。頭をブンブン揺すっても耳から落ちることはほとんどありません。少しケーブルが長いので、背中に引っかかって耳から外れそうになることはありますが、それはどのイヤホンでも起こることですよね。

羽型のイヤーチップを装着することでさらに外れにくくなります。

ちなみに、耳に装着していない時はマグネットで左右のハウジングを一体化することができるんです。これによって、イヤホンがネックレスのようなリング状になるので、首から下げている時にイヤホンの落下を防ぐことができます。保管の際もイヤホンがポーチの中で絡む事を防いでくれるメリットもあります。

操作

BeatsXケーブルの途中には、音楽コントロールや電話応答ができる「RemoteTalk」リモコンと、Lightning充電ポートや電源ボタンが搭載したバッテリーが搭載。とてもシンプルな構造だ。

リモコンで音楽の再生や停止、曲送りや曲戻しができるのは地味に便利。こればかりは「AirPods」にもない機能。ボリュームの上げ下げもできます。

 

音質は

気になる音質については主観ですが、BeatsXの音質はかなり良いなぁという印象です。

実際の音を聞いてビックリしたのですが、同イヤホンの音質は想像していたよりもフラットです。
Beatsのイヤホンやヘッドホンは低音域が強いイメージだったのですが、BeatsXについては低音域が弱い気がします。

その代わりといっては何ですが、BeatsXの出す音はとてもクリアで繊細な印象です。ダイナミックさには少し欠けますが、音の再現性は忠実で、イヤホンとしては優秀な部類かと思います。

私が普段聞くジャンルはロックだったりポップスだったりするので、相性が抜群だったのかもしれません。

バッテリー持ちは

最大8時間利用できるバッテリーを搭載します。8時間も持てば、少なくとも日中は使い続けることができます。
急速充電機能のFast Fuel機能により、5分のクイック充電で最大2時間も使うことができるのも魅力。45分充電すればバッテリーを最大まで充電することが可能です。

Apple製品との相性は抜群

BeatsXはAirPodsにも採用されている「W1」と呼ばれる新型チップを搭載しています。

この「W1」チップのおかげで、Appleの製品と瞬時にペアリングすることが可能になってます。

BeatsXの電源を入れると、すぐに近くのiOS端末とペアリングを開始しようとします。一度ペアリングが完了すると、同じApple IDで紐づけられた製品であれば再度ペアリングをする必要がなく、シームレスに接続する端末を切り替えることができるようになります。

そのおかげで、例えば外出中はiPhoneと接続し、家に帰って来たらiPadと接続して・・・といった感じでストレスなく接続できます。
従来は、わざわざペアリングを解除し、再ペアリングしなくてはいけなかったのが「W1」チップのおかげでストレスフリーになりました。
BeatsXの電源を入れるだけでペアリングが完了する。思っている以上に便利すぎます。

Siri

BeatsXの魅力は、「W1」チップによるApple製品との連携であることは間違いないですが、もう一つ便利な機能があります。それは「Siri」を使うことができるという点。

Apple製品であればどのデバイスにも搭載されている「Siri」が、BeatsXから起動することができるんです。
「Siri」を使いたい時は、「RemoteTalk」リモコンの真ん中のボタンを長押しします。
そうすると「Siri」が起動しますので、あとは伝えたいことをBeatsXのマイクを通じて話すだけ。

試しにBeatsXを使って電話をかけてみましたが、相手には結構ハッキリと聞こえていましたたので、内蔵マイクの品質もそれなりに高いんだと思います。

まとめ

BeatsX低音域はやや弱い印象がありますが、とてもクリアで繊細な印象、音の再現性は忠実で優秀なイヤホンです。
音の癖がないぶん、多くの人が不満なく使えるのではないでしょうか。

価格帯もお手頃でおすすめのイヤホンです。

Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン BeatsX 密閉型 Bluetooth対応 ブラック MLYE2PA/A 【国内正規品】

新品価格
¥16,950から
(2018/11/5 10:50時点)

【送料無料】beats by dr.dre BeatsX Bluetooth ワイヤレスイヤホン MNLV2PA/A [グレイ]【新品・国内正規品】

価格:15,980円
(2018/11/5 10:50時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

Alexa対応「Jabra Elite 65t」完全ワイヤレスイヤホンレビュー!!最大5時間のバッテリー持続

 GNオーディオジャパンは、Jabraブランドの新製品として、AlexaやSiri、Google Nowの音声アシスタントに対応する左右分離型Bluetoothイヤフォン「Elite 65t」を5月14日より発売。価された!価格は23,130円。IP55準拠の防塵・防滴性能を備える。カラーはコッパーブラック、チタンブラック、ゴールドベージュの3色。

設計

Elite 65tはApple AirPodsのように耳の中にばかげてぶら下がっているわけではありませんし、Bragi Dash Proのような奇麗な三日月の光を揺らしているわけでもありません。代わりに、Elite 65tは、非常に短いアームを備えたJabra感が目立つモノラルBluetoothヘッドセットの設計に追尾しているように感じます。

Jabra Elite 65t

外側に向いた出っ張りの部分は、多機能ボタンを強調するために中央にJabraのロゴ+灰色のABSプラスチックで作られています。左の出っ張りの部分は多機能ボタンに切り込まれたノッチを備えているので、音量を調整してトラックを変更する側をなどを簡単に見分けることができる。

ロゴ以外のElite 65tイヤホンは黒いプラスチック製で、ケースには充電用の一対の金属コネクタが付いています。しかし、エリートは見た目だけではなく、耐水性と耐塵性に優れたIP55の準耐久性を備えています。不慮な事故のために2年間の保証もついている模様。

Jabra Elite 65t

JabraはAirPod(1.4 x 0.8 x 2.1インチ)を除いて、エリート65tを小さな充電ケース(2.8 x 2 x 1インチ)の1つに入れ込むのに成功しています。ブラックのメタルケースには、底面にマイクロUSBポートがあり、前面にJabraロゴがエンボス加工されており、開閉が容易なスナップ蓋が付いています。さらに2セットのシリコーンイヤーチップとマイクロUSBコードが付属しています。

Jabra Elite 65t 着用加減

エリートを2時間以上着用したが、非常に快適である。私は耳のシリコンを交換する必要は特になかったシリコンの耳は古いラジエーターを消音してくれたので最高だ

Jabra Elite 65tただ効力を最大限発揮させるためには、腕をまっすぐ上に上げ配置し、次に前方にねじることです。モノラルBluetoothヘッドセットと同様に、アームは顔に向けるべき。正確に配置されたときは運動中に落ちる心配はありません

セットアップとコントロール

Elite 65tの初期設定はかなりシンプルです。ボタンを3秒間押し続けると、電源が入り、ペアリングの準備が整います。女性の声でアナウンスされデバイスのBluetoothメニューを開き、ペアリングを選択するペアリングプロセスがガイドされます

Jabra Elite 65tJabraはコントロールの役割を賢明に分け、左は音量とトラックの変更と右の応答/終了コールの処理、デジタルアシスタントの再生/一時停止とキューイングを行います。

もっとアップビートなトラックに変更するには、左のイヤホンの後ろのノッチを押さえて前に飛びます。スリーピーブラウンの “I Can not Wait”の音を聞きたかったとき、フロントノッチを押さえましょう。音量を上げる必要があるとき、リアノッチにすばやくタップし、フロントを押して音量を下げました。電話に応答し、トラックを再生または一時停止すると、右の芽が素早くタップされ、ダブルタップでデジタルアシスタントが呼び出されます。

エリートのボタンをすばやく軽くたたくことで操作できます。

アプリ

エリート65tは無料のJabra Sound +アプリと連携して機能します。AndroidやiOSで利用できるこのアプリは、音声アシスタント、オーディオエクスペリエンス、コールエクスペリエンス、イコライザーなどの便利な機能をいくつか備えています。ソフトウェアは残っているバッテリーの寿命を追跡します

Voice Assistantを使用すると、デバイスのデフォルトアシスタント(私の場合はGoogle AssistantまたはSamsung Bixby)またはAmazon Alexaを切り替えることができます。オーディオエクスペリエンスでは、HearThrough機能を切り替えることができます.HearThrough機能は、イヤホンに周囲のノイズ(ある場合)がポンピングされるかどうかを決定します。ジョガーのための便利な機能、またはニューヨーク市の通りをナビゲートするだけの便利な機能です。自動ポーズとヘッドセットのプロンプトを調整することができます。

Jabra Elite 65tミュージックイコライザは、60ヘルツから14キロヘルツまでの5バンドEQを手動で調整する自由な範囲を提供します。低音、中音域、高音の調整に精通していない人には、いくつかのプリセットが必要です。最後に、コールエクスペリエンス機能は、通話中の音声の音量を調整する機能を提供し、弱いマイクのために通常よりも大きな音を出す必要がなくなります。また、コールの高音や低音を強調して、着信発信者の名前を聞くこともできます。

オーディオパフォーマンス

オーディオに関して、エリート65tは、本当にワイヤレスイヤホンの中で特にのお気に入りのペアです。耳にかなり緊密な密閉が確立されれば、ノイズキャンセリングが始まり周囲の騒音の大部分が遮断されます。

Janelle Monaeの “It’s Code”を聞いて、オーディオはバランスがとれており、バックグラウンドのボーカルからのリードを簡単に表現することができました。シンバルやパーカッションはリッチなベースとクリアなギターで鮮明ですし、エレクトリック・ウインド・マシーンのように、ベース・ギターはAirPodで本当にきれいに聞こえました。しかし、パーカッションはやや消音されていました。

バッテリー寿命とBluetooth

Jabraは、Elite 65tイヤホンは充電で最大5時間続くことができるとそうだ

エリートイヤホンが長続きする理由の一部は、Bluetooth 5.0に起因する可能性があります。最新のBluetoothイテレーションでは、Bluetooth Low Energyを使用しています。これは、標準Bluetoothよりも消費電力が少なく、バッテリ寿命が長くなります。Bluetooth 5.0では、リスナーは2つの別個のデバイスと同時に芽をペアリングすることもできます。そして、この技術は、芽が800フィートまでの信号を送信できる距離を4倍にします。ドアや壁のような障害物が信号を妨げる可能性があることに注意してください。

通話品質

会議スピーカーやモノラルBluetoothヘッドセットを作成するJabraの専門知識は、Elite 65tにも掲載されています。私はエリートを身に着けている間、そのボリュームと明快さに感銘を受けました。同社の4マイクロホン技術のおかげで、鮮明に聞こえたのは間違いない。

abra Elite 65t

コールオーディオの設定ではじめる必要はありませんでしたが、必要に応じて高音と低音を切り替えることができたこともありがたい部分。

買いなのか??

JabraはElite 65tに多大な価値と機能を詰め込んでいますスマートで丈夫で快適なデザインのワイヤレスバッドと、充電で最大5時間のバッテリー寿命は魅力的。ワイヤレスバッドのなかで新規で購入するなら候補に入りうるだろう。

Jabra Elite 65t チタニウムブラック 北欧デザイン Amazon Alexa搭載 完全ワイヤレスイヤホン BT5.0 ノイズキャンセリングマイク付 防塵防水IP55 2台同時接続 2年保証【国内正規品】

新品価格
¥22,480から
(2018/11/6 11:22時点)

【ポイント5倍】 【国内正規品】 完全ワイヤレスイヤホン Jabra ジャブラ Jabra Elite 65t Titanium Black 【100-99000000-40-R】 【送料無料】 bluetooth フルワイヤレス 左右分離型 両耳 完全ワイヤレスイヤホン 【2年保証】

価格:24,980円
(2018/11/6 11:23時点)
感想(7件)

ヤフオクはこちらから!!

スポーツイヤホン SONY MDR-XB80BSレビュー

ジムでのトレ-ニング中やランニング中に使えるイヤホンが欲しい!
そんな方にオススメのBluetoothイヤホン「MDR-XB80BS」です。
水洗いもできるIPX5相当の防水性能を備えたイヤーフック型のスポーツ向けイヤホンで、スポーツイヤホンの中ではハイエンドモデルにあたります。

自の高音質コーデック・LDACに対応しているのもポイントです。

今回購入したのはリファービッシュ品(メーカー再生品)です。なので箱は付いておりませんでした。
キャリングポーチとUSBケーブルが付属しております。

かなり大きめのイヤーフック形状です。見た目の通り、このイヤホンは大きなフックを耳全体にかけて装着します。
表面の材質は柔らかい樹脂(ゴム)で出来ており、耳全体にしっかりとフィットし、ズレも抑えてくれます。
あらゆる方向からの水をはじく防水加工がされていますので、水濡れの心配は無用です。
汚れたらジャブジャブと水洗いできるので、汗をかいてもいつでも清潔に使えます。

R側イヤホンに付いている突起が操作ボタンです。

電源ON/OFF、再生/一時停止、曲送り/戻し、ボリューム調整、ハンズフリー通話をこの3つのボタンで操作します。
かなりわかりやすい突起なので、手で探ることなく簡単に操作できます。
ただしボタンのクリック感が薄いです。最初は操作が出来ているか、感触がなく困惑しました。

音質は・・・

EXTRA BASSとのことで、やはり低音重視のセッティングとなっています。
ズンズンきくサウンドで、テンションを上げてスポーツしたい人におすすめです。

中高音域も、スポーツイヤホンとしては必要十分以上の性能を持ち合わせているのは確かです。
2日ほど通勤時に使用してみましたが、ノイズや音切れ感は感じませんでした。
遅延も特に感じられません。
Bluetoothのペアリングも問題なく、接続安定性も良好です。

バッテリーの持ち・・・

このイヤホンのおすすめポイントの一つがバッテリーの持続時間。カタログ値では最大7時間となっています。
実際に音楽流しっぱなしで6時間ちかくは持ちます。
大きめのイヤーフックのおかげです。

詳細情報

・充電時間:約2時間
・充電方法:USB充電
・電池持続時間(連続音声再生時間):最大7時間
・電池持続時間(連続通話時間):最大7時間
・電池持続時間(待受時間):最大200時間
・通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.1

まとめ

SONYの「MDR-XB80BS」は、LDAC、Bluetooth、そして防水に対応したハイエンドモデルのスポーツイヤホンです。
音質は重低音重視で、見た目よりも使いやすさを重視したイヤホンです。

ノイズキャンセリングは付いておりませんが十分な遮音性です。
屋外利用時は耳から浮かさないと危ないかなぁと思うくらいです。

しいていえば、やはり問題は大きさですね。軽いですけど、耳まわりがすごい気になります。
その点を除けばスポーツをしながらも、高音質を望まれる方にはおすすめのイヤホンです。