新iPad Pro 2018 11・12.9インチの2機種のスペック比較!!

Appleが新型のiPad Pro(2018)が11インチと12.9インチの2モデルが正式に発表しました!すでに予約が開始されており2018年11月7日(水)に発売開始となります。ここでは新型iPad Pro(2018)の11インチモデルと12.9インチモデルのデザイン・スペック・発売日について詳しく書いていきたいと思います。

iPad Pro(2018)スペック比較

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
画面サイズ 11インチ 10.5インチ 12.9インチ
解像度 2,388 x 1,668 2,224 x 1,668 2,732 x 2,048
画素密度 264ppi
仕様 耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
サイズ 247.6 x 178.5 x 5.9 250.6 x 174.1 x 6.1 280.6 x 214.9 x 5.9 305.7 x 220.6 x 6.9
重量 477 g 468 g 631 g 677 g

 

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
認証システム 顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID
顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID

 

iPhone iPad Pro
2016年モデル A10 Fusion
(iPhone 7/7 Plus)
A9X
(iPad Pro 9.7/12.9)
2017年モデル A11 Bionic
(iPhone X/8/8 Plus)
A10X Fusion
(iPad Pro 10.5/12.9)
2018年モデル A12 Bionic
(iPhone XS/XS Max/XR)
A12X Bionic
(iPad Pro 11/12.9)

 

iPad Pro 2018 iPad Pro 2017 iPhone XS
プロセッサ A12X Bionic A10X Fusion A12 Bionic
CPUコア 8コア 6コア 6コア
GPUコア 7コア 12コア 4コア
ニューラルエンジン 8コア 8コア

 

サイズを旧モデルと比較してみるとiPad Pro 12.9の本体サイズダウンがかなり凄いですね。新型のiPad Pro 12.9は画面サイズはそのままで筐体サイズを25%のダウンサイジングに成功しているとのことです。

12.9インチモデルは筐体が大きかったので持ち運びはあまりすることはなかったですが、新型は持ち運びするのがかなり楽になりそう…。

 

新型iPad Proは、8コアCPU・7コアGPUの7nmプロセスSoC「A12X Bionic」を搭載し、新製品発表イベントでは「すべてのPCの92%より速い」と豪語されていました。この新しいiPad ProのGeekbenchによるベンチマークはオンラインで公開されていて、CPU性能評価でシングルコア性能は5000前後、マルチコア性能はおよそ17000~18000というスコアをたたき出しています。

以下の同じGeekbenchによるスコア性能比較を見ると、前世代のiPad Proはもちろんのこと、単体でMacBookを駆動できるほどの性能があることが判明している「A12 Bionic」チップを搭載したiPhoene XS・iPhone XS Max・iPhoen XRをもしのいでいます。また、2018年7月に発売された15インチのMacBook Proでも、2.2GHz・6コア Core i7搭載型に対してはシングルコア性能で勝っていることが判明しました。2.2GHz・6コア Core i7搭載型の15インチMacBook Proは税別25万8800円という価格であるのに対して、新型iPad Proは11インチ・ストレージ512GB・Wi-Fiモデルであれば税別12万8800円とおよそ半額に近い価格であるということは「実に印象的だ」とMacRumorsは評価しています。

また、Geekbenchによるレポートは、iPad Proが6GBもしくは4GBのRAMを搭載しているということを示しています。レポートでの「iPad8,8」は5650MBのメモリをもち、「iPad8,3」は3769MBのメモリをもっています。新型iPad Proのメモリの容量はストレージ(ROM)によって異なります。ROMが64GB・256GB・512GBのモデルは4GBのメモリ、ROMが1TBのモデルは6GBのメモリを積んでいます。

 

 

新「Mac mini」新製品を発表  Mac mini(2014) vs Mac mini(2018)スペック対決 最大6コア、メモリは最大64GBに

 

 

米Appleは10月30日(米国時間)、ニューヨークで開催したイベントで小型デスクトップ「Mac mini」の新製品を発表した。米国では同日から予約を受け付け、11月7日に出荷を開始する。価格は799ドルから。日本では8万9800円(税別)から。

CPUは3.2GHzのIntel Core i3(4コア)もしくは4.6GHzのCore i7(6コア)。最大60%高速なグラフィックスに最大64GBのメモリ、ストレージはすべてSSDで最大2TBまで対応するなど基本性能を大幅に引き上げた。さらにセキュリティや各種コントローラーの機能を統合したApple T2チップにより、HEVC(H.265)エンコードは従来機と比べて最大30倍高速になったという。動画編集などのクリエイティブ用途と教育市場を主なターゲットとしている。

 

Mac mini(2014) vs. Mac mini(2018)比較表

mac mini
MAC MINI 2014
mac mini
MAC MINI 2018
発売時初期搭載OS OS X 10.10 Yosemite macOS 10.14 Mojave
プロセッサ 1.4GHz Intel Core i5(2コア)~3.0GHz Intel Core i7(2コア) 3.6GHz Intel Core i3(4コア)~3.2GHz Intel Core i7(6コア)
RAM 4~16GB 8~64GB
ストレージ 500GB HDD~1TB Fusion Drive or SSD 128GB SSD~2TB SSD
GPU Intel HD Graphics 5000
Intel Iris Graphics
Intel UHD Graphics 630
ビデオサポート 最大2台のディスプレイで2650x1600解像度
Thunderboltデジタルビデオ出力
(Mini DisplayPort、Dual Linlk DVI,VGA)
HDMI出力
(1080p60Hz、3840×2160,30Hz、4096×2610,24Hz, DVI)
最大3台のディスプレイ
Thunderbolt 3経由4096x2304 2台 と HDMI 2.0経由4096x2160 1台
最大2台のディスプレイ
Thunderbolt 3経由5120×2880 1台 と HDMI 2.0経由4096x2160 1台
Thunderbolt 3デジタルビデオ出力
HDMI 2.0対応ディスプレイへのビデオ出力
オーディオ オーディオ入力ミニジャック(デジタル/アナログ)
3.5mmヘッドフォンジャック(デジタル/アナログ)
HDMI 2.0(マルチチャンネル)
内蔵スピーカー
3.5mmヘッドホン出力
HDMI 2.0(マルチチャンネル)
入出力 Thunderbolt 2 x2
USB 3.0(最大5Gbps) x4
HDMI
SDXC
赤外線レシーバ
Thunderbolt 3(USB-C) x4
DisplayPort
Thunderbolt(最大40Gbps)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)
アダプタでThunderbolt 2、HDMI、DVI、VGAに対応
USB 3.0(最大5Gbps)x 2
HDMI 2.0
WiFi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz) 同左
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 5.0
LAN 1ギガビットイーサネット

1ギガビットイーサネット
(オプションで10ギガビット選択可)
重さ 1.9~1.22kg 1.3kg
寸法 3.6 x 19.7 x 19.7cm 同左
本体色 シルバー スペースグレイ
税別直販価格 4万8800円~ 8万9800円~最大46万3800円

4年ぶりのリニューアルなったMac miniは、スペースグレイに衣替えしての登場となりました。寸法をみても外観的に殆ど変わっていないように思えるものの、

インタフェースは4つのUSB Type-Cポート(Thunderbolt 3対応)、2つのUSB-A、HDMIなど。同時発表のMacBook Air同様、ケースには100%リサイクルアルミを使用した。

 

Mac miniには嬉しい情報があります。

  • デスクトップCPUを採用
  • メモリの追加交換が可能

そのため、本体サイズはそのままですが、ノートパソコン用CPUより1.5倍ほど性能が高いです。

また、写真や海外ブログの情報を見る限り、メモリは交換可能なようです。

GPUは、11月下旬に発売される「Blackmagic eGPU Pro」を使えば、高性能グラフィックスボードそのもののGPUパワーも手に入れることができます。

Apple iPod mini 4GBが2004年1月6日に発表

2004年1月6日は皆さんご存じのようにアップルコンピュータから第1世代のiPod miniが発表されました。

発売時点でのAppleの最小のMP3プレーヤーであるApple iPod miniは、50.8×12.7×91.4mm(幅×厚み×高さ)、重量102gと軽量のアルミニウムケースでipodとして初めてカーラーバリエーション(銀色、金色、ピンク色、青色、緑色)でコンパクトな1インチハードドライブを搭載したオーディオプレーヤーになります。

 

 

1.67インチ(対角)は解像度138×110ドットのグレースケールLCDディスプレイとLEDバックライト付き。

Appleは「128-Kbps AACフォーマット」でエンコードされた約1,000曲を保存できると広告していました。

おそらく最も注目すべきことに、iPod miniはナビゲーション用に、スクロールホイールの下に圧力に敏感なナビゲーションボタンを配置する革新的な “ClickWheel”を導入したことです。

iPod miniには、ボイスレコーダー機能、4つのゲーム(ミュージッククイズ、ソリティア、ブリック、パラシュート)、目覚まし時計、有線リモコン、コンピュータとの簡単で素早い接続用の「ドック」(Mac用Firewire、Windows用USB 2.0)、およびステレオまたはパワードスピーカーに接続するための音声出力を搭載していました。

バッテリーの寿命は8時間の音楽再生時間と見積もられ、25分のスキップ保護機能を提供します。

最初は4GBのモデルのみでしたが後に6GBのモデルが追加になり、諸性能に変化はありませんでしたがバッテリー駆動時間は従来の8時間から18時間に大幅に改善されました。

2004年1月6日の発表当初、アメリカのみ2月より販売を開始すると発表しアメリカ以外での発売を4月としていました。

希望小売価格は249ドルになります。

しかし、予想を上回る需要がアメリカ国内であり、その為アメリカ国外での発売は7月に延期される程の人気商品になりました。

iPod miniにはシルバー、ゴールド、ピンク、ブルー、グリーンの5種類のモデルがあり、すべて4GBモデルでベルトクリップが付属しています。

iPod miniの付属品はイヤーバッド式ヘッドフォン、Apple iPod miniパワーアダプター、FireWireケーブル (1.2m、FireWire コネクタ — 30ピンiPod Dockコネクタ)、USB 2.0ケーブル (1.2m、USB 2.0 コネクター30ピンiPod Dockコネクタ)が含まれます。

しかし、予想を上回る需要が米国内で発生したため、米国外での発売を7月に延期されている。

iPod miniが発売されるまでiPodは3機種が販売されましたが、一般的に使われたMP3プレーヤーはコンパクトで持ち運びに便利なiPod miniからになると思います。