「Gear IconX(2018)」の本体初期化・リセットをし再ペアリングするやり方・方法

 

この記事ではSamsung Electronics(サムスン電子。以下、Samsung)製フルワイヤレスイヤホン「Gear IconX(2018)」の初期化方法を紹介します。

 

【GALAXY Gear】本体を初期化する方法について記載しています。

本体の初期化については下記手順をご確認ください。

 本体を初期化する方法

1.[時計]画面を右から左にスワイプし、「設定」を表示させます。

    1.[時計]画面を右から左にスワイプし、「設定」を表示させます。

2.「設定」をタップします。

    2.「設定」をタップします。

3.[設定]画面が表示されるので、「Gearをリセット」が表示されるまでスクロールします。

    3.[設定]画面が表示されるので、「Gearをリセット」が表示されるまでスクロールします。

4.「Gearをリセット」をタップします。

    4.「Gearをリセット」をタップします。

5.[Gearをリセット]画面が表示されるので、「リセット」をタップしてください。

    5.[Gearをリセット]画面が表示されるので、「リセット」をタップしてください。

以上で操作完了です。

Gear Managerアプリを使う

Gear IconX(2018)の様子がおかしいが、スマホとのBluetooth接続は維持されている。こういった場合はGear Managerアプリ上での操作で初期化がおこなえます。

 

Gear Managaerアプリを開き、【設定】→【Gearについて】→【Gearをリセット】の順に選べばOKです。

 

 

リセットボタンを使う

Gear IconX(2018)の様子がおかしいだけでなく、スマホとの接続も切れてしまい、Gear Managerアプリからの操作も受け付けない。こんなときはGear IconX(2018)のイヤホンに付いたリセットボタンを使います。

イヤホンの片側(左右どちらでも可)を手に取ります。

 

ウイングチップ(輪になった部分)を上方向に持ち上げつつ、イヤチップ側に引っ張ってずらします。面倒でなければウイングチップを取り外してしまってもOKです。

 

ウイングチップをズラすと丸い穴が出現。この奥にリセットボタンが搭載されています。

 

SIMカードイジェクトピン(SIMピン)など、先の細長いものでリセットボタンを押していきます。

 

ボタン操作の手順は2つ。操作方法と各操作の意味は以下のとおり。

初期化するためのリセットボタン操作方法

  1. リセットボタンを7秒以上押す(Gear IconXの電源がオフに)
  2. リセットボタンを3秒以上押す(Gear IconXが初期化される)

上記に従いリセットボタンを2回押したら、片側のイヤホンの初期化が完了。続いてもう片側のイヤホンにも同じ操作をおこないます。

両方の初期化が完了したら、左右のイヤホンを一度ケースに戻し、フタを締めます。あとはGear Managerアプリを使い、スマートフォンとGear IconX(2018)を再ペアリングしましょう。

Xperia Ear Duo(XEA20)実機レビュー!!

全く新しいと言ってもいいデザインで登場した、ワイヤレスイヤホンのXperia Ear Duo(XEA20) 開梱レビューをお届けいたします!

デザインもさることながら、耳をふさがず、外音を取り込む遮音性は「ほぼゼロ」のイヤホン。それでは早速開梱してみます。

Sony Xperia Ear Duo

互換性の面では、Xperia Ear DuoはAndroid 5.0以降を実行するすべての携帯電話で動作しますが、iPhone搭載の携帯電話はiOS 10以降を使用している場合に使用できます。

設計

  • あなたの耳に入れるのが難しい奇妙なデザイン
  • あなたの耳たぶの周りをタッチパッドでつかみ、相互作用する
  • 大型だが持ち運び可能なワイヤレス充電ケースが付属

ソニーがXperia Ear Duoのために選んだ奇妙なデザインから脱却することはできないので、まずそれから始めましょう。これはユニークに見えるヘッドセットですが、真のワイヤレスヘッドセットの導入により、近年変化してきたことの多くを反映しています。

Ear Duoはワイヤで接続されていない2つのイヤフォンで構成されています。これは真のワイヤレスが意味するものです。これらはどちらもワイヤレス充電ケースに収められています。詳細については後で詳しく説明します。そのため、携帯して歩いているときに携帯することができます。

Apple AirPodsや他のほとんどの真のワイヤレスヘッドフォンとは異なり、Sony Xperia Ear Duoは実際にはビジネスの耳に巻き込まれたBluetoothヘッドセットに似ています。

バッテリー、それと相互作用するタッチパッド、およびその他のさまざまなセンサーを収容する、厚い技術の部分があります。それはあなたの耳の後ろに座っています。小さな金属バンドが耳の周りを曲がり、イヤホンが音を聞くことができます。

私たちが最初にXperia Ear Duoを箱から取り出したとき、我々はそれらを着用する方法によってちょっと混乱しました。あなたがそれらを入れることを意味する方法を実証するための便利なガイドがありますが、会社がそのメッセージを含める必要があることを戸惑わせるのは本質的に問題です。

私たちは、他の人にTechRadarオフィスで試着してもらうように頼みました。そして、しばしば、彼らはそれをやり遂げる方法を知っていても、耳に入れてしまうのが苦手でした。私たちは1週間以上ヘッドホンを装着していましたが、まだ耳に入れようと努力しています。

一度ヘッドフォンのしくみに慣れても、耳の周りにはそれぞれ10秒ほどの時間がかかります。おそらく、私たちは特に長い耳たぶを持っていますが、私たちはしばしば、最初の外出時に耳の底の周りにイヤピースを快適に着けるように苦労していることがよくありました。

この巨大な技術を耳の後ろに置くのは奇妙な感じですが、特に不快なことではありません。それぞれが軽いので、彼らはあなたの耳の中によく座り、頭の両側を軽く叩くことはありません。

このような複雑なことを説明するために、Xperia Ear Duoが耳の周りにどのように座っているかを理解するのに役立つこのビデオを共有しました。

内耳には小、中、大の3種類の選択肢があります。メディアが完璧なサイズであることを理解するまでに時間がかかりましたが、これまでヘッドセットの内部は快適でした。私たちはまた、彼らがApple AirPodsとは言い切れないような、耳から落ちるようなことは一度も感じていませんでした。

スマート機能にアクセスするには、耳の後ろに座っているビットの側面に指を使います。これは手が届きやすく、うまく機能します。

タッチパッドの上で指を動かして音量を調整したり、音楽を一時停止して再生したりすることができます。1つの興味深い奇抜な点は、左のイヤホンを軽くたたくだけで止めることができるということです。ヘッドセットを正しく使用できるようにするには、両方のイヤピースを着用する必要があります。

あなたは両方のボリュームを変更することができますが、何らかの理由で正しいものを身につけているだけであれば、音楽をすばやく一時停止することができなくなります。代わりに、適切なものを長押ししてGoogleアシスタントを開くことができます。この間、簡単にタップすると通知が提供されます。

Xperia Ear Duoヘッドセットが馬鹿に見えるという事実を知ることはできません。つまり、Apple AirPodの外観も特に好きではないが、それらはiPhoneファンのための人気の高い選択となっている。そのため、Sony Xperia Ear Duoは多く採用される見通しであるかもしれない。

Xperia Ear Duoを購入する予定がある場合は、黒色(このレビューを通して描いた写真)または金色で購入できます。元々Xperia Ear Duoをテストしたところ、銀色でも見ましたが、ソニーが完全版でその色を決めたようです。

Xperia Ear Duoに付属の充電ケースは大型ですが、小さなバッグやバックポケットにも簡単に挿入できます。薄いですが、ラウンドデザインは大型ですが、大型のケースではありません。

これは、Apple AirPodとその充電ケースと同じように持ち運びがスリムで簡単ではないので、簡単にポータブルデバイスを探している場合、これはあなたの通りを正しくすることではないかもしれません。

音の質

  • あなたの周りのオーディオや世界を聞くことができるオープンなデザイン
  • 騒々しい環境には適していません。
  • あなたがオフィスで聞くことができるが、まだ音楽を聞くことができる場合に有益です

おそらく、Xperia Ear Duoの最もユニークな機能は、ヘッドセットを使用しているときにあなたの周りの世界を聴くことができるという事実です。これは、大きな有線ヘッドセットやノイズキャンセリングヘッドフォンのようなあなたの周辺のすべてをブロックするつもりはありません。

それは利益とネガの両方を持っています。つまり、Xperia Ear Duoを使って自転車に乗ったり、自転車に乗ったりして、音楽を聴いていても、あなたの周辺と調和していることを知ることができます。

引き続き音楽を聴きながら、あなたの周りの会話や交通を聞くことができます。これは、音楽を聴いているときに、より安全なタッチになることを意味します。

AfterShokzやその他のスポーツ向けブランドから得られる骨伝導オーディオヘッドセットに似ています。

しかし、これらのヘッドフォンがあらゆる状況で動作するわけではありません。このレビューを書いたとき、私たちは長距離飛行でSony Xperia Ear Duoを着用していました。ノイズキャンセリングが必要な状況や、仕事に集中したり、エンターテインメントを観たり、周辺の飛行機の騒音を吹き飛ばしたりするヘッドフォンが必要でした。

これは、Xperia Ear Duoが特にうまく機能しない状況の1つです。最大音量で周囲の騒音を取り除くのに十分ではなく、周りの人が聴くことのできる機能をオフにするスイッチはありません。

あなたの周りで聞くことができれば便利ですが、状況によっては私たちの周りの周囲の騒音がなくても、オーディオに没頭する機会を逃してしまいました。あなたが大音量の環境にいる場合、Xperia Ear Duoは役に立たないです。

ノイズを殺す可能性のあるヘッドフォンが必要ではないと思うなら、これはあなたの路地のすぐ上にあるかもしれませんが、ヘッドセットが必要な場合は地下鉄や忙しい道を歩くことができます。

実際の音質に関しては、Xperia Ear Duoは大丈夫なオーディオを提供し、真のワイヤレスヘッドフォンのミッドレンジ価格のペアから期待されるものを中心にしています。それは驚くべきことではなく、オーディオファンを賞賛しませんが、オーディオは、この価格の周りの他の製品から聞いたものと似ています。

最大音量を少し大きくすることもできましたが、ソニーがヘッドセットに搭載した特定のアイデアではなく、この技術の限界と思われます。

ここでは適応型の音量調整があります。そのため、ヘッドセットが周囲の騒音を聞くと、音量は自動的に増加し、周囲に何もないときは騒々しくなりません。

ボリュームを十分に大きくすることはできないとわかりましたが、ボリュームを上げるためにゆっくりと動作することがよくありました。設定でこの機能をオフにして、標準的な音量レベルにすることができます。この機能を停止するには、これを頻繁にやっていることがわかりました。

スマート機能

  • Sony Xperia Ear Duoの優れた機能
  • 通知を読み、アップデートを共有し、お使いの携帯電話のAIアシスタントに接続します
  • ヘッドジェスチャーを使用すると、電話に触れることなく電話を操作できます

スマートな機能は、Xperia Ear Duoが成功する場所です。音量を一時停止および変更する機能と同様に、右のイヤフォンは、すべてのスマートな機能をコントロールできる場所です。

ソニーのボイスアシスタントが貴方の耳に直接栄誉を授与して、あなたの通知を読み上げます。

ヘッドセットを持ってきたら、通話が届いたらすぐにあなたの電話通知を読むことができます。これは、友人からWhatsAppメッセージを受け取った場合、一部のヘッドセットが提供するよりロボット的な “WhatsApp message from John McCann:hello”ではなく、 “John McCann says hello”と聞くことになります。

スマート機能の設定を変更できるSony Xperia Ear Duoアプリ。

スマート機能の設定を変更できるSony Xperia Ear Duoアプリ。

これはあなたの電話に表示されるときに、あなたのすべての通知を読み上げます。携帯電話からバッテリ寿命を最適化できるという通知があれば、その耳に読んでもらえますが、それは特に有用ではありません。

また、すぐにあなたのメッセージを読んでいます。あなたがグループチャットの一部であっても、常に更新されていると迷惑をかけることがあります。しかし、それはあなたが走っていて、携帯電話が振動していると感じるときに便利です。

Sony Xperia Ear Duoモバイルアプリで読み込むアプリを選択して選択することができます。ここでは、すべての通知を簡単に無効にすることもできますが、通知を無効にすることは簡単なことではありません。

右のイヤホンを長押しすると、スマートフォンのデフォルトのAIで挨拶されます。Androidを使用している場合は、Google Assistantになる可能性が高いため、すぐに質問をしたり、携帯電話の機能をすぐに変更することができます。

ヘッドセットがわれわれの要求を理解していることがわかりました。あなたの電話を開くことなくクエリを知ることが必死なら、すぐにこれを使うことができますが、これらをあなたの耳に入れても、あなたの電話に話すのは間違いです。

ヘッドセットには頭振りも付いているので、頭を動かして通話に応答したり辞退したり、トラックをスキップしたり、メッセージを停止したりすることができます。

Xperia Ear Duoでの頭の動き。

私たちはこれが素早く簡単に行えることを発見しました。電話を受ける際に頭がうなずいた場合、電話に応答します。

しばしば、それぞれのことについての特定の頭振りが何であるかを忘れているので、これは、特にあなたがあなたの電話機とやり取りすることをより容易にするつもりはありません。

バッテリー寿命

  • 1回の充電から約3時間続きました
  • 充電の場合も最大3つの追加料金が加算されます。これは便利です

あなたが充電ケースを持っているなら、Xperia Ear Duoのバッテリー寿命はかなり印象的です。充電の場合を除いて、ヘッドセットが100%から約3時間続くことがわかりました。

これは、Xperia Ear Duoの多くの機能と、オーディオ全体の聴き取りを行う私たちと一緒でしたが、イヤフォンのより大きなデザインを考えると、バッテリーの寿命はそれほど長くありませんでした。

充電ケースはソニーによると、ヘッドセットに最大16時間の充電が追加され、充電ケースに30分間スナップすると、100%に戻すことができました。

それは便利ですが、あなたを吹き飛ばすことはないでしょう。素晴らしいバッテリーを探しているなら、このヘッドセットを買うべきではありません。

Sony Xperia Ear Duoには本当に好きな機能がいくつかありますが、それは多くの人に適した製品だとは思いません。

真のワイヤレスイヤホンは現在普及しており、このタイプのヘッドセットにリスニング可能な機能を組み込むことは、付加価値を高める素晴らしい方法ですが、ヘッドセットそのものを損なうネガティブな要素があります。

しかし、皆さんのための製品ではないと懸念している限り、ソニーは、今の市場とはまったく違った見た目と機能を持つ独自の製品を開発することを賞賛しなければなりません。

これは誰ですか?

あなたの耳に届いたときにあなたの通知を直接読むという考えが大好きです。Xperia Ear Duoはあなたの路地を右折しなければなりませんが、耳の中のDuoを購入する前に考慮する必要があることがいくつかあります。

あなたの周りの騒音をキャンセルするヘッドセットを探しているなら、これはそうではありません。このテクノロジーは純粋にオーディオを提供するように設計されており、トラフィックや会話などの周囲の騒音を日常生活の中で鳴らすことができます。

あなたが頻繁に外で運動したり、忙しい地域で散歩をしている場合、この機能はあなたがどこにいるかを熟知することができるので素晴らしいです。公共交通機関に乗っているときや、忙しいオフィスに集中しようとしているときは、それをオフにすることはできません。あなたの周りに何が起きているのかを聞くことができます。

そのすべてが訴えるならば、Xperia Ear Duoは完璧かもしれません。そのすべては、私たちはデザインのファンではないと言いました。これらはあなたの耳たぶの周りにぴったりとは見えず、履いていくのが難しいですが、一度着用すれば着用するのが苦ではありません。

あなたはそれを買うべきですか?

あなたが上で話した特定のアンビエントオーディオ真のワイヤレス体験を探しているなら、これを買ってください。

ここにはスマートな機能がたくさんありますが、ヘッドフォンの設定を変更すること(ヘッドフォンのボタンを使って行うことが多い)、通知を読んだりできることGoogle Assistantを起動します。

状況によっては、これらの機能が役立つことがわかりますが、多くの人が、音楽を聴きようとしている間、常に通知を読むことに苛立っています。

さらに、Xperia Ear Duoの価格を念頭に置いておきたいと思います。これは現在購入可能な他の多くの真のワイヤレスヘッドセットと比較して低速ではありません。Apple AirPodの価格は159ドル159.99ポンドで、Xperia Ear Duoと非常に似ているため、iPhoneを所有している場合は検討する価値がある。

これは多くの規定のように聞こえるかもしれませんが、真実はXperia Ear Duoが非常に特定の人を念頭に置いてデザインされていることを示しています。これらのうちから

そして、あなたがデザインのファンでなければ、Sonyが将来的に新しいXperia Ear Duo製品を改良するかどうかを知りたいかもしれません。

 

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP : オープンイヤー ボイスアシスタント機能 クアッドビームフォーミングマイク搭載 2018年モデル ブラック XEA20JP B

新品価格
¥28,559から
(2018/10/29 11:35時点)

【送料無料】 ソニー SONY フルワイヤレスイヤホン イヤーカフ Xperia Ear Duo XEA20JP ブラック [左右分離タイプ /Bluetooth]

価格:32,270円
(2018/10/29 11:36時点)
感想(2件)

ヤフオクはこちらから!!

一般的なワイヤレスヘッドフォンやイヤホンに関する質問

一般的なワイヤレスヘッドフォンやイヤホンに関する質問

Bluetoothとワイヤレスヘッドフォンは同じですか?

 

 

本質的には同じ物です。ワイヤレスヘッドフォンは、無線信号を使用して別のデバイス(スマートフォンやAVききと通信できるヘッドフォンを指します。Bluetoothは、ヘッドフォン、携帯電話、タブレットなどで短距離でデータを交換するために使用される、グローバルな無線通信規格の正式名称です。

ヘッドホンの中にはNFCを搭載しているものがあります。

NFCはNear Field Communicationの略です。これは、(Bluetoothに比べて)非常に短い距離でのデータの交換を可能にし、事前にペアリングを必要としません。実際には、2つのデバイスはほぼ即座に接続します。要するに、お使いのスマートデバイスとヘッドホンにNFCが搭載されていれば、瞬時にペアリングすることができます。

すべてのワイヤレスヘッドフォンにノイズキャンセリングはありますか?

いいえ、すべてのワイヤレスヘッドフォンでノイズキャンセル機能を搭載しているわけではありません。しかし、かなりのメーカーが対応しています。これは、ワイヤレスヘッドフォンが通勤などで使用するシーンを想定しているためです。ノイズキャンセル機能は、周辺の音量を下げて低い音量で演奏している音楽を聞くことができます。また、音楽をかけていなくても静音性を保つことが出来ます。

別のケーブルを購入する必要がありますか、ワイヤレスヘッドフォンにケーブルが含まれていますか?

この質問は、思う以上に重要な項目です。幸いなことに、ほとんどすべてのワイヤレスヘッドフォンには、有線用の取り外し可能なケーブルが含まれています。取り外し可能なAUXケーブルを含まないワイヤレスヘッドフォンは希です。Audio Technica ATH-DSR9BTなどにはケーブルはありません。

ヘッドフォンが使用しているスマートホンなどとは違うバージョンのBluetoothであれば、機能するでしょうか?

Bluetoothデバイスは実際に下位互換性がありますので、そうすることで問題は発生しません。Bluetooth 5.0は、古いバージョンで問題が発生する可能性のある最新バージョンになります。それ以前のバージョンに関しては問題なく使用することが出来ます。 

Bluetoothを使用しているときにオーディオ品質が低下すると聞いています。これは本当ですか?もしそうなら、そのひどさは?

これは本当です。Bluetoothを導入する際にはトレードオフとして利点もありますが欠点もあります。残念ながらオーディオの品質は優先にと比較して徐々に改善はされてきていますが低下することが前提になります。オーディオの質がどれほど低下するかは、ヘッドフォンの品質とBluetoothの内容、メーカーの技術によって決まります。しかし、一般的に品質は聞けないほどひどいものではありません。音の違いはBluetoothと有線を比較することは、本来まったくちがう使用方法を比較するようなことなので利便性をとるか音質をとるかという選択になると思います。

Bluetoothのヘッドフォンには、高解像度の転送方法を採用して、通常のBluetoothヘットホンに比べて優れたオーディオ品質を提供しているメーカーがあります。これらのヘッドホンには、Sony MDR-1000XやWH-1000XM2やSennheiser HD 1などがあります。

Bluetoothヘッドフォンにアンプが必要ですか?

いいえ必要ありません。Bluetoothヘッドフォンは移動に際して使用する前提で設計されており、音質も変わりません。

 

 

 

 

ソニー WI-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン レビュー

 

ソニーWI – 1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンレビュー

バッテリーの持ちと音質に関して、まともなワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンを見つけることは難しいかもしれません。しかも、使用して8時間以上のスタミナをもつものを見つけることはさらに困難です。

Sony WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンは。ソニーWI-1000Xは35.000円弱の価格で、BluetoothやNFCを介したワイヤレス接続が可能で、毎日の通勤に役立つノイズキャンセリングも搭載しています。

 

WI-1000Xのパッケージには、次のものが同梱されています。

  • WI-1000Xヘッドホン
  • イヤーチップ7セット
  • USB充電ケーブル
  • マイクロUSBから3.5mmオーディオケーブル
  • 飛行機のオーディオアダプター(今は使用する機会は少ないと思いますが)
  • キャリーバッグ

設計

WI-1000Xは首回りの「ネックバンド」型のデザインになります。このデザインは独立型のイヤホンと比較すると装着感では見劣りがします。

それでも、この方式のワイヤレスイヤホンは現状では多くの利点を提供しています。

イヤホンワイヤは、使用していないときにバンドの縁に収納されていて、破損から守ることが出来ます。

接続性

WI-1000Xには、マルチペアリングで8台までの機器とペアリングが可能な上にウォークマンで音楽を聴いている最中に、スマートフォンにかかってきた電話を着信してそのままハンズフリー通話をすることも可能なマルチポイント機能を搭載しています。

フィット/快適

ソニーWI-1000Xインイヤーヘッドフォンは思った以上にフィットします。

イヤホンもあまり嵩張っていないし、バンドは軽くて違和感は思った以上にありません。

イヤーチップも種類が多いため耳にあったものを装着することが出来ます。

ノイズキャンセリング/アンビエントモニタリング

Sony WI-1000Xワイヤレスヘッドフォンのノイズキャンセルは非常に優れています。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているヘットホンやイヤホンでも機能が弱かったり、不自然だったりする機種もありますが、Sony WI-1000Xにはそういった部分は全くありません。

ヘッドホンが常に周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適したモードを自動で選択してくれるので、飛行機に乗っているときでも地上を走っているとき、上昇しているとき、飛行中など刻々と変化する環境に対応してくれます。

バッテリー寿命

Sony WI-1000Xワイヤレスヘッドフォンのバッテリーは約10時間使用できます。

ちなみに独立型のWF-1000Xは3時間(実際は2時間30分程度)となりSony WI-1000Xはワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンに最適です。

その他の機能

ソニーWI-1000Xワイヤレスヘッドフォンは、ワイヤレスヘッドフォンのための多くの機能が満載されています。

注目すべき機能は、HD音声によるハンズフリー通話と、Qualcomm aptX HDおよびSony LDACオーディオコーデックです。

また、WI-1000Xは、スマートフォン用のSony Headphones Connectアプリを利用して様々な使用シーンに最適な音響の設定や音質の調整が可能になります。

ネックバンド部分には、音楽の再生や一時停止、音量の調節や電話の応答に必要なすべてのコントロールができます。また、通知や着信コールを受信すると、ネックバンドが振動します。

音質

Sony WI-1000Xワイヤレスヘッドフォンの範囲で期待していましたが、大部分に関しては失望しないと思います。

Sony WI-1000Xの音質はノイズキャンセリングをオフにすると大幅に改善し、また専用のUSBオーディオケーブルを使用して直接接続されたときに音質は改善されます。

低音

低音はWI-1000Xに関して言うと物足りなさはあります。

これは、ブルートゥースやノイズキャンセリングのイヤホンでは、音楽サウンドを少し圧縮した際の問題としてありますが全体的には悪くないと思います。

 

高音

WI-1000Xの高音はかなり良いと思います。それほど明るくも過度でもない。私は実際には周波数応答が2万Hzを超えているという感覚は得られませんでしたがBluetoothヘッドフォンとしてはとても良いと思います。

aptX HDコーデックで聞く

また、aptXコーデックを使用してBluetooth経由で接続されたFiio X7とSony WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンも試しました。音質はかなり正確で、間違いなくHi-Resでした。

Bluetooth搭載のWI-1000X(スマートフォンで標準のストリーミングコーデックを使用)を使用すると、音質が優れていることがわかりました。

 

 

最終

Sony WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンは、頻繁に旅行する人が音楽を聴き、ハンズフリーで話をしたり、雑音を軽減する為に必要なすべての機能を備えています。

この価格帯で購入できるまBluetoothイヤホンとしてのオーディオ品質と10時間のバッテリー寿命を考えると、WI-1000Xはエンターテイメントやビジネスのための非常に便利なヘッドホンになると思います。

専用のUSBケーブルを使っての有線接続は、バッテリーがなくなったときやBluetoothが使用できない飛行機の機内で機内エンターテインメントに接続することができます。

結論として、ソニーWI – 1000Xは、この価格帯で購入できるイヤホンとしては不満の少ない選択の一つになります。

 

 

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B

新品価格
¥32,406から
(2018/11/14 11:18時点)

ヤフオクはこちら!!