ソニーの新型ワイヤレスヘッドホン WH-1000XM3 レビュー

 WH-1000XM3

新製品のオーバーヘッド型のワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」です。

発売は2018年10月6日(木)

初代モデルのWH-1000Xは2016年発売、2代目WH-1000XM2は2017年発売。毎年アップデートを繰り返しており、今回で三代目の機種となります。

進化ポイント その1

気になる進化のポイントですが、一番のポイントはノイズキャンセリング性能&音質が向上している点。
新たに「QN1」というノイズキャンセリングプロセッサを採用しており、これがなんと従来比4倍の処理能力を持つとの事!
低域・中域のノイズがより抑制され、音もクッキリさがアップしています。
騒音だらけの空間でも、静かでメリハリのきいたサウンドを体感できます。

 WH-1000XM3

 

 

 

 

 

 

進化ポイント その2

進化ポイントその2は、装着性が格段に良くなっている点。
パット見、前作のWH-1000XM2とかなり似通っていますが、ヘッドバンドの輪郭が改善されています。
少し縦長で卵型のようなラインになっており、より日本人の頭にフットするデザインとなっています。
接地面積が約20%向上しているそうです。
バンド全体が頭部と接触する為荷重が分散され、つけ心地が自然です。
また、イヤーカップの内径も大きくなりました。耳周りの空間が広くなっており、快適性アップにつながっています。
耳へのフィット感がアップしたことで、同時に遮音性もよりよくなっている印象です。

装着者の状態を検知し、ノイキャン特性を最適化

髪型、メガネの有無、装着のズレなど、装着によって細かな状態は異なります。
「NCオプティマイザー」はそれらの装着者の状態を数秒で検知し、装着者に応じたノイキャン特性に最適化してくれる機能です。

装着者によって異なる細かな差異を検知し最適化してくれることで、ノイキャン性能を思う存分発揮できるというわけです。
すごい技術ですね。

外音取り込み機能

文字どおり、周囲の音を取り込む機能。自宅でのんびり聴いているときはいいのですが、人の呼びかけに反応したいときやアナウンス音に注意したいという利用シーンも多々あります。

外音取り込み機能のモードは、ハウジング部に手を添えて瞬発的に周囲の音に注目する「クイックアテンションモード」と周囲の音に注意を向けながら音楽を楽しめる「アンビエントサウンドモード」の2種類のモードがあります。

ノイキャン性能が高いWH-1000XM3では、ノイキャンをオンにした状態ではアナウンスを聞き取ったり、人と会話することはまずできません。外音取り込み機能はそんなシーンに使える機能です。

またノイズキャンセリングや外音取り込みモードを自動で切り替えてくれる「アダプティブサウンドコントロール」も注目の機能。

 

タッチセンサーでかんたんにできる音楽コントロール

再生・停止・音量調整といった音楽コントロールは、ヘッドホン右側のハウジング部に搭載されたタッチセンサーで行います。

 WH-1000XM3

 

 

 

 

指1本で操作できるので操作はラクラク。指でボタンを探す必要はありません。

バッテリー性能

充電は高速のUSB-Cタイプ。
10分充電で5時間再生の急速充電(1.5AのACアダプタ使用時)にも対応しました。
前作のWH-1000XM2は10分充電で70分再生でしたので格段に進化しています。
高速充電可能なのは非常に嬉しいところですね。

まとめ

MDR-1000XからWH-1000XM2への進化では、アプリに対応して環境に応じたノイズキャンセリングモードに変えられるという変更がメインでした。
なので、アプリを使わなければこのままでもいいかなぁと言う感じでしたが、WH-1000XM3は聞こえ方そのものが大きく変わっていますので、是非体感していただきたいです。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック WH-1000XM3 B

新品価格
¥39,150から
(2018/11/11 14:06時点)

完全ワイヤレスイヤホン Jaybird RUN レビュー

Jaybird RUN

Jaybird RUNはコードを気にせず音楽が聴ける「完全ワイヤレスイヤホン」です。

スマホをポケットにさえいれておけば、あとはイヤホンを耳に付けるだけで音楽が聴けるので便利です。

今回は、完全ワイヤレスイヤホンの中でも評判の高い「Jaybird RUN」を紹介します。

Jaybird RUNの概要

サイズ 幅:14.3 mm
高さ:19.5 mm
奥行:19 mm
重さ 6.83g
連続使用可能時間 4時間
充電時間 2時間
クイックチャージ 5分で1時間の再生時間

価格は定価で2万5千円。amazonでも2万2千円しております。高価格帯のワイヤレスイヤホンです。

ブラックとホワイトの、2色のカラーバリエーションがあります。

開封してみる

Jaybird RUN

付属品はこんな感じです。

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 充電用Micro USBケーブル
  • イヤーフィン x 4サイズ
  • イヤーチップ 2種類 x 2サイズ(計4種)
  • アクセサリーポーチ

ポーチは最初充電器を入れるものかと思いましたがサイズ的に入りません。ケーブル類などの収納様ですね。

 

ちなみに、持っている競合機種を並べてみました。

左からBose SoundSport Free / Jaybird Run /Apple AirPods/SONY WF-1000X です。

 

Jaybird RUN

Jaybird RUN

初期設定

使うにはまず初期設定が必要です。
有線と違い、ケーブルを挿すだけで使えるという訳ではありません。
「Jaybird RUN」はワイヤレスイヤホンなので、スマホとBluetoothを使ってペアリングをしないと使えません。

イヤホンにスイッチがあるので、まずそこを長押しします。

6秒間ほど長押しすると赤いランプが点灯します。これが「オフ」の状態です。

そしてまた6秒間ほど長押しすると緑のランプに点灯します。これが「オン」の状態です。

オフの状態で長押しすると点滅しながら緑のランプが点灯します。これがペアリング完了の合図です。

Jaybird RUN

スマホの設定でBluetooth画面を開いた状態で、イヤホンのボタンを長押ししましょう。するとデバイスが検出されペアリングが完了です。

これでスマホで流す音楽がイヤホンで聴けるようになります。

実際に装着してみた

フィット感は思った以上にあり、走っても外れる心配はないかな、という印象です。

突起がいい感じでハマるので取れそうな感じがしません。
軽くランニングで使用してみましたが、特に外れることはありませんでした。

このフィット感で防汗・防水ですから、安心してスポーツに使えます。

元々コンセプトとしてランニング用なので、この辺はしっかりしています。

はめてても痛くならないので、快適です。

スグレモノの充電機

イヤホンはケースに収納することで充電が可能です。

イヤホン本体は4時間の連続再生に対応しています。またクイックチャージにも対応しており、5分の充電で1時間の再生が可能になります。
5分の充電で1時間の再生は中々凄いです。

ケースを使った充電は8時間まで対応しているので、4時間の連続再生と合計すると12時間は使える計算になります。

ケース自体の充電が切れた時は、ちゃんとUSBケーブルで充電しておきましょう。

充電中や充電切れ、充電完了のサインも、ランプで確認できるので便利です。

肝心の音質は

しばらく使ってみました。音質は段違いにいいです。

素人が聴いていてもハッキリ違いがわかるレベルですね。全体的に澄んだ音で気持ちいいです。
bluetoothイヤホンの場合、高音のビビリが気になるのが多いですが、Jaybird RUNはほぼビビリ感がないです。エージングしていけばいいかなって程度です。そして、低音もしっかり出てます。有線に比べれば多少劣るのでしょうが、ベース音も心地よくでます。

この辺は、もうさすが高価格帯のイヤホンです。Bluetoothのイヤホンにありがちな接続切れ問題も起きませんし、ストレスなく使えます。

 

 

スマホアプリと連携

この「Jaybird RUN」の完全ワイヤレスイヤホンは、専用スマホアプリと連携させることでより便利に使えます。

Jaybird RUN

まずは、「Jaybird」アプリをインストールしておきます。

アプリでできることは次の5つの機能。

  • 音質のカスタマイズ
  • Spotifyのプレイリストと連携
  • 電池残量の確認
  • ボタンコントロールのカスタマイズ
  • イヤホンの探知機能

Spotifyとの連携やカスタマイズ機能など、アプリを使うことで一層便利に使えるようになります。

まとめ

しばらくこのイヤホンを使っていますが、個人的には十分満足しています。

スポーツシーンに限らず、通勤途中にも快適に使えます。特に音質は最高レベルで、低価格帯のものとは比べ物になりません。

色んな耳の形に適合できますし、アプリも使いやすく、ストレスなく使えまてます。

音質や使い心地も重要視される完全ワイヤレスイヤホンを探している方にはおすすめしたい商品です。

Jaybird RUN 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth/防水・防汗 ホワイト JBD-RUN-001WH 【国内正規品】

新品価格
¥22,998から
(2018/11/8 13:21時点)