STREAMLIGHT ストリームライト TLR-6 タクティカル ガンマウント GLOCK レビュー!

Streamlightは長年にわたり、拳銃レーザー/光コンボ市場で大手メーカーとなってきました。レールマウントライトが可能なホルスターを見ると、ほとんどがStreamlight用に作られています。今回はストリームライトTLR-6レビューしていきます。

STREAMLIGHTと言えばC4 LEDで有名ですね。TLR-6も100ルーメンLEDとレッドレーザーのコンボです。
100ルーメンと言えどC4 LEDは非常に明るいです。

またTLR6の特徴は通常ハンドガンライトが装着できないようなコンパクトなモデルでもレイルガードとトリガーガードをライトユニットで挟み込んで固定する方法により実現しています。

取り付けは左右分割式のカバーでライトユニットと銃側トリガーガードを挟み込んで固定する方式で3個の小さな水平ボルトを締めて取り付けます。
レーザーは、小さな六角レンチで調整します。

ちなみに、レールマウントバージョンのTLR-7/TLR-8も発売されています。

TLR-6はポリマーハウジングを特徴とし、見た目よりも軽量です。
付属の2個のCR-1 / 3Nリチウム電池を使っても、本体の重さはわずか34グラムです。

準小型ピストル用のユニットとして、TLR-6は小型に設計されています。
幅0.6インチ、高さ1.6インチです。本体自体の長さはわずか2インチを超えますが、異なるピストルに合うように設計されたTLR-6の一部のバージョン(レールなしの1911など)は、トリガーガードの下部を固定する長いポリマーハウジングを備えています。

起動スイッチは、ユニット本体の両側にある丸いボタンです。

小型ユニットですがスイッチはアンビになっています。
モードも3タイプに切替可能です。
1、ライトのみ
2、ライトとレーザー
3、レーザーのみ

TLR-6の光は「LEDイルミネーター」と呼ばれます。それは100ルーメンの光量です。
懐中電灯のビームには、ポイントブランク範囲または距離でうまく機能するように設計されています。

近距離の場合TLR-6が投げるビームは本当に広いです。6フィートの距離では、ビームの幅は約6フィートで、端では暗くなります。ビームの中心ははるかに明るく、遠くにある脅威を識別するのに役立ちます。6フィートのところでは、明るい中心円は1フィートほどの幅です。7ヤードの距離では、明るい中心の幅は約3フィートで、明るい円の全体の幅は15フィートを超えます。

ライトの下に配置されているレーザーは、640〜660ナノメートルの赤色レーザーです。7ヤードのところで赤い点は1/4インチの幅ですがより大きく見えます。夕暮れ時や暗闇の中で屋内や屋外を見るのに十分な明るさ​​です。
明るい日や晴れた日には屋外で光を拾うのは困難です。

私はコントロールのシンプルさが気に入ってます。
どちらかのボタンを押して電源を入れます。モードを変更したい場合は、両方のボタンを同時に押すと、ユニットは選択を切り替わります – 光のみ、光とレーザー、またはレーザーのみ。瞬間起動モードに入るには、オンボタンまたはオフボタンを押し続けます。

見た目や軽さ、電池の交換のし易さも一見のひとことなので気になる方は購入をおすすめします。

 

STREAMLIGHT ストリームライト タクティカル ガンマウント TLR-6 GLOCK 42/43用【並行輸入】

新品価格
¥15,469から
(2018/11/9 11:21時点)

STREAMLIGHT ストリームライト タクティカル ガンマウント TLR-6 GLOCK 42/43用【並行輸入】

価格:22,680円
(2018/11/9 11:22時点)
感想(0件)

【SONY】ハイレゾプレーヤーの最高峰「DMP-Z1」レビュー!最高品質の音を体験

驚くほど巨大で、とんでもなく高額なデジタルプレーヤーが登場。香港やベルリンなど海外の展示会で先に披露されていた「DMP-Z1」がついに日本で正式発表となった。

DMP-Z1

DMP-Z1は、ソニーのオーディオ技術を結集し、アーティストの意図する音楽表現を再現することを目的とした「Signature」シリーズの第2弾であり、希望小売価格はおよそ100万円(税込で102万6000円)。発売は12月8日だ。

操作感に関しては「NW-WM1Z」を筆頭とした、従来のウォークマンそのものでありつつも、高出力/高S/N比のアナログアンプを搭載し、「TA-ZH1ES」のような据え置き機に匹敵するドライブ能力を兼ね備えている。ひとことで言えば、これまでにない挑戦的なコンセプトの製品になっている。

 

SONY DMP-Z1は、ソニーのこれまでのオーディオ技術を結集しアーティストの意図する音楽表現を再現するために開発された新しいコンセプトのミュージックプレイヤーです。

SONY DMP-Z1とは??

そのコンセプトは大まかに分けると

 

 

5つのバッテリーセルを使用した独立電源システム

-クリーンな電源供給を実現するバッテリー(DC)駆動

高出力と高S/Nを実現するアナログアンプ

-インピーダンスが高いヘッドホンをドライブする高出力

高剛性と軽量化を両立した新開発のH型アルミシャーシ

-H形の押し出し材から切削加工したモノコックボディ

高音質を実現するために厳選したパーツ

-「ソニー専用カスタムボリューム」「高性能DAC」他

 

アナログとデジタルの高音質技術による高品位なヘッドホンサウンドが特徴のプレイヤーです。

 

独立バッテリー電源システム

SONY DMP-Z1は、「音質を最優先した結果」バッテリーを搭載しております。

 

ノイズが乗っている場合のあるAC電源と比較して、高品位なバッテリーはは音質にとって重要な高品質の電源供給が可能。加えてAC電源ブロックが不要シンプルなDCベースの高品位オーディオ設計が可能となっております。

 

しかもバッテリーはデジタル用に1セル、アナログ正/負電源に独立した2セルバッテリーを採用。5つのバッテリーセルを使用した独立電源システムが特徴的となっています。

 

デジタル/アナログで電源を分離する事によりデジタル系のノイズをアナログ回路に影響させない、徹底した電源回路設計です。

「AC駆動モード」と「バッテリー駆動モード」2つの電源駆動モードをを備えておりますが、もちろんおすすめはバッテリ駆動モード。ACアダプターから供給される電源と比較してバッテリーからはクリーンな電源供給が担保されます。

 

 

 

高品位なアナログ出力ライン

 

 

デジタル部分は高性能DACをLch/Rchで独立に使用するDual DAC構成、アナログ部分は大出力&高音質を実現するためアナログアンプ方式を採用しております。

 

アナログブロック 3つのポイント

 

高性能32bit DACをLch/Rchで独立して使用するDual DAC構成

-最新の高性能32bit DAC をLch/Rchで独立して使用するDual DAC構成高情報量・高解像度な音質と高いチャンネルセパレーションを実現

ソニー専用カスタムのロータリーボリュームを採用

-重厚な真鍮ケースに銅メッキと金メッキを施し接触抵抗を低くすることで高音質化デリケートな音楽信号の流れをそのままに、艶のあるボーカルや低域の重厚感を再現

大出力&高音質を実現するためアナログアンプ

-バッテリー駆動機器において、高音質と同時に高いヘッドホン出力を実現するために高品位なアナログアンプICを採用

 

バッテリーも内蔵する。目的は高音質化のためであり、重量も2.49kgある。しかし持ち運んでの利用も可能だ。常時携帯するのは難しいが、両手で持ち上げるぶんには特に問題のない重さとも言える。使い終わったら片づけたり、ACアダプターを外して、書斎やバルコニーなどに持ち運んで使うことも十分想定できる。96kHz/24bitのハイレゾ音源をバランス駆動で再生した場合、約9時間の再生ができるので長さも十分だろう。

本体サイズはおよそ幅138×奥行き278.7×高さ68.1mm。フットプリントは、A4サイズ(210×297mm)の紙を縦に折って、少しスリムにした感じをイメージするといいだろう。

 

 

ユニークな独立バッテリー電源システムに加え、アンプ基板メイン基板の分離した設計。こだわり抜いた高品位なパーツを多数使用。

沢山の高音質化機能を搭載し機能面でも申し分ない製品に仕上がっていますね。

 

正に「究極」のデジタルミュージックプレイヤーにふさわしい製品だと思います。

アーティストの意図する音楽表現を再現するためにのオーディオ技術を結集した超プレミアムモデル

オーナーになられる方が素直に羨ましい。そんな製品のご紹介でした。

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」スペック・機能比較!値段を考慮した上でどちらを選ぶべきか!!

ソニーモバイルコミュニケーションズが発売している「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」

このXperia XZ2 Premiumと同じXZ2シリーズのXperia XZ2とは何が違うのか。

購入をお考えの方のためにスペック・機能・本体のサイズ感を比較しましたのでお悩みの方はご参考ください。

 

Xperia XZ2とXperia XZ2 Premiumの基本性能

Xperia XZ2 Xperia XZ2 Premium
本体サイズ 高さ153 × 幅72 × 厚さ11.1 mm 高さ158 × 幅80 × 厚さ11.9 mm
重さ 約198g 約230g
CPU Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
OS Android 8.0 Android 8.0
ストレージ(ROM) 64GB 64GB
メモリ(RAM) 4GB 6GB
画面サイズ 約5.7インチ
トリルミナス® ディスプレイ for mobile 2,160×1,080(Full HD+)
約5.8インチ
トリルミナス® ディスプレイ for mobile 3,840 × 2,160(4K)
カメラ画素数 メイン:約1,920万画素
サブ: 約500万画素
製品名 ソニー Xperia XZ2 Premium ソニー Xperia XZ2
発売日 2018年07月27日(ドコモ)、2018年08月10日(au) 2018年05月31日
キャリア au、ドコモ au、ドコモ、ソフトバンク
価格 11万円前後 10万円前後
シリーズ エクスペリア(Xperia)
OS Android 8.0 Oreo
CPU(プロセッサー) Snapdragon 845 (SDM845) オクタコア、4x2.8GHz+4x1.8GHz
内部メモリー 64GB UFS
外部メモリー microSDXC(400GB)
RAM 6GB 4GB
バッテリー容量/急速充電 3400mAh、ワイヤレス充電Qi、Quick Charge 3.0 3060mAh、ワイヤレス充電Qi、Quick Charge 3.0
防水・防塵・耐衝撃機能 IPX5・IPX8/IP6X(IP65/68)、Corning Gorilla Glass 5
セキュリティ 指紋認証(背面に設置)
ホームボタン オンスクリーンキー
モニター/画面解像度 5.8インチ、4K(3840×2160ドット)、比率16:9 5.7インチ、フルHD+(2160×1080ドット)、比率18:9
液晶パネル トリルミナス ディスプレイ for mobile、X-Reality、HDR動画再生対応
アップコンバート機能 4Kアップコンバート、HDRアップコンバート HDRアップコンバート
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
受信時最大 958Mbps(au)、988Mbps(ドコモ) 958Mbps(au)、988Mbps(ドコモ)、774Mbps(ソフトバンク)
送信時最大 112.5Mbps(au)、75Mbps(ドコモ) 112.5Mbps(au)、75Mbps(ドコモ)、37.5Mbps(ソフトバンク)
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
Bluetooth ○(5.0)
GPS
テレビ ワンセグ、フルセグ
ハイレゾ ○(FLAC、DSEE HX、LDAC、aptX対応)
画素数(背面/アウトカメラ) 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型) 1/2.3型、25mm F1.8+1220万画素Exmor RS(白黒) 1/2.3型 F1.6 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型) 1/2.3型、25mm F2.0
Motion EYEカメラシステム ○(Motion EYEデュアルカメラシステム)
AUBEフュージョン画像処理エンジン
先読み撮影 ○(笑顔検出に対応)
アンチディストーションシャッター
動画 4K 30fps、HLG(Hybrid Long Gamma)フォーマットの4K HDR 24fps撮影
ハイスピード動画 960fps(1080p、720p)
ISO 静止画ISO51200・動画ISO12800 静止画ISO12800・動画ISO4000
その他の背面カメラ機能 8倍デジタルズーム、5軸手ブレ補正
画素数(正面/インカメラ) 1320万画素Exmor RS 1/3.06型、22mm F2.0 500万画素Exmor R 1/5型、23mm F2.2
その他の正面カメラ機能 5軸手ブレ補正、静止画ISO3200・動画ISO1600、ディスプレイフラッシュ 5軸手ブレ補正、静止画ISO1600・動画ISO1000
STAMINAモード
いたわり充電
3Dクリエイター(3D撮影機能) ○(インカメラも対応)
ダイナミックバイブレーションシステム ○(映像コンテンツに合わせてスマホを振動)
コネクター USB Type-C 3.1 Gen1
ヘッドホンジャック -(USB Type-Cの変換アダプターで対応)
スピーカー 「S-Force」ステレオスピーカー
デザインのコンセプト名 Ambient Flow(アンビエントフロー)、背面は光の反射をイメージ Ambient Flow(アンビエントフロー)、背面は光の透過をイメージ
作り 背面:ミラー加工の3D曲面ガラス、側面:アルミフレーム 背面:光沢仕上げの3D曲面ガラス、側面:金属メタルフレーム
80mm 72mm
高さ 158mm 153mm
奥行き 6.4-11.9mm 6-11.1mm
重さ 236g 198g
カラー クロームブラック、クロームシルバー リキッドブラック、リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンク(ドコモ、auのみ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

サブ: 約1,320万画素

性能を比較すると、CPUやAndrois OSなど根本的な部分に差はありません。

  • メモリが6GBと大容量!
  • ディスプレイが大きく4K対応
  • Xperiaシリーズ初のデュアルカメラ搭載

Xperia XZ2とXperia XZ2 Premiumのサイズ感

Xperia XZ2 PremiumのデザインはXZ2/XZ2 Comapctのテイストを継承しており、特にXZ2と共通部分が多い。表と裏側どちらも3Dガラスを採用しており、全般的に丸みを帯びている。角もそがれていて持ちやすそうだ。側面にはアルミのフレームを採用している。

Xperia XZ2 Premium左からXperia XZ2 Premium、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compact。基本デザインは共通している
Xperia XZ2 Premium角張っていたXperia XZ Premium(右)と比べると、Xperia XZ2 Premium(左)は丸く大きくなった

一方、丸くなった分厚くもなっており、Xperia XZ Premiumの7.9mmから11.9mmに奥行き(厚さ)が増えている。幅はXZ2の72mm、XZ Premiumの77mmから80mmに増えている。重さはXZ2の198g、XZ Premiumの191gから236gにまで増えてしまい、なかなかのヘビー級だ。片手で長時間持ち続けると、手が疲れてしまうかもしれない。ワイヤレス充電への対応に伴い、背面にもガラスを採用したことが影響しているのだろうか。

ディスプレイは、HDR表示対応の5.8型4K(2160×3840ピクセル)液晶を搭載。ディスプレイサイズはXperia XZ2比で0.1型、Xperia XZ Premium比で0.3型大きくなっている。さらに、Xperia XZ2 Premiumでは「RGBW(赤・緑・青・白)」画素を採用したことで、XZ Premium比で最大輝度が約30%向上している。

 

背面カメラ

「Xperia XZ2 Premium」は背面にデュアルカメラが搭載されていますが、「Xperia XZ2」はシングルカメラです。「Xperia XZ2 Premium」は1920万画素のカラーセンサーで色情報を取得し、1220万画素のモノクロセンサーで輝度情報を取得します。画像処理プロセッサー「AUBE(オーブ)」で2つの撮影データを合わせることで、静止画ではISO51200・動画ではISO12800の高感度性能(暗所での撮影)に対応することができます。一眼カメラのようなボケ表現や、モノクロ撮影にも対応するようです。
※2018年8月28日にドコモ、29日にauの「Xperia XZ2 Premium」にボケ・モノクロ撮影機能が追加されました。

正面カメラ

「Xperia XZ2 Premium」は1320万画素 22mm F2.0のインカメラを搭載していますが、「Xperia XZ2」は500万画素 23mm F2.2です。「Xperia XZ2 Premium」のほうがより画素数が多く、レンズがより広角でF値が明るくなっています。高感度性能は、「Xperia XZ2 Premium」が静止画ISO3200・動画ISO1600なのに対し、「Xperia XZ2」は静止画ISO1600・動画ISO1000です。

 

RAMメモリーとバッテリー

「Xperia XZ2 Premium」は6GBのRAMメモリーに3400mAh(海外モデルは3540mAh)のバッテリー容量ですが、「Xperia XZ2」は4GBのRAMメモリーに3060mAh(海外モデルは3180mAh)のバッテリー容量です。

Xperia XZ2 Premiumを買いたい方

  • ゲームを始め、多くのアプリを使う方
  • カメラ好き・プロのカメラマンの方
  • 高画質動画をたっぷり楽しみたい方

性能や多機能性を求めないならXperia XZでもんだいないです。

しかし携帯に様々な機能を求めて、便利に使いたいなら「Xperia XZ2 Premium」がおすすめです。

 

Sony Xperia XZ2 Premium H8166 (64GB) – Chrome Black ブラック SIMフリー【並行輸入品】

新品価格
¥86,960から
(2018/11/24 10:48時点)

au Xperia XZ2 SOV37 リキッドブラック

新品価格
¥53,700から
(2018/11/24 10:49時点)

Skullcandy「Crusher 360」レビュー!! 最新モデルは新機能満載!!

アメリカ発祥のオーディオブランドSkullcandy(スカルキャンディー)。同社の名前を一躍有名にしたのが、音に合わせて物理的に震えるというギミックを備えたヘッドホン「Crusher(クラッシャー)」だ。

 

そんな「Crusher」シリーズの最新モデルとなる「Crusher 360」が本日発表された。昨年発売された「Crusher」シリーズ初のBluetoothモデル「CRUSHER WIRELESS」よりもさらに上のグレードのプレミアムモデルという位置付けで、日本では2500台限定で11月2日に発売される。

 

新技術で震える機能がさらに進化! 体感型ヘッドホンの究極系「Crusher 360」

「Crusher」シリーズの最新モデルとして今回発表された「Crusher 360」は、昨年発売された「CRUSHER WIRELESS」同様、Bluetooth接続対応のヘッドホンだ。さまざまな点で「CRUSHER WIRELESS」から進化を遂げているが、なんといっても最大の進化ポイントは「震える」部分の進化だろう。

Skullcandy「Crusher 360」

「Crusher 360」。ブラックカラーの筐体にキャメルカラーのイヤーパッドを組み合わせたクールなデザインだ

「Crusher」シリーズは「Haptic Bass(ハプティックベース)」と呼ばれる重低音専用のウーハーを搭載することで“物理的に震える”という機能を実現している。初代「Crusher」はこの専用のウーハーがモノラル再生だったが、「CRUSHER WIRELESS」ではステレオ再生対応の「Stereo Haptic Bass(ステレオハプティックベース)」へと進化。そして今回の「Crusher 360」では、この「Stereo Haptic Bass」をベースにさらなる進化を遂げたという。

具体的には、“センサリーベース”と呼ばれる技術を新たに搭載し、ウーハーが反応する再生周波数帯域を従来の45~75Hzから20~100Hzへと拡大している。可聴帯域を下回る低域であっても振動へとしっかりと変換できるため、従来よりもさらに迫力のある重低音を体感できるのが利点だ

 

Venueは、Bluetoothのワイヤレス接続にアクティブノイズキャンセリング技術を搭載。イヤーカップの外側と内側にマイクを備え、外側のマイクが周囲の音を測定し、正確な逆位相の音を出すことで騒音を打ち消す。

ボタン1つで、外音を取り込める「モニターモード」を搭載するほか、世界初となる「Tile(タイル)」による位置情報把握機能を採用。これは米Tileが提供するスマートトラッカーTileのチップを内蔵することで、実現しているもの。スマ ートフォンとヘッドホンを Bluetoothで接続し、どこに置いたのかわからない場合でも、ヘッドホンをアプリから音を鳴らしたり、地図上のどこにあるか示したりできるという。

Bluetoothの接続圏外にある場合も、最後に接続が切れた場所と時間をアプリの地図上に表示することが可能。Tileコミュニティを活用すれば、「探し物」の近くをほかのTileの利用者が通るとアプリで場所を教えてくれる。

 

要所で使った金属パーツで質感向上、長時間駆動も心強い

質感も非常に高く、アームの部分に触れた際には金属のヒヤリとした質感が心地いい。エッジ部分にはダイヤモンドカットが施されていて、見た目の満足感はCrusher Wireless以上である。低反発のイヤークッションにはプロティンレザーを使用し、装着感も申し分ないと思う。重量については公表されていない。

SkullCandy
折り畳み機構もあり、持ち運びしやすい。

Bluetooth接続に対応するほか、有線接続にも対応。最長29時間の利用が可能で、10分充電すれば3時間利用できる急速充電機能も持つ。このあたりは普段使いするのに嬉しい。

左側のハウジングを指でなぞる形で低域量の調整ができるなど、使い勝手も配慮されている。迫力ある低域を出しつつも、中高域の見通しがいいクリアな印象になっており、振動だけがうりのキワモノヘッドホンでは決してないという点を書き添えておこう

 

Crusher 360ヘッドフォンがそのように多くの低音を達成できる理由は、サブウーファーのように機能する専用のスピーカーです

The reason the Crusher 360 headphones can achieve so much bass is the dedicated speaker, which acts like a subwooferスカルキャンディー

私自身の経験から、専用の低音スピーカーのないヘッドホンは、私が欲しい低音を供給するのに十分なパワーを握ることができず、また非ベースのオーディオも生成できません。

これは、クラッシャー360の調整可能な低音レベルに不可欠な部分です。メインスピーカーは、低音、中音域、高音などの全体的なサウンドに対応できます。

これらのヘッドフォンの最高のものの1つは、低音量でもパワフルな低音を出すことです。

One of the best things about these headphones is that they deliver powerful bass even at low volumes.

ヘッドフォンで頻繁に低音を出すには音量を上げる必要があります。バックグラウンドで演奏したい高音量や「周囲」の音楽を常に必要としないレゲエのようなジャンルの場合、Crusher 360の調節可能な低音は完璧です。私は快適な音量でレゲエの音楽を聴くことができますし、そのようなローリングドローンをベースギターなどから得ることもできます。あなたのために、あなたの好きな曲やジャンルで “レゲエ”を置き換えてください。

 

Skullcandy Crusher 360 Bluetooth対応 BLACK S6MBW-J373-A 【国内正規品】

新品価格
¥32,850から
(2018/11/22 10:25時点)

【新製品】 Bluetooth ブルートゥース ワイヤレス ヘッドホン Skullcandy スカルキャンディー Crusher360 BLACK/TAN 【S6MBW-J373】 【送料無料】 スカルキャンディー ヘッドホン【2年保証】

価格:36,500円
(2018/11/22 10:25時点)
感想(0件)

 

 

【レビュー】ANKER Zolo Liberty 安価な完全ワイヤレスイヤホン

人気のあるワイヤレスプロトコルの最新バージョンであるBluetooth 5の登場は、本当にワイヤレスイヤホンのスペースで熱望されています。データ転送が高速になり、新しい仕様に追加される予定の余分な範囲が、ワイヤレスイヤホンの最大の問題のいくつか、つまり接続の中断や音声の遅延を解決するのに役立つはずです。

Anker発のスマートオーディオブランドで、Anker培ってきたバッテリー技術やオーディオ開発のノウハウに、最新テクノロジーを高度に融合させていくブランドで、その第一弾が「Zolo Liberty」となっています。今後はAnkerのSoundcoreブランドに統一される見通しです

スペック

入力 5V/1.5A
電池消費 2W
電気抵抗 16Ω
ドライバー口径 約5.5mm
周波数応答 20Hz~20KHz
Bluetoothバージョン 4.2
Bluetooth コーデック AAC、SBC
Bluetoothプロファイル HSP1.2、HFP1.6、A2DP1.3、AVRCP 1.5
Bluetooth動作範囲 約10m
再生可能時間 約3.5時間(イヤホンのみ)
約24時間(充電ケース利用時)
充電時間 約3.5時間(イヤホン)
約2.5~3時間(充電ケース)
防水規格 IPX5
重さ 103g

イヤホンはバッテリーの寿命が約3時間しかありません。これは、私が真にワイヤレスイヤホンで好むもののローエンドです。しかし、彼らが抱えている充電/持ち運びの場合は、2日間の追加料金と約15分で1時間分のバッテリー寿命をすばやく充電することができます。私はまだケースから離れてイヤホンを使って4時間から5時間に近いほうを好むだろうが、急速充電と組み合わせたその余分なバッテリー寿命はほとんどそれを補う。

ここでのトレードオフは、ほとんどのワイヤレスイヤホンケースよりも若干重いケースであるということです。特にスリムではありません。しかし、それは私のポケットの大部分に合っていて、ケースを充電しなければならない間に数日待つことのメリットは、数グラム余分なグラムを忘れさせるのに十分だった。Liberty +のケースは、ワイヤレスイヤホンのスペースのバッテリ寿命の新しい基準を設定します。アンカーの歴史を知ることは驚くべきことではありません。ここでは、次回はイヤホン自体にバッテリーの専門知識を広げる方法を見つけることが期待されています。

Liberty +イヤホンのバッテリー寿命と接続性は、最高の品質です。しかし、他のすべては、混在した袋です。イヤホンは非常に重低音のオーディオプロファイルを持ち、あらゆるタイプの音楽には特に威力を発揮しません。中高域のディテールはしばしば濁っています。あまりにも頻繁に、私はこれらの不足している細部を聞く微妙な試みで音楽を上げ、より多くの低音で激しく叩かれることになるでしょう。Liberty +イヤフォンは一部の電子音楽にとっては十分に細かいですが、細部まで細かく細かくする必要があるものはまったくうまくいきません。

最大のイヤフォンチップを使って、私は少なくとも本当に良いサウンドアイソレーションを得ることができました。そして、私はもともとオーディオパススルーモードがあることを知りました。しかし、そのパススルーモードの品質は残念です。外部のオーディオが著しく遅れているだけでなく、認識できないほどに劣化していることがよくあります。私はイヤホンで動作している間にこの機能を使いこなそうとしましたが、それはどれくらい気分が悪かったのかでそれを止めてしまいました。

これはおそらく、平凡なマイクを持っているLiberty +イヤホンのおかげです。私のお母さんは、私が一言で “バスタブの中にいた”のように私に言いました。私は静かな部屋以外でSiriとイヤホンを使った時、言葉やフレーズが落ちたり誤解されたりしました。

おそらくLiberty +イヤホンでの私の経験の最悪の部分は、ボタンです。サウンドのように、ボタンも本当に濁っています。それぞれのイヤホンには1つのものがあり、それぞれがかなりのスペースを占めています – 見つけやすいほど簡単ですが、最初の1週間過ごしたので、物理的なフィードバックはほとんどありませんでした。 。イヤフォンをオンにしたり、音楽を演奏したり一時停止したりするために何度も何度も何度もタップしていました。

$ 150で、Zolo Liberty +はAppleのAirPodよりも安く、三星やBoseからのオプションよりも安価です。しかし、アンカーは接続ドロップアウトやビデオ遅延のようなこれらのイヤホンでいくつかの問題を解消しましたが、他の製品と同様に完全に機能するわけではありません。Ankerはここで反復する価値のある製品

Zolo Liberty (Bluetooth 4.2 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大24時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格】(ブラック)

新品価格
¥7,999から
(2018/11/20 10:41時点)

SONY MDR-EX450レビュー!安価だが高音質の高コスパイヤホン

 

 

基本的にイヤホンとかヘッドホンって音質は値段に比例していると僕は考えています。特に1万円までは。

1万円以上になってくると、なんか内部のドライバの数とかを選択できるようになってくるので好みになってきます。

この部分に全然興味がないようであれば全然このイヤホンで満足できると思います。

SONY「MDR-EX450」というモデルです。

価格や使いやすさ、良かったところや悪かったところをレビューします。

 

MDR-EX450の耐久性

これは結構いいと思います。

なんたってもう2年くらい使っていますからね。特に不具合もないですし。そう簡単に断線などは起きないかと思います。

さすがソニーって感じです。

 

MDR-EX450の特徴

NewImage
からみにくいセレーションコード
コード表面の細かい溝によりからみの原因である摩擦を低減。コードスライダーとの併用で効果的にからみを防ぐので、リスニング時や持ち歩きも快適です。

 

イヤホンのコード長が「1.2m」あります。

そこそこ長い部類に入るのではないでしょうか。

 

絡まりにくい「セレーションコード」型式になっており、

コードの表面がざらざらしており、服に擦れた時の雑音が入りにくくなっています。

 

この価格帯のイヤホンで、ここまで優秀なコードは珍しいと思いました。

 

 

「MDR-EX450」の製品概要

型式:密閉ダイナミック

イヤホンのほとんどは、この型式ですね。

外に音が漏れないように作られているので、公共交通機関や外出時に安心して使えます。

 

形状:カナル型

耳に直接挿入する形で使う形状のもの。

耳に掛けるタイプと違って、運動時に使いやすいです。

 

ジョギングやウォーキング時にオススメな形です。

私もよくジョギングをするので、重宝しました。

 

.マイクがない

これは、必要ない人には関係ないですね。

専用のイヤホンマイクが欲しい方には、

同機種のマイク付きモデル「MDR-EX450AP」をオススメします。

 

 

ソニー SONY イヤホン MDR-EX450 : カナル型 クロムグレー MDR-EX450 H

新品価格
¥3,872から
(2018/11/13 11:24時点)

ゲームに最適なゲーミングヘッドホン!Razer Kraken Pro V2 長時間使用や眼鏡でも問題なく快適に!!

Razer Kraken Pro V2とは何ですか?

Kraken Proは、ゲームオーディオやボイスチャットのための使いやすいソリューションを求めているゲーマー向けのRazerのステレオヘッドセットです。あらゆる種類のゲームに適している有線のデバイスで、音楽にも優れたパフォーマンスを提供します。T

注意:7.1 “サラウンドサウンド” USB Kraken Proモデルもあります。このレビューでは、3.5mmジャックモデルのみに焦点を当てています。

オススメのポイント

要点だけ知りたいという方のために、先ずこの製品のオススメポイントを!

  • PS4で使用可能
  • 眼鏡を着用していても痛くない
  • 長時間使用に耐えられる
  • ミュートスイッチ・ボリューム調整リモコンがある
  • ゲーム音が明確に聞き分けられる(R6Sで敵の位置判別も余裕)
  • マイクの音質が良い(中の上)
  • 3.5mmアナログオーディオ端子接続
  • デザインが超クール

上記の点がゲーミングヘッドセットに求める要素と合致していたら購入をオススメします!

 

Razer Kraken Pro V2 – デザイン、ビルド、および機能

Kraken Pro V2は手の込んだ感があり、おそらくこの価格帯での材料の完璧なブレンドで作られています。エッジ

ヘッドセットの上部には革のような素材が重ねられ、ヘッドバンドには「Razer」がエッチングされています。下側には比較的浅い泡のシートがあり、この部分は布で覆われています。

それは着用するのが快適で、322gの重さは私の頭に特に重く感じませんでした。クラッケンの上部も高さ調節が可能で、さまざまなサイズのヘッドに対応しています。

ビデオ:ヘッドフォンのペアを選択する方法

しかし、頭の周りの握り具合はやや弱いですが、多くの人がこのためにRazerに感謝しますが、私は頭を動かすときに、より滑りにくくすることを個人的にはより強く選択しました。

タッチ

ヘッドセットの下部に移動すると、Kraken Proの方が気分が良くなります。側面は金属フレームで保持され、イヤーカップは金属メッシュとテクスチャードプラスチックの混合物で作られています。

イヤカップは物理的な調整を行います。ユニットの両面にRazerのロゴが刻まれています。内側の円形カットアウトはかなり大きく、耳にうまく収まります。泡はヘッドバンドに比べてはるかに厚いですが、フェイクレザーはプレミアム感がありますが、私は自分の耳をかなり頻繁に通気していました。しかし、これはこの種の資料では期待されています。

クラーケンに搭載されたマイクは引き込み式で、ヘッドセットの左側にきれいに引き込まれます。拡張すると完全に柔軟になり、ユーザーは好みに合わせることができます。ボタン

編組ケーブルもヘッドセットの左側に付いていますが、コードが故障した場合にユーザーが交換することはできません。また、移動時には左のイヤーカップに若干の外部振動を伝えます。

Krakenのステレオ特性は、PCに加えて、新しいXbox OneとPS4のコンソールと互換性があります。3.5mmヘッドフォンジャックを装備したほとんどのデバイスが動作します。ただし、別の3.5mm出力ポートと入力ポートを使用するPCでこれを使用するには、アダプタが必要です。これは、Razerが便利に提供するものです。

機能

  • イヤーカップ内径:56mm
  • 重量:322g
  • ケーブル長 1.3m(4極ステレオミニプラグ) +延長ケーブル2m(4極ステレオミニジャック – ピンク&グリーン分岐3極ステレオミニプラグ)
  • 周波数特性:12Hz – 28kHz
  • インピーダンス:32Ω @ 1kHz
  • 感度:118dB @1kHz
  • 最大許容入力:30mW
  • ドライバータイプ:50mm (ネオジム磁性体)
  • マイク感度: -38 ± 3dB
  • マイクSN比:55dB以上
  • マイク周波数帯域:100Hz〜10kHz
  • マイク指向性:単一指向性
  • インラインリモコン:ボリューム調整、マイクミュート
  • バックライト:なし
  • その他の特徴:アルミフレーム
  • 付属品:延長ケーブル2m
  • 接続方式: 3.5mm (4極ステレオミニ)または、3.5mm(3極、ピンク&グリーン)
  • 対応プラットフォーム
  • Windows / Mac / PS4 / Xbox One* / 3.5mm オーディオ端子搭載のモバイル機器
    (*Xbox Oneへの接続には別売りアダプターが必要です)

Razer Kraken Pro V2 – オーディオ品質

オーディオ品質は、Kraken Pro V2のもう一つの強みです。ヘッドセットは、幅広いアプリケーションにわたって楽しいリスニング体験を提供します。

しかし、ゲームのために間違いなく調整されていますが、音楽がアキレス腱のちょっとなんだかなんだか聞こえているのを見つけました。全体的に、それは多くの愛する確かな低音の素晴らしいレベルで、良いです。「Electronic Pop」プレイリストを再生すると、多くの鋭い痕跡がなく、魅力的なハイエンドであり、豊富なパンチを提供するローエンドです。

物事が少しトリッキーになったところでは中間色にあります。多くの曲が素晴らしいように聞こえますが、ボーカルは時には濁っていて細部に欠けていました。

しかし、尋ねる価格のために、私は苦情はほとんどありませんが、音楽のリスニングに少しでも良いと感じています。Astro A40 TRのようなデバイスに足を踏み入れると、より良い音楽パフォーマンスが得られ

ゲームのパフォーマンスはクラッケン・プロの真の強みでなければなりません。バトルフィールド1号機は、クラークケンによって優れた音を出しました。

ゲームはすべて浸っているので、クラクケンはあなたをゲームに没頭させてくれます。Titanfall 2は、プレイヤーの足音の微妙なディテールと、混沌とした破壊からの豊かなブームで、偉大な音を出しました。

しかし、それは印象的な低音だけではありません。サラウンドサウンドが不足しているため、デバイスの正確なオーディオトラッキングの可能性が阻害されますが、サウンドステージはクローズドバックヘッドセマイク

マイクはまた、私がテストしたヘッドセットの多くをはるかに上回る明瞭なボーカルで、恒星です。アナログヘッドセットとしては、もちろんデバイスごとに品質は異なりますが、私のGalaxy Note 4でキャプチャしたレコーディングはきれいで鮮明でクリアです。

£80のために、私は非常に感銘を受けました。音声アプリケーションやゲームには十分なパフォーマンスがあります。

Razer Kraken Pro V2を購入する必要がありますか?

Kraken Pro V2は一流のヘッドセットです。優れたパフォーマンスを発揮し、長時間のゲームセッションでも非常に快適です。

関連性の高いゲームキーボード

 

エッジ

Astro A40 TRと同じくらい良い音は出ませんが、かなり安く、£80のヘッドセットから求められるものはほとんどあります。

サラウンドサウンドが必要な場合や、最高品質の音楽用ヘッドセットが必要な場合を除いて、これは今日の市場で最高のオプションの1つです。

Razer Kraken Pro V2 Green Oval ステレオゲーミングヘッドセット【日本正規代理店保証品】RZ04-02050600-R3M1

新品価格
¥8,646から
(2018/11/12 10:52時点)

ゲーミングヘッドセット Razer レイザー Kraken Pro V2 Green Oval (RZ04-02050600-R3M1) PC PS4 Xbox One対応 【1年保証】 【送料無料】【次回11月中旬入荷予定】

価格:9,150円
(2018/11/12 10:52時点)
感想(3件)

ヤフオクはこちら!!

世界初の折りたたみ画面スマホ「FlexPai」レビュー・評価 「Nubia X」とのスペック比較も!!

SamsungやHuaweiが間もなく発表すると言われる折りたたみディスプレイ端末ですが、それら大手メーカーを出し抜いて、中国のメーカーRoyoleが世界初となるモデル「FlexPai」を発表しました。

Royoleは、スマートフォン業界ではまったくの無名ですが、もともとはフレキシブルディスプレイを手掛けるメーカーです。その技術力アピールのために、折りたたみ端末を作ってみたといったところでしょうか。

「FlexPai」は2018年11月1日に中国Royole社から、「Nubia X」は2018年10月31日に中国Nubia社(ZTEの子会社)から発表されたスマートフォンです。「FlexPai」は折り畳み画面を搭載し、「Nubia X」は背面にもディスプレイを搭載した2画面スマホになっています。どちらも革新的な機種なので外観・スペックを比較してみました。

 

特徴の違い
  • 【FlexPai】
    「FlexPai」は世界で初めてディスプレイ画面を折りたたむことができるスマートフォンです。ディスプレイを広げた状態では7.8インチ(1920×1440)の大画面になり、折り曲げた状態では3画面のディスプレイ「表面:810×1440(比率9:16)、裏面:720×1440(比率9:18)、側面:390×1440(比率6:21)」になります。側面(折れ目部分)には各種の通知を表示できます。ディスプレイは20万回以上の折り曲げに対応可能です。カメラはディスプレイ方面のみにデュアルカメラが搭載され、向きを変えることでアウト/インカメラとして使用できます。
  • 【Nubia X】
    「Nubia X」は正面と背面にディスプレイを搭載したスマートフォンです。背面に搭載された有機ELディスプレイは正面と同様に通常のディスプレイ画面を表示でき、「Always On Display(AOD)」機能を利用して壁紙や時計などを常時表示させることもできます。正面はノッチがない狭額縁設計(ベゼルレス・デザイン)によりディスプレイの画面占有率93.6%を実現しています。インカメラは非搭載ですが、裏面に持ち方を変える(裏返す)ことで背面ディスプレイを見ながら自分撮り可能です。指紋センサーは両サイドに設置されているので表裏どちらの利用時でもロック解除が容易です。

 

「FlexPai (RY1201)」と「Nubia X (ヌビア)」のスペック違いを比較
製品名 Royole FlexPai ZTE Nubia X
発売日 海外では2018年12月 未確認
キャリア 未定
SIMカード nanoSIMx2
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS) デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV) 未確認
価格 14万円台~ 5万円台~
シリーズ FlexPai Nubia X
発売時のOS Water OS(Android 9.0がベース) nubia UI 6.0.2(Android 8.1がベース)
CPU(プロセッサー) Snapdragon 8150 オクタコア (2.8GHzx8) Snapdragon 845 オクタコア (最大2.8GHzx8)
外部メモリー microSDXC(256GB)
内部メモリー 128GB、256GB、512GB 64GB、128GB、256GB UFS 2.1
RAM 6GB、8GB
バッテリー容量/急速充電 3800mAh、5V/5A(Royole Roチャージ) 3800mAh、9V/2A Quick Charge 3.0
防水・防塵・耐衝撃性能 120cmの高さから落下の耐久性
セキュリティ(生体認証) 指紋認証センサー(側面に設置) 指紋認証センサー(両側面に2つ設置)
モニター/画面解像度 7.8インチ、(1920×1440ドット)、308ppi、比率4:3 6.26インチ、フルHD+(2280×1080ドット)、画面占有率93.6%、比率19:9
パネル 有機EL、Flexible AMOLED(フレキシブル有機ELディスプレイ) 正面:液晶、背面:有機EL(タッチ操作も可能)
ディスプレイ機能 折りたたみ式 背面に5.1インチ(1520×720ドット、比率19:9)のOLED搭載、ブルーライト低減
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンド LTE: 1 / 3 / 4 / 7 / 8 / 12 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 LTE: 1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
Bluetooth ○(5.1) ○(5.0)
GPS ○(予想)
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
ハイレゾ 未確認 FLAC対応
画素数(背面カメラ) 1600万画素 F1.8+2400万画素 F1.7
画素数(正面カメラ) 1600万画素+2000万画素 F1.8
撮影機能 光学式手ブレ補正 240fps、PDAF(像面位相差AF)
AI機能
コネクター USB Type-C
ヘッドホンジャック
オーディオ ステレオスピーカー 未確認
各種センサー 環境光、近接、加速度、ジャイロ、コンパス、Hall、バロメーター 環境光、近接、加速度、ジャイロ、コンパス
190.35mm 73.3mm
高さ 134mm 154.1mm
奥行き 7.6mm 8.4mm
重さ 320g 181g
カラー ブラック ブラック、黒金、青金、ブルー

折りたたみ可能なデザイン

FlexPaiは、他とは違う電話です。あなたが最初に目を覚ますとすぐに目立ちます。折り畳まれたとき、デバイスは7.8インチのディスプレイを提供します。これは、「小型タブレット」の領域にしっかりと位置し、1,920 x 1,440ピクセルの解像度を備えています。フォールドアップすると、FlexPaiは突然2つのディスプレイを提供します.1つは16:9のアスペクト比で、もう1つは18:9のアスペクト比です。Royoleは、2つのディスプレイを備えたデバイスのユースケースをいくつか示しました。たとえば、誰かの写真を撮るときは、フロントとバックディスプレイの両方にファインダーを表示して、撮影中に自分自身を見ることができます。

それについて言えば、あなたは20MPの望遠と16MPの広角の2つのレンズのうちの1つでそれらの写真を撮ることができます。しかし、おそらく、 代わりにノキア9 の驚くべき5レンズPureViewカメラを試してみてください?またはiPhone XRまたはPixel 3

Christian de Looper /デジタルトレンド

2つ目のディスプレイを折り畳んだ状態で使用する必要はありません。FlexPaiは、使用しているディスプレイを自動的に検出し、他のディスプレイをオフにします。限られた時間では、それは合理的にうまくいくことがわかりましたが、どのディスプレイを使用するべきかをソフトウェアが突き止めたりスキップしたりすることがよくありました。

画面自体はガラスではなく、プラスチックで、Royoleはそれが劣化するまで20万回折り畳むことができると言った。あなたが1日100回それを折りたたむ場合、多くの折り目が意味するスクリーンは、大きな磨耗と涙が見えるようになる前に、5年持続する問題はありません。この電話を何度も展開することはほとんどありません。デバイスを折り畳む際に何の問題もなくても、ディスプレイのヒンジ部分の下に気泡がいくつか見られ、タッチの感度が不安定でした。私たちはこれが電話機がプロトタイプであり、これらの問題が最終バージョンに存在すべきではないためだと言われました。我々は懐疑的ですが、私たちは見つけ出すために待って見なければなりません。

私たちはディスプレイのヒンジ部分の下に気泡がいくつか見られ、タッチの感度は驚異的でした。

電話機はヒンジで折り畳まれ、電話の両面には隙間があり、デバイスを厚くするだけでなく、持ち運びや使用に少し厄介です。携帯電話の厚さと全体的な感触は、FlexPaiを快適に使用できないため、これがスマートフォンの未来である場合、携帯電話メーカーが対応しなければならない折りたたみ可能なものです。

2018は、画面周りのエッジが最小限に抑えられたベゼルレスのスマートフォンのトレンドを続けていますが、FlexPaiにはちょうつがいのベゼルがあるため、折り畳み式の携帯電話で時間を遡る必要があるようです。タブレットに折り畳まれると、ベゼルが上部にあります。電話モードでは、2つのディスプレイの1つの左側にあります。その厚さのベゼルには、20メガピクセルの望遠レンズと16メガピクセルの広角レンズの2つのカメラセンサーがあります。

CLUNKYソフトウェア

おそらくFlexPaiの最大の疑問符はソフトウェアです。携帯電話を折り畳んだり展開したりするたびに、ソフトウェアは少し前にスキップして正しいモードで解決しました。RoyoleがWater OSと呼ぶAndroidのフォークされたバージョンを実行している。同社は、リリース前にソフトウェアが適切に動作することを確認する作業はまだ進んでいると語った。さらに、特別な開発をせずにFlexPaiでサードパーティのアプリケーションがどれくらいうまく機能するかも不明です。「サードパーティ製のアプリケーションはそのままで動作しますが、特別に開発されたアプリケーションはうまくいくでしょう」と尋ねられました。私たちは、この携帯電話が一般的なアプリケーションをすべて最適化された状態で実行できるとは確信していません方法。

ロイヤルフレックスパイ製品の印象を手に
Christian de Looper /デジタルトレンド

この携帯電話には、6GBまたは8GBのRAM、128GB、256GB、または512GBのストレージオプションが搭載されています。Royoleによると、このチップセットは7nmプロセスで開発されたクアルコムの「8シリーズ」プロセッサです。これは、デバイスが次世代のクアルコムの主要プロセッサーを搭載している可能性があることを意味して います。そのチップが呼び出されるのはまさに目に見えますが、おそらく5Gのサポートをもたらすでしょう。

結論

Royole FlexPaiは、世界で初めての折り畳み式携帯電話のような興味深い製品ですが、コンシューマー向け製品とはほとんど感じられません。サムスンでは、近い将来、より洗練されたデバイス(hello、Galaxy X!)を発表する予定だが、米国では誰も聞いたことがないブランドの電話で歩き回っている人々を想像するのは難しい。コストもあります。Royoleは、6GBのRAM + 128GBのストレージモデルでは8,999元(1,300ドル)、8GB RAM + 256GBストレージモデルでは9,998元(1,445ドル)、中国では12,999元(1,879ドル)のコストで、 8GBのRAM + 512GBのストレージモデル。1000ドル以上のスマートフォンの時代でさえ、それは、正常に動作することが証明されていない、または本当に有用であることが証明されている1世代の携帯電話に支払う現金の多くです。

Fitbit Versa実機レビュー 低価格かつスタイリッシュなスマートウォッチは買い!!

 

 

以前ハンズオンで、Pebbleの魂を受け継いだスマートウォッチと評された「Fitbit Versa」。

FitbitがIonicに続くFitbit OS搭載のスマートウォッチとしてリリースしたこちらを手に入れましたので早速レビュー”


Fitbit Versaフィットネストラッカーは、見るに堪えないデザインだった前モデルの、歓迎すべき最新版。200ドル(約21,500円)のVersaはフィットネス愛好者やカジュアルアスリート、健康マニアたちのエクササイズ用のウェアラブルへのニーズを満たしてくれるに違いありません。ただ、利用できるアプリが不足し、価格がほかのスマートウォッチと近しいことも相まって、ウェアラブルとしてより有能になったにもかかわらず、多機能性を求める方にははまらない商品かもしれませんが少なくとも、Fitbit Iconicよりは魅力的です

Fitbit Versa

lpgvujqcvg1c83todzqk

・価格:200ドル(約21.500円、NFCを利用したいなら230ドル)

・好きなところ:高速なインターフェースと落ち着いたデザイン。フィットネスっぽいデザインが嫌な健康オタクにはパーフェクト

・好きじゃないところ:貧相に感じられるところ。音楽関連の操作で本当にイライラさせられるところ。

前モデル・Fitbit Ionicはデザインの観点では完全なる失敗でした、しかしVersaは落ち着いたかつ出しゃばらないデザインによっておしゃれなデザインになっている。アルミ製で色は黒基調というデザイン、滑らかな角が可愛らしさを演出し普段遣いでも使用できるデザインはGOOD。 色はブラックにローズゴールドとシルバー

Versaは当たり障りのないデザインに見えます。四角くて丸い形は同様に退屈なApple Watchに似ているのに、それほど艶やかではない。

Google Wear OSを採用した丸いスマートウォッチの中には、Versaのスタイルに一致するものはありません。そして、コンピュータにとってファッションは未だ悩みの種、有名ブランドとその高級ファッションデバイスはバッテリーの短さに苦しみ、ハードウェアとしては非力。Versaはいくつかの派手なフィットネスバンドのように注意を引くこともなくランや休息を記録するものを探している人のための代替デバイスである必要があります。

npakpns845q4ejpgrx3a

Ionicの取り柄は、すばらしいバッテリーの持ちにありました。1日または2日(あるいは6日)外出してチャージなしでも、腕に巻かれた無用の長物と化すことなく利用できたのです(訳注:Ionicのバッテリー持続時間は公称最大5日間)。Versaの推定バッテリー持続時間は4日以上。少し短くなりましたが、価格の近いApple Watch Series 1の「18時間まで」に比べると感動的です。「より長く使える」が意味するのは、より多くの時間、睡眠や平均心拍数などの情報を収集するのに使えるということ。充電ドックに置く時間も短くなります。

公式で4日以上をうたっているバッテリー持ちですが、実際に試してみたところ丸5日以上持ちました。通知の量や画面をいじる頻度にもよりますが、結構ハードな使い方をしても4日は余裕で持ちそうです。

充電ドックに触れておきましょうか! Versaの充電ドックはスマートウォッチ本体をはめ込んで固定して利用しますが、これがかなりうっとおしいんです。電源ケーブルが浮いてしまって、テーブルの上にぴったりと落ち着けるのに一苦労です。対照的に、Ionicの充電ケーブルは台座の底面につながっています。

gswsjrztvfcrhypdguvj

どちらの充電方式もNokia Steel HRやApple Watchのそれに劣っています。

しかし、長いバッテリー持続時間は私がほとんどこのわずらわしさと向き合わなくてよいことを意味します。

Versaの進化した点としては、インターフェースがあります。すべての関連するヘルスデータを時間とともに、カスタマイズ可能な文字盤上で見られます。スクリーン端でスワイプすれば、通知も見られますし、歩数計や心拍数、消費カロリーの上に、その日のヘルスデータを表示し続けることもできます。スワイプとタップでスマートフォンアプリ経由でVersaにインストールしたアプリを再配置したり使ったりすることもできます。女性向けに生理周期トラッキングも将来的に追加される予定です。

jtjwrinyv1ftqqgqx6wn

VersaはSlackのようなメッセージサービスの通知とともに、テキストやカレンダーのリマインド、電話の通知をサポートしています。しかし、返信については問題外です。少なくともiOSユーザーにとっては。クイックリプライ機能は、ワンタップでテキスト返信できるものですが、Androidユーザーのためのものです。

遅延はほとんど問題ではありません。グループチャットで38のテキストメッセージを受信したとしても、です。この点において、VersaはApple Watch Series 1を打ち負かしています。Apple Watchは、アプリを開いたり、スマートホーム機能を利用するとなると、ひどく遅いです。

Versaは本当に気になるデータ──フィットネスデータを表示するという点でもすばらしい仕事をします。

h1aueffmnmvkkj8hepzb

スマートフォンアプリのおかげで、自分のフィットネスデータをチェックするのは、どこでもどんな風にでも簡単です。ダッシュボードは簡単に編集でき、いちばん気になるデータを強調するよう再配置できます。私は、心拍数と睡眠データを表示し、摂取カロリーと水消費量は切り捨てています。

Fitbitは文字盤とアプリが合わせて550以上あり、IonicとVersaの両方で使えるとしていますが、この記事を書いている時点では使えるものは多くありません。もっとも有名なものとしてはスターバックスのアプリがすぐに使えるようになり、Versa上のスターバックスカードのバーコードをスキャンしてアイスカプチーノを買えるようになります。

フィットネストラッカ(エクササイズ)に関しては、「ラン」「バイク」「スイム」「トレッド」「ウェイトリフト」「インターバルタイマー」「ワークアウト」の7種類を計測可能。といっても、項目としては時間と心拍数がメインで、あとはエクササイズにより距離、速さなどが加わるだけです。また、VersaにはGPSが搭載されていないため、距離、速さを計測するにはスマートフォンが必須です。

omweexgtm7um9vro7sme

Coach機能があります。これは、7分、10分、15分の3種類のコースがあり、それぞれ1回30秒程度の運動を複数回行うというもの。それぞれの動作を写真や動画(といってもパラパラ漫画のような感じですが)で紹介してくれるので、「バイシクルキック30秒」とだけ表示されるよりもわかりやすくなっています。

SpotifyもApple MusicもGoogle Play Musicも、あるいはTidalのサポートもなく、ユーザーが聞ける音楽といえば、Versaに自分で読み込んだ楽曲またはVersaが現在サポートしている音楽サービスであるPandoraかDeezerで聴ける楽曲だけです。また、NFCで支払いをしたいなら、230ドルのVersa Special Editionを買い、ファイナンシャルパートナーリストの中から自分の銀行を見つけてFitbit Payに登録しなければなりません。直感的に音楽再生ができないスマートウォッチを、本当にスマートウォッチと見なしていいんでしょうか?

pruu738swung84humysl

最近のスマートウォッチでは当たり前の機能ですが、ウォッチフェイスは好きなものに変更可能です。変更はスマートフォン上のアプリから行います。
Fitbit公式のもの以外にもユーザーが作成したフェイスも選択可能。時計だけを表示するシンプルなものから、歩数や心拍数などを常に表示できるものなど、多くのウォッチフェイスが公開されています。

ki0lqwtgjkxlqzjohp5y

、どう睡眠をとるべきかを見直させてくれます。に、自分の健康について知り、有益な決断をするのに使えるデータを集めるウェアラブルを求めているなら、その一方で電話にすぐ出たり次のアポイントに遅れないようにするのに十分なほどスマートなウェアラブルが欲しいのであれば、Versaを買うべきです。

まとめ

・フィットネストラッカーとスマートウォッチのお得なセット。交換用バンドが標準のブラックラバーバンドから乗り換えるのに便利です。

・Samsung製スマートフォンを利用していないAndroidユーザーにいいウェアラブルです。

・プレイリストを転送するのに1時間かかるので、音楽関係は貧弱です。

・アプリ選択の幅がないのはひどいですが、フィットネス用なら…うーん、時間が経てば変わる…かな。

・Apple Watchの代替として十分に洗練されています。みんなでお金を出し合って買うなら、Pixelが大好きないとこの誕生日プレゼントとしていいかも。

・TimerとHue Lightsが基本的に便利なアプリのすべてです。

Fitbit フィットビット スマートウォッチ Versa iOS/android対応 バッテリーライフ4日以上 睡眠ステージ記録 歩数&距離&カロリー記録 耐水50m性能
着信/SMS/アプリ(LINE/Twitter/Facebook)通知 24時間心拍測定 エクササイズモード 女性の体調管理 Black/Black Aluminium L/Sサイズ【日本正規品】 FB505GMBK-CJK

新品価格
¥25,897から
(2018/11/5 11:06時点)

【送料無料】 FITBIT Fitbit フィットビット スマートウォッチ Versa Black/Black Aluminium L/Sサイズ FB505GMBK-CJK ブラック/ブラックアルミニウム

価格:28,490円
(2018/11/5 11:07時点)
感想(4件)

ヤフオクはこちらから!!

新iPad Pro 2018 11・12.9インチの2機種のスペック比較!!

Appleが新型のiPad Pro(2018)が11インチと12.9インチの2モデルが正式に発表しました!すでに予約が開始されており2018年11月7日(水)に発売開始となります。ここでは新型iPad Pro(2018)の11インチモデルと12.9インチモデルのデザイン・スペック・発売日について詳しく書いていきたいと思います。

iPad Pro(2018)スペック比較

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
画面サイズ 11インチ 10.5インチ 12.9インチ
解像度 2,388 x 1,668 2,224 x 1,668 2,732 x 2,048
画素密度 264ppi
仕様 耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
サイズ 247.6 x 178.5 x 5.9 250.6 x 174.1 x 6.1 280.6 x 214.9 x 5.9 305.7 x 220.6 x 6.9
重量 477 g 468 g 631 g 677 g

 

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
認証システム 顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID
顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID

 

iPhone iPad Pro
2016年モデル A10 Fusion
(iPhone 7/7 Plus)
A9X
(iPad Pro 9.7/12.9)
2017年モデル A11 Bionic
(iPhone X/8/8 Plus)
A10X Fusion
(iPad Pro 10.5/12.9)
2018年モデル A12 Bionic
(iPhone XS/XS Max/XR)
A12X Bionic
(iPad Pro 11/12.9)

 

iPad Pro 2018 iPad Pro 2017 iPhone XS
プロセッサ A12X Bionic A10X Fusion A12 Bionic
CPUコア 8コア 6コア 6コア
GPUコア 7コア 12コア 4コア
ニューラルエンジン 8コア 8コア

 

サイズを旧モデルと比較してみるとiPad Pro 12.9の本体サイズダウンがかなり凄いですね。新型のiPad Pro 12.9は画面サイズはそのままで筐体サイズを25%のダウンサイジングに成功しているとのことです。

12.9インチモデルは筐体が大きかったので持ち運びはあまりすることはなかったですが、新型は持ち運びするのがかなり楽になりそう…。

 

新型iPad Proは、8コアCPU・7コアGPUの7nmプロセスSoC「A12X Bionic」を搭載し、新製品発表イベントでは「すべてのPCの92%より速い」と豪語されていました。この新しいiPad ProのGeekbenchによるベンチマークはオンラインで公開されていて、CPU性能評価でシングルコア性能は5000前後、マルチコア性能はおよそ17000~18000というスコアをたたき出しています。

以下の同じGeekbenchによるスコア性能比較を見ると、前世代のiPad Proはもちろんのこと、単体でMacBookを駆動できるほどの性能があることが判明している「A12 Bionic」チップを搭載したiPhoene XS・iPhone XS Max・iPhoen XRをもしのいでいます。また、2018年7月に発売された15インチのMacBook Proでも、2.2GHz・6コア Core i7搭載型に対してはシングルコア性能で勝っていることが判明しました。2.2GHz・6コア Core i7搭載型の15インチMacBook Proは税別25万8800円という価格であるのに対して、新型iPad Proは11インチ・ストレージ512GB・Wi-Fiモデルであれば税別12万8800円とおよそ半額に近い価格であるということは「実に印象的だ」とMacRumorsは評価しています。

また、Geekbenchによるレポートは、iPad Proが6GBもしくは4GBのRAMを搭載しているということを示しています。レポートでの「iPad8,8」は5650MBのメモリをもち、「iPad8,3」は3769MBのメモリをもっています。新型iPad Proのメモリの容量はストレージ(ROM)によって異なります。ROMが64GB・256GB・512GBのモデルは4GBのメモリ、ROMが1TBのモデルは6GBのメモリを積んでいます。

 

 

Galaxy S8レビュー ベゼルレスデザイン2017年発売ながら最高クラスのAndroidスマホ

Samsungのフラグシップモデル「Galaxy S8」シリーズが発売されました。Galaxy S8はサムスンのフラッグシップモデル・Galaxy Sシリーズの2017年モデル。

キャリアでしか手に入らない上位モデルのAndroidスマホですが海外のグローバル版を購入すればSIMフリースマホとして利用可能。縁をギリギリまで細くし、本体サイズに対して画面を極端に大きく設計したデザインには圧倒されます。

前モデルからの最大の変更点は従来と異なる18.5:9のアスペクト比を採用するとともに狭額縁化によって画面占有率を高めた「Infinity Display」で、表示領域の拡大と持ちやすい本体サイズを両立した設計となっています。

本記事では「Galaxy S8」についてレビューします

 

Galaxy S8 スペック比較

 

主なスペック(グローバルモデル)
機種名 Galaxy S8 Galaxy S8+ Galaxy S7 edge
OS Android 7.0 Android 6.0(アップデートで7.0に)
プロセッサ Samsung ExynosまたはQualcomm Snapdragon(市場による) Samsung ExynosまたはQualcomm Snapdragon 820(市場による)
メインメモリ 4GB 4GB
内蔵ストレージ 64GB 32GBか64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB) microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.8型 Super AMOLED Infinite Display 約6.2型 Super AMOLED Infinite Display 約5.5型Super AMOLED Edge Screen
解像度 1440×2960ピクセル 1440×2560ピクセル
バッテリー容量 3000mAh 3500mAh 3600mAh
アウトカメラ 約1200万画素(デュアルピクセルセンサー) 約1200万画素(デュアルピクセルセンサー)
インカメラ 約800万画素(AF対応) 約500万画素
サイズ(幅×高さ×奥行き) 68.1×148.9×8mm 73.4×159.5×8.1mm 72.6×150.9×7.7mm
重量 155g 173g 157g
セキュリティ 指紋センサー、虹彩認証、顔認証 指紋センサー
防水・防塵(じん) IP68 IP68
外部接続端子 USB Type-C Micro USB

 

4GBのメインメモリや最大64GBの内蔵ストレージはS7 edgeと同じだが、プロセッサは14nmプロセスから10nmプロセスへと微細化し、LTEのCategoryも9(下り最大450Mbps)から16(下り最大1Gbps)へと進化。一部の地域向けのS8/S8+に搭載されるSnapdragonの型番は公表されていないが、上記スペックを鑑みると、「Snapdragon 835」が採用されるとみて間違いないだろう。

アウトカメラはGalaxy S7 edgeと同様、デュアルピクセルセンサーの1200万画素だが、インカメラは500万から800万に画素数がアップし、オートフォーカスにも対応した。

バッテリー容量はGalaxy S7 edgeの3600mAhに対して、S8は3000mAhに下がってしまった。S8+も3500mAhで、3機種の中ではS7 edgeのバッテリーが最も大容量だ。外部接続端子はUSB Type-Cに変更され、コネクターの向きを気にせずケーブルを接続できる。

S8シリーズでは、サムスンは基本的に Galaxy S7 edgeかなりディスプレイを強化し、他のスペックのいくつかを変更し、指紋リーダーを背面に移動させ、新しい圧力センサーのおかげで画面の下にホームボタンを押し込み、Bixbyの個人用の電話の側面に余分なボタンを追加した電話を2つのサイズでリリースしました。

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8レビュー

S8やS8 +を買うことは悪い決断ではないということです。これらはSuper S7 Edgeの後継機種として優れたデバイスです。

しかし、私たちがこの携帯電話のすべての熱意にもかかわらず、いくつかの欠陥があります。

ギャラクシーS8レビュー

S8と以前のS7エッジでは、バニラのAndroidを持つことを愛する多くの人がいます。今まで以上に、この呼び出しが間違っていると感じています。サムスンのTouchWizオーバーレイはこれまで以上に優れていて、あなたがいつもコントロールしているように感じる滑らかさを持っています。

それは、あなたが得たいと思うくらい複雑でも簡単でもあります。ホーム画面からスワイプしてアプリの引き出しを取得することが特に重要です。

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8スクリーンとデザイン

5.8インチのQuad HD + 2960 x 1440 Gorilla Glass 5のディスプレイクロックは、570ppiで 昨年のS7 – 5.1インチS7、5.5インチS7プラス、および iPhone 7 Plus

ギャラクシーS8レビュー

昨年に比べて ギャラクシーノート7(はい、我々は知っている、我々は0.1インチでそれを言う必要はありません)。S8 +の場合と同様、ベゼルがないため、148.9 x 68.1 x 8mmの大きさではありません。

アスペクト比は16.9から18.5:9に変更されました。これはLG G6(5.7インチディスプレイ1440 x 2880ピクセル)とわずかに異なりますが、非常に似ています。LG G6と同様、携帯電話はMobile HDR Premiumの認定を受けています。

ギャラクシーS8レビュー

それはまた、姉妹であるGalaxy S8 +よりも0.4インチ小さいが、決定的に同じWQHD +解像度を提供することができる。デフォルトでは、S8はFHD +の解像度に設定されていますが、設定でWQHD +に簡単に切り替えることができます。

ご覧のとおり、画面の下部にはベゼルがないことが最も目立つようになっています。ここにはホームボタンはありません。それは画面上の標準的な三星コントロールに置き換えられている。

しかし、バックエッジのデザイン(意図されていない言葉遣い)はS7からの大きな飛躍ではありません。前身よりもわずか0.1mm厚です。

ボディとディスプレイのバランスがとれているので、5.8インチのディスプレイを搭載しているように感じることはできません。リア感がまったく違っていても、見た目はすばらしく、見た目は印象的なデバイスだということは間違いありません。

電話のエッジは昨年のものとよく似ています 銀河S7 あなたがここで見ることができるように、

ギャラクシーS8レビュー

画面が優れているところでは、アプリケーションの面で、つぶやき、Facebookの投稿、ウェブページのスクロールが楽しいです。あなたは古いサムスンの携帯電話のように画面の上部と下部にウィンドウをスナップすることができます。

ギャラクシーS8レビュー

問題は、ビデオコンテンツが最適化されていないことです。そのため、ほとんどの場合、ビデオコンテンツの側面に黒い棒が表示されますが、YouTubeは画面に挑戦します。これは問題ありませんが、動画を引き伸ばすと動画の下部にあるコンテンツが失われる可能性があります。しかし、ほとんどの場合、YouTubeのコンテンツは合理的に最適化されています。

ギャラクシーS8レビュー

GALAXY S8バイオメトリクス

そこで私たちは、Galaxy S8にいくつかの問題があることを前に言及しました。ここでは、それらの最初のものに着きます。

ホームボタンがディスプレイに消えたので、指紋リーダーが背面に移動しました。

今、この実装は、電話機が机の上に平らに横たわっていればいいとは言えません。しかし、我々は後部指紋リーダーは一般的にうまくいくと思うし、読者がカメラから離れているNexus 6PP9、およびMate 9でのHuaweiの実装が本当に好きだ。

言い換えれば、あなたの指でそれを見つけるのは簡単です。残念ながら、これはギャラクシーS8の場合ではありません。

ギャラクシーS8レビュー

読者は、電話の後ろで十分に発音されていない場所ではなく、その経験は非常に貧弱です。

スマートフォンでは高すぎることがありますが、さらに悪いことに、カメラのレンズを指で汚すことがよくあります(サムスンでは、指紋設定で注意する必要があるため、これは問題になる可能性があります)。

カメラがケースから抜け出して指紋リーダーが踏み込まれても、センサーを正確に覆わないので、正確にそれを正確に見つけることができず、読み取りエラーが頻繁に発生します。私たちはそれに慣れると思っていましたが、まだありません。

おそらくHuaweiがやる傾向があるため(Huaweiがこの実装をP10とP10 Plusに捨ててしまったことは興味深いですが)、読者を後ろに下げたくないかもしれません。

サムスンはフロントの画面の一部として指紋リーダーを実際に持ちたがっており、打ち上げ時間内に指紋リーダーが不可能になったときには後部にしか置かれないとの報告が出ている。これは妥当と思われますが、それでも実装が良くないのは奇妙です。

他のバイオメトリクスはあまり良くありません。改善された虹彩認識は悪くありませんが(毎回動作しません)、ロック画面から直接呼び出すことができます。しかし、携帯電話をしっかりと握って携帯電話を凝視するのではなく、PINを入力するのがほとんど簡単です。

顔の認識は、写真と重複する可能性があるため安全性が低くなりますが、それでもやはりヒットアンドミスです。あなたがまともな光のある部屋にいれば、それはかなりうまくいくとわかりました。あなたは本当にあなたの携帯電話のロックを解除する前に周囲の状態を評価するためにarsedすることはできますか?

私たちはまた、私たちがしたいことが私たちの通知を確認することが何度もロックされていることを発見しました。それらのものの1つですが、それでも…

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8パフォーマンス

あなたが期待していたように、Galaxy S8は別のオクタコアプロセッサを搭載していますが、今回は2.3Ghzの形をしています。

これは、SamsungのExynos 8895で、ほとんどの惑星にとって(この携帯電話は、ARMが設計したMali G71グラフィックと一緒になっています)。米国では、Adrenoのグラフィックスを搭載したQualcomm Snapdragon 835(米国)または

Geekbenchでは、ハンドセットがGalaxy S7Note 7S7エッジOnePlus 3をシングルコアとマルチコアの両方のパフォーマンスで快適に凌駕しました。

ギャラクシーS8レビュー

ストレージは64GBですが、S7とは異なり32GBバージョンはありません。S7のmicroSDスロットはそのままで、ストレージを大幅に拡張することができます。昨年のモデル同様、4GBのRAMも搭載されています。

私たちはサムスンによって確認されていないが、ある時点で128GBのバージョンがあるかもしれないと聞きました。

ギャラクシーS8ビックスビー

携帯電話の左側の余分なボタン(左にスワイプすることもできる)は、昨年のスタートアップVivから取得した技術を使用するSamsungのBixbyパーソナルアシスタントを起動する。興味深いことに。Vivは実際にSiri(Appleが作ったのではなく買ったもの)のメーカーのものだった。

これは秋に限られていたため、1ヶ月前にMobile World CongressでGalaxy S8の表面を見ることができなかった理由の1つになります。5.7インチのLG G6と並んで優れています。

ギャラクシーS8レビュー

だからなぜボタン?SamsungはBixbyがあなたが注文するために助手を呼ぶ必要がある他の個人的な助手のようではないことを熱望していた – それは ‘OK Google’または ‘Hey、Siri’のようなキーフレーズを避けたかった。

問題は、それらのキーフレーズが電話機のハンズフリー操作に役立ち、人々が遠くから彼らの装置を指示するのに慣れているので、確かにキーフレーズが必要ですか?

サムスンがアシスタントを迎え入れようとしているのは分かりますが、ブッシュの周りには立ち向かわないようにしてください。確かにほとんどの人がGoogleアシスタントを使用することをお勧めします。

これは実際には難しくありません.Google AssistantはS8とS8 +にあります。ホームボタンを押したままにしてください。

ええ、助手の戦いは同じ装置で行われます。サムスンは、Google Assistantを使用して、どれを使用するかを選択できるようにしているという。

YouTubeはすでにBixbyボタンをGoogle Assistantや他のアプリやコマンドに再マップする方法を示すビデオの無数の方法を生きています。

ギャラクシーS8レビュー

S8のホーム画面の左にあるBixby画面にアクセスできます。これはGoogle Nowと似ています。カスタマイズ可能な「カード」もあります。Google Nowと同様に、時間ベースまたはロケーションベースのリマインダーを設定することもできます。

Bixby VisionはGoogle Googlesと似ているので、写真を撮ったものをショッピング検索したり、オンラインで商品の画像を検索したりすることができます。これはうまくいく…。マッチは本当にヒットしていますが、いくつかの成功を収めました。バーコードもうまくスキャンできます。

ギャラクシーS8レビュー

GALAXY S8オーディオとヘッドフォン

受話器はBluetooth 5であるため、2つのスピーカーまたは2つのヘッドフォンを独立した音量調節で同時にストリーミングすることができます。これはNaimのスピーカーだけでなく、Plantronicsのヘッドフォンのペアにも素晴らしいストリーミングを行いました。同期が異なる可能性があると警告されていましたが、これは問題ではありませんでした。

ギャラクシーS8レビュー

ヘッドフォンで話すと、ヘッドフォンジャックは残っていますが、充電中(高速充電を含む)と有線データ転送はUSB-C経由です。

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8カメラ

主カメラは、昨年のS7と同じコア仕様の12MP f / 1.7デュアルピクセルスナッパーです。それはS716とS7エッジカメラが2016年の私たちのお気に入りのスマートフォンカメラの中にあったので、必ずしも悪いことではありません。

下のサンプル画像からわかるように、非常に強い色のカメラから素晴らしい画像がいくつか得られました。これらの画像は、T3.comで使用するために切り取られていますが、どのような方法でも色補正されていません。

カメラの起動時間と画質はS8にとどまらず、一部の設定にアクセスするのが最も簡単だとは思えません。セカンダリカメラはスマートオートフォーカスで5〜8MPにアップグレードされました。

ギャラクシーS8カメラサンプル画像

GALAXY S8ボックスには何が入っていますか?

この箱には素敵なエキストラがいくつかあります。昨年サムスンがオーディオ会社を買収して以来、まずAKG / Harman調整ヘッドフォンを購入しました。

余分な耳のヒントも手に入ります。ヘッドフォンは驚くほど快適で、ある点まで絡まることに抵抗します。しかし、音はかなり平坦で低音に欠けています。あなたはすぐに頭の良いヘッドホンを手に入れることになります。

ますます標準化されたUSB-Cケーブルと充電器に加えて、データ転送用の標準USBケーブル(下記参照)とmicroUSBアダプタを使用して、古い充電器をUSB- C.

ギャラクシーS8レビュー

はい、これはあなたが書き込む前に、S8 +です…

 GALAXY S8のバッテリー寿命

バッテリーは3,000mAhで、S8 +の3,500mAhバッテリーよりも小さい。昨年のギャラクシーS7と同じサイズです。

急速充電のおかげで、あなたは約40分で約50%になり、約1時間半ですべてを充電することができます。あなたは公式のケーブルと充電器を使用する必要があります。

あなたはGalaxy S8から一日一日かなり得ることができますが、すべての鐘と笛を消すことでそれに取り組む必要があります。あなたは期待どおりの解像度と明るさをダイヤルする必要があります(そして、Always Onディスプレイが消灯します。これにより数パーセントの余裕ができます)。

それ以外の場合は、目を覚ましたときに完全な充電があった場合は、夕方までに充電することをお勧めします。これは適切な使い方です。あなたがウェブ上にいなくても、音楽を聴き、1日中メッセージを送信すれば、それは就寝時まで続きます。

ギャラクシーS8の価格比較

通常のT3.comの読者なら、価格は実際に私たちにとって大きな要因ではないことがわかります。しかし、S8のラインナップは予算上の選択肢ではないと言うのは公平だ。競争が年々増加し、特に9月に新しいiPhoneが発売されるようになると、S8はもっと魅力的な選択肢になるでしょう。

英国では、ギャラクシーS8は689ポンド、ギャラクシーS8 +は779ポンドで販売されます。これは、iPhoneとiPhone 7 Plusの599ポンドと719ポンドの価格から大幅に価格を引き上げることです。今では、リンゴとリンゴを比較していません。なぜなら、標準S8はまだ7 Plusよりも大きいからです。

また、S8モデルには標準のiPhoneの2倍の64GBのストレージが搭載されています。

ギャラクシーS8 +色

打ち上げ時にはS8の3色が選べます。黒、グレー、シルバーですが、シルバーは英国発射にはあまり出ません。

S7の青いモデルが登場したので、ある時点でスペシャルエディションが登場する予定です。また、Google PixelやHuawei P10シリーズでは使用できませんが、このギャラクシーは防水性と防塵性があります。

新品 未使用 Samsung Galaxy S8 Plus Dual-SIM SM-G9550【128GB Coral Blue 香港版】 SIMフリー スマホ 本体 送料無料【当社6ヶ月保証】【中古】 【 携帯少年 】

価格:69,800円
(2018/11/3 11:20時点)
感想(0件)

Samsung サムスン Galaxy S8 SM-G950FD Dual SIM版 (SIMフリー) 5.8″ 64GB Midnight Black/ブラック 並行輸入品

新品価格
¥70,890から
(2018/11/3 11:20時点)

ヤフオクはこちらから!

 

ソフトバンクから「HUAWEI Mate 10 Pro」レビュー! “スペック・カメラの仕様は??

Huawei Mate 10 Proとは何ですか?

2017年末に発売されたフラッグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」。当初SIMフリー機として登場したが、この5月からソフトバンクも取り扱いをスタートした。Leicaダブルレンズのカメラと、オクタコアCPU、6GBメモリ、128GBストレージを装備するハイエンドな性能。それに高速回線を組み合わせることで、さらに魅力あふれる端末になりそうだ。

ところでこの「HUAWEI Mate 10 Pro」、ハイエンドなパフォーマンスを支える要素の1つにAIが関わっているのはご存じだろうか。「HUAWEI Mate 10 Pro」が搭載するチップセットKirin 970は、数値演算を行うCPUとグラフィック処理を受け持つGPUの他に、NPUと呼ばれるものを搭載している。「Neural-network Processing Unit」の略であるこのNPUが、AI処理のためのまさに頭脳として動作することで、端末の各機能の快適さを底上げするのに一役買っているという。

AIを軸に、何がどんな風にスマートフォンとしての快適さにつながっているのか。「HUAWEI Mate 10 Pro」の各機能における「ストレスフリーポイント」をさっそくチェックしてみよう。

圧倒的なハイスペック性能

プロセッサは“AIチップ”を謳うファーウェイ独自のKirin 970を採用。AIによる機械学習によってユーザーがどのようにアプリや機能を使うかを把握し、システムを最適化することで使い始めの高速なレスポンスを長期間継続させるなどスマートフォンを頻繁に買い換えず長期間利用したいといった要望を叶えます。

スマートスピーカーなどクラウド型AIが目立つなか、Mate 10 ProのAIは外部との通信が発生しないローカル型を採用。さらに、AI専用のプロセッサ「NPU」を搭載することでAIの電力効率を50倍、パフォーマンスを25倍にアップするなどデータ通信容量や電池持ちへの影響を気にする必要はありません。

肝心の処理能力はオクタコアのプロセッサ、6GBの大容量メモリによって性能を数値化するベンチマークスコアではサムスンのGalaxy S8/Galaxy Note8を超えるなどAndroidスマートフォンの中でもトップクラスに。実際にゲームアプリなど高い処理能力が必要になるアプリを利用しても、もたつきなどは皆無で軽快に動作します。

OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載。ログインIDやパスワードを記憶して自動入力する「オートフィル」やアプリを起動しながら動画を見たり、ナビ、ビデオ通話を利用できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」など便利な最新の機能を利用できます。

動画を小窓で再生できるピクチャ・イン・ピクチャ
動画を小窓で再生できるピクチャ・イン・ピクチャ
HUAWEI Mate 10 Pro
OS Android. 8.0 Oreo / EMUI 8.0
サイズ 高さ:約154.2mm / 幅:約74.5mm / 厚さ:約7.9mm
重さ 約178g
ディスプレイ 約6.0インチ
2,160×1,080ピクセル
有機EL(OLED)
アスペクト比:18:9
HUAWEI FullView Display
402ppi
1,670万色
コントラスト: 70000:1
プロセッサ HUAWEI Kirin 970
オクタコア 4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53 + i7 コプロセッサ
Mali-G72 12コア GPU
Neural Network Processing Unit
RAM / ROM 6GB / 128GB
microSD なし
メインカメラ ダブルレンズ
1,200万画素カラーセンサー + 2,000万画素モノクロセンサー
ƒ/1.6
光学手ブレ補正
デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム
像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF
4K動画撮影
フロントカメラ 800万画素 ƒ/2.0
バッテリー 4,000mAh
充電 USB Type-C / 急速充電:5V/2A、5V/4.5A、4.5V/5A
SIM スロット数:2 / スロット:nanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 with BLE
通信速度 受信時最大500Mbps / 送信時最大50Mbps
防水、防じん IP67
おサイフケータイ ×
ワンセグ/フルセグ ×
指紋認証
カラー ミッドナイトブルー / チタニウムグレー

 

Huawei Mate 10 Pro – デザイン

Huawei Mate 10 Proは、通常のMate 10に近いデザインで、悪いことではありません。

このデザインは、Galaxy Note 8やiPhone Xと同じメタル・アンド・ガラス・アロケーションを採用しています。わずかに湾曲したガラス製のバックは、丈夫なメタル・サイドとほぼベゼルのないフロントと組み合わされ、プロのファットを市場。スリムなベゼルはまた、プロが6インチのスクリーンを梱包しているにもかかわらず、ひどく扱いにくいと感じないことを意味します。

これ以外には、2017年のフラッグシップに期待されるすべてのトリミングを見つけることができます。背面には、ライカブランドのカメラの直下に、指紋スキャナがあります。このスキャナは、テスト中に高速で信頼性が高いことが証明されています。

下段には、ますます普及しているUSB-C充電ポートと、最も大きなものではないものの、ビデオ通話用のものよりも優れているスピーカーが表示されます。

ビルド品質も優れています。より安価な携帯電話とは異なり、ここに戻ってきたガラスは曲げがなく、驚くほど傷つきにくくなっています。誤ってポケットに投げた後、Proは緩やかな変化をしなくなり、Proは無傷になりました。IP67認定もまた、プロがキッチンでそれを溺死させようとしている間、真実となった。しかし、私はまだ硬い表面に落下して生き残るためにガラスバックを信頼しませんでした。

128GBの内蔵ストレージは、ほとんどのユーザーにとって十分な大きさ以上のものであり、microSDカードスロットがないことは大きな問題ではないことを意味します。

携帯電話のデザインで私の唯一の小さな屁理屈は、その兄弟メイト10とは異なり、プロは3.5ミリメートルのヘッドフォンジャックを持っていないということです。誰もがAppleの「3.5mmのバンドル」に乗っていないので、私は戦いに敗れていることは分かっているが、私と多くの音楽ファンにとって、ポートの不在は依然として厳しい状況である。

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – ディスプレイ

メイト10プロとレギュラーメイト10の大きな違いは、ProにはLCDではなくOLEDが搭載されていることです。

具体的には、Proには6インチHD + HDR 10 OLEDディスプレイが付属し、通常のMate 10にはより基本的な5.8インチクワッドHD HDR10 LCDスクリーンが付属しています。

一部の人々は、一見低解像度に不平を言うかもしれませんが、真実は、プロの2160×1080ピクセル数が十分以上であるということです。あなたが絶対にあなたの絶対を試みても、あなたは個々のピクセルを見つけることはありません。

OLEDパネルは現時点で市場でも最高のものの1つです。GoogleのPixel 2 XLとは異なり、スクリーンはひどく校正されていません。温かみのある温かみのある色は、一般に、過飽和領域に飛び込むことなくきれいに鮮やかに見えます。

ホワイトはよく設定されたIPSパネルほどきれいではありませんが、OLEDで見た中で最も汚いものではなく、競合するAMOLEDスクリーン付き携帯電話で見られる黄​​色または青色のシフトが気にならないものです。黒はしっかりとしている。

輝度レベルも非常に高く、モバイルHDR 10規格を満たしています。しかし、Mate 10 Proが利用できるハイダイナミックレンジのコンテンツが現在不足しているため、現在HDRの性能についてコメントすることはできません。

全体として、Mate 10 Proのスクリーンは、この価格帯で最高のものです。

Huawei Mate 10 Pro – ソフトウェア

Huaweiは独自のEMUIスキンの使用を主張しているため、常にモバイルソフトウェアに苦労していました。伝統的にこれは、Androidバージョンが認識できないレベルに近づいた場合でも、針のUIの変更やサードパーティのbloatwareの追加や簡単に数えることができるアプリの複製など、

飛躍と飛躍にもかかわらず、HuaweiはGoogleの最新のAndroid 8 OreoソフトウェアでProを読み込むことができましたが、この問題はMate 10 Proでも同じです。感情のUIはまだAndroidの設定メニューのような重要なことを完全に改造して、あなたが探している正確なオプションを見つけるのを難しくしています。また、メインメニューからアプリトレイを削除します

bloatwareの量が大幅に減少しているにもかかわらず、Androidのネイティブアプリと同等の機能を提供する、音楽、カレンダー、メッセージングなどの点で重複しない重複アプリケーションを見つけることもできます。

関連する:ベストphablets

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – パフォーマンス

唯一の肯定的なソフトウェアの追加は、Mate 10 Proの新しいAI注入Kirin 970プロセッサに焦点を当てています。

Huawei氏によると、最新の8コアCPUには、特別に作られた「ニューラルプロセッシングユニット」が付属しています。このユニットは、電話機が学習し、最終的に使用パターンを予測して、ニーズに合わせてアプリケーションを先取りして起動または調整することができるようにします。

追加の特典として、AIはバッテリを節約し、時間の経過とともにパフォーマンスの低下を回避するために、不要なプロセスをいつシャットダウンするかも知っています。ファイヤーウォールをもう少し長く使い切るまで、Huaweiのパフォーマンス低下の主張を確認することはできません。通常、何かの減速が見られるようになるのは数ヶ月前です。しかし、2週間のうちにメイト10プロで、すばらしいニッピーになる

6GBのRAMとペアになって、かなり率直に言って、電話で過剰なキリンチップセットは、私がそれに投げたすべてのタスクを打ち破った。マルチタブのウェブブラウジングは滑らかで、アプリケーションとゲームは数ミリ秒以内に開かれました。電話は安定していて楽しくドロップアウトがなく、Mate 10 Proは要求の厳しい3Dゲームをスムーズにしました。そのEMUIソフトウェアは、私がテストした過去のバージョンよりも安定しています。いくつかのアプリケーションクラッシュの外で、私はまだ深刻なバグや不具合を経験していません。

Mate 10 Proの合成ベンチマークスコアは、私の実際の経験を反映し、競合する2017年のフラッグシップのパフォーマンスと一致しました。下の表のギャラクシーS8とどのようにスコアが比較されているかを見ることができます。

 

電話 アントゥー Geekbenchシングルコア Geekbenchマルチコア
Huawei Mate 10 Pro 178091 1906 6740
ギャラクシーS8 173292 2013年 6659

 

私のごくわずかな懸念は、長時間の集中的な使用で、Proが目立つようになり始めることです。Looping Riptide GP2 1時間後にいくつかのCPUスロットリングが発生したことに気づきました。

Huawei Mate 10 Pro – カメラ

Huaweiは、キリンのCPUのAIチョップは、12メガピクセルのカラーセンサーと専用の20メガピクセルのモノクロカメラを搭載した携帯電話のデュアルリアカメラにも適用されると主張しています。

具体的には、Huawei氏は、このチップを使って、あなたが写真を撮っているものに応じてカメラのモードを飛ばすことができると主張している。花の接写をする場合は、たとえば、マクロモードにジャンプすることがわかります。

一般的に、私は自動検出機能が少し遅かったことを発見し、数日後に手動でより具体的な設定を切り替えることができました。しかし、それでもなお、カメラは前世代のHuawei P10やHuawei P10 Plusと比べても印象的です。

カメラアプリは、過去のHuaweiの携帯電話よりもはるかに速く感じられ、よりインテリジェントにレイアウトされたUIを備えています。通常の光で撮影された写真はすばらしく鮮明で、過度に見えません。低照度性能も大幅に向上しました。広範囲のf / 1.6絞りとOISの追加といくつかのフード・オン・フード・ソフトウェアの改良により、シャッタースピードは落ちますが、低照度で撮影された写真はノイズが少なく、一般的にソーシャルメディア上で共有するのに十分です。

通常のメイト10と同じように、カメラは写真性能に関してギャラクシーS8とピクセル2を打ち負かすことからそれを保つためにいくつかの小さな問題が残っています。困難な混合光条件では色が歪み始め、難しい照明ではオートフォーカスが少しうまくいく可能性があります。低照度でのコントラストも問題ではありますが、Huaweiには公正であるが、これは私たちがテストしたすべての電話機で問題になります。

ビデオ録画も同様の話ですが、ライティングは十分にうまくいきますが、Proの安定化が最も信頼できるものではないため、暗い環境では苦労する可能性があります。

以下のMate 10 Proで撮影したサンプル写真を見ることができます。

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – バッテリー

バッテリ寿命は、Huawei Mate 10 Proが優れている1つの領域です。巨大な4000mAhのセルを搭載しているので、バッテリーはもちろんのこと、同等の機能を備えた携帯電話を見つけるのに苦労します。

私は、今日の基準ではかなり良い、通常の使用でプロから1日半から2日間の生活を送ることができました。定期的な使用は、私の朝と夕方の通勤時に音楽を聴くこと、数回の呼び出しを行い、WhatsAppで定期的にメッセージを送ること、電子メールとソーシャルメディアフィードを定期的にチェックすること、30分のゲームセッションを速くすること、そしてNetflixベッド。

ビデオ再生のパフォーマンスも非常に印象的です。ビデオをストリーミングするとき、Mate 10 Proは時間当たりの充電の8-10%を失いました。ビデオの再生は、ローカルに保存されたビデオでさらに印象的でした。長距離飛行で2番目のシリーズのStrangerを見守ることができました。

ゲームのパフォーマンスも同様に印象的でした。RiptideやAsphaltのような要求の厳しい3DゲームをプレイするMate 10 Proは、平均の15-18%を失ってしまいました。

関連性の高いAndroidスマートフォン

HUAWEI Mate 10 Pro

なぜHuawei Mate 10 Proを購入するのですか?

あなたがトップエンドのフェレットの市場にいるが、ギャラクシーノート8またはiPhone Xの莫大な費用を費やしたくなければ  、メイト10プロが利用可能な最良のオプションです。

ハードウェアの1つとして、Mate 10 Proは滑らかなパフォーマンス、平均以上のカメラと優れたバッテリー寿命を提供する魅力的なデバイスです。これらのすべてが滑らかな混合金属とガラスのデザインに含まれています。

唯一の欠点は、Androidの魅力的なUIを混乱させ、望ましくない、不要な重複アプリを追加する、若干明るいEMUIソフトウェアです。

 

HUAWEI 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン チタニウムグレー【日本正規代理店品】

新品価格
¥69,629から
(2018/11/1 10:49時点)

HUAWEI Mate 10 Pro/MID(ミッドナイトブルー) Mateシリーズ SIMフリー LTE対応 128GB

価格:75,406円
(2018/11/1 10:49時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちらから!!

ゲーミングスマホBlack Shark Heloレビュー!!機能・スペック・発売日まとめシャオミが発表

中国シャオミの関連会社Black Sharkは、新型ゲーミングスマートフォン「Black Shark Helo」を発表しました。注目点はトップクラスのスペックだけでなく、多色発光機能や付属コントローラーなど多岐にわたります。なかでも最大の特徴は、現行スマートフォンとして最大容量となる10GBのRAMを搭載したこと。搭載プロセッサのSnapdragon 845と組み合わせることで、ゲーミングスマートフォンとしてもトップクラスのスペックw実現しています。

ゲーミング仕様

blackshark-hero

基本デザインは初代を継承。カラーリングは极夜黑。背面はX状にWi-Fiアンテナを配置しており、ゲームプレイ時の横持ち両手保持でも電波が遮られないようにしている、としています。

PCゲームの世界では、「ゲーミング」と名のつく製品はやたらピカピカ光るという謎の不文律が存在しており、ライバルのRazer Phone 2も背面ロゴが光るようになりましたが、Blackshark Heroも左右側面と背面「S」ロゴが光ります。1680万色のRGB照明とのこと。

スマホを挟み込む、まるでNintendo Switchのようなコントローラー。

 

さらにフロントダブルスーパーリニアスピーカーを搭載し迫力ある音響を実現する一方で、画面はAMOLED 60Hzなのがやや残念。競合のRazer Phone 2は120Hz液晶、ROG Phoneは90Hz有機ELだからです。

さらに、スマートフォンを挟み込むようにして利用するコントローラーが同梱されるのも特徴でしょう。左にはジョイスティック、右にはタッチパッドを搭載したこのコントローラーにより、正確なゲーム操作が可能となっています。

S845、実行10GBメモリ選択可

プロセッサはSnapdragon 845。実行メモリ10GBを選択可能になりました。Mi MIX3も10GBメモリのモデルが用意されていますね。現時点で中国のBlack Shark公式サイトで予約可能なのは実行6GB、8GBメモリのようです。

独立映像チップ搭載、HDR描写を実現するとしています。

その他のスペックとしては、ディスプレイは6インチ/1080p解像度の有機ELディスプレイで、背面カメラは2000万画素+1200万画素のデュアル仕様。バッテリー容量は4000mAhで本体背面に指紋認証センサーを搭載し、内部にはデュアルチャンバーによる冷却システムが内蔵されています。

ダブルヒートパイプ

Snapdragon 845搭載のスマホは多数ありますが、ゲームをするにあたって重視したいのはパフォーマンスの持続時間。発熱によってパフォーマンスはどんどん落ちてくるのが普通です。

しかしBlackshark Heloはヒートパイプを2つ搭載。放熱面積を増やし、CPUを冷却、CPUの最高パフォーマンスを6倍も長くするなどとしています。

スクリーンショット 2018-10-27 16.59.28

スペック

OS Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon 845
メモリ 6 / 8 / 10 GB
ストレージ 128 / 256GB
ディスプレイ 6.01型AMOLED
FHD+(2160×1080)
カメラ 1600万画素+2000万画素
インカメラ 2000万画素
 バッテリー 4000mAh 急速充電QC3.0 18W
寸法  160×75.25×8.7mm, 190g
その他 Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
デュアルnanoSIM
USB Type C

ヤフオクはこちらから!!

Razer Phone 2レビュー ゲーム特価のRAM8GBゲーミングスマホのスペックは??

Razer社は、サンディエゴ、カリフォルニア、シンガポールを拠点に、2005年にスタートしたゲームに特化した周辺機器を取扱うメーカーです。

  • ゲーミングマウスやゲーミングキーボード
  • ゲーム専用のノートパパソコン
  • 臨場感あふれるヘッドセットや音響機器

など幅広くラインナップされた製品は、世界中のゲームマニア達から高く評価されています。

 RazerはシンガポールのPC周辺機器メーカー。PCゲーマーなら誰もが知っているゲーミングデバイスのメーカーですね。マウスやキーボードなどでお世話になっている人も多いでしょう。私もRazerの左手ゲームパッドを愛用しています。

Razerがクラウドスマホで知られる「Robin」のNextbitを買収、その開発部隊によって作られたのがRazer Phoneシリーズです。今回、スペックが強化されたRazer Phone 2が発表されました。

 

Razer Phone 2・Razer Phoneのスペック

項目 Razer Phone 2 Razer Phone
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (2.80 GHz)
vapor chamber cooling system
Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile Platform
GPU Adreno 630 Adreno 540
メモリー 8GB (LPDDR4X) 8GB dual channel (LPDDR4, 1866 MHz)
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.72-inch IGZO LCD 1440 x 2560 5.7-inch IGZO LCD 1440 x 2560
120Hz, Wide Color Gamut
Corning Gorilla Glass 5 Corning Gorilla Glass 3
アウトカメラ 広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
4K Video撮影
広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
インカメラ 8MP f/2.0
1080P Video撮影
8MP f/2.0
音響 Dual front-firing stereo speakers with dual amplifiers
Dolby Atmos Technology
バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
急速充電 Qualcomm QuickCharge 4.0+
ワイヤレス充電 Wireless Charging(Qi)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900 GSM: Quad-band GSM UMTS: 1/2/3/4/5/8
WCDMA: 1/2/3/4/5/8
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: 38/39/40/41/48 TDD LTE: 38/39/40/41
TD-SCDMA: 34/39 TD-SCDMA: 34/39
LAA: 46
4×4 MIMO: 1/2/3/4/7/30/38/48/66
防水・防塵 IP67
サイズ 158.5 x 78.99 x 8.5 mm 158.5 x 77.7 x 8 mm
OS Android 8.1 Android 7.1.1
コネクター USB Type-C

次のページでは、「Razer Phone 2」のスペックの詳細について調べてみました。

Razer Phone 2:デザイン&ビルド

Razer Phone 2について最初に気づくのは、元のモデルとよく似ているということです。

Razer Phone 2

正面から見ると、電話機はほぼ同じです。前向きのカメラの配置がわずかに異なり、コーナーが少し丸みを帯びていて、身体の方が分厚くなっています。あなたが見ることができないのは、防水性の高いIP67であることです。

これ以外にも、これは昨年とほぼ同じです。厚い上下のベゼルに囲まれた5.7インチの16:9ディスプレイで、大型のステレオスピーカーを備えています。もう一度、指紋センサーが平らなパワーに組み込まれます ボタンは途中で一番下に、音量ボタンは他のボタンの下にあります。どちらもゲーム中に電話の風景を保持するために最適化されています。

それはあなたが実際に変更されたものを見ることを介して電話をフリップするときです。最も明らかなのは、艶消しのバックが光沢のある黒色のガラス(これはワイヤレス充電を可能にする)に置き換えられていることです。ゴリラ・グラス5から作られているが、これは(少なくともガラス基準で)十分に丈夫でなければならないが、すべてのガラス電話と同様に、指紋をたくさん引き付ける。

リアカメラレンズも移動しました。これらは現在、Razerの大きなロゴの上に少し突出して中央に座っています。さらに嬉しいことに、ロゴ自体が変更されました。昨年のモデルが十分に光っていないと心配した場合に備えて、RazerのChroma照明技術を搭載しました。

Razer Phone 2

付属のChroma アプリを使用しています静的な色やサイクルで1680万色の異なる色合いを持つ照明を制御したり、様々なパターンで点滅したりすることができます。また、バッテリーを節約するためのオプションがいくつか用意されています。常にオンにしておくか、画面が表示されているときだけ点灯させるか、通知を受け取ったときに点滅させるだけです。

終わりには、これはガラスのバックと派手なロゴが付いたRazer Phone 1です。それがあなたにアピールするかどうかはすでに分かっているでしょう。Razerののブロック状のデザインは間違いなく、ほとんどの主力ライバルよりも少ないなめらかであるが、それはそのファンを持っている、そしてそれはの名の下にすべてです向上します ハンドヘルドゲーム体験。

Razer Phone 2:仕様と機能

新しいデバイスの外部は基本的にRazer Phone 1.5です – 内部はどうですか?まあ、それは似たような話です。新しい携帯電話をこれまでのものより少しだけ良くするための小さな変更と洗練。

画面

間違いなく画面上で最も明白です。これは主に、業界をリードする120Hzのリフレッシュレートのおかげで、最初の電話機の見出しの機能でした。

Razer Phone 2

Razerは同じサイズ(5.7インチ)、同じ解像度(2560 x 1440、別名クワッドHD)、同じリフレッシュレート(120Hz)で、今回はあまり変更しないことにしました。また、16:9のアスペクト比は、18:9のベゼルレスディスプレイがますます主流となっている市場では奇妙な選択肢に思えるかもしれませんが、余分な画面スペースはゲームの恩恵であると主張しています。ほとんどの部分が16:9の画面に最適化されています

変更されたのは明るさです。Razer氏は、新しい画面が50%明るく、645cd / m 2を超えていると主張しています。 これが真であれば、今までテストした電話よりも明るくなります。私たちは今後これをテストしますので、結果をすぐに確認してください。

実際には、第一世代と第二世代のスマートフォンの品質の違いを見つけるのは難しいです。これは、明らかに、ほとんど変わっていない画面の小さな微調整ですが、原作は間違いなく最高のスマートフォンがそこに展示されていることを誇っているので、それは悪いことではありません。

プロセッサ、メモリ、ストレージ

内部仕様にも大きな変化はなかった。プロセッサSnapdragon 835から今年の主力製品である845チップへのアップグレードが予定されています。それはまた、蒸気チャンバー冷却機能を搭載しています。ピーク性能でさえも冷えていなければならないという言葉がたくさんありますが、使用中に電話機がまだまだ熱くなっていることがわかりました。

以前のモデルと同様に、8GBのRAMと64GBのストレージ、microSDカードスロットと一緒に – これは最大2TBのカードを受け入れ  ます。

予想通り、Razer Phone 2は、一般的な使用とゲームの両方で、特に120Hzまでクロックされたディスプレイで急速です。これはGeekbench 4のマルチコアスコア8955でバックアップされ、Xiaomi Black Sharkの7173を水から吹き飛ばします。

しかしそれは明確ではない。Razer Phone 2は90fpsのT-Rexで素晴らしいGFXBenchの結果を誇っていますが、高強度カーチェイステストRazerの新モデルはXiaomiの提供で31fpsに比べてわずか22fpsしか管理していませんでした。

これは、Razerのスマートフォンがはるかに高い解像度を提供し、より多くのピクセルに電力を供給しなければならないという事実を含むいくつかの要因になります。しかし、実際には、Razer Phone 2でのゲームでは、PUBG Mobileのようなグラフィックが激しいゲームでも、遅れを感じることはほとんどありません。

接続性とオーディオ

これまでのように、充電、オーディオ、データ転送に使用されるUSB-Cポートは、Razerには3.5mmヘッドフォンアダプタが同梱されていますが、こちらのポートだけが唯一のものです。前に述べたように、あなたも再び印象的に見つけることができます速いを 携帯電話の側面にある電源ボタンに内蔵された指紋スキャナ。

Razer Phone 2

ワイヤレスに関しては、通常のWi-FiとギガビットのLTE(現在は最大1.2Gbps)がBluetooth 5.0とNFCに加えてあります。

最後に、スクリーンに隣接する巨大なスピーカーも調整されています.Razerは、彼らがより大きく、より明確になっていると言います。PUBGをいくつか試して、その欲望の鶏の夕食を食べたら、私たちは彼らが大声で明瞭であることを確認することができます。

それは本当に優れたオーディオ体験であり、最も重要なのは、XiaomiのBlack Sharkのサイドスピーカーのように、ゲームプレイ中にスピーカーを覆う手を心配する必要はないということです。

カメラ

主要な改造が行われた電話の少なくとも1つの領域があります:カメラ。おそらく元の電話機の最も弱い要素だったRazerは、批判を心に抱き、ライバルと一線を画すように努めました。

まず、正面カメラは1080 @ 60fps (8MP f / 2.0レンズ)でビデオをアップグレードしました。これはストリーマーやビデオカメラに歓迎され、品質を損なうことなく彼ら自身の映像を共有しようとしています。

オリジナルのRazer Phoneと比べて、画質が飛躍的に向上し、鮮明で明るいセルフと、ポートレートモードを含む一連の撮影モードが提供されます。

一方、新しいソニーIMXセンサーを搭載したリアカメラは、4K @ 60fpsをキャプチャしたり、120fpsのスローモーションで1080pを撮影することができます。後ろのレンズは両方とも12MP、光学式手ぶれ補正付きの1つのf / 1.75広角レンズ、もう1つのf / 2.6望遠レンズです。

正面に向いているカメラと同様に、元のRazer Phoneと比べると、目立つような品質の飛躍があります。色はより真実であり、オートフォーカスはより速く正確であり、画像は一般的に見栄えがよくなります。11/10ドッグ・ゴーのスナップは、今年のオファーから期待できるイメージの素晴らしい例です。

 

リアレンズの開口率が向上しているため、暗い場所での使用に適しています。それは、他のハイエンドスマートフォンのような専用の夜間モードはなく、確かにフラッシュの必要性に取って代わるものではありませんが、光と詳細をキャプチャするのはうまくいきます。

ズームインすると、やや積極的なノイズキャンセルアルゴリズムが明らかになりますが、これはほとんどのスマートフォンに見られるものです。

バッテリー寿命

Razer Phone 2のバッテリはこれまでと同じですが、少し良くなっています。

寛大な4,000mAhの寛大なバッテリーがありますが、ソフトウェアとプロセッサーの最適化はこれまでよりもわずかに長く持続します。ソーシャルメディアとゲームが混在していても、快適に過ごすことができますが、スマートフォンをより保守的に使用するユーザーは、1回の料金で1日半を絞り込むことができます。

ワイヤレス充電の導入は、使用していないときに一日を通して軽く充電することができる利点です。

大きな疑問はChromaのロゴです:これはバッテリーにどのような影響を与えるかを今見積もるのは難しいです。特に、使用可能な色、明るさの設定の範囲、およびその使用頻度について考えてください。私たちは、ロゴを永久に点灯させたいと思うなら、バッテリーでそれを支払うでしょうが、確かに言いたいことがたくさんあります。

現在、一連のバッテリテストを実施しており、今後の結果で更新される予定です。

Razer Phone 2

Razerは独自のワイヤレスを販売しています新しい電話機の充電ドックは、風景、肖像画、またはフラットでそれを支えることができます。これは、Chromaの照明効果を自慢しています。電話の充電時にはサイクリング、バッテリーがいっぱいになると緑色に静電気、電話機が充電用に正しく配置されていないことを検出すると赤色に点滅します。

それはすべてうまくいいですが、ここでは2つの大きな注意点を覚えておいてください:それは£99で高価です、あなたのベッドで一晩あなたの携帯電話を充電する傾向がある場合、照明は厄介者になります。

Razer Phone 2:ソフトウェアとアプリケーション

Razer Phone 2にはAndroid 8.1が付属していますが、最近のAndroid 9はあまりにも長すぎると思われます。

もう一度Razerはかなりの在庫を持つOSのバージョンを実行しています。これは主に、Nova Launcherを使用することです。これはカスタマイズ可能なホーム画面とアプリドロワーのバージョンであり、あなたの好みに合わせて調整できます。

Razer Phone 2

Razer Theme Storeはさらに装飾的なオプションのリターンをもたらし、モバイル版のRazer Cortex、同社の総合パフォーマンスオプティマイザとアプリストアフロント。ここでは、Razerチームによって生成されたゲームの推奨事項が含まれており、Googleの独自のPlayストアよりも優れた新しいAndroidゲームを簡単に見つける方法を提供しています。

 

Razer – Phone 2 (2018) with 64GB Memory Cell Phone (Unlocked) – Black

新品価格
¥128,040から
(2018/10/30 11:06時点)

ヤフオクはこちらから!!

Vivo NEX Sレビュー 6.59インチの全画面フルスクリーンスマホ!外観の美しさ

ワールドカップのスタジアム広告でも存在感を示しているVivoの新型スマートフォン「vivo NEX S」について、長く触ることができたのでそちらの実機レビューをこの記事で行いたいと思います。

Vivo NEX Sはその見た目が非常に特徴的なスマホです。

最近のスマホはベゼルを極端になくして前面パネルをディスプレイ表示で埋めようとしていますが、インカメラの存在によって画面すれすれまでが表示領域でありながら、上部にカメラを配したノッチタイプのデザインを採用するメーカーが増えています。

ノッチのあるデザイン自体はあまり気にはならないものの、どれも似たようなデザインになってしまう上にノッチ部分が結局ナビゲーションバーように使われてしまうため、せっかくの大画面ディスプレイを有効に活用することが出来ない点が不満なところとしてありました。

今回のVivo NEX Sはそうしたノッチに対する不満への一つの解決策を示しています。

前面パネルをノッチなしで90%以上をディスプレイで占めながら、インカメラはなんと本体に内蔵して必要な時だけ露出させるという形でインカメラ問題を解決してくるという、画期的なデザインとなっています。

ノッチ嫌いの方でディスプレイの表示領域を多く確保してほしかったという方には、現状理想的なデザインとなっているスマホであるために、その画期的なデザイン性含めて気になっているスマホかと思われます。

Vivo NEX Sは自分のようにデザインが気に入って輸入して使ってみようと思っている方もそこそこいると思うので、実際の操作性や特徴、それに購入方法なんかの参考になればとレビューとしてVivo NEX Sの特徴をまとめておきます。

 

 

vivo NEX Sのスペック表・対応周波数帯

今回レビューするのは8GB RAM + 128GB ROMのグローバルモデルで、主なスペックは以下のとおり↓

OS Android 8.1 Oreo / Funtouch OS 4.0
プロセッサー Qualcomm Snapdrgaon 845
CPU:8コア 4x Cortex A75@2.8GHz + 4x Cortex A55@1.8GHz
GPU:Adreno 630
ストレージ 128GB
メモリ 8GB
ディスプレイ 対角6.59インチ 2,316 x 1,080ピクセル(388ppi) Super AMOLEDディスプレイ(有機EL)
内側カメラ 800万画素 f/2.0 ポップアップ式カメラ
外側カメラ メイン:1,200万画素 f/1.8 1.4μm ソニーIMX363センサー 光学手ブレ補正対応
サブ:500万画素 f/2.4
バッテリー容量 4,000mAh
拡張 USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
SDカード 非対応
センサー GPS、A-GPS、GLONASS、BeiDou、電子コンパス、近接、環境光、加速度、ジャイロ、指紋認証センサー(画面埋め込み式)
SIMカード Nano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さ 77 x 7.98 x 162mm
本体重量 199g(公称値)
防水・防塵性 不明
カラー ブラック

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHa
  • WCDMA:B1, B2, B4, B5, B8
  • CDMA2000:BC0, BC1, BC10
  • TD-SCDMA:B34, B39
  • FDD-LTE:B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B17, B18, B19, B20, B25, B26, B28
  • TD-LTE:B34, B38, B39, B40, B41

グローバルモデルということで幅広いバンドをカバーしており、ドコモのプラチナバンドLTE B19やソフトバンク(Y!mobile)のB8、auのB18/B26などに対応しています。

ドコモ回線のmineoと楽天モバイル、それからソフトバンク回線のY!mobile試したところ、LTE通信と3G通話は確認できましたが、VoLTEは利用できませんでした。一方、UQmobile(au回線)のVoLTE SIMは案の定受け付けてくれず、通信も通話もできません。

デザインと表示

過去12ヶ月の電話機設計では、18:9のアスペクト比のディスプレイを選択し、重要な技術を隠すために画面上部にノッチを入れて、これまで以上にベゼルを薄くしていましたが、Vivoではこれを行っていません。

Vivoには、観客を追いかけることができず、「ベゼルレス」の携帯電話にノッチを含めるために拍手をかけなければなりません。その代わりに、91.24%のスクリーン・トゥ・ボディ・レシオを達成するための様々な新技術が選ばれました。

だから、マーケティングのように完全にベゼルフリーではありません。あなたはこの電話を信じるでしょう。携帯電話の底面には非常にスリムな顎があり、外側には薄いベゼルがありますが、ベゼルがいかに小さいかはまだ目立っています。

これを実現するために、Vivoは3つの異なるテクノロジーを使用しています。最初は、携帯電話の左上端にあるポップアップセルフカメラです。

セルフモードを起動すると、小さなカメラが跳ね上がって、あなたのショットを撮ることができます。

カメラアプリを終了するかメインカメラに戻ると、約2秒で元に戻ります。それは瞬時に小さなカメラで遊んで、それが飛び跳ねるのを見て、目新しさです。

画像1/2

 

私たちはちょっとしたセルフをしたいと思った時に始めるには時間がかかりすぎると少しは心配していましたが、カメラをセルフモードに切り替えると2秒もかかりませんでした。その速度で。

セルフカメラが電話機の中に隠れているため、2018年に発表された最新の主力携帯電話の多くで見られたように、Vivo Nexには顔スキャナはありません。

セルフカメラの横には3.5mmのヘッドフォンジャックがあり、電話の下端にはUSB-C充電ポートと一般のオーディオを聴くための単一のスピーカーが装備されています。

2番目のイノベーションには、イヤホンスピーカーがあります。このスピーカーは、電話の会話の中で相手の端を聞くために使用します。他のスマートフォンが携帯電話の本体に穴を開ける場合、Vivoは代わりにイヤホンをディスプレイに内蔵しています。

これは、Screen SoundCastingと呼ばれる技術を使用して実現され、骨伝導技術と同様に機能します。これは、通話中に画面の任意の部分を耳に当てることができることを意味し、Vivoはこれが通話でより良い音質を提供すべきであると主張しています。

大音量の環境やその他の分野での電話の品質を改善するかどうかはまだ分かりませんが、将来的にはこれをさらにテストしていきます。

第3の技術は、ディスプレイ内の指紋センサを含む。これはインディスプレイのセキュリティ技術で市場に登場した最初の携帯電話ではありませんが、画面に指を置いて認証魔法の仕組みを見ていることはまだまだ新しいことです。

Vivo Nexでは、指や親指を画面上の特定の領域に置くことしかできません。どこに配置するかを示す小さなアイコンがありますが、これまでの非常に限定されたテストでは、迅速に動作することがわかりました。正確さを確認するためにはそれをさらにテストする必要がありますが、Vivoはそれを電話機のロックを解除する主な方法として推奨しています。

これらの3つの技術を含めて、会社はノッチの電話の前部または底部の大きな顎を取り除くことができましたが、これは私たちが見たVivoコンセプトの電話機 MWC 2018では、最初に画面の電源をオンにしたときにはまだ素晴らしいです。

ディスプレイ自体はFull HD +のみであり、ビデオを見ているときにピクセルを調べると目立ちますが、AMOLEDディスプレイなので色が鮮やかです。

広告

携帯電話のデザインには、カーブしたエッジが付いたガラスバックが付いています。これは、手にかなり快適に座っていることを意味します。現在のところ、Gorilla Glassの保護があるかどうかはわかりません。これは大きな電話ですが、それはほぼ6.6インチのディスプレイを持っていると考えると、片手で持ち歩くのはとても簡単です。

199gの重さでは、市場で最も軽いデバイスではありませんが、そのサイズを考えれば、これはあなたがこのような電話機から期待する重量になります。それはまた、電話は防水や防塵ではないことに注意する価値があるので、あなたは水の完全なシンクでこれをドロップしたくないでしょう。

仕様と機能

Vivo Nexの中には、トップクラスのクアルコムSnapdragon 845チップセットがあります。これは、今年の多くの主要デバイスで見られたものと同じです。このVivoデバイスでもうまくいくことを期待しています。

それは8GBのRAMとペアになっているので、実行する必要があります。何時間ものテストで、すぐに読み込まれ、UI全体で動き回るアプリはうんざりしていたので、携帯電話が何を達成できるか期待しています。

ストレージ面では、microSDカードスロットがないことに失望しているかもしれませんが、代わりに同社は標準容量として256GBのストレージを標準搭載しているため、ほとんどのバイヤーは十分なスペース以上を確保する必要があります。

Googleがテストした携帯電話は、中国市場向けの特定のOSを実行しています。つまり、現在Google PlayストアなどのAndroid固有のサービスの多くにアクセスすることはできません。

それが他の国で発表された場合、Vivoはそのリリースのために電話でオペレーティングシステムを再構築することを期待しています。

バッテリーとカメラ

VivoはNexの内部に4,000mAhのセルを選択しましたが、これは大型ですが、電源がオンになったときにいつもこの電話機にどれくらいの電力が供給されているかを考えるとまだ苦労するかもしれません。私たちは、その人生を後でテストすることを確かにするでしょう。

Vivoはこのガラスにガラスを使用しているにもかかわらず、この電話機にワイヤレス充電技術を搭載していませんが、少なくとも急速充電をサポートしています。

カメラに関しては、革新的なセルフアイディアについて、すでに電話の中から出てくることについて話しました。私たちのテストでは、f / 2.0の開口部を備えた8MPセンサーで、セルフサービスの品質は大丈夫でした。

これは、あなたがいくつかの携帯電話から見ることができますそれらの素晴らしいセルフショットを与えることはありませんが、それだけでVivo Nexから来るの新奇さは、より頻繁に前面のカメラを起動することをお勧めします。

このデバイスの背面には、1つの12MPレンズともう1つの5MPレンズを使用するデュアルレンズカメラがあります。12MPレンズはf / 1.8の開口部を有し、5MPセンサはf / 2.4である。これまでのところ、Vivoはそれぞれのセンサーの詳細を共有していませんでした。

Huaweiの製品や他のデバイスのようなカメラのAI機能があります。つまり、特定のオブジェクトを撮影しているときに最も良いと思われるものを撮影するための設定を最適化します。

Vivoには、Snapchatと同様の方法で動作する美容モード、パノラマ、人工知能フィルタなど、他の多くの機能が満載されています。

仕様・ベンチマーク

久々にQualcommのハイエンドチップ”Qualcomm Snapdragon 845 2.8GHz Octa Core” を載せたスマートフォンという事で、少し楽しみでもあったベンチマークを測定していきたいと思います。
Antutuは冷やすこともなく28万点越え、Androbenchで測定した結果、UFSストレージが使用されているのがわかります。NEX S(Ultimate)は標準で8GB RAM、128GB(256GBも発売中)ストレージを搭載するので、今後長く使用できるスマートフォンです。

 

vivo NEX S バッテリー

バッテリーは4000mAhと比較的大容量です。ディスプレイが大きく、高性能で消費電力は少し気になるところですが、1日普通に使用しても持ちます。(節電 / スーパー節電機能あり)

早期の判決

Vivo Nexは革新的な機能を満載したエキサイティングな携帯電話であり、ベゼルレスの携帯電話を手に入れたい人にとってはノッチデザインに代わるものです。

これらの新技術は、今後数年間、世界中の企業によって採用される可能性があります.Vivo Nexができるだけ早く世界中で利用できるようになることを願っています。

 

 

 

Vivo Nex Mobile Phone Snapdragon 845 Octa Core 6.59″ OLED Full Screen Auto-elevated Camera 4000mAh Type-C AI HiFi (8G 128GB red flagship)

新品価格
¥148,100から
(2018/10/29 11:07時点)

SIMフリー Vivo NEX S Dual-SIM【Black 8GB 128GB 香港版 SIMフリー】[中古Aランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:84,800円
(2018/10/29 11:07時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!