SONY新作ヘッドホン WH-1000XM3のペアリング・Bluetooth接続のやり方。

どんな場所にいても好きな音楽に浸れるヘッドフォン。音質やデザイン、装着性、価格など、製品選びの基準は色々ある中、ワイヤレス&ノイズキャンセリング(ノイキャン/NC)の快適さと、音質の両方に妥協したくない人に待望のモデルがソニーの「WH-1000XM3」だ。

WH-1000XM3のペアリング・Bluetooth接続のやり方をご紹介します。

機能表
ヘッドホン部 *1
型式 密閉, ダイナミック
ドライバーユニット 40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
感度 104.5dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、101dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
マグネット ネオジウム
再生周波数帯域 4 Hz – 40,000 Hz (JEITA)
インピーダンス 47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
コード長 約1.2m、OFC線、金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホンケーブル)
コードタイプ 片出し(着脱式)
入力プラグ 金メッキL型ステレオミニプラグ
質量 *2 約 255g
ヘッドホン部(その他)
電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約3時間(フル充電) (1.5AのACアダプター使用時)
充電方法 USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間) 最大24時間(NC ON時)、最大30時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間) 最大30時間(NC ON時)、最大200時間(NC OFF時)
周波数特性 4Hz-40,000Hz
対応インピーダンス 47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
音声入力端子 ステレオミニジャック
マイクロホン部
型式 MEMS
指向特性 全指向性
有効周波数帯域 50Hz-8,000Hz
付属品
USBケーブル
保証書
キャリングケース
航空機用プラグアダプター
接続ケーブル
取扱説明書
Bluetooth
通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.4.2
出力 Bluetooth標準規格 Power Class2
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル *3 A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、 AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)、 HFP(Hands-free Profile)、 HSP(Headset Profile)
対応コーデック *4 SBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP) 20Hz – 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時) / 20Hz – 40,000Hz(LDAC 96kHzサンプリング、990kbps 時)

WH-1000XM3のペアリング・Bluetooth接続のやり方。

Bluetooth機器を機器登録(ペアリング)してから接続する

接続したい機器を登録しておく操作を機器登録(ペアリング)といいます。初めてヘッドセットと組み合わせて使う場合は、最初に機器を登録してください。

操作の前に、以下を確認してください。

  • ヘッドセットとBluetooth機器が1 m以内に置かれている。
  • 充電式電池が充分に充電されている。
  • 接続するBluetooth機器の取扱説明書を準備する。
  1. ヘッドセットを機器登録モードにする。

    お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドセットを初期化した後(ヘッドセットに機器登録情報がない場合)は、ヘッドセットの電源を入れると自動的に機器登録モードになります。

    2台目以降の機器登録を行う場合(ヘッドセットに他の機器登録情報がある場合)は、ボタンを約7秒押し続けます。

    青ランプが2回ずつ点滅を繰り返すことを確認してください。音声ガイダンス「Bluetooth pairing」(Bluetoothペアリングします)が流れます。

  2. Bluetooth機器でペアリング操作を行い、ヘッドセットを検索する。

    Bluetooth機器の画面の検出した機器の一覧に[WH-1000XM3]と表示されます。

    表示されない場合は、もう一度手順1から行ってください。

  3. Bluetooth機器の画面に表示されている[WH-1000XM3]を選び、互いの機器を登録する。

    パスキー(*)を要求された場合は「0000」を入力してください。

    パスキーは、パスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

  4. 相手側Bluetooth機器でBluetooth接続操作を行う。

    機器登録が完了すると自動的にヘッドセットと接続される機器もあります。音声ガイダンス「Bluetooth connected」(Bluetooth接続しました)が流れます。

     

iPhoneを機器登録(ペアリング)してから接続する

接続したい機器を登録しておく操作を機器登録(ペアリング)といいます。初めてヘッドセットと組み合わせて使う場合は、最初に機器を登録してください。

操作の前に、以下を確認してください。

  • ヘッドセットとiPhoneが1 m以内に置かれている。
  • 充電式電池が充分に充電されている。
  • 接続するiPhoneの取扱説明書を準備する。
  1. ヘッドセットを機器登録モードにする。

    お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドセットを初期化した後(ヘッドセットに機器登録情報がない場合)は、ヘッドセットの電源を入れると自動的に機器登録モードになります。

    2台目以降の機器登録を行う場合(ヘッドセットに他の機器登録情報がある場合)は、ボタンを約7秒押し続けます。

    青ランプが2回ずつ点滅を繰り返すことを確認してください。音声ガイダンス「Bluetooth pairing」(Bluetoothペアリングします)が流れます。

  2. iPhoneの画面をロックしている場合は、解除する。
  3. iPhoneでヘッドセットを検索する。
    1. 設定]を選ぶ。
    2. Bluetooth]をタッチする。

    3. ]をタッチして[]にする(Bluetooth機能をオンにする)。

  4. [WH-1000XM3]をタッチする。

    パスキー(*)を要求された場合は「0000」を入力してください。

    互いの機器への登録が完了し、ヘッドセットとiPhoneが接続された状態になります。音声ガイダンス「Bluetooth connected」(Bluetooth接続しました)が流れます。

    接続されない場合は、「機器登録(ペアリング)済みのiPhoneと接続する」をご覧ください。

    iPhoneの画面に[WH-1000XM3]が表示されない場合は、もう一度手順3から操作してください。

 

 

Skullcandy「Crusher 360」レビュー!! 最新モデルは新機能満載!!

アメリカ発祥のオーディオブランドSkullcandy(スカルキャンディー)。同社の名前を一躍有名にしたのが、音に合わせて物理的に震えるというギミックを備えたヘッドホン「Crusher(クラッシャー)」だ。

 

そんな「Crusher」シリーズの最新モデルとなる「Crusher 360」が本日発表された。昨年発売された「Crusher」シリーズ初のBluetoothモデル「CRUSHER WIRELESS」よりもさらに上のグレードのプレミアムモデルという位置付けで、日本では2500台限定で11月2日に発売される。

 

新技術で震える機能がさらに進化! 体感型ヘッドホンの究極系「Crusher 360」

「Crusher」シリーズの最新モデルとして今回発表された「Crusher 360」は、昨年発売された「CRUSHER WIRELESS」同様、Bluetooth接続対応のヘッドホンだ。さまざまな点で「CRUSHER WIRELESS」から進化を遂げているが、なんといっても最大の進化ポイントは「震える」部分の進化だろう。

Skullcandy「Crusher 360」

「Crusher 360」。ブラックカラーの筐体にキャメルカラーのイヤーパッドを組み合わせたクールなデザインだ

「Crusher」シリーズは「Haptic Bass(ハプティックベース)」と呼ばれる重低音専用のウーハーを搭載することで“物理的に震える”という機能を実現している。初代「Crusher」はこの専用のウーハーがモノラル再生だったが、「CRUSHER WIRELESS」ではステレオ再生対応の「Stereo Haptic Bass(ステレオハプティックベース)」へと進化。そして今回の「Crusher 360」では、この「Stereo Haptic Bass」をベースにさらなる進化を遂げたという。

具体的には、“センサリーベース”と呼ばれる技術を新たに搭載し、ウーハーが反応する再生周波数帯域を従来の45~75Hzから20~100Hzへと拡大している。可聴帯域を下回る低域であっても振動へとしっかりと変換できるため、従来よりもさらに迫力のある重低音を体感できるのが利点だ

 

Venueは、Bluetoothのワイヤレス接続にアクティブノイズキャンセリング技術を搭載。イヤーカップの外側と内側にマイクを備え、外側のマイクが周囲の音を測定し、正確な逆位相の音を出すことで騒音を打ち消す。

ボタン1つで、外音を取り込める「モニターモード」を搭載するほか、世界初となる「Tile(タイル)」による位置情報把握機能を採用。これは米Tileが提供するスマートトラッカーTileのチップを内蔵することで、実現しているもの。スマ ートフォンとヘッドホンを Bluetoothで接続し、どこに置いたのかわからない場合でも、ヘッドホンをアプリから音を鳴らしたり、地図上のどこにあるか示したりできるという。

Bluetoothの接続圏外にある場合も、最後に接続が切れた場所と時間をアプリの地図上に表示することが可能。Tileコミュニティを活用すれば、「探し物」の近くをほかのTileの利用者が通るとアプリで場所を教えてくれる。

 

要所で使った金属パーツで質感向上、長時間駆動も心強い

質感も非常に高く、アームの部分に触れた際には金属のヒヤリとした質感が心地いい。エッジ部分にはダイヤモンドカットが施されていて、見た目の満足感はCrusher Wireless以上である。低反発のイヤークッションにはプロティンレザーを使用し、装着感も申し分ないと思う。重量については公表されていない。

SkullCandy
折り畳み機構もあり、持ち運びしやすい。

Bluetooth接続に対応するほか、有線接続にも対応。最長29時間の利用が可能で、10分充電すれば3時間利用できる急速充電機能も持つ。このあたりは普段使いするのに嬉しい。

左側のハウジングを指でなぞる形で低域量の調整ができるなど、使い勝手も配慮されている。迫力ある低域を出しつつも、中高域の見通しがいいクリアな印象になっており、振動だけがうりのキワモノヘッドホンでは決してないという点を書き添えておこう

 

Crusher 360ヘッドフォンがそのように多くの低音を達成できる理由は、サブウーファーのように機能する専用のスピーカーです

The reason the Crusher 360 headphones can achieve so much bass is the dedicated speaker, which acts like a subwooferスカルキャンディー

私自身の経験から、専用の低音スピーカーのないヘッドホンは、私が欲しい低音を供給するのに十分なパワーを握ることができず、また非ベースのオーディオも生成できません。

これは、クラッシャー360の調整可能な低音レベルに不可欠な部分です。メインスピーカーは、低音、中音域、高音などの全体的なサウンドに対応できます。

これらのヘッドフォンの最高のものの1つは、低音量でもパワフルな低音を出すことです。

One of the best things about these headphones is that they deliver powerful bass even at low volumes.

ヘッドフォンで頻繁に低音を出すには音量を上げる必要があります。バックグラウンドで演奏したい高音量や「周囲」の音楽を常に必要としないレゲエのようなジャンルの場合、Crusher 360の調節可能な低音は完璧です。私は快適な音量でレゲエの音楽を聴くことができますし、そのようなローリングドローンをベースギターなどから得ることもできます。あなたのために、あなたの好きな曲やジャンルで “レゲエ”を置き換えてください。

 

Skullcandy Crusher 360 Bluetooth対応 BLACK S6MBW-J373-A 【国内正規品】

新品価格
¥32,850から
(2018/11/22 10:25時点)

【新製品】 Bluetooth ブルートゥース ワイヤレス ヘッドホン Skullcandy スカルキャンディー Crusher360 BLACK/TAN 【S6MBW-J373】 【送料無料】 スカルキャンディー ヘッドホン【2年保証】

価格:36,500円
(2018/11/22 10:25時点)
感想(0件)

 

 

ゲームに最適なゲーミングヘッドホン!Razer Kraken Pro V2 長時間使用や眼鏡でも問題なく快適に!!

Razer Kraken Pro V2とは何ですか?

Kraken Proは、ゲームオーディオやボイスチャットのための使いやすいソリューションを求めているゲーマー向けのRazerのステレオヘッドセットです。あらゆる種類のゲームに適している有線のデバイスで、音楽にも優れたパフォーマンスを提供します。T

注意:7.1 “サラウンドサウンド” USB Kraken Proモデルもあります。このレビューでは、3.5mmジャックモデルのみに焦点を当てています。

オススメのポイント

要点だけ知りたいという方のために、先ずこの製品のオススメポイントを!

  • PS4で使用可能
  • 眼鏡を着用していても痛くない
  • 長時間使用に耐えられる
  • ミュートスイッチ・ボリューム調整リモコンがある
  • ゲーム音が明確に聞き分けられる(R6Sで敵の位置判別も余裕)
  • マイクの音質が良い(中の上)
  • 3.5mmアナログオーディオ端子接続
  • デザインが超クール

上記の点がゲーミングヘッドセットに求める要素と合致していたら購入をオススメします!

 

Razer Kraken Pro V2 – デザイン、ビルド、および機能

Kraken Pro V2は手の込んだ感があり、おそらくこの価格帯での材料の完璧なブレンドで作られています。エッジ

ヘッドセットの上部には革のような素材が重ねられ、ヘッドバンドには「Razer」がエッチングされています。下側には比較的浅い泡のシートがあり、この部分は布で覆われています。

それは着用するのが快適で、322gの重さは私の頭に特に重く感じませんでした。クラッケンの上部も高さ調節が可能で、さまざまなサイズのヘッドに対応しています。

ビデオ:ヘッドフォンのペアを選択する方法

しかし、頭の周りの握り具合はやや弱いですが、多くの人がこのためにRazerに感謝しますが、私は頭を動かすときに、より滑りにくくすることを個人的にはより強く選択しました。

タッチ

ヘッドセットの下部に移動すると、Kraken Proの方が気分が良くなります。側面は金属フレームで保持され、イヤーカップは金属メッシュとテクスチャードプラスチックの混合物で作られています。

イヤカップは物理的な調整を行います。ユニットの両面にRazerのロゴが刻まれています。内側の円形カットアウトはかなり大きく、耳にうまく収まります。泡はヘッドバンドに比べてはるかに厚いですが、フェイクレザーはプレミアム感がありますが、私は自分の耳をかなり頻繁に通気していました。しかし、これはこの種の資料では期待されています。

クラーケンに搭載されたマイクは引き込み式で、ヘッドセットの左側にきれいに引き込まれます。拡張すると完全に柔軟になり、ユーザーは好みに合わせることができます。ボタン

編組ケーブルもヘッドセットの左側に付いていますが、コードが故障した場合にユーザーが交換することはできません。また、移動時には左のイヤーカップに若干の外部振動を伝えます。

Krakenのステレオ特性は、PCに加えて、新しいXbox OneとPS4のコンソールと互換性があります。3.5mmヘッドフォンジャックを装備したほとんどのデバイスが動作します。ただし、別の3.5mm出力ポートと入力ポートを使用するPCでこれを使用するには、アダプタが必要です。これは、Razerが便利に提供するものです。

機能

  • イヤーカップ内径:56mm
  • 重量:322g
  • ケーブル長 1.3m(4極ステレオミニプラグ) +延長ケーブル2m(4極ステレオミニジャック – ピンク&グリーン分岐3極ステレオミニプラグ)
  • 周波数特性:12Hz – 28kHz
  • インピーダンス:32Ω @ 1kHz
  • 感度:118dB @1kHz
  • 最大許容入力:30mW
  • ドライバータイプ:50mm (ネオジム磁性体)
  • マイク感度: -38 ± 3dB
  • マイクSN比:55dB以上
  • マイク周波数帯域:100Hz〜10kHz
  • マイク指向性:単一指向性
  • インラインリモコン:ボリューム調整、マイクミュート
  • バックライト:なし
  • その他の特徴:アルミフレーム
  • 付属品:延長ケーブル2m
  • 接続方式: 3.5mm (4極ステレオミニ)または、3.5mm(3極、ピンク&グリーン)
  • 対応プラットフォーム
  • Windows / Mac / PS4 / Xbox One* / 3.5mm オーディオ端子搭載のモバイル機器
    (*Xbox Oneへの接続には別売りアダプターが必要です)

Razer Kraken Pro V2 – オーディオ品質

オーディオ品質は、Kraken Pro V2のもう一つの強みです。ヘッドセットは、幅広いアプリケーションにわたって楽しいリスニング体験を提供します。

しかし、ゲームのために間違いなく調整されていますが、音楽がアキレス腱のちょっとなんだかなんだか聞こえているのを見つけました。全体的に、それは多くの愛する確かな低音の素晴らしいレベルで、良いです。「Electronic Pop」プレイリストを再生すると、多くの鋭い痕跡がなく、魅力的なハイエンドであり、豊富なパンチを提供するローエンドです。

物事が少しトリッキーになったところでは中間色にあります。多くの曲が素晴らしいように聞こえますが、ボーカルは時には濁っていて細部に欠けていました。

しかし、尋ねる価格のために、私は苦情はほとんどありませんが、音楽のリスニングに少しでも良いと感じています。Astro A40 TRのようなデバイスに足を踏み入れると、より良い音楽パフォーマンスが得られ

ゲームのパフォーマンスはクラッケン・プロの真の強みでなければなりません。バトルフィールド1号機は、クラークケンによって優れた音を出しました。

ゲームはすべて浸っているので、クラクケンはあなたをゲームに没頭させてくれます。Titanfall 2は、プレイヤーの足音の微妙なディテールと、混沌とした破壊からの豊かなブームで、偉大な音を出しました。

しかし、それは印象的な低音だけではありません。サラウンドサウンドが不足しているため、デバイスの正確なオーディオトラッキングの可能性が阻害されますが、サウンドステージはクローズドバックヘッドセマイク

マイクはまた、私がテストしたヘッドセットの多くをはるかに上回る明瞭なボーカルで、恒星です。アナログヘッドセットとしては、もちろんデバイスごとに品質は異なりますが、私のGalaxy Note 4でキャプチャしたレコーディングはきれいで鮮明でクリアです。

£80のために、私は非常に感銘を受けました。音声アプリケーションやゲームには十分なパフォーマンスがあります。

Razer Kraken Pro V2を購入する必要がありますか?

Kraken Pro V2は一流のヘッドセットです。優れたパフォーマンスを発揮し、長時間のゲームセッションでも非常に快適です。

関連性の高いゲームキーボード

 

エッジ

Astro A40 TRと同じくらい良い音は出ませんが、かなり安く、£80のヘッドセットから求められるものはほとんどあります。

サラウンドサウンドが必要な場合や、最高品質の音楽用ヘッドセットが必要な場合を除いて、これは今日の市場で最高のオプションの1つです。

Razer Kraken Pro V2 Green Oval ステレオゲーミングヘッドセット【日本正規代理店保証品】RZ04-02050600-R3M1

新品価格
¥8,646から
(2018/11/12 10:52時点)

ゲーミングヘッドセット Razer レイザー Kraken Pro V2 Green Oval (RZ04-02050600-R3M1) PC PS4 Xbox One対応 【1年保証】 【送料無料】【次回11月中旬入荷予定】

価格:9,150円
(2018/11/12 10:52時点)
感想(3件)

ヤフオクはこちら!!

一般的なワイヤレスヘッドフォンやイヤホンに関する質問

一般的なワイヤレスヘッドフォンやイヤホンに関する質問

Bluetoothとワイヤレスヘッドフォンは同じですか?

 

 

本質的には同じ物です。ワイヤレスヘッドフォンは、無線信号を使用して別のデバイス(スマートフォンやAVききと通信できるヘッドフォンを指します。Bluetoothは、ヘッドフォン、携帯電話、タブレットなどで短距離でデータを交換するために使用される、グローバルな無線通信規格の正式名称です。

ヘッドホンの中にはNFCを搭載しているものがあります。

NFCはNear Field Communicationの略です。これは、(Bluetoothに比べて)非常に短い距離でのデータの交換を可能にし、事前にペアリングを必要としません。実際には、2つのデバイスはほぼ即座に接続します。要するに、お使いのスマートデバイスとヘッドホンにNFCが搭載されていれば、瞬時にペアリングすることができます。

すべてのワイヤレスヘッドフォンにノイズキャンセリングはありますか?

いいえ、すべてのワイヤレスヘッドフォンでノイズキャンセル機能を搭載しているわけではありません。しかし、かなりのメーカーが対応しています。これは、ワイヤレスヘッドフォンが通勤などで使用するシーンを想定しているためです。ノイズキャンセル機能は、周辺の音量を下げて低い音量で演奏している音楽を聞くことができます。また、音楽をかけていなくても静音性を保つことが出来ます。

別のケーブルを購入する必要がありますか、ワイヤレスヘッドフォンにケーブルが含まれていますか?

この質問は、思う以上に重要な項目です。幸いなことに、ほとんどすべてのワイヤレスヘッドフォンには、有線用の取り外し可能なケーブルが含まれています。取り外し可能なAUXケーブルを含まないワイヤレスヘッドフォンは希です。Audio Technica ATH-DSR9BTなどにはケーブルはありません。

ヘッドフォンが使用しているスマートホンなどとは違うバージョンのBluetoothであれば、機能するでしょうか?

Bluetoothデバイスは実際に下位互換性がありますので、そうすることで問題は発生しません。Bluetooth 5.0は、古いバージョンで問題が発生する可能性のある最新バージョンになります。それ以前のバージョンに関しては問題なく使用することが出来ます。 

Bluetoothを使用しているときにオーディオ品質が低下すると聞いています。これは本当ですか?もしそうなら、そのひどさは?

これは本当です。Bluetoothを導入する際にはトレードオフとして利点もありますが欠点もあります。残念ながらオーディオの品質は優先にと比較して徐々に改善はされてきていますが低下することが前提になります。オーディオの質がどれほど低下するかは、ヘッドフォンの品質とBluetoothの内容、メーカーの技術によって決まります。しかし、一般的に品質は聞けないほどひどいものではありません。音の違いはBluetoothと有線を比較することは、本来まったくちがう使用方法を比較するようなことなので利便性をとるか音質をとるかという選択になると思います。

Bluetoothのヘッドフォンには、高解像度の転送方法を採用して、通常のBluetoothヘットホンに比べて優れたオーディオ品質を提供しているメーカーがあります。これらのヘッドホンには、Sony MDR-1000XやWH-1000XM2やSennheiser HD 1などがあります。

Bluetoothヘッドフォンにアンプが必要ですか?

いいえ必要ありません。Bluetoothヘッドフォンは移動に際して使用する前提で設計されており、音質も変わりません。

 

 

 

 

ソニー WI-1000X ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン レビュー

 

ソニーWI – 1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンレビュー

バッテリーの持ちと音質に関して、まともなワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンを見つけることは難しいかもしれません。しかも、使用して8時間以上のスタミナをもつものを見つけることはさらに困難です。

Sony WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンは。ソニーWI-1000Xは35.000円弱の価格で、BluetoothやNFCを介したワイヤレス接続が可能で、毎日の通勤に役立つノイズキャンセリングも搭載しています。

 

WI-1000Xのパッケージには、次のものが同梱されています。

  • WI-1000Xヘッドホン
  • イヤーチップ7セット
  • USB充電ケーブル
  • マイクロUSBから3.5mmオーディオケーブル
  • 飛行機のオーディオアダプター(今は使用する機会は少ないと思いますが)
  • キャリーバッグ

設計

WI-1000Xは首回りの「ネックバンド」型のデザインになります。このデザインは独立型のイヤホンと比較すると装着感では見劣りがします。

それでも、この方式のワイヤレスイヤホンは現状では多くの利点を提供しています。

イヤホンワイヤは、使用していないときにバンドの縁に収納されていて、破損から守ることが出来ます。

接続性

WI-1000Xには、マルチペアリングで8台までの機器とペアリングが可能な上にウォークマンで音楽を聴いている最中に、スマートフォンにかかってきた電話を着信してそのままハンズフリー通話をすることも可能なマルチポイント機能を搭載しています。

フィット/快適

ソニーWI-1000Xインイヤーヘッドフォンは思った以上にフィットします。

イヤホンもあまり嵩張っていないし、バンドは軽くて違和感は思った以上にありません。

イヤーチップも種類が多いため耳にあったものを装着することが出来ます。

ノイズキャンセリング/アンビエントモニタリング

Sony WI-1000Xワイヤレスヘッドフォンのノイズキャンセルは非常に優れています。

ノイズキャンセリング機能を搭載しているヘットホンやイヤホンでも機能が弱かったり、不自然だったりする機種もありますが、Sony WI-1000Xにはそういった部分は全くありません。

ヘッドホンが常に周囲の騒音を分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適したモードを自動で選択してくれるので、飛行機に乗っているときでも地上を走っているとき、上昇しているとき、飛行中など刻々と変化する環境に対応してくれます。

バッテリー寿命

Sony WI-1000Xワイヤレスヘッドフォンのバッテリーは約10時間使用できます。

ちなみに独立型のWF-1000Xは3時間(実際は2時間30分程度)となりSony WI-1000Xはワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンに最適です。

その他の機能

ソニーWI-1000Xワイヤレスヘッドフォンは、ワイヤレスヘッドフォンのための多くの機能が満載されています。

注目すべき機能は、HD音声によるハンズフリー通話と、Qualcomm aptX HDおよびSony LDACオーディオコーデックです。

また、WI-1000Xは、スマートフォン用のSony Headphones Connectアプリを利用して様々な使用シーンに最適な音響の設定や音質の調整が可能になります。

ネックバンド部分には、音楽の再生や一時停止、音量の調節や電話の応答に必要なすべてのコントロールができます。また、通知や着信コールを受信すると、ネックバンドが振動します。

音質

Sony WI-1000Xワイヤレスヘッドフォンの範囲で期待していましたが、大部分に関しては失望しないと思います。

Sony WI-1000Xの音質はノイズキャンセリングをオフにすると大幅に改善し、また専用のUSBオーディオケーブルを使用して直接接続されたときに音質は改善されます。

低音

低音はWI-1000Xに関して言うと物足りなさはあります。

これは、ブルートゥースやノイズキャンセリングのイヤホンでは、音楽サウンドを少し圧縮した際の問題としてありますが全体的には悪くないと思います。

 

高音

WI-1000Xの高音はかなり良いと思います。それほど明るくも過度でもない。私は実際には周波数応答が2万Hzを超えているという感覚は得られませんでしたがBluetoothヘッドフォンとしてはとても良いと思います。

aptX HDコーデックで聞く

また、aptXコーデックを使用してBluetooth経由で接続されたFiio X7とSony WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンも試しました。音質はかなり正確で、間違いなくHi-Resでした。

Bluetooth搭載のWI-1000X(スマートフォンで標準のストリーミングコーデックを使用)を使用すると、音質が優れていることがわかりました。

 

 

最終

Sony WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンは、頻繁に旅行する人が音楽を聴き、ハンズフリーで話をしたり、雑音を軽減する為に必要なすべての機能を備えています。

この価格帯で購入できるまBluetoothイヤホンとしてのオーディオ品質と10時間のバッテリー寿命を考えると、WI-1000Xはエンターテイメントやビジネスのための非常に便利なヘッドホンになると思います。

専用のUSBケーブルを使っての有線接続は、バッテリーがなくなったときやBluetoothが使用できない飛行機の機内で機内エンターテインメントに接続することができます。

結論として、ソニーWI – 1000Xは、この価格帯で購入できるイヤホンとしては不満の少ない選択の一つになります。

 

 

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B

新品価格
¥32,406から
(2018/11/14 11:18時点)

ヤフオクはこちら!!