スマホとパソコンをBluetoothで接続する方法!!

Q:スマホとPCをBluetoothでつなぐにはどうすればよいですか?

A:スピーカーなどと同じくペアリングすればOKです。

 

パソコンとスマートフォンを接続するには、ケーブルで接続したり『Air Droid』などのアプリを利用する方法がありますが、もっと単純にBluetoothで接続する方法もあります。

 

このBluetooth接続が、スマホ←→PC間でのファイル移動に意外と便利です。というわけで今回はBluetoothでの接続方法をお教えしましょう。

 

ペアリング方法

まずは、他のBluetooth機器と同じくペアリングをします。最初はスマホ側の設定から。まず「設定」の「Bluetooth」から接続したいPCを選びタップ。これで自動でペアリングが開始します。

 

スマホのペアリング画面

スマホのペアリング画面

 

接続が正常に進むと確認のダイアログが表示されます。PC側と同一のパスコードが表示されるのでOKなら「ペア設定する」をタップしましょう。これでスマホ側はこれで完了です。

 

続いてPC側。ペアリングがはじまるとスマホと同じくダイアログが表示されるのでOKであれば「次へ」をクリック。あとは自動で接続作業が進みます。

 

スマホと同一のパスコードが表示されていることを確認

スマホと同一のパスコードが表示されていることを確認

 

しばらく待つとデバイスの追加完了のダイアログが表示されるので「閉じる」で閉じましょう。これでPCの準備もOKです

 

これでスマホとのペアリングが完了

これでスマホとのペアリングが完了

 

注意点は2つ、1つ目はスマホから接続したいPCがBluetooth画面に表示されない場合は、PCのBluetoothの検出可能設定がONになっているか確認しましょう。

 

表示されない場合は、設定を見なおそう

表示されない場合は、設定を見なおそう

 

2つ目はドライバについて、接続するスマホによっては全てのドライバがインストールできない場合があります。

 

ファイルの受け渡しの動作には問題ないのでそのままでもOKですが、気になる方はメーカー公式サイトから必要なドライバをダウンロードして手動でインストールしましょう。

 

最後にスマホからペアリングした機器をタップ接続すれば準備完了です。

iPhoneでBluetoothのペアリング設定できないときの対処法・解決法一覧

イヤホンやキーボードなど、iPhoneBluetooth接続することで利用できる便利な周辺機器は多いのですが、うまくペアリング設定できないときはないでしょうか?

今回は、iPhoneとBluetooth対応機器でうまくペアリング設定できないときの対処法をご紹介します。

 iPhoneのBluetoothでペアリングできない時の原因

iPhoneでBluetoothアクセサリとペアリングできない場合、最初に以下の項目を確認しましょう。

Bluetoothでペアリングできない時にまずチェックすべきポイント

  • 別の機器とペアリングされていないか
  • iPhone側のBluetoothがONになっているか
  • Bluetooth機器とiPhoneが離れていないか
  • Bluetoothアクセサリを再起動してもペアリングしないか
  • Bluetoothアクセサリが十分に充電されているか

 

iPhoneでBluetoothのペアリング設定する手順

まずは通常のBluetoothのペアリング設定を試してみましょう。

  • Bluetooth機器とiPhoneの距離が遠すぎるとうまくペアリング設定できません。Bluetooth機器とiPhoneを近づけましょ
Bluetooth機器の状態をチェックして再起動
  • Bluetooth機器の電源がオンになっているか確認し、完全に充電されている または 電源に接続しているかチェックしましょう。電池式の場合は、電池が切れてないか確認します
  • そしてBluetooth機器を再起動します
iPhoneのiOSバージョンをチェックする

iPhoneのiOSが最新バージョンであるかを確認しましょう。iPhoneが現在どのバージョンなのか確認する手順を解説します。

「設定」→「一般」→「情報」とタップする

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします。そして「情報」をタップします

Bluetooth ペアリング 対処 Bluetooth ペアリング 対処

「情報」のバージョンの項目を確認

  • 「情報」の一覧から「バージョン」の項目を探します。最新バージョンであるか確認しましょう

最新でない場合はアップデートし

  • 最新バージョンでない場合は、左上の「<一般」をタップして一般の設定項目に戻り、「ソフトウェアアップデート」をタップしてアップデートします

 

別のスマホのBluetoothをオフに

ペアリングされているスマホやノートパソコンが見つかったら、その機器のBluetoothをオフにし、ペアリングを解除しましょう。その際に設定を削除する必要はありません。

スマホやノートパソコンが使用中でなければ、電源を落としてしまうのが手っ取り早いでしょう。

Bluetoothアクセサリがどの機器ともペアリングされていない状態にすることが大切です。

 

 iPhoneのBluetoothがONになっているか確認する

続いて、iPhone側のBluetoothがONになっているかを確認しましょう。

iPhoneを使用している際に指が滑って、知らないうちにBluetoothがオフになってしまっている可能性があるからです。

Bluetoothアクセサリが十分に充電されているか確認する

Bluetoothが十分に充電されているか確認しましょう。電池式のアクセサリの場合、電池を交換する必要がないか確認してください。

Bluetoothアクセサリを完全充電するか、電源につなげた状態で再度ペアリングできるか確認しましょう。

 iPhoneを再起動してもBluetoothをオンにできない場合

iPhoneを再起動してもBluetoothをオンにできない場合は、iPhoneの不具合である可能性が高いです。Appleへ問い合わせを行いましょう。

Razer Phone 2レビュー|RAM8GBのゲーミングスマホのスペック

 

昨年、Razerはスマートフォンの新ジャンルを誕生させ、他社の普通のスマホでは類を見ない大容量の4000 mAhバッテリーと、ゲームをよりなめらかに見せる120Hzのディスプレイという素晴らしいものをゲーマーにもたらしてくれました。しかし、他社もゲームに関して気を配り始めた現在、RazerはこのRazer Phone 2で、ディスプレイと必須なRGBライトは別にして、ゲーミング用スマホというアイデアをどう掘り下げていったのでしょうか

 

昨年に発売された、Razerのゲーミングスマートフォン「Razer Phone」に後継モデルのRazer Phone 2が登場した。先代からスペックが強化されたのはもちろん、リッチなゲームプレイを可能にする優れた機能を盛りだくさんで搭載している。

ディスプレーは同様に5.7型のIGZO液晶だが、リフレッシュレートだけでなくタッチサンプリングレートも120Hzに対応。レスポンスに優れラグが無い点が特徴だ。

また、フロントにはDolby Atmos対応のサラウンドに対応したステレオスピーカーを内蔵。ボディーもIP67準拠の防水・防塵仕様になった。

リフレッシュ・タッチサンプリングレートは120Hzに対応。スナドラ845や8GBメモリーなどを内蔵、カメラも2倍ズーム対応のデュアルに進化した

ディスプレー解像度は2560×1440ドットで、プロセッサーはSnapdragon 845を搭載。冷却システムには業界最高峰の冷却効率を謳うベイパーチャンバーを採用している。メモリーは8GBでストレージは64GBを内蔵。1200万画素+1200万画素のデュアルカメラと800万画素インカメラ、microSDスロット、ワイヤレス充電に対応した4000mAhの大容量バッテリーなどを備える。なお、搭載OSはAndroid 8.1。

ショップによれば、ネットワークはFD-LTE バンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71、TD-LTEバンド 38/39/40/41/48などに対応している。

 

Razer Phone 2・Razer Phoneのスペック

項目 Razer Phone 2 Razer Phone
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (2.80 GHz)
vapor chamber cooling system
Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile Platform
GPU Adreno 630 Adreno 540
メモリー 8GB (LPDDR4X) 8GB dual channel (LPDDR4, 1866 MHz)
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.72-inch IGZO LCD 1440 x 2560 5.7-inch IGZO LCD 1440 x 2560
120Hz, Wide Color Gamut
Corning Gorilla Glass 5 Corning Gorilla Glass 3
アウトカメラ 広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
4K Video撮影
広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
インカメラ 8MP f/2.0
1080P Video撮影
8MP f/2.0
音響 Dual front-firing stereo speakers with dual amplifiers
Dolby Atmos Technology
バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
急速充電 Qualcomm QuickCharge 4.0+
ワイヤレス充電 Wireless Charging(Qi)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900 GSM: Quad-band GSM UMTS: 1/2/3/4/5/8
WCDMA: 1/2/3/4/5/8
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: 38/39/40/41/48 TDD LTE: 38/39/40/41
TD-SCDMA: 34/39 TD-SCDMA: 34/39
LAA: 46
4×4 MIMO: 1/2/3/4/7/30/38/48/66
防水・防塵 IP67
サイズ 158.5 x 78.99 x 8.5 mm 158.5 x 77.7 x 8 mm
OS Android 8.1 Android 7.1.1
コネクター USB Type-C

 

心臓部となるCPUとGPUとメモリ

画像引用元:Razer Phone 2 – Flagship // Gaming

処理能力の高さで評価され、多くのスマホでも採用されているQualcomm社の「Snapdragon」の最新モデルSnapdragon845(2.8GHz オクタコア)を採用しています。

さらにGPUにはAdreno600を採用することで、ゲーム特有の画像処理に余裕をもって対応しているのです。

前モデルで採用されていたQualcomm Snapdragon835(2.35GHz オクタコア)、GPUがAdreno 540の組み合わせから進化を遂げているのが分かります。

 

デザイン

16:9比率のディスプレイで、ベゼル上下にはスピーカーを搭載します。Dolby Atmos対応。ガラス筐体。ゲームプレイと没入感を阻害する邪魔なノッチもありません。

phone-c2-usp01.2-120hz-panel-desktop

個人的にはあまり興味が無いのですが、PCゲーム業界で「ゲーミング」を謳う製品には、やたらピカピカ光るものが多く、今回、Razer Phone 2はChroma LEDにより背面ロゴがカラフルに光ります。まあ、RazerらしいといえばRazerらしいので、Razerファンや、光るのが好きな一部PCゲーマーにとっては嬉しいポイントでしょう。

phone-c2-usp06-water-resistant-desktop

 

冷却機構

phone-c2-usp02.2-vapor-desktop

ベイパーチャンバー採用の冷却システムを採用。ヒートパイプに近い仕組みで、SoCのの熱で気化した液体がチャンバー内を移動することで冷却するというもの。Snapdragon 845搭載スマホも出始めは熱問題が取り沙汰されましたし、結局はゲーマーにとっては、ベンチマークによって瞬間的なスペックを出せるよりも、長く高いパフォーマンスを持続するほうが重要です。まさにゲーマー向けのスマートフォンと言えます。

BlackBerry Motion レビュー!物理キー無しの使い勝手は??

 

BlackBerryより物理キー(QWERTYキー)無しSIMフリースマホ、BlackBerry MOTIONが動き出す!前回発売されたKEYoneがベースとなるが、ブラックベリー初となる防水防塵&指紋センサー内蔵ホームボタン搭載スマホ

 

【BlackBerry Motion】スペック

サイズ: 高さ155.8mm×幅75.5mm×厚み8.12mm
重さ:   167g
カラー:ブラック
OS: android 7.1.1 Nougat
CPU:Snapdragon625 Octa Core 2.0GHz
RAM:4GB
ROM:32GB MicroSDカード:ストレージ最大256GB
バッテリー容量: 4,000mAh
ディスプレイ:5.5インチ フルHD (1,920×1,080)
カメラ:アウトカメラ:1200万画素(F値2.0)/インカメラ:800万画素(F値2.2)
無線LAN規格: IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
ネットワークバンド:LTE/HSPA+/GSM/GPRS/EDGE
Bluetooth:Bluetooth4.1
認証: 指紋認証有り
SIMカード: single SIMのみ
その他1:Quick Charge 3.0
その他2:USB-Type-C(USB2.0)
その他3:防水防塵(IP67)対応

電話のミドルマネージャ

  • 標準発行ハードウェア
  • 寛大なバッテリーパック

BlackBerry Motionは、BlackBerryの以前のリリースよりも主流のために設計されているようだ。それは、アクセス可能な価格ポイントを持ち、競合他社からいくつかの便利な機能を拾い上げてきたし、大きな(そしておそらく今日は無意味な) 。

努力(そしてお金)は職場で最も重要な分野に集中してきましたが、それ以外のものはすべて「OK」です。取引の中断はありませんが、1080pのLCD画面や12MPの標準機能については、カメラ。ストレージもmeh:32GB搭載、さらにmicroSDスロット。

BlackBerry Mobileがこのデバイスをシフトさせることに期待している2つの機能は、放電が非常に遅く4000mAhのバッテリーパックであり、Android Nougatの上にボス訴求力のあるセキュリティ機能が強化されています。

その意味では、通勤電車の寝心地の良い男、そして彼のITマネージャーに直接話しています。消費者市場でのBlackBerryのブランド・カシェの損失を考えると、悪いことではない。

設計

  • スマートで賢明なデザイン
  • 厄介なボタンの配置
  • 固体と重量

BlackBerry Motionは、中規模レンジャーにとって驚くほど重い携帯電話です。縁のまわりのスマートなアルミニウムトリムは、クラスとバルクを追加しますが、背中を横切って走り、画面の上部まで回る金属のストリップは、実際にはプラスチックです。

バックパネルには、ブラックベゼルのロゴが銀色にエンボス加工されたテクスチャー加工されたカーボンファイバー風のパターンが施されています。

このロゴは、物理的なホームキーにも画面下の(大規模な)ベゼルで表示され、応答性の良い指紋センサーが組み込まれており、タッチパッドのように上下にスワイプして通知シェードを制御できます。しかし、あなたはゆっくりと意識的にスワイプする必要があり、しばしば機能しません。

そのサイズの「あご」ベゼルに期待されるように、ホームキーの両側には、使用時に点灯し徐々に消えていく容量の「戻る」と「アプリ」ボタンがあります。

電話で電子書籍を読むときには、ページをめくることがデバイスとやりとりされ、バックライトが再びオンになり、読み込み中は常にオンとオフになっていたため、これは少し面倒です。

驚くべきことに、ハンドセットの左端には、SIMトレイだけのボタンはありません。これは、右端にすべてのキーを詰め込むには、BlackBerryのは、あなたは常にそれも見えるようにすることbafflinglyテクスチャーである電源キーとプログラマブルの利便キー」を、アップミックスすることを保証していることを除いて問題にならない以上のように電源ボタン。

スクリーンを持っている人にあなたのBlackBerry Motionを渡してください。あなたは彼らがコンビニエンスキーを使ってスクリーンをオンにしようとしていることを保証します。それは、デザインが単純でシンプルで、キーが左側にあるべきであるという悪いデザインです。

それにもかかわらず、プログラマブルなハードウェアキーがあればいいですし、Motionは3つの異なるアプリやアクションを起動するように設定できます。

選ぶべきものはたくさんありますが、それを開くために3つの異なる相互作用をプログラムできないような実際の監視のようです。ショートカットを1つ選択すると、ボタンを押すとすぐに起動します。

2つ目のクイックプレスと3つ目は長いプレスですが、そうではありません – 複数のショートカットを設定し、便利なボタンは3つのアイコンが表示されたメニューをポップアップさせます。それはまったく便利なものではありません。ただし、別のプロファイルでさまざまな操作を行うように設定することも、通話中にミュートボタンとして使用することもできます。

(実際の)電源キーの上には標準のボリュームロッカーバーがあり、3.5mmのヘッドフォンジャック、USB-C充電ポート、スピーカーを下端に配置しています。

表示

  • フルHD LCD
  • 耐傷性コーティング
  • 滑りやすいことがあります

BlackBerry Motionの画面には、さまざまな方法で電話が表示されます。5.5型IPS液晶パネル、1080p、1インチあたり401ピクセル。

言い換えれば、標準サイズ(標準16:9のアスペクト比)、解像度が若干古い(FHD、QHDではなく)、最新の技術(OLEDではなくLCD)ではなく、明瞭で品質が良いです。最高ではありません。値段は申し分ありませんが、電話のように誰の靴下も叩くことはありません。

スクリーンは「独自のナノダイヤモンドの耐スクラッチコーティング」(特に業界をリードするGorilla Glassではない)でコーティングされていて、BlackBerry Privディスプレイ上でははるかに顕著なSamsung-ish丸めではなく、ややカーブしています。 

それは少し指紋であるが、私たちの主な問題は、それが信じられないほど滑りやすいということだった。あなたの電話をスクリーンの上に会議の机の上に置き、数秒で床に置く。

顔を上にして、後部パネルのグリッピー仕上げのおかげでうまくいきますが、本当にこの電話機をどんな面にも置くことはできません。ほとんどの人にとって大きな問題ではないが、BlackBerryのビジネス上の聴衆を考えると、携帯電話をひっくり返す礼儀正しさの基準に準拠できないように見えるように見える。

ディスプレイはまともな明るさを提供しますが、トップレベルはあなたが期待するほどぼやけていません – それは明るいです。色は濃く飽和しますが、過度には飽和しません。色温度はスライダーで調整できます。 

また、睡眠を乱す青い光を削減する、今やユビキタスな夜間モード(やや混乱してNight Lightと呼ばれる)もあります。

これは、IP67規格に準拠した防水性と防塵性を備えているため、ベッドの前にバスで読むためにモーションを使用するときにオンにする設定です。 

あなたは30分までそれをダンクすることができます – もちろん、私たちはしました – そして電話は悪影響を受けません。これまでのように、私たちはそれを習慣にすることを勧めません。

 

バッテリ

  • 2日プラスバッテリ寿命
  • クイックチャージ
  • ワイヤレスなし

疑いもなく、これはBlackBerry Motionの最大のセールスポイントです。そのスタミナは狂気です。4,000mAhのバッテリーを詰め込むと、動きは一日中2回になります。

主に大型のパワーパックを持っていれば、巨大で要求の厳しい画面を持っているため、この種の電力を2017年のAndroidで見つけることはまれです。

それに関連して、高解像度のディスプレイではなく、BlackBerryの1080pはおそらくそれをいくつかの恩恵を払っている(OLEDはまだLCDよりも良い選択だったが)。

携帯電話を日常的に使用すると、バッテリーのパーセンテージは二重取りを2回以上引き起こしました。それはゆっくりと枯渇し、その大容量で双子化し、ちょうど続ける。

重い使用の日でも、まだ就寝時に大きな力が残っていました(3分の1以上)。そして、より適度な使用で、簡単に一晩の充電をスキップして、次の日にはまだ十分なものがありました。

ベースのUSB-Cポートを使用すると、ハンドセットを充電することができます

ベースのUSB-Cポートを使用すると、ハンドセットを充電することができます

モーションをもう一度充電することもまた素早く迅速です。ワイヤレスはありませんが、Qualcomm QuickCharge 3.0は1時間以内で50%に達します。私たちの場合、電子メール、メッセージング、通話、ソーシャルメディア、写真、Netflix、小さなゲームなど、1日の使用には十分です。

他のBlackBerry端末と同様に、充電するために差し込むと、電池の端がいっぱいに近づくにつれてより長く、より緑色になる色付きの線が現れます。オフにすることはできますが、部屋が暗い場合は自動的に消えます。

私たちはMotionで標準の90分間のHDビデオテストを行い、画面の明るさをフルに設定し、さまざまなアカウントをバックグラウンドで同期させました。ビデオの終わりに、バッテリーはたった10%低下しました。

これは、BlackBerry KeyOneの11%の結果、BlackBerry Privの 13%、そしてブランド安定メーカーのDTEK60(20%)とDTEK50(27%)よりも優れています。優れた結果であり、特に信頼できる仕事用電話機としてBlackBerry Motionを評価しています。

写真

  • スキャンモード
  • クイックスナップ
  • 必ずしもシャープではない

これは、カメラのために購入する携帯電話ではありません。彼らは上品ですが、セールスポイント以上のものです。あなたが仕事のために絵取る必要がある場合-その理由として、またはあなたのフラットタイヤの写真をあなたがすることはできません取得する仕事に-それは、仕事をするだろう。

しかし、Pixel 2Samsung Galaxy S8のような携帯電話は存在しません。

モーションの裏に12MPカメラがあります

モーションの裏に12MPカメラがあります

BlackBerry Motionの主なカメラは、かなり標準的な12MP f / 2.0です。これには、高速フォーカス、位相検出オートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、30フレーム/秒の4Kビデオが含まれます。

カメラアプリは美しいBlackBerryです。名刺、スライドショー(PowerPointの場合は「PPT」と略します)、ホワイトボード、ドキュメントの設定が異なる文字認識スキャンモードがあります。

これは、仕事用電話では賢明で便利なことです。以前ブレーンストーミングした世界的に変化するアイデアをすべて入力する必要がありません。

カメラはすぐに起動し、電源キーにはダブルタップのショートカットが組み込まれています(便利なキーと間違えないでください)。

露出ダイヤルはデフォルトのアプリビューの一番下にとどまります。これはビジネス電話には少し特殊に見えますが、特にMotionにもフルコントロールの手動モードが含まれている場合はそうです。

これにより、画面上をスワイプして偶然に露出を変更することも容易になります。これは、多くの場合、以前の写真を他のアンドロイドで見る方法です。

 美しいBlackBerryカメラアプリ

美しいBlackBerryカメラアプリ

モーションのカメラはすばやく動きますが、少し誤解を招くことがあります。焦点を合わせてキャプチャしたように見えた写真は、カメラを移動したときに終わっていないため、結果がぼやけていました。それは一定ではありませんが、私たちが必要とするすべてのものに対して2-3ショットを取るように十分注意していました。

良い照明では、ときどきハイライトが吹き飛ばされても、はっきりとしたスナップを得るでしょう。照明が低いほど、色がすぐに泥になり、エッジが目立つほど柔らかくなるという問題があります。私たちは、夜間撮影用のモーションを選択することはありませんが、それは確かです。

8MPセルフタイマーカメラは問題ありません。それは本当にそれについて言いたいことなのです。美容モードはありません。Snapchatのような追加機能はありません。主カメラと同じフィルタはほとんどありませんが、顔には完全に不適切です(リオハにいるように見えない限り)。

あなたは、あなたの実際の外観のまともな、少し平らで冷たい色調の写真を得るでしょう。ロッカー機能を使用して指紋で保護された手のひらスナップを取るかどうかを決めるときは、これを覚えておいてください。それは必ずしもモーションの失敗ではありません。

 

決して眠らない電話

  • 2日プラスバッテリ寿命
  • クイックチャージ
  • ワイヤレスなし

疑いもなく、これはBlackBerry Motionの最大のセールスポイントです。そのスタミナは狂気です。4,000mAhのバッテリーを詰め込むと、動きは一日中2回になります。

主に大型のパワーパックを持っていれば、巨大で要求の厳しい画面を持っているため、この種の電力を2017年のAndroidで見つけることはまれです。

それに関連して、高解像度のディスプレイではなく、BlackBerryの1080pはおそらくそれをいくつかの恩恵を払っている(OLEDはまだLCDよりも良い選択だったが)。

携帯電話を日常的に使用すると、バッテリーのパーセンテージは二重取りを2回以上引き起こしました。それはゆっくりと枯渇し、その大容量で双子化し、ちょうど続ける。

重い使用の日でも、まだ就寝時に大きな力が残っていました(3分の1以上)。そして、より適度な使用で、簡単に一晩の充電をスキップして、次の日にはまだ十分なものがありました。

ベースのUSB-Cポートを使用すると、ハンドセットを充電することができます

ベースのUSB-Cポートを使用すると、ハンドセットを充電することができます

モーションをもう一度充電することもまた素早く迅速です。ワイヤレスはありませんが、Qualcomm QuickCharge 3.0は1時間以内で50%に達します。私たちの場合、電子メール、メッセージング、通話、ソーシャルメディア、写真、Netflix、小さなゲームなど、1日の使用には十分です。

他のBlackBerry端末と同様に、充電するために差し込むと、電池の端がいっぱいに近づくにつれてより長く、より緑色になる色付きの線が現れます。オフにすることはできますが、部屋が暗い場合は自動的に消えます。

私たちはMotionで標準の90分間のHDビデオテストを行い、画面の明るさをフルに設定し、さまざまなアカウントをバックグラウンドで同期させました。ビデオの終わりに、バッテリーはたった10%低下しました。

これは、BlackBerry KeyOneの11%の結果、BlackBerry Privの 13%、そしてブランド安定メーカーのDTEK60(20%)とDTEK50(27%)よりも優れています。優れた結果であり、特に信頼できる仕事用電話機としてBlackBerry Motionを評価しています。

写真

  • スキャンモード
  • クイックスナップ
  • 必ずしもシャープではない

これは、カメラのために購入する携帯電話ではありません。彼らは上品ですが、セールスポイント以上のものです。あなたが仕事のために絵取る必要がある場合-その理由として、またはあなたのフラットタイヤの写真をあなたがすることはできません取得する仕事に-それは、仕事をするだろう。

しかし、Pixel 2Samsung Galaxy S8のような携帯電話は存在しません。

モーションの裏に12MPカメラがあります

BlackBerry Motionの主なカメラは、かなり標準的な12MP f / 2.0です。これには、高速フォーカス、位相検出オートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、30フレーム/秒の4Kビデオが含まれます。

カメラアプリは美しいBlackBerryです。名刺、スライドショー(PowerPointの場合は「PPT」と略します)、ホワイトボード、ドキュメントの設定が異なる文字認識スキャンモードがあります。

これは、仕事用電話では賢明で便利なことです。以前ブレーンストーミングした世界的に変化するアイデアをすべて入力する必要がありません。

カメラはすぐに起動し、電源キーにはダブルタップのショートカットが組み込まれています(便利なキーと間違えないでください)。

露出ダイヤルはデフォルトのアプリビューの一番下にとどまります。これはビジネス電話には少し特殊に見えますが、特にMotionにもフルコントロールの手動モードが含まれている場合はそうです。

これにより、画面上をスワイプして偶然に露出を変更することも容易になります。これは、多くの場合、以前の写真を他のアンドロイドで見る方法です。

 美しいBlackBerryカメラアプリ

モーションのカメラはすばやく動きますが、少し誤解を招くことがあります。焦点を合わせてキャプチャしたように見えた写真は、カメラを移動したときに終わっていないため、結果がぼやけていました。それは一定ではありませんが、私たちが必要とするすべてのものに対して2-3ショットを取るように十分注意していました。

良い照明では、ときどきハイライトが吹き飛ばされても、はっきりとしたスナップを得るでしょう。照明が低いほど、色がすぐに泥になり、エッジが目立つほど柔らかくなるという問題があります。私たちは、夜間撮影用のモーションを選択することはありませんが、それは確かです。

8MPセルフタイマーカメラは問題ありません。それは本当にそれについて言いたいことなのです。美容モードはありません。Snapchatのような追加機能はありません。主カメラと同じフィルタはほとんどありませんが、顔には完全に不適切です(リオハにいるように見えない限り)。

あなたは、あなたの実際の外観のまともな、少し平らで冷たい色調の写真を得るでしょう。ロッカー機能を使用して指紋で保護された手のひらスナップを取るかどうかを決めるときは、これを覚えておいてください。それは必ずしもモーションの失敗ではありません。

ゲーミングスマホRed Magic MarsをNubiaスペック。ゲーム用補助ボタン+RAM10GB

 

ZTE nubia Red Magic MarsはZTEのスマートフォンで、2018年12月に 発売予定です。なお、日本では未発売です。6.0インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは9.9mm、重さは193gです。 Snapdragon 845を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 ZTE nubia Red Magic Mars
型番 中国名: 红魔 Mars
メーカー
ZTE
発売時期 2018年12月, 未発売, 日本では未発売
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 30(2300), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応(例外あり)
au, UQモバイル auプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 非対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド 完全対応
速度  Cat18 1200/150 Mbps
SIMempty:  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.0インチ, LTPS IPSディスプレイ,  画面占有率: 78.3%
ディスプレイ解像度 1080 x 2160(フルHD+), アスペクト比18:9, 402ppi
ディスプレイ機能 Dinorex T2X-1ガラス
サイズ 158.2 x 75 x 9.9mm
重さ 193g
システム
OS Android 9.0 (Pie) , nubia Red Magic OS
Soc Qualcomm Snapdragon 845
CPU Kryo 385 Gold x4 & Kryo 385 Silver x4 8コア, 2.8 GHz
GPU Adreno 630
ベンチマーク Antutu: 320000
Geekbenchシングル:2375 Geekbenchマルチ: 9066
メモリ
メモリ(RAM) 6GB / 8GB / 10GB
ストレージ 64GB / 128GB / 256GB,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  16MP, F値/1.8
前面カメラ  8MP, F値/2.0
動画  最大画素数: 1080p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS   GPS, GLONASS, BDS
ネットワーク機能   なし
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   有り
バッテリー
バッテリー容量  3800mAh
ポート  Type-C 1.0
その他
本体色 ブラック, レッド, カモフラージュ
現地価格 6+64GB: 2699元, 8+128GB: 3199元, 10+256GB: 3999元
円換算価格 約45000円

中国ZTEの関連会社Nubiaが、今流行りのゲーミングスマートフォン「Red Magic Mars」を発表しました。4月にリリースされたRed Magicの後継機種で、外観はほぼそのままに、SoCがSnapdragon 845に変更され、RAM10GBモデルもラインナップするなど、仕様の強化を図ったモデルです。

前モデルRed Magic(無印)はSoCがSnapdragon 835で、最近のゲーミングスマートフォンとしてはやや見劣りするものでしたが、Red Magic MarsではSnapdragon 845と他社同等のハイエンド仕様になりました。

これにあわせて冷却機構も強化。ヒートパイプの大型化や、内部の空気を排出する対流冷却システム(背面の赤いスリット部より排出)により、冷却性能が大幅に向上しているとのこと。

Nubia Red Devils Mars E-sports Mobile

また、正面向かって右側面、横持ち時に人差し指がかかる位置に静電容量式のタッチボタンを装備。タッチパネルと合わせて快適にゲームができる点をアピールします。

Nubia Red Devils Mars E-sports Mobile

他にも、ゲーミングスマートフォンでは標準装備になりつつある、外付けのコントローラーも用意されています。

FPSなどで周囲の状況を確認する際に重要な、サウンド機能も充実。DTS 7.1チャンネルの仮想サラウンドにも対応するステレオスピーカーに、ボイスチャット時に便利なエコーキャンセル機能やノイズリダクション機能も搭載します。

他の主な仕様は、ディスプレイは6インチ 2160×1080のJDI製TFT液晶を採用。バッテリー容量は3800mAh、背面カメラは16MP、フロントは8MP。

価格は6GB/64GBモデルが2699元(約4万4000円)、8GB/128GBが3199元(約5万2000円)、10GB/256GBが3999元(約6万5000円)。12月7日から中国で販売されるとのことですが、中国以外については情報がありません。

ゲーミングスマートフォンは日本でもASUSのROG Phoneが発売されましたが、そのライバルとして日本にも来て欲しいところです。

vivo X20のレビュー!!使い勝手とスペックや性能・ディスプレイ・バッテリー使用について

BBK(歩歩高)傘下のメーカーで、vivoのほかにOPPOやOnePlusも同じBBK傘下のメーカーです。
vivoはこの2社よりも先にフルスクリーンスマートフォン、vivo X20/X20 Plusという機種を発表し、中国や香港で発売しています。Global向けには、18:9ディスプレイでスペックが異なるvivo V7/V7+を販売しています。

このX20は、オーディオとカメラに力を入れたスマートフォンで、AK4376A Hi-Fiチップを内蔵していたり、フロント/リア共に12MPカメラ(デュアルピクセル、リアは5MPサブカメラ)を搭載しており、24MP相当の撮影にも対応しています。

 

主要スペック vivo X20/X20 Plus比較

製品 vivo X20 Plus vivo X20
ディスプレイ 6.43インチ フルHD+ (2160×1080)
Super AMOLED
6.01インチ フルHD+ (2160×1080)
Super AMOLED
CPU Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz Octa Core
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB (128GB版も追加予定)
OS Funtouch OS 3.2 (based on Android 7.1.1)
カメラ 前面 1200万画素+1200万画素
背面 1200万画素x2 + 500万画素
バッテリー 3905 mAh 3245 mAh
ネットワーク Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 ,NFC
SIMスロット nano SIM x2
デュアルスタンバイ
nano SIM x2
デュアルスタンバイ
SDカードスロット microSD (最大256GB)
3G/
4G(LTE)
2G GSM: 850/900/1800/1900MHz
CDMA: 800MHz
3G WCDMA: 850/900/1900/2100MHz
CDMA EVDO: 800MHz
TD-SCDMA: 1880/2010MHz
4G FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B8
TDD-LTE: B34/B38/B39/B40/B41(100M)
4G+ TDD-LTE: B38/B39/B40/B41
FDD-LTE: B1/B3 B1+B3
2G: GSM: 850/900/1800/1900MHz CDMA: 800MHz
3G: WCDMA: 850/900/1900/2100MHz CDMA EVDO: 800MHz
TD-SCDMA: 1880/2010MHz
4G: FDD-LTE: B1/B2/B3/B5/B7/B8  TDD-LTE: B34/B38/B39/B40/B41
サイズ 165.32mm x 80.09mm x7.45mm 155.85mm x 75.15mm x 7.2mm
重さ 181.5g 159g
その他 ・microUSB
・指紋認証センサー
・HiFi : ES9318
・microUSB
・指紋認証センサー
・HiFi : AK4376A
カラー ゴールド、ブラック、ブルー、ローズゴールド ゴールド、ブラック、ブルー、
ローズゴールド、ブラックxゴールド

 

 

外見

vivo X20を手にすると、その金属の機体は同じ中華系スマホのOPPO R11とOnePlus 5に似ていると感じます。スマホのボディは薄く、軽く見えるように、やや曲線のある背面、そして枠から背面まで滑らかですから、手触りがよいのです。

次、正面の18:9アスペクト比とベゼルレスはvivo X20の特徴とも言えます。このモデルで画面占有率が85.3%までもなっており、左右のベゼルは1.8mmまでに縮めて、さらに上下のデザインも普通の携帯と比べて半分になり、7.7mmと8.1mmに設定されています。それでvivo X20の機体サイズは5.5インチのスマホと同じぐらいであっても、そのスクリーンはサイズが6.01インチにもなり、機体の正面のほとんどを占めています。

機体の細部から見ても、vivo X20は完璧です。正面の2.5D曲面ガラスの下にあるハイライトエッジで携帯の側面にはつやが出て強い光沢感が溢れます。背部のプラスチックなのアンテナとスマホの金属の色むらは程よく、内蔵U型式のアンテナのデザインで2本のアンテナがなかなか見えない、金属の機体の一体感を保ってくれました。

vivo X20  ケース

vivo X20の背部にあるカメラはセンサーとレンズの体積で出っ張るように作っていますが、他の撮影用スマホのようにただ「カメラを凸にする」と違い、カメラの周りに曲面を付け、ディスプレイと同じように「2.5D」の効果を付けるためにはかなり工夫が凝らされています。

また、今年のハイエンドスマホは3.5mmのイヤホン端子を「切り捨てる」トレンドがありますが、vivo X20は親切にイヤホンを処分していません。しかし、今年のハイエンドスマホとして、vivo X20はQC(クイックチャージ)があるものの、Micro USBの端子をUSB-C端子に変えなかったことがすこし残念です。

 

ディスプレイ

今回採用されたのは、Galaxy S8/S8+のような上下ベゼルが狭いフロントデザインで、アスペクト比は18:9(2:1)、従来のスマートフォンよりもディスプレイが縦長になっています。指紋認証も背面に配置されている為、ディスプレイは他のスマートフォンよりも存在感があります。あまりこの縦長ディスプレイが好きではない人もいるようですが、個人的には好きです

ディスプレイには、Super AMOLEDが搭載され2160×1080のFHD+、明るさや色の鮮やかさなども素晴らしいです。黒のシャープさもAMOLEDならではです。付加機能として、ブルーライト軽減にも対応。画面常時点灯については下記で。
Xiaomi Mi MIX 2程ではないものの、ディスプレイの角が丸いディスプレイが採用されています。
上部にはカメラやマイク、センサー類が全てまとめられており、下部ベゼルには何も配置されていません。X20では顔認証に対応しています。

 

文字の大きさと作業のしやすさ

Vivo X20 Plus UDは普通のスマホよりもディスプレイがかなり大きいため、大きく文字が表示されます。そのため、調べ物で長文を読んだり長文メッセージのやりとりに適しています。iPhone 7やMode1 MD-01Pと比べ文字や画像がより大きく表示されます。

文章の読みやすさ

Vivo X20 Plus UDは文字を滑らかに表示できるため、文字をきれいに表示できます。小さい文字を表示するときでも文字の輪郭のギザギザはほとんど視認できるレベルではなく、自然に表示することができます。そのため目が疲れにくく、長文を読むのに適した画面であるといえます。iPhone 7と比較しても文字の見やすさや読みやすさは同じくらいです。Mode1 MD-01Pと比べ文字が読みやすいです。

画面全体のきれいさ

Vivo X20 Plus UDの画面はかなり鮮やかに写真や動画を表示することができます。そのためよりダイナミックに動画やゲームを楽しむことができます。とてもきれいな画面であるといえます。iPhone 7やMode1 MD-01Pと比べると画像や動画が見やすいです。

撮影

撮影上、vivo X20は背部にデュアルカメラを搭載しています。フルピクセルデュアルフォーカスができる1200万画素のメインカメラセンサーにF/1.8のアパーチュア、昼間の画像解析はもう日常の記録には十分ですが、1200万画素が満足できないなら、vivo X20は複数写真で2400万画素、さらに最高4870万画素を合成できる超高画質モードを提供しています。ただし、超高画質モードは昼間に使うことをお勧めします。なぜならこのモードは容量が多く使われますが、暗い環境中カメラのISOが高く、超高画質モードでも細かいところまでは撮れない為、容量が無駄に使われますから。

普通、携帯のセンサーサイズは限られていますが、vivo X20の1200万画素のセンサーは1.28μmの単一画素面積があり、比較的にラチチュード(露出寛容度)と夜景撮影にやさしいです。底面積も哦同じ中華系スマホのXiaoMiMIX 2よりやや大きいです。また、今度のvivo X20はフロントカメラとインカメラはフルピクセルデュアルフォーカスができるようになり、自撮りにはやさしいアップデートです。

バッテリー

バッテリーの持続時間[Good]については、vivo X20は3245mAhのバッテリーが内蔵されており、こちらは一日に5時間ぐらい長時間スマホを使用し続ける継続時間テストの結果では、まだ31%のバッテリーが残っています。どうやら一日に一回充電だけで済むでしょう。

継続時間テスト中は、vivo X20がゲームの高フレームレートモードの元で機体温度を測りましたが一番高くは36.9℃と体温に近いです。長時間ゲームしても携帯はそれほど熱くなりません。

充電のほうではvivo X20が適応するダブルエンジンクイックチャージというのはQC2.0のことです。充電の公称出力は18Wで、実測は9V 1.8A(16.2W)くらいです。0から100までの循環充電時間は80分以内です。

気をつけるのは、vivo X20はサムスンGalaxy S8と同じ、Always-Onモードに入ると保護機能が起動します。この時点のピーク充電電力は約10Wになるため、用事があって急速充電が必要な場合、一時的にAlways-Onモードをオフにしたほうがでしょう。

vivo X20  まとめ

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」スペック・機能比較!値段を考慮した上でどちらを選ぶべきか!!

ソニーモバイルコミュニケーションズが発売している「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」

このXperia XZ2 Premiumと同じXZ2シリーズのXperia XZ2とは何が違うのか。

購入をお考えの方のためにスペック・機能・本体のサイズ感を比較しましたのでお悩みの方はご参考ください。

 

Xperia XZ2とXperia XZ2 Premiumの基本性能

Xperia XZ2 Xperia XZ2 Premium
本体サイズ 高さ153 × 幅72 × 厚さ11.1 mm 高さ158 × 幅80 × 厚さ11.9 mm
重さ 約198g 約230g
CPU Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
OS Android 8.0 Android 8.0
ストレージ(ROM) 64GB 64GB
メモリ(RAM) 4GB 6GB
画面サイズ 約5.7インチ
トリルミナス® ディスプレイ for mobile 2,160×1,080(Full HD+)
約5.8インチ
トリルミナス® ディスプレイ for mobile 3,840 × 2,160(4K)
カメラ画素数 メイン:約1,920万画素
サブ: 約500万画素
製品名 ソニー Xperia XZ2 Premium ソニー Xperia XZ2
発売日 2018年07月27日(ドコモ)、2018年08月10日(au) 2018年05月31日
キャリア au、ドコモ au、ドコモ、ソフトバンク
価格 11万円前後 10万円前後
シリーズ エクスペリア(Xperia)
OS Android 8.0 Oreo
CPU(プロセッサー) Snapdragon 845 (SDM845) オクタコア、4x2.8GHz+4x1.8GHz
内部メモリー 64GB UFS
外部メモリー microSDXC(400GB)
RAM 6GB 4GB
バッテリー容量/急速充電 3400mAh、ワイヤレス充電Qi、Quick Charge 3.0 3060mAh、ワイヤレス充電Qi、Quick Charge 3.0
防水・防塵・耐衝撃機能 IPX5・IPX8/IP6X(IP65/68)、Corning Gorilla Glass 5
セキュリティ 指紋認証(背面に設置)
ホームボタン オンスクリーンキー
モニター/画面解像度 5.8インチ、4K(3840×2160ドット)、比率16:9 5.7インチ、フルHD+(2160×1080ドット)、比率18:9
液晶パネル トリルミナス ディスプレイ for mobile、X-Reality、HDR動画再生対応
アップコンバート機能 4Kアップコンバート、HDRアップコンバート HDRアップコンバート
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
受信時最大 958Mbps(au)、988Mbps(ドコモ) 958Mbps(au)、988Mbps(ドコモ)、774Mbps(ソフトバンク)
送信時最大 112.5Mbps(au)、75Mbps(ドコモ) 112.5Mbps(au)、75Mbps(ドコモ)、37.5Mbps(ソフトバンク)
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
Bluetooth ○(5.0)
GPS
テレビ ワンセグ、フルセグ
ハイレゾ ○(FLAC、DSEE HX、LDAC、aptX対応)
画素数(背面/アウトカメラ) 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型) 1/2.3型、25mm F1.8+1220万画素Exmor RS(白黒) 1/2.3型 F1.6 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型) 1/2.3型、25mm F2.0
Motion EYEカメラシステム ○(Motion EYEデュアルカメラシステム)
AUBEフュージョン画像処理エンジン
先読み撮影 ○(笑顔検出に対応)
アンチディストーションシャッター
動画 4K 30fps、HLG(Hybrid Long Gamma)フォーマットの4K HDR 24fps撮影
ハイスピード動画 960fps(1080p、720p)
ISO 静止画ISO51200・動画ISO12800 静止画ISO12800・動画ISO4000
その他の背面カメラ機能 8倍デジタルズーム、5軸手ブレ補正
画素数(正面/インカメラ) 1320万画素Exmor RS 1/3.06型、22mm F2.0 500万画素Exmor R 1/5型、23mm F2.2
その他の正面カメラ機能 5軸手ブレ補正、静止画ISO3200・動画ISO1600、ディスプレイフラッシュ 5軸手ブレ補正、静止画ISO1600・動画ISO1000
STAMINAモード
いたわり充電
3Dクリエイター(3D撮影機能) ○(インカメラも対応)
ダイナミックバイブレーションシステム ○(映像コンテンツに合わせてスマホを振動)
コネクター USB Type-C 3.1 Gen1
ヘッドホンジャック -(USB Type-Cの変換アダプターで対応)
スピーカー 「S-Force」ステレオスピーカー
デザインのコンセプト名 Ambient Flow(アンビエントフロー)、背面は光の反射をイメージ Ambient Flow(アンビエントフロー)、背面は光の透過をイメージ
作り 背面:ミラー加工の3D曲面ガラス、側面:アルミフレーム 背面:光沢仕上げの3D曲面ガラス、側面:金属メタルフレーム
80mm 72mm
高さ 158mm 153mm
奥行き 6.4-11.9mm 6-11.1mm
重さ 236g 198g
カラー クロームブラック、クロームシルバー リキッドブラック、リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンク(ドコモ、auのみ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

サブ: 約1,320万画素

性能を比較すると、CPUやAndrois OSなど根本的な部分に差はありません。

  • メモリが6GBと大容量!
  • ディスプレイが大きく4K対応
  • Xperiaシリーズ初のデュアルカメラ搭載

Xperia XZ2とXperia XZ2 Premiumのサイズ感

Xperia XZ2 PremiumのデザインはXZ2/XZ2 Comapctのテイストを継承しており、特にXZ2と共通部分が多い。表と裏側どちらも3Dガラスを採用しており、全般的に丸みを帯びている。角もそがれていて持ちやすそうだ。側面にはアルミのフレームを採用している。

Xperia XZ2 Premium左からXperia XZ2 Premium、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compact。基本デザインは共通している
Xperia XZ2 Premium角張っていたXperia XZ Premium(右)と比べると、Xperia XZ2 Premium(左)は丸く大きくなった

一方、丸くなった分厚くもなっており、Xperia XZ Premiumの7.9mmから11.9mmに奥行き(厚さ)が増えている。幅はXZ2の72mm、XZ Premiumの77mmから80mmに増えている。重さはXZ2の198g、XZ Premiumの191gから236gにまで増えてしまい、なかなかのヘビー級だ。片手で長時間持ち続けると、手が疲れてしまうかもしれない。ワイヤレス充電への対応に伴い、背面にもガラスを採用したことが影響しているのだろうか。

ディスプレイは、HDR表示対応の5.8型4K(2160×3840ピクセル)液晶を搭載。ディスプレイサイズはXperia XZ2比で0.1型、Xperia XZ Premium比で0.3型大きくなっている。さらに、Xperia XZ2 Premiumでは「RGBW(赤・緑・青・白)」画素を採用したことで、XZ Premium比で最大輝度が約30%向上している。

 

背面カメラ

「Xperia XZ2 Premium」は背面にデュアルカメラが搭載されていますが、「Xperia XZ2」はシングルカメラです。「Xperia XZ2 Premium」は1920万画素のカラーセンサーで色情報を取得し、1220万画素のモノクロセンサーで輝度情報を取得します。画像処理プロセッサー「AUBE(オーブ)」で2つの撮影データを合わせることで、静止画ではISO51200・動画ではISO12800の高感度性能(暗所での撮影)に対応することができます。一眼カメラのようなボケ表現や、モノクロ撮影にも対応するようです。
※2018年8月28日にドコモ、29日にauの「Xperia XZ2 Premium」にボケ・モノクロ撮影機能が追加されました。

正面カメラ

「Xperia XZ2 Premium」は1320万画素 22mm F2.0のインカメラを搭載していますが、「Xperia XZ2」は500万画素 23mm F2.2です。「Xperia XZ2 Premium」のほうがより画素数が多く、レンズがより広角でF値が明るくなっています。高感度性能は、「Xperia XZ2 Premium」が静止画ISO3200・動画ISO1600なのに対し、「Xperia XZ2」は静止画ISO1600・動画ISO1000です。

 

RAMメモリーとバッテリー

「Xperia XZ2 Premium」は6GBのRAMメモリーに3400mAh(海外モデルは3540mAh)のバッテリー容量ですが、「Xperia XZ2」は4GBのRAMメモリーに3060mAh(海外モデルは3180mAh)のバッテリー容量です。

Xperia XZ2 Premiumを買いたい方

  • ゲームを始め、多くのアプリを使う方
  • カメラ好き・プロのカメラマンの方
  • 高画質動画をたっぷり楽しみたい方

性能や多機能性を求めないならXperia XZでもんだいないです。

しかし携帯に様々な機能を求めて、便利に使いたいなら「Xperia XZ2 Premium」がおすすめです。

 

Sony Xperia XZ2 Premium H8166 (64GB) – Chrome Black ブラック SIMフリー【並行輸入品】

新品価格
¥86,960から
(2018/11/24 10:48時点)

au Xperia XZ2 SOV37 リキッドブラック

新品価格
¥53,700から
(2018/11/24 10:49時点)

ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」そのスペックとアタッチメントは??

ASUSが、今年6月に行われたCOMPUTEX TAIPEI 2018で発表した、同社初のゲーミングスマートフォン「ROG Phone」。

 

冷却ファンなどの拡張ユニットを装着できる6インチサイズのSIMフリースマホ

ROG Phone(ZS600KL)は、2,160×1,080ドットの有機ELディスプレイやオクタコア/2.96GHz動作のSnapdragon 845、Android 8.1を搭載した6インチの海外向けSIMロックフリースマートフォン。メモリ容量は8GB、ストレージ容量は128GB。

ユニークな機能として、本体に様々な拡張ユニットを装着できるようになっており、付属品として背面に装着する冷却ファン「AeroActive Cooler」が用意されている。このほかの拡張ユニットは別売りで、ニンテンドーDSのように2画面タイプの携帯ゲーム機風にできる「Twinview Dock」や、Nintendo Switchのように両手で挟んでゲームができるコントローラー「Gamevice」、テレビに出力できる「Mobile Desktop Dock」などがラインナップされている。なお、同店にはこれら拡張ユニットは未入荷。

ディスプレイはゲーマー向けをうたっており、コントラスト比は10,000:1、リフレッシュレートは90Hz、応答速度1ms、HDR対応といったスペックを持つ。このほか、ゲーム向けモード「Xモード」を搭載し、メモリの開放や割り込みの無効化などが可能となっている。

 

まず、SoCはSnapdragon 845を2.96GHzまでクロックアップしたカスタム版を採用します(通常は2.8GHz)。当然、発熱が心配になりますが、GameCoolと名付けた専用の冷却システムも搭載。放熱エリアの表面積は従来の16倍を確保し、CPUの冷却効率は60%向上しているとしています。

くわえて、背面冷却ユニット「AeroActive Cooler」も装着可能。冷却面での不安はなさそうです。

さらには、3DS風なスタイルでプレイできる「TwinView Dock」や、一般的なゲーム機のようなスティックや十字キーを追加する「Gamevice & WiGig Dock」などのオプションも用意されています。

 

側面には「AIR TRIGGER」と呼ばれるタッチセンサーを内蔵、機能を割り当ててL/Rボタンのように使うこともできる。昨今爆発的に流行したアクセサリーをタッチ式で標準装備しているというワケだ。

L/Rボタンの反対側には、オプションパーツ用のポートを実装。高負荷時の発熱を抑えてくれる、同梱のクーラーを取り付けることができる

そのほか、1200万画素+800万画素のデュアルカメラと800万画素のインカメラ、指紋認証センサー、4000mAhのバッテリーなどを内蔵する。

なおショップによれば、ネットワークはFD-LTEバンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/28/29/32、TD-LTEバンド 38/39/40/41/46などに対応しているとのこと。

 

また、ハイエンドスペックもさることながら、満載されたゲーミング向けの機能がスゴイ。オプションパーツをドッキングできる専用ポートを備え、付属のクーラーで高負荷時の発熱を飛ばすことができる。さらに店頭には未入荷ながら、2画面ドックやコントローラーといった豊富なオプションもラインナップ、ギミックを用いた機能拡張が可能なのだ。

Android One X4の実機レビュー!最新スペックとディスプレイ&大容量バッテリー

本記事では、ワイモバイルで販売されている「Android One X4」の実機レビューや、基本的な操作方法、口コミ、評判についてまとめています

新しくスマホを購入する、となったらやはり気にするのはそのスペックですよね。

さっそく見ていきましょう。

1 Android One X4の気になるスペックを紹介


画像引用元:スペック | Android One X4

新しくスマホを購入する、となったらやはり気にするのはそのスペックですよね。

さっそく見ていきましょう。

内容 スペック詳細
サイズと重さ 約71×約151×約8.9mm(突起部を除く)
約157g
OS Android 8.1
CPU Qualcomm Snapdragon 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)
+1.8GHz(クアッド)
内蔵メモリ ROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリ microSDメモリカード/ microSDHCメモリカード/
microSDXCメモリカード 最大400GB(すべて別売)
連続通話時間 3G:約1,690分/GSM:約920分/
FDD-LTE:約1,850分
連続待受時間 3G:約780時間/GSM:約685時間/
FDD-LTE:約670時間/AXGP:約695時間
充電時間 約155分(ACアダプタ:Y1-AC17-TCQC使用時)
ディスプレイ 約5.5インチ
IGZO
2,160×1,080ドット フルHD+
通信速度 最大通信速度(下り)292Mbps
最大通信速度(上り)37.5Mbps
通信・通話機能 VoLTE(HD+) ○
VoLTE ○
HD Voice(3G) ○
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Wi-Fiテザリング機能 ○(最大10台)
Bluetooth 5.0
赤外線通信対応 -
対応サービス 防水/防塵 IPX5/IPX8 / IP6X
ワンセグ/フルセグ ○/-
生体認証 指紋センサー(ロック解除)
おサイフケータイ® ○
NFC ○
緊急速報メール ○
Google バックアップ ○
GPS ○ (GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、みちびき対応)
国際ローミング ○
外部接続端子 USB Type-C
カメラ メインカメラ
約1,640万画素 CMOS 裏面照射積層型
サブカメラ
約800万画素 CMOS 裏面照射型

スマホで音楽を聴く人には大変嬉しい、ハイレゾ対応ですので高音質の音を楽しむことができ、防水・防塵でどんな場所でも安心して使えるのは心強いです。

また、そのバッテリーの持続時間はSHARP独自の省エネ技術で3日超え(SHARP調べ)の電池持ちというので驚きです。

ついつい長時間経ってしまいがちのスマホゲームをやっていても、動画を何時間見ていても、途中で充電しながらやらなければいけないのは煩わしいですよね。

これは非常にありがたい技術です。

 

Android One X4のベンチマークスコアを測定

ベンチマークアプリを使用してスペックを数値化してみました。

Android One X4 ベンチマークスコアの測定結果Android One X4 ベンチマークスコアの測定結果
ベンチマークスコアの測定結果

Antutu Benchmarkの測定結果は「89,891点」、GeekBenchの計測結果はシングルコアのスコアが「872点」、マルチコアでは「4,140点」となりました。

これまでのAndroid Oneシリーズと比べて基本性能が向上しており、Webサイトの閲覧やSNSなどを楽しむ分にはサクサク快適に動作しました。しかし、グラフィック性能を求められるゲームなどでは動きに引っかかりを感じるので、ゲームをメインにスマホ選びをしたい方には不向きかもしれません。

指紋認証を搭載

これまで、日本のスマートフォンは防水、防塵機能は搭載していましたが、指紋認証を搭載しているモデルはあまりありませんでした。

このandroid one X4は指紋認証も搭載。

日本のモデルが持つ基本機能に、生体認証がプラスされ、弱点が無くなっています。

 

ワンセグを搭載

海外のスマホでは、ほぼ搭載していないテレビ機能「ワンセグ」を搭載しています。

 

ハイレゾ再生にも対応

ハイレゾ対応音源を入れることで、高音質な音楽を楽しむ事ができます。

フルHDのIGZOディスプレイ採用

今回のAndroid One X4の製造会社は「SHARP(シャープ)」。

そのおかげもあって、IGZOディスプレイが画面パネルに採用され、スムーズで目が疲れにくいブラウジング操作ができるようになっています。

また、IGZOディスプレイは従来のスマホ画面よりも鮮明で明るい映像を表現してくれるので、画面が非常にキレイに見えます。ネットサーフィンでは文字を読む機会も多いはずなので、そんな時に画面がキレイで見やすいと目の負担も自然と減ります。

そんなIGZOディスプレイを、5.5インチの大きさで利用できます。

3,100mAhのバッテリーで電池持ちよし

3,000mAh超えと大容量のバッテリーを搭載しているのも、Android One X4の特徴。

SHARP独自実験では、想定される通常の使い方をすればバッテリーが3日ほど持つとされています。

対応バンド(周波数帯)

Android One X4の対応バンドは次の通り。

ソフトバンク(ワイモバイル)の周波数帯と変わりありません。

 

Unihertz Atomの実機レビュー!おサイフケータイやVoLTE対応!!

 

超小型タフネス系スマホ「Unihertz Atom」が届いたので実機位レビューをお届けしますよ!

 

f:id:nattonn01:20181005100256j:plain

スペックはこんな感じ。

RAM4GB/ROM64GBなの笑う。

2.4インチディスプレイの周りにはチンクのようなベゼルがあり、前面に向いている指紋スキャナーには2つの容量性ボタンが並んでいます。音量ロッカーはSIMカードトレイと共に携帯電話の左側にあります。右側には電源キーとプログラミング可能なプッシュツートーク(PTT)ボタンがあります(後で説明します)。奇妙なことに、USB Type-C充電ポートも電話機の右端にあります。

ヘッドフォンジャックもAtomの上部中央にあります。小さなサイズのおかげで、電話のどの部分にもアクセスするのに問題はないはずですが、充電中に右手に携帯電話を持っていても問題ありません。

アトムは重大な怪我をすることなく山に落ちるような気がする

電話をひっくり返すと、さらに頑丈に見えます。TPUのバックパネルにはグリップ力を高めるためのダイヤモンドパターンのテクスチャがあり、下部に大きなユニヘルツロゴの下にランヤードアタッチメントを装備することで、防滴性を確保します(ストラップは含まれません)。後ろに面した16メガピクセルのカメラとフラッシュは背面の上部にあり、電話の唯一のスピーカーは下部にあります。話し手は通話に適していますが、音楽に使用することはお勧めしません。あなたは、Atomとワイヤレスイヤホンのペア またはBluetoothスピーカーとペアリングする方がよいでしょう。

私たちはAtomで利用できる指紋センサーを見てうれしいですが、電話機が非常に小さいので配置が厄介です。さらに悪いことに、センサは本当に信頼性が低いと証明されました。実際に指先を完全に配置する必要があったからです。しかし、それがうまくいくと、速いです。

実際には指紋センサーよりも確実に動作する傾向のあるフェイスロック解除オプションがあります。髪型やサングラス、照明の変更は簡単に元に戻すことができます。

Atomはほとんどファッショナブルではありませんが、あなたの$ 1,000 iPhone X  やSamsung Galaxy S9 Plusの代わりになることは実際にはありません。高価なスマートフォンを傷つけることを心配している週末の外出時に携帯電話を使います。それはタフで丈夫で、ビルドの品質はすばらしく、わずか108グラムで軽量です。IP68定格  、防塵・防滴は、Atomが(約30分間1.5メートルの深さまで)いくつかの水を処理できることを意味します-ちょうどポートが再充電の前に乾燥していることを確認してください。

残念なディスプレイだが、堅実なパフォーマンス

Atomには2.4インチLCDディスプレイが搭載されているので、超高精細画面は期待できません。縦横比16:9の432 x 240ピクセルの解像度で、1インチ当たり207ピクセルの解像度を実現します。電話がメディアセンターを置き換えることはないため、大きな問題ではありませんが、それは確かに鋭くありません。ピクセルは簡単に見えます。

しかし、色が少し洗い流され、黒はパンチが欠けていることに少しは失望しています。さらに悪いことに、画面は昼間に屋外で見るほど明るくならず、大きな逃げ道のように感じます。それは扱いやすいですが、Unihertzはもっと明るい画面がAtomの重要な機能であることを本当に確認していたはずです。

Unihertz Atomレビュー
Mark Jansen /デジタルトレンド

スクリーンはGorilla Glassの不特定バージョンによって保護されていますが、これはまだ破壊される可能性があります。携帯電話には傷から保護するためにプリインストールされたフィルムスクリーンプロテクターが付属していますが、セルフカメラの半分のみをカバーするだけでスクリーン全体には適合しません。UnihertzがJelly Pro用に販売したのと同じスクリーンプロテクターのようです。

残念なことに画面が崩れていても、Atomは堅実なパフォーマンスで騒がしくなる。4GBのRAMを搭載したオクタコアのARM Cortex-A53プロセッサを搭載しています。64GBの内部ストレージがあり、ほとんどの人にとって十分です。デュアルSIMをサポートしているにもかかわらず、MicroSDカードスロットはありません。

ベンチマーク結果は以下のとおりです。

  • AnTuTu: 84,856
  • Geekbench 4:シングルコア811; マルチコア3,272
  • 3DMarkスリングショットエクストリーム: 441

Unihertz Atomは、ミッドレンジMoto G6  をAnTuTuスコアでかなり上回っています。そのスコア はいくつかの分野でノキア6.1に匹敵し、 同様の価格の2つの携帯電話であるMoto G6 Plusに近づいています。ベンチマークスコアは必ずしも携帯電話のパフォーマンスを反映しているとは限りません。したがって、携帯電話は日常的にどのように反応しましたか?

Atomはほとんどのタスクを簡単に処理し、ナビゲーションメニューを詰めて、瞬きでアプリを開くことができます。小さな画面はモバイルゲームのための最初の選択ではありませんが、AtathはHearthstoneのようなゲーム中に堅実なパフォーマンスで私たちを驚かせました。

在庫ANDROID

UnihertzはAndroid 8.1 Oreoの株式バージョンを選択しました。これは、パフォーマンスが比較的スムーズな理由です。ソフトウェアは使いやすいです。ウォーキートーキーエミュレートアプリZelloのように、デフォルトでインストールされているアプリはほんのわずかです(Googleアプリの標準配列以外)。物理的な赤いプッシュツートークボタンは、デフォルトでZelloのブロードキャスト機能を起動し、ウォーキートーキーのように他のZelloユーザーとチャットすることができます。ありがたいことに、あなたはそれを交換して何かを起動することができます。

Toolboxのように、あらかじめインストールされている他のアプリも有益であると証明されています。それは、驚くほど正確なコンパス、レベル、懐中電灯、および様々な状況で有用かもしれない他のツールを満載しています。

あなたはAtomがAndroidの次のバージョンでも最新の状態を保つことは間違いありません。

私たちの最大の不満はキーボードです。Atomには、大画面の携帯電話ですばらしく機能するGoogleのGboardアプリがプリロードされています。しかし、2.4インチの画面でそれを入力するのは苦しいです。Gboardのスワイプ・ツー・タイプ機能を使うと問題は少し緩和されますが、可能な限り入力を避けることができました。

Unihertz氏によると、Android TrendsはAndroid Pの  アップデートが行われているので、AtomはAndroidの次期バージョンを少なくとも最新の状態に保つことができます。

平均カメラ

Atomの背面には16メガピクセルのカメラが1台しかありませんが、前面に5メガピクセルのセルフカメラがあります。

適切な照明条件は、背面のメインレンズからまともな性能を得ることができます。私たちは青い空とバランスの取れたカラーパレットで素敵な写真を撮りました。高コントラストまたは低照度のシナリオでは、カメラが苦労し始めます。これは、ほぼすべての予算携帯電話に悩まされている問題です。また、あなたが撮った写真は、コンピュータで拡大したときに実際に撮った写真よりも小さい画面で見た目がよくなるかもしれません。

カメラの焦点も非常に信頼性がありません。それは、ロックのような特定のテーマに集中しようとしたときに、適切に複数回フォーカスするのに苦労しました。

アプリはベアボーンですが、それは必ずしも問題ではありません。シャッターボタンを押し続けるとバーストショットがかかり、いくつかのフィルターオーバーレイのオプションがあり、HDRモードがありますが、HDRモードでフィルターを使用することはできません。パノラマモードも利用可能ですが、結果はまったく良くありません。

Atomは驚くほど良い写真を撮ることができますが、実際に屋外で撮影した写真を撮影して共有したいと考えているので、ここではより良いカメラを見たいと思っていました。それがあなたなら、間違いなくより良い写真を撮ることになる主なスマートフォンやDSLRを持ちたいと思うかもしれません(ただし、Atomを使用する目的を破ることはできます)。たくさんの写真を撮ることに気をつけなければ、Atomのカメラで十分です。

優れたバッテリーと特別な機能

小さなAtomは2,000mAhのバッテリーをパックしていますが、これは小さく聞こえるかもしれませんが、この電話のサイズを忘れないでください。バッテリーは、大画面または強力なプロセッサーに電力を供給する必要もないため、Atomは2日間のバッテリー寿命を提供することができます。

バッテリーは、充電器から取り外された2日後に最終的に切れた。

午前8時にAtomを充電器から取り出した後、私たちは5時間のハイキングをしました。この間、GPSナビゲーションを使用して写真を撮り、さまざまなメッセージングシステムで最新の状態に保ち、午後5時に54%のバッテリー残ってしまいました。その後、ベンチマークを実施し、さらなるテスト画像を撮り、ゲーム性能をテストしました。バッテリーは、充電器から取り外されてから2日後に最終的に失効しました。

一晩中ベッドサイドテーブルに座って、電話は2パーセントのバッテリーを失っただけであり、これは素晴らしい待機時間です。それを完全に充電するのに約2時間かかりました。これはあまり速くありません。

AtomはUSB Type-C充電ケーブルで米国とEUのアダプターを同梱します。残念なことに、英国のアダプターは、池の向こうに電話機を設置することはありません。Unihertzにこれについて尋ねたところ、同社は英国のアダプターをその店から入手できると述べた。彼らはそれをパッケージ化することができないのは奇妙です。

Unihertz Atomレビュー
Mark Jansen /デジタルトレンド

AtomにはNFCがあります。つまり、Google Pay経由で非接触決済が可能で、USB Type-CポートはOn-The-Go(OTG)互換です。そのため、Atomはバッテリーの寿命を別の電話機に転送したり、 USBスティックのファイルを正しいアダプタで使用すると、Unihertzは、バイクマウント、ベルトクリップ、腕章など、携帯電話に付属するアクセサリーも販売しています。

手に優しいスマホ操作サポートベルト付き超薄型ケース「SMA-BELT Thin」

ROOXは、11月2日にiPhone X/Xs向け薄型ケース「SMA-BELT Thin」を発売した。価格は2500円(税別)。

PhotoPhoto
スマートフォンケース、雑貨の企画・販売を行う株式会社ROOX(本社:東京都新宿区)は、スマートフォンやタブレット端末の背面に貼ることで片手操作を快適にする人気アクセサリー「SMA-BELT」の新製品「SMA-BELT Thin」を11月2日から販売すると発表しました。人気商品「SMA-BELT」を超軽量・薄型の「PhoneFoam Golf Thin」ケースに埋め込むことで一層の安定化と軽量化を実現した製品です。

新製品「SMA-BELT Thin」は、超軽量・薄型のケースであるPhoneFoam Golf Thin製品に、合皮製スマホ操作支持具として定評のある「SMA-BELT」を直接固定した製品です。
SMA-BELTは、スマートフォンやタブレットの背面に取り付けた合皮製ベルトに指を通すことにより、安定した端末操作をサポートするアクセサリーで、リングと違って手触りが優しく、また軽くて薄いことが支持され、2015年の発売以来、多くのお客様からご愛顧をいただいてまいりました。

その一方で、SMA-BELTは、取り付け金物を強力な粘着テープでスマートフォンに固定する構造のため、取り外しが難しいこと、2017年秋以降のiPhoneのようにガラス筐体のスマートフォンにはしっかり取り付けられないことなど、ご要望も数多く頂いております。

SMA-BELT Thinでは、ベルトを直接スマートフォンケースに縫い付けることで固定具を減らし、一層の軽量化と薄型化を目指しました。更に、超軽量・薄型ケースである「PhoneFoam Golf Thin」をケースとして選択することで、ケース部の厚みがわずか0.4mm、SMA-BELTを含めた重量が9g(従来のSMA-BELT製品単体の重量は5g)と、一般的なリング製品の重量(12g程度)よりも軽いという、驚きの仕様を実現しています。
さらに、金属部品がほとんどない素材構成と、その薄さにより、iPhoneのワイヤレス充電にも対応。SMA-BELT Thinを装着した状態でワイヤレス充電が可能です。

SMA-BELT ThinはiPhone X/Xsに対応し、カラーバリエーションとして、マットなブラックのケースにブラックのSMA-BELTを合わせた「ブラック&ブラック」と、スモークがかった半透明のボディにSMA-BELTを合わせた「フォギー&ベージュ」「フォギー&ラベンダー」「フォギー&ピンク」の合計4モデルをご用意しました。

写真

「SMA-BELT Thin」

ROOXは、スマートフォンやタブレットの背面に貼って、片手での操作を快適にするiPhone X/XS用ケース「SMA-BELT Thin」を発表。11月2日より発売する。

軽量、薄型のケース「PhoneFoam Golf Thin」に、合皮製のスマートフォン操作支持具「SMA-BELT」を直接固定したモデル。SMA-BELTは、スマートフォンやタブレットの背面に取り付けた合皮製ベルトに指を通すことにより、片手操作を快適にするアクセサリーで、リングと違って手触りがやさしく、軽くて薄い。

「SMA-BELT Thin」について
対応機種: iPhone X/Xs
サイズ : 138 x 67 x 9 mm 9g
素材  : ケース=TPU、ベルト=合皮(5層構造)、ステンレス
参考価格: 2,500円(税別)
株式会社ROOXについて:
株式会社ROOXは、スマートフォングッズの企画・輸入・販売を行う「アクセサリー事業」、日本の優れたマニアック文化を内外に向けて発信する「マニアックス・マニファクチャー事業」、お客様のビジネスを急速に加速させる「WEBコンサルティング事業」、細やかな心理描写までを言葉で伝える「翻訳事業」の4事業を営む、2009年創業の気鋭の集団です。
「SMA-BELT」商品説明ページ:
URL: https://www.roox.jp/belt-thin

Amazon商品リンク:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07JN7NSHH

Galaxy S8レビュー ベゼルレスデザイン2017年発売ながら最高クラスのAndroidスマホ

Samsungのフラグシップモデル「Galaxy S8」シリーズが発売されました。Galaxy S8はサムスンのフラッグシップモデル・Galaxy Sシリーズの2017年モデル。

キャリアでしか手に入らない上位モデルのAndroidスマホですが海外のグローバル版を購入すればSIMフリースマホとして利用可能。縁をギリギリまで細くし、本体サイズに対して画面を極端に大きく設計したデザインには圧倒されます。

前モデルからの最大の変更点は従来と異なる18.5:9のアスペクト比を採用するとともに狭額縁化によって画面占有率を高めた「Infinity Display」で、表示領域の拡大と持ちやすい本体サイズを両立した設計となっています。

本記事では「Galaxy S8」についてレビューします

 

Galaxy S8 スペック比較

 

主なスペック(グローバルモデル)
機種名 Galaxy S8 Galaxy S8+ Galaxy S7 edge
OS Android 7.0 Android 6.0(アップデートで7.0に)
プロセッサ Samsung ExynosまたはQualcomm Snapdragon(市場による) Samsung ExynosまたはQualcomm Snapdragon 820(市場による)
メインメモリ 4GB 4GB
内蔵ストレージ 64GB 32GBか64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB) microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.8型 Super AMOLED Infinite Display 約6.2型 Super AMOLED Infinite Display 約5.5型Super AMOLED Edge Screen
解像度 1440×2960ピクセル 1440×2560ピクセル
バッテリー容量 3000mAh 3500mAh 3600mAh
アウトカメラ 約1200万画素(デュアルピクセルセンサー) 約1200万画素(デュアルピクセルセンサー)
インカメラ 約800万画素(AF対応) 約500万画素
サイズ(幅×高さ×奥行き) 68.1×148.9×8mm 73.4×159.5×8.1mm 72.6×150.9×7.7mm
重量 155g 173g 157g
セキュリティ 指紋センサー、虹彩認証、顔認証 指紋センサー
防水・防塵(じん) IP68 IP68
外部接続端子 USB Type-C Micro USB

 

4GBのメインメモリや最大64GBの内蔵ストレージはS7 edgeと同じだが、プロセッサは14nmプロセスから10nmプロセスへと微細化し、LTEのCategoryも9(下り最大450Mbps)から16(下り最大1Gbps)へと進化。一部の地域向けのS8/S8+に搭載されるSnapdragonの型番は公表されていないが、上記スペックを鑑みると、「Snapdragon 835」が採用されるとみて間違いないだろう。

アウトカメラはGalaxy S7 edgeと同様、デュアルピクセルセンサーの1200万画素だが、インカメラは500万から800万に画素数がアップし、オートフォーカスにも対応した。

バッテリー容量はGalaxy S7 edgeの3600mAhに対して、S8は3000mAhに下がってしまった。S8+も3500mAhで、3機種の中ではS7 edgeのバッテリーが最も大容量だ。外部接続端子はUSB Type-Cに変更され、コネクターの向きを気にせずケーブルを接続できる。

S8シリーズでは、サムスンは基本的に Galaxy S7 edgeかなりディスプレイを強化し、他のスペックのいくつかを変更し、指紋リーダーを背面に移動させ、新しい圧力センサーのおかげで画面の下にホームボタンを押し込み、Bixbyの個人用の電話の側面に余分なボタンを追加した電話を2つのサイズでリリースしました。

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8レビュー

S8やS8 +を買うことは悪い決断ではないということです。これらはSuper S7 Edgeの後継機種として優れたデバイスです。

しかし、私たちがこの携帯電話のすべての熱意にもかかわらず、いくつかの欠陥があります。

ギャラクシーS8レビュー

S8と以前のS7エッジでは、バニラのAndroidを持つことを愛する多くの人がいます。今まで以上に、この呼び出しが間違っていると感じています。サムスンのTouchWizオーバーレイはこれまで以上に優れていて、あなたがいつもコントロールしているように感じる滑らかさを持っています。

それは、あなたが得たいと思うくらい複雑でも簡単でもあります。ホーム画面からスワイプしてアプリの引き出しを取得することが特に重要です。

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8スクリーンとデザイン

5.8インチのQuad HD + 2960 x 1440 Gorilla Glass 5のディスプレイクロックは、570ppiで 昨年のS7 – 5.1インチS7、5.5インチS7プラス、および iPhone 7 Plus

ギャラクシーS8レビュー

昨年に比べて ギャラクシーノート7(はい、我々は知っている、我々は0.1インチでそれを言う必要はありません)。S8 +の場合と同様、ベゼルがないため、148.9 x 68.1 x 8mmの大きさではありません。

アスペクト比は16.9から18.5:9に変更されました。これはLG G6(5.7インチディスプレイ1440 x 2880ピクセル)とわずかに異なりますが、非常に似ています。LG G6と同様、携帯電話はMobile HDR Premiumの認定を受けています。

ギャラクシーS8レビュー

それはまた、姉妹であるGalaxy S8 +よりも0.4インチ小さいが、決定的に同じWQHD +解像度を提供することができる。デフォルトでは、S8はFHD +の解像度に設定されていますが、設定でWQHD +に簡単に切り替えることができます。

ご覧のとおり、画面の下部にはベゼルがないことが最も目立つようになっています。ここにはホームボタンはありません。それは画面上の標準的な三星コントロールに置き換えられている。

しかし、バックエッジのデザイン(意図されていない言葉遣い)はS7からの大きな飛躍ではありません。前身よりもわずか0.1mm厚です。

ボディとディスプレイのバランスがとれているので、5.8インチのディスプレイを搭載しているように感じることはできません。リア感がまったく違っていても、見た目はすばらしく、見た目は印象的なデバイスだということは間違いありません。

電話のエッジは昨年のものとよく似ています 銀河S7 あなたがここで見ることができるように、

ギャラクシーS8レビュー

画面が優れているところでは、アプリケーションの面で、つぶやき、Facebookの投稿、ウェブページのスクロールが楽しいです。あなたは古いサムスンの携帯電話のように画面の上部と下部にウィンドウをスナップすることができます。

ギャラクシーS8レビュー

問題は、ビデオコンテンツが最適化されていないことです。そのため、ほとんどの場合、ビデオコンテンツの側面に黒い棒が表示されますが、YouTubeは画面に挑戦します。これは問題ありませんが、動画を引き伸ばすと動画の下部にあるコンテンツが失われる可能性があります。しかし、ほとんどの場合、YouTubeのコンテンツは合理的に最適化されています。

ギャラクシーS8レビュー

GALAXY S8バイオメトリクス

そこで私たちは、Galaxy S8にいくつかの問題があることを前に言及しました。ここでは、それらの最初のものに着きます。

ホームボタンがディスプレイに消えたので、指紋リーダーが背面に移動しました。

今、この実装は、電話機が机の上に平らに横たわっていればいいとは言えません。しかし、我々は後部指紋リーダーは一般的にうまくいくと思うし、読者がカメラから離れているNexus 6PP9、およびMate 9でのHuaweiの実装が本当に好きだ。

言い換えれば、あなたの指でそれを見つけるのは簡単です。残念ながら、これはギャラクシーS8の場合ではありません。

ギャラクシーS8レビュー

読者は、電話の後ろで十分に発音されていない場所ではなく、その経験は非常に貧弱です。

スマートフォンでは高すぎることがありますが、さらに悪いことに、カメラのレンズを指で汚すことがよくあります(サムスンでは、指紋設定で注意する必要があるため、これは問題になる可能性があります)。

カメラがケースから抜け出して指紋リーダーが踏み込まれても、センサーを正確に覆わないので、正確にそれを正確に見つけることができず、読み取りエラーが頻繁に発生します。私たちはそれに慣れると思っていましたが、まだありません。

おそらくHuaweiがやる傾向があるため(Huaweiがこの実装をP10とP10 Plusに捨ててしまったことは興味深いですが)、読者を後ろに下げたくないかもしれません。

サムスンはフロントの画面の一部として指紋リーダーを実際に持ちたがっており、打ち上げ時間内に指紋リーダーが不可能になったときには後部にしか置かれないとの報告が出ている。これは妥当と思われますが、それでも実装が良くないのは奇妙です。

他のバイオメトリクスはあまり良くありません。改善された虹彩認識は悪くありませんが(毎回動作しません)、ロック画面から直接呼び出すことができます。しかし、携帯電話をしっかりと握って携帯電話を凝視するのではなく、PINを入力するのがほとんど簡単です。

顔の認識は、写真と重複する可能性があるため安全性が低くなりますが、それでもやはりヒットアンドミスです。あなたがまともな光のある部屋にいれば、それはかなりうまくいくとわかりました。あなたは本当にあなたの携帯電話のロックを解除する前に周囲の状態を評価するためにarsedすることはできますか?

私たちはまた、私たちがしたいことが私たちの通知を確認することが何度もロックされていることを発見しました。それらのものの1つですが、それでも…

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8パフォーマンス

あなたが期待していたように、Galaxy S8は別のオクタコアプロセッサを搭載していますが、今回は2.3Ghzの形をしています。

これは、SamsungのExynos 8895で、ほとんどの惑星にとって(この携帯電話は、ARMが設計したMali G71グラフィックと一緒になっています)。米国では、Adrenoのグラフィックスを搭載したQualcomm Snapdragon 835(米国)または

Geekbenchでは、ハンドセットがGalaxy S7Note 7S7エッジOnePlus 3をシングルコアとマルチコアの両方のパフォーマンスで快適に凌駕しました。

ギャラクシーS8レビュー

ストレージは64GBですが、S7とは異なり32GBバージョンはありません。S7のmicroSDスロットはそのままで、ストレージを大幅に拡張することができます。昨年のモデル同様、4GBのRAMも搭載されています。

私たちはサムスンによって確認されていないが、ある時点で128GBのバージョンがあるかもしれないと聞きました。

ギャラクシーS8ビックスビー

携帯電話の左側の余分なボタン(左にスワイプすることもできる)は、昨年のスタートアップVivから取得した技術を使用するSamsungのBixbyパーソナルアシスタントを起動する。興味深いことに。Vivは実際にSiri(Appleが作ったのではなく買ったもの)のメーカーのものだった。

これは秋に限られていたため、1ヶ月前にMobile World CongressでGalaxy S8の表面を見ることができなかった理由の1つになります。5.7インチのLG G6と並んで優れています。

ギャラクシーS8レビュー

だからなぜボタン?SamsungはBixbyがあなたが注文するために助手を呼ぶ必要がある他の個人的な助手のようではないことを熱望していた – それは ‘OK Google’または ‘Hey、Siri’のようなキーフレーズを避けたかった。

問題は、それらのキーフレーズが電話機のハンズフリー操作に役立ち、人々が遠くから彼らの装置を指示するのに慣れているので、確かにキーフレーズが必要ですか?

サムスンがアシスタントを迎え入れようとしているのは分かりますが、ブッシュの周りには立ち向かわないようにしてください。確かにほとんどの人がGoogleアシスタントを使用することをお勧めします。

これは実際には難しくありません.Google AssistantはS8とS8 +にあります。ホームボタンを押したままにしてください。

ええ、助手の戦いは同じ装置で行われます。サムスンは、Google Assistantを使用して、どれを使用するかを選択できるようにしているという。

YouTubeはすでにBixbyボタンをGoogle Assistantや他のアプリやコマンドに再マップする方法を示すビデオの無数の方法を生きています。

ギャラクシーS8レビュー

S8のホーム画面の左にあるBixby画面にアクセスできます。これはGoogle Nowと似ています。カスタマイズ可能な「カード」もあります。Google Nowと同様に、時間ベースまたはロケーションベースのリマインダーを設定することもできます。

Bixby VisionはGoogle Googlesと似ているので、写真を撮ったものをショッピング検索したり、オンラインで商品の画像を検索したりすることができます。これはうまくいく…。マッチは本当にヒットしていますが、いくつかの成功を収めました。バーコードもうまくスキャンできます。

ギャラクシーS8レビュー

GALAXY S8オーディオとヘッドフォン

受話器はBluetooth 5であるため、2つのスピーカーまたは2つのヘッドフォンを独立した音量調節で同時にストリーミングすることができます。これはNaimのスピーカーだけでなく、Plantronicsのヘッドフォンのペアにも素晴らしいストリーミングを行いました。同期が異なる可能性があると警告されていましたが、これは問題ではありませんでした。

ギャラクシーS8レビュー

ヘッドフォンで話すと、ヘッドフォンジャックは残っていますが、充電中(高速充電を含む)と有線データ転送はUSB-C経由です。

ギャラクシーS8レビュー

ギャラクシーS8カメラ

主カメラは、昨年のS7と同じコア仕様の12MP f / 1.7デュアルピクセルスナッパーです。それはS716とS7エッジカメラが2016年の私たちのお気に入りのスマートフォンカメラの中にあったので、必ずしも悪いことではありません。

下のサンプル画像からわかるように、非常に強い色のカメラから素晴らしい画像がいくつか得られました。これらの画像は、T3.comで使用するために切り取られていますが、どのような方法でも色補正されていません。

カメラの起動時間と画質はS8にとどまらず、一部の設定にアクセスするのが最も簡単だとは思えません。セカンダリカメラはスマートオートフォーカスで5〜8MPにアップグレードされました。

ギャラクシーS8カメラサンプル画像

GALAXY S8ボックスには何が入っていますか?

この箱には素敵なエキストラがいくつかあります。昨年サムスンがオーディオ会社を買収して以来、まずAKG / Harman調整ヘッドフォンを購入しました。

余分な耳のヒントも手に入ります。ヘッドフォンは驚くほど快適で、ある点まで絡まることに抵抗します。しかし、音はかなり平坦で低音に欠けています。あなたはすぐに頭の良いヘッドホンを手に入れることになります。

ますます標準化されたUSB-Cケーブルと充電器に加えて、データ転送用の標準USBケーブル(下記参照)とmicroUSBアダプタを使用して、古い充電器をUSB- C.

ギャラクシーS8レビュー

はい、これはあなたが書き込む前に、S8 +です…

 GALAXY S8のバッテリー寿命

バッテリーは3,000mAhで、S8 +の3,500mAhバッテリーよりも小さい。昨年のギャラクシーS7と同じサイズです。

急速充電のおかげで、あなたは約40分で約50%になり、約1時間半ですべてを充電することができます。あなたは公式のケーブルと充電器を使用する必要があります。

あなたはGalaxy S8から一日一日かなり得ることができますが、すべての鐘と笛を消すことでそれに取り組む必要があります。あなたは期待どおりの解像度と明るさをダイヤルする必要があります(そして、Always Onディスプレイが消灯します。これにより数パーセントの余裕ができます)。

それ以外の場合は、目を覚ましたときに完全な充電があった場合は、夕方までに充電することをお勧めします。これは適切な使い方です。あなたがウェブ上にいなくても、音楽を聴き、1日中メッセージを送信すれば、それは就寝時まで続きます。

ギャラクシーS8の価格比較

通常のT3.comの読者なら、価格は実際に私たちにとって大きな要因ではないことがわかります。しかし、S8のラインナップは予算上の選択肢ではないと言うのは公平だ。競争が年々増加し、特に9月に新しいiPhoneが発売されるようになると、S8はもっと魅力的な選択肢になるでしょう。

英国では、ギャラクシーS8は689ポンド、ギャラクシーS8 +は779ポンドで販売されます。これは、iPhoneとiPhone 7 Plusの599ポンドと719ポンドの価格から大幅に価格を引き上げることです。今では、リンゴとリンゴを比較していません。なぜなら、標準S8はまだ7 Plusよりも大きいからです。

また、S8モデルには標準のiPhoneの2倍の64GBのストレージが搭載されています。

ギャラクシーS8 +色

打ち上げ時にはS8の3色が選べます。黒、グレー、シルバーですが、シルバーは英国発射にはあまり出ません。

S7の青いモデルが登場したので、ある時点でスペシャルエディションが登場する予定です。また、Google PixelやHuawei P10シリーズでは使用できませんが、このギャラクシーは防水性と防塵性があります。

新品 未使用 Samsung Galaxy S8 Plus Dual-SIM SM-G9550【128GB Coral Blue 香港版】 SIMフリー スマホ 本体 送料無料【当社6ヶ月保証】【中古】 【 携帯少年 】

価格:69,800円
(2018/11/3 11:20時点)
感想(0件)

Samsung サムスン Galaxy S8 SM-G950FD Dual SIM版 (SIMフリー) 5.8″ 64GB Midnight Black/ブラック 並行輸入品

新品価格
¥70,890から
(2018/11/3 11:20時点)

ヤフオクはこちらから!

 

ソフトバンクから「HUAWEI Mate 10 Pro」レビュー! “スペック・カメラの仕様は??

Huawei Mate 10 Proとは何ですか?

2017年末に発売されたフラッグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」。当初SIMフリー機として登場したが、この5月からソフトバンクも取り扱いをスタートした。Leicaダブルレンズのカメラと、オクタコアCPU、6GBメモリ、128GBストレージを装備するハイエンドな性能。それに高速回線を組み合わせることで、さらに魅力あふれる端末になりそうだ。

ところでこの「HUAWEI Mate 10 Pro」、ハイエンドなパフォーマンスを支える要素の1つにAIが関わっているのはご存じだろうか。「HUAWEI Mate 10 Pro」が搭載するチップセットKirin 970は、数値演算を行うCPUとグラフィック処理を受け持つGPUの他に、NPUと呼ばれるものを搭載している。「Neural-network Processing Unit」の略であるこのNPUが、AI処理のためのまさに頭脳として動作することで、端末の各機能の快適さを底上げするのに一役買っているという。

AIを軸に、何がどんな風にスマートフォンとしての快適さにつながっているのか。「HUAWEI Mate 10 Pro」の各機能における「ストレスフリーポイント」をさっそくチェックしてみよう。

圧倒的なハイスペック性能

プロセッサは“AIチップ”を謳うファーウェイ独自のKirin 970を採用。AIによる機械学習によってユーザーがどのようにアプリや機能を使うかを把握し、システムを最適化することで使い始めの高速なレスポンスを長期間継続させるなどスマートフォンを頻繁に買い換えず長期間利用したいといった要望を叶えます。

スマートスピーカーなどクラウド型AIが目立つなか、Mate 10 ProのAIは外部との通信が発生しないローカル型を採用。さらに、AI専用のプロセッサ「NPU」を搭載することでAIの電力効率を50倍、パフォーマンスを25倍にアップするなどデータ通信容量や電池持ちへの影響を気にする必要はありません。

肝心の処理能力はオクタコアのプロセッサ、6GBの大容量メモリによって性能を数値化するベンチマークスコアではサムスンのGalaxy S8/Galaxy Note8を超えるなどAndroidスマートフォンの中でもトップクラスに。実際にゲームアプリなど高い処理能力が必要になるアプリを利用しても、もたつきなどは皆無で軽快に動作します。

OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載。ログインIDやパスワードを記憶して自動入力する「オートフィル」やアプリを起動しながら動画を見たり、ナビ、ビデオ通話を利用できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」など便利な最新の機能を利用できます。

動画を小窓で再生できるピクチャ・イン・ピクチャ
動画を小窓で再生できるピクチャ・イン・ピクチャ
HUAWEI Mate 10 Pro
OS Android. 8.0 Oreo / EMUI 8.0
サイズ 高さ:約154.2mm / 幅:約74.5mm / 厚さ:約7.9mm
重さ 約178g
ディスプレイ 約6.0インチ
2,160×1,080ピクセル
有機EL(OLED)
アスペクト比:18:9
HUAWEI FullView Display
402ppi
1,670万色
コントラスト: 70000:1
プロセッサ HUAWEI Kirin 970
オクタコア 4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53 + i7 コプロセッサ
Mali-G72 12コア GPU
Neural Network Processing Unit
RAM / ROM 6GB / 128GB
microSD なし
メインカメラ ダブルレンズ
1,200万画素カラーセンサー + 2,000万画素モノクロセンサー
ƒ/1.6
光学手ブレ補正
デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム
像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF
4K動画撮影
フロントカメラ 800万画素 ƒ/2.0
バッテリー 4,000mAh
充電 USB Type-C / 急速充電:5V/2A、5V/4.5A、4.5V/5A
SIM スロット数:2 / スロット:nanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 with BLE
通信速度 受信時最大500Mbps / 送信時最大50Mbps
防水、防じん IP67
おサイフケータイ ×
ワンセグ/フルセグ ×
指紋認証
カラー ミッドナイトブルー / チタニウムグレー

 

Huawei Mate 10 Pro – デザイン

Huawei Mate 10 Proは、通常のMate 10に近いデザインで、悪いことではありません。

このデザインは、Galaxy Note 8やiPhone Xと同じメタル・アンド・ガラス・アロケーションを採用しています。わずかに湾曲したガラス製のバックは、丈夫なメタル・サイドとほぼベゼルのないフロントと組み合わされ、プロのファットを市場。スリムなベゼルはまた、プロが6インチのスクリーンを梱包しているにもかかわらず、ひどく扱いにくいと感じないことを意味します。

これ以外には、2017年のフラッグシップに期待されるすべてのトリミングを見つけることができます。背面には、ライカブランドのカメラの直下に、指紋スキャナがあります。このスキャナは、テスト中に高速で信頼性が高いことが証明されています。

下段には、ますます普及しているUSB-C充電ポートと、最も大きなものではないものの、ビデオ通話用のものよりも優れているスピーカーが表示されます。

ビルド品質も優れています。より安価な携帯電話とは異なり、ここに戻ってきたガラスは曲げがなく、驚くほど傷つきにくくなっています。誤ってポケットに投げた後、Proは緩やかな変化をしなくなり、Proは無傷になりました。IP67認定もまた、プロがキッチンでそれを溺死させようとしている間、真実となった。しかし、私はまだ硬い表面に落下して生き残るためにガラスバックを信頼しませんでした。

128GBの内蔵ストレージは、ほとんどのユーザーにとって十分な大きさ以上のものであり、microSDカードスロットがないことは大きな問題ではないことを意味します。

携帯電話のデザインで私の唯一の小さな屁理屈は、その兄弟メイト10とは異なり、プロは3.5ミリメートルのヘッドフォンジャックを持っていないということです。誰もがAppleの「3.5mmのバンドル」に乗っていないので、私は戦いに敗れていることは分かっているが、私と多くの音楽ファンにとって、ポートの不在は依然として厳しい状況である。

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – ディスプレイ

メイト10プロとレギュラーメイト10の大きな違いは、ProにはLCDではなくOLEDが搭載されていることです。

具体的には、Proには6インチHD + HDR 10 OLEDディスプレイが付属し、通常のMate 10にはより基本的な5.8インチクワッドHD HDR10 LCDスクリーンが付属しています。

一部の人々は、一見低解像度に不平を言うかもしれませんが、真実は、プロの2160×1080ピクセル数が十分以上であるということです。あなたが絶対にあなたの絶対を試みても、あなたは個々のピクセルを見つけることはありません。

OLEDパネルは現時点で市場でも最高のものの1つです。GoogleのPixel 2 XLとは異なり、スクリーンはひどく校正されていません。温かみのある温かみのある色は、一般に、過飽和領域に飛び込むことなくきれいに鮮やかに見えます。

ホワイトはよく設定されたIPSパネルほどきれいではありませんが、OLEDで見た中で最も汚いものではなく、競合するAMOLEDスクリーン付き携帯電話で見られる黄​​色または青色のシフトが気にならないものです。黒はしっかりとしている。

輝度レベルも非常に高く、モバイルHDR 10規格を満たしています。しかし、Mate 10 Proが利用できるハイダイナミックレンジのコンテンツが現在不足しているため、現在HDRの性能についてコメントすることはできません。

全体として、Mate 10 Proのスクリーンは、この価格帯で最高のものです。

Huawei Mate 10 Pro – ソフトウェア

Huaweiは独自のEMUIスキンの使用を主張しているため、常にモバイルソフトウェアに苦労していました。伝統的にこれは、Androidバージョンが認識できないレベルに近づいた場合でも、針のUIの変更やサードパーティのbloatwareの追加や簡単に数えることができるアプリの複製など、

飛躍と飛躍にもかかわらず、HuaweiはGoogleの最新のAndroid 8 OreoソフトウェアでProを読み込むことができましたが、この問題はMate 10 Proでも同じです。感情のUIはまだAndroidの設定メニューのような重要なことを完全に改造して、あなたが探している正確なオプションを見つけるのを難しくしています。また、メインメニューからアプリトレイを削除します

bloatwareの量が大幅に減少しているにもかかわらず、Androidのネイティブアプリと同等の機能を提供する、音楽、カレンダー、メッセージングなどの点で重複しない重複アプリケーションを見つけることもできます。

関連する:ベストphablets

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – パフォーマンス

唯一の肯定的なソフトウェアの追加は、Mate 10 Proの新しいAI注入Kirin 970プロセッサに焦点を当てています。

Huawei氏によると、最新の8コアCPUには、特別に作られた「ニューラルプロセッシングユニット」が付属しています。このユニットは、電話機が学習し、最終的に使用パターンを予測して、ニーズに合わせてアプリケーションを先取りして起動または調整することができるようにします。

追加の特典として、AIはバッテリを節約し、時間の経過とともにパフォーマンスの低下を回避するために、不要なプロセスをいつシャットダウンするかも知っています。ファイヤーウォールをもう少し長く使い切るまで、Huaweiのパフォーマンス低下の主張を確認することはできません。通常、何かの減速が見られるようになるのは数ヶ月前です。しかし、2週間のうちにメイト10プロで、すばらしいニッピーになる

6GBのRAMとペアになって、かなり率直に言って、電話で過剰なキリンチップセットは、私がそれに投げたすべてのタスクを打ち破った。マルチタブのウェブブラウジングは滑らかで、アプリケーションとゲームは数ミリ秒以内に開かれました。電話は安定していて楽しくドロップアウトがなく、Mate 10 Proは要求の厳しい3Dゲームをスムーズにしました。そのEMUIソフトウェアは、私がテストした過去のバージョンよりも安定しています。いくつかのアプリケーションクラッシュの外で、私はまだ深刻なバグや不具合を経験していません。

Mate 10 Proの合成ベンチマークスコアは、私の実際の経験を反映し、競合する2017年のフラッグシップのパフォーマンスと一致しました。下の表のギャラクシーS8とどのようにスコアが比較されているかを見ることができます。

 

電話 アントゥー Geekbenchシングルコア Geekbenchマルチコア
Huawei Mate 10 Pro 178091 1906 6740
ギャラクシーS8 173292 2013年 6659

 

私のごくわずかな懸念は、長時間の集中的な使用で、Proが目立つようになり始めることです。Looping Riptide GP2 1時間後にいくつかのCPUスロットリングが発生したことに気づきました。

Huawei Mate 10 Pro – カメラ

Huaweiは、キリンのCPUのAIチョップは、12メガピクセルのカラーセンサーと専用の20メガピクセルのモノクロカメラを搭載した携帯電話のデュアルリアカメラにも適用されると主張しています。

具体的には、Huawei氏は、このチップを使って、あなたが写真を撮っているものに応じてカメラのモードを飛ばすことができると主張している。花の接写をする場合は、たとえば、マクロモードにジャンプすることがわかります。

一般的に、私は自動検出機能が少し遅かったことを発見し、数日後に手動でより具体的な設定を切り替えることができました。しかし、それでもなお、カメラは前世代のHuawei P10やHuawei P10 Plusと比べても印象的です。

カメラアプリは、過去のHuaweiの携帯電話よりもはるかに速く感じられ、よりインテリジェントにレイアウトされたUIを備えています。通常の光で撮影された写真はすばらしく鮮明で、過度に見えません。低照度性能も大幅に向上しました。広範囲のf / 1.6絞りとOISの追加といくつかのフード・オン・フード・ソフトウェアの改良により、シャッタースピードは落ちますが、低照度で撮影された写真はノイズが少なく、一般的にソーシャルメディア上で共有するのに十分です。

通常のメイト10と同じように、カメラは写真性能に関してギャラクシーS8とピクセル2を打ち負かすことからそれを保つためにいくつかの小さな問題が残っています。困難な混合光条件では色が歪み始め、難しい照明ではオートフォーカスが少しうまくいく可能性があります。低照度でのコントラストも問題ではありますが、Huaweiには公正であるが、これは私たちがテストしたすべての電話機で問題になります。

ビデオ録画も同様の話ですが、ライティングは十分にうまくいきますが、Proの安定化が最も信頼できるものではないため、暗い環境では苦労する可能性があります。

以下のMate 10 Proで撮影したサンプル写真を見ることができます。

HUAWEI Mate 10 Pro

Huawei Mate 10 Pro – バッテリー

バッテリ寿命は、Huawei Mate 10 Proが優れている1つの領域です。巨大な4000mAhのセルを搭載しているので、バッテリーはもちろんのこと、同等の機能を備えた携帯電話を見つけるのに苦労します。

私は、今日の基準ではかなり良い、通常の使用でプロから1日半から2日間の生活を送ることができました。定期的な使用は、私の朝と夕方の通勤時に音楽を聴くこと、数回の呼び出しを行い、WhatsAppで定期的にメッセージを送ること、電子メールとソーシャルメディアフィードを定期的にチェックすること、30分のゲームセッションを速くすること、そしてNetflixベッド。

ビデオ再生のパフォーマンスも非常に印象的です。ビデオをストリーミングするとき、Mate 10 Proは時間当たりの充電の8-10%を失いました。ビデオの再生は、ローカルに保存されたビデオでさらに印象的でした。長距離飛行で2番目のシリーズのStrangerを見守ることができました。

ゲームのパフォーマンスも同様に印象的でした。RiptideやAsphaltのような要求の厳しい3DゲームをプレイするMate 10 Proは、平均の15-18%を失ってしまいました。

関連性の高いAndroidスマートフォン

HUAWEI Mate 10 Pro

なぜHuawei Mate 10 Proを購入するのですか?

あなたがトップエンドのフェレットの市場にいるが、ギャラクシーノート8またはiPhone Xの莫大な費用を費やしたくなければ  、メイト10プロが利用可能な最良のオプションです。

ハードウェアの1つとして、Mate 10 Proは滑らかなパフォーマンス、平均以上のカメラと優れたバッテリー寿命を提供する魅力的なデバイスです。これらのすべてが滑らかな混合金属とガラスのデザインに含まれています。

唯一の欠点は、Androidの魅力的なUIを混乱させ、望ましくない、不要な重複アプリを追加する、若干明るいEMUIソフトウェアです。

 

HUAWEI 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン チタニウムグレー【日本正規代理店品】

新品価格
¥69,629から
(2018/11/1 10:49時点)

HUAWEI Mate 10 Pro/MID(ミッドナイトブルー) Mateシリーズ SIMフリー LTE対応 128GB

価格:75,406円
(2018/11/1 10:49時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちらから!!

ゲーミングスマホBlack Shark Heloレビュー!!機能・スペック・発売日まとめシャオミが発表

中国シャオミの関連会社Black Sharkは、新型ゲーミングスマートフォン「Black Shark Helo」を発表しました。注目点はトップクラスのスペックだけでなく、多色発光機能や付属コントローラーなど多岐にわたります。なかでも最大の特徴は、現行スマートフォンとして最大容量となる10GBのRAMを搭載したこと。搭載プロセッサのSnapdragon 845と組み合わせることで、ゲーミングスマートフォンとしてもトップクラスのスペックw実現しています。

ゲーミング仕様

blackshark-hero

基本デザインは初代を継承。カラーリングは极夜黑。背面はX状にWi-Fiアンテナを配置しており、ゲームプレイ時の横持ち両手保持でも電波が遮られないようにしている、としています。

PCゲームの世界では、「ゲーミング」と名のつく製品はやたらピカピカ光るという謎の不文律が存在しており、ライバルのRazer Phone 2も背面ロゴが光るようになりましたが、Blackshark Heroも左右側面と背面「S」ロゴが光ります。1680万色のRGB照明とのこと。

スマホを挟み込む、まるでNintendo Switchのようなコントローラー。

 

さらにフロントダブルスーパーリニアスピーカーを搭載し迫力ある音響を実現する一方で、画面はAMOLED 60Hzなのがやや残念。競合のRazer Phone 2は120Hz液晶、ROG Phoneは90Hz有機ELだからです。

さらに、スマートフォンを挟み込むようにして利用するコントローラーが同梱されるのも特徴でしょう。左にはジョイスティック、右にはタッチパッドを搭載したこのコントローラーにより、正確なゲーム操作が可能となっています。

S845、実行10GBメモリ選択可

プロセッサはSnapdragon 845。実行メモリ10GBを選択可能になりました。Mi MIX3も10GBメモリのモデルが用意されていますね。現時点で中国のBlack Shark公式サイトで予約可能なのは実行6GB、8GBメモリのようです。

独立映像チップ搭載、HDR描写を実現するとしています。

その他のスペックとしては、ディスプレイは6インチ/1080p解像度の有機ELディスプレイで、背面カメラは2000万画素+1200万画素のデュアル仕様。バッテリー容量は4000mAhで本体背面に指紋認証センサーを搭載し、内部にはデュアルチャンバーによる冷却システムが内蔵されています。

ダブルヒートパイプ

Snapdragon 845搭載のスマホは多数ありますが、ゲームをするにあたって重視したいのはパフォーマンスの持続時間。発熱によってパフォーマンスはどんどん落ちてくるのが普通です。

しかしBlackshark Heloはヒートパイプを2つ搭載。放熱面積を増やし、CPUを冷却、CPUの最高パフォーマンスを6倍も長くするなどとしています。

スクリーンショット 2018-10-27 16.59.28

スペック

OS Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon 845
メモリ 6 / 8 / 10 GB
ストレージ 128 / 256GB
ディスプレイ 6.01型AMOLED
FHD+(2160×1080)
カメラ 1600万画素+2000万画素
インカメラ 2000万画素
 バッテリー 4000mAh 急速充電QC3.0 18W
寸法  160×75.25×8.7mm, 190g
その他 Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
デュアルnanoSIM
USB Type C

ヤフオクはこちらから!!

Razer Phone 2レビュー ゲーム特価のRAM8GBゲーミングスマホのスペックは??

Razer社は、サンディエゴ、カリフォルニア、シンガポールを拠点に、2005年にスタートしたゲームに特化した周辺機器を取扱うメーカーです。

  • ゲーミングマウスやゲーミングキーボード
  • ゲーム専用のノートパパソコン
  • 臨場感あふれるヘッドセットや音響機器

など幅広くラインナップされた製品は、世界中のゲームマニア達から高く評価されています。

 RazerはシンガポールのPC周辺機器メーカー。PCゲーマーなら誰もが知っているゲーミングデバイスのメーカーですね。マウスやキーボードなどでお世話になっている人も多いでしょう。私もRazerの左手ゲームパッドを愛用しています。

Razerがクラウドスマホで知られる「Robin」のNextbitを買収、その開発部隊によって作られたのがRazer Phoneシリーズです。今回、スペックが強化されたRazer Phone 2が発表されました。

 

Razer Phone 2・Razer Phoneのスペック

項目 Razer Phone 2 Razer Phone
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (2.80 GHz)
vapor chamber cooling system
Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile Platform
GPU Adreno 630 Adreno 540
メモリー 8GB (LPDDR4X) 8GB dual channel (LPDDR4, 1866 MHz)
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.72-inch IGZO LCD 1440 x 2560 5.7-inch IGZO LCD 1440 x 2560
120Hz, Wide Color Gamut
Corning Gorilla Glass 5 Corning Gorilla Glass 3
アウトカメラ 広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
4K Video撮影
広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
インカメラ 8MP f/2.0
1080P Video撮影
8MP f/2.0
音響 Dual front-firing stereo speakers with dual amplifiers
Dolby Atmos Technology
バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
急速充電 Qualcomm QuickCharge 4.0+
ワイヤレス充電 Wireless Charging(Qi)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900 GSM: Quad-band GSM UMTS: 1/2/3/4/5/8
WCDMA: 1/2/3/4/5/8
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: 38/39/40/41/48 TDD LTE: 38/39/40/41
TD-SCDMA: 34/39 TD-SCDMA: 34/39
LAA: 46
4×4 MIMO: 1/2/3/4/7/30/38/48/66
防水・防塵 IP67
サイズ 158.5 x 78.99 x 8.5 mm 158.5 x 77.7 x 8 mm
OS Android 8.1 Android 7.1.1
コネクター USB Type-C

次のページでは、「Razer Phone 2」のスペックの詳細について調べてみました。

Razer Phone 2:デザイン&ビルド

Razer Phone 2について最初に気づくのは、元のモデルとよく似ているということです。

Razer Phone 2

正面から見ると、電話機はほぼ同じです。前向きのカメラの配置がわずかに異なり、コーナーが少し丸みを帯びていて、身体の方が分厚くなっています。あなたが見ることができないのは、防水性の高いIP67であることです。

これ以外にも、これは昨年とほぼ同じです。厚い上下のベゼルに囲まれた5.7インチの16:9ディスプレイで、大型のステレオスピーカーを備えています。もう一度、指紋センサーが平らなパワーに組み込まれます ボタンは途中で一番下に、音量ボタンは他のボタンの下にあります。どちらもゲーム中に電話の風景を保持するために最適化されています。

それはあなたが実際に変更されたものを見ることを介して電話をフリップするときです。最も明らかなのは、艶消しのバックが光沢のある黒色のガラス(これはワイヤレス充電を可能にする)に置き換えられていることです。ゴリラ・グラス5から作られているが、これは(少なくともガラス基準で)十分に丈夫でなければならないが、すべてのガラス電話と同様に、指紋をたくさん引き付ける。

リアカメラレンズも移動しました。これらは現在、Razerの大きなロゴの上に少し突出して中央に座っています。さらに嬉しいことに、ロゴ自体が変更されました。昨年のモデルが十分に光っていないと心配した場合に備えて、RazerのChroma照明技術を搭載しました。

Razer Phone 2

付属のChroma アプリを使用しています静的な色やサイクルで1680万色の異なる色合いを持つ照明を制御したり、様々なパターンで点滅したりすることができます。また、バッテリーを節約するためのオプションがいくつか用意されています。常にオンにしておくか、画面が表示されているときだけ点灯させるか、通知を受け取ったときに点滅させるだけです。

終わりには、これはガラスのバックと派手なロゴが付いたRazer Phone 1です。それがあなたにアピールするかどうかはすでに分かっているでしょう。Razerののブロック状のデザインは間違いなく、ほとんどの主力ライバルよりも少ないなめらかであるが、それはそのファンを持っている、そしてそれはの名の下にすべてです向上します ハンドヘルドゲーム体験。

Razer Phone 2:仕様と機能

新しいデバイスの外部は基本的にRazer Phone 1.5です – 内部はどうですか?まあ、それは似たような話です。新しい携帯電話をこれまでのものより少しだけ良くするための小さな変更と洗練。

画面

間違いなく画面上で最も明白です。これは主に、業界をリードする120Hzのリフレッシュレートのおかげで、最初の電話機の見出しの機能でした。

Razer Phone 2

Razerは同じサイズ(5.7インチ)、同じ解像度(2560 x 1440、別名クワッドHD)、同じリフレッシュレート(120Hz)で、今回はあまり変更しないことにしました。また、16:9のアスペクト比は、18:9のベゼルレスディスプレイがますます主流となっている市場では奇妙な選択肢に思えるかもしれませんが、余分な画面スペースはゲームの恩恵であると主張しています。ほとんどの部分が16:9の画面に最適化されています

変更されたのは明るさです。Razer氏は、新しい画面が50%明るく、645cd / m 2を超えていると主張しています。 これが真であれば、今までテストした電話よりも明るくなります。私たちは今後これをテストしますので、結果をすぐに確認してください。

実際には、第一世代と第二世代のスマートフォンの品質の違いを見つけるのは難しいです。これは、明らかに、ほとんど変わっていない画面の小さな微調整ですが、原作は間違いなく最高のスマートフォンがそこに展示されていることを誇っているので、それは悪いことではありません。

プロセッサ、メモリ、ストレージ

内部仕様にも大きな変化はなかった。プロセッサSnapdragon 835から今年の主力製品である845チップへのアップグレードが予定されています。それはまた、蒸気チャンバー冷却機能を搭載しています。ピーク性能でさえも冷えていなければならないという言葉がたくさんありますが、使用中に電話機がまだまだ熱くなっていることがわかりました。

以前のモデルと同様に、8GBのRAMと64GBのストレージ、microSDカードスロットと一緒に – これは最大2TBのカードを受け入れ  ます。

予想通り、Razer Phone 2は、一般的な使用とゲームの両方で、特に120Hzまでクロックされたディスプレイで急速です。これはGeekbench 4のマルチコアスコア8955でバックアップされ、Xiaomi Black Sharkの7173を水から吹き飛ばします。

しかしそれは明確ではない。Razer Phone 2は90fpsのT-Rexで素晴らしいGFXBenchの結果を誇っていますが、高強度カーチェイステストRazerの新モデルはXiaomiの提供で31fpsに比べてわずか22fpsしか管理していませんでした。

これは、Razerのスマートフォンがはるかに高い解像度を提供し、より多くのピクセルに電力を供給しなければならないという事実を含むいくつかの要因になります。しかし、実際には、Razer Phone 2でのゲームでは、PUBG Mobileのようなグラフィックが激しいゲームでも、遅れを感じることはほとんどありません。

接続性とオーディオ

これまでのように、充電、オーディオ、データ転送に使用されるUSB-Cポートは、Razerには3.5mmヘッドフォンアダプタが同梱されていますが、こちらのポートだけが唯一のものです。前に述べたように、あなたも再び印象的に見つけることができます速いを 携帯電話の側面にある電源ボタンに内蔵された指紋スキャナ。

Razer Phone 2

ワイヤレスに関しては、通常のWi-FiとギガビットのLTE(現在は最大1.2Gbps)がBluetooth 5.0とNFCに加えてあります。

最後に、スクリーンに隣接する巨大なスピーカーも調整されています.Razerは、彼らがより大きく、より明確になっていると言います。PUBGをいくつか試して、その欲望の鶏の夕食を食べたら、私たちは彼らが大声で明瞭であることを確認することができます。

それは本当に優れたオーディオ体験であり、最も重要なのは、XiaomiのBlack Sharkのサイドスピーカーのように、ゲームプレイ中にスピーカーを覆う手を心配する必要はないということです。

カメラ

主要な改造が行われた電話の少なくとも1つの領域があります:カメラ。おそらく元の電話機の最も弱い要素だったRazerは、批判を心に抱き、ライバルと一線を画すように努めました。

まず、正面カメラは1080 @ 60fps (8MP f / 2.0レンズ)でビデオをアップグレードしました。これはストリーマーやビデオカメラに歓迎され、品質を損なうことなく彼ら自身の映像を共有しようとしています。

オリジナルのRazer Phoneと比べて、画質が飛躍的に向上し、鮮明で明るいセルフと、ポートレートモードを含む一連の撮影モードが提供されます。

一方、新しいソニーIMXセンサーを搭載したリアカメラは、4K @ 60fpsをキャプチャしたり、120fpsのスローモーションで1080pを撮影することができます。後ろのレンズは両方とも12MP、光学式手ぶれ補正付きの1つのf / 1.75広角レンズ、もう1つのf / 2.6望遠レンズです。

正面に向いているカメラと同様に、元のRazer Phoneと比べると、目立つような品質の飛躍があります。色はより真実であり、オートフォーカスはより速く正確であり、画像は一般的に見栄えがよくなります。11/10ドッグ・ゴーのスナップは、今年のオファーから期待できるイメージの素晴らしい例です。

 

リアレンズの開口率が向上しているため、暗い場所での使用に適しています。それは、他のハイエンドスマートフォンのような専用の夜間モードはなく、確かにフラッシュの必要性に取って代わるものではありませんが、光と詳細をキャプチャするのはうまくいきます。

ズームインすると、やや積極的なノイズキャンセルアルゴリズムが明らかになりますが、これはほとんどのスマートフォンに見られるものです。

バッテリー寿命

Razer Phone 2のバッテリはこれまでと同じですが、少し良くなっています。

寛大な4,000mAhの寛大なバッテリーがありますが、ソフトウェアとプロセッサーの最適化はこれまでよりもわずかに長く持続します。ソーシャルメディアとゲームが混在していても、快適に過ごすことができますが、スマートフォンをより保守的に使用するユーザーは、1回の料金で1日半を絞り込むことができます。

ワイヤレス充電の導入は、使用していないときに一日を通して軽く充電することができる利点です。

大きな疑問はChromaのロゴです:これはバッテリーにどのような影響を与えるかを今見積もるのは難しいです。特に、使用可能な色、明るさの設定の範囲、およびその使用頻度について考えてください。私たちは、ロゴを永久に点灯させたいと思うなら、バッテリーでそれを支払うでしょうが、確かに言いたいことがたくさんあります。

現在、一連のバッテリテストを実施しており、今後の結果で更新される予定です。

Razer Phone 2

Razerは独自のワイヤレスを販売しています新しい電話機の充電ドックは、風景、肖像画、またはフラットでそれを支えることができます。これは、Chromaの照明効果を自慢しています。電話の充電時にはサイクリング、バッテリーがいっぱいになると緑色に静電気、電話機が充電用に正しく配置されていないことを検出すると赤色に点滅します。

それはすべてうまくいいですが、ここでは2つの大きな注意点を覚えておいてください:それは£99で高価です、あなたのベッドで一晩あなたの携帯電話を充電する傾向がある場合、照明は厄介者になります。

Razer Phone 2:ソフトウェアとアプリケーション

Razer Phone 2にはAndroid 8.1が付属していますが、最近のAndroid 9はあまりにも長すぎると思われます。

もう一度Razerはかなりの在庫を持つOSのバージョンを実行しています。これは主に、Nova Launcherを使用することです。これはカスタマイズ可能なホーム画面とアプリドロワーのバージョンであり、あなたの好みに合わせて調整できます。

Razer Phone 2

Razer Theme Storeはさらに装飾的なオプションのリターンをもたらし、モバイル版のRazer Cortex、同社の総合パフォーマンスオプティマイザとアプリストアフロント。ここでは、Razerチームによって生成されたゲームの推奨事項が含まれており、Googleの独自のPlayストアよりも優れた新しいAndroidゲームを簡単に見つける方法を提供しています。

 

Razer – Phone 2 (2018) with 64GB Memory Cell Phone (Unlocked) – Black

新品価格
¥128,040から
(2018/10/30 11:06時点)

ヤフオクはこちらから!!