世界100以上の国対応クラウドSIM内蔵スマホ「jetfon」の料金はお得なのか??

MAYA SYSTEMから2018年8月28日に発売されたSIMフリースマートフォン「jetfon(ジェットフォン)」。

FREETELといえば格安のPrioriシリーズやハイスペックなKIWAMIシリーズが有名ですが、jetfonはこれまでにない「クラウドSIMテクノロジー」を搭載したモデル。SIMカード不要で世界100以上の国と地域でデータ通信ができる“世界スマホ”です。

 

料金は安いのか?????

 

海外で通信をする主な方法として「国際ローミング」「プリペイドSIM」「レンタルWi-Fiルーター」がある。国際ローミングは、昔に比べればだいぶ値下げされつつあるが、それでも1日980円~と、他のサービスに比べて割高になることが多い。プリペイドSIMは安価なものが多いが、初心者が買ってAPN設定をするのはハードルが高い。レンタルWi-Fiルーターは事前の申し込みや返却などで手間が発生する他、荷物が1つ増える。

jetfon既存の海外通信サービスのデメリット

これらのデメリットを解消するのがjetfonというわけだ。料金は、アジアだと1日300MBプランが380円(非課税、以下同)~、7日1GBプランが980円~、30日3GBプランが1880円~。ドコモの「パケットパック海外オプション」とauの「世界データ定額」は、1日980円で国内のデータ容量を使える。国内で契約している(ドコモとauの)プランによってお得度は変わってくるが、1日当たりのプランはjetfonの方が600円~安く、600MB分を購入しても760円~で済む。

jetfonjetfonのクラウドSIM向けプラン

レンタルWi-Fiルーターとの違いはどうか。jetfiのルーターは、現在のところ1日350MBのアジア周遊プランが380円、グローバル周遊プランが420円と、jetfonと肩を並べる安さだが、これらはキャンペーン価格。本来は前者が680円、後者が980円なので、通常価格はjetfonの方が安い。他社でも、1日300円~という料金はなかなか見かけない。「業界最安」という冠は付けていないが、最安クラスと言っても差し支えないだろう。

H.I.S.モバイルが提供する「変なSIM」は、1日200MBのプランを500円で購入できる。Jetfonの場合、アジア以外は1日300MBが580円~680円なので変なSIMより高いが、データ容量は100MB多いのでいい勝負といえる。またアジアに限れば、jetfonの方が価格も安くてデータ容量が大きい。

jetfon他社サービスとjetfonの比較

jetfonの端末代金として、3万9800円(税別)の初期費用はかかるが、クラウドSIMを使った通信に基本料金はかからず、使うときだけプランを購入すればいい。国内ではSIMロックフリースマホとして、キャリアやMVNOのSIMカードを入れて使い、海外に行くときだけプランを購入すればよいので、余分なコストは発生しない。さらに、国内でもドコモ、au、ソフトバンクのネットワークにクラウドSIMが接続できるので、1日だけ通信したいというときのためのバックアップ回線として、国内プランを活用する手もある(料金は1日300MBなら380円+消費税)。

jetfon
アプリから事前にプランを購入すればよい

注意したいのは、クラウドSIMは音声通話に対応していないこと。海外で音声通話をするには、国内のSIMを挿してローミングをするか、IP電話を使うなどの対応が必要。MAYA SYSTEMは、jetfi向けのオプションサービスとして、海外でルーターからIP電話を1日180円(税別)で利用できる「jet-phone」というサービスを提供しているが、これをjetfonでも利用可能になることにも期待したい(サービス名が似ているので紛らわしいが)。

 

 

また、24時間980円に値下がりしたとはいえ、これもあくまでドコモとauに限った話。ソフトバンクには2段階で上限が2980円の海外パケットし放題しかなく、国際ローミング料金が割高になりがち。海外旅行や海外出張用に、予備の端末としてjetfonを用意しておくモチベーションも高くなるはずです。国内では、ドコモとソフトバンクのVoLTEに対応しているので、海外渡航が多い人は、普段使いのSIMカードを入れ、メイン端末として使ってもいいかもしれません。

ちなみに、クラウドSIMは日本向けの料金プランも用意されており、1日プランは380円に設定されています。そのため、メインのSIMカードの容量を使い切ってしまったときに、ピンチヒッターとしてクラウドSIMに切り替えるような使い方もできます。単に端末を買うのではなく、プリペイドSIM的なサービスがセットになっているのが、jetfonのおもしろいところといえるかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲日本向けの料金プランも用意。海外は不課税だが、日本のみ消費税がかかる

端末はミドルレンジで、チップセットにはSnapdragon 652を採用。メモリ(RAM)は4GB、ストレージ(ROM)は64GBと、普段使いにも十分なスペックといえます。一般的なAndroidのホームアプリとは異なり、ホーム画面とアプリ一覧が分かれていないなど、やや中華端末的なテイストは残っていますが、ユーザーインターフェイスのローカライズや、サポートなどは、FREETELでノウハウを蓄積したMAYA SYSTEMがしっかり行っていくといいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アプリのドロワーがないなど、中華端末テイストが残る部分も

ただし、残念なのは、やはりクラウドSIMを除くと、ごくごく普通の端末であるというところ。端末の開発にあまり時間がかけられなかったといい、ハードウェアに関しては、ほぼuCloudlinkが提供しているベースモデルのままで、FREETELのノウハウが生かされていません。Prioriシリーズのように低スペックながら安価な端末や、KIWAMIシリーズのようなハイスペック端末にクラウドSIMが載っていても、おもしろかったかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲MAYA SYSTEM側でチューニングはしたというが、カメラもFREETELのノウハウを活用してほしかったところだ

MAYA SYSTEMによると、次世代機の企画もすでに進んでいるといい、この端末はよりuCloudlink側と密に連携したものにしていくといいます。FREETELのノウハウが注入されるのは、この端末からになるでしょう。特にカメラやユーザーインターフェイスは、FREETEL端末の方がいいと感じただけに、次のモデルでは、両ブランドの融合に期待したいところです。

自社のサービスをスキップされてしまう可能性もあるため、大手キャリアが採用するスマホが対応するのはまだまだ時間がかかりそうですが、jetfonのような端末は、今後徐々に増えていきそうです。たとえば、アップルが次期iPhoneをDSDS対応にして、その1つがApple SIMではないかとのウワサもありますが、実現すれば、そこに追随するAndroid端末メーカーも出てくるでしょう。jetfonも、その先駆けとして注目しておきたい1台といえます。

BlackBerry(ブラックベリー)SIMフリーのスマホの人気ランキング!!

BlackBerry(ブラックベリー)は、カナダブラックベリー(旧リサーチ・イン・モーション)社が開発し、現在は中国TCL集団などが企画・製造・販売を行っている携帯端末と関連するサービス

日本ではあまり見ませんが。実はコアなファンも存在する人気メーカです。

ということで今回はスマホの商会を行います。

第5位 BlackBerry Q10

q10

BlackBerry Q10はOS10シリーズになってからの

第一弾のQWERTYキーボードも出するです。

海外SIMフリー版しかなく、日本未発売モデルとなります。

発売当初は日本語に対応していなく、難ありか?

という話題にもなりましたがOSアップデートに伴い、

日本語化になり人気商品となりました。

Q10にはトラックパッドがないのと

それまでのOS7との違いに慣れが必要だったスマホです。

 


第4位 BlackBerry Torch 9810

BlackBerry Torch 9810

BlackBerry Torch 9810 はBlackBerry OS7搭載で

BlackBerryでは珍しいスライド式の

大画面タッチスクリーン&QWERTYキーボード端末。

BlackBerry Torch 9800の後継機でもあります。

その独特なデザインは、多くのBlackBerryユーザーを魅了しました。

少し重量があるので重たく感じる方もいたかと思いますが、

販売終了になる最後まで人気のモデルでした。

 


第3位 Blackberry Classic

Blackberry ClassicBlackberry ClassicwBlackberry Classicb

 

Blackberry Classicは2014年12月発売。

BlackBerry OS 10搭載で

QWERTYキーボード対応のスマホです。

当時、BlackBerryユーザーさんからは

待ちに待った待望のモデルです。

最大の特徴はトラックパッドの復活ですね。

その形はBlackBerry 9900を彷彿とさせるデザインでした。

そして一部Android OSも使える事で、実用的でもある現行販売モデルです。

しかしBlackberry Classicは既に生産終了となってしまい僅かしか在庫がありません…。

 


第2位 Blackberry Bold 9900

BlackBerry 9900

 

Blackberry Bold 9900はBlackBerry OS7を搭載した

Black Berry Bold & Torchシリーズです。

WebkitベースのWebブラウザを搭載していて

BlackBerry史上最速のWEBブラウジングということで

当時はこのBlackberry Bold 9900旋風が起こりました(笑)

またBlackberry Bold 9900はドコモからも発売していて

販売終了後も再発売したりとドコモ版も人気でした。

ドコモのBISサービスが終了するので、

現在も使用の方は殆どは電話での使用という形なってしまいます。


第1位 Blackberry Bold 9780

9780

 

Blackberryスマホ、堂々の1位は

Blackberry Bold 9780!

Blackberry Bold 9780は前作のBlackberry Bold 9700と

見た目やサイズ、重さは同じですがメモリが倍増になり

9700より大きく進化しました。当時、最新OSである

BlackBerry OS 6で現在のモデルと比べると

ブラウジングの速度は劣りますがバッテリーの持ちが良く

2,3日充電しなくても使用できたのが

今では考えられない事ですね。また大きさ、サイズ感も絶妙で

「Blackberry史上最強」と呼ばれたスマホです。

HTC Vive Trackerの仕様 レビュー!VRに現実のものを“持ち込む”「Viveトラッカー」

VR体験施設などでは、手足や道具など様々なものをVRに“持ち込む”ことで、VR内で現実との感覚が同期するコンテンツが出てきています。このような分野で主に使用されているのは、HTC社が販売を行っているVRヘッドセット「HTC Vive」用の周辺機器「Vive Tracker」(Viveトラッカー)です。

HTC Vive Tracke

今回はこの「Viveトラッカー」について、具体的な使用例を含めて紹介します。

目次

1.Viveトラッカーとは?
2.Viveトラッカーでできること
3.Viveトラッカーの価格・購入方法は?
4.Viveトラッカーを使った具体例4選
5.実際に筆者が使用した例

Vive トラッカーとは?

「Vive Tracker」(以下、トラッカー)は、PC向けVRヘッドセットの「HTC Vive」向けアクセサリーです。さまざまな物体に取り付けることができ、装着した物体の位置を正確にトラッキングすることができます。これにより、例えば棒やモデルガンの先端に取り付けることで、VR内でそれらの位置を割り出し、現実での動きとVR内での動きを同期させることができます。

HTC Vive Tracke
(放水ホースの先端にトラッカーを装着し、VRで消防訓練を行っている様子。現実とVR内で消防ホースの位置を同期することで、よりリアルな訓練が可能)

トラッキング可能な角度は下部を除く約270度。範囲外になるとトラッキングできなくなってしまうので注意が必要です。また、トラッカーには下部にスプリングタイプのPogo Pin(ポゴピン)が6個備え付けられており、ピンを使用することで電源供給やボタンの押下といった入力、振動やLED点灯といった出力も可能となっています。

Vive トラッカーでできること

上記の通り、トラッカーを使用することで、現実世界にあるアイテムを、モーショントラッキングされたオブジェクトやコントローラーとしてVR空間内に取り込むことができます。

例えば手や足にトラッカーをつけることで、コントローラーを握らないようなコンテンツであっても手、足の位置をトラッキングすることができ、また銃のような形状のデバイスに取り付けることでより没入感の高いVR体験ができるようになります。

HTC Vive Tracke
(HTC Viveで使うことができるガンコントローラー。Viveトラッカーに対応している)

HTC NIPPON株式会社は、「HTC Vive」向けのアクセサリーとして新たに「汎用ラケット・卓球ラケット」を追加しています(ただし、トラッカーは別売りとなっているため注意が必要)。

HTC Vive Tracke
このアクセサリーを使用することで、テニスや卓球といったVRコンテンツも、より高い没入感で体験することができるようになります。

Viveトラッカーの価格・購入方法は?

トラッカーはHTC Viveの公式サイトから購入することができます。販売価格は12,500円(税込)となっており、同梱品としてUSBケーブル、2.4GHzドングル、ドングルクレードルなどが付属。完全充電時には約6時間動作します。

ただし、トラッカーは2018年2月現在では在庫切れが続いており、入手が困難となっています。メーカーであるHTC NIPPONに問い合わせたところ「供給回復は3月中旬~下旬」を見込んでいるとのこと。安定して手に入れるには、少し待つ必要がありそうです。

(参考記事)

Viveトラッカーの在庫切れが続く 供給回復は3月中旬以降 | Mogura VR

Viveトラッカーの在庫切れが続く 供給回復は3月中旬以降 | Mogura VR

MoguraVR

ペアリング方法

  1. USBワイヤレスドングルをPCに接続
  2. SteamVRメニューから、デバイス>コントローラーのペアリング
  3. 電源ボタン(Viveマーク)長押しでLEDが青く点滅
  4. ペアリングに成功するとLEDが緑に点灯

ワイヤレスドングルはUSBハブを使って1ポートに4台接続しても大丈夫でした。

充電方法

  1. ACアダプタでMicroUSB接続
    • 最大5V/1000mA。最大充電時間1.5時間。
  2. PCとMicroUSB接続
    • 最大5V/500mA。最大充電時間3時間。
  3. Pogo Pinの3番に5V給電
    • 最大5V/500mA。最大充電時間3時間。

最大充電時の連続稼動時間は6時間程度のようです。

ファームウェアアップデート

  • USB接続してSteamVRメニューから、デバイス>ファームウェアの更新
  • 設定からBluetoothコミュニケーションを有効化しておくと無線での更新が可能。(管理者ユーザーじゃないとBluetoothドライバが正しく入らない可能性有り)

視野角(FOV)

トラッキング可能な角度は270度。
下側をベースステーションに向けている状態ではトラッキングできなくなるので注意。
アクセサリと組み合わせて使う場合は、アクセサリによる死角にも注意。

HTC Vive Tracke

接続例

公式ドキュメントには接続例として、5つのケースが紹介されていた。

Use Case 1 : Tracker USB通信

USB接続でシンプルにトラッキング情報だけを使う場合。

HTC Vive Tracke

Use Case 2 : Tracker USB通信 + アクセサリ 別途通信

TrackerはUSB接続。アクセサリ用のデータは別途BluetoothやWiFiや有線等でご自由にどうぞ、というスタイル。

HTC Vive Tracke

Use Case 3 : Tracker 無線通信

Trackerをドングルで無線接続。無線でトラッキングだけ行う場合。

HTC Vive Tracke

Use Case 4 : Tracker 無線通信 + アクセサリ 別途通信

Trackerをドングルで無線接続。さらにアクセサリ用のデータを別途用意してね、というタイプ。

HTC Vive Tracke

Use Case 5 : Tracker&アクセサリ 無線通信

Trackerもアクセサリのデータも全部ワイヤレスドングルでまとめて通信する場合。
独自アクセサリを開発する場合、一番スマートな構成なのでこれを目指したい。

HTC Vive Tracke

Vive トラッカーを使った具体例4選

『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』

新宿にあるVR体験施設、VR ZONE SHINJUKUの『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』では、ドラゴンボールの「かめはめ波」を撃つためにトラッカーが使用されています。

HTC Vive Tracke
HTC Vive Tracke

HTC Vive Tracke

Viveトラッカーが付いたグローブとサンダル、そしてベルトを装着。これにより手足や腰の位置をトラッキングし、かめはめ波の「両腕を腰に当てて”気”を溜め、身体をひねって両手を右の腰に持っていき、叫びながら両手を突き出す」という動作を認識、VR内でかめはめ波が出せるという仕組みになっています。

(参考記事)

かめはめ波を撃つには修行から VR ZONE『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』攻略レポ | Mogura VR

かめはめ波を撃つには修行から VR ZONE『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』攻略レポ | Mogura VR

MoguraVR

『マリオカート アーケードグランプリ VR』

『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』と同じくVR体験施設VR ZONE SHINJUKUで体験できる『マリオカート アーケードグランプリ VR』でもトラッカーが使用されています。

HTC Vive Tracke

ハンドルとペダルがあるゲームセンターで使用されているものと同じ筐体に乗り込みますが、両手には手の位置をトラッキングするためのトラッカーを装着します。

HTC Vive Tracke

カートの操作はハンドルとペダルで行います。では、トラッカーが何に使用されているかというと、コースの数か所に設置されているアイテム補給地点でのアイテムをキャッチする際に使用します。

HTC Vive Tracke

アイテムはみどりコウラやバナナなどおなじみのものですが、それぞれ手を動かして使う必要があります。コウラは狙いを定めて(後ろを含む)投げたい方向に投げつけたり、ハンマーは振り回して隣のプレイヤーを攻撃したり。実際に手を動かしてアイテムを使用します。

【国内正規品】 HTC VIVE Tracker 2018

新品価格
¥12,140から
(2018/10/28 13:00時点)

Newzerol For HTC VIVE Tracker 2018/2017専用 ホルダー ロングセクション VR アクティブトラッカー対応 スタンド ストラップ 胸 腰対応

新品価格
¥3,980から
(2018/10/28 13:00時点)

Newzerol For HTC VIVE Tracker 2018/2017専用 ホルダー VR アクティブトラッカー対応 スタンド ストラップ

新品価格
¥3,380から
(2018/10/28 13:01時点)

 iPhone X の注目すべき新機能・便利な使い方まとめ!!

3機種同時に発表された新しいアイフォン。

iPhone7/7Plusの後継機で硬派な進化を遂げた「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」。

そして、多くの人が待ち焦がれていたフルモデルチェンジの全く新しいアイフォンである「iPhone X」。

そこで今回は、 iPhone X の注目すべき新機能をピックアップしてご紹介しますので、よろしければ購入検討の参考にどうぞ

未来のアイフォン「iPhone X 」注目の新機能トップ10

いま入手できるベストのアイフォン「iPhone X」その未来に向けた新機能をチェック!

1. 全く新しいデザイン
アイフォンX(テン)は、従来アイフォンのトレードマークだった丸いホームボタンを廃止することで、スクリーンが全面に広がったベゼルレスという額縁の幅を極限まで細くした先進的なデザインを実現しました。

アイフォンXベゼルレス

これにより、本体サイズはiPhone 8 Plus より小さいにもかかわらず、画面サイズは5.8インチとiPhoneの中では最大。ボディカラーはスペースグレイとシルバーから選べるのですが、このベゼル(縁)の部分は両モデルとも同じ黒で統一されています。

画面サイズは5.8インチ

また、ホームボタンを取り除いたデザインにより、以前はコントロールセンターへのアクセス方法だった画面下から上にスワイプする操作が、ホーム画面へのアクセス方法になるなどの新しい操作ジェスチャーが盛り込まれています。

全面強化ガラスのシームレスで美しいフォルムが大きな特徴のひとつ。いいですなぁ。

アイフォンX

2. Super Retina ディスプレイ
iPhone X の画面は大きいだけではありません。アイフォン初の有機EL(OLED)ディスプレイを採用しており、従来のOLEDと比較してXの Super Retina ディスプレイでは「明るい画面、幅広い色域のサポート、正確な色再現精度」を実現しており、解像度も2,436 × 1,125 と最も高く、コントラスト比でも iPhone8 が「1400:1」なのに対して、Xでは「1000000:1」と圧倒的に上回っています。(ただ、細かすぎて視覚的に大きな差は感じないかもしれませんが、。)

Super Retina ディスプレイ

3. Face ID
Xではホームボタンが廃止され、従来のTouch ID(指紋認証)から、根本的に全く新しい仕組みであるFace IDという顔認証システムへと変更されました。つまり、ロック解除ならびにApple Payの認証もFace IDで行われます。この機能は前面上部に搭載されたTrueDepthカメラにより、3万個もの赤外線の点で顔を3Dスキャンして認証プロセスに用いるという未来的な仕様。

Face ID

髪型の違い、メガネ、化粧、体重の増加減などによる顔の変化もマシーン・ラーニング技術で賢く対応して読み取り、瞳の開け閉じも正確に認識することから、寝ている間に勝手にロック解除される心配もありません。まさに未来的!

face ID画面認証

アップル曰く、そのセキュリティ強度は非常に高く、Touch ID 誤認証の確率が 5万分の1 なのに対して、Face IDの誤認証の確率は100万分の1 ほど。照合精度が非常に高く優れたセキュリティ性が特徴です。

4. 新しいカメラ機能
なにが未来的な機能なのか?という点ではiPhone Xの目玉はやはり前面に搭載されたTrue Depthカメラでしょう。

Ture Depthカメラ

背面の通常カメラも1200万画素の広角・望遠カメラのデュアル仕様で十分に高性能。iPhone 8 Plusと比べてXの望遠レンズには手ぶれ補正搭載で、F値もf2.4とf2.8の8 Plusより若干高性能のレンズを搭載しており、暗い環境下での望遠撮影に適していますが、基本的なカメラ性能としては、ほぼ同等と言えます。

つまり、iPhone 8 / 8 Plus には無くて iPhone X に限り搭載されている最も注目すべき機能は前面の「TrueDepthカメラ」なのです。

この TrueDepthカメラは単に Face ID の顔認識に利用されているだけではありません。このカメラが搭載されたことにより、アイフォンXでは次のことが可能になりました。

  • 自撮りでもポートレートモード(被写界深度・ボケエフェクト)
  • 自撮りでもポートレートのライティング編集(スタジオ風照明エフェクト)
  • アニ文字/Animoji(50の顔筋肉の動きを読み取り、アニメキャラクターに表情の動きを投影する機能)

自撮りでのポートレートのライティング編集

前面の内向きカメラにもかかわらず 700万画素数の性能で画質も申し分なく、1080p HDのビデオ撮影も可能で、自撮り好きにはワクワクする機能が満載です。

5. A11 Bionic(バイオニック)
iPhone X と iPhone 8 / 8 Plus にはA11 Bionic という新しいCPUのチップが搭載されており、その性能はiPhone 7 から格段に向上しました。

アイフォンX A11 Bionic

A11チップは、2つの高性能コアと4つの高効率コアで構成されており、その性能はiPhone7と比較して高性能コアで25%、高効率コアで70%ほど速くなりました。また、ニューロエンジンなどとの連携でFace IDで用いるマシーンラーニングやAR(拡張現実)機能への強化が施されています。

A11マシーン・ラーニング技術

さらにCPUと相互的に機能するアップル独自の GPU(画像処理装置)も従来より30%速くなり、消費電力も2分の1と大幅に改善されています。(要はメッチャ速くサクサク動く訳です!)

6. バッテリーの持続性がアップ
アイフォンXでは、大きい画面、爆速のCPU、高性能カメラ、その手頃なボディサイズにもかかわらず、非常に優れた連続駆動時間を実現。

そのバッテリー電池の持ち時間は、従来のiPhone 7 と比較して2時間ほど伸ばすことに成功しています。

iPhone X バッテリー駆動時間:
連続通話 21時間、インターネット利用 12時間、ビデオ再生 13時間、音楽再生 60時間

A11と有機ELディスプレイの省エネ効果なのか、ボディサイズが一回り大きいiPhone 8 Plusとほぼ同じバッテリー駆動時間です。

7. ワイヤレス充電
去年の iPhone 7 リリース時にヘッドフォンジャックを廃止し、ワイヤレスイヤホンのAirPodsなどをリリースして「未来はワイヤレス」の構想を進めているアップル。

アイフォンXワイヤレス充電

そして、ついに iPhone X、8/8Plus からワイヤレス充電の機能がアイフォンに実装されました。

専用の充電パッドにアイフォン本体を置くだけで充電できるので、日々の充電習慣が大きく変わることになるでしょう。

しかも充電バッドはQi(チー)規格のものであれば、様々な充電パッドの中から好みのものを選んで使えるのも嬉しいところ。近い将来にはQi規格の充電パッドが公共の施設やカフェなどで利用できるようになるかもしれませんね。

Apple 純正のワイヤレス充電パッド「AirPower」の発売は2018年初頭を予定しています。

ちなみに、アップルの製品発表会でも紹介された iPhone X、iPhone 8/8Plus 対応のbelkin社製のワイヤレス充電パッドが既に発売中です。

8. 高速充電に対応
iPhone X、8/8Plus からApple 純正のUSB-C電源アダプタと専用ケーブルを使うことで、30分で最大50%の急速充電が可能になりました。急いで充電したい場合などに便利な機能。

ただし高速充電するためにはアップル純正のUSB-C電源アダプタとUSB-C Lightningケーブルが別途必要になりますから、欲しい方は検討してみてはいかがでしょう。(ちょっと割高な感じがしますが。。あれば確かに便利です)

9. 進化したスピーカー
スマホの中でも特に優れたスピーカーを搭載していた iPhone 7 でしたが、iPhone X、8/8Plusではさらにスピーカーの性能がアップ!

iPhoneX、8/8Plus スピーカー

従来のスピーカーより25%ほど音量が大きくなり、ベースの低音が強化されました。

10. Buletooth 5.0 に対応
iPhone X、8/8Plus は、新たにBluetooth 5.0に対応しています。一見地味な感じがするかもしれませんが、従来のBluetooth4.2より2倍速く、受信できる距離が4倍に伸びました。今後のBuletooth機器との連携を考えると頼もしいサポートです。特にBluetoothスピーカなどを利用している方には嬉しい機能。

 

 

 

10GBメモリ搭載のゲーミングスマホ「Black Shark Helo」レビュー!!

10GBメモリを搭載するゲーミングスマートフォンが中国Black Shark Technologyから登場、6.01型スマートフォン「Black Shark Helo」のバリエーションモデル

 

Black Shark Heloは、本体の側面に装着できるジョイパッドが付属した海外向けのSIMロックフリースマートフォン。同端末のメモリ8GB/ストレージ128GBモデルは2018年11月に秋葉原の一部ショップで取り扱いが開始されており、今回紹介するのは、メモリ10GB/ストレージ256GBの上位モデル

ブラックシャークヘロ

データによると、中国のモバイルゲームアプリ市場の普及率は2017年に76.1%に達し、ユーザー規模は7億7,600万人でした。つまり、10人中6人に1人が中国のゲームプレイヤーです。

このような大規模なプレーヤーグループと収入規模は、国内のスマートフォン市場にとって大きな成長の見込みがある市場です。多くのスマートフォンメーカーがモバイルゲームを念頭に置いていくつかのモデルを発売しているのはこのためです。

これは間違いなくゲームのスマートフォンの概念を提唱するためにブラックシャークの原動力の一つであり、そして市場はまたブラックシャークのビジョンを証明しました。新しいブランドとして、Black Sharkゲームスマートフォンは今年の618年に非常に注目を集めています。50秒で、10万台以上が販売されました。618の期間中に、ブラックシャークテクノロジーの売上高は200万を突破し、それはゲームスマートフォンのカテゴリと全体的な売上高の2倍の売上高を獲得しました。

新しいブランドにとって、このパフォーマンスは人々の期待を大きく上回り、ゲームフォンの市場分類に対する人々の認識を変えました。モバイルゲームプレイヤーは、プロレベルのeスポーツ機器を本当に必要としています。

我々はすでにBlack Shark Heloを前もって持っています。第一世代のブラックシャークゲーム電話と比較して、それは外観だけでなく多くの変化があります。

 

スペック

OS Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon 845
メモリ 6 / 8 / 10 GB
ストレージ 128 / 256GB
ディスプレイ 6.01型AMOLED
FHD+(2160×1080)
カメラ 1600万画素+2000万画素
インカメラ 2000万画素
 バッテリー 4000mAh 急速充電QC3.0 18W
寸法  160×75.25×8.7mm, 190g
その他 Wi-Fi 2.4GHz / 5GHz
デュアルnanoSIM
USB Type C

ブラックシャークヘロの外観

携帯電話のパッケージは黒で、会社のSロゴだけが付いています。

ブラックシャークヘロ

携帯電話はカスタマイズされた暗いテーマを使用しています。だからフロントパネルは驚くほどに見えます。

ブラックシャークヘロ

この画面は、Black Shark Heloの最も重要な機能の1つです。後者は6インチのサムスンAMOLEDスクリーンを持ち、2160×1080の解像度を持ち、P3ワイドカラーガマットとHDRをサポートします。Black Shark独自の画像処理チップを使用すると、理論上、AMOLEDの広い色域と高いコントラスト比を最大限に活用できます。これらは市場の他の電話ではまれです。

一番上には、非常に長いスピーカーとイヤホンのデザインがあります。Black Shark Heloは、ノッチスクリーンデザインを使用していませんが、従来の18:9フルスクリーンです。

ブラックシャークヘロ

フロントパネルの下部に別の長いスピーカーがあります。したがって、それらはステレオオーディオ体験を提供する。

ブラックシャークヘロ

Black Shark HeloがデュアルスーパーリニアSPKデバイスを使用して真のステレオ効果を実現していることは言及に値します。フロントパネルのスピーカーは、横向きモードにしても手で遮られることはありません。それはまたHeloのステレオスピーカーに低消費電力と小さなノイズをもたらすデュアルスマートPAを装備しています。

ブラックシャークヘロ

Black Shark Heloの底面は非常にシンプルで、センターマウントのType-Cインターフェイスは1つだけです。

ブラックシャークヘロ

胴体の左側には、パワーロッカーと音量ボタンがあります。スロットには細長いLEDストリップがあります。

ブラックシャークヘロ

胴体の右側には、SIMカードスロットのSharkボタンがあります。HeloのSharkモード – ゲーマーが大好きな高性能全血モード – を開くために使うことができます。右側にもLEDライトストリップがあります。

ブラックシャークヘロ

デュアルNano-SIMカードスロットが付属しており、メモリカードの拡張をサポートしていません。

ブラックシャークヘロ

背面パネルのデザインは、第一世代モードとは大きく異なります。

ブラックシャークヘロ

第一世代の携帯電話の背面には、階段形状とXデザイン言語が使用されています。背中全体が斑状で非常に認識しやすいですが、それはまたラフです。Black Shark Heloは、一般的にX言語のデザインを継承しています。しかしこれを基にして、それは大いに単純化され、そして精巧さの感覚が生まれる。

ブラックシャークヘロ

まず第一に、ブラックシャークヘロは金属製ミドルフレーム+ガラスバックプレートの二重材料設計を採用しています。つや消し金属材料は、ミドルフレームから背面のウエストラインまで伸びています。同時に、腰の後ろもバックガラスの保護を最大化することができます。

背中の中央はガラスの裏材で覆われています。これは視覚的により簡潔であるだけでなく、ガラスの温かい感触もグリップの快適さを大いに高めています。

Black Shark Heloの裏側は中心軸対称のデザインをしています。フラッシュ、デュアルカメラ、背面の指紋ホールはすべて中心軸上にあります。また、第一世代の携帯電話の三角形の質感も継承されています。

ブラックシャークヘロ

我々は、箱の中に黒いサメの二重翼のハンドル(左手)が付いている8 + 128GBの変種を標準として特別な電話ケースで見直しています。

ブラックシャークヘロ

第一世代のコントローラーと比較して、Black Sharkダブルウィングハンドルはよりコンパクトで、ジョイスティックに基づいて上下左右のボタンが追加されています。だから彼らはノーゲームの運用上の要件に対処することができます。

ブラックシャークヘロ

Black Sharkの2ウィングハンドルの下部もType-Cインターフェースを使って充電されます。

ブラックシャークヘロ

さらに、この角度から、Black Sharkのダブルウィングハンドルはスマートフォンと同じ平面にはないが、少し曲がっていることがわかります。このデザインは、ハンドルを握ったときにプレーヤーがより目立つスマートフォンスクリーンを持つことを可能にします、そして、他方では、それはより適しています。

ブラックシャークヘロ

Black Shark Heloハンドルアクセサリの3つのバージョンは同じではないことに注意してください。6 + 128GBと8 + 128GBバージョンはBlack Sharkダブルウィングハンドルのみを装備していますが、10 + 256GBバージョンは左右ダブルハンドル付きです。

ブラックシャークヘロ

Black Shark Heloの充電ヘッドは18Wの充電電力出力をサポートします。

ブラックシャークヘロのゲーム体験

Black Shark Heloの主な機能をテストするために、3つの大型モバイルゲームを選択しました。これらのゲームの中で、我々は名誉の王、PUBG、そして鉄拳3に言及することができます。

Black Shark Heloのフローティングボールにはフレームレート表示機能があります。そのため、各ゲームのフレームレートがわかります。

王の名誉

これは最も人気のあるMOBAモバイルゲームです。私たちは、ゲーム設定、マルチスレッド最適化、高精細画質、そして最高の画質で、高フレームレートモードを開きました。

ブラックシャークヘロ

Black Shark Heloのパフォーマンスは非常に安定していることがわかります。画像フレーム数は60フレームに維持されています。CPU周波数は1.5GHz以下に維持されています。負荷が非常に低いです。

PUBG

PUBGは現在最も人気のあるゲームです、そしてそれはスマートフォンのハードウェアを強く要求する大規模なモバイルゲームでもあります。HDR HD品質を設定と超高フレーム番号で開放しました。

ブラックシャークヘロ

テストでは、フレーム数は39〜40フレームの間で推移しており、これも非常に安定しています。

ブラックシャークヘロ

クラッシュ3

これは中国で最も人気のあるACGモバイルゲームです。スマートフォンのハードウェアには非常に異常な要件があります。Androidのキャンプはスムーズに動作するようにSnapdragon 845を持っています。超高画質と全60フレームをオープンしました。

ブラックシャークヘロ

このゲームでは、ブラックシャークヘロのパフォーマンスも非常に人目を引くです。最高フレームに維持されていませんが、総フレーム数は55フレームを超えています。

ブラックシャークヘロ

それがキングスの名誉、PUBGまたはクラッシュ3であろうとなかろうと、Black Shark Heloはフルフレームまたはフルフレーム近くでスムーズに走ることができることがわかります。

ブラックシャークヘロパフォーマンス

Black Shark Heloは、Qualcomm Snapdragon 845 SoC、6 GB、8 GB、および10 GBのメモリを搭載しており、Android 8.1をベースにしたJoy上で動作します。

ご存じのとおり、Snapdragon 845は、2018年のクアルコムの主力チップです。第2世代の10nmプロセスをベースにしています。それは最高2.8GHzのCPUクロック速度でKryo 385アーキテクチャを使います。これとは別に、CPUはAdreno 630 GPU、デュアルチャンネルLPDDR4Xメモリとペアになっており、ピークダウンロード速度は1.2Gbps、ピークアップロード速度は150Mbpsです。

あんつつ

AnTuTuでは、Black Shark Heloは290,000ポイントを獲得します。これは現在のAnTuTuリストの最高得点でもあります。ところで、ブラックシャークは長い間このリストを支配してきました。GFXBecnhとGeekbenchのランニングポイントに関しては、それらもトップレベルにあります。

ブラックシャークヘロ

PCMark

PCMarkのランニングポイントはエネルギー消費に偏っていることに注意すべきです。Black Shark HeloのPCMarkスコアは8508ポイントで、リストの最初にランクインしています。

ブラックシャークヘロ

アンドロベンチ

連続読み取り速度は約760MB / sで、これは標準のUSF2.1のパフォーマンスに相当します。

ブラックシャークヘロ

ブラックシャークヘロエクスペリエンス

HDR

Black Shark Heloの画面はHDR規格をサポートしています。しかし問題は、HDRがモバイルゲーマーにどれだけの利益をもたらすことができるかということです。

この質問に答えるためには、HDRの有用性を理解する必要があります。一言で言えば、画像の色レベルを向上させるための技術標準として、HDRをサポートする画面は一般的な画面よりも多くの色を表示します。

ここでは、HDRスクリーンディスプレイと非HDRスクリーンディスプレイの違いを比較するためのデモビデオとしてSony HDR 4Kを使用します。次の写真では、Black Shark Heloが一番下に配置されています。

ブラックシャークヘロ

この写真では、上の非HDRスクリーンディスプレイ効果は非常に暗いです、そしてBlack Shark Heloのスクリーンは明らかにより鮮やかです。

ブラックシャークヘロ

この写真では、コントラストがより明らかです。Black Shark Heloでは、左上隅の赤い色が非常に明るくなっていますが、HDR以外の画面では効果はそれほど顕著ではありません。明らかに、HDRスクリーンはより多くの色の詳細を示すことができます。

ブラックシャークヘロ

この写真では、Black Shark Heloの性能はまだ非常に優れていますが、非HDRスクリーンの効果はほぼ灰色であり、コントラストは明らかです。

これは、HDRビデオを再生するときのHDR画面と非HDR画面の違いです。それで、あなたがゲームをプレイするとどうなりますか?

ブラックシャークヘロ

この写真では、2つのスクリーン間で最大の違いがある葉の色がわかります。非HDRスクリーンの葉は緑色がかった黄色ですが、Black Shark Heloの緑色の葉は非常に正確です。

ブラックシャークヘロ

この写真では、同じ状況が芝生でも起こります。非HDRスクリーンの芝生はほぼ黄色で、Heloのスクリーンでは芝生は元に戻りました。

ブラックシャークヘロ

HDRスクリーンのおかげで、Black Shark Heloはスクリーン上により多くの色の詳細を表示できるため、より正確で正確な表示効果が得られます。

プロレベルのゲームドックバー

Black Shark Heloは、ゲーマー向けのゲームドックバーを設計しました。これにより、いくつかの一般的な機能がドックバーに統合され、プレイヤーは画面を切り取ることなく電話設定を調整できます。

ブラックシャークヘロ

ゲームでは、画面の右上隅から対角線まで、ゲームドックを呼び出すことができます。プレイヤーはネットワークを選択し、加速を片付け、拒否するように電話を切り替え、ゲームから飛び出すことなく目や他のモードを保護し、そしてハンドルを呼び出すことができます。

ブラックシャークヘロ

フローティングボールを開くと、ゲーム画面に半透明のボールが表示され、リアルタイムでゲームフレームの数が表示されます。ボールをクリックすると、CPU周波数やバッテリー温度などのハードウェア情報も表示されます。

ブラックシャークヘロバッテリー

Black Shark Heloは4000mAhのバッテリーを搭載しています。それとQualcomm Snapdragon 845の優れた電力消費のために、それは非常に良いバッテリー寿命を持つでしょう。これは特にゲームプレイヤーにとって非常に重要です。

オンラインビデオテスト

オンラインビデオを60分間再生しました。音量は40%、明るさは50%、残りの電力は96%でした。

60分後、Black Shark Heloは86%の残存パワーを示します。

ゲームテスト

残りの電力が85%になったときに60分間PUBGをプレイしました。

試合開始60分、Black Shark Heloの残存パワーは65%になります。

ブラックシャークヘロ

つまり、Black Shark Heloは、1時間のビデオ再生で10%の電力を消費し、1時間のゲームで20%の電力を消費します。したがって、あなたは連続的に10時間近くビデオを見たり、5時間近くゲームをすることができます。

熱テスト

Black Shark Heloには、その前任者のような液体冷却システムも装備されています。しかし、Heloは初めてサブエリアとサブモジュールの放熱を実現しました。また、デュアルヒートパイプ冷却を使用した最初のメーカーです。贅沢な冷却装置はより強い熱伝達容量およびより広い熱放散経路をもたらします。シングルヒートパイプの公式の熱伝達容量は5Wであり、ダブルヒートパイプの熱伝達容量は10Wに達します。

Black Shark Heloの前後の温度をテストするために、PUBGを30分間プレイしました。

最初の気温は約33度で、携帯電話の前面の温度です。

ブラックシャークヘロBlack Shark Heloの中央部の気温は約34度です。

ブラックシャークヘロ

最高気温は36度で背中の右上隅に表示されます。

ブラックシャークヘロ

二液冷却システムの助けを借りて、Black Shark Heloの熱放散効率は非常に高いので、マシン全体の温度は約34度に維持され、プレーヤーはそれをほとんど感じることができません。

ブラックシャークヘロカメラ

Black Shark Heloは12MP + 20MPデュアルカメラを搭載しています。しかし、Black Sharkはカメラセンサーモデルを開示していません。メインカメラのシングルピクセルサイズは1.25μm、サブピクセルサイズは1μmだけですが、4と1を組み合わせたものです。Black Shark Heloはカメラフォンではないことを考慮して、いくつかのサンプルを用意します。あなたの写真機能を見せてください。AIビューティーをサポートする20MPの正面カメラもあります。

日中のサンプル

ブラックシャークヘロブラックシャークヘロブラックシャークヘロブラックシャークヘロブラックシャークヘロブラックシャークヘロ

夜のサンプル

ブラックシャークヘロブラックシャークヘロブラックシャークヘロブラックシャークヘロブラックシャークヘロ

要約

パナソニック、4.7型頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-N1」レビュー!頑丈なスマホはアウトドアに

パナソニック モバイルコミュニケーションズは、頑丈さが売りの新型ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」を発表した。発売は10月を予定する。ドコモ夏スマホとして提供される「TOUGHBOOK P-01K」とは仕様を共有しているが、FZ-T1では本体上部にバーコードリーダーを搭載するなど、より業務用途を前提としたモデルとなる。ドコモ/auそれぞれのネットワークに対応した2モデルのほか、Wi-Fi版も用意される。

 

パナソニック「TOUGHBOOK FZ-T1」の主なスペック

パナソニック「TOUGHBOOK FZ-T1」の主なスペック
ディスプレー 5型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約75×154×13.1~17.5mm
重量 240g(予定)
CPU Snapdragon 210 1.1GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大2TB)
OS Android 8.1
無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:800万画素
バッテリー容量 3200mAh
防水/防塵 ○/○(IP68)
USB端子 microUSB
TOUGHBOOK FZ-N1

具体的には、頑丈性能をさらに向上しており、210cmからの落下試験を実施。動作温度は-20~50度に拡大したほか、長時間駆動約12時間(大容量バッテリー搭載時約19時間)を実現。時刻バックアップ機能も新たに搭載した。

  • 180cm落下試験
  • 連続落下試験※2:(100cm)2000回
  • MIL-STD-810G準拠の耐振動試験
  • 防塵・防滴/防水:IP66/68準拠
  • 動作温度:-10℃~50℃、保管温度:-30℃~70℃

ここまで頑丈となると、さすがに大きいんじゃないの? と思いがちですが、持ってみると意外や意外、片手で操作できちゃいます。

IPX6の防水性能は、消火栓のホースなど、内径12.5mmの注水ノズルであらゆる方向から100リットル/分の水量を噴射しても浸水しないことを保証する。水圧と水量はIPX5比で5~6倍に及ぶ。本体に水圧がかかっても端子のキャップが浮いたり、内側のパッキンを押し上げたりしないよう、構造を工夫したという。IP6Xの防塵(じん)と、-10℃~50℃の耐環境性能もサポートする。

軽量・高性能

  • クアッドコアCPU搭載
  • メモリー:2GB※4
  • ストレージ:eMMC 16GB※5
  • Android™ 6.0/Android™ 5.1.1

長時間駆動

  • 交換可能な高容量バッテリー搭載
  • 電源を切らずにバッテリー交換が可能
  • 急速充電に対応
  • 豊富な充電アクセサリー

3200mAhのバッテリーは取り外して交換できる。1~2分以内なら電源を切らずにバッテリーを交換できる「バッテリーウォームスワップ機能」も用意した。別売のクレードルで充電をすると急速充電となり、1時間で約6時間駆動の充電ができる。法人向けには、4端末を同時に充電できる4連式クレードルや、4つのバッテリーパックを同時に充電できる「バッテリーチャージャー」も販売する。

セキュリティ/サポート

  • 背面に指紋認証センサーを搭載
  • FIPS 140-2(レベル1)対応のセキュリティ
  • 3年間無償保証、修理完了まで約4営業日の迅速対応
  • 保証期間・保証対象の拡張が可能
  • 車載利用を支援するソリューションを用意

ザイズ

本体サイズは標準モデルが74(幅)×156(高さ)×16.3~31(奥行)mm、重量は約274g。大容量バッテリー搭載モデルが74(幅)×156(高さ)×26~31(奥行)mm、重量が約365g。バッテリーパック、ACアダプター(USBポート充電用)、USBケーブルが付属する

 

 

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」スペック・機能比較!値段を考慮した上でどちらを選ぶべきか!!

ソニーモバイルコミュニケーションズが発売している「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Premium」

このXperia XZ2 Premiumと同じXZ2シリーズのXperia XZ2とは何が違うのか。

購入をお考えの方のためにスペック・機能・本体のサイズ感を比較しましたのでお悩みの方はご参考ください。

 

Xperia XZ2とXperia XZ2 Premiumの基本性能

Xperia XZ2 Xperia XZ2 Premium
本体サイズ 高さ153 × 幅72 × 厚さ11.1 mm 高さ158 × 幅80 × 厚さ11.9 mm
重さ 約198g 約230g
CPU Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
Snapdragon 845
2.8GHz+1.8GHz(オクタコア)
OS Android 8.0 Android 8.0
ストレージ(ROM) 64GB 64GB
メモリ(RAM) 4GB 6GB
画面サイズ 約5.7インチ
トリルミナス® ディスプレイ for mobile 2,160×1,080(Full HD+)
約5.8インチ
トリルミナス® ディスプレイ for mobile 3,840 × 2,160(4K)
カメラ画素数 メイン:約1,920万画素
サブ: 約500万画素
製品名 ソニー Xperia XZ2 Premium ソニー Xperia XZ2
発売日 2018年07月27日(ドコモ)、2018年08月10日(au) 2018年05月31日
キャリア au、ドコモ au、ドコモ、ソフトバンク
価格 11万円前後 10万円前後
シリーズ エクスペリア(Xperia)
OS Android 8.0 Oreo
CPU(プロセッサー) Snapdragon 845 (SDM845) オクタコア、4x2.8GHz+4x1.8GHz
内部メモリー 64GB UFS
外部メモリー microSDXC(400GB)
RAM 6GB 4GB
バッテリー容量/急速充電 3400mAh、ワイヤレス充電Qi、Quick Charge 3.0 3060mAh、ワイヤレス充電Qi、Quick Charge 3.0
防水・防塵・耐衝撃機能 IPX5・IPX8/IP6X(IP65/68)、Corning Gorilla Glass 5
セキュリティ 指紋認証(背面に設置)
ホームボタン オンスクリーンキー
モニター/画面解像度 5.8インチ、4K(3840×2160ドット)、比率16:9 5.7インチ、フルHD+(2160×1080ドット)、比率18:9
液晶パネル トリルミナス ディスプレイ for mobile、X-Reality、HDR動画再生対応
アップコンバート機能 4Kアップコンバート、HDRアップコンバート HDRアップコンバート
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
受信時最大 958Mbps(au)、988Mbps(ドコモ) 958Mbps(au)、988Mbps(ドコモ)、774Mbps(ソフトバンク)
送信時最大 112.5Mbps(au)、75Mbps(ドコモ) 112.5Mbps(au)、75Mbps(ドコモ)、37.5Mbps(ソフトバンク)
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
Bluetooth ○(5.0)
GPS
テレビ ワンセグ、フルセグ
ハイレゾ ○(FLAC、DSEE HX、LDAC、aptX対応)
画素数(背面/アウトカメラ) 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型) 1/2.3型、25mm F1.8+1220万画素Exmor RS(白黒) 1/2.3型 F1.6 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型) 1/2.3型、25mm F2.0
Motion EYEカメラシステム ○(Motion EYEデュアルカメラシステム)
AUBEフュージョン画像処理エンジン
先読み撮影 ○(笑顔検出に対応)
アンチディストーションシャッター
動画 4K 30fps、HLG(Hybrid Long Gamma)フォーマットの4K HDR 24fps撮影
ハイスピード動画 960fps(1080p、720p)
ISO 静止画ISO51200・動画ISO12800 静止画ISO12800・動画ISO4000
その他の背面カメラ機能 8倍デジタルズーム、5軸手ブレ補正
画素数(正面/インカメラ) 1320万画素Exmor RS 1/3.06型、22mm F2.0 500万画素Exmor R 1/5型、23mm F2.2
その他の正面カメラ機能 5軸手ブレ補正、静止画ISO3200・動画ISO1600、ディスプレイフラッシュ 5軸手ブレ補正、静止画ISO1600・動画ISO1000
STAMINAモード
いたわり充電
3Dクリエイター(3D撮影機能) ○(インカメラも対応)
ダイナミックバイブレーションシステム ○(映像コンテンツに合わせてスマホを振動)
コネクター USB Type-C 3.1 Gen1
ヘッドホンジャック -(USB Type-Cの変換アダプターで対応)
スピーカー 「S-Force」ステレオスピーカー
デザインのコンセプト名 Ambient Flow(アンビエントフロー)、背面は光の反射をイメージ Ambient Flow(アンビエントフロー)、背面は光の透過をイメージ
作り 背面:ミラー加工の3D曲面ガラス、側面:アルミフレーム 背面:光沢仕上げの3D曲面ガラス、側面:金属メタルフレーム
80mm 72mm
高さ 158mm 153mm
奥行き 6.4-11.9mm 6-11.1mm
重さ 236g 198g
カラー クロームブラック、クロームシルバー リキッドブラック、リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンク(ドコモ、auのみ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

サブ: 約1,320万画素

性能を比較すると、CPUやAndrois OSなど根本的な部分に差はありません。

  • メモリが6GBと大容量!
  • ディスプレイが大きく4K対応
  • Xperiaシリーズ初のデュアルカメラ搭載

Xperia XZ2とXperia XZ2 Premiumのサイズ感

Xperia XZ2 PremiumのデザインはXZ2/XZ2 Comapctのテイストを継承しており、特にXZ2と共通部分が多い。表と裏側どちらも3Dガラスを採用しており、全般的に丸みを帯びている。角もそがれていて持ちやすそうだ。側面にはアルミのフレームを採用している。

Xperia XZ2 Premium左からXperia XZ2 Premium、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compact。基本デザインは共通している
Xperia XZ2 Premium角張っていたXperia XZ Premium(右)と比べると、Xperia XZ2 Premium(左)は丸く大きくなった

一方、丸くなった分厚くもなっており、Xperia XZ Premiumの7.9mmから11.9mmに奥行き(厚さ)が増えている。幅はXZ2の72mm、XZ Premiumの77mmから80mmに増えている。重さはXZ2の198g、XZ Premiumの191gから236gにまで増えてしまい、なかなかのヘビー級だ。片手で長時間持ち続けると、手が疲れてしまうかもしれない。ワイヤレス充電への対応に伴い、背面にもガラスを採用したことが影響しているのだろうか。

ディスプレイは、HDR表示対応の5.8型4K(2160×3840ピクセル)液晶を搭載。ディスプレイサイズはXperia XZ2比で0.1型、Xperia XZ Premium比で0.3型大きくなっている。さらに、Xperia XZ2 Premiumでは「RGBW(赤・緑・青・白)」画素を採用したことで、XZ Premium比で最大輝度が約30%向上している。

 

背面カメラ

「Xperia XZ2 Premium」は背面にデュアルカメラが搭載されていますが、「Xperia XZ2」はシングルカメラです。「Xperia XZ2 Premium」は1920万画素のカラーセンサーで色情報を取得し、1220万画素のモノクロセンサーで輝度情報を取得します。画像処理プロセッサー「AUBE(オーブ)」で2つの撮影データを合わせることで、静止画ではISO51200・動画ではISO12800の高感度性能(暗所での撮影)に対応することができます。一眼カメラのようなボケ表現や、モノクロ撮影にも対応するようです。
※2018年8月28日にドコモ、29日にauの「Xperia XZ2 Premium」にボケ・モノクロ撮影機能が追加されました。

正面カメラ

「Xperia XZ2 Premium」は1320万画素 22mm F2.0のインカメラを搭載していますが、「Xperia XZ2」は500万画素 23mm F2.2です。「Xperia XZ2 Premium」のほうがより画素数が多く、レンズがより広角でF値が明るくなっています。高感度性能は、「Xperia XZ2 Premium」が静止画ISO3200・動画ISO1600なのに対し、「Xperia XZ2」は静止画ISO1600・動画ISO1000です。

 

RAMメモリーとバッテリー

「Xperia XZ2 Premium」は6GBのRAMメモリーに3400mAh(海外モデルは3540mAh)のバッテリー容量ですが、「Xperia XZ2」は4GBのRAMメモリーに3060mAh(海外モデルは3180mAh)のバッテリー容量です。

Xperia XZ2 Premiumを買いたい方

  • ゲームを始め、多くのアプリを使う方
  • カメラ好き・プロのカメラマンの方
  • 高画質動画をたっぷり楽しみたい方

性能や多機能性を求めないならXperia XZでもんだいないです。

しかし携帯に様々な機能を求めて、便利に使いたいなら「Xperia XZ2 Premium」がおすすめです。

 

Sony Xperia XZ2 Premium H8166 (64GB) – Chrome Black ブラック SIMフリー【並行輸入品】

新品価格
¥86,960から
(2018/11/24 10:48時点)

au Xperia XZ2 SOV37 リキッドブラック

新品価格
¥53,700から
(2018/11/24 10:49時点)

世界初の折りたたみ画面スマホ「FlexPai」レビュー・評価 「Nubia X」とのスペック比較も!!

SamsungやHuaweiが間もなく発表すると言われる折りたたみディスプレイ端末ですが、それら大手メーカーを出し抜いて、中国のメーカーRoyoleが世界初となるモデル「FlexPai」を発表しました。

Royoleは、スマートフォン業界ではまったくの無名ですが、もともとはフレキシブルディスプレイを手掛けるメーカーです。その技術力アピールのために、折りたたみ端末を作ってみたといったところでしょうか。

「FlexPai」は2018年11月1日に中国Royole社から、「Nubia X」は2018年10月31日に中国Nubia社(ZTEの子会社)から発表されたスマートフォンです。「FlexPai」は折り畳み画面を搭載し、「Nubia X」は背面にもディスプレイを搭載した2画面スマホになっています。どちらも革新的な機種なので外観・スペックを比較してみました。

 

特徴の違い
  • 【FlexPai】
    「FlexPai」は世界で初めてディスプレイ画面を折りたたむことができるスマートフォンです。ディスプレイを広げた状態では7.8インチ(1920×1440)の大画面になり、折り曲げた状態では3画面のディスプレイ「表面:810×1440(比率9:16)、裏面:720×1440(比率9:18)、側面:390×1440(比率6:21)」になります。側面(折れ目部分)には各種の通知を表示できます。ディスプレイは20万回以上の折り曲げに対応可能です。カメラはディスプレイ方面のみにデュアルカメラが搭載され、向きを変えることでアウト/インカメラとして使用できます。
  • 【Nubia X】
    「Nubia X」は正面と背面にディスプレイを搭載したスマートフォンです。背面に搭載された有機ELディスプレイは正面と同様に通常のディスプレイ画面を表示でき、「Always On Display(AOD)」機能を利用して壁紙や時計などを常時表示させることもできます。正面はノッチがない狭額縁設計(ベゼルレス・デザイン)によりディスプレイの画面占有率93.6%を実現しています。インカメラは非搭載ですが、裏面に持ち方を変える(裏返す)ことで背面ディスプレイを見ながら自分撮り可能です。指紋センサーは両サイドに設置されているので表裏どちらの利用時でもロック解除が容易です。

 

「FlexPai (RY1201)」と「Nubia X (ヌビア)」のスペック違いを比較
製品名 Royole FlexPai ZTE Nubia X
発売日 海外では2018年12月 未確認
キャリア 未定
SIMカード nanoSIMx2
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS) デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV) 未確認
価格 14万円台~ 5万円台~
シリーズ FlexPai Nubia X
発売時のOS Water OS(Android 9.0がベース) nubia UI 6.0.2(Android 8.1がベース)
CPU(プロセッサー) Snapdragon 8150 オクタコア (2.8GHzx8) Snapdragon 845 オクタコア (最大2.8GHzx8)
外部メモリー microSDXC(256GB)
内部メモリー 128GB、256GB、512GB 64GB、128GB、256GB UFS 2.1
RAM 6GB、8GB
バッテリー容量/急速充電 3800mAh、5V/5A(Royole Roチャージ) 3800mAh、9V/2A Quick Charge 3.0
防水・防塵・耐衝撃性能 120cmの高さから落下の耐久性
セキュリティ(生体認証) 指紋認証センサー(側面に設置) 指紋認証センサー(両側面に2つ設置)
モニター/画面解像度 7.8インチ、(1920×1440ドット)、308ppi、比率4:3 6.26インチ、フルHD+(2280×1080ドット)、画面占有率93.6%、比率19:9
パネル 有機EL、Flexible AMOLED(フレキシブル有機ELディスプレイ) 正面:液晶、背面:有機EL(タッチ操作も可能)
ディスプレイ機能 折りたたみ式 背面に5.1インチ(1520×720ドット、比率19:9)のOLED搭載、ブルーライト低減
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンド LTE: 1 / 3 / 4 / 7 / 8 / 12 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 LTE: 1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
Bluetooth ○(5.1) ○(5.0)
GPS ○(予想)
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
ハイレゾ 未確認 FLAC対応
画素数(背面カメラ) 1600万画素 F1.8+2400万画素 F1.7
画素数(正面カメラ) 1600万画素+2000万画素 F1.8
撮影機能 光学式手ブレ補正 240fps、PDAF(像面位相差AF)
AI機能
コネクター USB Type-C
ヘッドホンジャック
オーディオ ステレオスピーカー 未確認
各種センサー 環境光、近接、加速度、ジャイロ、コンパス、Hall、バロメーター 環境光、近接、加速度、ジャイロ、コンパス
190.35mm 73.3mm
高さ 134mm 154.1mm
奥行き 7.6mm 8.4mm
重さ 320g 181g
カラー ブラック ブラック、黒金、青金、ブルー

折りたたみ可能なデザイン

FlexPaiは、他とは違う電話です。あなたが最初に目を覚ますとすぐに目立ちます。折り畳まれたとき、デバイスは7.8インチのディスプレイを提供します。これは、「小型タブレット」の領域にしっかりと位置し、1,920 x 1,440ピクセルの解像度を備えています。フォールドアップすると、FlexPaiは突然2つのディスプレイを提供します.1つは16:9のアスペクト比で、もう1つは18:9のアスペクト比です。Royoleは、2つのディスプレイを備えたデバイスのユースケースをいくつか示しました。たとえば、誰かの写真を撮るときは、フロントとバックディスプレイの両方にファインダーを表示して、撮影中に自分自身を見ることができます。

それについて言えば、あなたは20MPの望遠と16MPの広角の2つのレンズのうちの1つでそれらの写真を撮ることができます。しかし、おそらく、 代わりにノキア9 の驚くべき5レンズPureViewカメラを試してみてください?またはiPhone XRまたはPixel 3

Christian de Looper /デジタルトレンド

2つ目のディスプレイを折り畳んだ状態で使用する必要はありません。FlexPaiは、使用しているディスプレイを自動的に検出し、他のディスプレイをオフにします。限られた時間では、それは合理的にうまくいくことがわかりましたが、どのディスプレイを使用するべきかをソフトウェアが突き止めたりスキップしたりすることがよくありました。

画面自体はガラスではなく、プラスチックで、Royoleはそれが劣化するまで20万回折り畳むことができると言った。あなたが1日100回それを折りたたむ場合、多くの折り目が意味するスクリーンは、大きな磨耗と涙が見えるようになる前に、5年持続する問題はありません。この電話を何度も展開することはほとんどありません。デバイスを折り畳む際に何の問題もなくても、ディスプレイのヒンジ部分の下に気泡がいくつか見られ、タッチの感度が不安定でした。私たちはこれが電話機がプロトタイプであり、これらの問題が最終バージョンに存在すべきではないためだと言われました。我々は懐疑的ですが、私たちは見つけ出すために待って見なければなりません。

私たちはディスプレイのヒンジ部分の下に気泡がいくつか見られ、タッチの感度は驚異的でした。

電話機はヒンジで折り畳まれ、電話の両面には隙間があり、デバイスを厚くするだけでなく、持ち運びや使用に少し厄介です。携帯電話の厚さと全体的な感触は、FlexPaiを快適に使用できないため、これがスマートフォンの未来である場合、携帯電話メーカーが対応しなければならない折りたたみ可能なものです。

2018は、画面周りのエッジが最小限に抑えられたベゼルレスのスマートフォンのトレンドを続けていますが、FlexPaiにはちょうつがいのベゼルがあるため、折り畳み式の携帯電話で時間を遡る必要があるようです。タブレットに折り畳まれると、ベゼルが上部にあります。電話モードでは、2つのディスプレイの1つの左側にあります。その厚さのベゼルには、20メガピクセルの望遠レンズと16メガピクセルの広角レンズの2つのカメラセンサーがあります。

CLUNKYソフトウェア

おそらくFlexPaiの最大の疑問符はソフトウェアです。携帯電話を折り畳んだり展開したりするたびに、ソフトウェアは少し前にスキップして正しいモードで解決しました。RoyoleがWater OSと呼ぶAndroidのフォークされたバージョンを実行している。同社は、リリース前にソフトウェアが適切に動作することを確認する作業はまだ進んでいると語った。さらに、特別な開発をせずにFlexPaiでサードパーティのアプリケーションがどれくらいうまく機能するかも不明です。「サードパーティ製のアプリケーションはそのままで動作しますが、特別に開発されたアプリケーションはうまくいくでしょう」と尋ねられました。私たちは、この携帯電話が一般的なアプリケーションをすべて最適化された状態で実行できるとは確信していません方法。

ロイヤルフレックスパイ製品の印象を手に
Christian de Looper /デジタルトレンド

この携帯電話には、6GBまたは8GBのRAM、128GB、256GB、または512GBのストレージオプションが搭載されています。Royoleによると、このチップセットは7nmプロセスで開発されたクアルコムの「8シリーズ」プロセッサです。これは、デバイスが次世代のクアルコムの主要プロセッサーを搭載している可能性があることを意味して います。そのチップが呼び出されるのはまさに目に見えますが、おそらく5Gのサポートをもたらすでしょう。

結論

Royole FlexPaiは、世界で初めての折り畳み式携帯電話のような興味深い製品ですが、コンシューマー向け製品とはほとんど感じられません。サムスンでは、近い将来、より洗練されたデバイス(hello、Galaxy X!)を発表する予定だが、米国では誰も聞いたことがないブランドの電話で歩き回っている人々を想像するのは難しい。コストもあります。Royoleは、6GBのRAM + 128GBのストレージモデルでは8,999元(1,300ドル)、8GB RAM + 256GBストレージモデルでは9,998元(1,445ドル)、中国では12,999元(1,879ドル)のコストで、 8GBのRAM + 512GBのストレージモデル。1000ドル以上のスマートフォンの時代でさえ、それは、正常に動作することが証明されていない、または本当に有用であることが証明されている1世代の携帯電話に支払う現金の多くです。

Xperia XZ Premium(G8142)のレビュー!プレミアムな使用感は??

Xperia XZ Premium(G8142)を購入してから1ヶ月経過したので実機レビューしたいと思います♪

設計

  • ガラス、金属、プラスチック製
  • サイドマウント型の指紋スキャナが便利です

スペック

Xperia XZ Premium(G8142)のスペックですがハイエンドモデルらしいスペックになってます♪

項目 Xperia XZ Premium(G142)
OS Android 7.1.1
CPU Qualcomm製Snapdragon 835
メモリ 4G
容量 64GB
サイズ 高さ×幅×厚さ
156×77×7.9mm
重さ 191g
画面サイズ 5.5インチ
解像度 3840×2146ドット
メインカメラ 約1,900万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,300万画素
バッテリー 3,230mAh
防水・防塵 IP65/IP68

やはりXperia XZ Premium(G8142)は最新のCPUであるQualcomm製Snapdragon 835を採用しているところです♪

ベンチマークアプリ(AnTuTu)でテストした結果
f:id:jin4817:20170730162208j:image

ハイスペックらしいスコアですね♪どんなゲームもサクサクに動きます♪

ソニーの携帯電話は名前でプレミアムかもしれませんが、それほど自然ではありません。Sony Xperia XZ Premiumを設計するときは、その主力ライバルと比較して何かを残すことができます。

Gorilla Glass 5の前後には、少なくとも厳しい保護が施されていますが、携帯電話の側面は目立つようにプラスチックであり、携帯電話を持っているときに感じるこの素材です。

それは、それがそれよりも安価に感じるように、それは残念です – 一ドルを過ごすときにあなたが望まないもの – そしてフラットなフロントとバックは、より湾曲したデバイスの一部としてきれいに手に入れないことを意味します市場で

ガラスは本物の指紋であることがわかりました.Gallaxy S8やJet Black iPhone 7とよく似ています。

ソニーXperia XZプレミアムギャラリー

 

また、XZプレミアムの大きさを156×77×7.9mmにすることで、LG G6やサムスンギャラクシーS8 – ソニーよりも大きなスクリーンを誇る携帯電話に比べて、より大きく、より幅が広がるベゼルが展示されています。

これらのベゼルでは、ステレオのフロントフェイスのスピーカーが使用でき、指でディスプレイを遮らずにゲームやビデオを見ているときに、携帯電話を横向きにしておくことができます。

右手に持っていればハンドセットの右の電源ボタンも親指の下に、また、左手のときは指ですこし下がります。指紋スキャナーをキーに組み込むことで機能が強化され、電話機のロックを解除できますピン、パターンまたはパスワードを入力する必要はありません。

私たちはそれがほとんどの時間をロック解除するのが速かったことを発見しましたが、今はそれを登録しようとするもう一つの試みが必要です。

これまでの指紋読み取りソニーの携帯電話機は米国のモデルのスキャナー技術を落としてしまったため、Xperia XZ Premiumが米国に当たるかどうかは保証されません。

XZプレミアムの上端と下端は金属製で、この仕上げが携帯電話の側面を伸ばしているのが好きだったでしょう。携帯電話のベースにはUSB-Cポートがあり、上にはヘッドフォンジャックがあります.MotololaとAppleが携帯電話からそれを削除したことを恐れている人々を喜ばせます。

Xperia XZプレミアムのもうひとつの肯定的な点は、IP68の埃や耐水性です。つまり、浴槽や雨の中で泳いでも生き残ることができます。深海ダイビングをしないでください。IP保護は、淡水中で最大1mまでの電話保護を提供します。

わずかに失望しているのは、SIMとmicroSDのフラップとトレイです。プラスチック製のインサートは壊れやすいと感じるだけでなく、microSDカード用のスペースもあります。別のSIMトレイ(同じフラップの下にあります)には、携帯電話の側面に爪を掘って、それを試してみる必要があります。

多くの人にとって、これは数回だけ実行する必要がある作業ですが、プラスティック製のフラップは、microSDカードを定期的に交換している人なら耐水性チェーンの弱いリンクを証明するように感じます。

Sony Xperia XZ Premiumは、同社と並んで同じフラッグシップフィニッシュを生み出すわけではなく、OnePlus 3THonor 8など、さらに手頃な価格の携帯電話機は間違いなくスマートな仕上がりになっています。

表示

  • 5.46インチ4K HDRディスプレイ

Sony Xperia XZ Premiumのデザインはそれをはっきりさせないかもしれませんが、そのスクリーンは確かに独自のリーグです。

Xperia Z5プレミアムに続き、XZ Premiumは、ブラビアのテレビ技術でバックアップされた4Kディスプレイを誇るソニーの第2のスマートフォンです。そして、ほとんどの市場で、このような解像度で見つけることができる唯一の携帯電話になります。

これは3840 x 2160の解像度に相当します。これは、5.46インチを超えると807ppiの目立つ画素密度が得られます。それを見て、ギャラクシーS8の美しいInfinityディスプレイは570ppiを管理し、LG G6は564ppiを放棄します。

あなたは別のスマートフォンでより鮮明な画面を見つけることはできませんし、その4Kの前任者とは異なり、実際には常にフル解像度を得ることができます。Z5プレミアムは同じ解像度のビデオを見ているときに完全な4Kのエクスペリエンスを提供しますが、新しいXperia XZプレミアムではホームスクリーンやブラウザからアプリストアやソーシャルメディアのプロファイルまで3840 x 2160です。

設定には、処理能力とバッテリ寿命を節約するためにディスプレイの解像度を下げるオプションはありません。QHDを搭載したGalaxy S8はオプションを提供しています。

しかし、Xperia XZ Premiumでは、バッテリ寿命が好調であったため、いつでも解像度を下げる必要はありませんでした。このレビューでは、それが後でどれくらい持続したかを知ることができます。

スクリーン・パネルはLCD技術を使用して、鮮明で鮮明な画像を表示します。Galaxy S8、Moto Z、OnePlus 3Tに搭載されているAMOLEDディスプレイと全く同じポップはありませんが、Triluminos Displayテクノロジーは標準LCDパネルよりも色を強調します。これは、あなたがまだ色目をしたいスクリーンです。

また、5.7インチのLG G6と5.8インチのサムスンギャラクシーS8が2017年の画面サイズで新境地を切り開いたことで、少し小さくなっているように感じました。

それは、あなたがまだそれらの携帯電話を使用する贅沢を持っていない場合、特にあなたが2歳の携帯電話からアップグレードしている場合は、Xperia XZのプレミアムは十分なスペースを提供していることがわかります。

あなたの携帯電話が4Kの解像度を盛り込んだと言うのは間違いありませんが、実際には、Galaxy S8、LG G6、HTC U11のような優れたQHDディスプレイに比べるとほとんど上回るものはありません。

Xperia XZ Premiumの4Kコンテンツを見てみましょう。これはスマートフォンから得られる最高のビジュアル体験の1つですが、そのコンテンツを見つけることは容易ではなく、実際に利用可能なものはほとんどありません。

ソニーは、XKプレミアムは将来的に証明されると主張します.4Kのコンテンツは可用性が増すだけですが、これは本当にこの画面サイズのQHDで十分です。

インタフェースと信頼性

  • よりクリーンなAndroidのオーバーレイは使いやすい
  • あらかじめインストールされているアプリの数は不必要です

Sonyは過去1年ほどAndroidのオーバーレイを整理しています。つまり、Sony Xperia XZ Premiumを使用してよりクリーンで画面のぼやけた体験を得ることができます。

ソニーの皮膜の下には、日本の会社Android 7 Nougatソフトウェアを置き換えるためのアップデート開始した後、Googleの最新のモバイルオペレーティングシステムであるAndroid 8.0 Oreoが登場しました。

Android 8ソフトウェアは、Xperia XZ PremiumにSonyの巧妙な3Dスキャンアプリケーションやカメラアプリの新しい自動笑顔検出モードなどの新機能を追加し、笑顔を見逃さないようにします。

これらはXperia XZ1XZ1 Compactで開始された機能であり、旧式ではあるが高機能のデバイスに後付けされていることを確認するのは素晴らしいことです。

このレビューでは、Xperia XZ PremiumのAndroid 8アップデートの詳細を徹底的に使用していきます。

しかし、ほとんどの場合、他のAndroid搭載端末から誰かに移行するのはいつものようにビジネスです。

iPhoneからの切り替えを検討している場合でも、AndroidとiOSは長年類似しているため、Xperia XZ Premiumを選択すると、学習曲線はそれほど大きくはありません。

ソニーが習慣を逃れていないものは、携帯電話にいくつかのアプリをプリインストールしている。Xperia XZ Premiumは、Googleのスイートと一緒に標準的な電話ベースのアプリケーションを持っていますが、日本の企業はこれらに少なくとも10を追加します。

電子メール、音楽、アルバム、ビデオは基本的にGmail、Playミュージック、写真、Playムービー&TVの中核機能を複製するだけで、フィットネストラッキングのLivelogやビデオ編集ムービークリエーターなど、便利なものもあります。

ソニーのWhat’s NewやXperia Loungeのアプリがあり、コンテンツ、ダウンロード、アプリ、ゲーム、さらには競技やニュースが盛りだくさんです。

プラスの面では、これらのアプリを使用しないことに決めた場合、ほとんどのアプリを無効にすることができます。アプリを長押ししてアイコンの隣に表示される小さな ‘x’をタップすると、アプリが表示されなくなります。

我々は、XZ Premiumが指の下で信頼できることを発見し、マルチタスキングパネルのすべてのアプリケーションを閉じて再オープンすることによって修正された奇数の画面回転の問題を取り除いた。

音楽、映画、ゲーム

  • 4Kの映像は見つけにくいですが、見た目が魅力的です
  • ゲームは印象的です
  • 素晴らしいオーディオエクスペリエンス

4K HDRディスプレイと高解像度オーディオのサポートを備えたSony Xperia XZ Premiumは、深刻なマルチメディアマシンです。

4K HDRビデオコンテンツにアクセスできる場合は、Xperia XZ Premiumに深刻な影響を与えます。私たちはいくつかのビデオを見て、ディスプレイの明瞭さによって吹かれました。

画面上の人々は、スマートフォンのディスプレイではなくウィンドウを見ているかのように、ガラスの反対側に座っているように見えます。これはすばらしい視聴体験であり、本当に信じられなければならないものです。

事は、それが正確には分かりません。これは、Xperia XZ Premiumが4K HDRビデオを見つけることを特に容易にしないためです。

初めて携帯電話を起動したときに、携帯電話のコルク表示を見せてくれるビデオを搭載したアプリやストアに向かうことを期待しました。

しかし、セットアップウィザードを過ぎても明白な兆候は見られなかったので、Playムービー&TV、Xperiaラウンジ、新着情報、ビデオ、YouTubeなど、Googleやソニーのアプリケーションにプレインストールされました。私たちにいくつかの助けを与える

新機能は基本的にアプリ、テーマ、壁紙のための単純なアプリストアとダウンロードセンターです。

ビデオアプリは潜在的に最も混乱していました。家庭で使用したケーブルテレビサービスを選択し、完全な番組ガイドを表示することができましたが、わかりやすい4Kコンテンツへのリンクはありませんでした。

Google Playムービー&TVは、携帯端末用の4K HDRフッテージを提供していないため、役に立たない。

Amazon Prime Videoが4KのHDRコンテンツを提供しているという事実を広告するバナーを付けて、Xperia Loungeに運がありました。

まずアンダーグラウンドと呼ばれるAmazonのサードパーティ製アプリケーションストアをダウンロードしてから、Prime Videoアプリをダウンロードする必要があります。また、Amazonのアプリのダウンロードを試みる前に、電話のセキュリティ設定に潜り込んで、「Unknown Sources」からのアプリのダウンロードを許可する必要があります。

それは少し面倒だと感じています。あなたがちょうどあきらめたら、あなたが4Kのビデオのために絶望的でなければ私たちはあなたを責めません。

Netflixは過度に役立たず、XZ Premiumの生涯の最初の数か月は、携帯電話でのHDR再生をサポートしていませんでした。ありがたいことに今は(2017年8月から)、その独自のHDRアクションをソニーの画面にもたらしています。

しかし、最終的にはプライムビデオに入ると、アプリはグランドツアーとレッドオークスを含む4K(UHD)とHDRプログラムのホームページに専用のセクションを持っています。選択肢はまだ限られていますが、今後数ヶ月でさらに多くの希望が追加される予定です。

真剣に堅牢なWi-Fiまたは4G接続が必要になるため、4Kでストリーミングすることはできません。フル解像度でストリーミングするには、いつでも十分な帯域幅を得ることができませんでした。つまり、ダウンロードに頼る必要があります。

4Kの1時間のテレビ番組では、1つのエピソードにつき7GBのストレージしか使用しないため、Grand Tourのフルシーズンを望む場合は、91GBの空き容量が必要です。

Xperia XZ Premiumには64GBが内蔵されており(うち50GB未満が利用可能です)、多くのダウンロードを予定している場合は、microSDカードが必要です。

無料の4Kアクションを気に入ったら、いつでもYouTubeに向かうことができます。ここには4K HDR映像が豊富に用意されています。素晴らしいと言われていますが、映画やテレビ番組ではありません。

ソニーは、4K HDRコンテンツをユーザーがより簡単に利用できるようにすることが賢明です。そうでなければ、Xperia XZ Premiumで賞賛される優れたディスプレイを利用する人はほとんどいませ。

ありがたいことに、ゲームははるかに直接的な事である。Snapdragon 835チップセットと4GBのRAMにより、Xperia XZ Premiumは、あなたが投げたものを最大限に処理できるようになります。

ディスプレイの上下にある追加のベゼルは、風景モードのときに電話を保持するためのウェルカムルームを提供します。できるだけ多くの手をディスプレイの外に出て、行動の仕方を保つのに最適です。

正面に向いているステレオスピーカーは、あなたの手のひらの中にではなく、あなたの方に向けてオーディオを発射する、もう1つのプラス点です。

これらのスピーカーは、あなたが音楽を聴きたいときにも役立ちます。ソニーXperia XZ Premiumは、音質が最高ではないにもかかわらず、ルームフィルのオーディオを蹴飛ばしています。

ヘッドホンのセットを差し込むと、プラグインしたヘッドホンのタイプに合うように音の出力を調整する、オーディオの強化技術と自動ヘッドホンの最適化のおかげで、XZ Premiumは優れています。

ソニーはBluetooth経由でオーディオ出力を強化しているので、ワイヤレスヘッドフォンやスピーカーのファンにも良いニュースがあります。

ヘッドフォンのセットを3.5mmジャックに差し込むと、有線接続で得られるのと同じ高解像度品質ではありませんが、一般的な標準よりも改善されています。

Sony Xperia XZ Premiumは、有線とワイヤレスの両方のヘッドホンで優れたオーディオ体験を提供します。もしあなたが大きな音楽ファンなら、この電話をチェックアウトしたいでしょう。

パフォーマンス

  • 遅れのない高速で流体作動
  • アプリケーションはすばやく開き、マルチタスクは簡単です

我々がすでに示唆したように、Sony Xperia XZ Premiumのパフォーマンスは優れています。Snapdragon 835チップと4GBのRAMコンボは、サムスンギャラクシーS8とLG G6とが完全にマッチしています。

Xee PremiumでGeekbench 4アプリを実行し、平均6,424のマルチコアスコアを達成しました。それは優れた結果であり、サムソンギャラクシーS8に近く、Huawei P10の 6,630と5,888 を平均して上回っています。

それはあなたのためにどういう意味ですか?まあ、アプリは素早くロードされ、Androidはスムーズに動作し、Xperia XZ Premiumは複数のアプリを同時にうまく実行し、簡単にそれらの間を飛び越えることができます。

 

バッテリー寿命

  • 1回の請求から1日の使用を簡単に取得できます
  • クイックチャージサポートと省電力モード

Sony Xperia XZ Premiumには、厚さ7.9mmの本体の中に3,230mAhの取り外し不可能なバッテリーが入っています。

それは最も寛大な提供ではない – たとえば、LG G6は、3,600mAhのユニットを誇っている – しかし、それはサムスンギャラクシーS8の3000mAhのパワーパックよりも大きいので、それは遅れていない。

しかし、バッテリーのサイズはすべてではなく、最終的なものではありません。重要なことについては良いニュースです。XZプレミアムは、1回の充電で1日も快適に過ごしました。適度な使用量の後、15%から20%の間で定期的に寝ます。

普通の日はどのように見えますか?Spotifyのストリーミング、テレビ番組の約40分、複数の電話、メッセージ、ソーシャルメディアのアクション、電子メールとウェブブラウジングの瞬間、そしてゲームの1〜2時間です。

私たちは一般的にXperia XZ Premiumを毎日午前6時30分ごろに持ち帰り、通常は午後11時から深夜12時の間に戻しました。

ゲームやビデオの使用を抑えれば、タンクに20%以上残ったまま寝ることができます。これは、現代の旗艦電話のための素晴らしいパフォーマンスです。

毎晩XZプレミアムを充電する必要があるという事実から逃れることはできませんが、電源に到達する前にバッテリーがなくなるというパニックを経験したことはありません。

Sony Xperia XZ Premiumバッテリーの弱点は90分のフルHDビデオテストで、最大の明るさを実現し、さまざまなアカウントをWi-Fi経由でバックグラウンドで同期させました。

1時間半のビデオ再生が終わった後、XZ Premiumはバッテリーの32%を失いました。パワーが欲しい4Kディスプレイが原因で疑いの余地はありません。

あなたが電話で4KのHDR映画を見るために落ち着いているなら、近くに電源があることを確認したいでしょう。

いつも自分が安いところにいる時があります。感謝してXZプレミアムには、あなたのお手伝いをしてくれる数少ないトリックがあります。

まず、クイックチャージ3.0をサポートしています。これは、標準の充電器よりも4倍の速さでバッテリを補充します。そのため、夜間にドアを出ようとしている場合や、通勤時間が長い場合は、うまくいった。

クイックチャージを有効にするには、クイックチャージ3.0対応充電ブロックが必要です。あなたが家から遠く離れた場所でスピーディなトップアップをしたいのであれば、それを取ることを忘れないでください。

これは、充電器の近くにいる場合に便利ですが、Xperia XZ Premiumには、残りの充電量を最大限に活用するための2つの省電力モードがあります。

スタミナモードは、バックグラウンドデータや画面の明るさを低下させたり、一部の機能を無効にしたりすることで、バッテリ寿命を延ばします。バッテリーがデフォルトで15%に達するとアクティブになるように設定されていますが、早めにバッテリーを有効にする場合は手動でオーバーライドできます。

また、あなたが本当に苦労している場合は、スマートフォンをフィーチャーフォンに変えることができるUltra Stamina Modeを呼び出すことができます。これにより、あなたは9つのコアアプリになり、最後の数パーセントから多くの時間を逃すことができます。

それは極端な選択肢です。私たちは電話をかけ続ける必要があり、充電器に出られないようにする必要がある場合にのみ採用していますが、念のために使うのはいい選択です。

カメラ

  • 真剣に印象的なスローモーションカメラ
  • 固体の後部カメラは多くの細部をキャプチャする

Sony Xperia XZ Premiumは優れたカメラを持っています。それは、HDR、顔検出、EIS(電子画像安定化)、予測位相検出、およびレーザーオートフォーカスを特徴とする19MPソニー製後部センサーを備えています。

要するに、それは十分に装備されています – それは本当のパーティーピースに到達する前です:驚異的な960fpsで映像をキャプチャすることができる超スローモーション提供。これと比較して、iPhone 7(および7 Plus)とSamsung Galaxy S8(およびS8 Plus)のスローモーションモードは240fpsで記録されます。

つまり、XZプレミアムはさらに低速の映像を提供し、スローモーションで適切な瞬間を捉えることができれば、結果は真剣に印象的です。結果を見るには、下のビデオをご覧ください。

選択する3つの異なるスローモーションモードがあります。エントリーレベルのスローモーションオプションはわずか120fpsで記録しますが、ビデオの録画後にスローモーションエフェクトを適用するという追加の利点があります。

これは、撮影後すぐにタイミングを取得することなく、撮影後にスローダウンしたい正確な瞬間を特定できることを意味します。

スーパースロー(ワンショット)とスーパースローモーションの他の2つのモードでは、録画中に960fpsの断片をキャプチャする必要があります。後でビデオのスローモーションセクションを編集することはできません。

スーパースロー(ワンショット)は、シャッターキーを1回タップするだけで、XZプレミアムは960fpsで5秒間のクリップをキャプチャするので、操作は簡単です。これは、クリップのどちらの側にも通常の速度のビデオを取得しないことを意味しますが、スローモーションの結果がより良くなる可能性があります。

スーパースローモーションモードはフルパッケージです。それを選択してヒットレコードを録画すれば、720pで撮影されますが、余分なボタンが画面に表示されます – 録画中にこのボタンをタップすると、XZプレミアムは直ちにすばやくスローモーションクリップを取得します通常速録音を再開します。

スーパースローモーションモードでは、適切なタイミングをとるのが難しい場合がありますので、ワンショットオプションをお勧めします。

スローモーション映像は720pで記録されるため、特に明かりが弱い屋内や屋外では、結果が一般的に粗いです。外に出て、良い光の中でSony Xperia XZ Premiumは、市場に出ているスマートフォンのスローモーション映像を最高に生み出します。

スローモーションから離れてカメラ自体に戻ると、ソニーのデフォルトのインテリジェントオートモードのままにしておくと、ほとんどのシナリオでうまくいく素晴らしいスマートフォンスナッパーが得られます。

これは、あなたが入っている照明環境に適応し、露出の良いショットを提供します。レーザーオートフォーカスにより、詳細が高く、ぼかしが最小限に抑えられます。

移動するオブジェクトも、ソニーの予測位相検出によって容易に処理されます。これは、常に焦点が合っているかどうかをターゲットに追従させることができます。私たちはこれを猫で試してみました.XZプレミアムは、庭を探索しながらペースを保つことができました。

ソニーはハイエンドの携帯電話に専用の物理カメラボタンを装備している数少ないメーカーの1つです.XZプレミアムの2段階キーでは、ボタンを半押しして完全にフォーカスを合わせることができますそれを押して画像をスナップする。

Xperia XZプレミアムの大きなサイズは、片手で使用すると画面上のシャッターキーを巧妙に叩くので、簡単に取り込むことができ、写真を簡単に撮ることができます。また、シャッターキーを押したままにして、カメラアプリを起動することもできます。

あなたのイメージをより細かく制御したい場合、Sony Xperia XZ Premiumは手動モードを提供し、焦点、露出、ホワイトバランス、シャッタースピードを微調整することができます。

フォーカスコントロールは、特に便利で使いやすく、ディスプレイの側面にある単純なスライダを使用することで、フォーカスが前景か背景かにかかわらず、ピントを合わせることができます。

もっと楽しいものをお探しの方には、カメラアプリのセクションに移動してください。ここでは、火山や恐竜などのシナリオをあなたの周囲にオーバーレイするSonyのzanier AR Effectと並んで、より静かな4Kビデオ録画とパノラマオプションがあります。ちょっとばかだけど、遊ぶのは楽しいです。

Sony Xperia XZ Premiumカメラが生成する画像は素晴らしいですし、ソニーはここでの後処理を改良し、以前の機器での撮影を妨げていました。

サムスンギャラクシーS8で撮影されたものと同じポップが欠落していることがわかりましたが、ポイントアンドシュートのタスクに関しては、XZプレミアムの端をつかんでいます。

しかし、カメラでソニーで時間を過ごし、スーパースローモーションモードでスキルを磨くと、Xperia XZ Premiumが写真部門で提供するものを大いに楽しむことができます。

カメラのサンプル

イメージ1/9

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

 

 

Sony Xperia XZ Premium G8142 (Dual 64GB) – Deepsea Black (並行輸入品)

新品価格
¥50,840から
(2018/10/24 11:36時点)

SIMフリー Sony Xperia XZ Premium Dual G8142 [Deepsea Black 64GB 海外版 SIMフリー][中古Bランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:40,800円
(2018/10/24 11:38時点)
感想(0件)

ヤフオクで購入したい方はこちらから!!

Xperia XZ1 Compact 使用レビュー!詳しいスペックや使用感について!

Sony Mobile の 2017 年モデルの中でハイスペックながらも非常にコンパクトな「Xperia XZ1 Compact」のレビューをお送りします。

Xperia XZ1 Compact は 4.6 インチの小さなディスプレイを備えたコンパクトサイズの筐体に、Xperia XZ1 に匹敵するスペックを備えたモンスターマシンです。同時に発売された Xperia XZ1 と多くのハードウェアを共有していますが、解像度、ROM 容量、バッテリー容量は下げられており、その分、価格も安くなっています。

Xperia XZ1 Compact(G8441)のスペック

項目 スペック
OS Android 8.0
SoC Snapdragon 835
メモリ 4GB
保存容量 32GB
SDスロット 搭載
最大256GB
液晶 4.6型
(1280×720)
背面カメラ 1920万画素
前面カメラ 800万画素
広角レンズ
対応バンド LTE
1/2/3/4/5/7/8/12
13/17/19/20/25/26
28/29/32/66/38/39
40/413G
1/2/5/6/8/9/19
Simサイズ NanoSIM×1
DSDS
Bluetooth Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,
2.4 GHz & 5 GHz
センサー GPS
加速度センサ、電子コンパス
光センサ、磁気センサ
近接センサ、ジャイロスコープ
指紋センサー、RGBセンサ
VoLTE
CA
防水・防塵 防水(IPX5/8)
防塵(IP6X)
おサイフ機能
ドコモ版は○
バッテリー 2700mAh
USB-C
QC3.0対応
サイズ 約129㎜×約65㎜×約9.3
(最厚部 約9.5mm)
重量 143g
カラー ブラック
シルバー
ブルー
ピンク

SoCにQualcommの最新フラッグシップモデルであるSnapdragon 835、メモリは大容量な4GB、画面解像度は1280×720で画素密度は319.262ppiとなっており小型でありながら人の網膜では識別できる300ppiを超えているので高精細です。

基本動作に関わるSoC、メモリ、解像度のバランスは非常に良く、2017年11月現在では最新鋭の性能でスペック不足で困る事は皆無と言っていいでしょう。

デザインと表示

  • スモールフォームファクタは、巨大な画面を持つデバイスを必要としない人に最適です
  • ここ数年の典型的なソニーの設計が、後部にプラスチックを使用
  • 4.6インチの720pディスプレイは鮮明で明るく、紙よりもはるかに優れています

XZ1のように、Sony Xperia XZ1 Compactは、その前身に比べてデザイン面で若干の揺れを受けています。それはまだ大きな旗艦よりもボクサーですが、そのエッジはわずかに丸くなっていて、より人間工学的な感じがします。

Xperia XZ1 Compact

フルサイズのXZ1と比較すると、この電話機をコンパクトなフォームファクターに詰め込む過程でいくつかの妥協がなされていることが予想されるかもしれません。しかし、129 x 64 x 9.3mmで来るその寸法以外に、ここではそれほど多くはないことが正直に分かります。それは良いことです。

不器用なデザインは人々を傷つけるかもしれませんが、XZ1 Compactについてはかなり愛用しています。ほとんどの魅力的な外観は魅力的です。ほとんどのメインストリームメーカーが大画面のプレミアム電話だけを作っている場合は、より小さな選択肢があるのは良いことです。

携帯電話の本体はプラスチックですが、安価な意味では「プラスチック」ではありません。携帯電話のようなローエンドの携帯電話のようには感じられません。

ユニボディーはガラス繊維製のプラスチック製で、強力で軽量でありながら、携帯電話に心地よい感触と仕上がりを与えます。あなたは本当にこれが金属ではないことを知らないでしょう。あなたの手にそれを持っているときに頑丈に感じるからです。

装置の上部と下部には金属製の蓋があり、前面にはGorilla Glassが保護されています。小さいデザインのおかげで、この携帯電話は特に重いとは思わない140g。

あなたはあなたの人にこの電話を持っていればほとんど目につきませんが、現代の多くのスマートフォンではジーンズのポケットに入れることができます。XZ1 CompactはIP65 / 68の定格を持っているため、スマートフォンの防塵および防水性を維持するというソニーの習慣がここでも続く。つまり、水中ダンクでも生き残ることさえできる。

私たちはこの電話をタップの下で走らせました。それは経験から生き残りました。つまり、誤ってバスタブの中に入った場合、またはあなたがシャワーを浴びている間にトイレに入れた場合、あなたの電話は大丈夫です。

Xperia XZ1よりも少し小さいにもかかわらず、XZ1 Compactはその電話のボタンとポートレイアウトを保持しています。ボリュームロッカーは電話機の右側にあり、これはちょっと小さすぎる – それは隣接する電源ボタンと同じ大きさなので、音量を変更するのではなく電話機を誤ってロックしていた。

電源ボタン自体は、本体に並んでいます。米国にいない限り、指紋スキャナーが内蔵されています。この機能はすぐに動作することがわかりました。あなたの手に届くのは簡単です。

あなたが米国にいるのでなければ、それに注意してください。ソニーは、米国市場向けの電源キーから指紋センサーをもう一回省略し、セキュリティオプションをPINやパターンに制限しています。まさにソニーがこれを選択した理由は不明です。

色は、ブラック、スノーシルバー、ホライゾンブルー、トワイライトピンクのいずれかを選択できます。Horizo​​n Blueのオプションをテストしました。これは、使用している他の「ブルー」の携帯電話に比べて非常に特徴的な色です。

XZ1 Compactの4.6インチディスプレイは、720pのHD解像度を誇っています。これはSonyのコンパクトラインの標準であり、主な競合相手であるiPhone SEとの快適な位置付けです。それはいくつかを失望させるかもしれませんが、我々はより高解像度のパネルを欠場することはありませんでした。

これは明るいディスプレイで、カラフルです。ソニーがFull HDパネルを選択した場合、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることなく、バッテリ寿命に悪影響を与えた可能性があります。

あなたがゲームをたくさんして、あなたの携帯電話で多くのビデオを見たいのであれば、この小さなパネルは小さすぎるかもしれませんが、画面のサイズが気に入っています。片手。

 

電池

  • 2,700mAhのセルを備えたより大きなXperia XZ1と同じサイズのバッテリー
  • 我々はそれが集中的な使用の一日続くことがわかった
  • 急速充電技術は印象的ですが、ワイヤレス充電はありません

Sony Xperia XZ1 Compactの2,700mAhバッテリーは紙にはあまり響きませんが、携帯電話の小型4.6インチディスプレイとSnapdragon 835チップセットとAndroid Oreoソフトウェアの電力効率の向上により、スタミナは魅力的です。

これはXperia XZ1と同じセルですが、ここでは720pディスプレイに電力を供給しているだけで、大型電話よりもはるかに優れた性能を発揮します

私たちのテストの間、私たちは一日の終わりになる前にバッテリーが私たちの上で死ぬことはありませんでした。大規模な使用であっても、1日も終わるとわかりましたが、夜間にプラグを差し込むと、タンクにはまだ10%程度残っています。

驚異的なバッテリー寿命であり、Moto E4 Plusの2日間の高さに当たっていない瞬間、数多くのトップエンドのAndroid搭載携帯電話と比較すると、内部には重く蓄えられていないバッテリーもありません。

最高の画面輝度で90分のビデオを再生し、Wi-Fiでバックグラウンドで同期をとるという、当社の標準バッテリテストでXperia XZ1 Compactを使用すると、83%にまで低下しました。

Xperia XZ1 Compactにワイヤレス充電機能を搭載していないにも関わらず、ソニーはワイヤレス充電機能を搭載していないにもかかわらず、ソニーは同じことを決断しなかったことは恥ずかしいものだ。

最新の携帯電話ではワイヤレス充電がますます一般的になっているので、ソニーがここに含めることは賢明な動きでした。

少なくともXperia XZ1 Compactで提供される急速充電技術があります。これは、30分ほどで携帯電話がゼロから50%までポンプアップされることを意味します。私たちはこれが広告されたように機能することを発見し、USB-C techへの移行はソニーの大きな動きです。

カメラ

  • Xperia XZ Premiumに搭載されたslow-mo機能搭載の19MPリアセンサーを使用
  • 広角レンズを備えた8MPの正面カメラ、それは人がいっぱいのセルフサービスに最適です

XZ1 Compactは、より大きなXperia XZ1とXperia XZ Premiumと同じ19MPリアカメラを誇っています。

つまり、1秒間に960フレームのスローモーションビデオを記録できるセンサーが搭載されています。この機能は、これまでのカメラのハイライトであり、再生するには非常に余分な小さな機能です。

私たちはすばらしいスローモーションショットを手に入れました。あなたはiPhoneやSamsung Galaxy Note 8で撮影できるものに勝利しました。つまり、この機能には非常に限られたユースケースがあります。

Predictive Cameraというモードもあり、カメラのシャッターを押す前に3枚の画像をバーストし、笑顔検出技術でこれを行います。わずかに振ればぼんやりとしたショットが得られるはずですが、これもソニーの高速オートフォーカス技術のおかげです。

毎日のカメラ使用の面では、19MPセンサが印象的な写真を撮るが、低照度の写真撮影では苦労することがわかった。あなたが夜に撮影している場合、写真はかなりざらつくことがあります。

良い光で撮影された風景は、このような強力なカメラから期待していたほど印象的ではありませんが、見栄えが良くなりました。

XZ1コンパクトには8MPの正面向きのスナッパーもあります。ソニーはこの電話をソーシャルメディア/セルフジェネレーションで非常に目指しており、フロントフェイスカメラはその魅力の重要な要素です。

それは、私たちの目のそれに似ている120度の視界を与え、ショットの中に、あなたの仲間、またはあなたの後ろの美しい眺めの多くを詰めることを可能にするスーパーワイドモードを提供します。

私たちは、このモードを頻繁に使用していました。自分のセルフスタイルに異なるスタイルを与えてくれましたが、仲間を撃ったり印象的な風景の前にいると本当に役に立ちます。

このワイドアングルと、より典型的な80度のオプションを切り替えることができます。これは、近接するInstagramの穴とSnapchatストーリーに最適です。

フロントカメラはビデオ録画も提供しています。薄暗いバーでは、ディスプレイのフラッシュを利用することができます。シャッターキーを押すと、スマートフォンの画面が明るく白くなり、セルフがぼやけていないことを確認できます、暗い混乱。

カメラのサンプル

このショットの色は、実生活のように大胆に見えます

他に何か知っておくべきことは?

  • クアルコムSnapdragon 835と4GBのRAMを搭載したトップパフォーマンス
  • 限られたストレージで32GBモデルのみ販売中
  • Android Oreoをすぐに購入できる最初の携帯電話の1つ

それは小さいかもしれませんが、Sony Xperia XZ1 Compactは強力で、Snapdragon 835チップと4GBのRAMを搭載しています。これらのスペックは、電話にすぐに将来的な証明を与えるものです。

私たちはGeekbench 4を通して電話を走り、ゲームやマルチタスキングのような日常的なパフォーマンスと集中的な使用に反映された6,500という印象的なスコアを出しました。

XZ1 CompactはSony Xperia XZ1ほど強力ではなく、ベンチマークの面ではOnePlus 5やHonor 9よりもわずかに低いですが、これはまだ市場で最も強力な携帯電話の1つです。そのパフォーマンスには失望していません。

内部には32GBのストレージもありますが、最近では特に寛大ではありません。これをmicroSDカードで拡張することもできますが、Xperia XZ1のようにソニーが標準で64GBのストレージを提供していれば、それはncieだったでしょう。

Xperia XZ1 Compactは、Android Oreoをオンボードで搭載しています。新しいソフトウェアで利用できる最初の携帯電話の1つです。ソニー独自のUIが一番上にあり、ここではAndroidの最新バージョンを使用することは素晴らしいことです。

うまくいけば、これはソニーがAndroidの後続バージョンでも最新の状態に保つことを熱望していることを示していることを念頭に置いてください。

UI自体は若干古いものに見えるかもしれませんが、過去に見たSonyの携帯電話よりもはるかに改善されています。PlayStationやWhat’s Newアプリなど、不要なソニーソフトウェアがいくつか含まれていますが、デバイスの空き容量を確保したい場合は削除できます。

Xperia XZ1 Compactには、より大きな兄弟のように、Sonyの新しい3D Creatorアプリケーションが付属しています。これにより、顔、頭、食べ​​物、およびランダムなオブジェクトを携帯電話で3Dスキャンして保存したり、あなたの作品を3Dプリントすることさえできます。

それはプロセスのハングアップを取得するためにしばらく時間がかかりますが、一度作ったと一緒に遊ぶための楽しいツールです。下に、Xperia XZ1の機能を試してみることができます。

あなたの友人の顔を地図にして、似ているものを愚かな動画に入れて、GIFまたはMP4として友人に送ることができるということもあります。これらのスキャンではあまり多くのことを行うことはできませんが、もう1つの面白い機能です。

ソニーがいつかプレイステーション4にもたらす機能だと願っています。たとえば、あなたのキャラクターにあなたの顔を使ってゲームをプレイできるようにすることです。

Sony Xperia XZ1 Compactは、XZ Premiumと同様、Hi-Resオーディオをサポートしており、ヘッドフォンのセットでMP3トラックをアップスケールすることも可能です。

このようなヘアーホンを電話機で使用すると、他の端末と比較して音質に大きな違いがあります。

また、電話機の前面にデュアル発射スピーカーがあり、音楽を聴いたり、携帯電話でビデオを見たりしているときに優れたオーディオパフォーマンスを発揮します。オーディオの品質が重要な機能である場合、これがXperia XZ1 Compactを購入するもう一つの理由です。

 

 

Sony Xperia XZ1 Compact G8441 (32GB) – Black ブラック SIMフリー【並行輸入品】

新品価格
¥39,800から
(2018/10/23 10:51時点)

SIMフリー 未使用 Sony Xperia XZ1 Compact G8441[White Silver 32GB 海外版 SIMフリー]【当社6ヶ月保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:48,800円
(2018/10/23 10:52時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちらから!!

音楽好き必見!『marshall london』スマホ!!

 

marshall london
ギターアンプの老舗Marshall が、AndroidスマートフォンLONDONを発表しました。Marshall HeadphonesブランドでBluetoothスピーカーやヘッドフォンを展開するZound Industriesが、「音楽のためのスマホ」として開発した製品です。Marshallといえばロックンロール。スマホ市場進出は意外ですが、LONDONはデュアルスピーカーやステレオマイク、2つのヘッドフォンポートなど、音楽ファンにはたまらないこだわりの設計が特徴です。

モバイルマーケットでコピーキャットにぶつかるのが普通の人は、Marshall Londonがすごく爽やかであると感じるでしょう。この電話は、マーシャルが最初から作り出したものであり、間違いなく同社の象徴的な外観の多くを占めています。初心者向けには、ロゴは4.7型ディスプレイの真下にあり、前面に向いた2つのスピーカーの上にあります。また、電話の前面全体を輪郭を描くユニークな白線もあります。

marshall london

側面に移動することで、ゴム引きした素材を感じることができます。マーシャルは、アンプやスピーカーでの使用が有名です。あなたの中には、非金属材料が好きではない人もいるかもしれませんが、私はこれが電話機の大きなグリップを提供すると言います。右側には、身体の上部の電源ボタンがあり、そのすぐ下にボリュームローラー(はい、ローラー)があります。このアナログスタイルコントロールは、さらに機能させるために押しても可能です。
marshall london

私たちはマーシャル・ロンドンについての魅惑的な部分を見ているのが最上位です。これには2つのオーディオジャックがあり、リスニングとレコーディングの両方に使用できます。同社の公式音楽アプリを起動するために使用できる円​​形のマーシャルボタンもあります。
marshall london

後ろに移動するにつれて、そのゴム材料の多くを見つけることができます。しかし興味深いのは、この業界が進化するにつれて死ぬほどの品種になっている、ここには取り外し可能なバックが実際にあるということです。バッキングの下には、取り外し可能なバッテリーとともに、microSDカードスロットとnanoSIMカードトレイがあります。しかし、これを入手して、バッテリーは文字通り “Long Live Rock&Roll”を書いています。あなたが私に尋ねるならば、すごく凄い!
marshall london

全体として、このデバイスがどのようにユニークに設計されているかを本当に楽しんだと言わざるを得ない。マーシャルは、象徴的なデザインをスマートフォンの世界に翻訳するうえで素晴らしい仕事をしています。そして、4.7インチのディスプレイのおかげで、現代のものと同じくらい扱いがよくなります。

私は取り外し可能な裏表紙は私が望むより少し薄いですと言わなければならない。簡単に壊れたり、ラッチが壊れて使用できなくなったりする可能性があるようだ。しかし、ボリュームダイヤルのようなスマートなタッチは、マーシャルが本当にこの電話機にスタンプを入れたかったことを明確にしています。そして、彼らはそうしました。

表示

上記のように、この携帯電話には4.7インチの便利なディスプレイが付いていますが、それ以外には何がわかりますか?さて、それはより現実味のある色を与えるIPSパネルを持っていますが、ここで悲しい部分は、それが720pの解像度をスポーツしているということです。これは間違いなく、電話のミッドレンジ仕様の最初の兆候です。つまり、これは本当に悪い表示ではありません。私たちはこの携帯電話が旗艦競技者として意図されていないことを心に留めておきたいと思います。それはそれ自身の領域に住んでいます。
marshall london

明るさが最も高く設定されている場合は、すべてのものの上に目立つ暖かい色合いがあることを明らかにして、白い部分をより鮮やかに見せることができます。ちなみに、この明るさは、昼間の電話機の読み取りを可能にしますが、過去に見た他のIPSディスプレイでは確かに上にはありません。

テキストやその他の鮮明なコンテンツを読むときは、解像度が低くなります。720pは恐ろしいことではありませんが、今は時代遅れです。

パフォーマンス

私たちがパフォーマンスに移行する中、中〜低範囲のトレンドは続いています。Adreno 306 GPUと2 GB RAMを搭載したMarshall LondonにSnapdragon 410が搭載されています。ご想像のとおり、この処理パッケージはプレミアムとはみなされず、コンポーネントは確実にパフォーマンスに反映されます。
marshall london

私たちは時々、一般的なUIを通過することもありますが、電話はほとんど問題なくほとんどの簡単なタスクを実行できます。結局のところ、それはより高い解像度のディスプレイと他のリソース重いコンポーネントによって引っ張られていません。あなたは本当に高需要のタスクが運ぶ重量に気づくことができます。例えば、ゲームの読み込み時間が長くなったり、定期的なクラッシュが発生したりしました。

通常の仕事ではうまくいきましたが、アプリを開いたり、他の簡単な仕事をする余分な時間に慣れる必要がありました。ロンドンのMarshallがこれまで進めてきたのは、近々のAndroid搭載の経験です。Marshallは、GoogleのOSを異ならせるためにあまりにも頑張っていませんでした。これは、電話を賢明に保つのに役立つかもしれません。

この電話機の中から下位層のパフォーマンスを得ることを覚えておいてください。それは本当に重要な部分です。

marshall london

ハードウェア

ここでの主な焦点はもちろん、オーディオですが、少しはそれに着きます。最初に、その取り外し可能な背もたれとそれの下にあるものについてもっと話しましょう。そのmicroSDカードスロットは内部16ギガバイトをかなり拡張することができます。つまり、この携帯電話に豊かな高品質のオーディオファイルを収めることができます。

バッテリーは2500 mAh単位です。ローエンドの仕様を検討するときは間違いありません。そのバッテリーは実際にはかなりうまく動作します。私の最高の1日のうちの1つは、14時間と約4時間のスクリーンオン時間でした。あなたの意志でバッテリーを交換する能力とあなたが勝者を持っているそのバッテリー性能をカップル。

NFCは欠落していますが、これは間違いなく間違いですが、私たちの多くはそれなしで暮らすことができます。また、この電話機は必ずしもアメリカ向けに作られているわけではないことに注意してください。つまり、米国に輸入(またはリリース)されたときにGSMおよびHSPA +ネットワークでのみ動作します。
marshall london

これでオーディオについて話すことができます。あなたが気づく最初のもの、つまりフロントフェイスのスピーカーから始めましょう。これらは素晴らしいです!Marshallは、そのデバイスにステレオサウンドを提供するだけでなく、ゲーム中やヘッドフォンを使用したり、友人とビデオを共有したりする必要がない非常にフルボディのオーディオを提供しました。

しかし、あなたは完全なオーディオ体験をしたいときは、上に2つのオーディオジャックがあります。これにより、ユーザーは両方のジャックへの完全な接続性を提供する組み込みのCirrus Logicサウンドカードを使用して、音楽を共有することができます。これは両方のユーザーのための完全なセットアップです。電話機は両方の出力に完全なオーディオ品質を提供し、各自が独自の音量コントロールを備えています。
marshall london

この携帯電話の大きな部分は、それがあなたの好みに音を成形することができるということです。イコライザーのコントロールは、ローエンド・ベースまたはハイエンド・ピークを必要とするかどうかにかかわらず、あなたの曲を非常に劇的に変えることができます。オーディオエクスペリエンスはここで非常に堅牢です…確かに会社が独自に作成した歴史に沿っています。専門家はそれを爆発させるだけでなく、カジュアルなオーディオ愛好家も魅了するでしょう。

カメラ

あなたはこの電話機から素晴らしいカメラを期待しているのではないでしょうか?あなたがいれば、失望が待っている。マーシャル・ロンドンは8MPのリアカメラと2MPのフロント・カメラを搭載していますが、仕事を終えることはできますが、余分な距離を取ることは間違いありません。
marshall london

Googleカメラアプリを使用しているため、これに伴うすべてのものにアクセスできます。レンズブラー、Photo Sphere、HDRなどの機能を搭載しています。しかし、カメラはまだ少し遅く、実績のないものですが、実際の写真にはっきりと示されています。これらは洗い流される傾向があり、詳細やシャープネスが十分に示されていません。色再現は実際にはかなり良いですが、全体的に私たちはこのレビューからカメラの良い印象で歩き回っていませんでした。

私はこれがソーシャルメディアの写真を撮る人のための最小限のカメラだと言います。仕事は終わってしまいますが、それ以上の成果はありません

ソフトウェア

Marshallは多くのユーザーにAndroidの大半のバージョンをお届けします。同社は、ソフトウェアのコアを変更するのではなく、その経験を向上させるために特定のアプリケーションを作成することを選択しました。しかし、ユニークなパワーアップアニメーションや通知用の非常に素晴らしいギターリフのようないくつかの追加があります。Lollipopは、典型的なホームスクリーン、アプリの引き出し、通知のプルダウンメニューに[クイック設定]パネルを表示します。

マーシャルのユニークなアプリケーションには、オーディオアプリ(イコライザーとサウンド設定)があり、Google PlayミュージックSpotifyなどの他のサービスにもアクセスできます。このアプリは初めにちょっとしたものでしたが、最近のアップデートではすべての問題が修正されているようです。ユーザーは音楽を作成するためのループスタックにアクセスすることもできますし、経験豊富なミュージシャンにとっても本格的なDJアプリケーションがあります。私は個人的にロカビリー・ブラザーズと呼ばれる小さなゲームを愛していました。そこでは、バンドと彼らが演奏する会場を管理することができます。

結局のところ、私はAndroidを可能な限り純粋に保つためのMarshallの試みのファンです。彼らは目立つことなく、自分のタッチで追加できる大きなバランスを見つけました。
marshall london

ギャラリー

価格と結論

英国とヨーロッパの市場でマーシャル・ロンドンを取得し、少なくとも499ドルの価格に換算することができます。これは、米国の場合、電話の予測価格となります。これは高価なビットですが、一部のオーディオ愛好家は、このようなデバイスは貴重だと思うかもしれません。いつものように、それはあなたが探しているものに依存します。

マーシャルはスマートフォンの世界に潜入してリスクを冒していました。特に飽和市場ではそうでしたが、これもまた効果的です。1つは、中規模のスマートフォンを作るコストが下がったため、より多くの企業が特定の部門を専門にすることができます。マーシャルにとって、オーディオは明らかに焦点であり、ロンドンでは間違いなくそのことが示されています。

marshall london

あなたの曲を友人と共有することは一つのことですが、イコライザー、録音、音楽作成などのアプリを使って経験を積み重ねる限り、Marshall Londonはオーディオファンにとってベンチマークとなります。

それは、カジュアルなスマートフォンユーザーが優れたサウンドで生きるにはあまりにも多くのコーナーをカットしなければならないということです。それがここでの主な問題です。マーシャルは一般的な電話機を使い、その名前を付けました。クールなアプリと良いデザインは、この電話をターゲットニッチ以外の人々の手に渡すには十分ではありません。特にその価格を考えるとき。

私たちは確かにマーシャルがここでやったことを愛していますが、Androidの忠実な人にとって本当に重要な側面についてフォローアップが改善されることを期待しています。

美しい海外版「Huawei P20 Pro トワイライト」レビュー!

Huawei P20 Pro

HUAWEIから今夏発売された最新フラグシップモデル「HUAWEI P20 Pro」の海外版(台湾)をフリマアプリで購入しました。既にドコモでも販売していますが、デザインの美しさや世界初のライカ監修トリプルカメラが話題になっています。

今回はそんなHUAWEI P20 Proの魅力の1つである美しいデザインについて写真を交えて紹介したいと思います。

HUAWEI P20 Proのスペック

HUAWEI P20 Proのスペックを表にまとめました。グローバル版および国内版の公式サイトを元に作成していますが、もし情報に誤りがあればご指摘ください。

HUAWEI P20 Pro CLT-L29のスペック
本体カラー ミッドナイトブルー、ブラック
※グローバル版のみピンクゴールド、トワイライト
本体サイズ 155mm×73.9mm×7.8 mm(ドコモ版は横幅74mm)
重量 約180g
ディスプレイ 約6.1 インチ FHD+(2,244 x 1,080)縦横比18.7:9(ノッチ付き) / OLED
OS / UI Android™ 8.1 Oreo / EMUI 8.1.0
CPU(SoC) HUAWEI Kirin970 オクタコア(2.36GHz×4、1.8GHz×4)
メモリ(RAM) 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB
外部ストレージ microSD非対応
ドコモ版にはmicroSDカードリーダーが付属
メインカメラ カラー:4,000万画素 F1.8
モノクロ:2,000万画素 F1.6
望遠:800万画素 F2.4
裏面照射型CMOS
1/1.7型の大型イメージセンサー搭載
ISO 102,400が利用可能
インカメラ 2,400 万画素 F2.0 裏面照射型CMOS
防水・防塵 防水:IPX7
防塵:IP6X
おサイフケータイ 対応(ドコモ版のみ)
生体認証 指紋認証・顔認証に対応
バッテリー 4,000mAh(ドコモ版は3,900mAh)
HUAWEI Superchargeに対応。付属のケーブル・充電器の利用で急速充電可。(ドコモ版は付属なし)
SIMカード nano SIM×2 DSDS対応(ドコモ版・グローバル版シングルSIMは1枚・DSDS非対応)
対応周波数(グローバル版) FDD-LTE:Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32
TD-LTE:Band 34 / 38 / 39 / 40
WCDMA: Band 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
対応周波数(ドコモ版) FD-LTE:Band 1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 12 / 13 / 17 / 19 / 21 / 28
TD-LTE:Band 38 / 39 / 40 / 41 / 42
W-CDMA:Band 1 / 5 / 6 / 19
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth規格 Bluetooth 4.2
3.5mmイヤホンジャック 非搭載(Type-Cイヤホン、変換ケーブルが内蔵)

グローバル版とドコモ版で若干スペックが異なります。本体カラー、サイズ、付属品、おサイフケータイ、バッテリー容量、SIMスロット、対応周波数などに違いがありました

 

ホーム画面と設定項目

購入したP20 Proはグローバル仕向けのDual SIMモデル(型番:CLT-L29)。購入先のETORENが取り扱う商品はシンガポールより手配したものですが、言語ロケールには日本語がプリインストールされています。

デフォルトのホームアプリ(ランチャー)はHuawei製の「ドロワーホーム」で、インストール済みアプリがホーム画面に羅列されます。ホーム画面とアプリ一覧で分けたい場合には、設定画面から変更も可能です。

▼初期状態でのホーム画面は2枚。加えて左にユーザーに応じた情報が出る「HiBoard」を配置

Huawei P20 Pro

設定画面は1.5画面分に整理されシンプル。各項目内に細かな設定・機能が多く詰まっています。

 

Huawei P20 Pro

背面は鏡面加工のガラス製。
光の当たり方によって色味が変化していくのが綺麗です。

Huawei P20 Pro

HUAWEIのロゴは横向きに配置。
端末を横持ちでカメラを起動することを想定しているとのこと。

Huawei P20 Pro

背面で大きく主張するのは話題のライカ製トリプルカメラ。
左から2,000万画素のモノクロカメラ、4,000万画素の標準カメラ、800万画素の望遠カメラと並びます。
レンズの左側にはライカのロゴが印字されています。

カメラレンズが1mm~2mmほど出っ張っているため、背面を下にして机に置いた時にガタガタ動きます。レンズの傷も気になるので、付属のケースを使用して段差を埋めて使用することをオススメします。

Huawei P20 Pro

ドコモ版にはHUAWEIロゴの対角線上(写真右下)部分に「docomo」ロゴと背面中央付近にFeliCaマークが印字されています。

 

セキュリティ認証

指紋認証と顔認証の両方に対応しています。

顔で認証できなければ指紋で認証。指紋で認証できなければPINで認証。

顔認証の精度はほどほどなので、指紋を使用することも結構あります。その意味では、iPhone Xのように指紋を捨てなかったのは現実的な判断だと思います。

 

エンターテイメント機能

アスペクト比18.7:9の画面とベゼルレスな前面設計は、端末を横向きに持った際の没入性を高めてくれます。またP20 Proでは音響関連技術「Dolby Atmos(ドルビー・アトモス)」に対応するなど、サウンド面でも機能強化も。動画や音楽、ゲームにも向くスマホになりました。

動画視聴

有機ELディスプレイは屋外(太陽下)での視認性が課題が残るものの、黒色の再現性が高いことで、映像は全体的に引き締まった印象に。色も鮮やかに感じられます。

 

音楽再生

音響技術として新対応したDolby Atmosは設定画面から有効化/無効化が選べます(スピーカー使用時は強制的にオン)。

デフォルトではAI技術で再生中のコンテンツを自動識別し、最適化を施す「スマート」に設定。これを手動で「映画」「音楽」に変更することが可能。「音楽」には3種類のイコライザも用意されています。

 

ゲーム

ハイエンドな仕様でゲームもサクサク楽しめるP20 Pro。ゲームに集中し、より満喫するためのしくみとして「全画面表示」設定も用意。画面サイズに最適化されていないアプリを強制的に全画面で表示させることが可能です。

注意点

  • SDカードスロットがないこと
  • イヤホンジャックがないこと

内部ストレージが128GBあるので、SDカードを使用せずとも十分だと思いますが、SDを重視する人は注意です。

また、イヤホンジャックがありません。ただし、USB Type-C-イヤホンジャックの変換アダプタが付属品として同梱されている為、それを使用すれば普通のイヤホンを使用することができます。更にUSB Type-C対応のハイレゾイヤホンも付属品として同梱されてきます。

急速充電対応だが、ワイヤレス充電がない

電池容量4000mAh(ドコモ版は3900mAh)で、Huawei独自の急速充電「Huaweiスーパーチャージ」や、USB-PDに対応。安心感があります。

一方で、ワイヤレス充電がないのは残念。アルミ筐体をやめてガラス筐体にしたので、やろうと思えばできたはず。これは残念という他ありません。後継機に期待ですね。

 

 

(SIMフリー) Huawei P20 Pro 4G/LTE (RAM 6GB / ROM 128GB) Twilight 並行輸入品

新品価格
¥85,385から
(2018/10/21 19:11時点)

HTC U11 life レビュー!防水・防塵のお手頃な安価スマホ

HTC U11 life レビュー! お手頃価格で購入できる防水・防塵&おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ

「HTC U11 life」は、ソフトバンクから販売されているハイエンドモデル「HTC U11」の廉価版に当たるSIMフリースマホ。

手頃な価格帯でありながらHTC独自開発の便利機能「エッジ・センス」を搭載するなど、
U11の特徴をしっかりと踏襲。SIMフリースマホとしては希少なおサイフケータイや防水防塵などの国産機能も完備した注目の1台を徹底レビューしていきます。

HTC U11の価格と在庫状況

HTC U11の寿命は349ドル349ドル(約460オーストラリアドル)で、トップエンドの代替製品の半分、フルファルトHTC U11よりもはるかに少ない。

これはHonor 9Moto X4Sony Xperia XZ1 CompactSamsung Galaxy A5のようなもので肩をこすります。これらはU11ライフが簡単に乗ることができないように真剣に強いミッドレンジの選手です。

主な機能

  • 圧力に敏感な側面が目立つ
  • バッテリ以外のスマートな妥協

HTC U11の生活を見るには2つの主要な方法があります。元のHTC U11よりもはるかに安価な代替品で、コストを削減するために一部の部品を削減した上で、ほぼ同様の体験を得ることができます。

また、ほとんどの地域でAndroid Oneの携帯端末であり、標準のAndroidインターフェースを使用しているため、Googleが作っていない Google Pixelの携帯電話と似ています。

より大きい、より高価な兄弟から継承するコア要素には、他の携帯電話には見られないジェスチャーを可能にする、光沢のある湾曲した後部および感圧面の側面が含まれる。

これは、HTCの目立つ試みです。携帯電話の使い方は変わらないかもしれませんが、HTCはそれを深く掘り下げてあなた自身のものにするのに十分カスタマイズ可能にしました。

コストの妥協は、ほとんどの場合、目立たないほどです。画面は超高解像度ではなく1080pで、HTC U11 Lifeのチップセットは最上位のチップセットではなく中規模のSnapdragon 630です。グラフィックチップの大幅な改良は、それが実生活ではうまくいくことを意味します。

ミッドレンジの携帯電話に共通するように、カメラはあらゆる状況で最高のものと競合することはできません。偉大な写真処理は日光のような写真をしばしば幻想的に見せますが、夜間は疲れてしまい、細かいディテールは高品質で低解像度のセンサーほど鮮明ではありません。

ビルドは、HTC U11のどちらともまったく同じではありません。その携帯電話にはガラスバックがあり、U11 Lifeはアクリル/プラスチック製です。感じの最大の違いは、空気中にわずかな冷えがあるときにガラスが触れると寒いのですが、プラスチックはそうではありません。

あなたはそれがあなたにとって重要かどうかを決める必要があります。

携帯電話をしばらく使用した後には、電池の寿命に悩まされると思われる唯一の妥協案があります。貧弱なフラットアウトではありませんが、Moto X4Honor 9は、料金の間に長く続きます。HTC U11 Lifeの2,600mAhバッテリーはそれほど大きなものではありません。

設計

  • 滑らかなプラスチック/アクリルバック
  • 指紋スキャナー
  • 握りやすい圧力感知側

腕の長さから、HTC U11の生活は、より高価な携帯電話である通常のU11とよく似ています。背中は曲がりくねって輝いていて、あたかもそれが興奮するかのように光に反応します。

しかし、HTC U11ライフのバックは、実際のガラスではなく「アクリルガラス」で作られています。アクリルガラスって何?プラスチック。

金属やガラスに付いている涼しい硬さのどれもありません。その結果、HTC U11の生活は特に高価ではありません。モトG5にプラス、モトX4と名誉9すべてがより印象的に感じ。

しかし、HTC U11 Lifeのビルドは十分に快適です。HTCは、硬質で平らな面がないことを確認しました。すべてがスムーズで魅力的ですが、アクセスが容易な5.2インチスクリーンはあらゆるサイズの手を歓迎します。

しかし、これは、超狭い画面のサラウンドを備えた新しい種類の携帯電話の1つではありません。各辺に2つのブランクミリメートルがあり、画面の上下に約1インチあります。

しかし、トレンドがまだ発展しているにもかかわらず、それほど大きな問題ではないようです。あなたが悩んでいるかどうかを目で見てみましょう。

HTC U11 Lifeハードウェアの他の部分も健全です。電話にはIP67耐水性があり、水没する可能性があり、正面には優れた指紋スキャナーがあります。

HTC U11 Lifeの一部のバージョンには、64GBの優れたストレージ容量もあります。私たちは「ちょうど」32GBを持っていますが、HTCから購入すれば64GBになります。私たちのモデルは、アメリカとイギリスが4GB RAM / 64GB版を手に入れたヨーロッパのモデルです。

ただし、HTC U11 Lifeを設定するハードウェア機能はEdge Senseです。これは、携帯電話の側面にある圧力センサーを使用して、それらの側面が圧迫されたときにジェスチャーを可能にします。標準では、クイックスクイズがカメラを起動し、長いカメラがGoogleデジタルアシスタントを起動させます。

しかし、Edge Senseもカスタマイズすることができます。GoogleマップやGoogleフォトをズームインしたり、アラームをスヌーズしたり、電話に応答したりすることができます。これらの機能は、HTCが誤って機能を停止させて、あなたの携帯電話が幽霊になっていると思うのをやめたくないので、これらは標準として賢明に無効になっています。

あなたは、アプリケーションに入り、コマンドを「記録する」ことによって、独自のマクロを作成することさえできます。多くのHTC U11 Lifeバイヤーがこの努力をしてくれるのかどうかは疑問ですが、HTCはEdge Senseを最大限に活用しようと努力しています。

HTCはU11でエッジセンスを導入しました。これは古い機能ではありません。

しかし、HTC U11 Lifeの魅力を1つ抜き出すことであなたの一部が犠牲になるかもしれません。それはヘッドフォンジャック、ちょうどUSB – Cポートを持っていません。合理的なUSB-Cイヤホンが付属していますが、3.5mmアダプタはありません。

画面

  • 5.2インチフルHD液晶画面
  • 良好な画質

HTC U11 Lifeには、U11よりも小さく、解像度の低い画面があります。しかし、それは、ほとんどの状況では、そこに任意の電話よりもはるかに悪く見えないパンチディスプレイです。

5.2インチの1080 x 1920スーパーLCDです。ある角度であまり明るさが失われることはなく、過度の色を見なくても色が十分に飽和しています。画像はまた、最先端の超薄型スクリーンアーキテクチャの兆候である表面のすぐ近くにも現れます。

その極限を見るためには、より極端な環境にHTC U11 Lifeを取り込まなければなりません。私たちはBear Gryllsの飼料を話しているわけではありません。暗い部屋では非常に微妙に育った黒が見えるだけで明るさは明るいですが、明るいのは1000ニットではありません。それは、私たちはかなり明るい日に電話を取り出し、スクリーンはまだはっきりと見えていたと言いました。

HTCのウェブサイトには、ディスプレイのカラープロファイルをカスタマイズできる機能がありますが、私たちのモデルのソフトウェアには含まれていません。

 

バッテリー寿命

  • このクラスの普通のスタミナ
  • 2,600mAhセル
  • USB-C充電

HTC U11 Lifeは、Moto G5S PlusHonor 9Moto X4よりも小型の2,600mAhのバッテリーを搭載しています。

Snapdragon 630チップセットのエネルギーの改善により、スタミナは受け入れられる程度です。しかし、4Gを超える数時間のポッドキャストをストリーミングしたときの忙しい電話では、HTC U11 Lifeには就寝前に最高の時間が必要でした。

あなたがそれに従事しているにもかかわらず、1日(ほとんど)続く電話を望むなら、HTC U11ライフは最良の選択ではありません。

私たちの通常のバッテリーベンチマークの結果も悪かったです。最大輝度で再生される90分のビデオは、バッテリー残量の35%を消費します。Moto X4はわずか10%しか失われなかった。

カメラ

  • 優れたHDR処理
  • 細かい細部はしばしば柔らかいクローズアップに見える
  • 低照度画質が悪い

HTC U11の生活は、あなたが見つける計算写真のための最良の議論の一つです。特定の状況では、やや目立たないセンサであると思われるものから取り除くことができる結果は、驚くべきことです。

そのダイナミックレンジの最適化は時々驚異的で、APS-Cカメラで撮影されたショットのような太陽の光を当てるときのシャドーディテールを備えています。カメラ以外のオタクのために、これはコンパクトなシステムとDSLRカメラで1000ドル/ 1000ポンドのコストがかかるセンサの一種です。

これは、あなたが撮ったほぼすべてのショットで、いくつかの露出をマージすることになります。太陽が木の後ろで覗き見される夕焼けの写真や自然の撮影には、これは素晴らしい利点です。ダイナミックレンジは、現在利用可能な最高の電話カメラのダイナミックレンジに匹敵します。Instagram-tasticです。

少し近づくと、ハードウェアのいくつかの制限を見ることができます。HTC U11 Lifeには16MPセンサーが搭載されていますが、HTCは正確なセンサーの使用を発表していませんが、ほぼ確実に小さなセンサーピクセルを搭載しています。

近づけば、細部の詳細は、最高の12MPセンサーのものよりはるかに完全性が低くなります。ピクセルレベルの画像では、昼間でも柔らかく、少し騒がしいように見えます。

解像度が高い一方で、低解像度のカメラは実際にはるかに優れた、きれいな詳細を再現することができます。他のカメラがハードウェアの限界に苦しんでいるように、HTC U11 Lifeも非常に鮮やかな赤色のトーンで苦労する傾向があります。

夜の写真の品質も悪いです。より遅い露出を可能にする光学的な像安定化がないので、細かいディテールが完全に消える。これは、(あなたがズームインしない限り)厄介な昼間の条件のための素晴らしいカメラですが、夜は貧しい人々です。

HTC U11 Lifeには、バックグラウンドのぼやけたポートレートモードもありません。これは通常、必ずしもそうではありませんが、デュアルリアカメラを搭載した携帯電話に限定されています。JPGの代わりにDNG(RAW)ファイルを保存するProモードが用意されていますが、より多彩なセンサーと安定したレンズを備えたカメラでそのようなモードが輝きます。

正面では、8MPセルフカメラは何も特別なものではありません。ここでも細部は柔らかく見えます。

ビデオキャプチャは後部カメラのために4K解像度まで上がるが、120fpsのスローモーションモードがある。

HTC U11のライフは夜に顔に落ち、このようなショットを作り出します

HTC U11のライフは夜に顔に落ち、このようなショットを作り出します

インタフェースと信頼性

  • ほとんど純粋な形のAndroid 8.0
  • 迅速な更新を受け取る可能性がある
  • HTCの変更は最小限で微妙です

HTC U11 LifeはAndroid 8.0を実行し、Android Oneプログラムに参加する最初の携帯電話の1つです。つまり、元のHTC U11や他のほとんどのHTC携帯電話に見られるカスタムの外観であるHTC Senseではなく、標準のAndroidインターフェイスを使用しています。

それとも少なくとも、それは世界の大部分でそうします。しかし、米国のバイヤーは、通常のHTCオーバーレイを取得します

Android Oneは悪いことではありません。Googleのインターフェースはクリーンで魅力的で直感的です。たとえば、ホーム画面の任意の場所にフリックするだけで、垂直アプリメニューが表示されます。それはジェスチャーのスピードにも反応し、ほとんどの競合インターフェースよりも流動的な感触を与えます。

おなじみのAndroidソフトキーもあります。HTC U11 Lifeが使用されているときはいつでも、指紋スキャナーの両側にライトアップの最新のアプリアイコンが表示されます。

まだAndroid 8.0を使用していない場合は、アイコンの一部に小さな点が表示されます。これは、そのアプリの保留中の通知があることを意味し、通知バーをドラッグするだけでなく、アイコンを長押しすることで表示できます。

映画、音楽、ゲーム

  • 優れたゲームパフォーマンス
  • ヘッドフォンジャックなし
  • ライバルはより良いスピーカーを持っています

HTC U11 Lifeには、神経を痛める特別なアプリはありません。Edge Senseのような特別な機能も、あなたのアプリケーションメニューを乱雑にするのではなく、設定メニューに組み込まれています。

これにより、曲のPlayミュージックとビデオのPlayムービーが残ります。これらは、自分のファイルを再生したり、Googleライブラリからタイトルをストリーミングしたり購入したりするのに最適なアプリです。当然、Googleは後者をやりますが、これはレイアウトで機能します。

HTC U11 Lifeのメディアクレジットを定義し、制限するのはハードウェア側です。まず、ヘッドフォンジャックはありません。これはあなたが(おそらく)アダプタなしであなたのお気に入りのヘッドフォンを差し込むことはできず、同時にバッテリーを充電したりヘッドフォンを使用することができないことを意味します。特別なアダプターを持っていない限り、もう一度。

ボックスに入っているイヤフォンは、耳にはまともな予算のペアと並んでいて、あなたが音質についてあまり気にしないなら、仕事をします。彼らはまた、あなたの聴覚にカスタムチューニングすることができ、ノイズキャンセルを持っています。どちらもイヤホンの内側にマイクを使用しています。

このチューニングにより、サウンドはより活発になりますが、やや積極的になり、ドライバーの精巧さの欠如が強調されます。ノイズキャンセリングは、アクティブノイズキャンセルイヤホンのほぼすべてのペアと同じくらい効果的です。

それらを道路上でテストすると、ケーブルノイズの錆を少し軽減するように見えますが、交通騒音を大幅に低減することはありません。

バンドルされたイヤホンについてあまり興奮しないでください。

HTC U11 Lifeのスピーカーはクラス最高のものではありません。最大音量はMoto G5S PlusまたはHonor 9の音量よりも低く、低音域の音量はわずかです。

しかし、ポッドキャストや奇妙な緊急音楽のために十分な音質で、まだまだ有益な小さな話者です。下端に座っているので、ゲームをプレイするときにステレオ効果はありません。

一般的なゲームパフォーマンスは非常に優れています。特に、HTC U11 LifeはミッドレンジCPUを使用しているためです。Real Racing 3、Asphalt 8、Dead Trigger 2などのハイエンドゲームのフレームレートはすべて、非常に滑らかで、真のトップエンドの携帯電話から期待されるパフォーマンスに近いものです。

パフォーマンスとベンチマーク

  • ミッドレンジCPUは素晴らしい仕事をします
  • Snapdragon 630 CPU
  • 新しくアップグレードされたグラフィックチップセット

HTC U11 LifeにはSnapdragon 630チップセットが搭載されています。Geekbench 4では、そのスコアは、この場合、4,125ポイントのSnapdragon 625のものと非常に似ています。しかし、いくつかの顕著な改善があります。

まず、これは素晴らしいゲームパフォーマンスを説明し、クアルコムはグラフィックスチップセットを大幅に改善しました。Adreno 508はSnapdragon 625の650MHzから850MHzでクロックされています。

また、高速の4Gモデムを搭載し、プロセッサコアに異なるアプローチをとっています。他の6シリーズSnapdragon CPUと同様に、すべてのコアがCortex-A53(従来の「予算」コア)ですが、クアルコムは4つの低速クロックと4つの高速性能を使用するように移行しました。同じスピードで8つではなく。

目的は、パフォーマンスを損なうことなくバッテリ寿命を向上させることです。

評決

HTC U11ライフは、多くの点で素晴​​らしい電話です。画面、ソフトウェア、および日常のパフォーマンスはすべて不平を言うが、圧搾可能な側面は啓示ではないかもしれないが、ほぼ根本的にカスタマイズ可能である。したがって、現在考えられているほど有用である。

バッテリーの寿命はちょうど良いですし、かなりのミッドレンジの電話のように、カメラは夜にはあまり良くありません。しかし、HTC U11 Lifeは楽しく使いやすく、本当に破壊的ではないにしても価値があります。

トップエンドの携帯電話の価格が$ 1000 /£1000以上で渦巻いているので、通常の人々の価格で携帯電話を楽しむことは、胃だけが成長することができます。

「vivo V9」のスマホレビュー! スペックと使用感の紹介

vivo-v9-gold-1

中国vivoから、インドで「vivo V9」が正式発表。ミッドレンジのAndroidスマートフォン・新モデルで、AIカメラやベゼルレスのディスプレイが特徴のグローバル・モデルとなっています。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 vivo V9
メーカー
vivo
発売時期 2018年4月, 発売済み , 日本では未発売
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド
速度  HSPA, LTE
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.3インチ, IPSディスプレイ,  画面占有率: 85.2%
ディスプレイ解像度 1080 x 2280(フルHD), アスペクト比1080 x 2280 pixels (~400 ppi density), 400ppi
サイズ 154.8 x 75.1 x 7.9mm
重さ 150g
システム
OS Android 8.1 (Oreo) , Funtouch OS 4.0
Soc Qualcomm Snapdragon 626
CPU Cortex-A53 8コア, 2.2 GHz
GPU Adreno 506
ベンチマーク Antutu: 66613
Geekbenchシングル:928 Geekbenchマルチ: 4496
メモリ
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB,  microSD最大256GBまで
カメラ
メインカメラ  16MP, F値/2.0 , デュアルカメラ, デュアルLED
前面カメラ  24MP, F値/2.0
動画  最大画素数: 2160p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 4.2
GPS   GPS, GLONASS, BDS
ネットワーク機能   FMラジオ
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   有り
バッテリー
バッテリー容量  3260mAh
ポート  microUSB 2.0
その他
本体色 Gold, Black
現地価格 24990ルピー
円換算価格 約40500

 

デザイン

vivo V9

 

X20と大幅に違うのは、背面にカーブした3Dガラスを採用していることではないでしょうか。質感はかなり異なり、ボディカラーとは異なるシルバーのメタルフレームに3Dガラスボディを採用した本体となっています。購入したのは、オーロラホワイトというカラーですが、上品なカラーです。
厚さが7.37mmで本体は湾曲しているので持ち易さはX20から引き続き健在、重さも6.28 inchながら156.2gと非常に軽量です。このクラスのスマートフォンが150g台というのもなんだか不安になりますが、大きさを忘れる重さに感心します。

vivo V9
vivo X21Aという機種名がシールで貼られているのが少し残念です。

vivo V9
X21のフレームはX20とは違い、艶ありのフレームなので傷つきやすいく、目立つ気がします(既にSIMスロットに傷が付きました)。
SIMスロットはX20と同じように、水が浸入しないように加工されています。防水性能は搭載されていませんが、この点はBBKの会社らしい配慮です。SIMスロットが下部に配置されている関係で、上部に3.5mmイヤホンがあります。

vivo V9
カメラは左上に縦に並んでいます。カメラの出っ張りは付属しているケースを装着すればカバーできるくらいの出っ張りです。

 

 

ノッチ搭載19:9、6.3インチIPSディスプレイ

vivo V9

vivo V9は”FullView 2.0″な6.3インチのスクリーンを搭載。アスペクト比は19:9となっていますが、これはノッチを採用したことが関係していると思われます。

スクリーン占有率は約90%、上左右のベゼルはかなり狭く、下だけ若干ベゼルを残しています。実機レビューもいくつか出ていますが、画像をみる限り上左右はかなりベゼルレスになっている様子。

ミッドレンジモデルということもあってか、IPSを採用しています。

AIカメラ

最近のスマホカメラはAI、AI、AI…なのですが、vivo V9も「AIカメラ」をアピールしています。

フロントカメラは24MPのセルフィーシューターとなっており、 AI美顔機能を搭載。背景照明の種類もソフトウェアで調整したり、ARステッカーなども追加できるようです。

vivo V9

背面には16MP+5MPのデュアルリアカメラが搭載。AIぼかし、AI HDR…とにかくAIカメラ推し。

vivo V9

 

 

Vivo V9 4GB / 64GB 6.3インチLTEデュアルSIM SIMフリー [並行輸入品] (パールブラック)

新品価格
¥38,196から
(2018/10/22 11:45時点)

GALAXY S5 Active SC-02Gレビュー!! 手袋操作可能な防水携帯

※この記事はGALAXYアンバサダーモニター企画でお借りしたGALAXY S5 Active SC-02Gを使用しています。

厚さは気にならず、むしろ持ちやすい

image

夏に発売されたGALAXY S5のタフネスモデルということで少々大きくなった感じではあるが、さほど厚みなどが増しているわけではない。タフネススマホというと頑丈で分厚いという印象があったが、他のタフネスではないスマホとほぼ同じようなサイズ感だ。素材はプラスチックだが、フレームは岩のようなザラザラとした質感になっている。個人的にはXperiaやiPhoneよりも持ちやすいと感じる。グリップ感も良好だ。

性能的にはS5とほぼ同等

SC-02Gは約5.1インチの有機ELディスプレイ、クアッドコアのSnapdragon 801(2.5GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GB、1,600万画素/210万画素のカメラを搭載し、夏モデルのS5と同等のスペックを誇る。もちろんワンセグやおサイフケータイも利用できる。背面の心拍数センサは健在だが、指紋認証機能が省かれている。

手袋での操作も可能

タッチパネルの感度はかなり良好で、手袋を装着したままの操作もできる。Xperiaだといちいち手袋モードに切り替えをする必要があるが、SC-02Gはその必要がない。

充電方法は改善の必要ありか

image

SC-02Gは充電の方法がmicroUSB端子からのみとなっている。しかし本機のmicroUSB端子はパッキンカバーで覆われているので充電のたびにこれを開閉しなければならない。しかもタフネス仕様なせいか、このカバーが少々硬く、開けづらいと感じる人もいるかもしれない。カバーやパッキン自体はしっかりしているので劣化などで防水性能が低下するということはないだろうが、充電方法は無線充電や卓上ホルダなどの端子を用意すべきだったのでは。

タフネス仕様から得られるのは安心感

image

本機の最大の特徴として、米国国防総省の米国軍用規格(MIL-STD-810G)18項目に準拠しているということだ。防水・防塵(IPX5/7・IP6X)、耐衝撃、耐振動、防湿、耐日射、塩水耐久、低圧対応、高温/低温/熱衝撃などの温度耐久、耐氷結の試験をクリアしているとされている。だが、パナソニックや京セラなどが発売している他のタフネスな端末と比べるとどうしてもひ弱に感じてしまうかもしれない。
厚みもあまりなく薄いし、カメラレンズも突出している。背面のカバーは外すことができ、かなり薄っぺらい。
しかし、上にあげたような様々な試験を本当にすべてクリアできるかどうかは正直どうでもいい。少なくとも一般人にとっては日常生活で使用していて安心感を得ることができればそれでいいのだ。筆者はSC-02Gを使用していて何度か地面に落としてしまったことがあるが、目立つ傷が付くようなことはなかった。本体を覆うフレームがかなる傷に強い素材だからだ。
しばらく水没させてもなんの問題もない。防水に関しては以前にSC-04Fをお借りした際にもお風呂などでの使用も問題なかったので、SC-02Gの場合はさらに安心できるだろう。水滴が付いてもタッチパネルの精度は高い。
ある程度の強度はあるので、例えば岩場やアスファルトなどの上に置いたり、海岸の砂浜にも持ち込める。筆者はSC-02Gをジーンズの尻ポケットによく入れていたがなんの問題もなかった。幸い、筆者はこれまでGALAXYスマートフォンを使用していて痛い目には遭っていないのでSC-02Gはとても安心感を得ることができるスマートフォンだった。ちょうどS5にタフネスなケースと強化ガラスを装着したような感覚であるので、SC-02Gにケース類を装着させる必要はないだろう。

さいごに

image

タフネス仕様なスマートフォンということでとてもニッチなモデルであるように思えたが、実際に使ってみて、サイズ感も他のスマートフォンとは変わらず、むしろ対等以上に勝負ができる端末であった。ケース類などの余計な出費や故障などのリスクも少なく、万人にオススメできるスマートフォンとも言える。

【送料無料】【中古】SAMSUNG GALAXY S5 Active SC-02G (GR) カモグリーン (NTTドコモ)

価格:19,418円
(2018/10/22 11:48時点)
感想(0件)

SAMSUNG docomo GALAXY S5 ACTIVE SC-02G Titanium Gray

新品価格
¥27,800から
(2018/10/22 11:49時点)

ヤフオクでお安く購入したい方はこちらから!