オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

イヤホン

SONYのハイレゾ対応のイヤホン XBA-H3 レビュー

更新日:

SONYのハイレゾ対応のイヤホンXBA-H3は2013年10月25日に発売されました。

今から5年ほど前になります。

発売当時の価格はオープン価格でしたが店頭では3万6,800円前後で販売されいました。

SONYのハイレゾ対応のイヤホンXBA-H3は、ソニーのイヤホンXBAシリーズに初めてHの型番が付く高解像度のオーディオ再生が可能であることが可能なイヤホンとして発売されました。

このHはハイブリッドという意味になると思います。

XBA-H3は一般的なダイナミックドライバよりも安定したバランスのバランスドアーマチュアドライバを使用することが特徴です。

それにより、イヤホンのピーク容量で音楽を楽しむことができることができます。

 

XBA-H3

 

具体的にXBA-H3はソニーの3ウェイハイブリッドHDドライバを使用します。

2つの中高域の解像度に特徴のあるバランスドアーマチュア・ドライバと1つの中低域の音量に強い16mmダイナミック・ドライバを小型イヤホン・ハウジングに収納し、3〜40,000Hzの広い音周波数を提供します。

また、100mWの電力処理能力と40オームのインピーダンスを可能にする107dB / mWの高感度定格も備えています。

XBA-H3はこの時発売されたHシリーズの最上位機種になり、液晶ポリマーフィルムを振動板に使用した16mmダイナミック・ドライバとバランスドアーマチュア・ドライバのおかげで低域の厚みと広い音域にわたる安定した音は同じシリーズの中でも最もわかりやすいと思います。

箱から出すとイヤホンはウレタンにしっかりホールドされています。

 

付属品

 

イヤーピース ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)、シリコンフォームイヤーピース,S,M,L(各2)
保証書
クリップ
キャリングケース
コード長アジャスター
接続ケーブル ●リモコン付き着脱式イヤーハンガーコード(1.2m)
取扱説明書

 

イヤーピースは2種類です。ホールド感はシリコンフォームイヤーピースの方が優れていると思います。

合皮で出来たイヤホン収納キャリングケースはしっかりした作りで、本来のイヤホン収納以外にも使えそうです。

接続コードは2種類になり、長さはどちらも1.2mになります。

通常のコードの他にスマートフォン等に対応したマイク/リモコン付きオーディオコードになります。

 

XBA-H3

 

質感

XBA-H3は非常に印象的な外観をしています。

ハイブリッドで大きなドライバーを内蔵することによってハウジングは大きくなっています。

ハウジングに接続するコードの先端部分になるイヤーガードも大きなハウジングを支えるために太くなっています。

イヤホンはプラスチック製でその上にコーティングされた塗装のおかげで質感としてはましになっています。

ただし、使用状況によってはこの塗装が剥がれている物もあるので中古品で購入する場合は注意が必要です。

 

装着感

装着するときはコードが太いため、イヤーガード部分がちょっと取り付けしづらいかもしれません。

しかし、一旦装着するとハウジング部分の重量は10g程度で気にならず、コードもしっかり耳をホールドするのでXBA-H3が非常に快適なイヤホンセットであり、長時間にわたって着用できることが分かります。

イヤーピースのうちシリコンフォームタイプは、イヤーピースの傘の内側部分に発泡クッションがあることで、装着時にイヤーピースが広がり、装着安定性と静音性を高めるので、シリコンフォームタイプ利用をお勧めします。

 

XBA-H3

 

音質

もっと重要な音質です。

その前にこのXBA-H1には2種類のコードが付属していますが、それぞれでも音は多少違いがあります。

はやり、マイク/リモコン付きオーディオコードの方が若干音に関しては見劣りがすると思います。

より大きなヘッドホンと比較して、小型のSonyイヤホンXBA-H3のサウンドステージはそれほど広いものではありませんが、オーディオイメージは、楽器と演奏者の可聴のはっきりとした配置が印象的です。

音の再現は正確で若干のドンシャリ感はありますが、中高域は明瞭で低音域の分解能も優れています。

音のバランスも極めて良好で、モニター的に全体域の情報が聴き取れるイヤホンであり、ソニーとして初めて「Hi-Res AUDIO」ハイレゾ対応をうたっているように高域に広がりがあります。

XBA-H3イヤフォンはヴォーカルの声に関して中間深度を提供し、一般的に自然さが維持されたパフォーマンスを与えました。

私は高音が私の好みのために少しあまりにも鋭いと思った。

音楽の盛り上がりが好きな人のために、XBA-H3はポップやダンストラックのベース入力に非常に確実に反応します。

しかし、それはXBA-H3が非常にバランスのとれたオーディオ性能を提供するために、偏りの少ない音で、高域の再生能力も高いため、今でもハイレゾ音楽の細かな部分も楽しめる実力を発揮します。

一般的に、Sony XBA-H3は、より控えめな高音レスポンスを持つ音楽と相性が良いと思います。

しかし、主なポイントは価格です。

発売から5年ほどが経過し、ハイレゾ対応のイヤホンも数多く発売されています。

しかし、XBA-H3はその基本性能の高さから今でも人気のあるイヤホンです。

しかも、販売された数も多く程度の良い中古品が1万5,000円程度で販売されていますのでお買い得なイヤホンになります。

 

XBA-H3   XBA-H3

 

SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 XBA-H3

価格:33,576円
(2018/11/12 10:56時点)
感想(0件)

SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 リモコン・マイク付 XBA-H3

新品価格
¥27,000から
(2018/11/12 10:57時点)

ヤフオクはこちら!!

-イヤホン
-, ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.