オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

イヤホン オーディオ機器

SONY WF-SP700N vs SONY WF-1000X vs Apple AirPods 比較レビュー

投稿日:

SONY WF-SP700N vs SONY WF-1000X vs Apple AirPods 比較

 

 

 

 

 

 

近年様々なメーカーからワイヤレスイヤホンが開発、販売されています。

その中でもSONYのWF-1000XとAppleのAirPodsはワイヤレスイヤホンが普及し始めた当初から非常に人気の高い製品ですね。

今回はその人気の2種類のワイヤレスイヤホンと、今年発売されたWF-SP700も含めて比較してみたいと思います!

 

サイズとしてはWF-SP700Nが一番大きいですね。WF-1000Xがかなりコンパクトに収まっていますね。

タイプとしては、開放型(AirPods)、密閉型(WF-1000X)、密閉型(WF-SP700N)と異なるタイプです。

スペック比較

ノイズキャンセリング機能

AirPods:なし 天気の悪い日には適していないです。
WF-1000X:あり
WF-SP700N:あり

外音取り込み

AirPods:オープンイヤー
WF-1000X:マイク
WF-SP700N:マイク

防滴仕様

AirPods:なし
WF-1000X:IPX2
WF-SP700N:IPX4

連続音楽再生時間(ケース充電可能回数)

AirPods:最大5時間(充電4回)

WF-1000X:最大3時間(充電2回)

WF-SP700N:最大3時間(充電2回)

充電時間(本体/充電ケース)

AirPods:
本体:急速充電15分で最大3時間の駆動
ケース:約2時間

WF-1000X:
本体:約1.5時間
ケース:約3時間

WF-SP700N:
本体:約1.5時間
ケース:約3時間

外音取り込みに関して

AirPodsはオープンタイプ、開放型のイヤホンになりますので、何もしなくても外音、環境音が入ってきます。
WF-1000XやWF-SP700Nのように収音してイヤホン内部に取り込んでいるわけではありません。
なにか作業をしながらとか、運動をしながらといった環境ならば、環境音を一番自然に聴けるのはAirPodsです。
しかし、集中、外音遮断、といった選択ができないので、そういった点ではマイク集音のWF-1000XとWF-SP700Nのどちらかという選択になりますね。

遅延問題の比較

やはり遅延が一番気になるのはWF-1000Xでした。
AirPodsは現在販売されているワイヤレスイヤホンの中でも遅延がほとんどないことで有名な製品です。

動画をメインで視聴する方にはAirPodsの方がストレスなく使用することができると思います。

ただしWF-1000Xの遅延が決してひどいわけではなく、気にして視聴しないとわからない程度の遅延です。
しかしWF-1000Xは稀に遅延が激しくなることがあるため、もし遅延がひどくなった場合は一度動画視聴を停止して再度動画アプリを立ち上げればほぼ直ります。

音の途切れ問題

こちらは圧倒的にAirPodsが優秀です。

AirPodsは音が途切れたことはほとんどありません。

WF-1000Xは混雑している駅のホームなどでは毎回片方または両方のイヤホンの音が途切れてしまい、人混みがなくなる場所に出るまでその現象が続きます。
使用するシーンが通勤ラッシュや人混みの激しい場所がメインになるのであればWF-1000Xはストレスに感じることがあるかもしれません。
WF-SP700はこのあたりが大分改良されている様ですが、やはり数秒・十数秒程度の音の途切れは発生します。
私はこの程度であればさほど気になりませんが、できる限りストレスフリーで音楽を聴きたいのであればAirPodsをオススメします。

サウンドの比較

音質の傾向ですが、AirPodsはカラりとした「声」を中心としたサウンド。
WF-1000Xはややドンシャリですが、ローからハイまで解像度の高いサウンドです。
WF-SP700Nは低音を中心としたややドンシャリの傾向です。

WF-1000XとWF-SP700Nを比較しますと、はっきりと『正統派』×『低音主義』と対比できると思います。
双方装着感はかなりいいとは思いますが、サウンドの傾向や、防水仕様を比べるとWF-1000Xは普段用、WF-SP700Nは運動用にオススメです。

最終的には正直音質は好みが分かれますのでなんともいえませんが・・・。

元々SONYユーザーなのであればSONYの音質が好きな方が多いでしょうし、Appleユーザーであれば付属のAppleイヤホンを使用している方が多いでしょうから音質が近しいAirPodsがオススメです。

音質は人によって好みが異なりますが、個人的にはSONYのワイヤレスイヤホンやヘッドホンを使用していることもありSONYの音質の方が好みです。

 

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

新品価格
¥19,915から
(2018/11/23 13:46時点)

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

新品価格
¥19,915から
(2018/11/23 13:47時点)

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N

新品価格
¥20,000から
(2018/11/23 13:47時点)

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

新品価格
¥19,199から
(2018/11/23 13:48時点)

-イヤホン, オーディオ機器

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.