オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワイヤレスヘッドホン

Sony MDR-1000XとBose QuietComfort 35の比較

更新日:

SonyMDR-1000XとBose QuietComfort 35の比較

Boseという名前はノイズキャンセルのヘッドホ

ンやイヤホンの代名詞となっています。

QuietComfortシリーズは、ノイズキャンセル技術において比類のない品質を誇っています。

しかし、SONYも同じコンセプトの商品を販売して優れたノイズキャンセル機能を誇っています。

実際同じコンセプトで作られたSony MDR-1000XとBose QuietComfort 35を比較してみました。

Sony MDR-1000XとBose QuietComfort 35レビュー

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 - パッケージング

どちらのヘッドホンも取り外し可能なケーブルおよび飛行機の変換アダプターを収納するためのポケットを備えたハードグレードのキャリングケースが付属しています。

どちらのケースも楕円形の角が丸い長方形の形状になりますのでバックの中に入れて持ち運ぶ場合でも場所をとりません。

構造的には外側は革、中はクッションのある構造になっていてヘッドホンをホールドするようになっています。

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 - デザイン

MDR-1000Xは、QC 35よりも主に合成皮革のため高級感のある外観をしています。

QC 35は主にプラスチック製になっています。

どちらのヘッドフォンも耐久性はありますが、比較するとMDR-1000の方が豪華にみえます。

ソニーはソフトレザークッションが特徴で、やさしく包み込むような装着感です。

きちんとしたホールド

感が好きな方にはもの足りなく感じるかもしれませんが長時間の装着でも違和感を感じることは少ないと思います。

ヘッドバンドも内側は合皮で覆われたクッションになっていますのでソフトな感覚です。

MDR-1000Xは、ヘッドホン自体の重量がちょっと重いため、飛行機のエコノミークラスで長距離を飛行する場合は首に負担がかかるかもしれません。

QC 35のエキステンダーは、暗い色で、一種のプラスチックまたは金属材料製の露出したスライダーです。

MDR-1000Xと比較してクッションが枕のように耳の周りを少し軽くホールドする感じで、しっかりした装着感が好きな方にはQC 35の方が良いかもしれません。

ノイズキャンセラ機能を持っているヘッドホンなので使用するシーンを飛行機で考えると、エコノミークラスでは装着感の違いから好みで選ぶことが出来ます。

しかし、フルフラットになるビジネスクラスやファーストクラスでは横になった状態で装着するとSONYのMDR-1000Xはホールド感が弱く耳から外れることはありませんが、ずり落ちそうな感覚があります。

 

 

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 - サウンド

音質に関して言えば、両方のヘッドフォンとも、きれいで豊かなオーディオを提供するという点において共通しています。

しかし、その中でもヘッドホンによって微妙な違いがあります。

MDR-1000Xは、暖かみのあるバランスの取れたサウンドで低音の響きも吐出することなく、それはとてもリラックスしていて、全体的に心地良いリスニング体験を提供します。

Bose QuietComfort 35は、より多くのベースラインを提供します。

それは時には少し攻撃的で決してひどいことではありませんがリラックスするというよりもアクティブな感じがします。

どちらもワイヤレスで視聴してもハイレゾを十分再現していると思いますが、ヘッドホンの本来の性能を発揮されるのは有線で接続したときです。

楽器の微妙なニュアンスまで余さず伝えるようになります。

 

 

Sony MDR-1000X vs Bose QuietComfort 35 - 特長

両方のヘッドホンの主な機能は、ワイヤレス接続でノイズキャンセラを提供することです。

QC 35は最大20時間ノイズキャンセラを提供することができ、電池切れ時には15分の迅速な充電で最大2.5時間の再生時間が得られます。

MDR-1000Xは20時間の使用でほぼ同じ結果が得られます。

この2つのノイズキャンセラ機能を比較するとソニーのノイズキャンセラ機能に関して、ボーズに勝る内容になっています。

MDR-1000Xは最適化された「デュアルノイズセンサーテクノロジー」や今回新開発された「パーソナルNCオプティマイザー」により精度の高いノイズキャンセラ機能を持っています。

「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載することにより周囲の音を分析して効果的なモードを自動的に選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能を利用する事ができます。

「パーソナルNCオプティマイザー」は頭部の形状や髪の状態、メガネ等で異なる装着状態を検出して補正していきます。

また右の耳のカップの上に手を置くことによって、スムーズに会話をすることができます。

BOSEは、残念ながら、このような機能は搭載しておりません。どちらかというとBose QuietComfort 35は通勤用ヘッドフォンですが、ソニーのMDR-1000X機能は頻繁に飛行機で旅行または出張する方に向いていると思います。

ただし、先に記載したように装着感に関しての問題がありますので、日本国内やアジア近郊程度の移動やアメリカ国内程度の移動であれば問題はありませんが、片道12時間程度の路線では首に負担がかかるかもしれません。

-ワイヤレスヘッドホン
-, , ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.