高性能アクションカメラ SONY アクションカム HDR-AS50のレビュー

HDR-AS50は、ソニーのアクションカメラのラインナップの中でも、最もリーズナブルに入手でき、かつ小型軽量で扱いやすいモデルです。
上位機種と比べると撮影機能には若干劣る点はありますが、それでもアクションカメラとして備えるべきポイントはしっかりおさえており、ソニー製アクションカムの名に恥じない高性能な製品となっています。

HDR-AS50製品画像1

HDR-AS50の基本性能

HDR-AS50は、CMOSセンサーには「1/2.3型 Exmor R センサー」が使用されています。
これは、HDR-AS300よりも大型のCMOSセンサーになりますので、暗いシーンでの撮影で有利です。このCMOSセンサーの総画素数は1680万画素で、有効画素数としては1110万画素となります。
撮影画像は、先述したようにフルハイビジョンでの記録が可能で、モードを変えれば写真撮影も可能です。なお、逆光補正機能や風切り音防止機能なども搭載されていますので、車載カメラとして使用するのにも適しています。

主な仕様

イメージセンサー1/2.3型 Exmor R CMOSセンサー
総画素数約1680万画素
有効画素数(動画時)約1110万画素(16:9)
有効画素数(静止画時)約1110万画素(16:9)
f(35mm換算)f=18.4mm(ワイド), f=21.8mm(ナロー)
ブレ補正機能電子式(アクティブイメージエリア方式、アクティブモード搭載)
記録メディアMP4:メモリースティックマイクロ(MARK2)
MP4:マイクロSD/SDHC/SDXCメモリーカード(Class4以上推奨)
XAVC S HD:マイクロSDHC/SDXCメモリーカード(Class10以上推奨)
動画記録画素数/フレームレート<MP4>
PS:1920×1080 60p/50p
HQ:1920×1080 30p/25p
STD:1280×720 30p/25p
HS120(HS100):1280×720 120p/100p
<XAVC S HD>
60p/50p:1920×1080 60p/50p
30p/25p:1920×1080 30p/25p
24p:1920×1080 24p
本体内充電(付属バッテリーの満充電時間)約4時間25分
基本バッテリーシステムNP-BX1
外形寸法:幅×高さ×奥行約 24.2mm x 47.0mm x 83.0mm
本体質量約58g
撮影時総質量約83g

装着しやすく使いやすい、小型・軽量

本体重量83gのコンパクトボディに広角レンズを搭載。
スリムな形状により風圧を受けにくいので、頭への装着や自転車への搭載などにもジャマにならず、スノーボードなどエクストリームスポーツのプレイ中でもハンズフリーの自由なスタイルで撮影できます。

十分な防水・耐衝撃性能

HDR-AS50製品画像2

アクションカメラとなると気になるのが防水性能ですが、HDR-AS50では本体のみでは日常生活防水となります。しかし、防水ハウジングが標準添付されていますので、このハウジングを利用することで水深60メートルまでの防水性能が保証されます。また、耐衝撃性も兼ね備えている上、氷点下10度までの耐低温性能も誇ります。バッテリーには、連続動画撮影が165分可能なスタミナバッテリーが採用されています。なお、オプションの外部バッテリーを使用することで、撮影時間を延長することも可能です。

【防塵・耐衝撃性能について】

●防塵・耐衝撃性能については、傷やへこみがつかないことを保証するものではありません
●MIL-STD810F Method 516.5-Shockに準拠した厚さ5cmの合板上での1.5mからの落下テストをクリアしています。ただし、すべての状態において無破損・無故障・防水性能を保証するものではありません

【耐低温について】

●本機の動作温度は-10℃から40℃、保存温度は-20℃から60℃です
●周囲の温度が低いとバッテリーの性能が一時的に低下するため、使用できる時間が短くなります
●スキー場などの寒冷地で使用した場合、雪や水滴が付いたまま放置すると、アンダーウォーターハウジングのホールドレバーやバックルロックなど可動部のすきまに入った雪や水滴が凍り、動きにくくなる場合がありますので、ご注意ください

Wi-Fi接続機能でスマホとの連携も

HDR-AS50にはWi-Fi接続機能も搭載されているため、スマートフォンと連携してリモートコントロールもできます。画像の記録はマイクロSDカードにMPEG形式で記録されるためパソコンへの画像の取り込みもスムーズです。なお、撮影時には、GPS情報も合わせて記録されるため、動画編集時にマップ上で撮影地を表示したり、カメラの動く速さを表示したりすることが可能です。

簡単操作で撮影可能

HDR-AS50の使用方法はとても簡単で、本体の下部の蓋を開けて、マイクロSDカードを挿入し、電源を入れて録画ボタンを押すのみで録画が開始されます。なお、本体の電源が入っていない状態でも、録画ボタンを押すと自動的に電源が入り録画が開始されるため、スピーディーな録画が可能です。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム ベーシックモデル(HDR-AS50)

新品価格
¥21,590から
(2019/5/19 12:46時点)

コメントを残す