オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

AV機器 アクティブスピーカー

SONYのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB10 レビュー

投稿日:

2017年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB10」。
重低音サウンドをウリにしているEXTRA BASSシリーズのポータブルBluetoothスピーカーです。

IPX5相当の防水性能で、2台同時接続でステレオ再生にも対応したモデルです。

早速開封

今回購入したのは北米版なので、パッケージやマニュアルの記載が英字ですが、基本的には日本版と全く同じです。

コンパクトな箱です。内容物は、本体、ストラップリング(最初から本体に付いてます)、USB充電ケーブル、取扱説明書、セットアップマニュアルです。

SRS-XB10本体のサイズは直径約75mm・高さ91mmの円柱形で重さは260g、程よい重量感です。
見た目通り場所をとらないし、全然重くないので簡単に持ち運べます。

ボディーはIPX5相当の防水仕様で、おフロやキッチンなどでも水しぶきを気にせず使えます。素材は衝撃吸収するラバー的なムニュっとした質感で、キズが付きにくそうな感じです。このあたりの手軽さが、持ち出したくなる気にさせます。

内蔵バッテリーは4.5時間充電すると最長16時間再生できるスタミナぶり。もちろん充電しながらの音楽再生も可能です。

よく考えられているのが付属するシリコンストラップ。
ただの輪のようなストラップに見えて実はとってもスグレモノ。突起物にフック掛けすることもできれば、シリコンストラップの上にSRS-XB10を載せて横向き状態を保てる仕組みになっています。

こんな感じでお風呂場に有るフックに簡単に引っ掛けて使えちゃいます。
さすがにお風呂の湯船に落とすとマズイですが、水がかかるくらいなら全然問題ありません。脱衣所など外に置いたスマホの音楽を、Bluetoothで受信して聴くなんて使い方には最適です。

外部端子となる充電用のmicroUSBや入力用のステレオミニプラグは、ラバーのフタで水の侵入を防ぐ仕様になってます。

ストラップの接続部分はこんな感じ。携帯電話と同じ様な感じです。お好みで簡単に付け替えられます。

母艦となる本体との接続。

基本的にはXperiaに限らず、Bluetoothに対応したスマートフォンやパソコン・ゲーム機など、なんでもつないで音楽や動画の音声をワイヤレスで再生できます。

NFCを備えてますので、NFCを搭載したXperiaであればSRS-XB10本体の“N”マークにかざすだけで、とてもカンタンにペアリングできます。

接続や切断もNFCをかざすだけのカンタンさで、たとえばXperiaをSRS-XB10にタッチさせると電源ONからBluetooth接続され、もういちどタッチするとBluetoothの接続が切れるといった手軽さです。

Xperiaに保存した音楽の再生や一時停止、曲送り、音量調整はSRS-XB10側でも操作できます。
XperiaとのBluetooth(HFP/HSP)接続であれば、もしも電話がかかってたとしてもそのままハンズフリー通話もできちゃいます。
私はiPhoneに繋いで使用していますが、この辺りの使い勝手はソニー製品同士の手軽さには勝てませんね。

肝心の音質は・・・

SRS-XB10は低音が凄いという評判が多いですよね。

実際に聴いてみると想像以上で、驚くほどの高音質でビックリです。
パワーもかなりの物で、モノラル再生でもクラシックの交響曲が部屋中に響き渡るような感じです。
コントラバスやチューバの音色もしっかり表現できています。重低音モデルはネーミング通りの実力でした。

スピーカーを2台つなげてステレオ再生もできるということで試してました。
“Speaker Add”という機能です。
1台でも結構な音質でしたが、ステレオだと臨場感は半端ないです。
しかもワイヤレスなので自由な配置が出来ます。左右の距離が取れるのでグゥーンと音場が広がります。
こういうところは左右一体型にはできない利点です。

あくまでも単体で使うぶんにはモノラルスピーカーなので、Bluetoothの対応コーデックもSBCとAACに限られていたりと、上位モデルのようなLDACやハイレゾ対応といった高音質機能はありません。

左右のペアリング作業も簡単でした。
ステレオモード(左右に分かれてステレオ再生)とダブルモード(左右の区別なく同じ音で再生)の違いもインジケータランプに表示されるので一目瞭然です。
スマホのアプリで設定できると便利ですがそれは現状では出来ません。

本格的なステレオサウンドを外に持ち出したい方は絶対に2台1組がオススメです。
左右のカラーを別にしておくとカラフルな上にわかりやすいのでオススメです。
臨場感たっぷりの本格的な音響空間を持ち出せる優れたポータブルスピーカーです。

カラーバリエーション

カラーは、オレンジ、ブルー、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイトの6色。どれもきれいな発色です。

-AV機器, アクティブスピーカー
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.