SONY ワイヤレスイヤホン【WI-1000X】の機器登録(ペアリング)設定・やり方

 

ソニーが “オーディオ品質” にこだわって開発した「デジタルノイズキャンセリング」テクノロジーと、これを応用した「外音取り込み=アンビエントサウンド」の機能を搭載シているワイヤレスイヤホン【WI-1000X】

 

今回はペアリング方について紹介します!!

 

BLUETOOTH接続をするには

BLUETOOTH機器に搭載されたBLUETOOTH機能を使って音楽や通話をワイヤレスで楽しめます。

機器登録(ペアリング)

BLUETOOTH機能を使うには、あらかじめ、接続する互いの機器を登録しておく必要があります。この登録のことを機器登録(ペアリング)といいます。

接続したい機器がワンタッチ接続(NFC)に対応していない場合、ヘッドセットと機器を操作して機器登録(ペアリング)を行ってください。

機器がワンタッチ接続(NFC)に対応している場合は、タッチするだけで機器登録(ペアリング)を行いBLUETOOTH接続できます。

機器登録(ペアリング)済みの機器と接続する

一度機器登録すれば、再び機器登録する必要はありません。すでにヘッドセットとの機器登録が済んでいる機器それぞれの方法で接続してください。

 

BLUETOOTH接続のやり方

操作の前に、以下を確認してください。

  • ヘッドセットとBLUETOOTH機器が1 m以内に置かれている。
  • 充電式電池が充分に充電されている。
  • 接続するBLUETOOTH機器の取扱説明書を準備する。
  1. ヘッドセットを機器登録モードにする。

    お買い上げ後に初めて機器登録するときや、ヘッドセットを初期化した後(ヘッドセットに機器登録情報がない場合)は、ヘッドセットの電源を入れると自動的に機器登録モードになります。

    2台目以降の機器登録を行う場合(ヘッドセットに他の機器登録情報がある場合)は、ボタンを約7秒押し続けます。

    ボタンから指を離したあともランプの青と赤が交互に点滅することをご確認ください。音声ガイダンス「BLUETOOTH pairing」(BLUETOOTHペアリングします)が流れます。

  2. BLUETOOTH機器でペアリング操作を行い、ヘッドセットを検索する。

    BLUETOOTH機器の画面の検出した機器の一覧に[WI-1000X]と表示されます。

    表示されない場合は、もう一度手順1から行ってください。

  3. BLUETOOTH機器の画面に表示されている[WI-1000X]を選び、互いの機器を登録する。

    パスキー(*)を要求された場合は「0000」を入力してください。

    パスキーは、パスコード、PINコード、PINナンバー、パスワードなどと呼ばれる場合があります。

  4. 相手側BLUETOOTH機器でBLUETOOTH接続操作を行う。

    機器登録が完了すると自動的にヘッドセットと接続される機器もあります。音声ガイダンス「BLUETOOTH connected」(BLUETOOTH接続しました)が流れます。

     

まとめ

ペアリング自体は非常に簡単なのでぜひつかいこなしてみてください。