オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ヘッドホン

Skullcandy「Crusher 360」レビュー!! 最新モデルは新機能満載!!

投稿日:

アメリカ発祥のオーディオブランドSkullcandy(スカルキャンディー)。同社の名前を一躍有名にしたのが、音に合わせて物理的に震えるというギミックを備えたヘッドホン「Crusher(クラッシャー)」だ。

 

そんな「Crusher」シリーズの最新モデルとなる「Crusher 360」が本日発表された。昨年発売された「Crusher」シリーズ初のBluetoothモデル「CRUSHER WIRELESS」よりもさらに上のグレードのプレミアムモデルという位置付けで、日本では2500台限定で11月2日に発売される。

 

新技術で震える機能がさらに進化! 体感型ヘッドホンの究極系「Crusher 360」

「Crusher」シリーズの最新モデルとして今回発表された「Crusher 360」は、昨年発売された「CRUSHER WIRELESS」同様、Bluetooth接続対応のヘッドホンだ。さまざまな点で「CRUSHER WIRELESS」から進化を遂げているが、なんといっても最大の進化ポイントは「震える」部分の進化だろう。

Skullcandy「Crusher 360」

「Crusher 360」。ブラックカラーの筐体にキャメルカラーのイヤーパッドを組み合わせたクールなデザインだ

「Crusher」シリーズは「Haptic Bass(ハプティックベース)」と呼ばれる重低音専用のウーハーを搭載することで“物理的に震える”という機能を実現している。初代「Crusher」はこの専用のウーハーがモノラル再生だったが、「CRUSHER WIRELESS」ではステレオ再生対応の「Stereo Haptic Bass(ステレオハプティックベース)」へと進化。そして今回の「Crusher 360」では、この「Stereo Haptic Bass」をベースにさらなる進化を遂げたという。

具体的には、“センサリーベース”と呼ばれる技術を新たに搭載し、ウーハーが反応する再生周波数帯域を従来の45~75Hzから20~100Hzへと拡大している。可聴帯域を下回る低域であっても振動へとしっかりと変換できるため、従来よりもさらに迫力のある重低音を体感できるのが利点だ

 

Venueは、Bluetoothのワイヤレス接続にアクティブノイズキャンセリング技術を搭載。イヤーカップの外側と内側にマイクを備え、外側のマイクが周囲の音を測定し、正確な逆位相の音を出すことで騒音を打ち消す。

ボタン1つで、外音を取り込める「モニターモード」を搭載するほか、世界初となる「Tile(タイル)」による位置情報把握機能を採用。これは米Tileが提供するスマートトラッカーTileのチップを内蔵することで、実現しているもの。スマ ートフォンとヘッドホンを Bluetoothで接続し、どこに置いたのかわからない場合でも、ヘッドホンをアプリから音を鳴らしたり、地図上のどこにあるか示したりできるという。

Bluetoothの接続圏外にある場合も、最後に接続が切れた場所と時間をアプリの地図上に表示することが可能。Tileコミュニティを活用すれば、「探し物」の近くをほかのTileの利用者が通るとアプリで場所を教えてくれる。

 

要所で使った金属パーツで質感向上、長時間駆動も心強い

質感も非常に高く、アームの部分に触れた際には金属のヒヤリとした質感が心地いい。エッジ部分にはダイヤモンドカットが施されていて、見た目の満足感はCrusher Wireless以上である。低反発のイヤークッションにはプロティンレザーを使用し、装着感も申し分ないと思う。重量については公表されていない。

SkullCandy
折り畳み機構もあり、持ち運びしやすい。

Bluetooth接続に対応するほか、有線接続にも対応。最長29時間の利用が可能で、10分充電すれば3時間利用できる急速充電機能も持つ。このあたりは普段使いするのに嬉しい。

左側のハウジングを指でなぞる形で低域量の調整ができるなど、使い勝手も配慮されている。迫力ある低域を出しつつも、中高域の見通しがいいクリアな印象になっており、振動だけがうりのキワモノヘッドホンでは決してないという点を書き添えておこう

 

Crusher 360ヘッドフォンがそのように多くの低音を達成できる理由は、サブウーファーのように機能する専用のスピーカーです

The reason the Crusher 360 headphones can achieve so much bass is the dedicated speaker, which acts like a subwooferスカルキャンディー

私自身の経験から、専用の低音スピーカーのないヘッドホンは、私が欲しい低音を供給するのに十分なパワーを握ることができず、また非ベースのオーディオも生成できません。

これは、クラッシャー360の調整可能な低音レベルに不可欠な部分です。メインスピーカーは、低音、中音域、高音などの全体的なサウンドに対応できます。

これらのヘッドフォンの最高のものの1つは、低音量でもパワフルな低音を出すことです。

One of the best things about these headphones is that they deliver powerful bass even at low volumes.

ヘッドフォンで頻繁に低音を出すには音量を上げる必要があります。バックグラウンドで演奏したい高音量や「周囲」の音楽を常に必要としないレゲエのようなジャンルの場合、Crusher 360の調節可能な低音は完璧です。私は快適な音量でレゲエの音楽を聴くことができますし、そのようなローリングドローンをベースギターなどから得ることもできます。あなたのために、あなたの好きな曲やジャンルで "レゲエ"を置き換えてください。

 

Skullcandy Crusher 360 Bluetooth対応 BLACK S6MBW-J373-A 【国内正規品】

新品価格
¥32,850から
(2018/11/22 10:25時点)

【新製品】 Bluetooth ブルートゥース ワイヤレス ヘッドホン Skullcandy スカルキャンディー Crusher360 BLACK/TAN 【S6MBW-J373】 【送料無料】 スカルキャンディー ヘッドホン【2年保証】

価格:36,500円
(2018/11/22 10:25時点)
感想(0件)

 

 

-ヘッドホン
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.