オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スマートホン

SIMフリー版のGALAXY S7 Edge(SM-G9350)レビュー!カメラ性能・スペック共に今でも通用するスマホ

更新日:

Samsung Galaxy S7 EDGEは、これまでに作成された最高級の携帯電話の1つです

 

最近では高スペックのスマホが発売され、高価格がすすんでいますが5-10万円とかなりお財布には痛い値段になっています。

それなりのスペックを数万円で手に入れたいという方におすすめなのはSIMフリー版のGALAXY S7 Edge(SM-G9350)がおすすめ。

今回はGALAXY S7 Edgeのレビューを行ないます。

サムスンギャラクシーS7エッジレビュー:基本スペック

  • RAM:4GB
  • CPU:Snapdragon 820
  • コア数:クアッドコア(2.2GHz + 1.6GHz)
  • バッテリー容量:3,600mAh
  • ディスプレイ:5.5inch、Quad HD(1440×2560)
  • カメラ:1,220万画素(インカメラ500万画素)
  • 動画:UHD 4K、30fps
  • サイズ:151mm × 73mm × 7.7mm(158g)

アプリの起動や、ちょっとしたデータの読み込みがサクサクなので、全くストレスを感じません。

サムスンギャラクシーS7エッジレビュー:デザイン&ディスプレイ

Galaxy S7エッジには、Samsungのユニークなエッジディスプレイデザインが搭載されています。これは、フレキシブルOLEDスクリーン技術と輪郭ガラスを使用して、ディスプレイパネルが携帯電話の2つの長い側面の周りを曲がる場所です。

しかし、Galaxy S7とGalaxy S7のエッジを合わせると、大きな違いがあることに気付くでしょう。Galaxy S6とGalaxy S6のエッジは、物理的なデバイスのサイズとディスプレイのサイズの点では多かれ少なかれ同じで、ディスプレイの曲率に合わせて数ミリメートルの余裕がありました。

Galaxy S7エッジは通常のGalaxy S7よりもはるかに大きなモデルであり、非エッジモデルの5.1インチ画面に比べて5.5インチのディスプレイを搭載しています。

ガラスと金属の使用を前身同じ場所と同様のメタリックカラーオプションを選択できます。

Galaxy S6シリーズと同じように、ビルドの品質はビジュアルデザインと同じくらい優れていて、グリップを得るには非常に頑丈な感じの携帯電話です。また注目すべき点は、カメラのバンプがまだ大幅に縮小されていることです。

ギャラクシーS5以来の欠けている防水はが実装された点も嬉しい点 これはIP68認証で、公式には最大1.5mの水が30分まで有効です

ディスプレイもめちゃくちゃ鮮やかでキレイです。

更に「Quad HD」で、ディスプレイ解像度が1440×2560なので、YouTubeの動画がヌルヌル動きます

Galaxy S7エッジの新機能は、常時表示(または略してAOD)もちろん、ディスプレイが文字通り常にオンになっているわけではなく、少なくとも完全には表示されませんが、電話が低電力モードでスリープ状態にあっても表示される情報を選択できるということです。

これは、特定の画素のみを選択的に駆動するOLEDテックのユニークな利点を利用しています。AODの利用可能な表示オプションのリストにはカレンダー、時計、通知が含まれていますが、おそらくそれより広いアプリケーションがあると思われます。

Galaxy S7とGalaxy S7エッジディスプレイのスペックが紙面上で十分に印象的ではないかのように、DisplayMateは著しいディスプレイテストと分析のソースで、両端末で使用されている画面技術の詳細な調査を発表しました。DisplayMateはこれまでにテストした中で最も明るいディスプレイを搭載していると同時に、これまでにテストした最も正確な色と一緒に、サムスンの携帯電話を見つけ出しているということで、非常に輝いている。

「Galaxy S7の画面サイズと解像度はGalaxy S6と同じですが、ほとんどのディスプレイパフォーマンスメトリックでは大幅に改善されています。最大輝度はGalaxy S6よりも24%高いです。高い周囲の光の中で有意な改善がハイ周囲光のコントラストとコントラスト評価も大幅に改善している、」

「Galaxy S7のディスプレイは、2015年にテストしたGalaxy Note 5の性能を上回り、これまでにテストした最高性能のスマートフォンディスプレイと評価されています。これは、5.1インチGalaxy S7ディスプレイディスプレイの構成要素が5.7インチのGalaxy Note 5よりも20%縮小されなければならず、より小さなピクセルから同じ最大輝度を引き渡す必要がありました。

サムスンギャラクシーS7エッジレビュー:ハードウェア&バッテリー

もう一つの特徴は、マルチメディアコレクションに最適なmicroSDカードスロットが含まれている点。サムスンは取り外し可能なバッテリーパックを再導入していないが、前機の2600mAhから印象的な3600mAhに上がっている。バッテリーパックは非常に優れた性能を提供するはず。加えて、優れたバッテリー節約寿命を提供し、優れたスーパーパワーセービングモードでさらに優れています。

Galaxy S7 EDGEのバッテリー寿命は、優れており、最高のバッテリー性能を発揮します。まず、2,600mAhではなく、3,600mAhのGalaxy S6 EDGEよりも大きな容量です。しかし、これまでの最適化の多くが行われているようにも見えます。携帯電話では、連続したビデオ再生テストで17時間と48分の結果が得られます。Galaxy S6 EDGEの結果は13時間だったので、Galaxy S7 Edgeから約5時間以上の結果が得られました。

もちろん、NFC、4G LTE、Wi-Fiなど、豊富な接続機能も内蔵されています。microUSBポートを持っていますが、残念なことにType-Cバージョンではありません。

サムスンギャラクシーS7エッジレビュー:プロセッサ

サムスンは、さまざまな地域(サムスンExynosとクアルコムSnapdragon)で別々のプロセッサモデルを出荷するという通常の手口を引き出した。公式には、同社はCPU性能がギャラクシーS6シリーズより30%速く、GPUは64%の隆起を持つと発表した。サムスンは今回も性能関連のヒートに興味深い、むしろPCのような解決策を持っています。ハンドセットには水で満たされたヒートパイプが含まれています.SeCがヒートアップするとヒートシンクで冷却する前に水が蒸気に変わります。

ベンチマークテストで  は、Snapdragon 820エディションがExynosハードウェアよりも優れていることを示しています(特にグラフィックスの場合)。ただし、2つの違いは、秒; 重要なことに、実際の実際の使用で目立つようには十分ではありません。

ほとんどのベンチマーキングテストの結果とデータベースをオンラインで見ると、Galaxy S7 EDGE Exynosモデルはまだ市場で最も優れたスマートフォンの1つですが、これは実際の操作に反映されていると私は考えています。何もこの携帯電話を振るように見える、それはあなたが楽にそれを投げるものを介してちょうどいい

サムスンギャラクシーS7エッジレビュー:カメラ

サムスンのシリーズの代表的なものは、ギャラクシーS7とギャラクシーS7エッジの両方に同じカメラ設定があり、ここでも12MPセンサーが搭載されているという噂がありました。それは以前のモデルよりも低いメガピクセルの評価ですが、サムスンは他の多くのAndroid OEMと同様に、カメラハードウェアの他の領域を改善することに集中している

このセンサーは、ギャラクシーS6よりも高い1.4umピクセルを使用しています。ノイズリダクションに役立ち、非常に広いf / 1.7アパーチャを備えています(昨年のf / 1.9 - より低い評価はより広く、光)、および超高速デュアルピクセル位相検出が含まれます。

  • センサ:12MP、1 / 2.6 "
  • 絞り:f / 1.7
  • ピクセルサイズ:1.4μm
  • 焦点距離:26mm
  • フラッシュ:デュアルLED
  • 特長:OIS(Optical Image Stabilization)、デュアルピクセル位相検出オートフォーカス、同時ビデオと静止キャプチャ、タッチフォーカス、HDR(オート)、顔と笑顔の検出、パノラマ撮影、モーションパノラマ、ワイドアングルセルフ、写真
  • 動画:4K、1080p、720p
  • 2次仕様(センサー、絞り、焦点距離):5MP、f / 1.7,22mm

私は一貫してサムスンのカメラの設定に感銘を受けました、そして、ギャラクシーS7ではこれは何の変化の兆候も見せません。はい、センサはGalaxy S6の16MPセットアップよりも12MPの評価が低くなりますが、OEMは最終的にはより多くのMPがより良い画像品質を意味するわけではないということを全面的に取り入れているため、そのままで。

したがって、非常に大きな開口、ピクセル、およびセンササイズを含むイメージング設定の他の多くの側面が調整され、より詳細なシャープなディテールと低ノイズを実現しました。Galaxy S6のイメージング機能はすでに印象的でしたが、これはもっと重要です。

ダイナミックレンジは、影のある屋根と明るいイルミネーションの間を見ると非常に優れています。私はまた、そのディスプレイに似ているサムスンの写真へのアプローチが非常に好きです。それはパンチの彩度とコントラストを恐れることはありません。

その結果は、晴れた日には本当に明るい青空、緑豊かな緑の植生、カラフルな花、または下に描かれたその像の頭部に鮮明なコントラストをキャプチャしているかどうか、本当に活気のある画像です。

あなたはこのコーヒー豆のショットから見ることができるように、クローズアップの仕事はまだ詳細とcrispnessをたくさん得ます。デュアルピクセル位相検出オートフォーカスの採用により、キャプチャスピードが速くなります。これは、ディテール集約型のセンサ/アパーチャと一緒に使用され、OISは、ぼやけてしまう可能性はほとんどありません。

カメラインターフェースも使いやすくて使いやすいです。サムスンの旗艦の最後の数世代と同じように、ここでも私はサムスンのカメラハードウェアとソフトウェアの使いやすさの大ファンです。あまりにも多くの場合、実際には画像の忠実度の点でより優れている可能性がありますが、実際には最良の結果を得るには煩わしく複雑なモバイルカメラの設定があまりありません。

私はサムスンの妥協ではずっと幸せだ。実際にカメラを使い、ライバルたちが良い写真を手に入れることができると自信を持っている。私がまともな写真を手に入れることができると知っていても、私はめったに忍耐を持っていなくても気にしません。

ギャラクシーS7はそれほど多くはないが、画質に関して技術的に優れているライバルのカメラ(例えば、マイクロソフトのハイエンドLumia PureViewモデル)は、ギャラクシーS7よりもはるかに先行していないあなたが誇りに思っているイメージを使い続けることができます。

Galaxy S7には、フォーカス、明るさ、ISO、露出などの主要機能を手動で制御するための「Pro」モードが含まれています。

サムスンギャラクシーS7エッジレビュー:ソフトウェア

もちろん、サムスンギャラクシーS7エッジは、タッチマジックの新しいビルドでAndroid Marshmallowを実行しますが、Galaxy S6とGalaxy S6 EDGEに現在展開されているビルドとは大きく異なるとは言えません。

そのビルドと同様に、EDGEディスプレイ機能の拡張があり、ジェスチャーコントロールや幅広いアプリケーションの使用が可能になりました。さらに、アプリ、ショートカット、情報を表示するための余裕があります。

サムスンギャラクシーS7エッジレビュー:結論

それなりの価格で高スペックのスマホがほしいなら買いです。

au Galaxy S7 edge SCV33 ホワイト パール 白ロム ギャラクシーS7 エッジ

中古価格
¥25,800から
(2018/11/2 12:37時点)

ヤフオクはこちらから!!

-スマートホン
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.