Samsung Galaxy Watch ギャラクシーウォッチ 最新モデル SM-R800 レビュー

SM-R800

今年2018年の8月に発表されましたGalaxy Watch ギャラクシーウォッチの最新モデル「Samsung Galaxy Watch」。

OSは発売前にいよいよAndroid搭載かなど噂されていましたが、Tizen 4.0 OSを搭載しております。

防水防塵の円形ボディに有機ELディスプレイを搭載し、健康管理機能を大幅に強化。新たにLTE通信に対応し、単体でメッセージ、通話、マップ、ストリーミング音楽の再生などが利用できます。
また、1回の充電で1週間利用できるバッテリーを搭載。
46mmモデルと42mmモデルをラインアップするほか、多彩な純正ストラップ(オプション)でカスタマイズすることもできるようになっています。

主な仕様

ディスプレイ

46mmモデルは円形の1.3型有機ELディスプレイ(360×360ドット)を搭載。
42mmモデルは、円形の1.2型有機ELディスプレイ(360×360ドット)を搭載しています。

また、画面オフでも日時、通知などを表示できる「Always On Display」が利用可能。タッチパネルやベゼルで快適に操作できます。

そのほか、カバーガラスにGorilla Glass DX+を採用し、耐擦傷性と反射防止機能を向上。光学的な透明性も向上しています。

プロセッサやメモリ、ストレージ

プロセッサは、Exynos 9110 デュアルコア、1.15GHz。メモリー(RAM)。
ストレージは、LTEモデルが1.5GB RAM/4GB ストレージ、Bluetoothモデルが768MB RAM/4GB ストレージとなっています。

計測

距離、速度、歩数、カロリー消費量などの活動量のほか、心拍数や睡眠、ストレスレベルなどを計測できます。

また、GPS機能を搭載し、現在位置、歩行した経路などを計測できようになりました。

スマートフォンとの連携

連携できるスマートフォンはAndroid 5.0~、iOS 9.0~(※iPhone 5以上)。

国によってはモバイル網接続の認証にサムスン製スマートフォンが必要になる場合があります。

OSやアプリ

OSはTizenベースのWearable OS 4.0。アプリは「Galaxy Wearable (Gear Manager)」を用意。

モバイル端末との接続、ソフトウェア更新、時計設定、アプリのダウンロードと設定、時計リモート追跡、通知などの設定が行えます。
対応OSはAndroid 4.3 以上、iOS 9.0以降。

ボディ

前モデルの「Samsung Gear Sport」と同様にIP68の防水防塵(5気圧防水)に対応。
水泳時でも使えるので、いちいち取り外す手間がかからないです。
また、アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリアした耐衝撃性能も備えており、アウトドアでも使えるタフネス性能も備えています。

新機能

新たに追加された機能面うを見ていきましょう。

①ストレス管理機能「Connected Health」。
ストレスレベルをトラッキングし、高いストレスを自動的に検出すると深呼吸を提案してくれます。

②REMサイクルを含む全ての睡眠レベルをモニターできる新型の睡眠トラッカー。
睡眠習慣を学習し、睡眠時間をコントロールできる。③パーソナルトレーニング機能に、新たに21種類の屋内エクササイズを追加。合計39種のワークアウトを利用できるようになっています。

④食事のカロリー管理ではGalaxyスマートフォンの「Bixby Vison」と連携することも可能。
料理の写真からカロリー管理が可能になっている。

⑤豊富なウォッチフェイスで様々な組み合わせを楽しめるほか、新たにアナログ時計のチクタク音や時報チャイムを設定できる。
⑥サムスンのほかの製品と連携も強化され、PCやタブレットのロック解除、Spotifyのオフラインモードで楽曲を再生するといったこともサポートされています。

バッテリー

SM-R80046mmモデルのバッテリー容量は472mAhで、駆動時間は80時間以上。
42mmモデルのバッテリー容量は270mAhで、駆動時間は45時間以上となっています。充電は無線でのワイヤレス充電に対応しています。

この辺は使用環境によって大幅に変わってきますが、個人的な感覚では二日は確実に持つ感じです。
3日目の夕方頃に15%くらいになっている感じです。

 

 

通信

前モデルの「Samsung Gear Sport」と違い、4G LET、3G通信に対応。LTEネットワークは15カ国・地域以上で30以上の通信キャリアに対応しています。

単体で通信することができるので、スマートフォンなしでも、通話やメールの受信/送信、地図の検索、ストリーミング音楽の再生が行えます。
手が自由に使えない場所やスマートフォンの利用が許可されていない場所でも手軽に利用できます。

特に寒冷地や起伏の激しい山中など自然環境の厳しい場所で実力を発揮。スマートフォンが故障した場合にサブ的に使えるというメリットもあります。

サイズや重さ、色はどうなってる?

46mmモデルのサイズは46(幅)×49(高さ)×13(奥行)mmで、重量は63g、カラーはシルバー。

42mmモデルのサイズは41.9(幅)×45.7(高さ)×12.7(奥行)mmで、重量は49g、カラーはミッドナイトブラックとローズゴールドの2色。

SM-R800

 

Samsung. Galaxy Watch ギャラクシーウォッチ 最新モデル Wi-Fi Bluetooth SM-R800 46mm [並行輸入品] シルバー

新品価格
¥36,800から
(2018/12/13 13:43時点)

Galaxy Watch 42mm ローズゴールド【Galaxy純正 国内正規品】 Samsung スマートウォッチ iOS/Android対応 SM-R81010218JP

新品価格
¥37,105から
(2018/12/13 13:44時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。