Samsung Galaxy Budsレビュー

Samsung(サムスン)から完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」が発表されました。イヤホンには一家言ある米GizmodoのAdam Clark Estes記者がさっそくレビューしていますが、なかなか好感触ですよ。

 

サムスンから、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」が5月23日に発売されます。単体では市場想定売価が17,200円前後ながら、Galaxy S10/S10+を取り扱うキャリアでは、事前予約の上で期間内にGalaxy S10/S10+を購入した全員にGalaxy Budsをプレゼントするというキャンペーンも展開中(auは事前予約が22日まで、NTTドコモは5月31日まで)。

このGalaxy Buds、充電ケーブルを使わなくてもワイヤレスで内蔵するバッテリーがチャージできたり、同時期に発売される最新スマホのGalaxy S10/S10+からバッテリーをおすそわけしてもらえる「ワイヤレスパワーシェア」の機能が便利です。ワイヤレス充電機能の上手な使いこなし方と一緒に、完成度の高いGalaxy Budsの実力を総合的に検証してみたいと思います。

接続性の問題

接続性も良いときと悪いときがあります。Galaxy Budsは最新のBluetooth 5.0に対応していて、AirPodsに搭載されてるApple独自のW1チップみたいな派手さはないにしろ、わりと信頼できるはずです。AirPodsがAppleデバイスを素早く検知するように、Galaxy BudsはAndroidデバイスとすぐペアリングできるように作られています。ただ、僕にとってはうまく機能しませんでした。

Samsungいわく、新しめのAndroidデバイスならペアリングはケースを開けてスマホ画面に出てくるポップアップメッセージを確認して「ペアリング」を押すだけ、です。これもAirPodsのペアリング操作と似ています。が、実際僕が使ったときはもっと面倒な操作が必要でした。まずこの「スマホ画面に出てくるポップアップメッセージ」を表示させるには、スマホにSamsung Smart Thingsアプリを入れておく必要がありました。なんか感じ悪いです。ともあれ僕のGalaxy S9にこのアプリを入れたんですが、ポップアップは出たり出なかったりして、出る場合はうまくペアリングできました。もっとトラディショナルなやり方、つまりBluetooth設定を開いてGalaxy Budsを見つけてペアリング、というのも可能です。AirPod以外のワイヤレスイヤホンはそれで接続してますが、ちょっとめんどくさいです。

190311_galaxybudsrev3

Gear IconXに比べてまた一段と、本体とケースの両方が軽量化・小型化されている。本体の質量は7.2gから5.6gに、ケースは55.8gから39.6gになった。イヤホンとケースともに縦横サイズは寸法比で約70%も小さくなっている。

 
ケースもコンパクトサイズなので女性にもおすすめできる
 


着脱ができるシリコン製のウィングチップもコンパクトになり、外耳のくぼみにジャストフィットしやすくなった。


イヤホンはケースにマグネットで吸着する

ウィングチップがコンパクトになって耳元への収まりがすっきりとした
 


内蔵バッテリーもスタミナを強化した。音楽再生の連続時間はイヤホン単体で約6時間、ケースを加えるとさらに約7時間が足されて合計13時間になる。

ここまでの小型・軽量化、バッテリーライフの拡大を実現できた背景には、音楽プレーヤー機能が省かれたことと関わりがあるとみていいだろう。他社製品にあまりないユニークな機能なので、新製品で非搭載になったことは残念だが、サムスンは同時に音楽プレーヤー機能も搭載するスマートウォッチ「Galaxy Watch Active」などをラインナップに持っているので、こちらを併用すればよいという戦略なのかもしれない。

確かに楽曲の再生操作、選択は視覚的なユーザーインターフェースを持たないイヤホンの弱点であり、ウォッチの画面がこれをカバーできる。ただし個人的には、Gear IconXも貴重なプレーヤー内蔵型完全ワイヤレスイヤホンとして、販売を継続してほしいと思う。

Galaxy Budsの紹介に話を戻そう。本体のバッテリーはUSB Type-Cケーブルによる有線チャージのほか、Qi規格をベースとしたワイヤレスチャージにも対応する。なお、次期「AirPods」もワイヤレス充電が噂されているが、本機はこれを先取りした格好だ。またUSB PDの機能をサポートしており、15分の急速充電で約40分の音楽再生が楽しめる。