オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

未分類

Psionの再来クラムシェルAndroid端末「Gemini PDA」レビュー 性能・使用感は??

投稿日:

Psion Series 5を最新のハードウェアで再構築した場合に何が起こるか?そんな夢のような空想が現実になる時が来ました。

クラウドファンディングサイトの出資者のもとに到着されファーストロット(約1000台)が到着し、運良く手に入れることができましたのでレビューしていきます!!

ハードウェア

Gemini PDAは、4GBのRAMと64GBの(拡張可能な)ストレージを備えた10コアMediaTek Helio X27チップセットを搭載しています。デュアルバンド802.11ac、Wi-Fiのみのモデル、Wi-Fiと4Gを搭載したモデルを選択することができます。後者には、最大300Mbpsの速度のCat 6 LTEモデムがあります。

4G対応モデルは、EE SIMカードでテストしたVoLTEもサポートしています。これにより、音声通話のセットアップ時間が短縮されるだけでなく、所有者は英国周辺のEE 800MHz(帯域20)サイトにアクセスし、利用可能な場合には田舎または屋内のカバレッジを向上させることができます。

内蔵のイヤホンと外部のマイクを使用して、デバイスを開いた状態で、スピーカフォンで、または閉じた状態で通話できます。

タッチスクリーンは、Full HD +解像度(2160×1080ピクセル)を備えた5.9インチの18:9の比重のLCDディスプレイで、キーボードを収納するのに必要なより広いフォーマットをうまく埋めています。

Geminiバッテリは4,220mAhのセルがあり、専用の音声制御ボタンと周囲のマイクでパッケージを完成させ、Google Assistantとの通信を可能にします。

64GBの内部ストレージが内蔵されており必要ならばメモリカードスロット512GBのカードまでが利用可能です。

On-the-Goをサポートする2つのUSB-Cポートがあるため、一方を充電し、他方を使用してディスプレイを第2の画面に出力したり、マウスやフラッシュドライブを接続したりと利便性が高し。

もし付属のキーボードが気に入らなければ別のキーボードを接続することができます。

Androidデバイスとして使用する場合は、Huawei Mate 10 ProやDeX Dock搭載のSamsung Galaxyで提供されているような大きなアイコンやテキスト、特定のデスクトップモードがないです。、後でソフトウェアアップデートを行う可能性があるとは思いますが・・・

ただほとんどの場合、内部スクリーンとキーボードで使用することになります。

キーボード

最近のほとんどのレビューは画面やカメラに集中していますが、Geminiではキーボードにフォーカスを当てている。

現代的な技術進歩のお陰ではるかにスリムなデザイン。一度ひっくり返って開くと、理想的なタイプイングアングルでキーボードを支えます。

キーボードには学習曲線が付いていて、スペースバーには正直いくつかの問題がありました(二重スペーシング、またはタイピングが検出されずらいなど)、ただ最終的にはタイピングを少し遅くすることで緩和されました。

キーボードに慣れていけば改善される問題であるとは思います。

練習は完璧です

キーボードのデザインは、オリジナルのPsion Series 5(およびその変形品)を、ここやそこに何文字か入力するだけでなく、スプレッドシートやその他のドキュメントを編集する必要がある人々のための「ゴールドスタンダード」デバイスにする重要な要素でした。

その栄光を取り戻すためには、スライドや折りたたみのキーボードを手にしたスマートフォンの他のメーカーと比べて、ジェミニをもっと魅力的にするものがあります。

写真の世界では、最高のカメラはあなたと一緒に持っているという古典的な言葉があり、それは確かにジェミニに適用されます。極端な持ち運びが可能なので、ラップトップとは異なり、いつでも持ち歩くことができます。

カメラ

デフォルトでは、Geminiにはビデオ会議用の正面カメラ(5メガピクセル)のみが付属しています。資金援助の段階で、通常の写真を撮る機能の追加を求めたからだそうです。最終的なデザインではオプションのプラグインカメラモジュール(5メガピクセル)と交換用バックカバーが付属しています。

新しいバックプレートを取り外すだけで、ユーザーがカメラを取り付けられるようにすることは斬新で面白い。

パフォーマンス

MediaTekチップセットを使用の際は、スタミナとパフォーマンスのバランスが最も良いモードでも、パフォーマンスには何の問題もありませんでした。

Geekbenchの評価が1729のシングルコアと4599のマルチコアで完璧に機能している模様。

4Gの性能も非常に高く評価されており、このようなデバイスでは接続性が非常に重要です。

バッテリーの寿命は好印象でした - 大きめのバッテリーが内部に詰まっていると思います。これがセカンダリデバイスである場合、充電の間に2〜3日間のバッテリーを充電できると思います。)

ただ普段遣いで唯一のデバイスだったならば、バッテリーは当然のことながらもっと減りは一日持つか?といったところ。ただ、カメラがない(デフォルトで)状態ならば、使用量が減少する可能性があります。

使いやすさ

Planetボタンはドックを起動し、お気に入りのアプリに簡単にアクセスできます
Planetボタンはドックを起動し、お気に入りのアプリに簡単にアクセスできます

このデバイスでは、Fnキーと連動してキーボードのショートカットに加え、音量、明るさなどの調整やスクリーンショットの作成などの細部まで細心の注意を払っています。

あなたのお気に入りのアプリを簡単に起動できるようにするためのドックをもたらすPlanetキーがあります。WordとExcelは、すぐにすぐに作業できるように、すぐに設定できるように事前にインストールされています。

私の場合は、Google独自のアプリケーションスイートを利用することにしました。あなたが好きなものをインストールしてください。オリジナルのシリーズ5と同じようにここにハードコードされたものは何もありません。

私の場合、WordPressアプリは魅力的な働きをしていましたが、生産性を向上させようとしているブロガーはウェブベースのエディタを使用する方が好きかもしれません。どちらの方法でもうまく動作します。

実際、すべて正常に動作します。基本的には、キーボードを搭載したAndroidスマートフォンですが、もっと重要なことに、良いキーボードは打ちやすいです。

セキュリティ

軽い失望があるとすれば、セキュリティのための指紋センサーが欠けているてん。

そのため、Android標準のAndroidセキュリティ方法に頼る必要があります。ファンシーフェイスロック解除技術はないので、パスワードやPINを選択する可能性が高いため、開封するたびに手間ではある。

あなたといつも一緒にいるパーソナルアシスタント

側面にGoogle Assistantを呼び出すための専用のボタンがあるので、Geminiが閉じられているときに使用できます(話すタイミングを知るための音が聞こえるでしょう)。質問をしたり、メモを取ったり、電話をかけたり、リマインダーをスケジュールするのを素早く接続できます。

通話やメッセージを受信すると、上部のプログラム可能なLEDが色を表示したり、アニメートしたりすることができ、無制限の通知タイプに近くなります。

開発コストを増やし、デバイスの構造的完全性に影響を与える外部ディスプレイの代わりに、これらのLEDは、誰があなたに電話をしたかを伝える非常に革新的な方法です。

パーソナライズされたアラート通知LEDを設定する
パーソナライズされたアラート通知LEDを設定する

ラップトップキラー?

ノートパソコンを交換するには十分ではないかもしれませんが、それに近いものにはなりうる製品です。作業しているすべてのものをクラウドに同期させることができるようになった時点で、デスクトップやラップトップのドキュメントを簡単に操作して閉じて、ジェミニで数秒で中断したところから続けるのも可能。

この柔軟性は、いつでも仕事に適したツールを選択できることを意味し、飛行機や列車のシートバックテーブルなどの限られたスペースで作業する場合、Geminiはラップトップで勝つことになりうるのでは?笑

懸念事項は、キーボードの長期信頼性です。あなたが装置を落としたり、キーボードに何か重いものが落ちたりしない限り、キーボードが信頼できる状態を保つのに十分な確信を持っていると確信していますが、まだ不安要素であるのは確かです。

買いか?

4Gまたは4Gなし?

アドバイスとしてはあなたが買うことにしたら、4Gモデルを入手してください。いつでもどこでも使用できるデバイスとして、Wi-Fiが利用できない場合や、オンライン編集やドキュメントを許可することができない場合があります、Geminiの魅力を最大限に楽しみたいなら4G一択です。

ジェミニPDAサイオンシリーズ5

ジェミニPDA サイオンシリーズ5
作られた プラネットコンピュータ サイオンPLC
解放された 2018年 1997年
サイズ 171.4×79.3×15.1mm 170x90x23mm
重量 320g 354g
OS Android Nougat EPOC32(後でSymbian OSとして知られる)
RAM 4ギガバイト 4-16MB
ストレージ 64GB + microSDXCカード 使用済みRAM +コンパクトフラッシュ
電池 充電可能な4,220mAh 2xAA電池
画面 5.9インチ2160×1080、フルカラー 5.6インチ、640×240ピクセル、グレースケール
接続性 USB-C、802.11ac Wi-Fi&4G(Cat 6) 赤外線、コンパクトフラッシュ、RS-232

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.