オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

ポータブルプレーヤー

ハイレゾの入門には最適な Pioneer XDP-30RとONKYO DP-S1

更新日:

日本で最もシェアのあるスマートフォンと言えばiPhoneになります。

しかし、iPhoneでハイレゾを再生しようとすると、iPhone以外に外付けのポータブルアンプが必要になります。
すると、バックやリュックの中にiPhoneを入れるわけにも行かないので、持ち運びには非常に困ります。

また、音楽を再生するとバッテリーの減りが早いので、本来のスマートフォンとしての使い勝手を大きく損なってしまいます。

そこでお勧めしたいのが、ポータブルのヘッドホンアンプを持つくらいならハイレゾを含めた音楽ライブラリの再生用には、iPhoneとは別に専用のプレーヤーを使うことです。

iPhoneは身軽なままにできるし、音楽再生の負担がなくなれば、iPhoneのストレージやバッテリーにも余裕ができる。
次の買い替えは128GBモデルじゃなく32GBモデルで済むかも…なんて考えたら、予算的にも余裕が出そうですよね。

では、iPhoneとの2台持ちにぴったりな音楽プレーヤーは

条件は「コンパクトさ」、「手軽な価格」、「音がいい」。

それらを満たしてくれるのが、パイオニア「private」とオンキョー「rubato」の姉妹機です。
条件クリアに加えて、特徴も多数ある。
片手でも操作がしやすいように画面やボタンを配置。
さらにiPhoneに専用アプリをインストールすれば、プレーヤーはカバンに入れたまま、iPhoneから再生やスキップのリモコン層が可能になる。
Linuxベースで開発された独自OSを持ち、起動や電源オフの素早さも普段使いでのストレスを少なくしてくれる。
バッテリー駆動時間も比較的長めでこの価格帯やサイスにして「バランス駆動」に対応しています。
バランス接続対応イヤホンと組み合わせればさらに音がよくなる伸びしろも残されている。
iPhoneを使ってe-onkyo musicで購入手続きしたハイレゾ音源を、Wi-Fi環境ではプレーヤーに直接ダウンロード出来るので、再生までの連携もスムーズ。

この2モデルの共通の特長

片手での操作
軽量化かつ堅牢なアルミボディに2.4型タッチパネルを搭載。
すべての操作を片手で完結できる小型サイズでGUIもオリジナル設計。
ストレスなく、サクサクと動作するのも特長。

バランス接続にも対応
通常の3.5㎜ステレオミニ端子だけではなく、2.5㎜バランス接続を搭載。
音質を好みにカスタマイズできる各種調整機能を搭載するなど、スマホ以上の音楽体験が詰まっている。

スマホから操作できる
それぞれ専用のコントロールアプリに対応しており、本機をバックなどに入れた状態でもiPhoneからの再生/停止、曲送り/戻し、音量調整などの基本操作が可能です。
「Pioneer DuoRemote APP/Onkyo Dap Controller」


Pioneer XDP-30R


ONKYO DP-S1

価格はそれぞれ24,000円程度(amazon.co.jp)で購入可能です。

この2モデルはハイレゾ入門機としてもおすすめです。

-ポータブルプレーヤー
-, , , ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.