Razer Phone 2レビュー ゲーム特価のRAM8GBゲーミングスマホのスペックは??

Razer社は、サンディエゴ、カリフォルニア、シンガポールを拠点に、2005年にスタートしたゲームに特化した周辺機器を取扱うメーカーです。

  • ゲーミングマウスやゲーミングキーボード
  • ゲーム専用のノートパパソコン
  • 臨場感あふれるヘッドセットや音響機器

など幅広くラインナップされた製品は、世界中のゲームマニア達から高く評価されています。

 RazerはシンガポールのPC周辺機器メーカー。PCゲーマーなら誰もが知っているゲーミングデバイスのメーカーですね。マウスやキーボードなどでお世話になっている人も多いでしょう。私もRazerの左手ゲームパッドを愛用しています。

Razerがクラウドスマホで知られる「Robin」のNextbitを買収、その開発部隊によって作られたのがRazer Phoneシリーズです。今回、スペックが強化されたRazer Phone 2が発表されました。

 

Razer Phone 2・Razer Phoneのスペック

項目 Razer Phone 2 Razer Phone
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (2.80 GHz)
vapor chamber cooling system
Qualcomm® Snapdragon™ 835 Mobile Platform
GPU Adreno 630 Adreno 540
メモリー 8GB (LPDDR4X) 8GB dual channel (LPDDR4, 1866 MHz)
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.72-inch IGZO LCD 1440 x 2560 5.7-inch IGZO LCD 1440 x 2560
120Hz, Wide Color Gamut
Corning Gorilla Glass 5 Corning Gorilla Glass 3
アウトカメラ 広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
4K Video撮影
広角:12MP f/1.75
望遠:12MP f/2.6
インカメラ 8MP f/2.0
1080P Video撮影
8MP f/2.0
音響 Dual front-firing stereo speakers with dual amplifiers
Dolby Atmos Technology
バッテリー 4,000mAh 4,000mAh
急速充電 Qualcomm QuickCharge 4.0+
ワイヤレス充電 Wireless Charging(Qi)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900 GSM: Quad-band GSM UMTS: 1/2/3/4/5/8
WCDMA: 1/2/3/4/5/8
FDD-LTE: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: 38/39/40/41/48 TDD LTE: 38/39/40/41
TD-SCDMA: 34/39 TD-SCDMA: 34/39
LAA: 46
4×4 MIMO: 1/2/3/4/7/30/38/48/66
防水・防塵 IP67
サイズ 158.5 x 78.99 x 8.5 mm 158.5 x 77.7 x 8 mm
OS Android 8.1 Android 7.1.1
コネクター USB Type-C

次のページでは、「Razer Phone 2」のスペックの詳細について調べてみました。

Razer Phone 2:デザイン&ビルド

Razer Phone 2について最初に気づくのは、元のモデルとよく似ているということです。

Razer Phone 2

正面から見ると、電話機はほぼ同じです。前向きのカメラの配置がわずかに異なり、コーナーが少し丸みを帯びていて、身体の方が分厚くなっています。あなたが見ることができないのは、防水性の高いIP67であることです。

これ以外にも、これは昨年とほぼ同じです。厚い上下のベゼルに囲まれた5.7インチの16:9ディスプレイで、大型のステレオスピーカーを備えています。もう一度、指紋センサーが平らなパワーに組み込まれます ボタンは途中で一番下に、音量ボタンは他のボタンの下にあります。どちらもゲーム中に電話の風景を保持するために最適化されています。

それはあなたが実際に変更されたものを見ることを介して電話をフリップするときです。最も明らかなのは、艶消しのバックが光沢のある黒色のガラス(これはワイヤレス充電を可能にする)に置き換えられていることです。ゴリラ・グラス5から作られているが、これは(少なくともガラス基準で)十分に丈夫でなければならないが、すべてのガラス電話と同様に、指紋をたくさん引き付ける。

リアカメラレンズも移動しました。これらは現在、Razerの大きなロゴの上に少し突出して中央に座っています。さらに嬉しいことに、ロゴ自体が変更されました。昨年のモデルが十分に光っていないと心配した場合に備えて、RazerのChroma照明技術を搭載しました。

Razer Phone 2

付属のChroma アプリを使用しています静的な色やサイクルで1680万色の異なる色合いを持つ照明を制御したり、様々なパターンで点滅したりすることができます。また、バッテリーを節約するためのオプションがいくつか用意されています。常にオンにしておくか、画面が表示されているときだけ点灯させるか、通知を受け取ったときに点滅させるだけです。

終わりには、これはガラスのバックと派手なロゴが付いたRazer Phone 1です。それがあなたにアピールするかどうかはすでに分かっているでしょう。Razerののブロック状のデザインは間違いなく、ほとんどの主力ライバルよりも少ないなめらかであるが、それはそのファンを持っている、そしてそれはの名の下にすべてです向上します ハンドヘルドゲーム体験。

Razer Phone 2:仕様と機能

新しいデバイスの外部は基本的にRazer Phone 1.5です – 内部はどうですか?まあ、それは似たような話です。新しい携帯電話をこれまでのものより少しだけ良くするための小さな変更と洗練。

画面

間違いなく画面上で最も明白です。これは主に、業界をリードする120Hzのリフレッシュレートのおかげで、最初の電話機の見出しの機能でした。

Razer Phone 2

Razerは同じサイズ(5.7インチ)、同じ解像度(2560 x 1440、別名クワッドHD)、同じリフレッシュレート(120Hz)で、今回はあまり変更しないことにしました。また、16:9のアスペクト比は、18:9のベゼルレスディスプレイがますます主流となっている市場では奇妙な選択肢に思えるかもしれませんが、余分な画面スペースはゲームの恩恵であると主張しています。ほとんどの部分が16:9の画面に最適化されています

変更されたのは明るさです。Razer氏は、新しい画面が50%明るく、645cd / m 2を超えていると主張しています。 これが真であれば、今までテストした電話よりも明るくなります。私たちは今後これをテストしますので、結果をすぐに確認してください。

実際には、第一世代と第二世代のスマートフォンの品質の違いを見つけるのは難しいです。これは、明らかに、ほとんど変わっていない画面の小さな微調整ですが、原作は間違いなく最高のスマートフォンがそこに展示されていることを誇っているので、それは悪いことではありません。

プロセッサ、メモリ、ストレージ

内部仕様にも大きな変化はなかった。プロセッサSnapdragon 835から今年の主力製品である845チップへのアップグレードが予定されています。それはまた、蒸気チャンバー冷却機能を搭載しています。ピーク性能でさえも冷えていなければならないという言葉がたくさんありますが、使用中に電話機がまだまだ熱くなっていることがわかりました。

以前のモデルと同様に、8GBのRAMと64GBのストレージ、microSDカードスロットと一緒に – これは最大2TBのカードを受け入れ  ます。

予想通り、Razer Phone 2は、一般的な使用とゲームの両方で、特に120Hzまでクロックされたディスプレイで急速です。これはGeekbench 4のマルチコアスコア8955でバックアップされ、Xiaomi Black Sharkの7173を水から吹き飛ばします。

しかしそれは明確ではない。Razer Phone 2は90fpsのT-Rexで素晴らしいGFXBenchの結果を誇っていますが、高強度カーチェイステストRazerの新モデルはXiaomiの提供で31fpsに比べてわずか22fpsしか管理していませんでした。

これは、Razerのスマートフォンがはるかに高い解像度を提供し、より多くのピクセルに電力を供給しなければならないという事実を含むいくつかの要因になります。しかし、実際には、Razer Phone 2でのゲームでは、PUBG Mobileのようなグラフィックが激しいゲームでも、遅れを感じることはほとんどありません。

接続性とオーディオ

これまでのように、充電、オーディオ、データ転送に使用されるUSB-Cポートは、Razerには3.5mmヘッドフォンアダプタが同梱されていますが、こちらのポートだけが唯一のものです。前に述べたように、あなたも再び印象的に見つけることができます速いを 携帯電話の側面にある電源ボタンに内蔵された指紋スキャナ。

Razer Phone 2

ワイヤレスに関しては、通常のWi-FiとギガビットのLTE(現在は最大1.2Gbps)がBluetooth 5.0とNFCに加えてあります。

最後に、スクリーンに隣接する巨大なスピーカーも調整されています.Razerは、彼らがより大きく、より明確になっていると言います。PUBGをいくつか試して、その欲望の鶏の夕食を食べたら、私たちは彼らが大声で明瞭であることを確認することができます。

それは本当に優れたオーディオ体験であり、最も重要なのは、XiaomiのBlack Sharkのサイドスピーカーのように、ゲームプレイ中にスピーカーを覆う手を心配する必要はないということです。

カメラ

主要な改造が行われた電話の少なくとも1つの領域があります:カメラ。おそらく元の電話機の最も弱い要素だったRazerは、批判を心に抱き、ライバルと一線を画すように努めました。

まず、正面カメラは1080 @ 60fps (8MP f / 2.0レンズ)でビデオをアップグレードしました。これはストリーマーやビデオカメラに歓迎され、品質を損なうことなく彼ら自身の映像を共有しようとしています。

オリジナルのRazer Phoneと比べて、画質が飛躍的に向上し、鮮明で明るいセルフと、ポートレートモードを含む一連の撮影モードが提供されます。

一方、新しいソニーIMXセンサーを搭載したリアカメラは、4K @ 60fpsをキャプチャしたり、120fpsのスローモーションで1080pを撮影することができます。後ろのレンズは両方とも12MP、光学式手ぶれ補正付きの1つのf / 1.75広角レンズ、もう1つのf / 2.6望遠レンズです。

正面に向いているカメラと同様に、元のRazer Phoneと比べると、目立つような品質の飛躍があります。色はより真実であり、オートフォーカスはより速く正確であり、画像は一般的に見栄えがよくなります。11/10ドッグ・ゴーのスナップは、今年のオファーから期待できるイメージの素晴らしい例です。

 

リアレンズの開口率が向上しているため、暗い場所での使用に適しています。それは、他のハイエンドスマートフォンのような専用の夜間モードはなく、確かにフラッシュの必要性に取って代わるものではありませんが、光と詳細をキャプチャするのはうまくいきます。

ズームインすると、やや積極的なノイズキャンセルアルゴリズムが明らかになりますが、これはほとんどのスマートフォンに見られるものです。

バッテリー寿命

Razer Phone 2のバッテリはこれまでと同じですが、少し良くなっています。

寛大な4,000mAhの寛大なバッテリーがありますが、ソフトウェアとプロセッサーの最適化はこれまでよりもわずかに長く持続します。ソーシャルメディアとゲームが混在していても、快適に過ごすことができますが、スマートフォンをより保守的に使用するユーザーは、1回の料金で1日半を絞り込むことができます。

ワイヤレス充電の導入は、使用していないときに一日を通して軽く充電することができる利点です。

大きな疑問はChromaのロゴです:これはバッテリーにどのような影響を与えるかを今見積もるのは難しいです。特に、使用可能な色、明るさの設定の範囲、およびその使用頻度について考えてください。私たちは、ロゴを永久に点灯させたいと思うなら、バッテリーでそれを支払うでしょうが、確かに言いたいことがたくさんあります。

現在、一連のバッテリテストを実施しており、今後の結果で更新される予定です。

Razer Phone 2

Razerは独自のワイヤレスを販売しています新しい電話機の充電ドックは、風景、肖像画、またはフラットでそれを支えることができます。これは、Chromaの照明効果を自慢しています。電話の充電時にはサイクリング、バッテリーがいっぱいになると緑色に静電気、電話機が充電用に正しく配置されていないことを検出すると赤色に点滅します。

それはすべてうまくいいですが、ここでは2つの大きな注意点を覚えておいてください:それは£99で高価です、あなたのベッドで一晩あなたの携帯電話を充電する傾向がある場合、照明は厄介者になります。

Razer Phone 2:ソフトウェアとアプリケーション

Razer Phone 2にはAndroid 8.1が付属していますが、最近のAndroid 9はあまりにも長すぎると思われます。

もう一度Razerはかなりの在庫を持つOSのバージョンを実行しています。これは主に、Nova Launcherを使用することです。これはカスタマイズ可能なホーム画面とアプリドロワーのバージョンであり、あなたの好みに合わせて調整できます。

Razer Phone 2

Razer Theme Storeはさらに装飾的なオプションのリターンをもたらし、モバイル版のRazer Cortex、同社の総合パフォーマンスオプティマイザとアプリストアフロント。ここでは、Razerチームによって生成されたゲームの推奨事項が含まれており、Googleの独自のPlayストアよりも優れた新しいAndroidゲームを簡単に見つける方法を提供しています。

 

Razer – Phone 2 (2018) with 64GB Memory Cell Phone (Unlocked) – Black

新品価格
¥128,040から
(2018/10/30 11:06時点)

ヤフオクはこちらから!!

Vivo NEX Sレビュー 6.59インチの全画面フルスクリーンスマホ!外観の美しさ

ワールドカップのスタジアム広告でも存在感を示しているVivoの新型スマートフォン「vivo NEX S」について、長く触ることができたのでそちらの実機レビューをこの記事で行いたいと思います。

Vivo NEX Sはその見た目が非常に特徴的なスマホです。

最近のスマホはベゼルを極端になくして前面パネルをディスプレイ表示で埋めようとしていますが、インカメラの存在によって画面すれすれまでが表示領域でありながら、上部にカメラを配したノッチタイプのデザインを採用するメーカーが増えています。

ノッチのあるデザイン自体はあまり気にはならないものの、どれも似たようなデザインになってしまう上にノッチ部分が結局ナビゲーションバーように使われてしまうため、せっかくの大画面ディスプレイを有効に活用することが出来ない点が不満なところとしてありました。

今回のVivo NEX Sはそうしたノッチに対する不満への一つの解決策を示しています。

前面パネルをノッチなしで90%以上をディスプレイで占めながら、インカメラはなんと本体に内蔵して必要な時だけ露出させるという形でインカメラ問題を解決してくるという、画期的なデザインとなっています。

ノッチ嫌いの方でディスプレイの表示領域を多く確保してほしかったという方には、現状理想的なデザインとなっているスマホであるために、その画期的なデザイン性含めて気になっているスマホかと思われます。

Vivo NEX Sは自分のようにデザインが気に入って輸入して使ってみようと思っている方もそこそこいると思うので、実際の操作性や特徴、それに購入方法なんかの参考になればとレビューとしてVivo NEX Sの特徴をまとめておきます。

 

 

vivo NEX Sのスペック表・対応周波数帯

今回レビューするのは8GB RAM + 128GB ROMのグローバルモデルで、主なスペックは以下のとおり↓

OS Android 8.1 Oreo / Funtouch OS 4.0
プロセッサー Qualcomm Snapdrgaon 845
CPU:8コア 4x Cortex A75@2.8GHz + 4x Cortex A55@1.8GHz
GPU:Adreno 630
ストレージ 128GB
メモリ 8GB
ディスプレイ 対角6.59インチ 2,316 x 1,080ピクセル(388ppi) Super AMOLEDディスプレイ(有機EL)
内側カメラ 800万画素 f/2.0 ポップアップ式カメラ
外側カメラ メイン:1,200万画素 f/1.8 1.4μm ソニーIMX363センサー 光学手ブレ補正対応
サブ:500万画素 f/2.4
バッテリー容量 4,000mAh
拡張 USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
SDカード 非対応
センサー GPS、A-GPS、GLONASS、BeiDou、電子コンパス、近接、環境光、加速度、ジャイロ、指紋認証センサー(画面埋め込み式)
SIMカード Nano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さ 77 x 7.98 x 162mm
本体重量 199g(公称値)
防水・防塵性 不明
カラー ブラック

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHa
  • WCDMA:B1, B2, B4, B5, B8
  • CDMA2000:BC0, BC1, BC10
  • TD-SCDMA:B34, B39
  • FDD-LTE:B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B17, B18, B19, B20, B25, B26, B28
  • TD-LTE:B34, B38, B39, B40, B41

グローバルモデルということで幅広いバンドをカバーしており、ドコモのプラチナバンドLTE B19やソフトバンク(Y!mobile)のB8、auのB18/B26などに対応しています。

ドコモ回線のmineoと楽天モバイル、それからソフトバンク回線のY!mobile試したところ、LTE通信と3G通話は確認できましたが、VoLTEは利用できませんでした。一方、UQmobile(au回線)のVoLTE SIMは案の定受け付けてくれず、通信も通話もできません。

デザインと表示

過去12ヶ月の電話機設計では、18:9のアスペクト比のディスプレイを選択し、重要な技術を隠すために画面上部にノッチを入れて、これまで以上にベゼルを薄くしていましたが、Vivoではこれを行っていません。

Vivoには、観客を追いかけることができず、「ベゼルレス」の携帯電話にノッチを含めるために拍手をかけなければなりません。その代わりに、91.24%のスクリーン・トゥ・ボディ・レシオを達成するための様々な新技術が選ばれました。

だから、マーケティングのように完全にベゼルフリーではありません。あなたはこの電話を信じるでしょう。携帯電話の底面には非常にスリムな顎があり、外側には薄いベゼルがありますが、ベゼルがいかに小さいかはまだ目立っています。

これを実現するために、Vivoは3つの異なるテクノロジーを使用しています。最初は、携帯電話の左上端にあるポップアップセルフカメラです。

セルフモードを起動すると、小さなカメラが跳ね上がって、あなたのショットを撮ることができます。

カメラアプリを終了するかメインカメラに戻ると、約2秒で元に戻ります。それは瞬時に小さなカメラで遊んで、それが飛び跳ねるのを見て、目新しさです。

画像1/2

 

私たちはちょっとしたセルフをしたいと思った時に始めるには時間がかかりすぎると少しは心配していましたが、カメラをセルフモードに切り替えると2秒もかかりませんでした。その速度で。

セルフカメラが電話機の中に隠れているため、2018年に発表された最新の主力携帯電話の多くで見られたように、Vivo Nexには顔スキャナはありません。

セルフカメラの横には3.5mmのヘッドフォンジャックがあり、電話の下端にはUSB-C充電ポートと一般のオーディオを聴くための単一のスピーカーが装備されています。

2番目のイノベーションには、イヤホンスピーカーがあります。このスピーカーは、電話の会話の中で相手の端を聞くために使用します。他のスマートフォンが携帯電話の本体に穴を開ける場合、Vivoは代わりにイヤホンをディスプレイに内蔵しています。

これは、Screen SoundCastingと呼ばれる技術を使用して実現され、骨伝導技術と同様に機能します。これは、通話中に画面の任意の部分を耳に当てることができることを意味し、Vivoはこれが通話でより良い音質を提供すべきであると主張しています。

大音量の環境やその他の分野での電話の品質を改善するかどうかはまだ分かりませんが、将来的にはこれをさらにテストしていきます。

第3の技術は、ディスプレイ内の指紋センサを含む。これはインディスプレイのセキュリティ技術で市場に登場した最初の携帯電話ではありませんが、画面に指を置いて認証魔法の仕組みを見ていることはまだまだ新しいことです。

Vivo Nexでは、指や親指を画面上の特定の領域に置くことしかできません。どこに配置するかを示す小さなアイコンがありますが、これまでの非常に限定されたテストでは、迅速に動作することがわかりました。正確さを確認するためにはそれをさらにテストする必要がありますが、Vivoはそれを電話機のロックを解除する主な方法として推奨しています。

これらの3つの技術を含めて、会社はノッチの電話の前部または底部の大きな顎を取り除くことができましたが、これは私たちが見たVivoコンセプトの電話機 MWC 2018では、最初に画面の電源をオンにしたときにはまだ素晴らしいです。

ディスプレイ自体はFull HD +のみであり、ビデオを見ているときにピクセルを調べると目立ちますが、AMOLEDディスプレイなので色が鮮やかです。

広告

携帯電話のデザインには、カーブしたエッジが付いたガラスバックが付いています。これは、手にかなり快適に座っていることを意味します。現在のところ、Gorilla Glassの保護があるかどうかはわかりません。これは大きな電話ですが、それはほぼ6.6インチのディスプレイを持っていると考えると、片手で持ち歩くのはとても簡単です。

199gの重さでは、市場で最も軽いデバイスではありませんが、そのサイズを考えれば、これはあなたがこのような電話機から期待する重量になります。それはまた、電話は防水や防塵ではないことに注意する価値があるので、あなたは水の完全なシンクでこれをドロップしたくないでしょう。

仕様と機能

Vivo Nexの中には、トップクラスのクアルコムSnapdragon 845チップセットがあります。これは、今年の多くの主要デバイスで見られたものと同じです。このVivoデバイスでもうまくいくことを期待しています。

それは8GBのRAMとペアになっているので、実行する必要があります。何時間ものテストで、すぐに読み込まれ、UI全体で動き回るアプリはうんざりしていたので、携帯電話が何を達成できるか期待しています。

ストレージ面では、microSDカードスロットがないことに失望しているかもしれませんが、代わりに同社は標準容量として256GBのストレージを標準搭載しているため、ほとんどのバイヤーは十分なスペース以上を確保する必要があります。

Googleがテストした携帯電話は、中国市場向けの特定のOSを実行しています。つまり、現在Google PlayストアなどのAndroid固有のサービスの多くにアクセスすることはできません。

それが他の国で発表された場合、Vivoはそのリリースのために電話でオペレーティングシステムを再構築することを期待しています。

バッテリーとカメラ

VivoはNexの内部に4,000mAhのセルを選択しましたが、これは大型ですが、電源がオンになったときにいつもこの電話機にどれくらいの電力が供給されているかを考えるとまだ苦労するかもしれません。私たちは、その人生を後でテストすることを確かにするでしょう。

Vivoはこのガラスにガラスを使用しているにもかかわらず、この電話機にワイヤレス充電技術を搭載していませんが、少なくとも急速充電をサポートしています。

カメラに関しては、革新的なセルフアイディアについて、すでに電話の中から出てくることについて話しました。私たちのテストでは、f / 2.0の開口部を備えた8MPセンサーで、セルフサービスの品質は大丈夫でした。

これは、あなたがいくつかの携帯電話から見ることができますそれらの素晴らしいセルフショットを与えることはありませんが、それだけでVivo Nexから来るの新奇さは、より頻繁に前面のカメラを起動することをお勧めします。

このデバイスの背面には、1つの12MPレンズともう1つの5MPレンズを使用するデュアルレンズカメラがあります。12MPレンズはf / 1.8の開口部を有し、5MPセンサはf / 2.4である。これまでのところ、Vivoはそれぞれのセンサーの詳細を共有していませんでした。

Huaweiの製品や他のデバイスのようなカメラのAI機能があります。つまり、特定のオブジェクトを撮影しているときに最も良いと思われるものを撮影するための設定を最適化します。

Vivoには、Snapchatと同様の方法で動作する美容モード、パノラマ、人工知能フィルタなど、他の多くの機能が満載されています。

仕様・ベンチマーク

久々にQualcommのハイエンドチップ”Qualcomm Snapdragon 845 2.8GHz Octa Core” を載せたスマートフォンという事で、少し楽しみでもあったベンチマークを測定していきたいと思います。
Antutuは冷やすこともなく28万点越え、Androbenchで測定した結果、UFSストレージが使用されているのがわかります。NEX S(Ultimate)は標準で8GB RAM、128GB(256GBも発売中)ストレージを搭載するので、今後長く使用できるスマートフォンです。

 

vivo NEX S バッテリー

バッテリーは4000mAhと比較的大容量です。ディスプレイが大きく、高性能で消費電力は少し気になるところですが、1日普通に使用しても持ちます。(節電 / スーパー節電機能あり)

早期の判決

Vivo Nexは革新的な機能を満載したエキサイティングな携帯電話であり、ベゼルレスの携帯電話を手に入れたい人にとってはノッチデザインに代わるものです。

これらの新技術は、今後数年間、世界中の企業によって採用される可能性があります.Vivo Nexができるだけ早く世界中で利用できるようになることを願っています。

 

 

 

Vivo Nex Mobile Phone Snapdragon 845 Octa Core 6.59″ OLED Full Screen Auto-elevated Camera 4000mAh Type-C AI HiFi (8G 128GB red flagship)

新品価格
¥148,100から
(2018/10/29 11:07時点)

SIMフリー Vivo NEX S Dual-SIM【Black 8GB 128GB 香港版 SIMフリー】[中古Aランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:84,800円
(2018/10/29 11:07時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

20時間再生を実現したお手頃イヤホン SONY 「WI-C400」レビュー

WI-C400

WI-400は、最大約20時間の連続音楽再生が可能なBluetoothイヤホンです。
発売は2017年10月。

カラーはブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4色展開です。

それでは,私がこのワイヤレスイヤホンを実際に使ってみての感想をレビューいたします。

まずは基本スペック

 

ヘッドホン部(その他)
電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約4.5時間
充電方法 USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大20時間
電池持続時間(連続通話時間) 最大20時間
電池持続時間(待受時間) 最大200時間
Bluetooth
通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.4.2
出力 Bluetooth標準規格 Power Class 2
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式 FHSS
対応Bluetoothプロファイル *1 A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile),
AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),
HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile)
対応コーデック *2 SBC, AAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP) 20Hz-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

WI-C400

とにかく電池持ちが抜群!

電池持ちが抜群!なんと最大20時間です。
これがとにかく、この製品の最大の特徴であります。
一般的なワイヤレスイヤホンは10時間持てば良い方ですが、こちらの最大20時間は驚異的な数字です。

実際、厳密に測定したわけではないのですが、私の使い方で累計すると概ねカタログ値通りでした。
間違いなく再生しているミュージックプレイヤーの方が先に電池が切れます。

とにかく低価格!Bluetoothイヤホンにしてはとにかく安い!!

この商品の1番のポイントが電池持ちだとすると、2番目はこれです。お値段!!
ソニーストアで6,880円(税別)です(2018年10月28日時点)。
日本のソニー製でBluetoothイヤホンがこの価格です。
これは間違いなく安い部類だと思います。

音声コーデック

対応している音声コーデックは標準の「SBC」とiPhoneに対応している「AAC」。

「AAC」に対応しているBluetoothイヤホンは少ないのでiPhoneユーザーの方には嬉しいですね。

iOS 4.3.1以降のiPhoneなど、AACでエンコードした音楽も高音質で再生します。

NFC対応機器なら接続はタッチでOK

最近のソニー製品でBluetooth対応 = NFC対応というのが当たり前になりましたね。

Android製スマホやウォークマンなどを使う場合、「N」のマークを合わせればそれだけでワイヤレス接続の設定が完了します。

非常にカンタンに接続ができますよ。

 

スマートフォンの着信を知らせてくれるバイブレーション機能搭載

個人的にはDAPを使用する為、この機能は使いませんが・・・。
スマホで音楽を聞かれる方にとっては、便利な機能です。

ちなみにハンズフリー通話にも対応してます。

まとめ

少々安価な感じがするとか、低音が弱いなどマイナスポイントもいくつかありますが、敢えて紹介はしません。
それらのマイナスポイントはすべて価格が消し去ってくれます。

・音質に強い拘りがない人

・デザインに強い拘りがない人

・安くて、なおかつ安心の日本メーカー製ワイヤレスイヤホンが欲しい人

これらの条件に合う人にはオススメです。
最近のiPhoneのようにイヤホンジャックのないスマホを使っていて困っている人にもオススメですよ。

 

WI-C400

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C400 : Bluetooth対応 最大20時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-C400 B

新品価格
¥4,901から
(2018/10/28 12:25時点)

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C300 : Bluetooth対応 最大8時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ブラック WI-C300 B

新品価格
¥5,480から
(2018/10/28 12:26時点)

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B

新品価格
¥29,480から
(2018/10/28 12:26時点)

エミュに最適!GPD XD Plus 3DSのような操作性でゲームに向くゲーム専用スマホ

GPDのAndroidゲーム機「GPD XD Plus」2018年度版(GPD XDのアップグレード版)として発売されました。

性能的にはXDより大幅にアップし、ミドルレンジタブレットぐらいの性能になっていますよ。

 

スペック

製品名 GPD XD Plus
ブラック
OS Android 7.0
CPU Mediatek MT8176 Hexa (6)core 1.7GHz(Up-To 2.1GHz)
GPU PowerVR GX6250(600Mhz)
RAM 4GB
ROM 32GB
microSD 最大128GB
WIFI 802.11 a/b/g/n/ac
SIM なし
DSDS なし
画面 5インチ
1280 x 720px
カメラ なし
インターフェース microUSB
miniHDMI
3.5mm Jack
microSD
GPS なし
Bluetooth 4.0
バッテリー 6000mAh
付属品 GPD XD Plus
Power Adapter
USB Cable
User Manual
サイズ 15.5cm * 8.9cm * 2.3cm
310.7g
Antutu 約78,000点
発売日 2018年3月

 

特徴

GPD XD Plusは格安スマホに近いスペックのポータブルゲーム機です。

CPU

Mediatek MT8176 Hexa (6)core 1.7GHz(Up-To 2.1GHz)と以前のGPD XDよりは2倍のスペックとなっております。

GPD XD Plus レビュー (8)

 

Antutuスコアも7.8万点とまあまあの点数です。
荒野行動やPUBGなどの3Dマルチゲームは厳しいですが、シングルプレイのゲームであれば遊ぶことができるスペックです。

GPD XD Plus レビュー (18)

 

バッテリー

バッテリー容量は6000mAhと大きいです。
普通のスマホが3000~3500なので、2倍近い容量となります。

GPD XD Plus レビュー (9)

 

サイズ

大きさは、15.5cm * 8.9cm * 2.3cmとポケットに入る大きさです。
重量は310.7gと普通のスマホよりは重たいですが、任天堂DSくらいのサイズなので、カバンがあれば容易に持ち運ぶことができます。

GPD XD Plus」を確認していきます。本体サイズ・カラー、見た目は前モデル(GPD XD)と全く一緒です。公式からアナウンスされていたとおり、重量は前モデル(GPD XD 約318g)よりも、約308gと少し軽くなりました。(数値は実測値を記載しています)

GPD XD Plus,

Android 7.0を搭載し、メモリは4GBと前モデルの2倍、ストレージ容量は32GBモデルのみの発売です。マイク穴、左右のストラップホールの位置は一緒です。

GPD XD Plus,

前モデル(GPD XD)では搭載していなかったBluetooth、各種センサーも搭載しています。操作ボタン・I/0ポートは同一です。microSDカードスロットがあるのでストレージ容量に心配がある人も安心です。(USB Type-Cには対応していません)

プリインストールアプリなど

GPD XD Plus」の購入を検討している人が気になっているプリインストールアプリなどを確認していきます。国内正規販売店:DentOnlineShop(デントオンラインショップ)から届いたGPD XD Plusなので、海外通販サイトから購入した場合と比べてプリインストールされているアプリ、ファイルに違いがある場合が考えられます。

GPD XD Plus,

GPD XD Plusのモデル番号はXD Plusで、Android 7.0を搭載しています。カーネルバージョンは3.18.35が搭載されています。

GPD XD Plus, タブレット情報

前モデル(GPD XD)に引き続き、総合エミュレータアプリ「ワンダドロイド(旧名:Happy Chick)」は健在です。新しく標準で総合エミュレータアプリ「RetroArch」が加わりました。

GPD XD Plus 画面

前モデル(GPD XD)と同じように、特定の場所にROMイメージを保存することによりエミュレータを遊ぶことができます。バージョンが古いエミュレータアプリが動作していることもあるので、必要なエミュレータは自分でインストールした方が良いでしょう。

PS Vitaや任天堂DSと比べるとお値段は高めです。
同じくらいの性能があるスマホとコントローラーを考えてみると、妥当なスペックかなと思います。
最新スマホゲームを遊ぶにはスペック不足になる可能性がありますが、エミュ専用機としては抜群の使い勝手になることでしょう。
むしろこれは、エミュ専用機以外の用途は思いつきません。

 

 

[セット品] GPD XD Plus 6点セット [日本製オリジナル液晶保護フィルム,スリムハードポーチ, 液晶保護フィルム, ジョイスティックキャップ4個, HDMIケーブル, イヤホン]

新品価格
¥31,480から
(2018/10/27 11:13時点)

[2018最新版]GPD XD Plus ポータブルゲーム 5インチタッチスクリーン ゲーミングタブレット

価格:29,480円
(2018/10/27 11:13時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!

とにかく軽い!! 8時間再生可能なワイヤレスヘッドセット SONY WI-C300 レビュー

Sony WI-C300

2018年3月に発売が開始されましたSONY WI-C300

SONYの左右一体型のBluetoothイヤホンでエントリークラスのモデルになります。
9mm径のダイナミック型ユニットを採用した、ネックバンド型です。

大きな特徴の一つは「AAC」に対応しているという点。
「AAC」に対応しているBluetoothイヤホンは少ないのでiPhoneユーザーの方には嬉しいですね。

まずは基本スペック

  • 型式:密閉ハイブリッド型
  • ドライバーユニット:9mm(CCAWボイスコイル採用)
  • マグネット:ネオジウム
  • 装着スタイル:インイヤー ヘッドホン
  • 再生周波数帯域:8Hz-22,000Hz
  • 質量:15g
  • 連続音楽再生:最大8時間
  • 連続待ち受け:200時間
  • 充電時間:2時間(15分の充電で1時間再生可能)
  • 通話用マイク内蔵
  • 音声アシスト機能対応(Siriなど)

Bluetoothイヤホンでやはり気になるのは電池持続時間ですよね。

15分の充電で1時間の音楽再生が可能で、空の状態から満充電までは約2時間。最大で8時間連続再生できます。
単体で8時間を超える再生時間はなかなか無いです。

通勤用やランニングに使うのであれば十分ですね。

とにかく軽い

ワイヤレス機器はバッテリーを搭載する必用があるため、どうしてもバッテリー分大きく・重くなるのですが「WI-C300」は約15gという超軽量。単三電池一個よりも軽いです。

 

音声コーデック

対応している音声コーデックは標準の「SBC」とiPhoneに対応している「AAC」。

「AAC」に対応しているBluetoothイヤホンは少ないのでiPhoneユーザーの方には嬉しいですね。

iOS 4.3.1以降のiPhoneなど、AACでエンコードした音楽も高音質で再生します。

NFC対応機器なら接続はタッチでOK

最近のソニー製品でBluetooth対応 = NFC対応というのが当たり前になりましたね。

Android製スマホやウォークマンなどを使う場合、「N」のマークを合わせればそれだけでワイヤレス接続の設定が完了します。

非常にカンタンに接続ができますよ。

首元でスマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作

ケーブルに搭載されたボタンを操作することで、Bluetooth接続をしているスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/曲戻し、再生/一時停止、音量の調節が可能です。

ポケットからプレーヤーを取り出すことなく簡単に操作ができます。また、電話の着信や終話の操作も可能。
スマートフォンを手に取ることなく、着信・通話し、終了したらまたシームレスに音楽再生がスタートします。

Sony WI-C300

音質

音の傾向としては高音域と中音域、特に中音域、歌声などがとてもクリアで気持ち良く広がって行く感じです。
ポップスなどを気持ち良く聞く事が出来る、楽曲の幅を選ばないオールマイティーな感じです。

高音域も非常にキレがあり音の中で聞こえにくいという事がありません。ただシンバルなど超速で連打される楽曲だとキレが良すぎて、聞きづらいという点があります。

低音域はグッと締まった音が全体の土台として出ています。結構十分に出ていると思います。

バランスよく各音域が出ていますし、バランスがいい。さすがは「SONY」です。

まとめ

通勤用としてとても良いイヤホンだと感じました。

ワイヤレスイヤホンのベーシックなイメージを全て押さえたイヤホンという感じです。

おすすめポイントはイヤホン本体が物凄く小さい、そして軽い点。

イヤホンの大きさが目立つのが嫌だという人は見過ごす事の出来ない、重要なポイントだと思います。

デザインも無駄な装飾がないので、機会があれば是非試してみてください。

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C300 : Bluetooth対応 最大8時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ホワイト WI-C300 W

新品価格
¥5,480から
(2018/10/26 00:51時点)

「ROG Strix Magnus」レビュー!ゲーム実況者向け光り輝くUSB接続型コンデンサゲーミングマイク

近年のPCゲーミングシーンはLED搭載ブームの真っただ中にあるが、ASUSのLED制御機能『Aura Sync』の拡充路線はなかなかに凄まじく、『ゲーム関係の機器すべてをペカペカ光らせるぞい!』な勢いである。すでにマウスやキーボードだけでなく、マイクにまでLEDを搭載しているのだが、そんな光るマイクデバイス『ROG Strix Magnus』は、主にゲーム配信をする人にはなにかと都合のいい製品だ。

 

一般的な製品より50%小型化された、手のひらサイズのゲーミングマイク

最大の特徴は、手のひらサイズに収められた豊富な機能。ストリーマー向けを謳うだけあって、ROGキャリングポーチが付属する。

幅95mm、奥行き50mm、高さ130mmの本体には、14mmサイズのコンデンサカプセルを3基内蔵。環境ノイズキャンセル(ENC)テクノロジーにより、キーボードの打鍵、マウスのクリック音、冷却ファンの共鳴などのノイズを分析して除去する仕組み。高い録音品質を実現している。

strixmagnus_800x600a strixmagnus_800x600b
「AURA RGBライティング」に対応し、発光パターンを同期することでイルミネーションギミックを楽しむ事が可能

またレコーディングモードは3種類。単独での録音や音源に適した「カーディオイド」、複数人の音源に適した「ステレオ」、ゲームストリーミング用「ENC」は、環境音キャンセリングモードにより、マウスのクリック音やキーボードのタイプ音の録音を除去してくれる。

感度は-35dB±3dB、インターフェイスはUSB3.0×1、USB2.0×1で、ヘッドホン出力は3.5mmミニジャック、ライン入力に3.5mmミニジャック×1を備えた。なお対応OSはWindows 10/8.1/7で、編組ケーブル、マイクスタンド用アダプタも同梱される。

●ROG Strix Magnusの主なスペック

  • 基本仕様:USB 3.0接続ワイヤードタイプ
  • 本体サイズ:95(W)×50(D)×130(H)mm
  • 重量:未公開
  • 搭載ボタン/スイッチ:マイク入力レベル調整ダイヤル,ヘッドフォン出力レベル調整用ダイヤル,マイクミュートボタン,LEDイルミネーションオン/オフ切り替えボタン,録音モード切り替えボタン,LEDイルミネーション有効/無効切り替えボタン
  • 想定売価:2万7000円前後(税込)

《マイク部》

  • マイク仕様:未公開
  • マイク極性:カージオイド,ステレオ,無指向性(※切り替え式)
  • ビットレート:未公開
  • サンプリング周波数:未公開
  • 周波数特性:未公開
  • 感度:―35dB±3dB
  • 最大音圧レベル:未公開

《ヘッドフォンアンプ部》

  • インピーダンス:未公開
  • 電力出力(RMS):未公開
  • THD:未公開
  • 周波数特性:20Hz~20kHz
  • S/N比:未公開

シンプルにマイクデバイスとして使いやすい

発光部分は、前面にあるロゴとライン×2、底部のライト×1と少なめ。マイクとして運用することを考えると、光りすぎていると逆に邪魔なのでほどよいレベルを選んだということだろう。またそこそこ光っているため、薄暗い部屋でも場所をすぐに確認できるほか、底部のライトはやや光量高めとなっているため、マイク付近にある小物も照らすことができる。

ゲーミング向けのマイクだけあって外見は特徴的だが、意外と小型である
左側面にはモード切替とマイクボリューム調整ダイヤル、USB 3.0ハブ、AUX-INがある
右側面にはミュートボタン、Aura Sync管理ボタン、マイクボリューム調整ダイヤル、ヘッドフォン出力端子がある
ヘッドフォン端子とAUX-INは背面にあるが、側面からもアクセス可能

サイズは130mm×95mm×50mm。マイクとしては小型である。また底部には三脚用のネジ穴もあるため、スマホ用三脚などを使用可能だ。マイクはスタジオグレードのコンデンサカプセル×3が搭載されており、単体録音向けのカーディオイド、複数録音向けのステレオ、環境音のキャンセリングをしてくれるENCの3つのモードがある。本体にはマイクの音量調整だけでなく、USB 3.0ポート×1があり、USB端子不足を回避できるほか、AUX-INとヘッドフォン端子も備えているなど、かゆいところに手が届く仕様だ。なお、AUX-INは別途ポータブルプレイヤーからの音源を入れた場合、音量調整はポータブルプレイヤー側での調整になる。

Republic of Gamers

ゲーム実況用途を意識したマイクとしては,Razerの「Razer Seirēn」がすでにあるわけだが,ほぼ同等の実勢価格で,デザインの方向性がまったく異なる製品が登場してきたのは面白い。2万円台後半という価格が人を選ぶのは確かながら,ゲーム実況者には気になる存在となりそうだ。

 

 

 

ASUS ストリーミングマイク ROG STRIX MAGNUS

新品価格
¥20,584から
(2018/10/25 10:32時点)

ASUS ROG STRIX MAGNUS(889349592625) 目安在庫=△【10P03Dec16】

価格:27,664円
(2018/10/25 10:32時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちらから!!!

Xperia XZ Premium(G8142)のレビュー!プレミアムな使用感は??

Xperia XZ Premium(G8142)を購入してから1ヶ月経過したので実機レビューしたいと思います♪

設計

  • ガラス、金属、プラスチック製
  • サイドマウント型の指紋スキャナが便利です

スペック

Xperia XZ Premium(G8142)のスペックですがハイエンドモデルらしいスペックになってます♪

項目 Xperia XZ Premium(G142)
OS Android 7.1.1
CPU Qualcomm製Snapdragon 835
メモリ 4G
容量 64GB
サイズ 高さ×幅×厚さ
156×77×7.9mm
重さ 191g
画面サイズ 5.5インチ
解像度 3840×2146ドット
メインカメラ 約1,900万画素 Motion Eyeカメラ
フロントカメラ 約1,300万画素
バッテリー 3,230mAh
防水・防塵 IP65/IP68

やはりXperia XZ Premium(G8142)は最新のCPUであるQualcomm製Snapdragon 835を採用しているところです♪

ベンチマークアプリ(AnTuTu)でテストした結果
f:id:jin4817:20170730162208j:image

ハイスペックらしいスコアですね♪どんなゲームもサクサクに動きます♪

ソニーの携帯電話は名前でプレミアムかもしれませんが、それほど自然ではありません。Sony Xperia XZ Premiumを設計するときは、その主力ライバルと比較して何かを残すことができます。

Gorilla Glass 5の前後には、少なくとも厳しい保護が施されていますが、携帯電話の側面は目立つようにプラスチックであり、携帯電話を持っているときに感じるこの素材です。

それは、それがそれよりも安価に感じるように、それは残念です – 一ドルを過ごすときにあなたが望まないもの – そしてフラットなフロントとバックは、より湾曲したデバイスの一部としてきれいに手に入れないことを意味します市場で

ガラスは本物の指紋であることがわかりました.Gallaxy S8やJet Black iPhone 7とよく似ています。

ソニーXperia XZプレミアムギャラリー

 

また、XZプレミアムの大きさを156×77×7.9mmにすることで、LG G6やサムスンギャラクシーS8 – ソニーよりも大きなスクリーンを誇る携帯電話に比べて、より大きく、より幅が広がるベゼルが展示されています。

これらのベゼルでは、ステレオのフロントフェイスのスピーカーが使用でき、指でディスプレイを遮らずにゲームやビデオを見ているときに、携帯電話を横向きにしておくことができます。

右手に持っていればハンドセットの右の電源ボタンも親指の下に、また、左手のときは指ですこし下がります。指紋スキャナーをキーに組み込むことで機能が強化され、電話機のロックを解除できますピン、パターンまたはパスワードを入力する必要はありません。

私たちはそれがほとんどの時間をロック解除するのが速かったことを発見しましたが、今はそれを登録しようとするもう一つの試みが必要です。

これまでの指紋読み取りソニーの携帯電話機は米国のモデルのスキャナー技術を落としてしまったため、Xperia XZ Premiumが米国に当たるかどうかは保証されません。

XZプレミアムの上端と下端は金属製で、この仕上げが携帯電話の側面を伸ばしているのが好きだったでしょう。携帯電話のベースにはUSB-Cポートがあり、上にはヘッドフォンジャックがあります.MotololaとAppleが携帯電話からそれを削除したことを恐れている人々を喜ばせます。

Xperia XZプレミアムのもうひとつの肯定的な点は、IP68の埃や耐水性です。つまり、浴槽や雨の中で泳いでも生き残ることができます。深海ダイビングをしないでください。IP保護は、淡水中で最大1mまでの電話保護を提供します。

わずかに失望しているのは、SIMとmicroSDのフラップとトレイです。プラスチック製のインサートは壊れやすいと感じるだけでなく、microSDカード用のスペースもあります。別のSIMトレイ(同じフラップの下にあります)には、携帯電話の側面に爪を掘って、それを試してみる必要があります。

多くの人にとって、これは数回だけ実行する必要がある作業ですが、プラスティック製のフラップは、microSDカードを定期的に交換している人なら耐水性チェーンの弱いリンクを証明するように感じます。

Sony Xperia XZ Premiumは、同社と並んで同じフラッグシップフィニッシュを生み出すわけではなく、OnePlus 3THonor 8など、さらに手頃な価格の携帯電話機は間違いなくスマートな仕上がりになっています。

表示

  • 5.46インチ4K HDRディスプレイ

Sony Xperia XZ Premiumのデザインはそれをはっきりさせないかもしれませんが、そのスクリーンは確かに独自のリーグです。

Xperia Z5プレミアムに続き、XZ Premiumは、ブラビアのテレビ技術でバックアップされた4Kディスプレイを誇るソニーの第2のスマートフォンです。そして、ほとんどの市場で、このような解像度で見つけることができる唯一の携帯電話になります。

これは3840 x 2160の解像度に相当します。これは、5.46インチを超えると807ppiの目立つ画素密度が得られます。それを見て、ギャラクシーS8の美しいInfinityディスプレイは570ppiを管理し、LG G6は564ppiを放棄します。

あなたは別のスマートフォンでより鮮明な画面を見つけることはできませんし、その4Kの前任者とは異なり、実際には常にフル解像度を得ることができます。Z5プレミアムは同じ解像度のビデオを見ているときに完全な4Kのエクスペリエンスを提供しますが、新しいXperia XZプレミアムではホームスクリーンやブラウザからアプリストアやソーシャルメディアのプロファイルまで3840 x 2160です。

設定には、処理能力とバッテリ寿命を節約するためにディスプレイの解像度を下げるオプションはありません。QHDを搭載したGalaxy S8はオプションを提供しています。

しかし、Xperia XZ Premiumでは、バッテリ寿命が好調であったため、いつでも解像度を下げる必要はありませんでした。このレビューでは、それが後でどれくらい持続したかを知ることができます。

スクリーン・パネルはLCD技術を使用して、鮮明で鮮明な画像を表示します。Galaxy S8、Moto Z、OnePlus 3Tに搭載されているAMOLEDディスプレイと全く同じポップはありませんが、Triluminos Displayテクノロジーは標準LCDパネルよりも色を強調します。これは、あなたがまだ色目をしたいスクリーンです。

また、5.7インチのLG G6と5.8インチのサムスンギャラクシーS8が2017年の画面サイズで新境地を切り開いたことで、少し小さくなっているように感じました。

それは、あなたがまだそれらの携帯電話を使用する贅沢を持っていない場合、特にあなたが2歳の携帯電話からアップグレードしている場合は、Xperia XZのプレミアムは十分なスペースを提供していることがわかります。

あなたの携帯電話が4Kの解像度を盛り込んだと言うのは間違いありませんが、実際には、Galaxy S8、LG G6、HTC U11のような優れたQHDディスプレイに比べるとほとんど上回るものはありません。

Xperia XZ Premiumの4Kコンテンツを見てみましょう。これはスマートフォンから得られる最高のビジュアル体験の1つですが、そのコンテンツを見つけることは容易ではなく、実際に利用可能なものはほとんどありません。

ソニーは、XKプレミアムは将来的に証明されると主張します.4Kのコンテンツは可用性が増すだけですが、これは本当にこの画面サイズのQHDで十分です。

インタフェースと信頼性

  • よりクリーンなAndroidのオーバーレイは使いやすい
  • あらかじめインストールされているアプリの数は不必要です

Sonyは過去1年ほどAndroidのオーバーレイを整理しています。つまり、Sony Xperia XZ Premiumを使用してよりクリーンで画面のぼやけた体験を得ることができます。

ソニーの皮膜の下には、日本の会社Android 7 Nougatソフトウェアを置き換えるためのアップデート開始した後、Googleの最新のモバイルオペレーティングシステムであるAndroid 8.0 Oreoが登場しました。

Android 8ソフトウェアは、Xperia XZ PremiumにSonyの巧妙な3Dスキャンアプリケーションやカメラアプリの新しい自動笑顔検出モードなどの新機能を追加し、笑顔を見逃さないようにします。

これらはXperia XZ1XZ1 Compactで開始された機能であり、旧式ではあるが高機能のデバイスに後付けされていることを確認するのは素晴らしいことです。

このレビューでは、Xperia XZ PremiumのAndroid 8アップデートの詳細を徹底的に使用していきます。

しかし、ほとんどの場合、他のAndroid搭載端末から誰かに移行するのはいつものようにビジネスです。

iPhoneからの切り替えを検討している場合でも、AndroidとiOSは長年類似しているため、Xperia XZ Premiumを選択すると、学習曲線はそれほど大きくはありません。

ソニーが習慣を逃れていないものは、携帯電話にいくつかのアプリをプリインストールしている。Xperia XZ Premiumは、Googleのスイートと一緒に標準的な電話ベースのアプリケーションを持っていますが、日本の企業はこれらに少なくとも10を追加します。

電子メール、音楽、アルバム、ビデオは基本的にGmail、Playミュージック、写真、Playムービー&TVの中核機能を複製するだけで、フィットネストラッキングのLivelogやビデオ編集ムービークリエーターなど、便利なものもあります。

ソニーのWhat’s NewやXperia Loungeのアプリがあり、コンテンツ、ダウンロード、アプリ、ゲーム、さらには競技やニュースが盛りだくさんです。

プラスの面では、これらのアプリを使用しないことに決めた場合、ほとんどのアプリを無効にすることができます。アプリを長押ししてアイコンの隣に表示される小さな ‘x’をタップすると、アプリが表示されなくなります。

我々は、XZ Premiumが指の下で信頼できることを発見し、マルチタスキングパネルのすべてのアプリケーションを閉じて再オープンすることによって修正された奇数の画面回転の問題を取り除いた。

音楽、映画、ゲーム

  • 4Kの映像は見つけにくいですが、見た目が魅力的です
  • ゲームは印象的です
  • 素晴らしいオーディオエクスペリエンス

4K HDRディスプレイと高解像度オーディオのサポートを備えたSony Xperia XZ Premiumは、深刻なマルチメディアマシンです。

4K HDRビデオコンテンツにアクセスできる場合は、Xperia XZ Premiumに深刻な影響を与えます。私たちはいくつかのビデオを見て、ディスプレイの明瞭さによって吹かれました。

画面上の人々は、スマートフォンのディスプレイではなくウィンドウを見ているかのように、ガラスの反対側に座っているように見えます。これはすばらしい視聴体験であり、本当に信じられなければならないものです。

事は、それが正確には分かりません。これは、Xperia XZ Premiumが4K HDRビデオを見つけることを特に容易にしないためです。

初めて携帯電話を起動したときに、携帯電話のコルク表示を見せてくれるビデオを搭載したアプリやストアに向かうことを期待しました。

しかし、セットアップウィザードを過ぎても明白な兆候は見られなかったので、Playムービー&TV、Xperiaラウンジ、新着情報、ビデオ、YouTubeなど、Googleやソニーのアプリケーションにプレインストールされました。私たちにいくつかの助けを与える

新機能は基本的にアプリ、テーマ、壁紙のための単純なアプリストアとダウンロードセンターです。

ビデオアプリは潜在的に最も混乱していました。家庭で使用したケーブルテレビサービスを選択し、完全な番組ガイドを表示することができましたが、わかりやすい4Kコンテンツへのリンクはありませんでした。

Google Playムービー&TVは、携帯端末用の4K HDRフッテージを提供していないため、役に立たない。

Amazon Prime Videoが4KのHDRコンテンツを提供しているという事実を広告するバナーを付けて、Xperia Loungeに運がありました。

まずアンダーグラウンドと呼ばれるAmazonのサードパーティ製アプリケーションストアをダウンロードしてから、Prime Videoアプリをダウンロードする必要があります。また、Amazonのアプリのダウンロードを試みる前に、電話のセキュリティ設定に潜り込んで、「Unknown Sources」からのアプリのダウンロードを許可する必要があります。

それは少し面倒だと感じています。あなたがちょうどあきらめたら、あなたが4Kのビデオのために絶望的でなければ私たちはあなたを責めません。

Netflixは過度に役立たず、XZ Premiumの生涯の最初の数か月は、携帯電話でのHDR再生をサポートしていませんでした。ありがたいことに今は(2017年8月から)、その独自のHDRアクションをソニーの画面にもたらしています。

しかし、最終的にはプライムビデオに入ると、アプリはグランドツアーとレッドオークスを含む4K(UHD)とHDRプログラムのホームページに専用のセクションを持っています。選択肢はまだ限られていますが、今後数ヶ月でさらに多くの希望が追加される予定です。

真剣に堅牢なWi-Fiまたは4G接続が必要になるため、4Kでストリーミングすることはできません。フル解像度でストリーミングするには、いつでも十分な帯域幅を得ることができませんでした。つまり、ダウンロードに頼る必要があります。

4Kの1時間のテレビ番組では、1つのエピソードにつき7GBのストレージしか使用しないため、Grand Tourのフルシーズンを望む場合は、91GBの空き容量が必要です。

Xperia XZ Premiumには64GBが内蔵されており(うち50GB未満が利用可能です)、多くのダウンロードを予定している場合は、microSDカードが必要です。

無料の4Kアクションを気に入ったら、いつでもYouTubeに向かうことができます。ここには4K HDR映像が豊富に用意されています。素晴らしいと言われていますが、映画やテレビ番組ではありません。

ソニーは、4K HDRコンテンツをユーザーがより簡単に利用できるようにすることが賢明です。そうでなければ、Xperia XZ Premiumで賞賛される優れたディスプレイを利用する人はほとんどいませ。

ありがたいことに、ゲームははるかに直接的な事である。Snapdragon 835チップセットと4GBのRAMにより、Xperia XZ Premiumは、あなたが投げたものを最大限に処理できるようになります。

ディスプレイの上下にある追加のベゼルは、風景モードのときに電話を保持するためのウェルカムルームを提供します。できるだけ多くの手をディスプレイの外に出て、行動の仕方を保つのに最適です。

正面に向いているステレオスピーカーは、あなたの手のひらの中にではなく、あなたの方に向けてオーディオを発射する、もう1つのプラス点です。

これらのスピーカーは、あなたが音楽を聴きたいときにも役立ちます。ソニーXperia XZ Premiumは、音質が最高ではないにもかかわらず、ルームフィルのオーディオを蹴飛ばしています。

ヘッドホンのセットを差し込むと、プラグインしたヘッドホンのタイプに合うように音の出力を調整する、オーディオの強化技術と自動ヘッドホンの最適化のおかげで、XZ Premiumは優れています。

ソニーはBluetooth経由でオーディオ出力を強化しているので、ワイヤレスヘッドフォンやスピーカーのファンにも良いニュースがあります。

ヘッドフォンのセットを3.5mmジャックに差し込むと、有線接続で得られるのと同じ高解像度品質ではありませんが、一般的な標準よりも改善されています。

Sony Xperia XZ Premiumは、有線とワイヤレスの両方のヘッドホンで優れたオーディオ体験を提供します。もしあなたが大きな音楽ファンなら、この電話をチェックアウトしたいでしょう。

パフォーマンス

  • 遅れのない高速で流体作動
  • アプリケーションはすばやく開き、マルチタスクは簡単です

我々がすでに示唆したように、Sony Xperia XZ Premiumのパフォーマンスは優れています。Snapdragon 835チップと4GBのRAMコンボは、サムスンギャラクシーS8とLG G6とが完全にマッチしています。

Xee PremiumでGeekbench 4アプリを実行し、平均6,424のマルチコアスコアを達成しました。それは優れた結果であり、サムソンギャラクシーS8に近く、Huawei P10の 6,630と5,888 を平均して上回っています。

それはあなたのためにどういう意味ですか?まあ、アプリは素早くロードされ、Androidはスムーズに動作し、Xperia XZ Premiumは複数のアプリを同時にうまく実行し、簡単にそれらの間を飛び越えることができます。

 

バッテリー寿命

  • 1回の請求から1日の使用を簡単に取得できます
  • クイックチャージサポートと省電力モード

Sony Xperia XZ Premiumには、厚さ7.9mmの本体の中に3,230mAhの取り外し不可能なバッテリーが入っています。

それは最も寛大な提供ではない – たとえば、LG G6は、3,600mAhのユニットを誇っている – しかし、それはサムスンギャラクシーS8の3000mAhのパワーパックよりも大きいので、それは遅れていない。

しかし、バッテリーのサイズはすべてではなく、最終的なものではありません。重要なことについては良いニュースです。XZプレミアムは、1回の充電で1日も快適に過ごしました。適度な使用量の後、15%から20%の間で定期的に寝ます。

普通の日はどのように見えますか?Spotifyのストリーミング、テレビ番組の約40分、複数の電話、メッセージ、ソーシャルメディアのアクション、電子メールとウェブブラウジングの瞬間、そしてゲームの1〜2時間です。

私たちは一般的にXperia XZ Premiumを毎日午前6時30分ごろに持ち帰り、通常は午後11時から深夜12時の間に戻しました。

ゲームやビデオの使用を抑えれば、タンクに20%以上残ったまま寝ることができます。これは、現代の旗艦電話のための素晴らしいパフォーマンスです。

毎晩XZプレミアムを充電する必要があるという事実から逃れることはできませんが、電源に到達する前にバッテリーがなくなるというパニックを経験したことはありません。

Sony Xperia XZ Premiumバッテリーの弱点は90分のフルHDビデオテストで、最大の明るさを実現し、さまざまなアカウントをWi-Fi経由でバックグラウンドで同期させました。

1時間半のビデオ再生が終わった後、XZ Premiumはバッテリーの32%を失いました。パワーが欲しい4Kディスプレイが原因で疑いの余地はありません。

あなたが電話で4KのHDR映画を見るために落ち着いているなら、近くに電源があることを確認したいでしょう。

いつも自分が安いところにいる時があります。感謝してXZプレミアムには、あなたのお手伝いをしてくれる数少ないトリックがあります。

まず、クイックチャージ3.0をサポートしています。これは、標準の充電器よりも4倍の速さでバッテリを補充します。そのため、夜間にドアを出ようとしている場合や、通勤時間が長い場合は、うまくいった。

クイックチャージを有効にするには、クイックチャージ3.0対応充電ブロックが必要です。あなたが家から遠く離れた場所でスピーディなトップアップをしたいのであれば、それを取ることを忘れないでください。

これは、充電器の近くにいる場合に便利ですが、Xperia XZ Premiumには、残りの充電量を最大限に活用するための2つの省電力モードがあります。

スタミナモードは、バックグラウンドデータや画面の明るさを低下させたり、一部の機能を無効にしたりすることで、バッテリ寿命を延ばします。バッテリーがデフォルトで15%に達するとアクティブになるように設定されていますが、早めにバッテリーを有効にする場合は手動でオーバーライドできます。

また、あなたが本当に苦労している場合は、スマートフォンをフィーチャーフォンに変えることができるUltra Stamina Modeを呼び出すことができます。これにより、あなたは9つのコアアプリになり、最後の数パーセントから多くの時間を逃すことができます。

それは極端な選択肢です。私たちは電話をかけ続ける必要があり、充電器に出られないようにする必要がある場合にのみ採用していますが、念のために使うのはいい選択です。

カメラ

  • 真剣に印象的なスローモーションカメラ
  • 固体の後部カメラは多くの細部をキャプチャする

Sony Xperia XZ Premiumは優れたカメラを持っています。それは、HDR、顔検出、EIS(電子画像安定化)、予測位相検出、およびレーザーオートフォーカスを特徴とする19MPソニー製後部センサーを備えています。

要するに、それは十分に装備されています – それは本当のパーティーピースに到達する前です:驚異的な960fpsで映像をキャプチャすることができる超スローモーション提供。これと比較して、iPhone 7(および7 Plus)とSamsung Galaxy S8(およびS8 Plus)のスローモーションモードは240fpsで記録されます。

つまり、XZプレミアムはさらに低速の映像を提供し、スローモーションで適切な瞬間を捉えることができれば、結果は真剣に印象的です。結果を見るには、下のビデオをご覧ください。

選択する3つの異なるスローモーションモードがあります。エントリーレベルのスローモーションオプションはわずか120fpsで記録しますが、ビデオの録画後にスローモーションエフェクトを適用するという追加の利点があります。

これは、撮影後すぐにタイミングを取得することなく、撮影後にスローダウンしたい正確な瞬間を特定できることを意味します。

スーパースロー(ワンショット)とスーパースローモーションの他の2つのモードでは、録画中に960fpsの断片をキャプチャする必要があります。後でビデオのスローモーションセクションを編集することはできません。

スーパースロー(ワンショット)は、シャッターキーを1回タップするだけで、XZプレミアムは960fpsで5秒間のクリップをキャプチャするので、操作は簡単です。これは、クリップのどちらの側にも通常の速度のビデオを取得しないことを意味しますが、スローモーションの結果がより良くなる可能性があります。

スーパースローモーションモードはフルパッケージです。それを選択してヒットレコードを録画すれば、720pで撮影されますが、余分なボタンが画面に表示されます – 録画中にこのボタンをタップすると、XZプレミアムは直ちにすばやくスローモーションクリップを取得します通常速録音を再開します。

スーパースローモーションモードでは、適切なタイミングをとるのが難しい場合がありますので、ワンショットオプションをお勧めします。

スローモーション映像は720pで記録されるため、特に明かりが弱い屋内や屋外では、結果が一般的に粗いです。外に出て、良い光の中でSony Xperia XZ Premiumは、市場に出ているスマートフォンのスローモーション映像を最高に生み出します。

スローモーションから離れてカメラ自体に戻ると、ソニーのデフォルトのインテリジェントオートモードのままにしておくと、ほとんどのシナリオでうまくいく素晴らしいスマートフォンスナッパーが得られます。

これは、あなたが入っている照明環境に適応し、露出の良いショットを提供します。レーザーオートフォーカスにより、詳細が高く、ぼかしが最小限に抑えられます。

移動するオブジェクトも、ソニーの予測位相検出によって容易に処理されます。これは、常に焦点が合っているかどうかをターゲットに追従させることができます。私たちはこれを猫で試してみました.XZプレミアムは、庭を探索しながらペースを保つことができました。

ソニーはハイエンドの携帯電話に専用の物理カメラボタンを装備している数少ないメーカーの1つです.XZプレミアムの2段階キーでは、ボタンを半押しして完全にフォーカスを合わせることができますそれを押して画像をスナップする。

Xperia XZプレミアムの大きなサイズは、片手で使用すると画面上のシャッターキーを巧妙に叩くので、簡単に取り込むことができ、写真を簡単に撮ることができます。また、シャッターキーを押したままにして、カメラアプリを起動することもできます。

あなたのイメージをより細かく制御したい場合、Sony Xperia XZ Premiumは手動モードを提供し、焦点、露出、ホワイトバランス、シャッタースピードを微調整することができます。

フォーカスコントロールは、特に便利で使いやすく、ディスプレイの側面にある単純なスライダを使用することで、フォーカスが前景か背景かにかかわらず、ピントを合わせることができます。

もっと楽しいものをお探しの方には、カメラアプリのセクションに移動してください。ここでは、火山や恐竜などのシナリオをあなたの周囲にオーバーレイするSonyのzanier AR Effectと並んで、より静かな4Kビデオ録画とパノラマオプションがあります。ちょっとばかだけど、遊ぶのは楽しいです。

Sony Xperia XZ Premiumカメラが生成する画像は素晴らしいですし、ソニーはここでの後処理を改良し、以前の機器での撮影を妨げていました。

サムスンギャラクシーS8で撮影されたものと同じポップが欠落していることがわかりましたが、ポイントアンドシュートのタスクに関しては、XZプレミアムの端をつかんでいます。

しかし、カメラでソニーで時間を過ごし、スーパースローモーションモードでスキルを磨くと、Xperia XZ Premiumが写真部門で提供するものを大いに楽しむことができます。

カメラのサンプル

イメージ1/9

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

Xperia XZプレミアムカメラは、ここでウィスカーや毛皮のような詳細をキャプチャ

 

 

Sony Xperia XZ Premium G8142 (Dual 64GB) – Deepsea Black (並行輸入品)

新品価格
¥50,840から
(2018/10/24 11:36時点)

SIMフリー Sony Xperia XZ Premium Dual G8142 [Deepsea Black 64GB 海外版 SIMフリー][中古Bランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:40,800円
(2018/10/24 11:38時点)
感想(0件)

ヤフオクで購入したい方はこちらから!!

Xperia XZ1 Compact 使用レビュー!詳しいスペックや使用感について!

Sony Mobile の 2017 年モデルの中でハイスペックながらも非常にコンパクトな「Xperia XZ1 Compact」のレビューをお送りします。

Xperia XZ1 Compact は 4.6 インチの小さなディスプレイを備えたコンパクトサイズの筐体に、Xperia XZ1 に匹敵するスペックを備えたモンスターマシンです。同時に発売された Xperia XZ1 と多くのハードウェアを共有していますが、解像度、ROM 容量、バッテリー容量は下げられており、その分、価格も安くなっています。

Xperia XZ1 Compact(G8441)のスペック

項目 スペック
OS Android 8.0
SoC Snapdragon 835
メモリ 4GB
保存容量 32GB
SDスロット 搭載
最大256GB
液晶 4.6型
(1280×720)
背面カメラ 1920万画素
前面カメラ 800万画素
広角レンズ
対応バンド LTE
1/2/3/4/5/7/8/12
13/17/19/20/25/26
28/29/32/66/38/39
40/413G
1/2/5/6/8/9/19
Simサイズ NanoSIM×1
DSDS
Bluetooth Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,
2.4 GHz & 5 GHz
センサー GPS
加速度センサ、電子コンパス
光センサ、磁気センサ
近接センサ、ジャイロスコープ
指紋センサー、RGBセンサ
VoLTE
CA
防水・防塵 防水(IPX5/8)
防塵(IP6X)
おサイフ機能
ドコモ版は○
バッテリー 2700mAh
USB-C
QC3.0対応
サイズ 約129㎜×約65㎜×約9.3
(最厚部 約9.5mm)
重量 143g
カラー ブラック
シルバー
ブルー
ピンク

SoCにQualcommの最新フラッグシップモデルであるSnapdragon 835、メモリは大容量な4GB、画面解像度は1280×720で画素密度は319.262ppiとなっており小型でありながら人の網膜では識別できる300ppiを超えているので高精細です。

基本動作に関わるSoC、メモリ、解像度のバランスは非常に良く、2017年11月現在では最新鋭の性能でスペック不足で困る事は皆無と言っていいでしょう。

デザインと表示

  • スモールフォームファクタは、巨大な画面を持つデバイスを必要としない人に最適です
  • ここ数年の典型的なソニーの設計が、後部にプラスチックを使用
  • 4.6インチの720pディスプレイは鮮明で明るく、紙よりもはるかに優れています

XZ1のように、Sony Xperia XZ1 Compactは、その前身に比べてデザイン面で若干の揺れを受けています。それはまだ大きな旗艦よりもボクサーですが、そのエッジはわずかに丸くなっていて、より人間工学的な感じがします。

Xperia XZ1 Compact

フルサイズのXZ1と比較すると、この電話機をコンパクトなフォームファクターに詰め込む過程でいくつかの妥協がなされていることが予想されるかもしれません。しかし、129 x 64 x 9.3mmで来るその寸法以外に、ここではそれほど多くはないことが正直に分かります。それは良いことです。

不器用なデザインは人々を傷つけるかもしれませんが、XZ1 Compactについてはかなり愛用しています。ほとんどの魅力的な外観は魅力的です。ほとんどのメインストリームメーカーが大画面のプレミアム電話だけを作っている場合は、より小さな選択肢があるのは良いことです。

携帯電話の本体はプラスチックですが、安価な意味では「プラスチック」ではありません。携帯電話のようなローエンドの携帯電話のようには感じられません。

ユニボディーはガラス繊維製のプラスチック製で、強力で軽量でありながら、携帯電話に心地よい感触と仕上がりを与えます。あなたは本当にこれが金属ではないことを知らないでしょう。あなたの手にそれを持っているときに頑丈に感じるからです。

装置の上部と下部には金属製の蓋があり、前面にはGorilla Glassが保護されています。小さいデザインのおかげで、この携帯電話は特に重いとは思わない140g。

あなたはあなたの人にこの電話を持っていればほとんど目につきませんが、現代の多くのスマートフォンではジーンズのポケットに入れることができます。XZ1 CompactはIP65 / 68の定格を持っているため、スマートフォンの防塵および防水性を維持するというソニーの習慣がここでも続く。つまり、水中ダンクでも生き残ることさえできる。

私たちはこの電話をタップの下で走らせました。それは経験から生き残りました。つまり、誤ってバスタブの中に入った場合、またはあなたがシャワーを浴びている間にトイレに入れた場合、あなたの電話は大丈夫です。

Xperia XZ1よりも少し小さいにもかかわらず、XZ1 Compactはその電話のボタンとポートレイアウトを保持しています。ボリュームロッカーは電話機の右側にあり、これはちょっと小さすぎる – それは隣接する電源ボタンと同じ大きさなので、音量を変更するのではなく電話機を誤ってロックしていた。

電源ボタン自体は、本体に並んでいます。米国にいない限り、指紋スキャナーが内蔵されています。この機能はすぐに動作することがわかりました。あなたの手に届くのは簡単です。

あなたが米国にいるのでなければ、それに注意してください。ソニーは、米国市場向けの電源キーから指紋センサーをもう一回省略し、セキュリティオプションをPINやパターンに制限しています。まさにソニーがこれを選択した理由は不明です。

色は、ブラック、スノーシルバー、ホライゾンブルー、トワイライトピンクのいずれかを選択できます。Horizo​​n Blueのオプションをテストしました。これは、使用している他の「ブルー」の携帯電話に比べて非常に特徴的な色です。

XZ1 Compactの4.6インチディスプレイは、720pのHD解像度を誇っています。これはSonyのコンパクトラインの標準であり、主な競合相手であるiPhone SEとの快適な位置付けです。それはいくつかを失望させるかもしれませんが、我々はより高解像度のパネルを欠場することはありませんでした。

これは明るいディスプレイで、カラフルです。ソニーがFull HDパネルを選択した場合、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることなく、バッテリ寿命に悪影響を与えた可能性があります。

あなたがゲームをたくさんして、あなたの携帯電話で多くのビデオを見たいのであれば、この小さなパネルは小さすぎるかもしれませんが、画面のサイズが気に入っています。片手。

 

電池

  • 2,700mAhのセルを備えたより大きなXperia XZ1と同じサイズのバッテリー
  • 我々はそれが集中的な使用の一日続くことがわかった
  • 急速充電技術は印象的ですが、ワイヤレス充電はありません

Sony Xperia XZ1 Compactの2,700mAhバッテリーは紙にはあまり響きませんが、携帯電話の小型4.6インチディスプレイとSnapdragon 835チップセットとAndroid Oreoソフトウェアの電力効率の向上により、スタミナは魅力的です。

これはXperia XZ1と同じセルですが、ここでは720pディスプレイに電力を供給しているだけで、大型電話よりもはるかに優れた性能を発揮します

私たちのテストの間、私たちは一日の終わりになる前にバッテリーが私たちの上で死ぬことはありませんでした。大規模な使用であっても、1日も終わるとわかりましたが、夜間にプラグを差し込むと、タンクにはまだ10%程度残っています。

驚異的なバッテリー寿命であり、Moto E4 Plusの2日間の高さに当たっていない瞬間、数多くのトップエンドのAndroid搭載携帯電話と比較すると、内部には重く蓄えられていないバッテリーもありません。

最高の画面輝度で90分のビデオを再生し、Wi-Fiでバックグラウンドで同期をとるという、当社の標準バッテリテストでXperia XZ1 Compactを使用すると、83%にまで低下しました。

Xperia XZ1 Compactにワイヤレス充電機能を搭載していないにも関わらず、ソニーはワイヤレス充電機能を搭載していないにもかかわらず、ソニーは同じことを決断しなかったことは恥ずかしいものだ。

最新の携帯電話ではワイヤレス充電がますます一般的になっているので、ソニーがここに含めることは賢明な動きでした。

少なくともXperia XZ1 Compactで提供される急速充電技術があります。これは、30分ほどで携帯電話がゼロから50%までポンプアップされることを意味します。私たちはこれが広告されたように機能することを発見し、USB-C techへの移行はソニーの大きな動きです。

カメラ

  • Xperia XZ Premiumに搭載されたslow-mo機能搭載の19MPリアセンサーを使用
  • 広角レンズを備えた8MPの正面カメラ、それは人がいっぱいのセルフサービスに最適です

XZ1 Compactは、より大きなXperia XZ1とXperia XZ Premiumと同じ19MPリアカメラを誇っています。

つまり、1秒間に960フレームのスローモーションビデオを記録できるセンサーが搭載されています。この機能は、これまでのカメラのハイライトであり、再生するには非常に余分な小さな機能です。

私たちはすばらしいスローモーションショットを手に入れました。あなたはiPhoneやSamsung Galaxy Note 8で撮影できるものに勝利しました。つまり、この機能には非常に限られたユースケースがあります。

Predictive Cameraというモードもあり、カメラのシャッターを押す前に3枚の画像をバーストし、笑顔検出技術でこれを行います。わずかに振ればぼんやりとしたショットが得られるはずですが、これもソニーの高速オートフォーカス技術のおかげです。

毎日のカメラ使用の面では、19MPセンサが印象的な写真を撮るが、低照度の写真撮影では苦労することがわかった。あなたが夜に撮影している場合、写真はかなりざらつくことがあります。

良い光で撮影された風景は、このような強力なカメラから期待していたほど印象的ではありませんが、見栄えが良くなりました。

XZ1コンパクトには8MPの正面向きのスナッパーもあります。ソニーはこの電話をソーシャルメディア/セルフジェネレーションで非常に目指しており、フロントフェイスカメラはその魅力の重要な要素です。

それは、私たちの目のそれに似ている120度の視界を与え、ショットの中に、あなたの仲間、またはあなたの後ろの美しい眺めの多くを詰めることを可能にするスーパーワイドモードを提供します。

私たちは、このモードを頻繁に使用していました。自分のセルフスタイルに異なるスタイルを与えてくれましたが、仲間を撃ったり印象的な風景の前にいると本当に役に立ちます。

このワイドアングルと、より典型的な80度のオプションを切り替えることができます。これは、近接するInstagramの穴とSnapchatストーリーに最適です。

フロントカメラはビデオ録画も提供しています。薄暗いバーでは、ディスプレイのフラッシュを利用することができます。シャッターキーを押すと、スマートフォンの画面が明るく白くなり、セルフがぼやけていないことを確認できます、暗い混乱。

カメラのサンプル

このショットの色は、実生活のように大胆に見えます

他に何か知っておくべきことは?

  • クアルコムSnapdragon 835と4GBのRAMを搭載したトップパフォーマンス
  • 限られたストレージで32GBモデルのみ販売中
  • Android Oreoをすぐに購入できる最初の携帯電話の1つ

それは小さいかもしれませんが、Sony Xperia XZ1 Compactは強力で、Snapdragon 835チップと4GBのRAMを搭載しています。これらのスペックは、電話にすぐに将来的な証明を与えるものです。

私たちはGeekbench 4を通して電話を走り、ゲームやマルチタスキングのような日常的なパフォーマンスと集中的な使用に反映された6,500という印象的なスコアを出しました。

XZ1 CompactはSony Xperia XZ1ほど強力ではなく、ベンチマークの面ではOnePlus 5やHonor 9よりもわずかに低いですが、これはまだ市場で最も強力な携帯電話の1つです。そのパフォーマンスには失望していません。

内部には32GBのストレージもありますが、最近では特に寛大ではありません。これをmicroSDカードで拡張することもできますが、Xperia XZ1のようにソニーが標準で64GBのストレージを提供していれば、それはncieだったでしょう。

Xperia XZ1 Compactは、Android Oreoをオンボードで搭載しています。新しいソフトウェアで利用できる最初の携帯電話の1つです。ソニー独自のUIが一番上にあり、ここではAndroidの最新バージョンを使用することは素晴らしいことです。

うまくいけば、これはソニーがAndroidの後続バージョンでも最新の状態に保つことを熱望していることを示していることを念頭に置いてください。

UI自体は若干古いものに見えるかもしれませんが、過去に見たSonyの携帯電話よりもはるかに改善されています。PlayStationやWhat’s Newアプリなど、不要なソニーソフトウェアがいくつか含まれていますが、デバイスの空き容量を確保したい場合は削除できます。

Xperia XZ1 Compactには、より大きな兄弟のように、Sonyの新しい3D Creatorアプリケーションが付属しています。これにより、顔、頭、食べ​​物、およびランダムなオブジェクトを携帯電話で3Dスキャンして保存したり、あなたの作品を3Dプリントすることさえできます。

それはプロセスのハングアップを取得するためにしばらく時間がかかりますが、一度作ったと一緒に遊ぶための楽しいツールです。下に、Xperia XZ1の機能を試してみることができます。

あなたの友人の顔を地図にして、似ているものを愚かな動画に入れて、GIFまたはMP4として友人に送ることができるということもあります。これらのスキャンではあまり多くのことを行うことはできませんが、もう1つの面白い機能です。

ソニーがいつかプレイステーション4にもたらす機能だと願っています。たとえば、あなたのキャラクターにあなたの顔を使ってゲームをプレイできるようにすることです。

Sony Xperia XZ1 Compactは、XZ Premiumと同様、Hi-Resオーディオをサポートしており、ヘッドフォンのセットでMP3トラックをアップスケールすることも可能です。

このようなヘアーホンを電話機で使用すると、他の端末と比較して音質に大きな違いがあります。

また、電話機の前面にデュアル発射スピーカーがあり、音楽を聴いたり、携帯電話でビデオを見たりしているときに優れたオーディオパフォーマンスを発揮します。オーディオの品質が重要な機能である場合、これがXperia XZ1 Compactを購入するもう一つの理由です。

 

 

Sony Xperia XZ1 Compact G8441 (32GB) – Black ブラック SIMフリー【並行輸入品】

新品価格
¥39,800から
(2018/10/23 10:51時点)

SIMフリー 未使用 Sony Xperia XZ1 Compact G8441[White Silver 32GB 海外版 SIMフリー]【当社6ヶ月保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:48,800円
(2018/10/23 10:52時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちらから!!

カメラ用スタビライザーFeiyu Tech「α2000」のレビュー!! 使いやすさ抜群のカメラアクセサリー

Freefly は2013年に15,000ドルのMoviを初めて導入 して以来、ハンドヘルドジンバルはかなり進化してきました。比較的短期間で、ジンバルの小型化、軽量化、低価格化に伴い、こうしたデバイスを製造する企業が増えています。より広範なユーザー層にアピールします。

FeiyuTechは数年前、アクションカメラの小型ジンバルに焦点を当てて市場に参入しましたが、新しいAlphaシリーズの3軸ジンバルはDSLRとミラーレスカメラシューティングを目的としています。 ジンバルのレビュー、我々はシリーズの中で最大のモデルを見てみましょう。

 

α2000対応カメラとは?

α2000の凄さといえば、幅広いカメラに対応していること!
耐重性の広さはなんと、250gから2000g!
2kgまで耐えられるジンバル/スタビライザーってなかなかないですよね!2kgまで耐えられるなら一眼レフにマイクなどを装着しても耐えられそう~

しかも、カメラ交換時にカメラごとに重りなどを取り付けてバランス調整をしないので煩わしさも軽減!
これなら、ジンバル初心者でも使い勝手が良いですよね〜
α2000の対応カメラとしてはSONY A7シリーズ、PanasonicGH4、Canon5Dなども装着することが可能です~
詳しくは以下の画像を参考にしてみてください〜

Feiyu TechFeiyu TechFeiyu Tech

設計

640ドルから始まるA2000は、このサイズのピストルグリップジンバルの安価なオプションの1つで、$ 650のZhiyun Crane V2のわずか10 ドルです。巨大なレンズであまりにも狂っていなければ、フルフレームのDSLRを扱うのに十分な4.4ポンドの重さのカメラとレンズの組み合わせをサポートできます。

 

比較的低価格であるにもかかわらず、それは、固体の、すべての金属のコンポーネントで、プレミアム製品のように感じる。それは美しくパッケージ化されていても、あなたは箱に固定したいと思うかもしれません。輸送する必要があるときにジャルバをスティロフォームに安全に抱きつけておくようにします(ボックスはソニー製品に似ています)。

クイックリリースプレートと2組の18650リチウムイオン二次電池(AA電池に似ていますが、より大容量であります)も同梱されています。(FeiyuTechは1回の料金で12時間使用すると主張している)

また、デュアルハンドル付属品もテストしました。価格は800ドルに上がります。このアタッチメントは同じように優れており、両手での撮影で優れた人間工学と安定性を提供します。

また、ライト、モニター、マイク、またはその他のアクセサリーをねじ込むための9つの1/4インチアタッチメントポイントが追加されています(セットアップの全体重量にアドオンの重量を考慮する必要があります)。

3つのブラシレス電動機は、ジンバルのパン、垂直の傾き、水平の傾き(またはヨー、ピッチ、ロール)を安定させます。各軸は完全に自由に360度回転できます。デュアルハンドルアタッチメントを使用すると、ジンバルをハンドルの上部またはハンドルの裏返しにして、何かを再調整することなく簡単に使用できます。

操作性は良い

操作は難しそうな印象でしたが、実際に動かしてみると全然難しくない。

操作ボタンなどが右手側に集中しているので、ボタン類は片手持ちでも両手持ちでも操作感の変化なしに利用ができます。(片手持ちの時に左手で操作する方は別かもですが・・・)

ボタンの押した回数によって色々操作はできるのですが僕自身は

  • ジョイスティックで方向転換
  • 電源ボタン3回押しで180度回転
  • トリガー2回押しで定位置に戻る

の3つの操作の繰り返ししかほとんど利用しません。1~2回操作すればおそらく説明書もほとんどいらないレベルかと思います。

ユーザビリティとパフォーマンス

あなたがカメラスタビライザーの世界に慣れていないならば、バランシングプロセスはちょっと複雑に感じるかもしれませんが、SteadicamやGlidecamのようなパッシブスタビライザーでの作業経験があれば、A2000のバランシングははるかに簡単です。3つのサポートアームは、工具を必要とせずに手で調整することができます。クイックリリースプレートでさえ、バタフライねじを使用してカメラの底面に取り付けます。ドライバーのようなものでなくても、全体をセットアップしてフィールドでバランスさせることができます。

唯一の問題は翻訳されていないマニュアルからです。これが最初のジンバルであれば、バランス調整プロセスの各ステップを数回読み直す準備ができています。イラストは十分に理解するのは簡単ですが、マニュアルは依然として一部の人にとっては欲求不満の原因になることがあります。

一度カメラのバランスを取れば、FeiyuTech A2000は使いやすくなりません。オンにすると自動的にセンタリングしてレベルを調整します(十分に近くでダイヤルした場合)。ハンドル上の4方向ジョイスティックでパンとチルトを手動で調整し、カメラを手で調整することによってチルト角を設定することもできます。

それを半分待つとジンバルはあなたが離れるときにその角度を維持することを知るでしょう。

我々は、富士フイルムX-T2  と16mm、35mm、56mm レンズを含む広範囲のレンズでA2000をテストしました。(カメラとレンズの画像安定化を忘れることは忘れないでください)。最も重い組み合わせは約2ポンドだったので、ジンバルの限界の範囲内でした。それでも、長期間の使用は間違いなく筋肉の疲労につながります。三脚間にある三脚の足でジンバルを下げて、背中を休ませてください。

ジンバルの本当の価値はあなたに許される動きの自由です。A2000には、動きにどのように反応するかを制御する複数のモードがあります。これはピッチモードとロール軸をロックするパンモードで起動しますが、ハンドルを回すとカメラは自動的にパンします。これはあなたの動きの矛盾を滑らかにし、あなたが静止している間、動く被写体を追跡するため、または被写体を「周回する」ための完璧なモードです。

Feiyutech a2000ジンバルレビューロゴ2
Daven Mathies /デジタルトレンド

モードボタンを2回タップしてパン/チルトモードに入ります。ここでは、カメラはあなたの動きに従うためにパンとチルトの両方になります。3回タップすると、ジンバルは180度回転してセルフポジションになります。4回タップすると、すべての軸がロックされるので、ジンバルをどのように動かしても、カメラは元の向きに固定されたままです。幾分不思議なことに、ジンバルを逆転させるために3回タップした後、それを前方に向ける位置に戻すために2回タップする必要があります。

比較的低価格であるにもかかわらず、プレミアム製品のように感じます。

1つまたは2つのモードにいる場合は、ハンドルの前面にあるトリガーボタンを使用して、軸を一時的にロックすることができます。これはいいアイデアですが、実際には、このボタンは押しやすいほどです。時間とともに、あなたはそれに慣れて、それを避けるためにあなたの指を置く場所を知るでしょうが、最初は少し厄介かもしれません。

A2000には、Freefly Moviで提供されているのと同様に、USB接続とFeiyu Onアプリを使用してインターバル撮影を自動化するタイムラプスモードもあります。ジンバルはこれを行うために平らな面で安定していなければなりませんが、ツールがワントリックポニー以上のものになるのに役立つ機能には素晴らしい追加物です。

結論

FeiyuTech A2000はテーブルに大きな価値をもたらします。それはうまく作られており、設定が簡単で、広告されたとおりに機能します。私たちはマニュアルのより良い翻訳を見たいと思いますが、それは本当ですか?あなたがミラーレスまたはDSLRのビデオ撮影者であり、生産コストを引き上げるのに比較的手頃な価格の方法を望むなら、私たちはそれを推奨することを躊躇しません。

A2000は、両方の製品で動作性能が良好であることがわかっているため、Zhiyun Crane V2元のクレーンの改良2世代バージョン)に似ています。より重いペイロードと800ドルのデュアルハンドル構成になっているため、ビデオ撮影者にとって理想的ですが、Crane V2はサードパーティのデュアルハンドルオプションもサポートしています。この例では、いずれかで間違っていないので、それは良い価格で1つを見つけるとあなたの手で最高だと感じて試してみることです。

Feiyu Tech(フェイユーテック) a2000 ダブルハンドル付き 3軸カメラスタビライザー 250g~2500gのカメラに対応 【国内正規品/1年/日本語説明書付き】

新品価格
¥89,999から
(2018/10/22 11:35時点)

FYA2000K Feiyu Tech α2000

価格:107,460円
(2018/10/22 11:37時点)
感想(0件)

ヤフオクでお安く購入したい方はこちら!!

ネックスタイルのワイヤレスイヤホン WF-SP600N レビュー

SONY WI-SP600Nのレビュー

「WI-SP600N」は、デジタルノイズキャンセリング、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードと防滴性能を搭載したワイヤレスイヤホンです。

発売開始は2018年4月28日。

同時期に発売された「WF-SP700N」との違いは、見ての通り左右のインナーイヤーがケーブルでつながっているということ。
バッテリーがリモコン部に用意されているので耳に装着するヘッドホン部分は「WF-SP700N」よりも軽量です。

ネックバンドタイプ「WI-1000X」の防滴性能搭載版といった感じで、耳からイヤホンをはずして肩掛けできるのでより気軽に着脱できます。

耳への装着スタイルは「WF-SP700N」と同じで、4種類のイヤーピースと耳のくぼみにフィットする2種類のアークサポーから自分の耳にあったサイズを選ぶことができます。

6mm径ダイナミック型ドライバーで再生周波数帯域は、50 Hz-8,000 Hz。

BluetoothコーデックはSBC, AAC。

JIS防水保護等級IPX4相当の防滴に対応しており、雨や汗、水しぶきも気にせずに使えます。

イヤホンのスペック・機能

取扱説明書にはiPhone 7 Plus(2016年モデル)までの対応しか記載されていませんが、iPhone X(iOS11.3)でも利用できることを確認しています。

Bluetoothで接続可能な一般的なスマホ・パソコン・オーディオ機器ならば、大半の製品で利用ができるはずです。

型式 密閉ダイナミック型
ドライバー 口径6mm
接続 Bluetooth ver.4.1 準拠
通信距離 見通し最大10メートル
防滴性能 IPX4(水しぶきに対する耐性)
ノイズ
キャンセリング
デジタルノイズキャンセリング/
アンビエントサウンド切り替え
利用可能時間 最大6時間再生(NCオン)
充電時間 約1.5時間
(0.5A以上のACアダプタで給電可)
対応iPhone* iPhone5~iPhone 7 Plus(2017年12月時点)
ハンズフリー通話 iOS/Androidスマホで利用可
音声アシスタント Siri, Googleアプリを起動可能

 

操作性

ケーブル途中にコントローラー部が装備されており、電源、再生/一時停止、ボリューム、NC/AMBキーの操作ができます。

microUSB端子から充電、内蔵バッテリーで最大再生時間約6時間というスタミナ性能が魅力です。

この部分にNFCもあるので、XperiaなどNFCを搭載したスマホとタッチしてかんたんにペアリングできます。

 

そして電車内や航空機内などのリスニング時に、走行音やエンジンノイズなどさまざまな騒音を低減できる「デジタルノイズキャンセリング」機能つき。

しかもヘッドホン内蔵のマイクから、周りの音や人の声を取り込める「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」機能もあるので、イヤホンをしたままで周囲の人と会話もできるし、周囲の状況を把握できちゃいます。

スマホの専用アプリ「Sony | Headphones Connect」を利用して、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードの切り替えやイコライザーの調整、「クイックサウンドセッティング機能」ができるのは「WF-SP700N」と一緒ですね。

便利なマルチポイント機能

SONY WI-SP600Nのレビュー

スマホとウォークマンの2台持ちという方には非常に便利な機能のひとつ。
ウォークマン(A2DPプロファイル)と、スマホ(HFPまたはHSPプロファイル)それぞれに同時接続できるマルチポイントに対応しています。
ウォークマンで音楽再生をする場合、スマホ側で外音コントロールや、イコライザー調整ができる点は非常に使い勝手が良いです。

 

スマートフォン(AndroidやiPhone)とBluetooth接続して、ハンズフリー通話もできるのはやっぱり便利。

しかも、再生ボタンを長押ししてスマートフォンの「Google アプリ」や「Siri」といったボイスアシスタントを呼び出して、情報を調べたり電話発信といった音声操作ができるのが意外と役立ちます。

 

音質

WI-SP600Nは「EXTRA BASS(TM)」という機能シリーズに属しており、重低音が特徴的です。
コーデックとして「SBC/ACC」に対応し、ワイヤレスの状態でも高音質なサウンドが楽しめるようになっています。

個人的な主観ですと、どちらかというと中低域に厚みを感じます。
高域は極めて自然な感じ。突き抜け感はそれほど出ないので、高さは感じづらいです。

中域には低域が少し被さってきます。中域の楽器音の発色は良く、ピアノなどはきれいに瑞々しく聞こえます。
低域はかなり厚みがあり、やや前面に出てくる感じ。
全体的には、中低域に密度を感じ、重厚で満腹感のある表現になっています。

あくまでも個人的な主観なのでご参考までに。

接続性

WI-SP600Nでは接続機器と見通し最大10メートルくらいまで離れても利用が可能です。
利用する環境にもよりますが、屋内で使う限りでは接続されたスマホやPCから1~2部屋移動しても、途切れること無く利用が出来ます。

パソコンと接続させた状態で数時間音楽を再生しつづけてみたところでは、1度も音飛び・音切れに気づくことはありませんでした。接続の安定度は非常に良いという印象です。

接続に関しても、1度設定を行ったPCであれば、イヤホンの電源を入れるとすぐに自動接続が完了し、音楽を聴ける状態となりますので煩わしさがありません。

防滴性能

WI-SP600Nは「IPX4」という防滴性能規格に対応しています。
これはあらゆる方向からの水しぶきを掛けて、5分間浸水しないことを確認された仕様という意味。
屋外で雨が降ってきたり、汗が掛かっても安心して利用することが可能なレベルです。
しかし、あくまでも想定されているのは「真水/水道水/汗」のみであり、それ以外の液体が掛かってしまったときにはすぐに液体を除去・清掃などのお手入れをしましょう。

そして、注意していただきたいのは、「防水」ではないということ。水の中にイヤホンを沈めるようなテストや防塵テストは行なわれていません。例えば海レジャーで使うような場合には海水・砂が混入して壊れてしまうかもしれませんので、過酷な状況での利用はNGです。

装着感について

WI-SP600Nは屋外での移動、スポーツ時の利用も想定されており、軽く・安定した装着感があります。

アークサポーターを耳介部分にぴったり合わせると、ウォーキング・ジョギング程度の運動では全くズレないくらいの安定性があります。

アークサポーターを外すと重心のズレとコントローラーの重みによって、下がって外れそうになりますので、アークサポーターは付けたほうが良いです。
正しく装着していれば頭を上下前後左右にどんなに激しく動かしても、イヤホン部分が外れることはまずありません。

ただ、コントローラー部分は左側の耳から垂れ下がったような状態になりますので、左右に体を大きく動かす場合には、ちょっと邪魔です。
スポーツをするときにはWI-SP600Nではなく完全ワイヤレスタイプのWI-SP700Nような製品のほうが良いと思います。

ただ、このコントローラーユニットがあるおかげで完全ワイヤレスの製品よりも長い連続利用が可能になっているとも言えますので、一長一短といったところですね。

まとめ

音質的にずば抜けている印象はないです。
細かな分解能や音色の発色の良さは感じる。全体的に自己主張が強い感じではなく、曲に少し厚みを持たせて素直に聴かせるといった感じで、派手さは感じないが、魅力は十分にあります。

ただお値段はちょっと高め。音質だけで判断すると、コスパは正直難しいかなというのが率直な感想です。

 

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-SP600N PM : Bluetooth対応 NFC接続対応 防滴仕様 2018年モデル ピンク

新品価格
¥15,736から
(2018/10/21 18:42時点)

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

新品価格
¥20,880から
(2018/10/21 18:48時点)

待望の最新作 Samsung Gear IconX 2018 のレビュー

Samsung Gear IconX 2018 のレビュー

待望の最新作 Gear IconX 2018 です。
Gear IconXの改良版ですね。

昨今流行の、いわゆる完全分離式(完全ワイヤレス)小型ステレオイヤホンです。
大手メーカーなども続々と参入していますが、そうした中にあっても、サムスンがIFA2017で発表した「Gear IconX 2018」は大変注目されているモデルです。

前作で不満の多かった電池持ちを改善するなど着実に改良が加えられています。

なんと心拍計なんかも搭載されているんですよ。

Gear IconXの対応スマートフォンはAndroid 4.4以上となってます。

イヤホン本体に内蔵ストレージを搭載し、単体での音楽再生が(ステレオ時はユニークな方法で)可能な点や、スマートフォンのリモコン操作が可能な点など、他社品より優れた機能を持っています。
しかもカラフルなピンクも用意するなど、普段使いだけではなくスポーツ時にもぜひ使ってみたいと思わせるデザインにもなっています。

本体サイズは約18.6(幅)×約22.8(高さ)×約21.8(奥行き)mm。

重量は左右合わせても約15g、ひとつあたりが実測値で7gでした。この重さならストレスを感じることはまず無いと思います。

Samsung Gear IconX 2018 のレビューラインナップ

カラーバリエーションは全3色(Black/Gray/Pink)
ただ日本で発売中の本体カラーは1色(Black)のみでした。

ピンク人気が高いみたいです。
欲しい人は並行輸入品を購入するしか無かったのですが、日本でも新たにグレーとピンクが発売されましたね。

イヤホンの外装にはつや消しを施した樹脂が使われており、指で掴んだ際にも滑りにくくなっています。
メーカーのロゴすら無いシンプルなデザインです。

装着感

現在発売されている競合モデルと比較してみます。

ソニーのWF-1000XとApple AirPods

Samsung Gear IconX 2018 のレビュー Samsung Gear IconX 2018 のレビュー

ONKYO W800BTとBose SoundSport Free

Samsung Gear IconX 2018 のレビュー Samsung Gear IconX 2018 のレビュー

そしてGear IconX 2018 !!
ダントツにスマートですよね。

各社派手なデザインで主張が強いですが、Gear IconXはスマート。 メーカーロゴやブランドロゴすらありません。

シンプルでいいです。格好いいのは重要です。

Samsung Gear IconX 2018 のレビュー

改良されたバッテリ容量

実は初代モデルの弱点は、バッテリー容量が47mAhと小さいことでした。
2018は約2倍の82mAhに増量、大容量バッテリーを搭載することで、単体での音楽再生時は7時間、スマートフォンとBluetoothで接続しても5時間という長時間駆動を可能にしています。

今までのモデルが1.5時間/3時間だったことを考えると、大幅に駆動時間が伸びていますね。といいますか、やっと実用レベルになりました。
本体のバッテリー容量が増量したことに伴い、充電ケースも315mAhから340mAhにバッテリーを増量。
外出時に本体を1回フル充電可能です。

バッテリ容量は増えたものの、本体サイズはやや小型化しています。前作はちょっと大きかったですからね。
なんでも人間工学に基づき再設計したとのことで、軽量化と合わせて従来よりも装着感が向上しています。

心拍計搭載

何とハウジング部にHRMセンサーを備えており、心拍数の計測が可能になっています。
ランニング結果や消費カロリーなどのフィットネス情報をトラッキングして記録できちゃおます。
ランニングしながら、心拍数を音声で確認することも可能。音楽再生中に心拍数を確認したい場合は、自動で音楽が止まって音声案内してくれます。

メモリーも内蔵

イヤホン本体に4GBのストレージメモリを内蔵しています。
なので、Bluetooth対応イヤフォンのようにスマートホン内の音楽を再生するだけでなく、最大1,000曲を記録してイヤホンのみで音楽再生が可能になってます。
対応オーディオフォーマットはMP3/AAC(M4A)/WAV/WMA 9。

ハウジングにタッチして、再生や一時停止、通話、ボリューム、メニュー読み上げなどの操作ができます。

しかも内蔵ストレージからの音楽再生時はバッテリーを節約すべく、ちょっとユニークな方法でステレオ再生を実現しています。
まずストレージは左右それぞれのイヤホンに用意されており、同じ曲を保存しています。そして再生時は左右のタイミングを同期させて、右側からは右の音を、左側からは左の音を再生。こ
うすることで、左右間のワイヤレス通信をオフにして消費電力を低減し、なおかつステレオで曲が聴ける仕組みになっています。

さらに、マイクは右側のイヤホンのみに搭載しますが、こちらを単体で使うことも可能。
その際は左右の音をミックスし、モノラルとして再生してくれます。
つまり両方を付けている状況と、片方しか付けていない状況で再生方法を変え、不自然な(右チャンネルの音しか再生されない)状態を防いでくれるのです。

肝心の音質は?

音は高音域、中音域、低音域共に突出したものがないバランス重視な設計です。硬いとか強いとかいった部分は感じられず、長時間の使用でも聴き疲れしにくいです。

標準レベル以上の音楽再生性能を備えていると言っていいと思います。

Galaxyデバイスとセットで使う場合はUHQアップスケーラー(通常品質の音源をハイレゾ相当の音質で楽しむことができる機能)は使用出来ませんが、音質を個々人向けにカスタマイズできる「Adapt Sound」を使用することが可能です。

外での使用も安心な。外音取り込み機能

インイヤー設計のイヤホンは脱落しにくさとともに遮音性ももたらします。
ただしこれは単純に音楽を楽しむ際には嬉しいポイントですが、運動時に使用する場合は周囲の音を遮ることが身の危険に繋がることも・・・。

そこで活用したいのが「周囲の音」を意図的に取り込む機能。
設定を有効にすると、イヤホン外で聞こえる音の内、主に高音域を中心に音が取り込まれます。

これで電車内のアナウンスや、後ろから接近する車の走行音などはかなり聞き取りやすくなります。

しかも機能のオン・オフ切り替えはイヤホンのタッチパネルへの操作だけで切り替えできるように設計されています
非常によく考えられております。

便利なタッチパッド機能

Samsung Gear IconX 2018 のレビュー左右のイヤホンはいずれもタッチパネルを搭載しています。

これで全6種類のジェスチャーで操作ができます。各ジェスチャーに割り当てる機能は変更できません。

基本操作は6種類と多いですが、慣れさえすれば便利に使えます。

慣れるまでは・・・

曲の再生やポーズ、曲送り・曲戻し・音量調整など直感的にわかるジェスチャーになっていることはよいですが、6種類というジェスチャーの種類は多いです。
使いこなすまでには慣れが必要です。

毎日の運動を楽しくしてくれえるコーチング機能

Gear IconX(2018)ならではのポイント、運動をサポートする「コーチング機能」が使えます。

使用前の設定はGear Managerアプリにて。またコーチング機能を使ったトレーニングの内容(運動データ)はS Healthアプリに保存されます。あらかじめ音声ガイダンスの内容、コーチングのペースを設定しておけば、コーチング機能はGear IconX(2018)のタッチパッド長押しだけで使い始められます。

コーチング機能を使い、行った運動の内容はトレーニング終了の操作でS Healthに記録されます。S Healthの画面ではトレーニング時間や移動距離、時間別の速度などを確認できます。

まとめ

普段使っているスマホがAndroid機なのが前提。
音質のよい音響機器を最優先に考えた場合、候補に上がるかどうかは微妙ですが、運動時に“楽しく”使えるフルワイヤレスイヤホンがほしいのであればGear IconX(2018)を優先して検討する価値は十分アリ!といえる内容ですよ。

Samsung Gear IconX 2018 のレビュー

 

 

 

 

 

【ポイント10倍】Samsung Galaxy Gear IconX (2018)「ブラック」コードレス Bluetooth イヤホン SM-R140NZKAXJPカナル型、左右分離≪あす楽対応≫

価格:26,870円
(2018/10/21 18:52時点)
感想(2件)

【ポイント10倍】Samsung Galaxy Gear IconX (2018)「ピンク」コードレス Bluetooth イヤホン SM-R140NZIAXJPカナル型、左右分離≪あす楽対応≫

価格:26,870円
(2018/10/21 18:52時点)
感想(0件)

【ポイント10倍】Samsung Galaxy Gear IconX (2018)「グレー」コードレス Bluetooth イヤホン SM-R140NZAAXJPカナル型、左右分離≪あす楽対応≫

価格:26,870円
(2018/10/21 18:53時点)
感想(0件)

 

Samsung Gear IconX (2018 Edition) Bluetoothイヤホン ブラック SM-R140NZKAXAR

新品価格
¥22,950から
(2018/10/21 18:53時点)

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー!お手頃の価格と使いやすいデザイン性

 

 

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Go」。実機を簡易レビュー!10点タッチ式の大画面液晶・着脱可能な3010mAh大容量電池・「美人」自撮りカメラなど魅力満載

主な仕様

ASUS ZenFone Goの主な仕様を同じASUSの2機種とともにまとめました。

ZenFoneシリーズの5.5インチのラインナップの中では一番軽量で、価格が安いです。本体カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色から選べます。

本体背面。音量ボタンがあります
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

上部に電源ボタンとイヤフォンジャック。
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

USB充電口は本体下部です
ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

正面。5.5インチと本体は大きめですが背面がカーブが掛かっていて手に馴染みやすい設計になってます。

 

動作は予想以上に軽快。ZenUI等もMax同様細部が詰められて使い勝手が向上した印象。

これはまだ初日なので確信があるわけでは無いのですが、Maxを使い始めた時と同じ印象を受けました。例えばバッテリー管理、省電力など。今回のGoも日本の4G/LTEに対応させる等々独自仕様になっていますが、UI部分も細かい部分が見直されているのではないか、と思います。

Maxでは設定項目の「スクリーンショット」が増え、スクリーンショット音のONとOFFの切り替えが出来ました。

今回のGoでは同様に「スクリーンショット」の項目はありますが、中に音のONとOFFの切り替えはありません。ただ、前回ZenBlogさんに教えて頂いたのですが、最近は音量を0にすれば勝手に音もなくなるそう。

今回も音量を0(バイブのみ)の状態にしておけばスクリーンショット音はしません。ということは、Maxで敢えてONとOFFを作ったのは、何だったのか少々気になるところではあります。

「ZenFone Go」の液晶は10点マルチタッチ式!

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

「ZenFone Go」の液晶画面はは10点マルチタッチ対応

次にAnTuTuベンチマークアプリのマルチタッチテストで液晶をテストしてみました。

すると、「ZenFone Go」では同時に10本の指を感知し、「10点マルチタッチ式」のタッチパネルを使用していることが分かりました。

アンダー2万円のスマホでは「5点」や「2点」などタッチパネルのコストを削減しているスマホも多いので、これは嬉しいポイントです。

「ZenFone Go」のベンチマークスコアは?

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー

AnTuTuベンチマークアプリによる「ZenFone Go」のスコア

最後に気になるのが「ZenFone Go」の端末性能。

性能を点数化する「AnTuTuベンチマークアプリ」でテストしたところ、結果は「19561点」とあまり芳しくはありませんでした。

ただ、実機の操作感はサクサクしていて悪くないので、LINEやネットをするくらいの使用目的であれば十分に使えるスマホだと思います。

 

バッテリー駆動時間のチェック

ZenFone Goのバッテリ―駆動時間をチェックしました。

なお、バッテリー容量は約3010mAh(メーカー公表値)です。

「バッテリーHD」によるバッテリー駆動時間の目安は次の通りでした。駆動時間は普通です。

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
アプリ「バッテリーHD」による駆動時間の目安

 

100%充電後にスリープ状態で放置し、約20時間経過後のバッテリー残量は96%でした。スリープ時の消費電力はやや少なめです。

ASUS ZenFone Go(ZB551KL)レビュー
スリープ時のバッテリー消費をBattery Mixで計測

5.5インチの大きさに抵抗がなければ初めてのSIMフリーにピッタリかも

3Dのベンチマークスコアが結構低いのと液晶画質がHD止まりなのがが気になりました。大画面を活かせる場面と言ったらゲーム系や動画視聴なんかになると私は思うのですが。

とは言え普通に使う分には全く問題ありません。ネックになりそうなサイズ感も5.5インチの大画面スマホにしては持ちやすいです。カーブデザインが功を奏してるのかな。

LTEの対応周波数も守備範囲が広く、海外向けの周波数も多く対応してるので旅行とかで使うのに重宝しそう。もちろん国内も優秀。これで2万円台で買えるのであれば文句無し。

ZenfoneシリーズはSIMフリースマホの大本命と言われ続けていますが今回のZenfone Goもその期待を裏切らない出来です。機能的にも価格的にも初めてのSIMフリースマホとしてオススメできます。

 

 

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ホワイト ZB551KL-WH16

新品価格
¥14,500から
(2018/10/21 18:57時点)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go レッド ZB551KL-RD16

中古価格
¥11,300から
(2018/10/21 18:57時点)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ピンク ZB551KL-PK16

新品価格
¥16,980から
(2018/10/21 18:58時点)

DJIのドローンPhantom4 Pro【レビュー】初心者こそ高級ドローンを!!

Proは元のPhantom 4とほぼ同じです。

他の傑出した改良はProのカメラです。Proは、1インチのイメージセンサーを搭載した全く新しいハードウェアを使用しています。これは、オリジナルのファントム4で使用されているものの4倍です。さらに、カメラは最大60フレーム/秒で4Kビデオを撮影できます。最大20メガピクセルの静止画。DJIはアパーチャーコントロールとメカニカルシャッターを使いました。どのように見ても、P4の新しいカメラはこれまで以上に大きく、より良く、カスタマイズ可能です。

DJIはまた、Phantom 4 Pro Plusと呼ばれるさらにデラックスなオプションのバージョンを追加しました。これはまったく同じドローンですが、コントローラにはタッチスクリーンディスプレイが内蔵されています。300ドルの追加料金がかかりますが、ケーブルを使って携帯電話をコントローラに接続したり、スマートフォンのバッテリー寿命を心配したり、到着したテキストメッセージや通話によって飛行機が突然中断することはありません。

品質とデザインを構築する

P4 Proは、設計品質とビルド品質の両面で、元のP4とほぼ同じです。新しいセンサーが配置されている場合のわずかな違いを除けば、前身と同じ船体形状を保持します。このように、P4と同じくらい強くて丈夫で、最も魅力的なドローンの中にあります。

DJIは、同じフォームファクタを維持しながら、非常に多くの新機能を備えた無人機を装備することができたことは印象的です。追加のセンサーは無人機の脚に押し込まれ、赤外線センサーと光学センサーは無人機の左右に取り付けられています。元のP4で見つかったカメラよりも大幅に優れたカメラでさえ、これまでよりも少し大きめです。DJIのドローンに精通していない限り、P4とP4 ProはPhantomの数々の機能拡張にもかかわらず、まったく同じです。

P4 Proの唯一の欠点は、残念ながらPhantomのラインはまだDJIのMavic Proと同じくらいポータブルではないということです。腕と小道具は折りたたむように設計されておらず、着陸装置は後退も倒れもできません。それは携帯性を念頭に置いて設計されていません – 必要が生じた場合にはバックパックの中に詰め込まれるのに十分な大きさですが、

バッテリ寿命と充電時間

最適条件の下では、DJIはPhantom 4 Proが最大30分間空気中にとどまることができると言いますが、現実の状況は必ずしも最適ではありません。

これらの主張をテストに組み込むために、P4 Proを通常の一連の耐久テストで実行しました。まず、ホバーテストを行いました。バッテリーの寿命が「非常に低くなる」まで無人機を動かし、無人機が自動的に着陸します。私たちのホバーテストは、DJIが30分の飛行時間を主張していたからあまり離れていない28分8秒間続きました。

次に、P4 Proがさらに厳しい条件でどれくらいの期間続くかを知るために、私たちが行った1回おきの飛行試験からの飛行時間を記録し、すべてを平均化しました。Phantom 4 Proは、バッテリ充電率100%から緊急低バッテリ自動着陸に至るまでの10種類のフライトを平均して、平均26分50秒の飛行時間を達成しました。

30分の放送時間を期待するべきではありませんが、耐久性は優れています。ホバリングテストではDJI Mavic Proが23分19秒、Yuneec Typhoon H  が23分20秒続いた。より小さく、手頃な価格のシンプルな無人機は、これらのどれよりもずっと少なくなります。ホバーカメラパスポートは、例えば、10分未満続きました。

バッテリーの充電時間については、ほぼ空のバッテリー(残りの約10%)が約1.5時間でジュースが100%になることがわかりました。しかし、ほとんどの場合、電池残量が極端に少なくなる前に着陸する必要がありますので、ほとんどの充電は約1時間15分かかります。それは約27分の放送時間を提供するセルにとって悪くない。Yuneec台風Hは、タンクを埋めるのに2時間以上が必要でした。

フライトパフォーマンス

ファントム4の飛行性能はこの新しいバージョンでは変更されていません。P4 Proは、スピードや敏捷性などについては、元のP4とほぼ同じ飛行スペックを誇っています。幸いなことに、P4はまだ販売されている最も軽快なクワッド・ブレード・ドローンの1つであるため、これはあまり控えめなものではありません。

スピードと敏捷性はP4 Proでは基本的に変わりません。P4とP4 Proはいずれも45マイル/時(72kph)でトップに立っています。市場で最も速い無人機ではありませんが(55mphでも60mphでも可)、ほとんどの用途には十分速いです。

しかし、その前身とは違って、P4は完全な多方向の障害物回避で最大31mphまで飛行することができます。それは重要です。高速操縦は障害物回避が最も必要なときです。この新しいモデルは、穏やかなスピードで飛行することができ、同時にそれを覆い隠すこともできます。

自律

P4 Proの最大の改善点のいくつかは、DJIの新しいオートパイロット機能に関連しています。DJIは、元のP4からの「標準」自律飛行モードのほとんどを移植するだけでなく、最近リリースされたMavicのProの機能のいくつかを借用し、以前には見たことのないいくつかの追加機能も追加しました。

P4 Proを設定してPoint of Interestモードで軌道を回るように設定したり、ウェイポイントであらかじめ設定された経路に沿ってフライトを繰り返したり、Follow Meモードで動きを追跡したり、コースロックやホームでジョイスティックコントロールに反応する方法を調整することもできますロック。これらのモードはPhantom 4に含まれていますが、Proバージョンには、地形追従、三脚モード、新しいアクティブトラック能力の範囲など、袖の上に新しいトリックがあります。

クラッシュプルーフではありませんが、近いです。

以前はMavic Proでのみ利用可能だったTerrain Followでは、ドローンは地面から一定の距離を維持するためにDownward Vision Systemを使用しました。これは標高の異なる地形の撮影には最適です。

静的なショットの場合、Proの新しい三脚モードでは、宇宙でのポイントを選択し、宇宙飛行の三脚のような宇宙飛行中に無人機をその位置にロックされた状態に保つことができます。このモードでは、ジョイスティックのコントロールが弱められ、パン/ヨーイングの動きが劇的でなくなり、ドローンはGPSとセンサーの組み合わせを使用してドリフトなしにその位置を保持します。

DJIはまた、Active Trackシステムにいくつかのアップデートを追加しました。例えば、ポートレートモードでは、無人機が水平に飛行してペースに合っている間に、被写体を追跡することができます。一方、スポットライトは、被写体にロックすることができますが、無人機を周りのどの方向にでも飛行させることができます。360度のモードでも、あなたが選択したどのような被写体でも、その被写体がどこに移動するかにかかわらず、旋回します。

DJIファントム4プロ+
Bill Roberson /デジタルトレンド

もちろん、新しい全方向性の感覚・回避システムがあります。新しいセンサーを使用して、P4 Proは周囲の環境を絶えずスキャンし、障害物に近づけすぎると警告したり、自律的に回避したりします。最も重要な点は、この機能をオンまたはオフにすることができることです。必要なときにこの機能をオンにすることができますが、ワイルドサイドを歩き回り、何かに近づきたいときには入りません。

しかし、私たちのお気に入りの機能は、DJIの新しい動的帰宅機能です。ファンタムの過去の世代では、「帰宅」ボタンを押すと、無人機が所定の高さまで飛行し、その後、飛行機が離陸した場所に向かって直進します。神は途中に何か障害物がないことを禁じました。もしあれば、無人機は盲目の鳥のように彼らに襲い掛かります。

新しいP4 Proでホームに戻るボタンを使用すると、ドローンは基本的にそのステップをリトレースし、どこにいるかと同じパスに沿って「逆転」しようとします。途中に現れる可能性のある障害を動的に回避し、もちろん。クラッシュプルーフではありませんが、近いです。

範囲

範囲も元のP4よりかなり良いです。Mavic Proと同様に、P4 Proには、DJIの新しいOcuSyncビデオ伝送技術が搭載されています。これは無人機の最大範囲を広げ、カメラから最大4.3マイル離れたところからのライブHDビデオフィードを提供します。しかし、それは最も最適な条件でのみ可能です。

おそらく$ 1,500を費やす最良の方法です。

私たちは、ビデオフィードのジッタのようなものではなく、いくつかの異なる機会に1マイルマークにしました。しかし、伝送距離は、飛行している環境によって大きく異なります。干渉が多い場合、フィード半マイルマークの前またはそれ以前に切り取ることができます。それはあなたが飛行している場所によって異なりますが、時折フィードカットアウトがあっても、無人機で見たことのある最高の範囲をまだ誇っています。

私たちが試したほとんどの競合他社は在庫の構成でマイルを3/4マイルにすることはほとんどできません。多くの場合、P4 Proができる範囲に達するためにアフターマーケットのエクステンダーが必要です。

静音性能

今回のレビューで筆者が最もこだわったポイントは、P4Pと比較して、P4P V2.0 は一体どれだけの静音性能を発揮するのだろうか?という点である。

『最大60%のノイズ低減』とは、一体どれだけの効果がある事なのだろうか?この答えを得るだけのために、高性能の録音機で音を収録してみた。比較するための動画を作成してみたので、まずはコチラを確認してもらいたい。

 

どうだっただろうか? 動作音の収録に際しては、① 距離10m 高さ4m、② 距離30m 高さ30m の②パターンで比較してみた。多少風斬りノイズが入ったことはご容赦頂きたい。

 

実際に生音を耳で聞いていた自分の体験としては、ある程度違いがあるという印象を持った。

この変化を生んでいる違いが、一体どこにあるのか? 1つ目は、ESCモジュールが新しくなったという点、これによりモーター部分に対して、より効率的に制御ができるようになったという事だろう。そして2つ目は、見た目でもわかる変更点として、プロペラ部の形状の変更がある。明らかに広くなり、また先端部分も後方に向かって出っ張っている。

今回のP4P V2.0のESC及びプロペラの変更は、MAVIC Pro Platinum における改善と同様の改善点になっているのだが、この2点の変更によって得られている効果は、実は近距離における “音の性質の違い” というよりも、中〜遠距離における違いの方が顕著に現れているように感じる。

 

P4Pはかなり遠くに離れていても音が聞こえてくるという事を、何度も飛ばした事がある経験から感じていたのだが、P4PV2.0を試してみた結果、中距離から離れてしまうと急に音が聞こえなくなってくるという印象を受けた。

これは、空撮をしているときに周囲に与える印象として、とても重要なポイントだと筆者は考えている。相当距離が離れているドローンから、プロペラ音が聞こえてくる状況と、プロペラ音が聞こえてこない状況、心理的圧迫感や緊張感を考えると、聞こえてこない方が空撮しやすく、不要な緊張を発生させない。そういった意味で、空撮の現場におけるプロペラ音が気になったことがある、というユーザーとしては “買い” だと言えるだろう。

カメラとアクセサリー

P4の代わりにP4 Proを購入する理由があれば、それはカメラです。DJIはプロの画像キャプチャシステムに真剣に取り組んでいます。その結果、クワッドで見たことのある最高のカメラの1つです。

最大の改善点は、カメラのセンサーのサイズです。Proは、1インチのCMOSセンサーを搭載しています。これは、ほとんどのドローン(Phantom 3シリーズとPhantom 4を含む)、フラッグシップ・スマートフォン、ポイント・アンド・ポイントの4分の1の標準的な1 / 2.3インチクラスのサイズの約4倍です – シュートカメラ。この余分な表面積により、より詳細な画像をキャプチャし、より高いISOで画像/ビデオ品質を維持することができます。

より大きなセンサーに加えて、DJIはProにメカニカルシャッターと絞り制御を装備しました。言い換えれば、あなたはf / 2.8で常にぶら下げられているわけではありません(f / 11まで行くことができます)、恐ろしい「ローリングシャッター効果」があなたの画像をねじ込むことを心配する必要はありません。

ビデオを撮影する場合は、P4 Proはいくつかのオプションを提供します。24時間、25時間、30フレーム/秒の映画4K DCI、24,25,30、または60フレーム/秒の4K UHDで撮影できます。それがあなたの眼球(またはSDカード)が扱うにはあまりにも多い場合は、2.7K、1080p、および720pにスケールダウンすることができます。後者は毎秒120フレームでキャプチャし、低速の映像を作成するために使用します。

Phantom 4 Pro Plus(300ドル追加)のために春になると、DJIは内蔵のタッチスクリーンディスプレイを搭載したコントローラを投入します。これはちょっとしたことだが、余分な傷は、ケーブルでコントローラを電話機に接続する必要がないことを意味する。これは、DJIが作るほぼすべての無人機に必要なものだ。

DJIファントム4プロ+
Bill Roberson /デジタルトレンド

300ドルの価値があるかどうかはわかりませんが、スマートフォンのバッテリー寿命を気にせずに飛行することや、着信したテキストメッセージや通話によって飛行機が突然中断されてしまうことはかなりうれしいです。

しかし、DJIは数年前にこのオプションを含めるべきだったと思うし、少なくともこれを$ 1,500バンドルに投げ入れるべきだと思う。Yuneecは、追加料金なしでタッチスクリーンのTyphoon Hコントローラーを提供しています。これは、DJIからそれを余計に支払うことになります。

私たちのテイク

疑いもなく、DJIのPhantom 4 Proは今日の最高のドローンの1つです。無指向性の障害物回避を備えた唯一の無人機で、カメラはこのクラスの他の無人機よりも優れています。最終的にはそれは見えなくなりますが、これまでにテストした最高のハイエンド民生用無人機です。

より良い選択肢がありますか?

この価格帯では、あなたがドローンの市場にいて、1,500ドルが予算内であれば、お金を使う良い方法はありません。

DTアクセサリーパック

P4 Proに最も近いライバルはおそらくDJI Mavic Pro、または新しいMavic Airです。どちらも小さく、はるかにポータブルで、同じ飛行モードと機能の多くを誇っています – もちろん、全方位の障害物回避、1インチのイメージセンサー付きカメラはありません。さらに、それぞれ$ 999と$ 799で、Mavic AirとMavic Proもかなり安いので、もう少し手頃な価格だが高い性能を求めているなら、Mavicに行くのが賢明だろう。

あなたが移植性についてあまり気にしないのであれば、YuneecのTyphoon Hもまた価値のある候補です。さらに手頃な999ドルです。これは、同じ機能の多くを誇っており、完全に360度旋回する4Kカメラを持っています。これは、デュアルパイロット機能と共に、まともな候補になります。しかし、台風Hのカメラは進歩していないので、バッテリーはかなり長く続くことはなく、充電に時間がかかります。

それはどれくらい持続するでしょうか?

おそらく数年以上。DJIは常に製品のほとんどをアップデートしているので、P4 Proの違いはまったく分かりません。ファームウェアのアップデートは定期的に行われ、DJIにはすでにアップグレード、アタッチメント、アクセサリが用意されています。だから、あなたがそれを湖に飛ばさないと仮定すると、P4 Proはかなりの時間あなたを存続させるはずです。

あなたはそれを買うべきですか?

はい。これは間違いなく$ 1,500を使う最良の方法の1つです。

【DJI公式】Phantom 4 Pro V2.0 ドローン ファントム4プロ V2.0【送料無料】

価格:204,000円
(2018/10/21 19:02時点)
感想(0件)

【国内正規品】DJI ドローン PHANTOM 4 PRO 2000万画素1インチセンサー 5方向障害物検知 CP.PT.000492

新品価格
¥186,819から
(2018/10/21 19:03時点)

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。お手軽なボイスレコーダー

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

今回は久々にガジェット関係のエントリーになります。 ソニー ICレコーダー ICD-UX543Fを購入したのでレビューをお届けします。

 

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

電源を入れて、日時設定をします。

あまり気にしていませんでしたが、黒バックに白地の有機ELディスプレイが搭載されているので、結構見やすいですね。

設定が終わって録音ボタンを押したところ。

 

録音設定に関しては、自動で状況にあったマイク感度を判断するおまかせボイスのほか、「会議」モードなど、個別に録音ビットレート、シーンの選択が可能です。
また、カスタマイズした設定をMyシーンとして保存することも可能です。

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

※録音形式/ビットレートはMP3のほか、リニアPCM録音も選択可能です。
以前のICレコーダーにはなかった機能なので、これは嬉しいですね。

SONY ICレコーダー「ICD-UX543F 」レビュー。

肝心の音質は?

しばらく会議の収録や、環境音の収録等に使用してみましたが、ステレオマイクの恩恵および、高音質録音技術の採用で、音質は申し分ないレベルですね。

臨場感のある音声収録ができ、指向性も比較的高いです。

 

 

 

1つ目は消去ボタンです。
533には本体の右側面に消去ボタンがあるので
必要のないファイルはボタン1発で消すことができます。

 

ところが543にはこの消去ボタンがありません。
消去するにはオプションボタンを1回押し
表示されるメニューの中から1ファイル消去を選びます。

 

つまりボタンを押す回数が2回余計なんですね。
これが個人的には非常に面倒に感じてしまいます。

 

例えば私はカラオケに行く時には必ずICD-533F持って行き
自分の歌声を録音して聴くようにしています。

 

1曲歌い終わるとをその場ですぐに録音した歌を聞くんですが
いちど聴いたらそのファイルはその場ですぐ削除してしまいます。

 

その時,消去ボタンがある533はすぐにファイルの削除ができました。
ところが543はメニュー画面を出さないといけないのですごく面倒に感じました。

 

もう1つはデジタルピッチコントロール(DPC)操作です。
533の側面にはDPCのオンオフスイッチが付いています。

 

なのでこれを常時オンにしておけば正面のボタンで
すぐにスピードコントロールできます。

 

ところが543ではこれができません。
一度DPCボタンを押してからでないとスピード調整が
できなくなっています。

 

先程のファイル消去の時と同じように
ここでもボタンを押す回数が余計にかかってしまうのです。

 

私は英語のリスニングでDPCをよく使うので
こ手間が非常に面倒に感じてしまいます。

 

もう1つは録音フォルダの指定です。
533では今使っているフォルダがそのまま録音フォルダになりますが
543では設定画面で録音フォルダを指定するようになっています。

 

533は正面にあるフォルダボタンで
この録音フォルダをすぐに切り替えることができますが
543ではそうはいきません。これも余計にボタン押す作業が必要です。

 

個人的には543にもDPCのオンオフスイッチと
フォルダ切り替えボタンを配置してほしかったです。

 

それともう一つ最後に。
543はパソコンのUSB端子に挿入したときに
認識しないことがたびたびあります。

 

毎回ではありませんが数回に1回は認識しません。
これもまた非常にイライラします。

SONY ステレオICレコーダー FMチューナー付 4GB シルバー ICD-UX543F/S

価格:19,824円
(2018/10/21 19:04時点)
感想(0件)

ソニー SONY ステレオICレコーダー ICD-UX560F : 4GB リニアPCM録音対応 ブラック ICD-UX560F B

新品価格
¥10,498から
(2018/10/21 19:05時点)

音楽好き必見!『marshall london』スマホ!!

 

marshall london
ギターアンプの老舗Marshall が、AndroidスマートフォンLONDONを発表しました。Marshall HeadphonesブランドでBluetoothスピーカーやヘッドフォンを展開するZound Industriesが、「音楽のためのスマホ」として開発した製品です。Marshallといえばロックンロール。スマホ市場進出は意外ですが、LONDONはデュアルスピーカーやステレオマイク、2つのヘッドフォンポートなど、音楽ファンにはたまらないこだわりの設計が特徴です。

モバイルマーケットでコピーキャットにぶつかるのが普通の人は、Marshall Londonがすごく爽やかであると感じるでしょう。この電話は、マーシャルが最初から作り出したものであり、間違いなく同社の象徴的な外観の多くを占めています。初心者向けには、ロゴは4.7型ディスプレイの真下にあり、前面に向いた2つのスピーカーの上にあります。また、電話の前面全体を輪郭を描くユニークな白線もあります。

marshall london

側面に移動することで、ゴム引きした素材を感じることができます。マーシャルは、アンプやスピーカーでの使用が有名です。あなたの中には、非金属材料が好きではない人もいるかもしれませんが、私はこれが電話機の大きなグリップを提供すると言います。右側には、身体の上部の電源ボタンがあり、そのすぐ下にボリュームローラー(はい、ローラー)があります。このアナログスタイルコントロールは、さらに機能させるために押しても可能です。
marshall london

私たちはマーシャル・ロンドンについての魅惑的な部分を見ているのが最上位です。これには2つのオーディオジャックがあり、リスニングとレコーディングの両方に使用できます。同社の公式音楽アプリを起動するために使用できる円​​形のマーシャルボタンもあります。
marshall london

後ろに移動するにつれて、そのゴム材料の多くを見つけることができます。しかし興味深いのは、この業界が進化するにつれて死ぬほどの品種になっている、ここには取り外し可能なバックが実際にあるということです。バッキングの下には、取り外し可能なバッテリーとともに、microSDカードスロットとnanoSIMカードトレイがあります。しかし、これを入手して、バッテリーは文字通り “Long Live Rock&Roll”を書いています。あなたが私に尋ねるならば、すごく凄い!
marshall london

全体として、このデバイスがどのようにユニークに設計されているかを本当に楽しんだと言わざるを得ない。マーシャルは、象徴的なデザインをスマートフォンの世界に翻訳するうえで素晴らしい仕事をしています。そして、4.7インチのディスプレイのおかげで、現代のものと同じくらい扱いがよくなります。

私は取り外し可能な裏表紙は私が望むより少し薄いですと言わなければならない。簡単に壊れたり、ラッチが壊れて使用できなくなったりする可能性があるようだ。しかし、ボリュームダイヤルのようなスマートなタッチは、マーシャルが本当にこの電話機にスタンプを入れたかったことを明確にしています。そして、彼らはそうしました。

表示

上記のように、この携帯電話には4.7インチの便利なディスプレイが付いていますが、それ以外には何がわかりますか?さて、それはより現実味のある色を与えるIPSパネルを持っていますが、ここで悲しい部分は、それが720pの解像度をスポーツしているということです。これは間違いなく、電話のミッドレンジ仕様の最初の兆候です。つまり、これは本当に悪い表示ではありません。私たちはこの携帯電話が旗艦競技者として意図されていないことを心に留めておきたいと思います。それはそれ自身の領域に住んでいます。
marshall london

明るさが最も高く設定されている場合は、すべてのものの上に目立つ暖かい色合いがあることを明らかにして、白い部分をより鮮やかに見せることができます。ちなみに、この明るさは、昼間の電話機の読み取りを可能にしますが、過去に見た他のIPSディスプレイでは確かに上にはありません。

テキストやその他の鮮明なコンテンツを読むときは、解像度が低くなります。720pは恐ろしいことではありませんが、今は時代遅れです。

パフォーマンス

私たちがパフォーマンスに移行する中、中〜低範囲のトレンドは続いています。Adreno 306 GPUと2 GB RAMを搭載したMarshall LondonにSnapdragon 410が搭載されています。ご想像のとおり、この処理パッケージはプレミアムとはみなされず、コンポーネントは確実にパフォーマンスに反映されます。
marshall london

私たちは時々、一般的なUIを通過することもありますが、電話はほとんど問題なくほとんどの簡単なタスクを実行できます。結局のところ、それはより高い解像度のディスプレイと他のリソース重いコンポーネントによって引っ張られていません。あなたは本当に高需要のタスクが運ぶ重量に気づくことができます。例えば、ゲームの読み込み時間が長くなったり、定期的なクラッシュが発生したりしました。

通常の仕事ではうまくいきましたが、アプリを開いたり、他の簡単な仕事をする余分な時間に慣れる必要がありました。ロンドンのMarshallがこれまで進めてきたのは、近々のAndroid搭載の経験です。Marshallは、GoogleのOSを異ならせるためにあまりにも頑張っていませんでした。これは、電話を賢明に保つのに役立つかもしれません。

この電話機の中から下位層のパフォーマンスを得ることを覚えておいてください。それは本当に重要な部分です。

marshall london

ハードウェア

ここでの主な焦点はもちろん、オーディオですが、少しはそれに着きます。最初に、その取り外し可能な背もたれとそれの下にあるものについてもっと話しましょう。そのmicroSDカードスロットは内部16ギガバイトをかなり拡張することができます。つまり、この携帯電話に豊かな高品質のオーディオファイルを収めることができます。

バッテリーは2500 mAh単位です。ローエンドの仕様を検討するときは間違いありません。そのバッテリーは実際にはかなりうまく動作します。私の最高の1日のうちの1つは、14時間と約4時間のスクリーンオン時間でした。あなたの意志でバッテリーを交換する能力とあなたが勝者を持っているそのバッテリー性能をカップル。

NFCは欠落していますが、これは間違いなく間違いですが、私たちの多くはそれなしで暮らすことができます。また、この電話機は必ずしもアメリカ向けに作られているわけではないことに注意してください。つまり、米国に輸入(またはリリース)されたときにGSMおよびHSPA +ネットワークでのみ動作します。
marshall london

これでオーディオについて話すことができます。あなたが気づく最初のもの、つまりフロントフェイスのスピーカーから始めましょう。これらは素晴らしいです!Marshallは、そのデバイスにステレオサウンドを提供するだけでなく、ゲーム中やヘッドフォンを使用したり、友人とビデオを共有したりする必要がない非常にフルボディのオーディオを提供しました。

しかし、あなたは完全なオーディオ体験をしたいときは、上に2つのオーディオジャックがあります。これにより、ユーザーは両方のジャックへの完全な接続性を提供する組み込みのCirrus Logicサウンドカードを使用して、音楽を共有することができます。これは両方のユーザーのための完全なセットアップです。電話機は両方の出力に完全なオーディオ品質を提供し、各自が独自の音量コントロールを備えています。
marshall london

この携帯電話の大きな部分は、それがあなたの好みに音を成形することができるということです。イコライザーのコントロールは、ローエンド・ベースまたはハイエンド・ピークを必要とするかどうかにかかわらず、あなたの曲を非常に劇的に変えることができます。オーディオエクスペリエンスはここで非常に堅牢です…確かに会社が独自に作成した歴史に沿っています。専門家はそれを爆発させるだけでなく、カジュアルなオーディオ愛好家も魅了するでしょう。

カメラ

あなたはこの電話機から素晴らしいカメラを期待しているのではないでしょうか?あなたがいれば、失望が待っている。マーシャル・ロンドンは8MPのリアカメラと2MPのフロント・カメラを搭載していますが、仕事を終えることはできますが、余分な距離を取ることは間違いありません。
marshall london

Googleカメラアプリを使用しているため、これに伴うすべてのものにアクセスできます。レンズブラー、Photo Sphere、HDRなどの機能を搭載しています。しかし、カメラはまだ少し遅く、実績のないものですが、実際の写真にはっきりと示されています。これらは洗い流される傾向があり、詳細やシャープネスが十分に示されていません。色再現は実際にはかなり良いですが、全体的に私たちはこのレビューからカメラの良い印象で歩き回っていませんでした。

私はこれがソーシャルメディアの写真を撮る人のための最小限のカメラだと言います。仕事は終わってしまいますが、それ以上の成果はありません

ソフトウェア

Marshallは多くのユーザーにAndroidの大半のバージョンをお届けします。同社は、ソフトウェアのコアを変更するのではなく、その経験を向上させるために特定のアプリケーションを作成することを選択しました。しかし、ユニークなパワーアップアニメーションや通知用の非常に素晴らしいギターリフのようないくつかの追加があります。Lollipopは、典型的なホームスクリーン、アプリの引き出し、通知のプルダウンメニューに[クイック設定]パネルを表示します。

マーシャルのユニークなアプリケーションには、オーディオアプリ(イコライザーとサウンド設定)があり、Google PlayミュージックSpotifyなどの他のサービスにもアクセスできます。このアプリは初めにちょっとしたものでしたが、最近のアップデートではすべての問題が修正されているようです。ユーザーは音楽を作成するためのループスタックにアクセスすることもできますし、経験豊富なミュージシャンにとっても本格的なDJアプリケーションがあります。私は個人的にロカビリー・ブラザーズと呼ばれる小さなゲームを愛していました。そこでは、バンドと彼らが演奏する会場を管理することができます。

結局のところ、私はAndroidを可能な限り純粋に保つためのMarshallの試みのファンです。彼らは目立つことなく、自分のタッチで追加できる大きなバランスを見つけました。
marshall london

ギャラリー

価格と結論

英国とヨーロッパの市場でマーシャル・ロンドンを取得し、少なくとも499ドルの価格に換算することができます。これは、米国の場合、電話の予測価格となります。これは高価なビットですが、一部のオーディオ愛好家は、このようなデバイスは貴重だと思うかもしれません。いつものように、それはあなたが探しているものに依存します。

マーシャルはスマートフォンの世界に潜入してリスクを冒していました。特に飽和市場ではそうでしたが、これもまた効果的です。1つは、中規模のスマートフォンを作るコストが下がったため、より多くの企業が特定の部門を専門にすることができます。マーシャルにとって、オーディオは明らかに焦点であり、ロンドンでは間違いなくそのことが示されています。

marshall london

あなたの曲を友人と共有することは一つのことですが、イコライザー、録音、音楽作成などのアプリを使って経験を積み重ねる限り、Marshall Londonはオーディオファンにとってベンチマークとなります。

それは、カジュアルなスマートフォンユーザーが優れたサウンドで生きるにはあまりにも多くのコーナーをカットしなければならないということです。それがここでの主な問題です。マーシャルは一般的な電話機を使い、その名前を付けました。クールなアプリと良いデザインは、この電話をターゲットニッチ以外の人々の手に渡すには十分ではありません。特にその価格を考えるとき。

私たちは確かにマーシャルがここでやったことを愛していますが、Androidの忠実な人にとって本当に重要な側面についてフォローアップが改善されることを期待しています。