スポンサードリンク

スポンサーリンク




OPPOがReno 2シリーズ3機種をインドで発売・発表!!3機種共通で背面4カメラ搭載になりカメラ性能スペックが上がる。

中国OPPOはインド市場向けに、新型スマートフォン「Reno 2」シリーズを発表しました。4カメラと5倍ハイブリッドズームが特徴の、ミッドレンジ市場向け端末です。

Reno 2シリーズではReno 2、Reno 2Z、Reno 2Fの3機種がラインナップされており、フラッグシップ機はReno 2となります。Reno 2は6.55インチ/フルHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載し、画面内認証機能が利用可能です。

参考記事:

最大の特徴となる背面のクアッドカメラは、4800万画素のメイン+800万画素超広角+1300万画素望遠+200万画素深度センサーという組み合わせ。望遠に関しては5倍のハイブリッドズームと20倍のデジタルズームが利用可能です。また、フロントカメラは1600万画素となっています。

その他のスペックとしては、プロセッサがクアルコムのSnapdragon 730GでRAMが8GB、内蔵ストレージが256GB。バッテリー容量は4000mAhとなっており、高速充電機能のVOOC 3.0が利用可能です。

また、下位機種となるReno 2Zと2Fはディスプレイサイズがわずかに小型化し、プロセッサなどをランクダウンしたモデル。プロセッサに関しては、2ZはMediaTekのHelio P90を、2FはHelio P70を搭載します。

Reno 2のインドでの価格は3万6990ルピー(約5万5000円)で、9月20日より販売が開始されます。日本でも発売されている「Reno 10x Zoom」の10倍ハイブリッドズームに続き、Reno 2ではより気軽な価格帯で、さらに高倍率なズーム機能を楽しめる端末となっています。