Master & Dynamic MW07レビュー!!

完全ワイヤレスイヤホンで、ちょっと新しい方向性を見せる

比較的新しいメーカーのMaster & Dynamicは、スタイリッシュでハイエンドなヘッドホンやスピーカーを数多くリリースしています。今回米GizmodoのAdam Clark Estes氏がレビューしたのは、M&D初の完全ワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)、「MW07

 

Master & Dynamic MW07のスペック

  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 通信:Bluetooth 4.2 – aptX 対応(通信距離20m)
  • ドライバ:10mmカスタムベリリウムドライバー
  • 重さ:イヤホン9g、充電機能付きケース76g
  • 駆動時間:3.5時間
  • イヤホン充電時間:1.5時間でフルチャージ(45分充電で1.5時間使用可能)
  • ケース充電時間:40分でフルチャージ(15分で40%まで充電)
  • マイク:MEMS全方位マイクロホン
  • 左右の通信が途切れにくい「NFMI」対応
  • 防水:IPX 4 防水対応

4万円近いイヤホンなので、当然ながらスペックは完全ワイヤレスの中でもトップクラス。

特徴

f:id:korekai:20181218005532j:plain

宝石のような美しさ

本体は美しいハンドメイド製のアセテートで作られ、ひとつひとつのニュアンスが異なります。類まれなクラフツマンシップがオリジナリティとラグジュアリー感を演出します。

Silicone “Fit Wings”

イヤーピースだけでは実現できない、特許申請中のFit Wingsは別次元の装着感を実現しており、抜群の安定性をお約束します。2サイズ付属でさまざまな耳の形状に快適にフィットします。

NFMIペリング技術

安定した接続性を誇るNFMIペリング技術を搭載し、 左右のイヤフォンの途切れにくさを実現しました。また、20mまで接続可能なBluetooth4.2でクイックペアリングテクノロジーも実現しています。

Stainless Steel Charging Case

コンパクトで携帯性に優れた充電ケースは手作業で研磨されたステンレスで作られており、計3回イヤフォンを充電可能です。

高品質なワイヤレスサウンド(AAC, Apt-Xを採用)

10mmカスタムベリリウムドライバーが搭載され、エレガントでリッチな広がりのあるサウンドを提供します。対応コーデックは高音質なAAC, Apt-Xを採用しています。

IPX4防滴規格

IPX4防滴仕様で、シーンを選ぶことなくラグジュアリーなモバイルライフをお楽しみいただけます。

徴はなんといっても「デザイン」でしょう!

 

装着感が抜群にいい!

音質については期待が大きかった分、割とボロクソに書いてしまいましたが、装着感の良さは神ってます…。

何時間付けても全くズレませんし、耳への圧迫感もなく自然な感じで付けていられます。

ぼくは今までイヤホンで付け心地に全く不満のない「しっくり来る」イヤホンに出会ったことがなかったのですが、MW07ははじめてしっくり来たイヤホンかもしれません。

イヤホンの重量自体も9gしかありませんから、MW07を付けてのランニングなども余裕でこなせるはずです。

それに、外で運動しながら使っているときは、いくら音質が良くても結局自分の足音周囲のノイズが入ってきますよね。

そう考えると、「めちゃくちゃオシャレなのに、付け心地も神ってるイヤホン」として買うなら、いいかもしれません。

いや…でもやっぱこれに4万は高すぎる…。

バッテリーライフが短い

公称値でも3.5時間しか持たないので、実際は恐らく3時間くらいしか持たないです。

使っていても、すぐ電池切れになるなぁという印象です。

付け心地が圧倒的に良く、何時間付けていても気にならないから余計にその印象が強いのかもしれませんがw