オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

未分類

Lenovo Yoga Book ZA0V0035US 折りたたみ式タブレット レビュー

投稿日:

Lenovo Yoga Bookは他のものとは違うデザインの競争から際立っています。キーボードは仮想のため薄く、タッチパネルを使用してメモを取ることもできます。

このAndroidデバイスは、10.1インチのスクリーン、2.4GHzのIntel Atom X5プロセッサ、4GBのRAM、Dolbyサウンドなどのハイエンド仕様を誇っています。Lenovo Yoga Book ZA0V0035USは使いやすいのか??レビューしていこうと思います。

スペック

ビルド&デザイン

洗練された工業用の外観、マグネシウム合金のケーシング、および屈曲するヒンジと共に、仮想の "Halo"キーボードは、回転させる仕組みになっています。

クラムシェルを閉じた状態では、このコンピュータは10.1 x 6.7 x 0.4インチなので、ほとんどのラップトップと比べて非常に小さく、多くの従来のタブレット、つまりクラムシェル以外のデバイスでもサイズに匹敵します。

レノボヨガブックレビュー

クラムシェルモードのLenovo Yoga Book

それは同等のディスプレイを備えたほとんどのタブレットよりも重さとしては思いですが、ラップトップの代替品として考えれば驚くほど軽く電子ブックリーダーとしても愛用できます。

屈曲するヒンジは非常に柔軟性があり、キーボードは360度回転して画面の裏に隠れるため、このデバイスを真のタブレットとして機能させることができます。多くのハイブリッド2イン・ワンはこれを行うことができますが、物理的なキーボードを備えていないため、このLenovoモデルではより効果的です。

このデバイスは、テントのように設定することも、キーボード/描画セクションを折り畳んでスクリーンを上に置くこともできます。どちらも動画を見るのに適しています。

ヒンジはスクリーンをしっかりと保持し、クラムシェルはバランスがとれているので、ディスプレイがほぼ180度傾いていても後ろに落ちません。ヨガブックは、ラップに入れたときに入力したり書き込んだりするのが簡単です。

表示

10.1インチ画面の解像度は1920 x 1200で、ピクセル密度は224 ppiです。これはかなり高価な競合他社よりもちょうど良いインチ当たりのピクセル数です。例えば、9.7インチのiPad Proは264ppiです。

ヨガブックの表示は素晴らしいように見え、鮮やかな色と広い視野角を提供し、フォントや画像のピクラレーションはありません。それは400ニットの明るさを提供するので、日陰で屋外で使用することは可能ですが、直射日光では正直見えづらいかもしれません。

レノボヨガブックレビュー

表示モードのLenovo Yoga Book

画面のベゼルは比較的巨大ですが、実際よりも小さく表示されます。

Lenovoのヨガブックレビューユニットをランダムに5本のペンで試しましたが、ディスプレイは安価なものには反応せず、高価な2本のペンで機能していました。

スクリーンにはWacom技術は含まれていないので、圧力に敏感ではありません。このタイプの機能は、すべて書き込み/描画領域に組み込まれています。

ポート、スピーカー、ボタン

ヨガブックにはmicroSDカードスロットがあるため、記憶容量を最大256GBまで増やすことができます。カードは、排出する針のようなものが必要なトレーに入れられているので、誤って出てくることはありません。逆を言えば手軽には抜き差しはできない構造です。

キーボード/描画エリアの両側にはスピーカーがあり、それはステレオエフェクトが機能するのに十分な分離です。さらに、LenovoはこのコンピュータにDolby Atmos技術を組み込み、音質を向上させました。テストでは、スピーカーは騒々しい環境で再生されるテレビ番組を聞くのに十分なほど大きいとか、3.5mmのヘッドセットポートがあることがわかりました。Bluetoothヘッドフォンもオプションです。

レノボヨガブックレビュー

Lenovo Yoga BookマイクロUSB、マイクロSD、マイクロHDMIポート、スピーカー

通常の電源ボタンと音量ロッカー、およびCreate Padのすぐ上にあるボタンで、Haloキーボードと描画エリアを切り替えることができます。他のすべてのボタンは画面上にあり、仮想画面上にあります。

レノボヨガブックレビュー

Lenovo Yoga Bookの電源ボタン、スピーカー、ボリュームロッカー、ヘッドセットポート。

ハローキーボード&トラックパッド

典型的なラップトップに不可欠な物理キーボードの代わりに、ヨガブックには、作成パッドと呼ばれる描画エリアのスペースを解放するためにオフにできる仮想キーボードが含まれています。これはヨガの中で最も革新的な機能ですが、欠点がないわけではありません。

キーエリアには標準レイアウトがあり、幅は9.5インチで、一般的なデスクトップキーボードよりもわずかに小さくなっています。ほとんどのキーは0.6インチです。四角形で、それらの間に約0.1インチのスペースがあります。

レノボヨガブックレビュー

ハローキーボードを備えたヨガブック

キーボードの上部には、メディアボリュームやバックライトの調整のための便利なコントロールを備えたファンクションキーの列だけでなく、アプリケーションランチャーのアプリメニューを開き、Wi-Fiを切り替えるボタンがあります。

Haloキーボードでの入力は、タッチスクリーンでの入力と非常によく似ています。これはタブレットユーザーにはおなじみの経験ですが、ラップトップのファンは、タッチタイピングはかなりの練習なしには非常に難しいことに注意してください。 "hunt and peck"はおそらく最も良いオプションです。もちろん、キーの移動はありませんが、キーが押されたときにデバイスが振動するように設定できます。これは、動きをいくらか改善してくれます。

ただなれるのにはかなりの時間を要さなくてはならないでしょう。

誤ったキーイングを伴うタブレット用の典型的なクリップオンキーボードを使用するよりもタイピングのプロセスが遅くなることを発見しました。つまり、速度と精度は時間とともに改善されました。

仮想キーボードの下には仮想トラックパッドがあるため、ラップトップに慣れている人はラップトップモードでタッチスクリーンを使用する必要がありません。マウスやトラックパッドのサポートはAndroidに組み込まれており、これらはシステム全体で使用できます。トラックパッドの感度は、[設定]で調整できます。

パッド&リアルペンの使用感

多くのタブレットでは、圧力に敏感なアクティブなペンを使用することができます。これらのペンで図面やメモを簡単に作成できます。ヨガのタブレットには、これらのいずれかが付属していますが、ディスプレイ上で使用するようには設計されていません。

仮想キーボードを隠すと、手書きや描画のための9.5 x 6.2インチのスペースが解放されます。これはワコム技術を使用し、2,048レベルの圧力と100度の角度検出をサポートします。私たちのスタッフの誰もがアーティストではありませんが、Create PadとReal Penのテストでは、ノートを取ったり引っ張ったりするのに非常に便利だとわかりました。

ヨガブックに付属のペンは、ゴム製の先端とインクカートリッジを含むペンの間で少しの労力で切り替えることができます。ペーパーチップとデジタルバージョンの両方のノートを作成するのに使うことができるので、インクチップはメモ帳には理想的ですが、ラバーチップはペインティングに最適です。Lenovoには、図面領域の所定の位置に保持するように設計された磁石内蔵の紙のパッドが含まれています。つまり、ラバーチップは簡単にデジタルメモを取ることができ、ユーザーはCreate Padに直接書き込むことができます。

レノボ・ヨガ・ブック

レノボ・ヨガ・ブックとワコム・リアルペン

ヨガブックのディスプレイにはWacom techは含まれていないため、ゴムの先端を画面上で使用することはできません。これはややイライラする可能性があります。しかし、インクペンチップをディスプレイに使用することができる。リアルパッドのようなワコムスタイラスだけが、パッドの描画エリアで使用できます。

インクチップの主な欠点は、カートリッジに短いカートリッジが含まれていることです。そのため、インクが多量に使用されることがあります。Lenovoには複数の交換用カートリッジが付属していますが、これらのカートリッジでも通常の1本のペンに同量のインクしか入れません。

本当のペ​​ンは本当に本当のペンのように感じます。保持するのが快適で、あまり滑らかではありません。バッテリーが不要なので、軽量です。

このコンピュータの左右にあるマグネットは、本物のペンをヨガの本に取り付けることを可能にしますが、機能的には、これは会社のホールドよりも穏やかな提案です。現実的には、それらを一緒に保つことはユーザーに任されています。

パフォーマンス

Lenovo Yoga Bookは、4GBのRAMを搭載したクアッドコアIntel Atom X5-Z8550プロセッサ(1.44GHz、2.40GHzバースト、2Mキャッシュ)をベースに構築されています。これは、Androidコンピュータにとっては非常に強力な設定です。私たちは、このデバイスの広範なテストでは速度低下や不具合を経験しておらず、豊富なRAMが特に有用であることを発見し、多くのアプリケーションをバックグラウンドで実行できるようにしました。

64GBの内蔵ストレージが付属しています。当社のLenovo Yoga Bookレビューユニットには、すぐに使用可能な52GBがありました。これは平均的なユーザーにとってまあまあですが、ビデオや音楽ファンは最大256GBの追加容量でmicroSDカードに投資したいと考えています。

仕様

レノボヨガブックレビュー

ヨガブックレビューウォッチバンドヒンジ

当社のLenovo Yoga Bookレビューユニットの技術仕様は次のとおりです。

  • 10.1インチFHD IPS AnyPenタッチディスプレイ(1920 x 1200解像度、光沢面)、静電容量式タッチWacomデジタイザ
  • EMRペン技術によるパッドの作成
  • Android 6.0.1(マシュマロ)
  • Intel Atom X5-Z8550プロセッサー(1.44 GHz、2.40 GHzバースト、2Mキャッシュ)
  • インテルHD 400統合グラフィックス
  • 4GB LPDDR3 RAM(拡張不可)
  • 64GBの内部容量、microSD経由で拡張可能
  • 802.11 a / b / g / n / ac Wi-Fi
  • Bluetooth 4.0
  • 内蔵の2メガピクセルフロントフェイスウェブカメラ、8メガピクセルリア
    サイズ:10.1 x 6.72 x 0.38インチ
  • 重量:1.52ポンド
  • 設定された価格:$ 499.99

ベンチマーク

Geekbench 4は、全体のパフォーマンスを測定するクロスプラットフォームベンチマークです。スコアが高いほど良い。

レノボヨガブックレビュー

Geekbench 4 Computeは、グラフィカルなパフォーマンスを測定するクロスプラットフォームベンチマークです。スコアが高いほど良い。

レノボヨガブックレビュー

ソフトウェア

私たちのLenovoヨガブックレビューユニットはAndroid 6.0.1(Marshmallow)に同梱されていますが、Windows 10でも動作します。Androidは、このようなデバイス用の保守可能なオペレーティングシステムです。これはおそらく、ラップトップ。確かに、Microsoft Office、電子メール、ソーシャルネットワーキングソフトウェアを実行することはもちろんです。

多くの企業と同様に、LenovoはAndroidの修正版を使用しています。しかし、いくつかの競合他社とは異なり、この2-in-oneのシステムソフトウェアに対する変更は大幅に改善されています。特に、タスクバーが画面の下部に追加されているため、WindowsユーザーはGoogleのOSでもっと家にいるように感じるでしょう。

さらに、非常に制限された方法ではあるが、マルチウィンドウサポートが追加されています。一部のアプリケーションのスマートフォン版はフローティングウィンドウで表示できるため、GmailとChromeを並べて表示することができます。ただし、これらのウィンドウのサイズを変更することはできず、ほんの一握りのアプリケーションでこの機能をサポートしています。これらは、前述のGmailやChrome、OneNote、Evernote、ファイルマネージャー、Googleマップなど非常に便利なアプリですが、Googleのカレンダーや連絡先でさえサポートされていません。

レノボヨガブックレビュー

ヨガの書籍並行マルチタスク

Evernoteは、マルチウィンドウモードと同様にCreate Padもサポートしています。意外にも、Microsoft OneNoteもそうです。ただし、OneNoteで描画すると、ペンが描画パッドから持ち上げられてから描画が複雑になる可能性があります。Lenovoには、手書きと入力のコンテンツを組み合わせるための独自のNote Saverアプリも含まれています。これは幾分基本的ですが、依然として有用です。

バッテリー

Lenovo Yoga Bookには8500 mAhのバッテリーが搭載されています。スクリーンの輝度を最大に設定して、NetfilxをWi-Fiでストリーミングして、テストを実施しました。私たちのレノボヨガブックレビューユニットは7時間20分続いた。この二人一人はもっと普通の使用のもとで典型的な勤務日を過ごすべきであることを示しています。

また、そうでない場合、このコンピュータは急速充電をサポートしています。私たちのテストでは、レノボ独自のパワーレンガとマイクロUSBケーブルで接続して30分で充電量の25%(39%〜64%)が追加されました。

レノボヨガブックレビュー

クラムシェルモードのLenovo Yoga Book

 

レノボヨガブックレビューの結論

Lenovo Yoga Bookの専用ライティング/ドローイング領域は、頻繁にノートを取るための2-in-oneを望むユーザーにとって理想的です。その仮想ハローキーボードは、軽い電子メールとワープロ用としてはうれしいですが、これはカジュアルゲーム、電子ブック、ビデオを見るのに最適なコンピュータです。それは非常に競争力のある価格です。

コインの反対側では、汎用の軽量で安価なラップトップを探している人は、物理的なキーボードが不足していると感じるでしょう。

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.