KODAK PIXPRO SP360アプリ・接続・撮影の設定法

SP360 4Kは、2014年末に登場したSP360という同ラインナップのカメラの高画質モデルで、名前の通り4K映像などの高画質動画を撮影することができます。

最近はRICOH THETAなどを火付け役として、全天球カメラがそのエンターテイメント性を武器として大変流行しています。THETAと比べるとどうしても知名度の劣るSP360ですが、THETAに負けない多彩な機能や、さらには高画質映像も撮影できるとても機能の充実したカメラの1つです。

今回は使用法についてご紹介します。

KODAK PIXPRO SP360アプリのダウンロード

Google Play Store/App StoreからSP360の専用アプリ「PIXPRO SP360」をダウンロードします。

このダウンロードしたアプリでは、Wifi接続によって、カメラ映像をリアルタイムで確認する事ができ、動画や写真の遠隔撮影を行う事ができます。また、アプリから撮影した写真・動画データを直接ネット上にアップロードする事も可能です。

SP360とスマホのWifi接続

SP360の「電源マーク(MODEボタン)」を押し、Wifiモードに切り替えます。
スマホのWifi設定画面を表示し「PIXPRO-SP360_*****」をタップします。パスワードとして「12345678」を入力後、SP360とのWifi接続が完了します。

Kodak Pixpro SP360 4K


SP360本体で撮影

SP360の「電源マーク(MODEボタン)」を押し、動画モードに切り替えます。
動画モードの状態で赤いボタンを押すと録画が開始され、再度同じボタンを押すと撮影終了となります。
撮影完了後、SP360とPCをMicro USBケーブルで接続し、画像や動画データをPCに取り込みます。

スマホで撮影

PanoPlaza Movieにアップロードする場合は、動画の上下左右の回転が出来ない仕様のため、レンズの真ん中が天頂を向くように撮影して下さい。また、PanoPlaza Movieでは動画ファイルの解像度を1440ピクセル×1440ピクセルのみを対象にしています。そのため、撮影する前に解像度が1440×1440ピクセルになっていることをご確認下さい。

アプリを起動後、「ビューセレクト」でシーンを選択します。(Global、Front(16:9)、Front(4:3)、Throw-out、Extraction、Quad、Seg、Ring、Dome、Panorama)*PCへのダウンロード時はGlobal形式で保存されます。

写真左: 静止画では右下のアイコンがカメラマークになります。この形はFront形式です。

写真中央: 動画では右下のアイコンがビデオマークになります。この形はDome形式です。

写真右: 撮影された画像や動画がリスト形式で表示されます。

Kodak Pixpro SP360 4K

4. アップロード

PanoPlaza Movieにログインします。アカウントを持っていない方はこちらよりご登録して下さい。

ログイン後、「アップロード」ボタンを押してアップロード画面に移動します。この画面では、動画のタイトルや概要・撮影場所・公開範囲の設定、そしてアップロードするファイルの選択を行う事ができます。動画ファイルは約1GBまでアップロードできます。アップロード完了後、「マイムービー」にパノラマ動画が登録されます。

アップロードされた動画はPC・スマホで閲覧する事ができます。画面をマウス/タッチ操作する事で水平方向360度、垂直方向214度の映像を見る事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。