オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スマートホン

Jelly Proの実機レビュー!!世界最小スマホの使用感は??

更新日:

先日Amazonで注文した超小型SIMフリースマホ「Jelly Pro」が届きました。まだ数時間しか使っていないのですが、この製品は読者の関心も高いのではないかと思いますし、私自身この製品を楽しく使わせてもらっていますので、取り急ぎ製品の基本情報、また短時間ではありますが使ってみた感想などをレビューしたいと思います。

1.スペック

Jelly Pro スペック表
この製品については過去に何度か記事にしていますので、スペック説明は簡単に。OSはAndroid 7.0です。CPUは型番不明でしたが実機を確認し、MediaTek MT6735であることがわかりました。MT6735というのはエントリークラスの製品ですが、Jelly Proに搭載されているものはクロックスピードが1.44GHzになっていましたので、処理性能面では健闘してくれるかも知れません。あくまでもエントリークラスとして、ですけどね。

RAMは2GB、ストレージは16GBです。そして、ディスプレイはなんと2.45インチという超小型サイズである上、解像度も「432 × 240」と、「大丈夫か?」くらいの水準になっています。また、このディスプレイサイズにより、「世界最小」というサイズを実現していて、これこそがJelly Proという製品の最大の特徴と言えます。

通信バンドは日本の通信事情に合わせたものになっており、LTEバンド19にも対応します。それと、この製品には技適マークがあります。のちほど画像を掲載しますが、つまりこの製品は「日本向け」です。

カメラはイン2MP、アウト8MPと、やっぱりエントリークラスの性能になっていますが、このレビューでは実際に何枚か写真を取ってみましたので、画質のほうを確認してみてください。

 

文字入力

初回起動から使えるようになるまで、WiFiのパスワードやGoogleアカウントのパスワードを入力する必要が有るのですが、 想像しているよりもずっと入力ミスが少ないです!

特に私は指が太い側の人間なのですが、そんな手でも95%ぐらいは正しく打てます。 指の腹で入力するというよりも、爪と肉の境目で押す感じでやるとかなり入力精度が改善できるような気がします。

ちょっとニガテかなと思うのが、英字キーボードでのピリオドの入力。右側にはエンターキー、左側にはスペースキーが 存在しておりしかも画面の下の方にあるので非常に打ちづらいです。入力ミスの殆どはこいつのせいなのかもしれないです(笑)

ロック解除にはPINやパスコードよりも、パターン形式のほうが楽かもしれません。 パターンもL字やU字のようなクロスがないパターンにするとスイスイ解除できます。

欲を言えば指紋認証モジュールがほしいですが、、、Unihertzさんなんとかなりませんかね?(´ェ`)

サクサク感

CPUの性能は1.1GHz、メモリは2GBとミドルスペックに届かないほどの性能しかありませんが、LINEやTwitter, Gmailアプリを 使用するに当たっては全く支障はありません。

アプリの起動には少々時間がかかることがありますが、スクロールが引っかかったりカクカクしたりするような現象はないです。

 

バッテリーの持ち

正直丸一日はギリギリと思います。

  • Spotify + Bluetoothイヤホンで音楽 (1時間強)
  • Twitter閲覧 (20分)
  • たまにゲーム (30分)
  • たまに通話 (>10分)

という感じでいつも使っているのですが、家に帰った段階 (8:00 - 18:00)で30%以下なことがほとんどです。 ゲームをしなければ60%残っていたりするのでやはりゲームアプリは電池消費が激しいです。 PokemonGOはGPSを使ったり、3D表示なので多分溶けるように電池がなくなっていくでしょうorz

Webの閲覧やLINEとかはメインのスマホに任せているのでこれ単体で生活となると多分モバイルバッテリーが必要になるかと思います。 しかしバッテリーを持ってしまうとこの小ささの意味がありませんよね...orz

文字入力

日本語のフリック入力は全く問題なく入力できるのですが、やはり英字キーボードの入力はちょっと難しいかなという感じです。 Gboardのスワイプ入力である程度解消できるかもしれません。

また、変換を確定させる時にキーボードの上に出ている対象の文字列をタッチするのですが、その時にキーボード外をタッチしてしまって、 キーボード入力状態が解除されるといったことも結構経験しました。コレが結構ストレス(笑)

ガンガン長文を書いたり、LINEで誰かのお悩み相談をするには向いていないと思いますが、 ちょっとした返信や検索文字列の入力には特に不便はないです。むしろコソコソひと目を避けながら入力できる点が結構良かったり!

サクサク感

に関しては、3日間の感想と変わりないです。若干アプリの初回起動時にロード時間がかかるかと思いますが、 その後の動作に関しては問題ないです。

落下耐性

一回フローリングの上に腰ぐらいの高さから落っことしました(笑)

あんまりに小さいので手のひらの上でくるくる回転させていたら落としました(゚∀゚)

落としたときの音はスマホのような「パタパタ」というよりも、リモコンとかの「カラカラ」という感じの落下音でした。(笑)

謎の安心感とともに拾い上げてみると、全然無傷でした!

そもそも本体の隅から画面まで結構な距離があるので、角から落ちても大丈夫そうです。

電話

ようやくMNP出来たので使用した感想。不満なし!

マイクと口が離れているので、音量とか雑音の問題が出てくるのかと思いましたが3人中3人が普段と変わらないとの感想。

着信音が全部ダサい(OSの問題?)点を除けば使用にもんだいないです。

ゲームはできる?

スマホゲーはあんまりしないので、モンストが動くかどうかしか判断できませんがサクサク動きます。アプリ初回起動時と、クエスト開始時のロードには普通のスマホよりも時間がかかります。

モンスターの説明など、随所の文字は潰れてほとんど読めないですが元からほとんど読んでいないので関係ないです。

画面が小さいためか、隙間に打ち込むのが断然やりやすいような気がします。一方で横カンはかなり難しいです(笑)

Unihertz Jelly Pro, 世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 7.0 Nougat ロック解除された, ブルー 青

新品価格
¥13,799から
(2018/10/25 11:23時点)

ヤフオクはこちらから!!

-スマートホン
-, ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.