オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワイヤレスイヤホン

JBL Reflect Soundmini BTのレビュー

更新日:

JBL Reflect Soundmini BTのレビュー

JBL Reflect Mini BTは2015年12月10日に発売されていますので、発売から2年くらいになります。

そして10,000円をきる(新品で8,500円前後、オークションなら6,000円、中古なら2,000円~3,000円)競争力のある価格のユニークなサウンド、優れたフィット感のワイヤレスワークアウトイヤホンです。

JBL Reflect Mini BTには、microUSBケーブル、イヤホン、通常はS・Mの2つ、スポーツはSのみでMは既に本体に装着されているイヤーピースが付属しています。

ペアリングは簡単です。インラインリモコンの電源ボタンを押したままにするだけで、2〜2秒間で接続できます。バッテリーの寿命は8時間程度は持つと思います。

ボリューム9段階まで調節可能になります。

 

 

仕様

周波数範囲:10-22,000 Hz

非ワイヤレスReflect Miniのように、BTバージョンはボックスに記載されている周波数範囲のみを持っています。

ただし、公称されているインピーダンスは低い数値です。

ボリュームはきちんと機能して言います。

しかし音質に関しては有線ほど音質が高いとは言えないと思います。

おそらく高調波ひずみはおそらく0.5%以下ですが、それは105または110dB付近であると思います。

 

音質

ローエンド

低音はすこし弱いと思います。

しかし、良くコントロールされた低音でひずみを最小限に抑え、クリーンサウンドのローエンドを確保します。

中域

Reflect Mini BTの中域はわずかな圧縮量に悩まされるかもしれませんが、ほとんどの場合は目立たないと思います。

ミッドレンジは、かなり平坦でキールなサウンドの印象を与えるのに十分な明瞭さと音質の正確さを示していますので、あらゆるジャンルの音楽を聴くクリティカルなリスニングに適している

ハイエンド

女性ヴォーカルは依然として称賛に値するものであり、弦楽器を多用しているトラックでも思った以上の音を出していると思います。

やや落ち着いたハイエンドを好むなら、JBL Reflect Mini BTの高音は気に入ると思います。

サウンドステージ

JBL Reflect Mini BTは、その印象的な深みを保ちます。

しかし、インイヤー型ヘッドホンでは、実際には存在しない配置がになり、その結果、いくつかの楽器は一緒に響き合ってしまい、サウンドステージに関してはその位置を特定するのは難しいです。

音は深みがあり、詳細なのでオーケストラを聴くのためのイヤホンではありませんが、価格とワイヤレスなことを考えると十分に満足できると思います。

全体的な印象

JBL Reflect Mini BTは、ほとんどの運動をするときのエクササイズイヤホンとして考えると十分な性能を持っていると思います。

まとめ

トレーニングをするときに低音を聞かせた音楽を聞く方には、もっと低音が聞くイヤホンは他にあるのでのちょっと高くなりますが同時期に販売されたJaybird X2等をお勧めします。

だか、低音をあまり必要としていないトレーニング用の音楽を好む方にはReflect Mini BTは快適な選択肢として推奨します。

そしてワイヤレスでトレーニングの時に邪魔にならず、バッテリーの持ちも十分な低価格なイヤホンを考えている場合は選択しても失敗する事は無いと思います。

低価格、外れにくい良いフィット感、そして信じられないほど正確なサウンドを備えたJBL Reflect Mini BTは、トレーニングをするときに選択するイヤホンとしては候補の一つに入れても良いと思います。

-ワイヤレスイヤホン
-, ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.