Jaybird史上最小・最軽量の完全ワイヤレスイヤホン「VISTA」レビュー!!

 

 

ロジクールは、ランナー向けイヤホンブランド「Jaybird」から、完全ワイヤレスイヤホン「Jaybird VISTA 完全ワイヤレス スポーツ ヘッドホン」(Jaybird VISTA)を発表した。約6gの軽量ボディと独自のイヤージェルで、運動時でも外れにくい高いフィット感を実現する。発売は8月8日から順次。オンラインストアでの税別価格は2万3800円になる。

 

Jaybird VISTAカラー種類

ロジクールが取り扱うJaybirdブランドから、完全ワイヤレスイヤホンの新製品「VISTA」が発表されました。価格はオープンですが、Jaybirdオンラインストアの売価は23,880円(税別)になります。カラーバリエーションはブラック、グレー、ミネラルブルーの3色。発売は8月8日のブラックを皮切りに、グレーが8月22日、ブルーが10月25日と順次登場します。

 

  • Jaybird VISTA

    Jaybirdのブランド史上、最小・最軽量をうたった完全ワイヤレスイヤホンの新製品「VISTA」

  • Jaybird VISTA

    カラーバリエーションは3色展開

新製品は本体の素材と構造を見直すことによって、Jaybirdブランド史上、最小・最軽量をうたったイヤホンです。質量は約6g。イヤーチップを外した本体は4.7g。ケースも手のひらに心地よく収まるほど軽く、コンパクトサイズにこだわりました。

 

Jaybird VISTAの機能

 

「Jaybird」は防汗・防水性に優れており、ランナーなどの多くのアスリートが利用しているブランドです。Jaybird VISTAはブランド史上最軽量の6gを実現。ロジクールは、本体が小さく軽くなることでよりフィット感が向上するとしています。また、左右のイヤホンをそれぞれ単独で使用できる「シングルイヤホンモード」を搭載。周囲の環境音に注意しながらワークアウトを実行できますね。

新開発の「JBS1」チップを搭載し、安定した通信と遅延の軽減を実現したとのこと。実際にサンプル品を装着して街中を歩き、地下鉄に乗車してみました。完全ワイヤレスイヤホンが登場したての頃の製品に起きていたノイズや楽曲の途切れはあまり感じませんでした(まったく途切れないというわけではなく時折少しだけ発生しました。リスニングにはそこまで影響しない程度の途切れです………)。YouTubeで動画を視聴してみましたが左右のバランスもよく、「音声と口の動きが合わない」みたいな遅延もなかったです。

Engadget
▲イヤーフィンとイヤーチップが一体となっています。耳に接触する箇所がすべて柔らかなイヤージェル素材になるので装着感が向上するとしています

リスニングしてみて一番感動したのはフィット感のよさ。6gはJaybirdブランドでは最小とのことですが、もっと軽量な他社製品はあります。しかし、本体を覆うイヤージェル素材が生み出す安定した装着感がイヤホン本体の軽さをさらに引き出してくれるのです。いくら軽くても耳でコロコロ動かれたら気が散りますからね。イヤーフィンとイヤーチップが一体になっていることで遮音性が高く、騒がしい車両の中でも楽曲に集中できました。

音質は防水イヤホンにありがちなくぐもった感じはなく中高域がキレイに鳴るのでボーカルの明瞭さがとてもいいです。音楽はもちろんですが、ラジオを流したりドラマを視聴したりする用途にもピッタリでしょう。

Engadget
▲ウェアのポケットに入れたままランニングする際などに邪魔にならないようにケースは薄型に設計されています。充電の端子はUSB Type-Cです

Engadget
▲カラバリは3色。左からBLACK、MINERAL BLUE、NIMBUS GRAY。カラーによって発売日が違うのは、生産が追いついていないカラーがあるけれどもグローバルでタイミングを合わせた発売を実現するための措置とのこと

IPX7等級の耐水性能を備えておりイヤホンの水洗いも可能。連続再生時間は最大16時間(イヤホン本体6時間+充電ケースは10時間)。急速充電によって5分で1時間再生可能です。

ロジクール東京本社にて開催された製品発表会では、100kmのウルトラマラソンで活躍中のJaybirdの所属ランナーの川内鮮輝選手、辻麻結子選手が登壇。Jaybird VISTAについて以下のようにコメントしました。

川内選手「Jaybird VISTAは総合バランスが優れています。フィット感、音質、軽さ、防水性能など使い勝手が本当にいいです」

辻選手「軽いので耳へのフィット感がとてもいい。充電ケースが軽いのもポイントで、実はポケットに入れたまま洗濯機に20分ほど浸けてしまいました。しかし、取り出した後もちゃんと利用できました。公式にはIPX等級を取得していないそうですが、防水性はまあまああるみたいです」

 

Jaybird VISTAの音質は?

Jaybird VISTAの音質も確認してみました。本体を防水仕様とするため、ハウジングの構造は完全密閉。

エレキギター、ドラムスのシンバルやハイハットの高域は鋭い抜け感を残しながら、力強く量感にも富んだパワフルな低音を聴かせてくれます。コンパクトなサイズ感から想像もつかないほど中低域の肉付きが良く、ロック、ポップスにダンスミュージックとの相性は抜群です。

特に、ランニングのピッチを上げるときなどに聴きたいアップテンポな楽曲を再生すると、軽快なリズムが体の芯まで響くリスニング感が楽しめました。シリコン製イヤージェルの遮音性能がとても高いので、アウトドアで体を動かしながらJaybird VISTAで音楽を聴くときには、周囲の安全には十分に気を配りながら使うことをおすすめします。