iPhone7でスマホが水没した時の対処法・解決策!復活させるためやりかた!

 

水没したスマホを復活させる修理方法

もし効果があるなら万が一にそなえて知っておくべきですよね!

今回はiPhone7でスマホが水没した時の対処法・解決策!復活させるためやりかた!

 

 

水没した際の行動

 

対処法①電源を切る

水没から救出してそのとき電源が入っていてもすぐに電源を切りましょう。中に水滴が入ってしまっていた場合、それがいつ流れて中の基盤がショートしてしまうかわかりません。とにかくしっかりと乾燥させ復活するまで電気を流すのはご法度です。

対処法②バッテリーを外す

バッテリーの中に水が入るのもスマホの故障の大きな原因となります。また、機種によってはバッテリーに水没マークがついているものもあります。それを確認する意味でも、バッテリーに水を入れないためにも、バッテリーは外しましょう。

対処法③乾燥させる

スマホを乾燥させる方法はいくつかあります。下の項目で詳しくご紹介しますので参考にしてください。ただし、一般的にいわれている「ドライヤー」は使うことで逆に内部に水が入ることになる場合があります。「ドライヤーで乾燥させるのは必ずしも良い方法ではない」ということを覚えておきましょう。これについても後述で詳しくご説明します。

 

保管場所は??

 

水没したスマホを乾燥させる方法として冷蔵庫に入れるというものがあります。確かに冷蔵庫は中の水分を除湿しています。しかし、ひとつ気になるのは冷やされたスマホを外に出したときにおこる「結露」です。メガネをかけている人がクーラーの涼しい屋内から気温の高い外へ出た瞬間にメガネが曇ってしまうあの現象です。冷たいジュースを買うと次第にその周りに水滴がつくのも同じことです。スマホの中身が真空でもないかぎり(少なくとも水が入る隙間があることから考えて)結露の心配があります。冷蔵庫での乾燥は自己責任でおこないましょう。

テレビの上

テレビの上は生暖かい状態にいつもあります。中の水分も蒸発しやすくなります。あまり高温になるとドライヤーと同じ心配がありますが、生暖かい程度のテレビの上なら乾燥を助けてくれる働きがあると考えられています。

 

乾燥剤

水没したスマホは、外側の水を素早く拭き取って乾燥剤と一緒にジップロックなどに入れておくのが良いとされています。乾燥剤は、お菓子の袋に入っているようなもの。シリカゲルなどと呼ばれるものです。 米で水没スマホが治ったというのは、この乾燥剤の代わりを米がしてくれていたということになります。

 

 

まとめ

 

今回はiPhone7でスマホが水没した時の対処法・解決策!復活させるためやりかたの紹介でした