iPhone 11 / 11Proシリーズのバーストモード(連射)写真連射のやり方。旧iPhoneとは異なる??

 

iPhone11 Pro/11 Pro Maxは、カメラ機能が大きく向上しています。

僕はiPhone11 Proのスペースグレイを先日購入しましたが、意味もなく写真をパシャパシャと撮っています。毎日、空とかワンちゃんの写真を撮るのが楽しくなりました。

さて、今回はそんなiPhone11 Proや11 Pro Maxの、バーストモードの使い方について。(バーストモードとはiPhoneの連写機能のことです)iPhone11 Proや11 Pro Maxは、これまでのiPhoneとは異なる方法でバーストモードが使えます。

 

 

iPhone11 Pro/11 Pro Maxとその他のiPhoneでは、バーストモード(連写)の操作が違う

Funky joy concept. Collage picture of different pose of cheerful cool funny punk man expressing happiness jumping having fun yelling wearing casual clothes, isolated on white background full-length

iPhone11(無印)やそれ以前のiPhoneでは、シャッターボタンを長押でバーストモードが使えていました。しかし、iPhone11 Proと11 Pro Maxでは、シャッターボタンの長押しは『QuickTake』というビデオ撮影に割り当てられており、バーストモードは使えません。

iPhone11 Proや11 Pro Maxでは、シャッターボタンを左側にスワイプすることでバーストモードを使うことができます。

この操作は、知らないと自力で見つけることほぼ無理なので、iPhone11 Pro/11 Pro Maxを購入した人は、必ず覚えておきましょう。

【iPhone11 Pro/11 Pro Max】バーストモード(連射)で写真を撮影する方法

iPhone 11シリーズには、シャッターアイコンを長押しすると動画撮影が始まる「QuickTake」機能が搭載されました。これまでは撮影モードを切り替えてからアイコンを押す必要がありましたが、QuickTake機能を使えばモードを切り替えることなく瞬時に動画撮影を開始できます。

iPhone11 Proと11 Pro Maxでは、以下の操作でバーストモード(連写)で写真を撮影することができます。

  1. カメラアプリを起動する
  2. シャッターボタンを左へスワイプする
  3. 連写がはじまるので止めたいタイミングで指を離す

バーストモードで撮影した写真は、これまで通り写真アプリの中に保存されます。
一方でUIが変更された影響により戸惑う部分もあります。それは静止画の連写に関する挙動です。

iPhone 11 Camera UI
▲上の赤く囲まれた部分がシャッターアイコン

これまでのiPhoneでは写真モードでシャッターアイコンもしくはボリュームボタンを長押しすると連写できる仕様でしたが、iPhone 11シリーズではシャッターアイコンを左にスライドすることで連写でき、シャッターアイコンを右にスライドすることで動画撮影に切り替わります。

これまで長年iPhoneを使ってきた筆者としても連写に関する操作方法の変更は初見で、かなり戸惑いました。使っていくうちに徐々に慣れていく必要がありそうです。