iPhoneでTouchIDが反応しない・指紋認証ができない場合の解決策!連続で認証を失敗する場合は??

 

ホームボタンに指紋認証機能のTouch IDが搭載され、セキュリティ面でも操作面でも便利になりました。しかしTouch IDが突然反応しなくなることがあります。

そこで、Touch IDが上手く反応しない時のテクニックをご紹介します。

 

認証を失敗し続けると?

 

指紋認証を3回失敗するとパスコード入力画面が表示されます。この時点でパスコードに切り替えてもいいのですが、めげずに指紋認証で頑張ることもできます。

しかし、5回失敗すると強制的にパスコード入力になります。もしこれも失敗すると、6回目でロックがかかってしまいます。「iPhoneは使用できません。1分後にやり直してください」というメッセージが表示されますので、1分間待ちましょう。

その後も失敗し続けると、7回目で5分間、8回目で15分間、9回目以降は1時間使用不能となります。10回失敗すると、パスコードロックの設定で「データを消去」をオンにしていた場合、10回目で全データが消去されてしまいます。

もしこれをオフにしていても、11回目の失敗で完全にロックがかかり使用不能となります。こうなるとiTunesに接続して復元、つまり初期化するしか方法はありません。バックアップを取っていなかった場合は、データが全て消去されます。

こういった機能はiPhoneを無くした際、他人に利用されることを防止できますが、小さいお子さんが遊んでいたら10回以上失敗して完全ロック・データ消去なんてこともありますので、バックアップは日頃から行っておくと良いでしょう。

 

iPhone7のTouchIDで指紋認証が反応しなかったり失敗するときにできる対処3つ

 

 

 

その1:指紋の登録数を減らしてみる

指紋をたくさん登録させていると読み取りに時間がかかる上に一つ一つの精度も若干落ちてしまいます。もし指紋を3個以上登録しているのであれば、普段使わない指紋を削除しましょう。かといって登録する指紋を一つにしてしまうと、その指に傷がついてしまったりなどしたときは反応しなくなるので、2つぐらいにしておくべきですね。

「設定アプリ→TouchIDとパスコード」で設定してあるパスコードを入力し、「指紋」セクションから使っていないものや使用頻度の低い指紋を左にスワイプして、削除ボタンをタップすることで指紋の削除が行えます。

その2:iPhoneに指紋を学習させる

登録する指紋の数を減らしたら、今度は一つ一つの指紋の精度を上げていきます。最初に指紋を登録したときにあまりにも狭い範囲で登録、つまりいろんな範囲や角度で登録作業を行なっていないと、必然と精度も低くなります。iPhoneのTouchIDは使っていけばいくほど精度も上がり、少しづつ指をずらしていくことで認識できる範囲も広くなります。実は、先ほどの「TouchIDとパスコード」の画面では、対応する指紋をかざすことでその間だけリスト内の対応する指紋がグレーでハイライト表示され、これをすることでもこの精度を向上させることができます。

いろんな角度や範囲を少しづつ認識させていくことで認証ミスの確率が低くなっていきます。

その3:環境を整える

指が汚れたり乾燥しすぎていたりはもちろん、他にもホームボタンの汚れや保護フィルムのズレなんかも指紋認証が反応しない原因になりかねません。
指を拭いたり、手を洗ったりして汚れを落として手を湿らせ、ホームボタンに関してはきちんと汚れを拭き取った上で保護フィルムやケースなどを使用しているときはそれらがホームボタンに干渉していないか確認してみましょう。

 

 

まとめ

これらの3つの方法を試しても反応しないのであれば、まずは指紋を再登録してみると解決することがあります。既存の指紋を全て削除し、新しく登録します。再登録の際は指の縁などもしっかりと押し付けながら登録するようにしましょう。

もし、再登録の際に指をおいても反応しないのであれば指紋センサーが故障している可能性が高いです。近くのApple Storeや修理店に問い合わせてみましょう。オンラインでもこちらから問い合わせることが可能です。