iPhoneでBluetoothのペアリング設定できないときの対処法・解決法一覧

イヤホンやキーボードなど、iPhoneBluetooth接続することで利用できる便利な周辺機器は多いのですが、うまくペアリング設定できないときはないでしょうか?

今回は、iPhoneとBluetooth対応機器でうまくペアリング設定できないときの対処法をご紹介します。

 iPhoneのBluetoothでペアリングできない時の原因

iPhoneでBluetoothアクセサリとペアリングできない場合、最初に以下の項目を確認しましょう。

Bluetoothでペアリングできない時にまずチェックすべきポイント

  • 別の機器とペアリングされていないか
  • iPhone側のBluetoothがONになっているか
  • Bluetooth機器とiPhoneが離れていないか
  • Bluetoothアクセサリを再起動してもペアリングしないか
  • Bluetoothアクセサリが十分に充電されているか

 

iPhoneでBluetoothのペアリング設定する手順

まずは通常のBluetoothのペアリング設定を試してみましょう。

  • Bluetooth機器とiPhoneの距離が遠すぎるとうまくペアリング設定できません。Bluetooth機器とiPhoneを近づけましょ
Bluetooth機器の状態をチェックして再起動
  • Bluetooth機器の電源がオンになっているか確認し、完全に充電されている または 電源に接続しているかチェックしましょう。電池式の場合は、電池が切れてないか確認します
  • そしてBluetooth機器を再起動します
iPhoneのiOSバージョンをチェックする

iPhoneのiOSが最新バージョンであるかを確認しましょう。iPhoneが現在どのバージョンなのか確認する手順を解説します。

「設定」→「一般」→「情報」とタップする

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップします。そして「情報」をタップします

Bluetooth ペアリング 対処 Bluetooth ペアリング 対処

「情報」のバージョンの項目を確認

  • 「情報」の一覧から「バージョン」の項目を探します。最新バージョンであるか確認しましょう

最新でない場合はアップデートし

  • 最新バージョンでない場合は、左上の「<一般」をタップして一般の設定項目に戻り、「ソフトウェアアップデート」をタップしてアップデートします

 

別のスマホのBluetoothをオフに

ペアリングされているスマホやノートパソコンが見つかったら、その機器のBluetoothをオフにし、ペアリングを解除しましょう。その際に設定を削除する必要はありません。

スマホやノートパソコンが使用中でなければ、電源を落としてしまうのが手っ取り早いでしょう。

Bluetoothアクセサリがどの機器ともペアリングされていない状態にすることが大切です。

 

 iPhoneのBluetoothがONになっているか確認する

続いて、iPhone側のBluetoothがONになっているかを確認しましょう。

iPhoneを使用している際に指が滑って、知らないうちにBluetoothがオフになってしまっている可能性があるからです。

Bluetoothアクセサリが十分に充電されているか確認する

Bluetoothが十分に充電されているか確認しましょう。電池式のアクセサリの場合、電池を交換する必要がないか確認してください。

Bluetoothアクセサリを完全充電するか、電源につなげた状態で再度ペアリングできるか確認しましょう。

 iPhoneを再起動してもBluetoothをオンにできない場合

iPhoneを再起動してもBluetoothをオンにできない場合は、iPhoneの不具合である可能性が高いです。Appleへ問い合わせを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。