iPhoneおよびiPadでSpotlight検索を設定・カスタマイズする方法/やり方!! 使い方を変更しよう!!

 

AppleのSpotlight検索は、アプリを見つけて開く最も速い方法です。また、アプリ内での検索やSiriの提案の表示にも使用できます。Spotlightの検索結果に満足していませんか?iPhoneとiPadでカスタマイズする方法は次のとおりです。

今回はiPhoneおよびiPadでSpotlight検索を設定・カスタマイズする方法/やり方の紹介になります。

 

ネットショッピングをご希望のかたはこちら!!

 

Spotlight検索の各種設定

 

では各種設定を行っていきましょう。

Spotlight検索でSiri提案を無効にする方法

 

iPhoneまたはiPadのホーム画面を下にスワイプすると、検索バーの下におすすめのアプリとアクションが表示されます。これはSiriの提案機能の手作業です。

AppleはSiriのインテリジェンスを使用して、特定の時間に開く可能性が最も高いアプリを特定し、時折、毎日同じ時間に頻繁に行ういくつかのアクションを提案します。たとえば、重要な相手に電話をかける、フォトアプリでアルバムを表示する、ウェイクアップアラームを有効にする、または頻繁に使用するSiriショートカットをアクティブ化するなどの提案が表示される場合があります。

これらの提案は常に正確であるとは限りません。1つまたは2つが迷惑である場合は、アイテムを押し続けて[閉じる]ボタンをタップすると、提案から削除されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、提案されたアプリとアクションのセクションにまったく興味がない場合は、両方を無効にする簡単な方法があります。

iPhoneまたはiPadで「設定」アプリを開きます。ここで、「Siriと検索」セクションに移動します。

 

 

 

 

 

 

下にスクロールして、[検索候補]オプションの横にあるトグルをタップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、iPhoneまたはiPadのホーム画面を下にスワイプしても、候補は表示されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アプリのSpotlight検索を無効にする方法

 

これで、Spotlight検索メニューから候補を非表示にしたので、次は検索結果自体をカスタマイズします。Spotlight検索は高度な検索エンジンであり、多くのアプリ(デフォルトおよびサードパーティ)のディープ検索をサポートしています。

つまり、何かを検索すると、Notesアプリ、カレンダーアプリ、またはインストールしたサードパーティアプリからの結果が見つかる可能性があります。これは非常に便利ですが、気が散ることもあります。何百ものメモの1つにあるものを表示したくない場合はどうなりますか?

それを回避する方法は、特定のアプリのSpotlight検索を無効にすることです。これを行うには、「設定」アプリを開き、「Siriと検索」セクションに移動します。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、下にスクロールして、Spotlight検索結果から削除するアプリを見つけ、そのリストをタップします。

 

 

 

 

 

次に、[検索で表示]オプションの横にあるトグルを選択して、検索結果から削除します。(これにより、アプリのショートカットの提案も無効になります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特定のアプリの検索結果がSpotlight検索から削除されます。Spotlight検索から除外するすべてのアプリに対して、このプロセスを繰り返すことができます。

 

 

まとめ

 

今回はiPhoneおよびiPadでSpotlight検索を設定・カスタマイズする方法/やり方について紹介しました。