HUAWEI MediaPad T5 10レビュー!!性能・スペック

 

Huaweiタブレットに10.1型の大画面ディスプレイを搭載した「HUAWEI MediaPad T5」が仲間入り!本記事で紹介する端末は日本国内モデルです!

本記事ではHUAWEI MediaPad T5のWi-Fiモデルの実機を用いてスペックや特徴を紹介するレビューに加え、価格情報に加え、お得にゲットするためのクーポンやセール情報、ショップ価格比較など最安値情報もまとめています!

 

 

スペック

MediaPad T5 10の主なスペックは次のとおり。

MediaPad T5 10
液晶サイズ
10.1型
解像度
1920×1200ドット
パネル
IPS
CPU
HUAWEI Kirin 659 オクタコア
(4 x 2.36GHz + 4 x 1.7GHz)
メモリ
2GB
ストレージ
16GB
カメラ
前面200万画素
背面500万画素
バッテリ
5100mAh
ワイヤレス
無線LAN 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5GHz)
Bluetooth4.2
サイズ
243 ×164×7.8 mm
重量
約465g
価格
(税込)
(HUAWEIオンラインショップの価格)
WiFi:24,624円
LTE:28,944円

 

オクタコア+2GBメモリという基本構成。

2GBメモリという容量が、購入するときのネックになりましたね。最近ではスマホのエントリーモデルでも3GBのメモリを搭載することが多く、2GBだと処理がもたついてストレスがたまるんじゃないか、と思って購入するのを躊躇していました。

でも購入した人のレビューを読んでいると、負荷の高いゲームをするのでなければ、動作が重くなって仕方ない、という声は聞かれませんでした。

ぼくの使用目的はWeb閲覧/SNS/動画再生といった比較的負荷の軽いタスク。したがって、価格もそれほど高くないので、購入してみることにしました。

実際にこれまで使ってみた感想としては、処理は多少もたつくことがあります。特に複数のアプリを立ち上げるともっさりすることがありますね。やはり大容量メモリ搭載モデルの方が、もっとサクサク快適に動くと思います。

ただ固まってどうしようもない、という事態に陥ることはなく、慣れればそんなに気にならないレベルですね。まあ、そんなに負荷のかかる作業はしていないので。ちょっと重くなったな、と思ったらクリーンアップを実行して、不要なデータを削除するようにしています。

ストレージは16GB。はっきり言って少ないですが、microSDカードスロットを装備しているため、microSDカードを装着すれば、容量を増やすことができます(ただし、OS/ファームウェア/アプリなど、どうしても基本領域のストレージに保存すべきものもあります)。

 

薄くて軽い

MediaPad T5は465gと割と軽いタブレットとなっていますが、10インチ前後の現行タブレットのなかでは標準の重さになると思います。

 

Surface Go…約522g
LAVIE Tab E…約480g
iPad Pro…約468g

 

厚さは7.8 mmとiPhone X(7.7 mm)とあまり変わらない厚さです。

 

価格が圧倒的に安い

何度も言うようですが、MediaPad T5を買った理由は価格がめちゃくちゃ安いからです。この一言につきます(笑)

 

予定する使用用途なら十分

僕がタブレットを購入するにあたって予定していた使用用途は以下のとおりです。

 

・ブラウジングや動画視聴
・車に取り付けカーナビ代わりに使用
・軽い事務作業

 

割と本当に重い作業をする予定はなく、メインで使用するのはカーナビ代わりといった感じで、動画が見れて、マップが普通に動いて、Webが普通に見れるだけでよかったのです。

 

MediaPad T5のその他気になる点

指紋認証はない

MediaPad T5には指紋認証はついておりません。ですので、ロック解除するときはパスコードを入力しなくてはいけません。日頃iPhoneを使用していて、指紋認証を使用している僕にとっては面倒でした。

 

画面の明るさが自動で変わらない

これもiPhoneを日頃使用していると気になってしますのですが、画面が周りの明るさによって自動で変わってくれません。ですので、昼間や夜など周りの明るさが変われば都度、自分で明るさを調整しなければいけません。

 

しかし、ブルーライトカットモードがありこれは画面のカラーを温色・寒色の調整ができ、また時間指定もできますので、廉価版タブレットにしては嬉しい機能もついています。

 

カメラの性能は悪い

これは期待してはいけません。メインカメラですら500万画素とかなり画質が悪いので、カメラも使いたいという人には向きません。下記現在のスマホのカメラ性能です。

まとめ

以上、MediaPad T5の基本的な情報と使用してみての感想でした。

 

基本的には使用用途が僕と同じように動画視聴やブラウジングなどメインではなくサブとして使用するにはまったくもって問題ないタブレットです。

 

しかし、ゲームや重めの作業をしたりメインとしてタブレットをがっつり使っていくという方には不向きです。またカメラの性能も悪いので、タブレットでカメラを使いたい人にも向きません。

 

しかし、2万円前後でWi-Fi版、LTE版を選べ、10.1インチと画面も大きいタブレットは多くはないので、購入を検討している方にはぜひおすすめしたい商品です。