HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

海外発売から約1年半、この夏ついに日本上陸を果たすアップルのスマートスピーカー HomePod のレビューをお届けします。

HomePodは高さ17センチほどの円筒形に4インチ径の高偏位ウーファー、360度をカバーする7つのツィーター、計7つのマイクを収め、Siriとの会話で操作する家庭用スピーカー。

天気やニュースを訊いたり、メッセージの送受信などを手伝ってくれたりするホームアシスタントであり、対応する家電を声で操作できるスマートホームのコントローラでもある点は、先行する他社のスマートスピーカーと同じです。

しかしAmazonやGoogleの主力スマートスピーカーが音声アシスタントの普及を主眼に、いわば方便として『スピーカー』の姿をとり、導入しやすい価格を優先しているのに対して、HomePodは音楽と深い関わりのあるアップルが、音楽を楽しむスピーカーとして開発した製品。

独自設計の小型大容量ウーファーや、反響音を6つのマイクで拾いA8プロセッサで分析する空間認識、360度スピーカーでありながらビームフォーミングと壁の反射を使い広く奥行きのある音場を再現するなど、アップルが持てるハードウェア・ソフトウェア技術を投入して作った新しい音楽スピーカーであり、SiriもApple Musicの膨大なライブラリを自在に探索するためのインターフェースとしての役割を持っています。

 

 

高まる点

・「こんにちは、Siriと申します!」
・iPhone や Apple Musicとの統合。アップルらしい「Just Works」の極地
・優れた音質。サイズに似合わぬ豊かな低音、解像感、全域にわたるバランスともに、「スマートスピーカーにしては」の前置きなしで秀逸。全方位なのに奥行きがあり、小音量でもリッチな聴き応え
・置く場所・聴く場所を選ばず、調整の手間なく、自動的に最適化
・「部屋のどこでも、手軽に本格的な音」と考えると安い

覚悟すべき点

・「こんにちは、Siriと申します!」
・実質的にApple MusicとAirPlay転送専用(※)。Bluetoothや外部入力端子などの汎用性は眼中にない
・iOSデバイスがないとセットアップすら不可。完全にアップルエコシステムの住民向け
・スマートホーム系の互換性は要確認、Siri経由で使えるサードパーティのサービスは(まだ)少ない
・「スマートスピーカー」枠で比べると高い

(※iTunes購入曲およびiCloudライブラリ、Podcastも再生可。今秋予定のTuneIn Radioなど、一部ネイティブ再生できるサービスも)

ハードウェアとして

HomePodの基本仕様と仕組みについてのおさらいと、日本語で実際に使ってみた印象をまとめます。まず、本体は高さ約17センチ x 直径 約14センチほどで丸みを帯びた円筒形。

高さはGoogle Home や Amazon Echo / Plus より2~3センチほど高いだけですが、幅は明らかに太く、体積が大きくなっています。HomePodの売りである4インチ径の高偏位ウーファーは、Echo / Echo Plusや Google Homeの本体には物理的に収まりません。

スピーカー構成の差が実感できるのは、大きさよりも重さ。Google Homeが500g弱、Echoが800g前後なのに対して、HomePodは約2.5kgもあります。見た目よりずっしり重く、片手で掴もうとすると落としかねません。

天地以外を覆うのはメッシュ状のファブリック素材。各社スマートスピーカーでもありがちですが、HomePodの外装は縫い目も継ぎ目も弛みもなく、かなり疎で透過性が良いのにテンションが掛かったクッションにもなっています。

HomePod

この外装も、アップルが見た目と音響特性を重視して(わざわざ)独自開発した素材。目立つよりも溶け込むことを重視した製品ですが、近くで見ると二層の立体構造が角度によって表情を変えます。そうまじまじと見るものでもありませんが。

外観で特筆すべきは、直付けの電源ケーブルが出ている以外、端子類が一切ないこと。ひっくり返してもラバー素材で円形の脚があるだけです。(ケーブルは強い力で引っ張ると内部のコネクタが抜けて分離しますが、MagSafeのように軽く外れる安全措置ではなく、そもそも抜くことが想定されていません。ケーブルは編みが細かく柔軟な布被覆で、露出しても見苦しくない仕上がり)。

底のラバー素材は、ある種の木製家具などの表面仕上げと相性が悪く、跡を残した例が海外発売後に伝えられていました。音響的にはできるだけ踏ん張りたいところですが、跡が気になるようなら板でも挟みましょう。

天面は光沢のある樹脂タッチパネルと、Siriの状態を示すマルチカラーのライト。中央のSiriぐるぐるが再生・停止ボタンを兼ねており、ダブルタップで曲送り、トリプルで戻し。ホールドでSiri起動もできますが、結局は声に出して操作するので、わざわざ近くでタッチして待つよりHey Siri を発音したほうが楽です。

セットアップはiOS必須。だからこその手軽さ

HomePod

電源につないで iPhone や iPad (iOS 12端末)を近づけるだけで、画面にHomePodが現れて設定を始められます。AirPodsと同じです。

初期設定では置く部屋や使う言語の選択、個人のメモやメッセージ等にアクセスする「パーソナルリクエスト」を使うか否か、iCloud情報のコピーや使用許諾への同意などを求められますが、特に迷うことなくすぐに使い始められます。

自社の端末とアカウントを必須にしているだけあって、セットアップは実に楽。一般的なスマホ連携スマートなんとか製品のように、まずアプリを落として追加を選び、ボタンを長押しして点滅を始めたら~云々は不要です。iPhoneの設定を転送できるため、HomePodの使うWiFi設定なども意識する必要がありません。

サイズ感を裏切る豊かな音

Apple

Apple Music で聞き慣れた曲をジャンルごとに鳴らしてみると、印象に残ったのはこの価格帯の360度スピーカーとは思えない解像感と低音の豊かさ、そして高~低全域のバランスの良さ。

「この曲にこんな音が入ってるなんて知らなかった!」は決まり文句ですが、これまで安価なヘッドホンや低音の乏しい小型スピーカー、あるいは特にオーディオ志向ではない「スマートスピーカー」を主に使っていたなら、同じ楽曲でも確実に印象が変わるはずです。

音量にかかわらず、楽曲を構成する要素がぼやけた塊にならず輪郭を保ち、聞き慣れた曲も新鮮に、これまで特に心動かされなかった曲も音の快楽で改めて魅力に気づきます。

空間認識と音場の広がり

面白いのは、HomePodの位置と曲を変えつついろいろと聴いていると、一台なのに何故かセンターボーカルが前に出つつ、バックグラウンドは周囲に広がりをもって聞こえるような感覚があったこと。

常にはっきりと分かるわけではなく、またオンオフで差を確認もできないものの、これはおそらく空間認識Spatial Awareness機能と、ツィーターの指向性を利用した処理による効果。楽曲を左右チャンネルの差などから分析して、メインボーカルや楽器は部屋の中央(開けた側)に、アンビエントな音やバックコーラス等は壁に反射させることで、一台のHomePodでも広がりと奥行きを感じさせるとアップルは説明しています。

この空間認識はビームフォーミングと反射を使った効果だけでなく、どんな環境に置いても最適な音質に自動調整するための信号処理の基盤。特にセットアップの必要はなく、最初の楽曲再生時に自動で空間認識が走るとされています。本体に加速度計を内蔵しており、設置場所を変えたことも認識して再調整される仕組みです。

ステレオペアでさらに広く立体的な音場も

HomePod

HomePodはWiFiベースの音声伝送規格AirPlay 2に対応しており、複数のスピーカーを同期させたり、部屋単位で流す曲を指定したりすることが可能。同じ部屋の二台をステレオペアに設定して、本物のステレオスピーカーとして使うこともできます。

ステレオペアを実機で試したところ、いかにも陳腐な表現で恐縮ですが、中央の何もない空間から透明な楽器が音を出しているかのような定位感覚。つい笑ってしまうほどでした。

このステレオペアも単に左右チャンネルを鳴らすのではなく、二台がお互いの音をマイクで聴いて相対的な配置を認識した上で、ツィーターのビームフォーミングを使い左右それぞれがダイレクトとアンビエントのチャンネルを分けて鳴らしたり、お互いのバス調整マイクを使いウーファー同士が相互補完したりすることで低音もさらに正確に豊かになります。

7ツィーターの全方位スピーカーであることも手伝って、ステレオペアにしてもスポートスポットがかなり広く、二等辺三角形の位置から外れてもちゃんと立体的に聞こえるのも魅力です。頭を動かさず正座して聴く必要はなく、どこに置いても広い範囲で楽しめます。

大音量でも歪みが少なく、小音量でも存在感ある低音

もうひとつ、HomePodで予想外に良かった点は、小さな音量でもバランスが崩れず、ボーカルも低音もスカスカの残り滓にならないこと。

一般的な小型スピーカーでは、大音響では歪みまくり割れまくったり、音を下げてゆくと特定の帯域が欠けたり、ボソボソした塊に溶けてしまったりと聴くに堪えないことも多いなか、HomePodは大音量からかなり小さな音量まで、破綻せず情報量を保ちます。

HomePodのウーファーは4インチ径。直径は小さく抑えつつ、振動板のストロークを20mmと異様に大きくとることで、コンパクトな本体でより多くの空気を動かす設計です。スピーカー径はともかくダイアフラムの振動幅はあまり仕様表で見かける数字ではありませんが、アップル的にはHomePodの設計における最推しポイントのひとつとして、低音調整用マイクと並べてアピールしています。

Apple Music x HomePod x Siriの魔力

Apple Musicに限らず、聴き放題サービスの売りのひとつは膨大な楽曲から新しい音と出会えること。しかしおすすめがよほどの当たりだったり、今日はなんでも聴いて開拓するぞと腰を据えていないかぎり、ピンとこない曲が続くと飽きてしまい、結局いつもの曲ばかり聴いてしまうのはよくある話です。

HomePodのジャンルを問わない高い再現力と、ほぼ部屋全体がスイートスポットになる「ながら聴き」適性、飛ばしたり評価したりが声だけでできるSiriは、この新しいお気に入り発見セッションに最適。

iPhoneやiPadで気ままにApple Music や各音楽サービスをブラウズしながら、あるいは他のことをしながら声だけでApple Musicを探索して、気に入った曲を収穫してゆくのは何とも言えない楽しさです。

(Apple Music以外のサービスはAirPlay再生になり、Siriで評価したりライブラリ追加ができないため、送信元の機器を触る必要があります)

音楽関連のSiri会話例

Hey Siri, 何か音楽をかけて
Hey Siri, わすれられないの を再生して
➡ Hey Siri, これはいつの曲?
Hey Siri, ONE OK ROCKの一番新しい曲を流して
Hey Siri, エド・シーランをかけて
Hey Siri, 今週の注目トラックを再生して
Hey Siri, 私の好きな曲をかけて
Hey Siri, K-POPをかけて
Hey Siri, この曲はなに?
Hey Siri, ボーカロイドベストのプレイリストを再生して
Hey Siri, エルトン・ジョンのRocket Hourをかけて
Hey Siri, ゆずのデビューアルバムを流して
Hey Siri, パープル・レインを聴かせて
➡ Hey Siri, 曲じゃなくてアルバム
Hey Siri, 80年代のダンスミュージックを流して
Hey Siri, ワークアウトにあうポップスをかけて
Hey Siri, ドライブに最適な曲を流して
Hey Siri, リラックスできる音楽を聴かせて
Hey Siri, SIRUP(シラップ)の新しいアルバムをかけて
Hey Siri, 愛を止めないでを再生して
➡ Hey Siri, これじゃない方

Siriが認識できる話し方の例。