オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

未分類

HomePod、アップルAIスピーカーレビュー 日本発売日はいつ?

投稿日:

こんばんは!
くぼたやです。

ますます便利な世の中になってるな~と実感することが多い日々です。
ネットである程度のことができるのは助かる面も多いなと思います♪
AI時代の到来とも言われていますね。
便利になっていく一方でこの先、どうなるんだろうって思います( ゚Д゚)

AIといえば、Apple社のSiriは有名ですよね。
話したらすぐに検索してくれたり応答してくれるので、最初はびっくり感動しました!
今やそれが当たり前になりつつある…慣れってコワイですね…

ガジェット好きさんなら気になる新製品のニュースが!
Siriが搭載されている「ホームポッド」です。
今回はホームポッドについて調べてみました(`・ω・´)

ホームポッドについて!特徴は?

 

2018年2月9日、ホームスピーカーの新製品となる「HomePod」が
アメリカ、イギリス、オーストラリアの英語圏3カ国で発売されました。

 

この見た目!
シンプルでいいですね(●´ω`●)

手持ちのApple製品と色を合わせてもかっこいいでしょうね。

 

・開発元 
アップル

・CPU
Apple A8

・入力機器
音声コマンド、天面タッチセンサー

・外部接続
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac

・サイズ
高さ 172 mm、幅 142 mm

・重量
2.5 kg

 

本体内部に1基のウーファー、360°に配置された7基の指向性ツイーターおよび6基のマイクを搭載している。
無線LANは802.11a/b/g/n/acに対応。
AirPlay 2をサポートし、複数台のHomePodやAirPlay 2対応ワイヤレススピーカーと協調して同時に音楽を流すことができる。
本体色はホワイトとスペースグレイの二種類。

Apple Musicに対応し、ライブラリ内の楽曲やBeats 1をワイヤレスでストリーミング再生することができる。
Siriによる人工知能アシスタント及び音声操作機能を搭載しており、ユーザの音楽の好みを学習して楽曲を推薦したり、
話しかけることでHomeKitに対応したスマート家電を操作したりすることができる。

■基本仕様:どの部屋にも置けるWi-Fiスマートスピーカー

ホームポッドの技術仕様のページをみると、アップル初のスマートスピーカーは「どこにでも置けるアップルミュージック(もしくは、アップルの音楽をクラウド上に保存するサービス『iTunes Match』)の再生機器」と考えるのがよさそうだ。高さは7インチ弱(約17センチ)、直径は約6インチ(約14センチ)で、楽曲をストリーミング配信するのがほとんど唯一の存在理由であり、ステレオではなくモノラルで再生する。

他の機能を期待しているなら、がっかりすることになる。充電ドックやオーディオ入力端子は搭載されておらず、近距離無線通信「ブルートゥース」で楽曲を受信できない。現時点では完全にクローズ型のシステムで、音楽配信サービス「スポティファイ」など他の事業者のアプリから直接配信することもできない。いずれ変わるかもしれないが、ホームポッドの機能は今のところ限定的だ。それでも構わないかどうかは、この“スマートスピーカー”に何を求めるかによるだろう。

■長所:設定が簡単で比較的使いやすい

ホームポッドの初期設定はほとんど苦労せずにできた。リモコンや電源ボタンがないため、プラグを壁のコンセントに差し込むだけでよく、電池が切れることもない。初期設定ではホームポッドのSiriの音声と利用者のiOS端末は連携していないため、Wi-FiやiTunes、iCloudなどの設定の共有を許可するよう指示される。

すっかりおなじみになったアップルの音楽配信サービス「アップルミュージック」の勧誘が必要かどうかで6段階か7段階になる画面を通り抜けると、iOS端末の画面で簡単な音声コマンドを試すよう指示される。これでホームポッドを使う準備が整う。

ホームポッドは「ヘイ、Siri」という合言葉を聞くと、リクエストを聞いて処理し、答える間、上部の光の輪が回る。Siriを搭載した端末が部屋に何台もある場合には、ホームポッドが代表して応答する。これについては1つだけ問題がある。呼びかけに応じて音声操作端末が一斉に起動してしまうので、取り組んでいた作業が一時中断されてしまうのだ。iOS端末が起動するのを避けるために、ホームポッド搭載のSiriを「ヘイ、ホームポッド」と呼びかけて起動できる方法があれば望ましい。

■長所:どの部屋にもなじむデザイン

家じゅうでホームポッドを試してみたところ、どの場所にも置きやすかった。寝室、ダイニング、仕事部屋、ファミリールーム、リビングにも自然に溶け込む。小型で電源コードがかなり長いので、ぴったりのスペースが必ずあり、延長コードを使わなくてもプラグを差せるコンセントも見つかった。見た目という点では、筆者が選んだスペースグレーはどこに置いてもなじんだ。

つまり、ホームポッドの見た目が特に気に入っているというわけではない。家族のみんなも感想を求められると一様に肩をすくめた。アップルのデザイン哲学を考慮すれば、ホームポッドの見た目がニュートラルなのは驚きではない。プラスチック素材を使ったひし形のメッシュが側面に張り巡らされているため、よく似た形の「Mac Pro」に比べると光沢は抑えめで、目立たない。新型スマートフォン(スマホ)「iPhoneX」のような派手な高級感もない。筆者の娘はホームポッドを初めて目にしたとき、アップルはなぜ小型のゴミ箱みたいな製品ばかり作るのかと尋ねてきたが、うまく答えられなかった。

上部は艶やかなプラスチック、底部は光沢を抑えたゴム製で、それぞれカッコよく、実用的な印象を醸し出している。触らずに音声だけで操作すれば、上部にはほこりしかつかない。だが、使い始めて数時間もたてば、上部の3カ所に指紋の跡があることに気付く。これは光る際に、音量を上げたり、下げたり、Siriと楽曲を操作するエリアが浮かび上がる箇所だ。思った以上に端末に触れて曲を操作することも判明した。Siriに何曲も飛ばしてもらうのを待っていられないからだ(注:ある読者が、iOSのミュージックアプリを使って再生を操作できる裏技を教えてくれた)。

ホームポッドの上面にボリュームボタンを表示する。タップすることで再生、一時停止、スキップもできる
(C)Jeremy Horwitz/VentureBeat

満を持して登場したものの、売上不振から製造台数の削減まで報じられているAppleのスマートスピーカーHome Pod。その原因として挙げられているものの一つが価格の高さですが、そこを改善するため、より安価なHome Podが登場するとの予想も以前から出ています。

その安価なモデルについて、中国メディアSinaがApple傘下のBeatsブランドでリリースされ、MediaTekのチップセットを搭載すると報じています。

スマートスピーカー分野でMediaTekが採用されるのは珍しいことではなく、例えばAmazon EchoにMediaTekのチップセットが搭載されています。ただ、オリジナルのHome PodにはAppleのA8チップが使われおり、MediaTekの採用はやや意外な印象もあります。Beatsブランドからのリリース、かつ低価格モデルということが関係しているのかもしれません。

肝心の価格ですが、Apple関連のニュースを専門にしているLoveiosは、匿名の関係者からの情報として199ドルになると伝えています。349ドルのHome Podからすると十分に安価ではありますが、現在の売れ筋となっているAmazon Echo Dotの49.99ドルやGoogle Home Miniの49ドルと比較するとまだ高価。果たして、これで挽回できるのかには疑問が残ります。

もっとも、オーディオメーカーであるBeatsブランドからのリリースとなれば、音質面では期待できそうです。

なお、9to5Macは、安価なHome PodがBeatsブランドからリリースされることに疑問を抱いており、Beatsが用意しているAirPlay 2対応スピーカーを安価なHome Podと勘違いしているのではないかとの見解を示しています。

AirPlay 2は2017年の年次開発者会議WWDC 2017で発表されていた、iOS 11の目玉機能の1つ。従来のAirPlayを拡張し、複数スピーカーによるステレオ再生やマルチルーム再生などを可能にするものです。このAirPlay 2をサポートするメーカーとしてBeatsの名前も挙がっていました。

Appleが安価なHome Podを開発しているのは間違いなさそうですが、これが今回噂の出ているBeatsブランドのものなのかははっきりしません。いずれにしろ、6月4日からはWWDC 2018が開催されるため、そこで発表される可能性は大いにありそうです。

 

 

-未分類

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.