オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

AV機器 ハイレゾ情報

予算3万円でハイレゾを選ぶならこの5機種がおすすめ

投稿日:

Astell&Kern AK Jr 64GB
AKシリーズの入門機。
シンプルなヘッドフォン専用、持ち運びやすい薄型デザインによるコストダウンと共に高音質を凝縮した1台です。
ハイレゾ音源:ひと癖あるが気持ち良いなりっぷり
MP3:重低音でダイナミックな音場を徹底
操作性:タッチ操作のUI。音楽専用に作られており、操作も迷わず使えます。
現在のアマゾン価格24,800円

 

FiiO X5 2nd
ハイレゾの老舗・FiiOのミドル機。本体にメモリを内蔵せず2基のmicroSDスロット搭載。
ハイレゾ音源:中域重視だがボーカルは弱い
MP3:ハイレゾに近い肉厚なサウンド
操作性:ホイール操作は旧iPod風。この操作性だけでも価値はあります。
現在のアマゾン価格31,000円

 

COWON PLENUE D
手のひらに収まる超小型ハイレゾプレーヤー。2.8型の全面タッチパネル操作対応で、音楽再生に特化したモデル。
ハイレゾ音源:サイズの割にハイスピードでパンチのある音
MP3:耳障りよく、中高域の情報再現が素晴らしい
操作性:画面は見やすいが、UIの作りに難があり迷いやすい
現在のアマゾン価格23,800円

 

SONY NW-A20
ソニーのハイレゾウォークマン入門「Aシリーズ」。ハイレゾ機では唯一のノイズキャンセリング対応でイヤホンも標準で付属。
ハイレゾ音源:ダイナミックで低音◎。空間再現は浅め
MP3:ズズンと沈む低音に。ハイレゾに近いキレ
操作性:シンプルだが分かりやすく、操作性は全機種トップ級。
現在のアマゾン価格24,800円

 

FIIO X1
クラックなホイール搭載のデザインを採用したハイレゾプレーヤーの入門機。メモリは内蔵しないが8GBのmicroSDが付属。
ハイレゾ音源:ナチュラル重視も、中域の情報量があと一歩
MP3:圧縮音も自然に聴かせるが、地味にも感じた
操作性:FiiO X5 2ndと同じで旧iPod風。
現在のアマゾン価格15,000円

 

コスパで考えると、ノイズキャンセルまで対応、
価格も最安クラスのソニーの一択になります。

豆知識
ハイレゾ音源は1曲100MB程度。16GBのメモリ容量は約160曲と最低ライン。
実用性重視なら32GB以上を確保したい。

-AV機器, ハイレゾ情報

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.