Garmin eTrex 20xの日本語化 第3弾 地図(OMS)が認識されないとき

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は TcFkfWD3SBOX._UX970_TTW_.jpg です

英語版にUTF8でエンコードした地図を入れると、新しい機種では地図が認識されない場合があります。

Garmin eTrex 20では問題なく認識されていましたがeTrex 20xは認識してくれません。
コレはGarmin のセキュリティーシステムがバージョンアップされている為だと思われます。

解決策はいくつかありますが、今回はファームウエアのダウングレードで対処します。

  1. コチラからファームウェア1.06 eTrex20x_30x_Webupdater__106.gcd をダウンロードして、ファイル名を「GUPDATE.GCD」に変更し適当な場所に保存します。。
  2. 付属のUSBケーブルを使ってパソコンと接続し、eTrex 20x本体のGarminフォルダへコピーします。
  3. eTrex 20x本体からUSBケーブルを抜いて、本体の電源を入れるとファームウェアの書き換えが始まります。
  4. ファームウェア書き込みの確認メッセージが表示されます。
    New software found.
    The software is older than your current software.
    Would you like to continue installing and clear all user data?Yes/Noの選択がありますので、Yesを選択します。Noを選択するとファームウェアは書き込まれませんので・・・。
  5. ファームウェアの書き換えが終わればUTF8の地図を認識してくれます。
  6. 地図を認識することが出来たら、最新のファームウェアにアップデートしても大丈夫です。注意:マイクロSDに地図を入れている場合はこの作業でOKですが、eTrex 20x本体にUTF8地図を入れた場合は、地図を更新する度にファームダウン→地図認識→ファームアップが必用になりますよ。

コメントを残す