オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ドローン

DJI Mavic Proレビュー!!コンパクトなサイズと性能

更新日:

DJIの高性能でコンパクトな折りたたみ式ドローンMavic Proが10月下旬から順次発送され、日本でも手に入れた人もいるでしょう。

さまざまなドローンを試してレビューをしてきた米GizmodoのAdam Clark Estes氏がMavic Proのレビューをしました。数々のドローンを試してきたからこそわかる、Mavic Proの利点と欠点が語られていますよ。以下、どうぞ。

DJI Mavic Proレビュー

設計

折り畳まれたときに3.27 x 7.8 x 3.27インチ(83 x 198 x 83mm; W x D x H)と測定されたMavic Proは、すごく気に入っていて、ウォーターボトルとほぼ同じサイズです。DJIはまた、重量がわずか743gの新しい超軽量・空力機体を考案しました。

DJIの過去のドローンと比較して、それは同社の主力ファントム4のサイズと重量の半分にもなっています。Mavic Proは、特別に設計された特別なハードパックではなく、バックパックや財布に入れられるほど小さい小型DJIドローンです。

DJI Mavic Proレビュー

これは、2つのフロントアームを後ろに振り回しながら、後ろ足が4つの本体に向かって反転する新しい折り畳み式設計のおかげです。ローターが連結要素に取り付けられているにもかかわらず、Mavic Proは強固に感じます。すべてを配置するにはかなりの力がかかりますが、1分間でセットアップを停止するのに十分ではありません。

DJI Mavic Proレビュー

Mavic Proのスペック比較表


Mavic Pro
価格 129,000円〜
最大飛行時間 27分
最大解像度 1,235万画素
動画クオリティ 4K
特記事項 コンパクト&ハイスペック
DJIゴーグル OK
最大伝送距離 4km
対角寸法 33.5cm(折りたたみ時:19.8cm)
重量 734g
(初心者への)おすすめ度 ★★★★☆

上の表は、Mavic Proのスペック比較表です。前提条件として、「自動ホバリング」「GPS自動位置補正」「リターントゥーホーム機能」などの基本機能は全て備わっています。

Mavic Proはコンパクト&ハイスペックな高性能ドローンとして2016年に発売されましたが、発売当社の反響は凄まじいものがあり一時品切れ状態になったほどです(現在は在庫アリ)。

実際、このMavic Proの発売を期に、DJIドローンユーザーになったという方は多いですね。

Mavic Proの優れている点(メリット)は下で詳しく触れていますが、Mavic Proの素晴らしい点を端的に言うと「ファントム4 プロの性能はそのままに、コンパクト性が格段に増した」ところです。

コンパクト(折りたたみ時はペットボトルとほぼ同サイズ)にも関わらず、4K動画に対応し最大飛行時間は驚異の27分です。

Mavic Proを購入する前に知っておくべきこと軽量であるために強風には少し弱いですが、コンパクトな機体に1方向(前方)障害物検知センサーが付いているのは素晴らしいですね。

ですが、(※あくまで「ファントム4 プロ」と比較した場合)安全性の観点に重点を置いた評価をすると(初心者への)おすすめ度を「★★★★☆(4つ星)」にしました。

※もちろんコンパクトでかつ4K動画に対応したドローンにおいて言えば、Mavic Proを越えるドローンは現在(2017年4月)のところ存在していません。

価格の安さに重点を置いて評価をすると、Mavic Proの(初心者への)おすすめ度は「★★★★★(5つ星)」ですね。

あなたの無人機

ほとんどのデバイスでは、小さくなると通常はカット機能を意味しますが、それはMavic Proでは間違っていることはありません。フロントとボトムマウントのセンサー、障害物回避機能、対象追跡、自己操縦の戻り着陸、制限された空域からの離脱を支援するジオフェンシングなど、DJIのより大きなドローンのすべての機能を装備しています。

何かがあれば、ユーザーはこの小さな無人機に行くことで少しのスピードを失います。ファントム4が45mph(72kph)の最高速度に達することができる間に、Mavic Proはスポーツモードで最高速度40mph(65kph)を達成することができます - ドローンレーシングの特別な設定です。

DJI Mavic Proレビュー

DJIの最新のドローンは、24mph(39kph)の風にもかかわらず、着実に飛ぶように設計されています。レンジについては、最大4.3マイル(7km)までクワッドコプターに接続でき、1回の充電で最大27分のフライト時間が得られます。

GoProカルマとは異なり、Mavic Proにはカメラが付属していますが、持ち運びできないジンバルのために飛行機以外の冒険には使用できません。つまり、カメラは30fpsまたは1080pの映像を96fpsで記録することができます。後者は、Facebook、YouTube、Periscopeに30fpsの低速でライブストリーミング配信することもできます。

また、12MPの静止画をAdobeのDNG RAW形式で取り込むこともできます。ユーザーはまた、2秒間の長時間露光を取ることができます。DJIは新しい3軸ジンバルが鮮明な結果を生み出すと確信していますが、我々は完全なレビューでこれを野生のテストに入れなければなりません。録画を安定させることの上で、ジンバルは、ポートレートのカメラを90度回転させ、背の高いアーキテクチャをキャプチャするように設計されています。

DJI Mavic Proレビュー

スクリーンアップ、ハンドダウン

結局のところ、ドロンの侵入に対する最大の障壁は、コントロールを脅かすことでした.DJIは、よりシンプルでポケットサイズのソリューションでこれを変えようとしています。我々はリスボンのすぐ外にあるこのポケットロケットのコントロールを取って、自分自身でこれを試してみなければならない。

バンドルされたコントローラで簡単に使うことができますが、あなたが望むことができるすべてのフライト情報が内蔵スクリーンに表示されるので、iPhone 6Sと最新のDJIアプリをインストールして、画面上に表示されたジンバル制御のカメラのフィードは、フレームの端とコントローラ自体の周りの過度のテレメトリーとともに表示されます。

これは、ゴム製の溝の間にスマートフォンをぴったりと置くことができるコントローラの底面にある2つのヒンジ付きサイドパネルを開くことでセットアップされました(より良いフィット感のためにケースから取り外すことをお勧めします)。コントローラとのハードワイヤ接続を行うためのアダプタがありますが、ここではWi-Fiペアリングはありません。

これは、2つのアンテナを一番上に置いたらコントローラをセットアップするのが非常に簡単であることを意味します(これらのアンテナは、収納時にうまく元に戻ります)。

離陸の準備ができて

あなたが今しなければならないことは、正面の2つの腕、後ろの2つの腕、電源ボタンの2回の押し(これは袋に入って電池を消耗するとノック/押されるのを防ぎます)空に連れて行く準備ができている。モーターが旋回するときに発生する力があなたのためにこれをするので、ロータを外に出す必要はありません。

新しいユーザーの場合、これはこの音で気にする必要はありません。コントロールはあなたのインプットに非常に寛容ですが、コントローラーから手を離しても空中では完全に安定しています。たとえ風の強い状況であっても、私たちがトレイルラインよりもそれを取り上げたとき、それはまだ完全にバランスが取れていました。

飛行中のMavic Pro

空中で無人機を得るための明確なマークが付いています。また、Mavic Proは下向きのカメラで写真を撮り、GPSデータでこれを使用して、どこに戻ってくるか正確に知ることができますあまりにも。私たちの実践的な時間では、それは信じられないほど正確であり、あなた自身がそれを取り戻す自信を持っていなければ、確かに着陸からストレスを取り除きます。

先ほど触れたように、付属のコントローラで簡単に使うことができますが、スマートフォンを接続することを強く推奨します。フィードは信じられないほどクールで、1080pでは詳細レベルが印象的です。ジンバルは、コントローラの両側にあるダイヤルでこれを行うことができ、ダイレクトに操作するのも簡単です。望むなら、実際にスムーズなパンを得ることも可能です。ジンバルがアライメントから外れてしまった場合、私たちはかなり荒れた着陸(ユーザーエラー、Mavic Proではなく)後、約45度で傾いていました。再キャリブレーションは簡単です(着陸しなければならないそれは平らな面にあります)。

ビデオと静止画

28mmレンズのDJIが選んだのは、Mavic Proがフレームにたくさんの余裕を持たせることと、幅が広すぎることなく、すべてがひどく歪んでしまうことのバランスが良いことです。実際にはほとんどのスマートフォンと同様の視界ですが、簡単なポイント・アンド・シュート・コンパクトを超えて、露出を調整することができます。

ホワイトバランスとISO感度(100-1,600)の機内設定が可能なだけでなく、シャッタースピードと絞り値が中継されている間に、画面をタップしてJPEGまたはRAWファイルを撮影するか、その両方を撮影するかを選択できますあなたがISOを向上させる必要があるかどうかを判断することができます。

避け、追跡し、パンする

我々はまた、Mavic Proが可能な巧妙な追跡のいくつかを試してみる必要があります。新しい無人機ユーザーのための恐怖のいくつかは、Mavic Proのフロント回避コントロールを使って壁や木に飛ぶことはできないかもしれないが、15mを止める(49フィート)離れています。

Mavic Pro

よりプロフェッショナルな映像をお探しの場合、ActiveTrackの機能は素晴らしいです。追跡するターゲット(人や車など)を設定して、トレース(被写体の後方または後方から追う)、プロファイル(横に並ぶ)、スポットライトのいずれかを選択します(Mavic Proはカメラの訓練をあなたがドローンをどこに飛行しているかにかかわらずあなたの主題)。

私たちがそれを持っていた時、それは本当にうまくいって、通常は2人のオペレータを必要とするハイエンドのビデオ映像を入手する可能性は魅力的な提案でなければなりません。

VRヘッドセット

DJIゴーグルのレビュー

また、無人機メーカーは、1080pディスプレイのドローンから85度のビューを表示する新しいDJIゴーグルヘッドセットを導入しました。ヘッドセットを試してみるには数秒しかかからず、画像の明瞭さとラグフリーの品質に驚いていました。

それは確かに没入型の経験ですが、前述のスポーツモードでドローンをレースしない限り、ほとんどのユーザーは必要ないでしょう。

まだそれがあなたのためにあまりにも多い場合、DJIはスマートフォンでモバイルコントロールを強化しています。Mavic Proでapp-onlyを使うと、無人機が飛ぶ場所を簡単にタップすることができます。使用すると、ドローンが前方に飛ぶように指示することもできますが、それだけで障害物を避けることができます。

Mavic Proは、ジェスチャーだけで制御できる初のDJIドローンです。それはあなたの手を振って無人機の注意を引くことを可能にする驚くほど頑丈なモードです。そこから、腕で "Y"をつけてクワドコプターにあなたに焦点を合わせるように指示するか、指でフォトフレームを模倣すると、ドローンは空想的なセルフをとるでしょう。

これらのきちんとしたコマンドのほかに、ドローンの飛行を手で調整することもできます。ある方向へのジェスチャーと無人機が追随します。同様に、ドローンがあなたに集中しているならば、あなたが移動するにつれて、それは寛大な距離からでもあなたに続くでしょう。

DJI Mavic Proレビュー

早期の判決

紙の上で、Mavic ProはDJIの最もアクセス可能な無人機のようだ。価格は正しく、GoPro Karmaと比較して、同梱のカメラでも手頃な価格です。改良されたスマートフォンアプリとジェスチャーコントロールの間で、DJIは無駄な技術を気にせずに制御できるドローンを作りました。

Mavic Proは道端で無人機の映像を見ている人にアピールする必要があり、自分自身を作るのがかゆいです。DJIは、よりポータブルで制御しやすいデバイスを作ることで、ドロンの最大のターンオフのうちの2つを最終的に廃止しました。

 

 

【国内正規品】DJI Mavic Pro Platinum

新品価格
¥132,787から
(2018/10/28 12:49時点)

【国内正規品】DJI Mavic 2 Pro

新品価格
¥194,000から
(2018/10/28 12:50時点)

【国内正規品】DJI ドローン Mavic Pro Platinum Fly More コンボ

新品価格
¥172,800から
(2018/10/28 12:50時点)

-ドローン
-,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.