オーディオ関連のハイレゾなどの音響再生機器をレビューする他、さまざまな音楽関連のテーマに関するコメントを掲載しています。その他、一般的な趣味に関することも

the absolute best

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ドローン

DJIのドローンPhantom4 Pro【レビュー】初心者こそ高級ドローンを!!

更新日:

Proは元のPhantom 4とほぼ同じです。

他の傑出した改良はProのカメラです。Proは、1インチのイメージセンサーを搭載した全く新しいハードウェアを使用しています。これは、オリジナルのファントム4で使用されているものの4倍です。さらに、カメラは最大60フレーム/秒で4Kビデオを撮影できます。最大20メガピクセルの静止画。DJIはアパーチャーコントロールとメカニカルシャッターを使いました。どのように見ても、P4の新しいカメラはこれまで以上に大きく、より良く、カスタマイズ可能です。

DJIはまた、Phantom 4 Pro Plusと呼ばれるさらにデラックスなオプションのバージョンを追加しました。これはまったく同じドローンですが、コントローラにはタッチスクリーンディスプレイが内蔵されています。300ドルの追加料金がかかりますが、ケーブルを使って携帯電話をコントローラに接続したり、スマートフォンのバッテリー寿命を心配したり、到着したテキストメッセージや通話によって飛行機が突然中断することはありません。

品質とデザインを構築する

P4 Proは、設計品質とビルド品質の両面で、元のP4とほぼ同じです。新しいセンサーが配置されている場合のわずかな違いを除けば、前身と同じ船体形状を保持します。このように、P4と同じくらい強くて丈夫で、最も魅力的なドローンの中にあります。

DJIは、同じフォームファクタを維持しながら、非常に多くの新機能を備えた無人機を装備することができたことは印象的です。追加のセンサーは無人機の脚に押し込まれ、赤外線センサーと光学センサーは無人機の左右に取り付けられています。元のP4で見つかったカメラよりも大幅に優れたカメラでさえ、これまでよりも少し大きめです。DJIのドローンに精通していない限り、P4とP4 ProはPhantomの数々の機能拡張にもかかわらず、まったく同じです。

P4 Proの唯一の欠点は、残念ながらPhantomのラインはまだDJIのMavic Proと同じくらいポータブルではないということです。腕と小道具は折りたたむように設計されておらず、着陸装置は後退も倒れもできません。それは携帯性を念頭に置いて設計されていません - 必要が生じた場合にはバックパックの中に詰め込まれるのに十分な大きさですが、

バッテリ寿命と充電時間

最適条件の下では、DJIはPhantom 4 Proが最大30分間空気中にとどまることができると言いますが、現実の状況は必ずしも最適ではありません。

これらの主張をテストに組み込むために、P4 Proを通常の一連の耐久テストで実行しました。まず、ホバーテストを行いました。バッテリーの寿命が「非常に低くなる」まで無人機を動かし、無人機が自動的に着陸します。私たちのホバーテストは、DJIが30分の飛行時間を主張していたからあまり離れていない28分8秒間続きました。

次に、P4 Proがさらに厳しい条件でどれくらいの期間続くかを知るために、私たちが行った1回おきの飛行試験からの飛行時間を記録し、すべてを平均化しました。Phantom 4 Proは、バッテリ充電率100%から緊急低バッテリ自動着陸に至るまでの10種類のフライトを平均して、平均26分50秒の飛行時間を達成しました。

30分の放送時間を期待するべきではありませんが、耐久性は優れています。ホバリングテストではDJI Mavic Proが23分19秒、Yuneec Typhoon H  が23分20秒続いた。より小さく、手頃な価格のシンプルな無人機は、これらのどれよりもずっと少なくなります。ホバーカメラパスポートは、例えば、10分未満続きました。

バッテリーの充電時間については、ほぼ空のバッテリー(残りの約10%)が約1.5時間でジュースが100%になることがわかりました。しかし、ほとんどの場合、電池残量が極端に少なくなる前に着陸する必要がありますので、ほとんどの充電は約1時間15分かかります。それは約27分の放送時間を提供するセルにとって悪くない。Yuneec台風Hは、タンクを埋めるのに2時間以上が必要でした。

フライトパフォーマンス

ファントム4の飛行性能はこの新しいバージョンでは変更されていません。P4 Proは、スピードや敏捷性などについては、元のP4とほぼ同じ飛行スペックを誇っています。幸いなことに、P4はまだ販売されている最も軽快なクワッド・ブレード・ドローンの1つであるため、これはあまり控えめなものではありません。

スピードと敏捷性はP4 Proでは基本的に変わりません。P4とP4 Proはいずれも45マイル/時(72kph)でトップに立っています。市場で最も速い無人機ではありませんが(55mphでも60mphでも可)、ほとんどの用途には十分速いです。

しかし、その前身とは違って、P4は完全な多方向の障害物回避で最大31mphまで飛行することができます。それは重要です。高速操縦は障害物回避が最も必要なときです。この新しいモデルは、穏やかなスピードで飛行することができ、同時にそれを覆い隠すこともできます。

自律

P4 Proの最大の改善点のいくつかは、DJIの新しいオートパイロット機能に関連しています。DJIは、元のP4からの「標準」自律飛行モードのほとんどを移植するだけでなく、最近リリースされたMavicのProの機能のいくつかを借用し、以前には見たことのないいくつかの追加機能も追加しました。

P4 Proを設定してPoint of Interestモードで軌道を回るように設定したり、ウェイポイントであらかじめ設定された経路に沿ってフライトを繰り返したり、Follow Meモードで動きを追跡したり、コースロックやホームでジョイスティックコントロールに反応する方法を調整することもできますロック。これらのモードはPhantom 4に含まれていますが、Proバージョンには、地形追従、三脚モード、新しいアクティブトラック能力の範囲など、袖の上に新しいトリックがあります。

クラッシュプルーフではありませんが、近いです。

以前はMavic Proでのみ利用可能だったTerrain Followでは、ドローンは地面から一定の距離を維持するためにDownward Vision Systemを使用しました。これは標高の異なる地形の撮影には最適です。

静的なショットの場合、Proの新しい三脚モードでは、宇宙でのポイントを選択し、宇宙飛行の三脚のような宇宙飛行中に無人機をその位置にロックされた状態に保つことができます。このモードでは、ジョイスティックのコントロールが弱められ、パン/ヨーイングの動きが劇的でなくなり、ドローンはGPSとセンサーの組み合わせを使用してドリフトなしにその位置を保持します。

DJIはまた、Active Trackシステムにいくつかのアップデートを追加しました。例えば、ポートレートモードでは、無人機が水平に飛行してペースに合っている間に、被写体を追跡することができます。一方、スポットライトは、被写体にロックすることができますが、無人機を周りのどの方向にでも飛行させることができます。360度のモードでも、あなたが選択したどのような被写体でも、その被写体がどこに移動するかにかかわらず、旋回します。

DJIファントム4プロ+
Bill Roberson /デジタルトレンド

もちろん、新しい全方向性の感覚・回避システムがあります。新しいセンサーを使用して、P4 Proは周囲の環境を絶えずスキャンし、障害物に近づけすぎると警告したり、自律的に回避したりします。最も重要な点は、この機能をオンまたはオフにすることができることです。必要なときにこの機能をオンにすることができますが、ワイルドサイドを歩き回り、何かに近づきたいときには入りません。

しかし、私たちのお気に入りの機能は、DJIの新しい動的帰宅機能です。ファンタムの過去の世代では、「帰宅」ボタンを押すと、無人機が所定の高さまで飛行し、その後、飛行機が離陸した場所に向かって直進します。神は途中に何か障害物がないことを禁じました。もしあれば、無人機は盲目の鳥のように彼らに襲い掛かります。

新しいP4 Proでホームに戻るボタンを使用すると、ドローンは基本的にそのステップをリトレースし、どこにいるかと同じパスに沿って「逆転」しようとします。途中に現れる可能性のある障害を動的に回避し、もちろん。クラッシュプルーフではありませんが、近いです。

範囲

範囲も元のP4よりかなり良いです。Mavic Proと同様に、P4 Proには、DJIの新しいOcuSyncビデオ伝送技術が搭載されています。これは無人機の最大範囲を広げ、カメラから最大4.3マイル離れたところからのライブHDビデオフィードを提供します。しかし、それは最も最適な条件でのみ可能です。

おそらく$ 1,500を費やす最良の方法です。

私たちは、ビデオフィードのジッタのようなものではなく、いくつかの異なる機会に1マイルマークにしました。しかし、伝送距離は、飛行している環境によって大きく異なります。干渉が多い場合、フィード半マイルマークの前またはそれ以前に切り取ることができます。それはあなたが飛行している場所によって異なりますが、時折フィードカットアウトがあっても、無人機で見たことのある最高の範囲をまだ誇っています。

私たちが試したほとんどの競合他社は在庫の構成でマイルを3/4マイルにすることはほとんどできません。多くの場合、P4 Proができる範囲に達するためにアフターマーケットのエクステンダーが必要です。

静音性能

今回のレビューで筆者が最もこだわったポイントは、P4Pと比較して、P4P V2.0 は一体どれだけの静音性能を発揮するのだろうか?という点である。

『最大60%のノイズ低減』とは、一体どれだけの効果がある事なのだろうか?この答えを得るだけのために、高性能の録音機で音を収録してみた。比較するための動画を作成してみたので、まずはコチラを確認してもらいたい。

 

どうだっただろうか? 動作音の収録に際しては、① 距離10m 高さ4m、② 距離30m 高さ30m の②パターンで比較してみた。多少風斬りノイズが入ったことはご容赦頂きたい。

 

実際に生音を耳で聞いていた自分の体験としては、ある程度違いがあるという印象を持った。

この変化を生んでいる違いが、一体どこにあるのか? 1つ目は、ESCモジュールが新しくなったという点、これによりモーター部分に対して、より効率的に制御ができるようになったという事だろう。そして2つ目は、見た目でもわかる変更点として、プロペラ部の形状の変更がある。明らかに広くなり、また先端部分も後方に向かって出っ張っている。

今回のP4P V2.0のESC及びプロペラの変更は、MAVIC Pro Platinum における改善と同様の改善点になっているのだが、この2点の変更によって得られている効果は、実は近距離における “音の性質の違い” というよりも、中〜遠距離における違いの方が顕著に現れているように感じる。

 

P4Pはかなり遠くに離れていても音が聞こえてくるという事を、何度も飛ばした事がある経験から感じていたのだが、P4PV2.0を試してみた結果、中距離から離れてしまうと急に音が聞こえなくなってくるという印象を受けた。

これは、空撮をしているときに周囲に与える印象として、とても重要なポイントだと筆者は考えている。相当距離が離れているドローンから、プロペラ音が聞こえてくる状況と、プロペラ音が聞こえてこない状況、心理的圧迫感や緊張感を考えると、聞こえてこない方が空撮しやすく、不要な緊張を発生させない。そういった意味で、空撮の現場におけるプロペラ音が気になったことがある、というユーザーとしては “買い” だと言えるだろう。

カメラとアクセサリー

P4の代わりにP4 Proを購入する理由があれば、それはカメラです。DJIはプロの画像キャプチャシステムに真剣に取り組んでいます。その結果、クワッドで見たことのある最高のカメラの1つです。

最大の改善点は、カメラのセンサーのサイズです。Proは、1インチのCMOSセンサーを搭載しています。これは、ほとんどのドローン(Phantom 3シリーズとPhantom 4を含む)、フラッグシップ・スマートフォン、ポイント・アンド・ポイントの4分の1の標準的な1 / 2.3インチクラスのサイズの約4倍です - シュートカメラ。この余分な表面積により、より詳細な画像をキャプチャし、より高いISOで画像/ビデオ品質を維持することができます。

より大きなセンサーに加えて、DJIはProにメカニカルシャッターと絞り制御を装備しました。言い換えれば、あなたはf / 2.8で常にぶら下げられているわけではありません(f / 11まで行くことができます)、恐ろしい「ローリングシャッター効果」があなたの画像をねじ込むことを心配する必要はありません。

ビデオを撮影する場合は、P4 Proはいくつかのオプションを提供します。24時間、25時間、30フレーム/秒の映画4K DCI、24,25,30、または60フレーム/秒の4K UHDで撮影できます。それがあなたの眼球(またはSDカード)が扱うにはあまりにも多い場合は、2.7K、1080p、および720pにスケールダウンすることができます。後者は毎秒120フレームでキャプチャし、低速の映像を作成するために使用します。

Phantom 4 Pro Plus(300ドル追加)のために春になると、DJIは内蔵のタッチスクリーンディスプレイを搭載したコントローラを投入します。これはちょっとしたことだが、余分な傷は、ケーブルでコントローラを電話機に接続する必要がないことを意味する。これは、DJIが作るほぼすべての無人機に必要なものだ。

DJIファントム4プロ+
Bill Roberson /デジタルトレンド

300ドルの価値があるかどうかはわかりませんが、スマートフォンのバッテリー寿命を気にせずに飛行することや、着信したテキストメッセージや通話によって飛行機が突然中断されてしまうことはかなりうれしいです。

しかし、DJIは数年前にこのオプションを含めるべきだったと思うし、少なくともこれを$ 1,500バンドルに投げ入れるべきだと思う。Yuneecは、追加料金なしでタッチスクリーンのTyphoon Hコントローラーを提供しています。これは、DJIからそれを余計に支払うことになります。

私たちのテイク

疑いもなく、DJIのPhantom 4 Proは今日の最高のドローンの1つです。無指向性の障害物回避を備えた唯一の無人機で、カメラはこのクラスの他の無人機よりも優れています。最終的にはそれは見えなくなりますが、これまでにテストした最高のハイエンド民生用無人機です。

より良い選択肢がありますか?

この価格帯では、あなたがドローンの市場にいて、1,500ドルが予算内であれば、お金を使う良い方法はありません。

DTアクセサリーパック

P4 Proに最も近いライバルはおそらくDJI Mavic Pro、または新しいMavic Airです。どちらも小さく、はるかにポータブルで、同じ飛行モードと機能の多くを誇っています - もちろん、全方位の障害物回避、1インチのイメージセンサー付きカメラはありません。さらに、それぞれ$ 999と$ 799で、Mavic AirとMavic Proもかなり安いので、もう少し手頃な価格だが高い性能を求めているなら、Mavicに行くのが賢明だろう。

あなたが移植性についてあまり気にしないのであれば、YuneecのTyphoon Hもまた価値のある候補です。さらに手頃な999ドルです。これは、同じ機能の多くを誇っており、完全に360度旋回する4Kカメラを持っています。これは、デュアルパイロット機能と共に、まともな候補になります。しかし、台風Hのカメラは進歩していないので、バッテリーはかなり長く続くことはなく、充電に時間がかかります。

それはどれくらい持続するでしょうか?

おそらく数年以上。DJIは常に製品のほとんどをアップデートしているので、P4 Proの違いはまったく分かりません。ファームウェアのアップデートは定期的に行われ、DJIにはすでにアップグレード、アタッチメント、アクセサリが用意されています。だから、あなたがそれを湖に飛ばさないと仮定すると、P4 Proはかなりの時間あなたを存続させるはずです。

あなたはそれを買うべきですか?

はい。これは間違いなく$ 1,500を使う最良の方法の1つです。

【DJI公式】Phantom 4 Pro V2.0 ドローン ファントム4プロ V2.0【送料無料】

価格:204,000円
(2018/10/21 19:02時点)
感想(0件)

【国内正規品】DJI ドローン PHANTOM 4 PRO 2000万画素1インチセンサー 5方向障害物検知 CP.PT.000492

新品価格
¥186,819から
(2018/10/21 19:03時点)

-ドローン
-, ,

Copyright© the absolute best , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.