8TBの外付けHDD、Western Digital My Book WDBBGB0080HBK-JESN

Western Digital My Book

My Book™デスクトップハードディスクドライブは大容量で、さまざまな写真、ビデオ、音楽、ドキュメントなどの多くのデータを使う方に、ぴったりの信頼性の高いデスクトップストレージです。Windowsパソコン、Macパソコンいずれでも、購入時からフォーマットしなくてもそのまま利用することができます。

Western Digital My Book

 

スペック

インターフェイス USB 3.0/USB 2.0
※ USB 3.0の性能速度を得るには、USB 3.0ホストおよび正規認証USB 3.0ケーブルが必要です。
データ転送速度 USB 3.0:最大5Gb/s
USB 2.0:最大480Mb/s
電源 DC入力
外形寸法 49(W)×139(D)×171(H)mm
使用温度範囲 5℃~35℃(動作時) -20℃~65℃(非動作時)
保証期間 3年間(日本国内において)
各種取得規格・法規制 RoHS指令準拠、NRCAN準拠、VCCI Class B、グリーン購入法
製造元 Western Digital Technologies, Inc.
輸入元・販売元 株式会社アイ・オー・データ機器

読み書きをしていないアイドル時の動作音は確かに静音

3.5インチハードディスクは読み書きをしていなくてもディスクが回転する動作音がそれなりに大きな音で発生します。

しかしこのWestern Digitalの8TB外付けHDDは読み書きをしていない状態(アイドル時)の動作音は極めて静かです。

2.5インチタイプの外部電源不要外付けHDD(Western Digital製)より少し音が大きい程度です。

ファンレスのHDDケースだがケース下方と上方に放熱用の穴が多数開いているので密閉性が低い

せっかくPCを静音仕様にしていても外付けHDDのケースにファンが付いていては意味がなくなるので、ファンレスタイプの外付けHDDを選ぶためこのWestern Digital製のものを選んだわけですが、ファンが付いていない代わりに放熱のためとしてケース上下に穴が多数開いています。

ほぼ吹き抜けといった感じの開放感あるケースです。

Western Digital My Book

Western Digital My Book

完全バックアップ、Time Machine対応

Windows向けの「WD Backupソフトウェア」、Mac向けの「Apple Time Machine」に対応したハードディスクを搭載する「My Bookデスクトップハードディスクドライブ」は、写真・ビデオ・音楽・ドキュメントを簡単にバックアップできます。また、「AcronisTrue Image WD Editionソフトウェア」ともスムーズに連携し、システムのフルバックアップをスケジュール設定できます。

パスワードロックとハードウェア暗号化

WD Securityソフトウェアによる256ビットAESハードウェア暗号化を使用して、あなただけのパスワードを設定し、コンテンツを保護します。

ヘッダシーク時の動作音は2.5インチと比べてかなり大きい 決して静音ではない

3.5インチHDDは2.5インチHDDよりも読書速度が速いため当然読み書き時の動作音はそれなりに大きくなります。これはこのHDD特有ではなく3.5インチHDDならどの機種でも発生する音です。

ただし、この外付けHDDはケースに放熱用の穴が多数開いているため音はほぼ外部に筒抜けです。2.5インチ外付けHDDに比べると3.5インチはやはり静音性では大きく劣るという印象です。

底面にはゴムがついているため縦置きがベスト

このHDDは縦置きしても横に寝かせてもどちらでもいいのですが、縦置きする場合は底面についているゴムによる振動吸収の効果が得られるので縦置きがベストです。それでも読み書きのヘッダシーク時には、デスク上に置いているとそれなりに振動は伝わってきます。

外形はごく一般的な外付けHDDと同じ大きさ 相対的に小型とは言いにくい

昔ながらの一般的な外付けHDDの大きさと思っておいたほうがいいです。デスクの上に置くとしたらそれなりに場所を取ります。小型をうたっていますが、外付けHDDとして普通の大きさです。

出荷時の初期フォーマットはexFAT NTFSする場合はクイックフォーマットで十分

出荷時はexFATでフォーマットされています。Mac使用者でも使えるようにという配慮なんでしょうが、Windowsを使う私としてはNTFSのほうがいいのでNTFSとしてクイックフォーマットしました。最初にディスクに書き込まれているのはバックアップソフトウェアやドキュメントですが、それらはWD公式サイトからいつでもダウンロードできるのでフォーマット時に消してしまって問題ないでしょう。

 総評:4TB以下でいいなら外部電源不要の2.5インチタイプ 8TB程度の大容量が必要なら3.5インチのWD外付けHDDはそれなりに優秀

私はWestern Digital製の4TB2.5インチ外付けHDD(USBバスパワー駆動・外部電源不要)を持っていますが、動作音は明らかに2.5インチ版のほうが静かです。

HDDのヘッダシーク時の静音化についてはほとんど進歩していないようです。

容量は4TB以下で十分かつ読み書き速度が遅くていいなら2.5インチの外部電源不要なポータブル外付けHDDをおすすめします。

8TB~10TB必要なら3.5インチタイプのWestern Digital製外付けHDDがおすすめです

WD 8TB My Book Desktop External Hard Drive – USB 3.0 – WDBBGB0080HBK-NESN 外付け ハードディスク [並行輸入品]

新品価格
¥28,968から
(2018/10/28 12:54時点)

WD HDD 外付けハードディスク 8TB My Book Pro WDBDTB0080JSL-JESN USB3.0/RAID0,1/Thunderbolt2/7200回転 WD Black SATAドライブ

新品価格
¥68,000から
(2018/10/28 12:55時点)

WD HDD 外付けハードディスク 6TB My Book Duo WDBFBE0060JBK-JESN USB3.1 Gen 1/RAID 0,1対応/3年保証

新品価格
¥39,760から
(2018/10/28 12:55時点)

Plantronics Voyager 5200 – ビジネスクラスのBluetoothヘッドセットレビュー

Plantronics Voyager 5200

 

今やスマートフォンも大型化して電話に接続して利用するPlantronicsの新しいVoyager 5200のようなヘッドセットが各メーカーからいろいろなタイプが販売されています。

最新のVoyagerシリーズのモバイルヘッドセット5200の外観は一般的なヘッドセットと比較して大きく感じるかもしれません。

Voyager5200を着用するとヘッドセットを装着していることが一目でわかります。

しかし、それは多くの機能、快適なフィット感と優れた音質に比べて重要なディメリットではないと思います。

今、発売されているほとんどのヘッドセットは、ヘッドセットをできるだけ小さく軽量に目立たないような状態を保つために、ハードウェア制御の部品数を最小限に抑える傾向があります。

Voyager 5200はその傾向とは正反対のコンセプトになります。

それは合理的なサイズと本体重量 約10gで装着しても気にならないと思います。

操作部分はうまく設計されています。

ヘッドセットを着用している時に操作に関して慣れるまでにはそれほど時間がかかりませんでした。

オン/オフスイッチはメインユニットの背面にあります(耳の後ろにある部分)。

ユニットに電力を供給するためのマイクロUSBプラグがそのメインユニットの下部にあり、2つの別個のボリュームをアップ/ダウンボタンが上部にあり、操作しやすいと思います。

通話をするマイクがあるアーム(約3インチほど)の付け根の後ろに小さなコールアンサー/ハングアップボタンがあり、アーム自体の赤いボタンがミュートとして機能します。 OK Googleやその他の音声コントロールで使用しています。

Voyager 5200には独自の音声コントロールもあります。

たとえば、着信時に、”Answer”(応答)  または”Ignore.”(無視)と言うと電話に出たり着信を拒否することが出来ます。

また、ミュートをオンにしたときに、時間をおいた間隔で、またはミュートがまだ有効になっている間に発言しようとすると、音声メッセージが流れます。

アーム(左右どちらの耳にも合うように調節可能)には、バックグラウンド音を処理するのに役立つ4つのマイクが機能しています。

マイクロフォンは、同社によれば、WindSmart技術の一部であるメッシュで覆われており、風向や風斬り音を検出して調整します。

実際に装着して利用していますが、音声のよる操作や操作系は非常に簡単で快適に出来ました。

風が強い野外でも快適な会話をすることができました。

音声を聞くことだけではなく、電話の相手にも確認しましたが、こちらの音声も明瞭に聞くことが出来て他のヘッドセットと比較して、音質が優れていると報告されました。

Voyager 5200には、実際の利用する際に非常に優れている機能が含まれています。

ヘッドセットの装着状態を感知する「スマートセンサーテクノロジー」を採用。

通話していないときに音楽を聴いていて一旦ヘッドセットを外している場合は、再び耳に装着するまで音楽を一時停止します。

ヘッドセットを着用しておらず、通話が入ってきたら、それを装着すると通話に応答する事が出来ます。

Voyager 5200は長時間着用する場合に非常に快適であることを実際に使用すると実感すると思います。

装着感は非常に良く耳にぴったりと安定しています。

しかし、眼鏡を着用するのはやや厄介に感じるかもしれません。ヘッドセットを装着するために眼鏡を外さなければなりませんでした。

ただし、他のメーカーから発売されている小型のヘッドセットはを何社か試してみましたが、音声は聞き取れて問題を感じませんが、先方には音声が届けにくく、全く通話が成り立たないものや聞こえるが遠くに音声を感じるなど不便さを感じました。

 

アプリケーションとアドオン

Plantronicsには、Plantronics Hubと呼ばれる無料のモバイルアプリがあります。

Plantronics Hubは、大体のスマートフォンで動作し、iOSとAndroidデバイスで利用できます。

このアプリでは、バッテリーの状態をモニターしてチェックすることが出来ます。

また、さまざまな設定を微調整することもできます(たとえば、ヘッドセットで音楽を一時停止するかどうか、また、ミュート状態)。

紛失したヘッドセット(聴力範囲内であることを前提としています)を見つけて、ヘルプファイルに簡単にアクセスすることもできます。

Voyager 5200は連続通話時間 最大約7時間のカタログスペックがあり、もし十分ではない場合は専用の充電器を購入すると、Voyager Legend 専用充電ケースはケース内にバッテリを内蔵しており、Voyager Legend を充電可能になり、電源持続時間を最大14時間追加(フル充電2回)にする事が出来ます。

移動中や旅行中の場合は、ヘッドセットをケースの中に入れてバッグに入れることができます。

オフィスなどで使用する際は、Voyager Legend 専用充電ケースはVoyager 5200を上に置くことができる小さなくぼみがあります。

Plantronics Voyager 5200
Voyager 5200の充電ケースは、デスクトップのスタンドとしても機能します。

 

結論

Plantronics Voyager 5200は、電話で多大な時間を費やすビジネスマンにとって優れたヘッドセットです。

それは、性能の良いノイズキャンセル、オーディオリマインダー付きの便利なミュートボタン、コールを受け取り、音楽を一時停止するスマートセンサー、および他の多くの便利な機能を提供します。

Plantronics Voyager 5200を利用するに当たり、Voyager Legend 専用充電ケースは必須です。

ユニットを充電したままにするだけでなく、あなたが机の上Plantronics Voyager 5200を置いて作業をする際には便利です。

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット (モノラルイヤホンタイプ) Voyager 5200 VOYAGER5200

新品価格
¥10,454から
(2018/11/10 10:57時点)

VOYAGER5200 プラントロニクス Bluetooth4.1 ワイヤレスヘッドセット Voyager 5200

価格:11,500円
(2018/11/10 10:58時点)
感想(7件)

ヤフオクはこちら!!

安価なSeagate 外付けハードディスク 8TB 3.5インチ !! データ保存に最適!!

Seagate 外付けハードディスク 8TB

パソコンゲームを楽しむときは、もちろんゲームをダウンロードしますが最近のゲームは容量が30GBとか一昔に比べ

確実にデータ総量が増量しています。PS3世代では6-13GBが平均だったんですが・・・・笑

それに伴ってHDDが手持ちのもの1TB・3TBのものでは正直足りなくなってきた

 

持ち運び可能のHDD4TBも持ってはいるが基本的にゲームはデスクトップで使用するため持ち運び必要がなく

壊れる可能性がより少ない据え置き型HDDを探していた所条件にピッタリの商品を見つけました!

Seagate 外付けハードディスク 8TB 3.5インチ USB3.0

前の記事で紹介したSeagate HDD  Backup Plus  4TBと同じメーカー製の商品になっている。

前もSeagateを紹介してさらに今回も紹介したらSeagateの回し者では??と疑われる可能性があったので控えたかったのだが

それを配慮しても余りあるほど魅力があるので今回紹介していこうとおもう!

 

外付けハードディスク

まずは製品の説明

対応OS : Windows 10、Windows 8、Windows 7 オペレーティング・システム
付属品 : USB 3.0ケーブル 120cm, 電源アダプタ
製品寸法 : 横3.66cm, 高さ12.6cm, 奥行17.6cm, 重量0.95kg

 

対応OSは Windows 10、Windows 8、Windows 7 オペレーティング・システムと現在の環境化では幅広く対応している。

大きさは外付けHDDとしては若干大きいくらいで持ち運びを考えないのであれば全く問題がない。

しかも8TBで20000円前後と同価格帯のHDDに比べ5000円近く安い。

しかもバックアップ用の4TB外付けのHDDが主な中、1つで2つ分の容量をまとめて保管できる点は単純に管理する点で楽になる。

2つ、3つのHDDを行き来しながらデータを管理していくのは必要なデータを探す際所在が判らなくなり

総当たりで探していくのが億劫で仕方なかったがそれが解消されるのはありがたい。

コスパは抜群にいいが、心配になるのは転送速度だ。 安い代わりに遅いのでは正直話しにならない、

外付けハードディスク

Seagate 外付けハードディスク 8TBは前時代のUSB2.0ではなくUSB3.0を起用している。

勿論最新のUSB規格だから早いというのは知識のない方でも理解できるが驚くのはその転送速度

理論上「USB3.0」は「USB2.0」に比べて約10倍の速度でデータを転送できる

あくまで理論上なので通常使用であれば2倍~3倍程度ではあるがそれでも待ち時間が1/2以下になるのはうれしい。

 

実際に書き込みしてみたが瞬間最大速度は190MB/S程度を確認

特にファイルサイズがGBを超える長大ファイルコピーではえぐいほど高速です。

ただキロバイト単位の小さなファイルの大量コピー時にはスピードが落ちる・・・

平均転送速度はグラフ的に100MB/s平均程度と言った所 ほかの高価なHDDに比べてしまうとやや遅いですが

問題ない程度の速度なので気にはなりません。

基本的に外付けはデータ倉庫として運用しますので一度書き込んでしまえば、あとは特にストレスは無いかと思います!

 

今回はSeagate 外付けハードディスク 8TBを紹介しました。

現在発売されている8TBHDDの中でぶっちぎりにコスパは高いです。

安価な分安全性に不安はありますが他の方のレビューを見る限り故障は少ないようです!!

気になる方は購入を検討してみては???

【 日本正規代理店品 】 Seagate 外付けハードディスク 8TB 3.5インチ USB3.0 3年保証 Expansion デスクトップ STEB8000100

新品価格
¥19,800から
(2018/11/10 11:12時点)

【 日本正規代理店品 】 Seagate 外付けハードディスク 8TB 3.5インチ USB3.0 3年保証 Expansion デスクトップ STEB8000100

価格:32,011円
(2018/11/10 11:13時点)
感想(0件)

ヤフオクはこちら!!

持ち運び可能!! おすすめHDD シーゲートの2.5インチ4TBポータブル外付けSeagate HDD  Backup Plus 

Seagate HDD  Backup Plus 

外付けのHDDは多数所持しているのだが出先で使用できる大容量のHDDは所持していなかった。

容量500GB・1TB・2TBと多数あるが自分は動画などの容量を占めるデータを多数持ち運びしたかったので2TBでも物足りなかった。

ただ2TB以上だと外付けがメインになってくるので持ち運び可能な4TBのHDDをネットで探していたのだが

こちらを発見した!Seagate HDD  Backup Plus  4TB

2.5インチ以上であれば無数の数のHDDがあったが持ち運びを考えるとやはり理想は2.5インチとのことでこちらをセレクト!

寸法:本体サイズ(cm):長さ10.3×幅4.1×奥行14.2、2.5インチかなり小型で通勤・通学のカバンに入れても邪魔にならないサイズ

重さは多少あるが4TBということを考えれば余裕で考慮できるレベルだ。

 

Seagate HDD  Backup Plus 

 

実際に写真で見ていただければわかるがかなり小型

手のひらサイズに収まるレベルなので学校内でノートパソコンを起動して繋げても違和感なく使用できる。

サイズは申し分ないが転送速度が気になるということで調べた所

USB2.0の10倍以上の高速転送(最大5Gbps:理論値)を実現するUSB3.0規格に対応

「USB2.0」では、どんなに高速なHDDでも速度は30数MB/sで頭打ちになってしまいますが、

「USB3.0」最新のHDDなら120MB/s以上は硬い、毎秒これだけ差があると体感速度はかなりちがいます。

HDDやSSD本来の性能を発揮できる規格になるので内蔵のHDDと同じ速度で使用できるのはかなりの魅了です。

 

さらにMacにもWindowsにも対応しており

再フォーマットなしで、Backup Plusポータブル・ドライブをPCとMacの両方で交互に使用することができます。

編集ではMAC、普段遣いのときはWindowsという方も臨機応変に使用できるのは非常にありがたい限り。

 

そのほかにもダウンロード可能なSeagateバックアップ・ソフトウェアを使用して、200GBクラウド「Seagate Dashboard」を利用でき

お気に入りのファイル、写真、ビデオをPCから簡単にバックアップ、インストールされたパソコンではHDDを繋げなくても

クラウド上で管理できるので急用でHDDを持ち運べない場合も安心。

 

ただ注意点としてクラウドシステムを利用できるのは2年間のみになっており

継続して使用する場合は料金が発生するよう、強制的にお金が発生するわけではないので必要性を感じなければ更新しなければいいだけですけど笑

 

速度の点も問題はないがご覧になられている方『シーゲート』というメーカーは信頼できるのかと考えてはいませんか?

あまり日本では馴染みのない会社名ですがアメリカの大手HDDメーカーで海外ではかなりポピュラーなメーカーだそうです。

ただ調べる限りだとエラー率が他のメーカーに比べて多いそうなのでそこは不安点ですね。

 

合わせて正規品が日本では販売されてなく基本的に並行輸入品になるためメーカー保証も怪しい所。

ただ現状一年間使用してはいるがとくに不具合もなく正常に動作しているのでまちまちなのかなと??

壊れるときはどのメーカーでも急に壊れますから運次第な部分も笑

 

値段は現状で17000円前後 他のメーカーの持ち運び可能HDDが19000-21000円前後の中値段もかなりリーズナブル

安心性に関しては少々不安は残りますが利便性に加え速度、無料のクラウドなど値段以上のお得感があるかと思います。

 

 

Seagate Backup Plus 4TB Portable External Hard Drive USB 3.0 (Black) STDR4000100 [並行輸入品]

新品価格
¥13,083から
(2018/11/11 14:14時点)

Seagate Backup Plus 4TB Portable External Hard Drive USB 3.0, Blue (STDR4000901) [並行輸入品]

新品価格
¥14,000から
(2018/11/11 14:14時点)