Jabra SPEAK 410 高音質 USB スピーカーフォンのレビュー

Jabra SPEAK 410画像1

皆さんはお仕事でオンライン会議を利用していますか。

SkypeやLyncでオンライン会議するために、Jabra Speak 410が配布されている会社もあると思います。
でも、オンライン会議が増えれば欲しい時には貸し出されてないなんてことも。
借りるのに手間が掛かったりなんて事もあるかもしれませんね。

今回はスピーカーフォンJabra Speak 410 を詳しくご紹介していきます。

Jabra SPEAK 410画像2

高音質 USB スピーカーフォン

どこでもカンタン会議室

Jabra SPEAK410 は、日々電話・Web会議が多く、忙しくしている方に最適なUSBスピーカーホンです。
コンパクトデザインとキュートなポーチは、持ち運びを簡単にし、更に美しく収納されているコードで、簡単に接続使用できます。まさにUCシステムにおいての最適な製品です。

簡単設定・お手頃使用

Jabra SPEAK410 は応答・終話操作可能スピーカーホンです。
プラグアンドプレイで連携します。
また、Jabra製フリーソフトウエア Jabra PC Suite との連携にて、主なUCクライアント (スカイプなど) にも対応(応答・終話操作可能)し、UC システムに欠くことのできないスピーカーホンです。

直感的なデザインと操作性で、音量調整、応答/終話対応可能、そして入電音も聞こえ、決して電話を逃しません。

本格的なオーディオ品質

Jabra SPEAK410 は、ワイドバンドに対応し、デジタル信号処理(DSP)により、よりクリアなオーディオ品質を提供します。 また、パワフルなスピーカーと360°収音対応マイクにより、会議参加者の声をきれいに伝え、また聞くことをサポートします。

個人での使用の場合

3.5mm PINプラグポートを使用することにより、秘話性のある内容などは、ヘッドセットを接続し、使用することができます。ただ、3.5mm PIN プラグポートに、自身のヘッドセット、イヤホンなど使用することができます。

Jabra SPEAK 410画像3

主な仕様

  • 製品名:Jabra SPEAK 410 UC
  • 製品番号:7410-209
  • 重量 : 185g
  • マイク : 360°対応全方向低ノイズマイク(100Hz – 10kHz)
  • スピーカー : 200Hz – 15kHz
  • 対応OS : ・Windows 7(32/64 bit) / Windows Vista(32/64 bit) / Windows XP SP3
  • 対応ソフトウェア : ・Microsoft Lync、Microsoft Office Communication Server
    ・Cisco IP Communicator
    ・Avaya IP Softphone、Avaya IP Agent、Avaya one-X Communicator
    ・IBM Sametime
    ・Skype
  • その他 : ヘッドセット端子(3.5m)装備
    音量調節、マイクミュート機能(マイクのON/OFF)

Jabra スピーカーホン SPEAK 410-FOR PC [並行輸入品]

新品価格
¥9,100から
(2019/5/11 11:30時点)

Bang&Olufsen B&O PLAY Beoplay E8 レビュー

デンマークのオーディオブランド「バング・アンド・オルフセン」のモバイル向けブランド「B&O Play」から発売されておりますフルワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」のご紹介です。

イヤホンの外観・装着感・操作感

質感はBシリコン・ゴムっぽいサラッとした肌触りでありながら滑りにくく耳に馴染みやすい感じの素材感です。

リング状のシルバー部の内側のロゴ部分がタッチセンサーになっており様々な操作を行うことが出来ます。

接続状況を示すLEDライトはイヤホンの内側(R側のRの〇の中)に付いており、無駄に光って目立つこともなく配慮された設計です。
イヤホン本体はそこそこ大き目です。

耳への装着は斜めから耳に入れて耳の中で回転させるとちょっと変わった感じ。これをしっかり守れば結構フィットします。個人差は有ると思いますが・・・。

耳に当たるのがカナル部だけでなく耳の内部全体に当たり耳を塞ぐ形なので、かなりの装着感です。そのためか、遮音性も一般的なカナル型イヤホン以上にあるように感じられて良い感じです。

色もマットな黒系なので目立たずいい感じです。

イヤホンの左右共に本体側面はタッチボタンになっており、再生停止や、外音取り込みの「Transparency Mode(透明モード)」(後述)、音量の調節、曲送り、音声アシスタントの起動ができます。
イヤホンで音量の調節が出来るのは結構便利!! スマートウォッチやスマホの音量キーに頼らなくて良いのでやはり便利ですね。

種操作法はこんな感じです。

右耳と左耳にボタンが1つずつとなっているので操作方法自体がかなり複雑になっております。
音楽鑑賞においてよく使う音量調整・再生停止・曲送り曲戻しに関しては2タップ以内・長押しで収まっており、アプリを入れると操作の練習が始まるので使い方に関してはすぐ慣れて操作できるようになります。

ケースから取り出すだけで電源オンにならない。

Beoplay E8はケースから取り出すだけで電源オンにはなりません
この仕様、再生しないままE8を放置しているとケースに戻さなくても電源が落ちるようになっているようなので電源オンという操作が最初に必用になっているのだと思います。
寝落ちして、耳から外した状態で放置していても電源を入れれば朝使えるくらいにはバッテリーが残っています。

片耳での使用は実質不可能

右耳がスマホと接続する親機、左耳が子機となっています。というわけで右耳のみでの使用は可能ですが(モノラルへの切り替えは無し)左耳だけでの使用は無理です。

ちなみにAirPodsだと片耳だけでも使うことができ、モノラルへの切り替えが自動でされますが、他の多くのNFMI対応のフルワイヤレスイヤホンを見ればBeoplay E8の仕様は一般的な仕様だと言えます。

外音取り込みのTransparency Mode(透明モード)

外の音を取り込めるTransparency Mode(透明モード)機能がついてます。

左耳をタップすることでTransparency Modeに入ることができます。

モードは三種類あり、アプリから切り替えが可能。

  • 音楽を止めて外音を取り込む「AMBIENT」
  • 音楽の音量をかなり下げて取り込む「SOCIAL」
  • 音楽の音量を若干下げて外音を取り込む「COMMUTING」

「SOCIAL」モードでも音量をかなり絞っていれば会話が可能ですが、やはりそれでも会話するには聞き取りづらいことがあり、外音を取り込みながら音楽を取り込みたいという用途には良いと思いますが、会話メインとしては「AMBIENT」がオススメです。

外音取り込みの性能については、音が鳴った方向と実際に聞こえて来た方向が微妙に異なり、音質自体もマイクを通って来たんだなとわかる程度のものです
SONYのWI-1000Xなんかに搭載されているアンビエントサウンドと比較すると、やや劣る感じです。

ただしE8は遮音性が高く、たとえ音楽を停止していたとしても相手が話している内容がさっぱり聞き取れないので、Transparency Modeを活用することで、ちょっとした音は拾うことが出来るので実用的です。

同アプリから直感的にイコライザを変更できる機能なんかもあります。
かなりナチュラルに音質が変わるので面白いです。

左右同士の安定性及びスマホとの接続安定性は?

やはり、NFMIは良いですね。全く左右が途切れません。

スマホとの接続安定性も良好でスマホをポイっと置いて家の中を歩き回る程度では途切れません。

AirPodsなんかだと左右が1m程度ならイヤホンの向きを問わず繋がってくれるので友人との音楽のシェアができますが、E8だとイヤホンが向き合うように30cm以内くらいでないとNFMIが途切れてしまうので他人と片耳ずつ使う使い方は厳しいです。

スマホとの接続も安定しており駅中などでも問題なく使うことができました。

Bang & Olufsen 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 NFMI AAC対応 リモコン・マイク付き 通話可能 ブラック(Black) 高級オーディオブランド 【国内正規品/保証期間2年】

新品価格
¥27,721から
(2019/4/21 13:01時点)

HTC Vive Trackerの仕様 レビュー!VRに現実のものを“持ち込む”「Viveトラッカー」

VR体験施設などでは、手足や道具など様々なものをVRに“持ち込む”ことで、VR内で現実との感覚が同期するコンテンツが出てきています。このような分野で主に使用されているのは、HTC社が販売を行っているVRヘッドセット「HTC Vive」用の周辺機器「Vive Tracker」(Viveトラッカー)です。

HTC Vive Tracke

今回はこの「Viveトラッカー」について、具体的な使用例を含めて紹介します。

目次

1.Viveトラッカーとは?
2.Viveトラッカーでできること
3.Viveトラッカーの価格・購入方法は?
4.Viveトラッカーを使った具体例4選
5.実際に筆者が使用した例

Vive トラッカーとは?

「Vive Tracker」(以下、トラッカー)は、PC向けVRヘッドセットの「HTC Vive」向けアクセサリーです。さまざまな物体に取り付けることができ、装着した物体の位置を正確にトラッキングすることができます。これにより、例えば棒やモデルガンの先端に取り付けることで、VR内でそれらの位置を割り出し、現実での動きとVR内での動きを同期させることができます。

HTC Vive Tracke
(放水ホースの先端にトラッカーを装着し、VRで消防訓練を行っている様子。現実とVR内で消防ホースの位置を同期することで、よりリアルな訓練が可能)

トラッキング可能な角度は下部を除く約270度。範囲外になるとトラッキングできなくなってしまうので注意が必要です。また、トラッカーには下部にスプリングタイプのPogo Pin(ポゴピン)が6個備え付けられており、ピンを使用することで電源供給やボタンの押下といった入力、振動やLED点灯といった出力も可能となっています。

Vive トラッカーでできること

上記の通り、トラッカーを使用することで、現実世界にあるアイテムを、モーショントラッキングされたオブジェクトやコントローラーとしてVR空間内に取り込むことができます。

例えば手や足にトラッカーをつけることで、コントローラーを握らないようなコンテンツであっても手、足の位置をトラッキングすることができ、また銃のような形状のデバイスに取り付けることでより没入感の高いVR体験ができるようになります。

HTC Vive Tracke
(HTC Viveで使うことができるガンコントローラー。Viveトラッカーに対応している)

HTC NIPPON株式会社は、「HTC Vive」向けのアクセサリーとして新たに「汎用ラケット・卓球ラケット」を追加しています(ただし、トラッカーは別売りとなっているため注意が必要)。

HTC Vive Tracke
このアクセサリーを使用することで、テニスや卓球といったVRコンテンツも、より高い没入感で体験することができるようになります。

Viveトラッカーの価格・購入方法は?

トラッカーはHTC Viveの公式サイトから購入することができます。販売価格は12,500円(税込)となっており、同梱品としてUSBケーブル、2.4GHzドングル、ドングルクレードルなどが付属。完全充電時には約6時間動作します。

ただし、トラッカーは2018年2月現在では在庫切れが続いており、入手が困難となっています。メーカーであるHTC NIPPONに問い合わせたところ「供給回復は3月中旬~下旬」を見込んでいるとのこと。安定して手に入れるには、少し待つ必要がありそうです。

(参考記事)

Viveトラッカーの在庫切れが続く 供給回復は3月中旬以降 | Mogura VR

Viveトラッカーの在庫切れが続く 供給回復は3月中旬以降 | Mogura VR

MoguraVR

ペアリング方法

  1. USBワイヤレスドングルをPCに接続
  2. SteamVRメニューから、デバイス>コントローラーのペアリング
  3. 電源ボタン(Viveマーク)長押しでLEDが青く点滅
  4. ペアリングに成功するとLEDが緑に点灯

ワイヤレスドングルはUSBハブを使って1ポートに4台接続しても大丈夫でした。

充電方法

  1. ACアダプタでMicroUSB接続
    • 最大5V/1000mA。最大充電時間1.5時間。
  2. PCとMicroUSB接続
    • 最大5V/500mA。最大充電時間3時間。
  3. Pogo Pinの3番に5V給電
    • 最大5V/500mA。最大充電時間3時間。

最大充電時の連続稼動時間は6時間程度のようです。

ファームウェアアップデート

  • USB接続してSteamVRメニューから、デバイス>ファームウェアの更新
  • 設定からBluetoothコミュニケーションを有効化しておくと無線での更新が可能。(管理者ユーザーじゃないとBluetoothドライバが正しく入らない可能性有り)

視野角(FOV)

トラッキング可能な角度は270度。
下側をベースステーションに向けている状態ではトラッキングできなくなるので注意。
アクセサリと組み合わせて使う場合は、アクセサリによる死角にも注意。

HTC Vive Tracke

接続例

公式ドキュメントには接続例として、5つのケースが紹介されていた。

Use Case 1 : Tracker USB通信

USB接続でシンプルにトラッキング情報だけを使う場合。

HTC Vive Tracke

Use Case 2 : Tracker USB通信 + アクセサリ 別途通信

TrackerはUSB接続。アクセサリ用のデータは別途BluetoothやWiFiや有線等でご自由にどうぞ、というスタイル。

HTC Vive Tracke

Use Case 3 : Tracker 無線通信

Trackerをドングルで無線接続。無線でトラッキングだけ行う場合。

HTC Vive Tracke

Use Case 4 : Tracker 無線通信 + アクセサリ 別途通信

Trackerをドングルで無線接続。さらにアクセサリ用のデータを別途用意してね、というタイプ。

HTC Vive Tracke

Use Case 5 : Tracker&アクセサリ 無線通信

Trackerもアクセサリのデータも全部ワイヤレスドングルでまとめて通信する場合。
独自アクセサリを開発する場合、一番スマートな構成なのでこれを目指したい。

HTC Vive Tracke

Vive トラッカーを使った具体例4選

『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』

新宿にあるVR体験施設、VR ZONE SHINJUKUの『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』では、ドラゴンボールの「かめはめ波」を撃つためにトラッカーが使用されています。

HTC Vive Tracke
HTC Vive Tracke

HTC Vive Tracke

Viveトラッカーが付いたグローブとサンダル、そしてベルトを装着。これにより手足や腰の位置をトラッキングし、かめはめ波の「両腕を腰に当てて”気”を溜め、身体をひねって両手を右の腰に持っていき、叫びながら両手を突き出す」という動作を認識、VR内でかめはめ波が出せるという仕組みになっています。

(参考記事)

かめはめ波を撃つには修行から VR ZONE『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』攻略レポ | Mogura VR

かめはめ波を撃つには修行から VR ZONE『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』攻略レポ | Mogura VR

MoguraVR

『マリオカート アーケードグランプリ VR』

『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』と同じくVR体験施設VR ZONE SHINJUKUで体験できる『マリオカート アーケードグランプリ VR』でもトラッカーが使用されています。

HTC Vive Tracke

ハンドルとペダルがあるゲームセンターで使用されているものと同じ筐体に乗り込みますが、両手には手の位置をトラッキングするためのトラッカーを装着します。

HTC Vive Tracke

カートの操作はハンドルとペダルで行います。では、トラッカーが何に使用されているかというと、コースの数か所に設置されているアイテム補給地点でのアイテムをキャッチする際に使用します。

HTC Vive Tracke

アイテムはみどりコウラやバナナなどおなじみのものですが、それぞれ手を動かして使う必要があります。コウラは狙いを定めて(後ろを含む)投げたい方向に投げつけたり、ハンマーは振り回して隣のプレイヤーを攻撃したり。実際に手を動かしてアイテムを使用します。

【国内正規品】 HTC VIVE Tracker 2018

新品価格
¥12,140から
(2018/10/28 13:00時点)

Newzerol For HTC VIVE Tracker 2018/2017専用 ホルダー ロングセクション VR アクティブトラッカー対応 スタンド ストラップ 胸 腰対応

新品価格
¥3,980から
(2018/10/28 13:00時点)

Newzerol For HTC VIVE Tracker 2018/2017専用 ホルダー VR アクティブトラッカー対応 スタンド ストラップ

新品価格
¥3,380から
(2018/10/28 13:01時点)

2K録画対応 ハイスペックWDRドライブレコーダー VIOFO A119のレビュー

VIOFO A119

2K録画対応 ハイスペックWDRドライブレコーダー VIOFO A119のレビュー

VIOFOは、中国のシリコンバレーとも呼ばれる深セン市に本社を置くメーカー。
フラッグシップモデルA119は、その高いコストパフォーマンスから、海外レビュアーからも非常に評価の高いモデルです。

 

VIOFO A119付属品はシガーソケットUSBアダプタ、microUSBケーブル(長・短の2本)、ケーブルクリップ、マウントベース。

VIOFO A119はコンパクトながらフルHD超の高解像度 2K動画撮影に対応するドライブレコーダーです。
WDR(ワイドダイナミックレンジ)センサーで夜間のドライブでも細部まで鮮明な動画撮影が可能です。

ルームミラーに隠れるほどのコンパクトサイズで、設置場所を選ばず視界の邪魔にもなりません。
2560×1440ドット(30fps)や1920×1080ドット(60fps)での高解像度撮影が可能で、小さいながらに高性能です。

F1.8、画角160度の明るい広角レンズを採用する400万画素カメラを搭載。
搭載レンズの画角は160度と広く、トラブルが発生した際に撮り逃しや撮影ミスが起こりにくいとされています。
レンズは上下左右のアングル調整が可能で、補正処理により夜間でも鮮明な映像が撮影できます。

 

給電はUSB端子から行い、付属のシガーソケットUSBアダプターを使用することで、車のエンジンの始動に合わせて録画を自動的に開始することができます。

VIOFO A119Gセンサーを利用した衝撃検知機能、動きを検知して録画を開始する動体検知機能の他、衝撃を検知した際に自動的に録画ファイルをロックして上書き禁止にしたりする機能も備えています。

ただし、カメラ本体にはバッテリーを内蔵していないため、シガーソケットからの給電時は車のエンジンが切れていると動作しない点には注意が必要です。
車のエンジンを停止させた状態で防犯や当て逃げ対策の録画を行うには、別途電力供給が可能な安定した電源が必要となります。

録画メディアは最大64GBのmicroSDXCカードに対応しています。Class10推奨です。

チップセットは台湾Novatecの96660、センサーはオムニビジョン社のOV4689を使用しております。
部品の信頼度は高いです。

良い点

・市場相場は1万円程。その値段でありながら2K(2560 x 1440px)超高画質を実現。

・160度の超広角撮影。

・WDR(ワイドダイナミックレンジ)撮影で夜間撮影も綺麗。

・1080P(フルHD) 60fpsというより滑らかな撮影も可能。

悪い点

・GPSユニットが別売。

・日本語訳が不十分。(英語使用を推奨)

・西日本のLED信号機には非対応(30fps)

 

まとめ

カメラ本体にはバッテリーを内蔵していないため、シガーソケットからの給電時は車のエンジンが切れていると動作しない点に注意が必要。停車時の録画を要する場合はモバイルバッテリーが必須となります。

それ以外は、この価格で得られる高スペック!!コスパ重視の方にはオススメです。

【日本正規代理店商品】A119 シリーズ 最新モデル GPS付き ハイエンドモデル 5メガピクセル最新CMOSセンサー Aptina AR0521搭載 VIOFO ドライブレコーダー 『A119PRO-G』LED信号対策済【日本語マニュアル付 / 1年間保証 / 初期不良交換】

価格:12,980円
(2018/11/5 11:19時点)
感想(0件)

A119 2K 1440P GPS 車載カメラ ドライブレコーダー 2”モニター 160°広角 Gセンサー 動き検出 LDWS WDR 日本語表示

新品価格
¥10,800から
(2018/11/5 11:20時点)

ヤフオクはこちらから!!

Xperia Ear XEA10 をiPhoneで使ってみる

Xperia Ear XEA10

SONYとしては、初めて音声アシスタントシステムを搭載したイヤホンである「Xperia Ear XEA10」。
2016年年末に発売されました。

「Xperia Ear」は、片耳のカナル型イヤホンで、音声アシスタントシステムを搭載しています。
同様の製品としては、Appleが発売している「Air Pods」があります。

早速開封

Xperia Ear XEA10

上にヘッドセットと充電器が収められています。
充電器自体に充電池が入っているので、持ち運ぶときに充電器に入れておけば、自動的に充電できます。
この下に、説明書やイヤーパッドなどが入っています。

Xperia Ear XEA10

ヘッドセットには、初期状態では周囲の音も聴きやすいイヤープラグと、耳のくぼみにフィットする耳あて。
不安定ですぐ落としそうな気のするXperia Earですが、この耳あてのおかげで抜群の安定感を発揮します。
ガンガン頭をを揺らしてもましたが全然外れてきませんでした。これはすごいです。
ランニングなどのスポーツシーンでも十分使えます。
・・・しかし、フィット感を優先して一番大きいLサイズのアークサーポーターで使ったのですが、1時間くらい使ってみるとサークサポーターが耳に当たって、ジワジワと痛みを感じるようになりました。
なので、Mサイズのアークサポーターに変えて使ってみたところ、長時間使っても耳が痛くなりませんでした。
でも、Lサイズと比較するとフィット感がないので、少し外れやすくなってしまいました。この辺りの組み合わせは工夫が必用ですね。

そして、もう一つ気に入った点が、Xperia Earはどちらの耳にも装着出来るという事。
片耳しかないものの、右耳でも、左耳でも、どちらでも使える仕様になっています。これは嬉しいです。
片耳用Bluetoothヘッドセットは「左耳用」などと指定されている製品が多いんですよね。

左右で耳の穴の大きさが違う人にとってはイヤーパッドを付け替える必要がありますが、そうでなければ、イヤーパーツの取替なしに、そのまま左耳でも装着・使用できます。時と場合によって付け替えられるので、結構便利です。

 

本体のサイズは、「約15.2×約29.3×約24.3mm」、重さは「6.6g」です。
連続通話時間が「4時間」で、付属する充電ケースが「12時間」となっています。

基本使わない時は、本体を充電ケースにいれて持ち運びすると思うので、1日は十分にカバーできる仕様です。
「Air Pods」は、本体が「5時間」、専用の充電ケースが「24時間」となっているので、このへんは少し劣りますね。

iPhoneで使ってみる

まず動作環境としては「Android4.4」以上を搭載したAndroidスマートフォンとペアリングが可能です。
という事になっていますので、iPhoneは「非対応機種」という事になります。
ですが・・・今、私が使用しているスマホはiPhone。なのでアプリなしでiPhoneに直接繋いでみました。
使えるんです。
iPhoneでは普通にペアリングするだけで、ヘッドセットとして使用できました。

Xperia Ear XEA10

Xperia Earの露出部の上部はボタンになっているのですが、このボタンを押すと、Siriを起動することも出来ます。
Siriの機能も普通に使えました。普通に話すだけでSiriが答えてくれたり、電話かけたり、メールやTwitterを送信してくれたりします。

音楽の早送りや早戻しは、ヘッドセットにボタンがないので、Siriを起動して指示をするか、iPhoneや、スマートウォッチで操作する形になります。
ここはちょっと不便を感じますね。耳に手をやって操作ができる方が使いやすいかなぁと思います。

音声通話品質

XPERIA Earの音声通話。聞こえる音は非常にクリアで聴く方は問題ありませんでした。

が・・・、マイクの感度がイマイチの様です。相手には小さな音で伝わる様で聞き取りづらいとのことでした。意識して大きめの声で話す必用があります。

Bluetoothの接続品質

スマホとの接続はBluetoothになります。まる2日間使ってみましたが、途切れることもなく安定して使えました。
また、再接続にも失敗したことがないので安心して使えました。

 

本来Xperia Ear の機能を利用するには、Android端末に「Xperia Ear」アプリをインストールして使います。

コンパニオンアプリなども現状、Android端末にしか出ていないので、声優さんの音声で案内してもらうにはAndroid端末が必須となります。「Siri」とは異なり、音声の読み上げが非常になめらかなんだそうで、この辺も今後試してみたいと思います。

ソニー ボイスアシスタント機能搭載BluetoothモノラルヘッドセットSONY XPERIA Ear XEA10JP B

新品価格
¥16,810から
(2018/11/10 11:06時点)

【送料無料】 ソニー SONY ブルートゥースモノラルヘッドセット Xperia Ear エクスペリアイヤー (ボイスアシスタント機能搭載) XEA10 JPB[XEA10JPB]

価格:18,662円
(2018/11/10 11:07時点)
感想(1件)

ヤフオクはこちら!

マーシャル モニター ヘッドフォン ヘッドホン M-ACCS-00152レビュー!!コスパ・音質ともに高品質

 M-ACCS-00152

1962年に創業以来、世界中のロックミュージシャンたちから絶大な支持を受けてきたアンプメーカーMarshall

ギタリストからも高い評価を受けている有名メーカーですが2013年ごろに発売された

Marshall Monitor Headphone今回手に入りましたのでレビューしていきたいと思います。

 M-ACCS-00152

今回購入したのは並行輸入品、正規品もございますがお値段が並行輸入品のほうがかなり安いのでこちらをセレクト、

内容物は本体とAUXケーブル

質感はマットな黒のハウジングの手触りは革のような素材で、Marshallのアンプを触っているような感触です。
そして白のMarshallのロゴ。ツヤ消しのレザー感に真っ白なロゴが映えます

Marshallアンプのテイストをそのまま受け継いだような仕上がりとなっております。
全体的にレトロかつインテリな雰囲気で
とてもシンプルなので通勤でも休日でもいろんなファッションに合わせやすいと思います。

デザイン性からヘッドホンの利用は勿論カジュアルな小物としても流用できるのはポイントが高い!                高級感もあり細かい所まで手が込んでます。

イヤーパッドは革製で非常に柔らかく、厚みもあるので装着感がとてもいいです。遮音性も申し分ありません。
側圧は若干強めです。2~3時間なら疼痛なく装着可

ただイヤーパッドが小さめなので、眼鏡かけてると少し窮屈かもしれません                           メガネ装着時だと疼痛がはやくなるので注意が必要です。

ケーブルが着脱式でヘッドホン側には左右のハウジング下部にジャックがあり右出し左出し両対応になっている事、4芯のマイク付きケーブルなのでアップル製品の操作&通話も可能

 M-ACCS-00152

Marshall Monitor Headphoneの音質は・・・』

(Classic、Jazz、Rock、Metal、Pop、J-pop、EDM、etc.)などの他ジャンルに渡って音楽を聞きますが
このサイズのヘッドホンからは想像も出来ない量感で、ドラム・ギターなどの響きが迫力満点です                 深く沈みこむ低音域がドッと押し寄せてきました

特にロックの再現度が高く、ギターを楽しみたい方にはおすすめだ。

「Monitor」とはライヴにおける演奏者の追体験。
極端に言えば、Marshallのアンプを両耳につけて聴いている状態で、いつも聴いていた曲も新たな発見に遭遇できます。

さらにこのヘッドホンにはF.T.Fシステムというものが搭載されており、音質を変えることが出来ます。
高音域を抑える為のフィルターを外す前は高音域を主体にした曲は若干籠もって聞こえるが             こちらを外せば高音域が映えよりクリアになります。

同じヘッドホンで2種類の音質を楽しめる点は非常にコスパが高い。

購入した商品は並行輸入品なのでが音質や外装に特に問題はなく

購入するなら並行輸入品をおすすめします!!

Marshall Monitor Headphones [並行輸入品]

新品価格
¥9,800から
(2018/11/10 11:15時点)

ヤフオクはこちら!!

SONY ハイレゾを聴くポータブルスピーカー SRS-HG1のレビュー

SRS-HG1

ソニーが発売している世界最小のハイレゾ対応Wi-Fi/Bluetoothスピーカー“h.ear go”「SRS-HG1」。
スマートフォンなどからの音楽を手軽で、かつ高音質で楽しめるアイテムです。

コンパクトな本体サイズからは想像できない、しっかりとした重低音を鳴らしてくれます。
BluetoothやNFCによる接続なので置き場所にも困りません。もちろんハイレゾ対応です。
LDACコーデックにも対応しており、家でも屋外でもどこでも高音質をワイヤレスで楽しめます。

早速開封

内容物はUSBケーブルとアダプター、簡単な取説など。
本体付属のUSBケーブルとアダプターを使って、家庭用コンセントからでも充電可能です。

取扱説明書はソニーの公式HPよりダウンロードできます。
https://www.sony.jp/ServiceArea/impdf/manual/45897220SRS-HG1.html

本体サイズは約204×60×62mm(幅×奥行き×高さ)の立方体で、重量は約790g。
片手で軽々持てるサイズです。ちなみに手前のパンチンググリルは取り外し可能になってます。

SRS-HG1

底部に外すためのレバーがあります。

SRS-HG1

天面のボタンは5つ、電源とボリューム、低音を強調するEXTRA BASS、着信応答用ボタンです。
左側の背面には、入力モードを切り替えるFUNCTIONボタンが付いてます。
それと、天面に入力ソースを示すLEDが付いてます。テキストラベルが後ろ側についているので、正面からでは何のモードなのかがわからないですけど。

SRS-HG1

背面にはSTEREO PAIRとSET UP、UPDATE/WPSボタンがあります。
STEREO PAIRは、本機を2台使ってステレオスピーカー化する機能です。

SRS-HG1

UPDATE/WPSは、WPSでWi-Fiに接続する時に使うほか、本機のファームウェアアップデートの際にも使用します。
SRSシリーズをご存じない方のために説明しておくと、このシリーズはWi-Fiに対応しているので、アップデートがあると本体が勝手に受信し、本体だけでファームアップできるのであります。

端子類は、充電専用のmicroUSB端子と、外部入力としてのmicroUSB端子が付いてます。
同じ端子形状なのでお間違えないように。
外部入力用のmicroUSB端子使ってPCと接続し、USB DAC兼スピーカーとして動作させます。
隣にはアナログオーディオ入力端子も付いてます。
つまり、音楽の入力ルートとしては、Bluetooth、USB、Wi-Fi、アナログオーディオの4つがある訳ですね。

ちなみに入力方法としてハイレゾに対応するのは、Wi-FiとUSBです。
Bluetooth接続ではソニー独自の高音質規格「LDAC」に対応しているので、同じくLDAC対応プレーヤーから「音質優先」で接続した時のみ、「ハイレゾ相当」となります。相当です。

BluetoothでLDAC以外で接続した場合や、アナログ入力、Wi-Fiでもストリーミングサービスなどから再生する場合は、音源側がハイレゾではないので、音質補正機能の「DSEE HX」を併用することで「ハイレゾ相当」となります。

使用されているスピーカーは、直径35mmのフルレンジスピーカー×2個、これに強力なネオジクムマグネットを組み合わせハイレゾ対応フルレンジスピーカーとなっています。

内蔵バッテリはリチウムイオンで、新品状態の連続使用時間は、Bluetooth接続時でおよそ12時間(メーカー公表値)となってます。12時間鳴らせれば十分ですよね。おまけに便利な無音時のオートオフ機能も付いてます。

肝心の音質は・・・

では肝心の音はと言いますと・・・パソコンとUSBで接続し、ハイレゾ音源を再生してみました。

コンパクトサイズなのであまり期待はしていませんでしたが、EXTRA BASSの効果もあり低域が結構十分なレベルで鳴ります。
小音量でも中々のものです。中高域も十分なレベルだと思います。
コンパクトサイズなので音の広がりはそれなりですが、有る程度の音量で鳴らしても結構なクオリティで鳴ってくれます。この本体サイズでここまで鳴ってくれれば合格点だと思います。

一番の難点はお値段の高さですよね。
家電量販店では現在の相場が国内正規品で大体25,000円くらい。なかなか手が出にくい高価な品です。

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go SRS-HG1 : Bluetooth/Wi-Fi/ハイレゾ対応 チャコールブラック SRS-HG1 B

新品価格
¥19,000から
(2018/11/10 11:23時点)

SONYのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB10 レビュー

2017年5月に発売されたソニーのスピーカー「SRS-XB10」。
重低音サウンドをウリにしているEXTRA BASSシリーズのポータブルBluetoothスピーカーです。

IPX5相当の防水性能で、2台同時接続でステレオ再生にも対応したモデルです。

早速開封

今回購入したのは北米版なので、パッケージやマニュアルの記載が英字ですが、基本的には日本版と全く同じです。

コンパクトな箱です。内容物は、本体、ストラップリング(最初から本体に付いてます)、USB充電ケーブル、取扱説明書、セットアップマニュアルです。

SRS-XB10

SRS-XB10本体のサイズは直径約75mm・高さ91mmの円柱形で重さは260g、程よい重量感です。
見た目通り場所をとらないし、全然重くないので簡単に持ち運べます。

ボディーはIPX5相当の防水仕様で、おフロやキッチンなどでも水しぶきを気にせず使えます。素材は衝撃吸収するラバー的なムニュっとした質感で、キズが付きにくそうな感じです。このあたりの手軽さが、持ち出したくなる気にさせます。

内蔵バッテリーは4.5時間充電すると最長16時間再生できるスタミナぶり。もちろん充電しながらの音楽再生も可能です。

よく考えられているのが付属するシリコンストラップ。
ただの輪のようなストラップに見えて実はとってもスグレモノ。突起物にフック掛けすることもできれば、シリコンストラップの上にSRS-XB10を載せて横向き状態を保てる仕組みになっています。

SRS-XB10

こんな感じでお風呂場に有るフックに簡単に引っ掛けて使えちゃいます。
さすがにお風呂の湯船に落とすとマズイですが、水がかかるくらいなら全然問題ありません。脱衣所など外に置いたスマホの音楽を、Bluetoothで受信して聴くなんて使い方には最適です。

SRS-XB10

外部端子となる充電用のmicroUSBや入力用のステレオミニプラグは、ラバーのフタで水の侵入を防ぐ仕様になってます。
SRS-XB10

ストラップの接続部分はこんな感じ。携帯電話と同じ様な感じです。お好みで簡単に付け替えられます。

母艦となる本体との接続。

基本的にはXperiaに限らず、Bluetoothに対応したスマートフォンやパソコン・ゲーム機など、なんでもつないで音楽や動画の音声をワイヤレスで再生できます。

NFCを備えてますので、NFCを搭載したXperiaであればSRS-XB10本体の“N”マークにかざすだけで、とてもカンタンにペアリングできます。

接続や切断もNFCをかざすだけのカンタンさで、たとえばXperiaをSRS-XB10にタッチさせると電源ONからBluetooth接続され、もういちどタッチするとBluetoothの接続が切れるといった手軽さです。

Xperiaに保存した音楽の再生や一時停止、曲送り、音量調整はSRS-XB10側でも操作できます。
XperiaとのBluetooth(HFP/HSP)接続であれば、もしも電話がかかってたとしてもそのままハンズフリー通話もできちゃいます。
私はiPhoneに繋いで使用していますが、この辺りの使い勝手はソニー製品同士の手軽さには勝てませんね。

肝心の音質は・・・

SRS-XB10は低音が凄いという評判が多いですよね。

実際に聴いてみると想像以上で、驚くほどの高音質でビックリです。
パワーもかなりの物で、モノラル再生でもクラシックの交響曲が部屋中に響き渡るような感じです。
コントラバスやチューバの音色もしっかり表現できています。重低音モデルはネーミング通りの実力でした。

スピーカーを2台つなげてステレオ再生もできるということで試してました。
“Speaker Add”という機能です。
1台でも結構な音質でしたが、ステレオだと臨場感は半端ないです。
しかもワイヤレスなので自由な配置が出来ます。左右の距離が取れるのでグゥーンと音場が広がります。
こういうところは左右一体型にはできない利点です。

あくまでも単体で使うぶんにはモノラルスピーカーなので、Bluetoothの対応コーデックもSBCとAACに限られていたりと、上位モデルのようなLDACやハイレゾ対応といった高音質機能はありません。

左右のペアリング作業も簡単でした。
ステレオモード(左右に分かれてステレオ再生)とダブルモード(左右の区別なく同じ音で再生)の違いもインジケータランプに表示されるので一目瞭然です。
スマホのアプリで設定できると便利ですがそれは現状では出来ません。

本格的なステレオサウンドを外に持ち出したい方は絶対に2台1組がオススメです。
左右のカラーを別にしておくとカラフルな上にわかりやすいのでオススメです。
臨場感たっぷりの本格的な音響空間を持ち出せる優れたポータブルスピーカーです。

カラーバリエーション

カラーは、オレンジ、ブルー、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイトの6色。どれもきれいな発色です。

SRS-XB10

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 重低音モデル SRS-XB10 : 防水/Bluetooth対応 グレイッシュホワイト SRS-XB10 W

新品価格
¥6,078から
(2018/11/11 14:12時点)

Anker SoundCore mini コンパクト Bluetoothスピーカー 【15時間連続再生/内蔵マイク搭載/micro SDカード & FMラジオ対応】(ブラック)

新品価格
¥2,399から
(2018/11/11 14:12時点)

Echo Dot (エコードット) 第2世代 – スマートスピーカー with Alexa、ブラック

新品価格
¥4,980から
(2018/11/11 14:17時点)

Amazon Echo Dot 2nd 北米版レビュー

Amazon Echo Dot  2nd

Amazonから発売中の話題のAIスピーカー Amazon Echo Dot 2ndです。

現在、日本のアマゾンで購入できるモデルは3種類ありますが、Echo Dotは一番安いモデルです。
ちなみに、アメリカのアマゾンではモニター付きの2モデルと併せて合計5モデルがラインアップされています。

Amazon Echo Dot  2nd

Echo Dotは小さくてコンパクトですが、マイクの品質もスピーカー品質も想像以上に高いです。

使える機能に違いは無いので、入門用には十分ではないでしょうか。

Echo DotとAlexa

アマゾン・エコーとは、簡単に言うとデジタルアシスタント「Alexa」を利用できる家電デバイスです。

Alexaとは、Amazonが所有する人工知能。音声を認識して色々な操作を実行してくれる音声認識ユーザーインターフェースです。iPhoneでいうSiriのようなも。将来的には、ネットに繋いである家電は全て音声で操作可能になるといいます。
映画で見ていた未来の生活が現実になってきているんですね。

Alexaは色々な質問に応えてくれたり、音楽を再生(ネット上のストリーミングサービスも対応)してくれたり、ニュース・Kindle書籍の読み上げなんかもしてくれます。

スポーツのスコアや天気情報まで、話しかけるだけで様々な情報を音声で提供してくれます。
例えば、アレクサに「アレクサ!明日の天気はどう?」と聞くと、「明日の天気は晴れです」なんて感じで返ってきます。

こんな感じで、音声で「聞きたい事」や「やってほしい事」を伝えると、何らかのりアクションをしてくれるのがAmazon Echoです。

Echo Dotを開封

Amazon Echo Dot  2nd

早速開封してみます。
パッケージはAmazonらしい紙のシンプルなパッケージです。

Amazon Echo Dot  2nd

パッケージを開封するとEcho Dot本体、USBケーブル、ACアダプタ、簡単な説明書、コマンド例が入ってます。
今回のは北米版なのでパッケージや説明書類は英語です。

Echo Dot本体はUSBケーブルを通じてACアダプタとつなげるだけ。スイッチも入れずにそのまま電源をつなぐことで起動します。
音声の案内があってライトリングがオレンジ色に光って回り始め、初期設定待ち状態になります。

Amazon Echo Dot  2nd

Echo の初期設定は Alexa アプリから行います。
iOS ユーザであれば AppStore からアプリをインストールします。

Amazon Echo Dot  2nd

北米版ですが、日本のamazonアカウントを登録すれば日本語のスキルで普通に使用できます。
日本版も北米版も同じ筐体ですので特に違いはありません。

一般的なワイヤレスヘッドフォンやイヤホンに関する質問

一般的なワイヤレスヘッドフォンやイヤホンに関する質問

Bluetoothとワイヤレスヘッドフォンは同じですか?

 

 

本質的には同じ物です。ワイヤレスヘッドフォンは、無線信号を使用して別のデバイス(スマートフォンやAVききと通信できるヘッドフォンを指します。Bluetoothは、ヘッドフォン、携帯電話、タブレットなどで短距離でデータを交換するために使用される、グローバルな無線通信規格の正式名称です。

ヘッドホンの中にはNFCを搭載しているものがあります。

NFCはNear Field Communicationの略です。これは、(Bluetoothに比べて)非常に短い距離でのデータの交換を可能にし、事前にペアリングを必要としません。実際には、2つのデバイスはほぼ即座に接続します。要するに、お使いのスマートデバイスとヘッドホンにNFCが搭載されていれば、瞬時にペアリングすることができます。

すべてのワイヤレスヘッドフォンにノイズキャンセリングはありますか?

いいえ、すべてのワイヤレスヘッドフォンでノイズキャンセル機能を搭載しているわけではありません。しかし、かなりのメーカーが対応しています。これは、ワイヤレスヘッドフォンが通勤などで使用するシーンを想定しているためです。ノイズキャンセル機能は、周辺の音量を下げて低い音量で演奏している音楽を聞くことができます。また、音楽をかけていなくても静音性を保つことが出来ます。

別のケーブルを購入する必要がありますか、ワイヤレスヘッドフォンにケーブルが含まれていますか?

この質問は、思う以上に重要な項目です。幸いなことに、ほとんどすべてのワイヤレスヘッドフォンには、有線用の取り外し可能なケーブルが含まれています。取り外し可能なAUXケーブルを含まないワイヤレスヘッドフォンは希です。Audio Technica ATH-DSR9BTなどにはケーブルはありません。

ヘッドフォンが使用しているスマートホンなどとは違うバージョンのBluetoothであれば、機能するでしょうか?

Bluetoothデバイスは実際に下位互換性がありますので、そうすることで問題は発生しません。Bluetooth 5.0は、古いバージョンで問題が発生する可能性のある最新バージョンになります。それ以前のバージョンに関しては問題なく使用することが出来ます。 

Bluetoothを使用しているときにオーディオ品質が低下すると聞いています。これは本当ですか?もしそうなら、そのひどさは?

これは本当です。Bluetoothを導入する際にはトレードオフとして利点もありますが欠点もあります。残念ながらオーディオの品質は優先にと比較して徐々に改善はされてきていますが低下することが前提になります。オーディオの質がどれほど低下するかは、ヘッドフォンの品質とBluetoothの内容、メーカーの技術によって決まります。しかし、一般的に品質は聞けないほどひどいものではありません。音の違いはBluetoothと有線を比較することは、本来まったくちがう使用方法を比較するようなことなので利便性をとるか音質をとるかという選択になると思います。

Bluetoothのヘッドフォンには、高解像度の転送方法を採用して、通常のBluetoothヘットホンに比べて優れたオーディオ品質を提供しているメーカーがあります。これらのヘッドホンには、Sony MDR-1000XやWH-1000XM2やSennheiser HD 1などがあります。

Bluetoothヘッドフォンにアンプが必要ですか?

いいえ必要ありません。Bluetoothヘッドフォンは移動に際して使用する前提で設計されており、音質も変わりません。

 

 

 

 

Bluetoothイヤホン&ヘッドホンの選び方

いま、これでもかってくらいBluetoothのイヤホン&ヘッドホンが発売されています。
音質はもちろん、スタイルや機能もさまざまです。
今回はBluetoothイヤホン&ヘッドホンの選び方を解説してみます。

ワイヤレスはiPhoneからヘッドホン端子がなくなり拍車がかかった印象もある。

実際、ケーブルのごちゃごちゃから解放して、自由なリスニングスタイルを提供してくれる「使い勝手の良さ」はとても魅力的です。
「音質」はもちろん、「デザイン」や「機能性」にも優れた多彩なラインナップが発売されています。今はまさに買い時だと思います。

商品選びのポイント「装着スタイル」×「機能」

装着スタイルは大きく分けると3つあります。


ネックバンド型
髪型を崩さなくて済むうえ、快適に装着ができ、比較的リーズナブル。
選ぶ時に注意してほしいのは「バッテリー」の位置と大きさ。
どのくらい連続再生時間が担保されているか、重さがどこにかかるのかを事前にチェックしてから商品を絞っていくのが無難です。


完全ワイヤレス

ケーブルいらずで、左右を完全独立させた最先端のイヤホンです。
耳栓のように手軽に使えて、ほとんどのモデルが収納ケースに入れるだけで複数回の充電が可能なので利便性がとても高いです。

ただ、不意に耳から外れてしまう恐れもあるため、装着性などを慎重に確認してほしい。


ヘッドバンド型

もっともポピュラーで、音質・機能・デザインともに洗練が進んでいます。
比較的、バッテリー容量も多め。プレミアムモデルでは、オリジナルアプリが用意されていたり、ノイズキャンセリング機能を搭載していたり、個性がもっとも多彩です。
価格レンジも幅広いのも特徴です。

 

機能面

汗や雨に強い防滴機能
耳から外れにくいイヤーチップを備えていたり、汗や雨に強い防滴仕様を備えていたりなど、スポーツ用途のモデルが続々と登場しています。
最近では心拍計の機能を内蔵するアイテムもあります。

ノイズキャンセリング搭載
高品位なサウンドを引き立たせるノイズキャンセリング。
外部の騒音を軽減してくれるため、通勤、通学で使うことの多いユーザーにはメリットが大きいです。

スマホアプリ
スマホアプリに対応しているモデルも増加中。
音楽の再生操作だけではなく、サウンドキャラクターをタッチ操作で好みに調整出来たり、
消音性能をコントロールできたりもする。
アプリによる遊べる拡張性も視野に入れて製品を選ぼう。

予算3万円でハイレゾを選ぶならこの5機種がおすすめ

Astell&Kern AK Jr 64GB
AKシリーズの入門機。
シンプルなヘッドフォン専用、持ち運びやすい薄型デザインによるコストダウンと共に高音質を凝縮した1台です。
ハイレゾ音源:ひと癖あるが気持ち良いなりっぷり
MP3:重低音でダイナミックな音場を徹底
操作性:タッチ操作のUI。音楽専用に作られており、操作も迷わず使えます。
現在のアマゾン価格24,800円

 

FiiO X5 2nd
ハイレゾの老舗・FiiOのミドル機。本体にメモリを内蔵せず2基のmicroSDスロット搭載。
ハイレゾ音源:中域重視だがボーカルは弱い
MP3:ハイレゾに近い肉厚なサウンド
操作性:ホイール操作は旧iPod風。この操作性だけでも価値はあります。
現在のアマゾン価格31,000円

 

COWON PLENUE D
手のひらに収まる超小型ハイレゾプレーヤー。2.8型の全面タッチパネル操作対応で、音楽再生に特化したモデル。
ハイレゾ音源:サイズの割にハイスピードでパンチのある音
MP3:耳障りよく、中高域の情報再現が素晴らしい
操作性:画面は見やすいが、UIの作りに難があり迷いやすい
現在のアマゾン価格23,800円

 

SONY NW-A20
ソニーのハイレゾウォークマン入門「Aシリーズ」。ハイレゾ機では唯一のノイズキャンセリング対応でイヤホンも標準で付属。
ハイレゾ音源:ダイナミックで低音◎。空間再現は浅め
MP3:ズズンと沈む低音に。ハイレゾに近いキレ
操作性:シンプルだが分かりやすく、操作性は全機種トップ級。
現在のアマゾン価格24,800円

 

FIIO X1
クラックなホイール搭載のデザインを採用したハイレゾプレーヤーの入門機。メモリは内蔵しないが8GBのmicroSDが付属。
ハイレゾ音源:ナチュラル重視も、中域の情報量があと一歩
MP3:圧縮音も自然に聴かせるが、地味にも感じた
操作性:FiiO X5 2ndと同じで旧iPod風。
現在のアマゾン価格15,000円

 

コスパで考えると、ノイズキャンセルまで対応、
価格も最安クラスのソニーの一択になります。

豆知識
ハイレゾ音源は1曲100MB程度。16GBのメモリ容量は約160曲と最低ライン。
実用性重視なら32GB以上を確保したい。

ストリーミング音楽配信アプリをご紹介

あなたは音楽が聴き放題になる「ストリーミング音楽配信」はご存知ですか?
スマホがあればすぐに始められます。
4000万曲以上の音楽と出会うことができるサービスです。

さて、あなたはどのようにして音楽を聴いていますか?
好きなアーティストのCDを購入したり、レンタルして録音したり、YouTubeを観たりしていますよね。
ただ、紹介したいの「ストリーミング音楽配信」はそのいずれでもないスマホを利用した全く新しい音楽の聴き方になります。
ズバリ「聴き放題」。
なんと、楽しめる音楽は4000万曲以上。
月額プランに加入すれば世界で配信されている楽曲のほとんどを自由に聴くことが可能です。
楽曲の数だけがこのサービスのメリットではありません。

一番は「プレイリスト」や「レコメンドシステム」が秀逸なところです。
プレイリストは音楽ジャンルからも選択ができますが、「車でドライブするときに合うJ-POP」といった感じで
シチュエーションに合わせて選ぶこともできます。
音楽業界に務めていた方がつくるリストもあったり、一般ユーザーがつかったものなども選ぶこともできます。
サービスによっては自分でプレイリストをアップして、シェアすることもできます。

レコメンドシステムとは
各サービスの独自のアルゴリズムを使い、視聴履歴を参考に楽曲やアーティスト、プレイリストをおすすめしてくれるシステムです。
使えば使うほど精度があがりあなた好みにあった音楽をどんどん紹介されます。
「ストリーミング音楽配信」を利用して新たな音楽を発見してみてはいかがでしょうか?

代表的なアプリをご紹介します。

Spotify(スポティファイ)

世界最大級のサービス機器連携などの発展性も高い
洗練されたUI、「Daily Mix」といったユーザーに最適化された優秀なレコメンドが魅力の世界最大級のサービス
対応機器
iOS Andoroid Kindle PCアプリ
無料でできること
広告が数曲に1回入り、再生はプレイリストのみと制限はあるけど曲を全曲視聴できるフリープランを用意しています。

Apple Music(アップルミュージック)

iOS端末のプリインストールアプリで使え、Appleユーザーと親和性が高い。
配信する音楽ジャンルも幅広く、家族割りや学割など、加入プランの充実が魅力。
対応機種
iOS Andoroid PCアプリ
無料でできること
残念ながらフリープランなどありません。ただ、無料トライアルが用意されているので、期間内であれば全機能使えます。

Google Play Music(グーグルプレイミュージック)

CDライブラリーを多く持っている方におすすめ。
リッピングした音源を最大最大5万曲の音源をアップロードでき、端末に関わらずストリーミング再生できる。
対応機種
iOS Andoroid PCアプリ
無料でできること
これまたフリープランは用意されていません。しかし、定期的に無料トライアルや格安で全機能が楽しめるキャンペーンも行われることもあるのでチェックしてみて下さい。

AWA(アワ)

プレイリストが秀逸な日本発の音楽配信
国産らしいく邦楽が充実しています。直感的に操作できるUIもスタイリッシュ。
ユーザー同士が活発に発信するプレイリストはシェアする楽しさはあります。
対応機種
iOS Andoroid PCアプリ
無料でできること
フリープランは月に20時間までで広告なしで利用可能。ただ、再生は1分半のハイライト再生だが、プレイリストも作成できます。

まずは無料で利用できるSpotifyAWAあたりから利用することをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

ハイレゾ入門のおすすめイヤホンMDR-EX750目的でNW-A25HNを購入するとコスパがいいです。

SONYのハイレゾ入門機といっても過言ではないNW-A25HN


発売は2015年10月10日ちょうど4年が経過しました。
かなり中古品が多く出回っており入門機としてはピカ一ではないでしょうか?
既にA40シリーズまで販売しております。A30シリーズも存在します。
ウォークマンA30シリーズとA20の違いですが
物理ボタンかタッチパネルかどうかの違いそこだけです。
はっきり言って音質面とBluetooth機能に変化はなし、
私的にはA20の方が優れてる。もちろん価格面でも。

メルカリなどでは稀に13,000円程度で販売されていることもあります。


しかも、付属のMDR-EX750同様のイヤホン付きです。
ただし、好きなカラーは選べませんけど…

是非、メルカリで【この検索条件を保存する】機能を利用して日々チェックすることをお勧めします。

注意してほしいのですがNW-A25HNに付属しているイヤホンは
Walkman専用のノイズキャンセリング対応の5極のイヤホンプラグのイヤホンとなるので
iPhoneシリーズで使うことは出来ません。
XperiaZ3以降のXperiaシリーズとWalkman以外には対応していません。
SONYの製品はSONYで使いましょうってことなんでしょうね。SONYらしい特徴でもあります。

XperiaZ3くらいのスマホを購入して格安SIM運用してしまえば普段持ち歩くスマホでハイレゾ生活が開始できるってことです。
そうなると、必要のなくなったNW-A25の本体を売ってしまえばいいのではないでしょうか?
最近の中古市場でNW-A25本体は12,000円程度で売れます。状態が良ければプラス2,000円くらいにもなります。
XperiaZ3の中古相場は13,000円程度なので付属イヤホン(MDR-EX750)目的でNW-A25HNを15,000円出しても差額は実質の手出し金額は2,000円程度になり
一石二鳥のハイレゾ生活が実現できますよ?
変に【iPhone】プラス【ポタアン】でハイレゾを楽しむなら
XperiaZ3以降のスマホを使えばいいじゃんてなりそうですね。

イヤホンを選ぶならこの2つのタイプが主流

インナーイヤー型イヤホン
耳甲介(イヤーコンカ)に載せてフィットさせるため、カナル型と比べて非常に軽い装着感が特長です。
開放型(オープン)とも呼ばれ、カナル型では出せない音場が広く開放感のありますが、遮音性や音漏れには弱くなっています。
長時間使用でも疲れにくいという利点もあります。

iPhoneに付属していたタイプは、このインナーイヤー型です。
耳にはめる部分は平たく、耳の形を選びません。
iPhoneの異常な普及で浸透した印象があります。

簡単に言うなら万人受けのイヤホンと言えるでしょう。

 

カナル型イヤホン
カナル型イヤホンは、耳栓のように外耳道にイヤーピースを差し込んで音楽を聴くため、インナーイヤー型に比べ、
遮音性や音漏れに優れるものが多くなっています。

特徴は3つ

遮音性が抜群
耳の穴をすっぽり覆うように詰め込むこのタイプは、遮音性が高く周囲の声もあまり聞こえない「密閉型」なので、移動中は注意が必要。
先日紹介したサウンドピーツのQ12はこのタイプになります。

外れにくい
イヤーピースのサイズにもよりますが、基本的に外れにくいのでジムなどの運動中にもお勧めです。
耳から落ちてしまう人は、付属でイヤーピースがついてきていると思うので、耳の穴のサイズに合わせて交換しましょう。
中古で買うときはこの付属品があるのかを注意した方がいいです。
付属していない場合は結構な絶望感があります。

重厚に音が大きく聞こえる
カナル型は密閉型のため、音楽は大きく重く届きます。
重低音が大きめに響く、やや音が籠る場合があるなどの可能性はありますが、一人で浸りたい時はカナル型がお勧めです。
通勤時にイヤホンをしている方を目にしますがカナル型イヤホンが多い印象があります。
やはり遮音性の性能を駆使しているのでしょうか?

イヤホンは人によって合う合わないがあるので一概にどっちが優れているとは決めにくいです。
そんな時は家電量販店に出向き実際に装着して試すことを推奨します。