Bose QuietControl 30レビュー!!  ノイズキャンセリング性能が光る。

Bose 製品としては初となるBluetooth対応インナーイヤー型ワイヤレスイヤホン BOSE QuietControl 30 ノイズキャンセリング機能と全体的な使い勝手を レビューいたします。

QC30の特長

  1. ワイヤレス
  2. ノイズキャンセリング
  3. 連続使用時間

外観と装着感レビュー

ネックバンドタイプのQC30には、QC20の後継機種というより独立した新シリーズといった雰囲気があります。実際に首にかけてみた感じ、首周りに余裕があって長時間装着していても圧迫感を感じることはありません。

使わない時はネックバンドを首にかけたままイヤホンを垂らせるのもいいです。耳から外したイヤーピースは、胸元上部あたりの位置にくるので邪魔になることもありません。ヘッドホンのような感覚で首にかけたまま、いろんな作業ができるのは地味にポイント高いです。

Bluetooth接続可能なワイヤレスイヤホン!

iPhoneやAndroidの他、Bluetoothで簡単に接続できるワイヤレスのイヤホンになっています。

ワイヤレスヘッドホンを利用しているのですが、ケーブルレスの生活は本当に素晴らしい。

ストレスフルなストレス社会の現代日本において、こんなにもストレスのないストレスレスな世界が広がっているなんて・・・!

ワイヤレスだが、最高峰のノイズキャンセリングを搭載!

ワイヤレスになると気になるのはその音質。ワイヤレスイヤホンはケーブルを通さずに音を発信する特性上、音質が劣化すると言われています。

また、ワイヤレスとノイズキャンセリングを同時に搭載するのは技術的にも難しく、現在発売されている種類も少ないです。

そんな中、BOSEの誇る最高峰のノイズキャンセリングを詰め込んだとされるのがこの「QuietControl 30」なのです。

ノイズキャンセリングイヤホンを付けていて困るのが、外音が一気に遮断されるところ。さすがに「電車内の騒音を100%カットする」というのは難しいのですが、車内の案内音声などが聞こえなくなる程度には周囲の音が聞こえなくなります。

また、細い路地や暗い夜道を歩いているときなど「外の音が聞こえないと怖い」って状況もありますよね。

そんな時に便利なのが、この可変ノイズキャンセリング機能。コントローラブル・ノイズキャンセレーション機能なんて呼ばれています。

なんと12段階にノイズカットの強さを選ぶことができ、外部の音の遮断具合をいつでも設定変更できるのです。

音質

QuietControl 30の音は全体的におとなしめの行儀のよい感じです。
高音のキラキラ感のようなものはあまり感じられませんし、低音もそれほど強く出ているようには聞こえません。

ノイズキャンセリングを強めにすると響きが少し控えめになってデッドな感じになります。

ボーカルの声そのものを楽しむというよりも、トラック込みの全体の音を聞くのに向いているという印象を受けました。

(ハイファイマン)HIFIMAN RE800Jレビュー!

HIFIMANは2005年に誕生したオーディオメーカー。

中国の天津を拠点としています。

もともとは、自作ヘッドホンや中古品などをウェブショップなどで販売していましたが、

2010年、当時ほとんど無かったハイレゾオーディオプレーヤーHM-801リリースを皮切りに次々と新製品を発表。

DIYで培った確かな技術力とユニークなものづくりで、世界に認められるメーカーへと成長しました。

RE800JはそんなHIFIMANから発売されているイヤホンです。

スペック

再生周波数帯域5Hz-20kHz
インピーダンス60Ω
音圧感度105dB
ドライバー・トポロジーダイヤフラム
・9.2mmダイナミックドライバー
筐体24k金メッキ
ケーブル銀メッキ結晶銅ケーブル

上品な見た目ですが、ダイナミックドライバー1基という漢らしい構成。

HIFAIMAN独自となるトポロジーダイヤフラムを採用したこのドライバーは、

ダイヤフラムの表面に特殊なメッキ処理を施すことにより、ダイヤフラムの分割振動による歪みを大幅に低減することに成功しています。

24K金メッキの真鍮ハウジングと銀メッキ結晶銅ケーブルの恩恵か、中高域の解像度の高さはダイナミック型のイヤホンの中ではトップレベル。

インピーダンスが60Ωと高めです。鳴らしにくい印象がありますがスマートフォンでも音量はとれます。

RE800との違い

RE800との違い
・MMCXリケーブル対応
・本体が艶消しの金色に
・遮音性が向上
・音質は全く別物で少し大人しめの音に

特徴等
・トポロジーダイヤフラムを採用した9.2mm ダイナミックドライバー1 発構成。トポロジーダイヤフラムはダイヤフラムの表面に特殊なメッキ処理をしたものとのこと。・筐体は真鍮ハウジングに24K金メッキを施した物を使用。
・銀メッキ結晶銅ケーブルを使用。・筐体はとても小さく装着感は非常に良い。
・遮音性や音漏れ防止は一般的なカナルと同等か少し優れているかというくらい(無印RE800よりは大分向上している印象)

RE800J MMCX connecter

音のバランス

高域:★★★★
中域:★★★
低域:★★★

高域の鳴り方が印象的です。シンバルやグロッケンのような金属の鳴り方が鋭く、煌びやかです。結構鋭いので刺さるような感覚も受けますが、本物もこんなもんなので個人的には問題ないです。
高域が全体的な音の印象に大きな影響を与えていると感じますね。

低域が弱く感じられますが、そんなことはありません。出るときゃ出ます。出ないときは出ません。そりゃそうだ。つまり、盛っていないんですよ。曲によって左右されるだけなのです。
とはいえ、量は出ているのですが軽い印象を受けます。重たく、フロアからズシン!とくるような質感ではありません。そこが弱く感じられる要因かなと思います。

中域は、なんというか自然なんです。あまり印象が無いともいえますが、それはちょっと違うかなと。上手く聴かせてくれるというか、他のイヤホンではうまく聴こえなかった曲が、RE800Jだとうまく聴こえるというか‥

音の鳴り方

響きは広くはないが、低域を中心に、高くなるにつれ周囲に広がる感じ。音の位置もとても掴みやすいです。解像度が高く、特に高域の繊細さが素晴らしい。低域から高域まで歪みなく綺麗にに鳴らしてくれます。

響かせ方には若干人為的な感じがあるけど、RE2000の後にでも聴かなきゃ感じない事だし、この響かせ方が秀逸

ジョギング・ランニング・通勤・通学用のイヤホンの選び方のポイント!

音楽を聴きたいけどスピーカーで大きな音を鳴らせない…。そんな方には気兼ねなく音楽鑑賞できるイヤホン、ヘッドホン使用をおすすめします。イヤホン、ヘッドホンの特徴から、用途、目的別の選び方、おすすめ製品までご紹介。

アウトドアでのお供にもなるイヤホン、ヘッドホンをいつも側から離せなくほどの魅力を知ってください


イヤホンの主な種類

イヤホンは主にカナル型とインナーイヤー型に分かれます。

カナル型

耳栓みたいなゴム製のピースを入れて使用するタイプ。比較的耳が密閉されるため、音漏れしづらく、低温が響くため臨場感がある音質を楽しめます。音楽の世界に入り込みたい人にはおすすめ。

インナーイヤー型

耳に掛けて音楽を楽しむタイプのイヤホン。非常に軽量なのでイヤホンをつけているのを忘れてしまうこともしばしば。密封性が高いカナル型に比べて外の音が聞こえやすいので、車が多い道を歩いている時は安全なのでおすすめです。

イヤー型」「カナル型」の2つがあります。

インナーイヤー型は、耳の穴に浅く装着するタイプで昔からある最もポピュラーなイヤホンと言えるでしょう。

インナーイヤー型は脱着が簡単な反面、周囲の音が聞こえやすい・イヤホンの音も漏れやすいというデメリットがあり、通勤や通学の際のバスや電車などの車内では、迷惑にならないように配慮する必要があります。

次に、近年目覚ましく普及しているのがカナル型です。

カナルとは耳の外耳道のことで、耳栓のように挿入して使用するため外の音が聞こえにくく、また音漏れも少ないのが特徴です。

ただし、ジョギングやランニングで使用する場合は、車や自転車に気付きにくいというデメリットがあるため、使用には注意が必要となります。

イヤホンを選ぶ時は、この2つの種類の特徴と使用場所を照らし合わせてみるのがよいでしょう。

イヤホンの平均的な価格は?

earphone3


イヤホンは100円ショップでも売られているため、100円でも買える商品となります。

ただし、イヤホンは音楽などを聞くために使用するのですから、音質にこだわりがある方も多いと思います。

そこで、初めてイヤホンを使用する場合であれば1,000~3,000円程度、5,000~10,000円は音に多少のこだわりがある方用、10,000円以上は中級者、30,000円以上は上級者というのが一つの目安になると思います。

スピーカーの発音方式による分類

310pJDHSA5L

By: amazon.co.jp

スピーカーの発音方式による分類では、ダイナミック型。バランスド・アーマチュア型、コンデンサー型、複数方式のハイブリッド(混在)型があります。

ダイナミック型は一般的なスピーカーと同じ、丸い発音部(振動板)をコイルで動かす方式。非常に普及している方式で、極めて安価な製品から高価な製品まで使われる最も一般的な方式です。幅広い音域を安定した音質で再生可能。また、アンプへの負担も少ないなどメリットは多いです。

補聴器用の発音器をイヤホン用に改良したのがバランスド・アーマチュア型。ダイナミック型では得難い細かい音の繊細な再現力を持つことから、数万円以上の高級機を中心に採用が拡大しています。

欠点があるとすれば、幅広い音域をひとつのユニットで再生することが難しい。それを補うため複数ユニットを採用する高級機もありますが、大型化、高額化につながります。

繊細な音質への注目は高く、大手メーカーが低価格化に成功したことから、現在では数千円程度から購入可能です。現在のイヤホンブームの中心にある存在でもあります。

ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型を両方採用するハイブリッド型もあります。両方のいいとこ取りの音質を狙う方式です。設計が難しく、価格も1万円以上はしますが、うまく作られた機種では高音質が望めます。

多彩な用途に対応する機能性と形状を持つ現在のイヤホン

41PZG2atZOL

By: amazon.co.jp

幅広い用途や利用シーンで活躍するようになった現在のイヤホン。用途に応じた機能性、使いやすい形状など、多様な製品が販売されています。

イヤホンを使用する際、邪魔になりがちなコード。ワイヤレスイヤホンならコードのわずらわしさから解放されます。外で音楽を聴くのに便利なイヤホン。でも、雑踏のなかでは騒音がうるさくて、音楽がよく聴こえない…。そんなときには、外部からの騒音だけを減少して音楽に集中できるノイズキャンセリングイヤホンがあります。

ランニングなどのスポーツのお供にも役立つイヤホン。耳かけ型やネックバンド型なら、動いてもずれにくく、快適に装着し続けられますよ。汗や多少の雨にも耐える防水タイプもあります。

USB DAC内蔵ポタアンCHORD Mojoレビュー!

Chordでポータブルアンプ・DACと言うとhugoが有名ですが、hugoのエコノミークラスとして登場したMojo

スペック!!

・PCM 768kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生
・独自のアルゴリズムを搭載したXilinx社の新世代Artix7 FPGAによるD/A変換
・最大800Ωのヘッドホンもドライブできる駆動力と1Ω未満の出力インピーダンス
・ボディに音響的に優位性の高い、ブロック削りだしの航空機グレードアルミを採用
・幅82×高60×奥行22mm/重量180g、手のひらサイズの超コンパクト設計
・再生音源のサンプリングレートを、パワーLEDのカラーの変化で表示
・【入力】MICRO USB×1、COAXIAL(3.5mm)×1、OPTICAL×1
*iPhone/iPod/iPadとは市販のLightning – USBカメラアダプタを使用にて接続可能。
*Android端末とは市販のUSBホストケーブル使用にて接続可能。
*Sony NW-ZX2/NW-ZX100/NW-ZX1/NW-AシリーズとはSony WMC-NWH10を使用にて接続可能。
・【出力】3.5mmヘッドホン出力×2、【充電】MICRO USB×1
・高性能バッテリーにて最大約8時間再生を実現
・ライン出力機能搭載(ボリューム+/-同時に押しながら電源投入)
カラー:ブラック
ボディ:航空機グレードアルミニウム
出力レベル:35mW @ 600Ω 720mW @ 8Ω
出力インピーダンス:0.075Ω
ダイナミックレンジ:125dB
THD+N:0.00017%@3V 
入力:オプティカルTOSlink×1(最大192kHz / 24bit)
コアキシャル(3.5㎜)×1(最大768kHz /32bit)
MicroUSB×1(最大768kHz/32bit)
MicroUSB(充電用)x1
出力:ヘッドホンジャック(3.5㎜)×2
ラインアウトモード出力:3V
ボリューム調節:96ステップ(1dB 刻み)
電源:バッテリー:内蔵 リチウムポリマーバッテリー (1,650 mAh 7.4V)
充電時間:約5時間 (5V/1A USB-AC使用)
駆動時間:約8時間
サイズ(W×H×D):約82㎜×60mm×22mm
重量:約180g
同梱物:MicroUSBケーブル(充電用)、クイックガイド、保証書

Mojoを使う理由は??

普通の人にとっては、なにこれ?という機器だが、いわゆるUSB DACと言われる製品である。アナログレコードからCDに代わって以来、ダウンロードであれパッケージであれ、音楽はデジタルデータで流通されている。それを音楽として再生する時に必要となるのがDAC(Digital to Analog Converter)と呼ばれるD/Aコンバータ(デジタルアナログ変換器)で、音楽が再生できる機器には必ず搭載されている。そう、iPodやiPad、ウォークマンはもちろんのこと、スマホにも必ず内蔵されている電子回路だ。

デジタル信号をアナログ信号(音声データ)としてスピーカー(イヤホン/ヘッドホン)に送出するだけの単機能なアイテムだが、こいつがどんな仕事をするかで音質は大きく左右される。スマホの場合、音は出るもののそんなにいい音じゃないのは、DAC機能とそれを増幅するアンプ機能が貧弱だからだ。この部分を徹底追求し高品質に設計すれば、ピュアオーディオの世界やレコーディングスタジオレベルの最高品質のサウンドが飛び出してくる。音楽再生の肝となる部分だ。

Mojoが大人気を誇っているのは、価格破壊級のコストパフォーマンスを誇っているからだ。オフィシャルショップでも7万円を超えており決して安価ではないものの、それでも絶賛されているのは、他の追従を許さぬ高品質なサウンドをさくっと叩き出す、ずば抜けた実力を持っているからである。Mojoのサウンドに触れ「こいつはすげぇ」と感服したのは私も同じで、これまでのポータブルオーディオの価値観をひっくり返すインパクトを放っている。

Mojoの音質について

肝心の音質ですが、DAC-HA200よりもキレイに聴こえるのは間違いないです。

クラシックやジャズのピアノの響きがとてもキレイなのをまず感じました。

ピアノだけでなく、他の楽器の音もひとつひとつに力強さを感じます。

且つ、ボーカルの特に女性ボーカルの声が澄んでキレイに聴こえます。

Mojo 外観・使い勝手について

Mojoはコンパクトですがずっしり重量感があります。アルミ削り出しの艶消し仕上げで、カッコいいんですが、バッグに入れて持ち歩くとすぐに傷つきます。↓ロゴ下部の白いラインがすり傷です。

Mojo 外観

出力は3.5mmのイヤホンジャックが2つ。

入力はUSB(micro-B)・光デジタル(角形)・同軸デジタル(3.5mm)の3種類です。

私はAndroidスマホとUSB(micro-B)で接続していました。

USBが2つ並んでいるのは、給電と音楽信号の入力とを分けているからです。

音質を追求するノイズ対策と、分けることでDAC-HA200のようにスマホから給電されてしまう現象もなくなります。

光デジタルや同軸デジタルで出力するプレーヤーを持っていなかったので、この二つは未使用です。

USB DAC内臓の小型なポタアン探しているという方は視聴する機会がありましたら、是非視聴してみることをオススメします。

Nokia 3.1 レビュー!安価であるがバランスの良いエントリーモデル

スペック的にはフラッグシップ機などと比べることはできませんが、採点減の機能をバランスよく取り込んだスマホといえます。

この「Nokia 3.1」は、今年(2018年)の5月29日にノキアことHMDGlobalが新機種を3種類発表しましたが、そのうちの1台でして、メーカー側もコストパフォーマンスの良さをうたったエントリーレベルのAndroidスマートフォンです。

スペック

ディスプレイ: 5.2インチ
解像度: 720×1440ピクセル (18:9)
OS: Android 8.0
チップセット: MediaTek MT6750N
RAM: 2GB
背面カメラ: 1300万画素
前面カメラ: 800万画素
ストレージ: 16GB
バッテリー: 2990mAh
その他: microUSB

設計

Nokia 3.1 Plusは、新しく登場した兄弟であるNokia 5.1 PlusとNokia 6.1 Plusとデザイン言語を共有しています。ここでの違いは、使用される材料にあります。他の2つの電話機は金属製とガラス製の本体を備えていますが、Nokia 3.1 Plusは上下にポリカーボネートを入れたアルミニウム製の殻で梱包されています。

後ろの金属は柔らかく、つや消し仕上げで光沢のない反射があります。リアパネルのフィニッシュは、ノキア6.1や5.1のように似ています。

外見だけでなく、携帯電話の手触りもプレミアムです。ノキアの強固な携帯電話を保証する上で、あなたが手に持っているときに、Nokia 3.1 Plusで構築された丈夫なものが感じられます。カメラと指紋センサーの周りのクロム裏地は、電話の全体的な外観に加わります。しかし、それは簡単に染色されます。

それは、指/手のひらを掘ることなく、把持して長時間保持することを容易にする、湾曲した縁を全周に有する。しかし、覚えておいてください、それは180gでやや重いです。携帯電話のサイズはNokia 6.1 Plusのような便利なデバイスと呼ばれるものではありませんが、

右側にはボリュームロッカーと電源/スリープキーの2つのソフトタッチ物理ボタンがあり、簡単にアクセスでき、触覚フィードバックを与えることができます。後部指紋スキャナーも指の下にうまく収まります。

3.5mmオーディオジャックは上部にあり、マイクロUSBポートは下部にマイクとスピーカーがそれぞれ左右にあります。左側に2つのスロットがあります.1つはmicroSDカード用で、もう1つはデュアルSIMカード用です。

正面にはノキア7.1のようなデザイン、つまり曲がったコーナーと18:9のディスプレイを備えた標準的なフロントフレームがあります。厚い顎と額とイヤホンと前面のカメラとの上にノキアが右上隅にブランディング。ノキアはおそらく携帯電話で自分のロゴのために奇妙な場所を選んだ唯一のブランドです、他の人はあごを使用している、または全くブランドを入れていない。非常に多くの18:9ディスプレイの電話機では、それがどんな電話であるかを知ることは決して容易ではありません。

表示

新しいNokia 3.1 Plusには、ノキア3.1以降、18:9のアスペクト比を持つ新しいHD + IPS LCD画面が搭載されています。垂直解像度がまだ720pで水平が1,440pの6インチパネルでは少し高くなります。

黒のレベルは深いですが、最大の明るさは屋外で見たときの平均値をわずかに上回ります。Sunlightの読みやすさは圧倒的ですが、競合するデバイスと同等です。

色の精度は、ディスプレイの強い領域ではカウントできません。シアン、青緑色の色合いです。

通常のユーザーにとっては、マルチメディアやゲームのための非常に平均的なディスプレイですが、フルHD解像度は私たちが期待する最低限のものです。

バッテリー寿命

  • 3500mAhバッテリー
  • ノキア、2日間のバッテリバックアップを要求 

我々は、Nokia 3.1 Plusはやや大きめだと言いましたが、それは内部にジューシーな3500mAhのバッテリーが入っているからです。ノキアはこの電話機で2日間のバッテリーを約束していますが、これは技術的には正しいですが、パワーを重視した仕事や長時間のゲームであなたの携帯電話にストレスを感じない場合に限ります。パワーユーザーは、午前10時から午後8時まで、仕事の日を過ごすことができます。

フルチャージでは、ストリーミング、メッセージング、終わりのないソーシャルメディアフィードのスクロールなど、1日の使用状況がわかりました。バッテリーが問題であれば、信頼できる日常の運転手になることができます。

カメラ

  • プライマリ: 13MP PDAF / F2.0 / 1.12um セカンダリ: 5MP BW / FF / F2.4 / 1.12um
  • 8MPフロントカメラ
  • AI機能

Nokia 3.1 Plusは、f / 2.0絞りを備えた13メガピクセルの第1レンズ+ f / 2.4絞りを備えた5.0メガピクセルの第2レンズを備えています。正面向きのカメラは、f / 2.2の開口部を備えた8メガピクセルのシューティングゲームです。

カメラの設定は普通ではありません。つまり、昼間は説得力のあるショットを取ることができますが、照明が厄介な状況では苦労します。直射日光に当たって、時には過度の露出をしてハイライトを吹き飛ばしていましたが、暗いところではいくつかの領域が汚れているようでした。それは制限されたライトでオートフォーカスと闘っているし、また、明確なショットを得るためにあなたの手を安定して保つ必要があります。

にもかかわらず、あなたはそれを良い照明と手の安定したペアを与える場合、あなたはInstagramフィードの共有ショットを得ることができます。8MPのフロントカメラは良いセルフを持っていますが、再び低照度環境では最高のものではありません。

ノキアは、スマートフォンの新しい範囲で多くの人々によって評価され終わった年を始めた。基本的に、すべてのスマートフォンは最初のラインナップの改訂版でしたが、実際のアップグレードと自信を持って呼び出すことができます。

復活後の最初のNokia製ハンドセットを、Nokia 5.1 Plus、Nokia 6.1 Plus、Nokia 7 Plusなどの新しい携帯電話と比較すると、そのフィードバックに注意を払っていることは明らかです。

リーグに加わる最新のものはNokia 3.1 Plusです。それはノキア3.1を継承し、特にオフライン市場での予算市場を目指しています。兄弟と同様に、3.1のPlusバリアントは、その前身との類似点がほとんどありません。内部のデザインから始めて、新しいものがたくさんありますが、それは価格には十分ですか、遠慮する必要がありますか?確認してみましょう。

価格と在庫状況

Nokia 3.1 PlusはRsで販売されています。白、青、バルトの3色があります。Nokia 8110 4Gの価格はRsです。5,999。両方のスマートフォンは、10月19日から小売チャネルを介して利用できるようになります。

設計

Nokia 3.1 Plusは、新しく登場した兄弟であるNokia 5.1 PlusとNokia 6.1 Plusとデザイン言語を共有しています。ここでの違いは、使用される材料にあります。他の2つの電話機は金属製とガラス製の本体を備えていますが、Nokia 3.1 Plusは上下にポリカーボネートを入れたアルミニウム製の殻で梱包されています。

後ろの金属は柔らかく、つや消し仕上げで光沢のない反射があります。リアパネルのフィニッシュは、ノキア6.1や5.1のように似ています。

外見だけでなく、携帯電話の手触りもプレミアムです。ノキアの強固な携帯電話を保証する上で、あなたが手に持っているときに、Nokia 3.1 Plusで構築された丈夫なものが感じられます。カメラと指紋センサーの周りのクロム裏地は、電話の全体的な外観に加わります。しかし、それは簡単に染色されます。

それは、指/手のひらを掘ることなく、把持して長時間保持することを容易にする、湾曲した縁を全周に有する。しかし、覚えておいてください、それは180gでやや重いです。携帯電話のサイズはNokia 6.1 Plusのような便利なデバイスと呼ばれるものではありませんが、

右側にはボリュームロッカーと電源/スリープキーの2つのソフトタッチ物理ボタンがあり、簡単にアクセスでき、触覚フィードバックを与えることができます。後部指紋スキャナーも指の下にうまく収まります。

3.5mmオーディオジャックは上部にあり、マイクロUSBポートは下部にマイクとスピーカーがそれぞれ左右にあります。左側に2つのスロットがあります.1つはmicroSDカード用で、もう1つはデュアルSIMカード用です。

正面にはノキア7.1のようなデザイン、つまり曲がったコーナーと18:9のディスプレイを備えた標準的なフロントフレームがあります。厚い顎と額とイヤホンと前面のカメラとの上にノキアが右上隅にブランディング。ノキアはおそらく携帯電話で自分のロゴのために奇妙な場所を選んだ唯一のブランドです、他の人はあごを使用している、または全くブランドを入れていない。非常に多くの18:9ディスプレイの電話機では、それがどんな電話であるかを知ることは決して容易ではありません。

表示

新しいNokia 3.1 Plusには、ノキア3.1以降、18:9のアスペクト比を持つ新しいHD + IPS LCD画面が搭載されています。垂直解像度がまだ720pで水平が1,440pの6インチパネルでは少し高くなります。

黒のレベルは深いですが、最大の明るさは屋外で見たときの平均値をわずかに上回ります。Sunlightの読みやすさは圧倒的ですが、競合するデバイスと同等です。

色の精度は、ディスプレイの強い領域ではカウントできません。シアン、青緑色の色合いです。

通常のユーザーにとっては、マルチメディアやゲームのための非常に平均的なディスプレイですが、フルHD解像度は私たちが期待する最低限のものです。

バッテリー寿命

  • 3500mAhバッテリー
  • ノキア、2日間のバッテリバックアップを要求 

我々は、Nokia 3.1 Plusはやや大きめだと言いましたが、それは内部にジューシーな3500mAhのバッテリーが入っているからです。ノキアはこの電話機で2日間のバッテリーを約束していますが、これは技術的には正しいですが、パワーを重視した仕事や長時間のゲームであなたの携帯電話にストレスを感じない場合に限ります。パワーユーザーは、午前10時から午後8時まで、仕事の日を過ごすことができます。

フルチャージでは、ストリーミング、メッセージング、終わりのないソーシャルメディアフィードのスクロールなど、1日の使用状況がわかりました。バッテリーが問題であれば、信頼できる日常の運転手になることができます。

カメラ

  • プライマリ: 13MP PDAF / F2.0 / 1.12um セカンダリ: 5MP BW / FF / F2.4 / 1.12um
  • 8MPフロントカメラ
  • AI機能

Nokia 3.1 Plusは、f / 2.0絞りを備えた13メガピクセルの第1レンズ+ f / 2.4絞りを備えた5.0メガピクセルの第2レンズを備えています。正面向きのカメラは、f / 2.2の開口部を備えた8メガピクセルのシューティングゲームです。

カメラの設定は普通ではありません。つまり、昼間は説得力のあるショットを取ることができますが、照明が厄介な状況では苦労します。直射日光に当たって、時には過度の露出をしてハイライトを吹き飛ばしていましたが、暗いところではいくつかの領域が汚れているようでした。それは制限されたライトでオートフォーカスと闘っているし、また、明確なショットを得るためにあなたの手を安定して保つ必要があります。

にもかかわらず、あなたはそれを良い照明と手の安定したペアを与える場合、あなたはInstagramフィードの共有ショットを得ることができます。8MPのフロントカメラは良いセルフを持っていますが、再び低照度環境では最高のものではありません。

Nokia 3.1 (TA-1049) 2GB / 16GB 5.2インチLTEデュアルSIM SIMフリー [並行輸入品] (ホワイト/アイアン) 新品価格
¥15,286から
(2018/12/5 10:43時点)

「AQUOS zero」レビュー ゲーミングスマホおすすめ機種

1

AQUOS zeroでいかにゲームを快適にプレイできるか

2018年の年末に発売となったシャープのスマホ、AQUOS zeroの試用機をお借りして、2カ月ほど使い倒してみました。AQUOS zeroは、AQUOS Rシリーズとは別ラインのハイスペックモデルとして位置づけられるモデルです。

AQUOS zeroは6.2インチの有機ELディスプレイを搭載し、重さ約146g・厚み8.8mmの薄型軽量ボディ、128GBの大容量ストレージを有しています。ほかにも防水機能、高画質カメラ、高性能CPU、FeliCa対応など、ハイエンドスマホとして十分な機能を持っている1台です。

薄型かつ重さ146gの軽量ボディという点も魅力十分

AQUOS zero、128GBの大容量ストレージがうれしい

AQUOS zeroで筆者が気に入った点のひとつは、ストレージ容量が128GBあることです。多くのAndroidスマホは、内部ストレージが32GBや64GBくらいで、あとは本体にmicroSDカードを入れて記憶容量を増強するようになっています。

写真や動画などのデータを溜めておくにはその方法で十分なのですが、アプリは基本的に内部ストレージに保存するため、たくさんのアプリをインストールすると内蔵のストレージ容量が圧迫されます。新しいアプリを入れるためには、何か別のアプリを削除する必要がある……という状況になった人は多いのではないでしょうか。

スペックもコストパフォーマンスも優秀。防水など日本人好みの機能も満載していて、背面にはFeliCaや指紋認証も。指紋認証は精度が高く、読み取りにストレスを感じません

さまざまなゲームアプリを入れている筆者のようなユーザーにとっては、内部ストレージが128GBもあることで、「アプリを消すしかない」を回避できるだけでかなりの魅力となるわけです。

ただし、AQUOS zeroにはmicroSDカードスロットがないので、写真や動画など日々積み重なっていくデータは、クラウドストレージや母艦パソコンに移す必要も出てきます。面倒に感じるかもしれませんが、アプリの取捨選択を迫られるよりは、対処しやすいでしょう。

  • ストレージ容量は128GB。microSDカードスロットを持ちませんが、アプリは基本的に内蔵ストレージに保存(インストール)するめ、内蔵ストレージが大容量というだけで価値があります

AQUOS zero、やっぱりキレイな有機ELディスプレイ

次にディスプレイです。AQUOSスマホといえば、ハイスピードIGZO液晶による120Hz高速リフレッシュレート(*)や高画質が売りでしたが、AQUOS zeroは有機ELディスプレイを採用しています。高コントラストと高精細さはIGZO以上です。特に発色の良さはさすが有機ELといったところ。

AQUOS zeroのリフレッシュレートは60Hzですが、特にもっさりとした印象はありません。また、有機ELで言われる「焼き付きやすい」(簡単にいうと表示の残像が薄く残ったままになる状態)は、未知数。2カ月程度の試用では、目に見える焼き付きはありませんでした。

(*)リフレッシュレート
画面が1秒間に描き変わる回数。一般的な液晶画面は60回(単位はHz)。リフレッシュレートが高くなると、動きの速い映像やゲームなどがよりクッキリと表示されるようになります。ただし見た目の感じ方は個人差があり、リフレッシュレートを高くすると消費電力も上がるため、一概に高リフレッシュレートが優れているとはいえません。

さて、AQUOS zeroのディスプレイは狭ベゼル仕様で、全面ほぼ画面という印象。フチに向かって湾曲しているのが特徴的で、タッチ抜けが起こりやすそうな感じですが、独自のタッチチューニングをしているだけあり、タッチ感は良好です。

  • 本体をわしづかみにすると、手のひらや指の付け根に画面のフチが反応(タッチと認識)することもありますが、普通に持っているぶんには大丈夫です

持ち方によっては、手のひらの一部が画面端に触れて、タッチ操作がイマイチになることもあるため、多少の慣れは必要かもしれません。ゲームをプレイするときは、本体のフチをしっかり持つようにすれば、タッチ操作に影響もなく、端のほうまで的確なタッチ操作ができます。タッチ自体も思ったところにタップができるので、細かいタップ操作が必要なゲームでも、ミスにならずにプレイできます。

ワイヤレス完全イヤホンWF-SP900  タップ操作ができない/音量調節ができないなどの不良の際は!

2018年10月27日発売のワイヤレスステレオヘッドセット「 WF-SP900 」レビューをお届けいたします!

スポーツ用としての完全ワイヤレス イヤホンとして登場の WF-SP900 。しっかりとした装着感とスリムな筐体

WF-SP900は防水・メモリー搭載のアクティブなワイヤレスイヤホンとして、スマートフォン等とのBluetooth接続に加えて、音楽再生プレーヤーなしでも内蔵メモリー(4GB)により音楽再生が可能となっています。

タップ操作ができない/音量調節ができない

タップセンサーがロックされていないかご確認ください。
ロックされている場合は、以下の手順でロックを解除してください。

  1. プレーヤーを両耳に装着する。
  2. Bluetooth機能がオンの場合は、ボタン()を2秒長押ししてBluetooth機能をオフにする。
  3. ボタン()を2秒長押しする。

プレーヤーを同梱の充電ケースに取り付けた場合も、ロックは解除されます。

問題がタップセンサーのロックでない場合は、以下をお試しください。

  • 充電ケースに取り付けて電源を切ってください。その後、充電ケースからプレーヤーをもう一度取り出してください。
  • ボタン(と)を30秒間押し続けて、リスタート(再起動)してください。
  • タップセンサーをタップしても音量が調節できない場合は、指を立てるようにして、やや強めにタップしてみてください。

クイックサウンド設定を使う

クイックサウンド設定を使うと、お使いの状況に応じてイコライザーや外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)を簡単に設定できます。

  1. ボタン()をすばやく2回押す。 「Quick Sound Settings ON」と音声ガイダンスが聞こえ、クイックサウンド設定がオンになります。

クイックサウンド設定をオフにするには

再度、ボタン()をすばやく2回押します。

「Quick Sound Settings OFF」と音声ガイダンスが聞こえ、クイックサウンド設定がオフになります

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」本体のアップデート手順・やり方

完全独立型イヤホンのソニーの「WF-1000X」。左右のハウジングを結ぶ線がないケーブルレスでありながら、アクティブノイズキャンセリングの機能まで持っている、全部入りなモデルです

今回は本体のアップデートについてご紹介します! F-1000X アップデート手順(Android)

1 はじめに

本機のアップデートは、以下の手順で行います。なお、所要時間は約17分かかります。

  1. サーバーからAndroid 機器にデータをダウンロード。
    (ファイルサイズは約1MBです。)
  2. Android 機器からヘッドホンへデータを転送。
  3. ヘッドホンにてアップデートの実行。

注意1) アップデートのダウンロード中、データ転送中、アップデート実行中は、「本体を充電ケースに挿入」したり、「電源OFF」を絶対にしないでください。これらの操作をしてしまいますと、本機が使用できなくなることがあります。 注意2) 極力Bluetoothの接続が安定している環境でアップデートを行って下さい。
※電車など乗り物に乗っている状態やWi-Fiや電子レンジ、コードレス電話などの2.4GHz帯の電波が多く飛び交うような環境ではアップデートを行わないようご注意ください 注意3) WF-1000Xやスマートフォンのバッテリーライフが十分にあることをご確認の上アップデートを行って下さい

アップデートには、以下を満たすAndroid 機器(Android 4.4以降)を用意してください。

  • インターネットに接続されている。
  • 最新版の「Sony | Headphones Connect」(v2.1.2以降)がインストールされている事。

2 「Sony | Headphones Connect」を起動してください。

3 「Sony | Headphones Connect」とWF-1000Xを接続してください。

3.1 一度も「Sony | Headphones Connect」と接続したことが無い場合。

3.1.1 画面の指示に従い、接続してください。

3.1.2 接続が終わるとこの画面になります。

3.2 既に、「Sony | Headphones Connect」と接続したことがある場合。

3.2.1 「WF-1000X」を押下してください。

3.2.2 接続が終わるとこの画面になります。

4 アップデートが存在する場合は、「ヘッドホンのソフトウェアの更新が可能です。」と表示されます。

5 「詳細」を押下してください。

「バージョン 1.0.7」と表示されていることを確認してください。

6 「OK」を押下してください。アップデートが開始されます。

7 ダウンロード中の画面です。ダウンロードが終わると自動的に次の画面に遷移します。

8 転送中の画面です。転送が終わると自動的に次の画面に遷移します。

9 更新中の画面です。約1分かかります。この工程の間、「本体を充電ケースに挿入」したり、「電源OFF」を絶対にしないでください。
これらの操作をしてしまいますと、本機が使用できなくなることがあります。

10 ソフトウェアの更新が完了しました。と表示されます。

11 「OK」を押下してください。下記の画面が表示されます。

Androidの場合、上記6から10の手順で約17分かかります。

*上記7、8の手順で下記の表示が出て失敗する場合があります。

その場合は

  1. 「OK」を押下してください。
  2. WF-1000Xを一度充電ケースに格納してから取り出してください。
  3. 「Sony | Headphones Connect」を再起動し、再度1からアップデートを行ってください

ワイヤレス完全イヤホンWF-SP900 初期化(フォーマット)のやり方!プレーヤーの設定と本体メモリーリセット



今回は2018年10月27日に発売された「WF-SP00」を思い切って購入したので、使用感や設定のコツなどをあなたに共有したいと思います。

完全ワイヤレスのBluetoothヘッドホンの初期化についてご紹介します!

プレーヤーの設定と本体メモリーを初期化(フォーマット)する

プレーヤーを初期化(フォーマット)すると、プレーヤーは以下の状態になります。

  • 各種設定は、工場出荷時の状態に戻ります。
  • Bluetooth機器登録(ペアリング)情報は削除されます。
  • プレーヤーの本体メモリーに保存されているすべてのデータ(音楽ファイル、プリインストールデータなど)が消去されます。

初期化(フォーマット)する前に、重要なデータはバックアップを取ってください。

  1. 音楽再生を一時停止する。
  2. Bluetooth機能がオフであることを確認する。
  3. ボタン()を15秒長押しする。

    ランプ()がゆっくり点滅します。

  4. ボタン()から指を離す。

    ランプ()が点灯します。

  5. ランプ()が点灯してから30秒以内に、ボタン()をすばやく2回押す。

    ランプ()の色が変わります。
    30秒以内にボタン()をすばやく2回押さないと、初期化(フォーマット)はキャンセルされます。

  6. ランプ()が点灯している間に、ボタン()を押す。

    ランプ()が速く点滅して、初期化(フォーマット)が実行されます。初期化(フォーマット)が完了すると、ランプ()が消灯し、プレーヤーの電源が切れます。

ご注意



防滴ソニー「WF-SP700N」音が出ない・音量調節・小さいときの対処法。

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-SP700N」(公式ページ)。左右が独立した完全無線タイプのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載し、さらに防滴性能まで備えています

WF-SP700N アップデート手順(Android)

音が小さい

  • 音量調節は接続機器側で行ってください。機器によっては音量を調節できないことがあります。その場合はスマートフォン用アプリ“Sony | Headphones Connect”をインストールし、アプリ上で音量調節を行ってください。

音楽再生時にできること(Bluetooth接続)

お使いのBluetooth機器が機器操作機能(対応プロファイル:AVRCP)に対応していれば、以下のような操作が可能です。Bluetooth機器によってできる機能は異なりますので、お使いの機器の取扱説明書をご覧ください。

R側のボタンを押して操作します。

  • 再生:一時停止中に1回押します。
  • 一時停止:再生中に1回押します。
  • 次の曲の頭出し:2回押します。( 
  • 前(または再生中)の曲の頭出し:3回押します。(  
  • 早送り:1回押して離してから、もう一度押し続けます。( 
  • 早戻し:2回押して離してから、もう一度押し続けます。(  

ご注意

  • 音量調節は接続機器側で行ってください。機器によっては音量を調節できないことがあります。その場合はスマートフォン用アプリ“Sony | Headphones Connect”をインストールし、アプリ上で音量調節を行ってください。
  • 通信状態が悪いと、ヘッドセットの操作に対してBluetooth機器が誤動作する場合があります。
  • 接続する機器によってできる機能が異なります。上記の操作をしても異なる動作をしたり、動作しない場合があります。
  • 音が出ない

    • お使いのスマートフォンアプリ(HFP/HSPプロファイルを使用するもの)によっては、音声がL側からのみ聞こえ、R側からは聞こえない場合があります。
    • 接続先の機器とヘッドセットL側、R側の両方の電源が入っているか確認してください。
    • ヘッドセットと送信側Bluetooth機器が、A2DPでBluetooth接続されているか確認してください。
    • 音量が小さすぎるときは音量を上げてください。
    • 接続先の機器で正しく再生されているか確認してください。
    • Bluetooth機器とヘッドセットをもう一度機器登録(ペアリング)してください。

防滴ソニー「WF-SP700N」初期化・音声アシスト機能(Googleアプリ)の使用法

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-SP700N」(公式ページ)。左右が独立した完全無線タイプのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載し、さらに防滴性能まで備えています。

初期化する

ヘッドセットを充電ケースから取り出して、L側のボタンを2秒以上押してヘッドセット(L側とR側)の電源を切ってから、L側とR側のボタンを同時に15秒以上押し続けてください。

ランプ(赤)が点滅し、ランプ(青)が4回点滅して(   )、ヘッドセットが初期化されます。工場出荷時の設定に戻り、すべての機器登録(ペアリング)情報を削除します。この場合は接続相手の機器からヘッドセットの登録を一度削除して再度機器登録をしてください。

操作の途中でボタンから指を離したりして初期化が正しく完了しなかったときは、ヘッドセットのランプ(赤)が点灯したままになります。その場合は、もう一度ケースに収納してから、再度初期化の操作を行ってください。

初期化しても動作が改善されないときは、ソニーの相談窓口またはお買い上げ店へお問い合わせください。

Androidスマートフォンに搭載されているGoogleアプリを起動して、ヘッドセットのマイクから声でAndroidスマートフォンを操作することができます。

Googleアプリ使用時はスマートフォンからの音声はL側からのみ聞こえます。

  1. アシストと音声入力の選択をGoogleアプリに設定する。

    Androidスマートフォンで[設定]-[アプリ]で表示した画面の右上にある歯車アイコンを選択します。
    [標準のアプリ]-[アシストと音声入力]の順に選び、[アシストアプリ]を Googleアプリに設定します。

    上記の操作は一例です。詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書をご覧ください。

    注: 最新版のGoogleアプリが必要なことがあります。

    Googleアプリについて詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書やサポートページまたはGoogle Playストアのウェブページをご覧ください。

    Androidスマートフォンの仕様により、ヘッドセットからのGoogleアプリの起動に対応しない場合があります。

  2. ヘッドセットをAndroidスマートフォンにBluetooth接続する。
  3. Androidスマートフォンがスタンバイ状態または音楽再生中のときに、R側のボタンを押したままGoogleアプリを起動する。

    Googleアプリが起動し、起動音が聞こえます。

  4. ヘッドセットのマイクを通して、Googleアプリに頼みごとをする。

    Googleアプリと連携しているアプリなどについて詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書をご覧ください。

    Googleアプリを起動した後、頼みごとをしないで一定時間たつと、ビープ音が鳴り音声入力が解除されます。

スマホの望遠レンズおすすめレビュー!!

スマホレンズ愛用者が伝える、失敗しないスマホレンズの選び方とおすすめ製品を紹介します。スマホで写真撮影をすることが当たり前になってきていますが、どうせなら幅広い写真を撮りたいと思いませんか?そんな人におすすめなのがスマホにつけるスマホレンズです。広角やマクロなど様々なレンズが1つになっているので、手軽に色んな写真が撮影可能!筆者がスマホレンズをつけて撮影した写真も載せながら、どのような撮影ができるかも掲載しています。

Qtop 2X HD 望遠レンズ カメラレンズキット(2倍)

光学式ガラスレンズの採用と4群5枚のレンズ構成により、高画質な拡大画像を撮影可能!さらにレンズにはHDコーティングが施され、拡大しても鮮明な画質をキープ。当レンズ中心点とスマホのエッジとの距離が約3.68cm以下のデバイスに対応。クランプと収納袋がセットになっています。

Qtop 2X HD 望遠レンズ カメラレンズキット(2倍)

ITEMQtop 2X HD 望遠レンズ カメラレンズキット(2倍)サイズ:3.5cm×2.7cm
重量:77g
倍率:2倍

Qtop 2X HD 望遠レンズ カメラレンズキット(2倍) レビュー・口コミ

この手のスマートフォン用レンズというのは基本的にはレンズ1枚構成で、レンズと言うよりもフィルターと言った方が適当な代物が殆どですが、本製品はしっかりとコーティングが施された4群5枚構成、いわゆる本物の一眼レフカメラのレンズと同じような多層構造となっており、光学性能に大きなアドバンテージがある点が魅力的です。

レンズの倍率は2倍なので、35mm判換算で29mmのiPhone 6sなどであれば、レンズを装着することで58mmの中望遠の画角となり、初心者にも非常に使いやすい焦点距離となります。今までと違った雰囲気の写真が撮りやすくなることは間違い無いと思いますので、ちょっと写真に拘ってみようかな~と思い始めた方には是非ともオススメしたい、スタンダードな逸品ですね。

本体の質感も高く、鏡胴はアルミニウム合金製、5枚もの光学ガラスを搭載しているため、それなりに重量があり、低価格ながら”本格的なレンズを手に入れた”という確かな喜びを感じられます。

個人的には非常に満足できるお品物でした。
出典:Amazon

Patech 望遠レンズ HDカメラ(2倍)

Qtop倍率2倍望遠レンズ同様、クリップ式で高品質の光学レンズをスマホに固定します。スマホレンズの中心焦点から上部のエッジまで36mm以内のスマホに対応し、iPhone6やGalaxy等多くのモデルで使えます。アルミ製で銅メッキが施されたレンズ周りは高級感がありGOOD!

Patech 望遠レンズ HDカメラ(2倍)

ITEMPatech 望遠レンズ HDカメラ(2倍)サイズ:最大直径 35mm/長さ 27mm
倍率:2倍

Patech 望遠レンズ HDカメラ(2倍) レビュー・口コミ

スマホに挟んでカメラのレンズ部分に合わせるだけで、簡単に使用できるスマホ用カメラレンズです。
気軽に使えるクリップ式ですが、とても高品質でクリアなレンズが採用されていますので、本格的な撮影をしたいときにも最適です。
透明度がとても高いので、装着していることがまったく気にならず、クリアな撮影ができました。
フレームの材質はアルミ+銅メッキ。耐久性も見た目も、高品質で高級感を感じます。
クリップ部分もしっかりしたプラスチック素材で、挟む力も強めでしっかり。
クリップの両先端部分である「レンズが直接当たる部分」と「対面」には「ラバー素材」が施されており、「しっかり挟む力+ラバー素材」でズレにくい工夫もされています。
スマホの背面カメラだけでなく、前面のフロントカメラにも使用できますので、自撮り等にも効果的です。
倍率は2倍。風景などの遠景を撮影すると、スマホ単体では絶対に撮影できなかったズームの写真をクリアな画質で撮影できました。
また、遠景のみではなく、近景や接写などにも効果的で、特に接写(マクロ撮影)では、クリアで繊細かつ迫力ある写真の撮影ができ、本当に感動しました。
装着の相性の注意点として、「背面カメラのレンズ周りが突出しているスマホ」や「背面カメラのレンズ周りに飾り枠があるスマホ」は、本体レンズとクリップ式レンズとの間に隙間ができてしまったり、装着が斜めになってしまう等の場合があり、写真や動画の四隅が暗くなったり、ピントが合わない等、本来の製品の機能を発揮できない可能性があります。
また、現行のスマホの厚みに最適な設計ですので、古いスマホやタブレット等のような厚みがある機種でも、装着が斜めになってしまう場合がありました(SO-03Dで確認)。
あくまで相性であり、最近のスマホであれば何も問題無く使用できますので、製品に問題があるといった意味ではありません。
簡単に使用できて、スマホのカメラの性能を大きく引き出してくれる、クリップ式カメラレンズの逸品です!
出典:Amazon

E-More 2 in 1 クリップ式スマホ望遠レンズ カメラレンズキット(12.5倍)

より広い視野で撮影できる広角レンズとクローズアップ写真が撮れるマクロレンズがセットになったモデル。クリップ式固定で、厚さ13mm以下のデバイスに対応。柔らかいゴム付きで傷を付ける心配も無し。プロ仕様な光学ガラスを採用したレンズによって、グレア、ゴースト、反射などを低減。

ITEM

E-More 2 in 1 クリップ式スマホ望遠レンズ カメラレンズキット(12.5倍)サイズ:ーAmazonで見るいらない登山用品を売るなら買うトドア!

E-More 2 in 1 クリップ式スマホ望遠レンズ カメラレンズキット(12.5倍) レビュー・口コミ

個人的には「画質が落ちるだけだろ。。。」と思っていたりしたのですが、思いのほか使える!
まず、レンズホルダーとレンズ2つついております。
①マクロレンズ
②広角レンズ
①はそのまま使え、②は①を土台にして使う感じです。

【作り】
非常に良い作りです。
土台もしっかりしており、中途半端な位置にあるカメラがあるNexus 5Xでも問題なく使用できる。
【性能】
価格から考えられないほど、性能(画質)はいいです!
やすいレンズだから、多少ピントが合わないなどの問題が発生すると思ったら、一切そんなことはありません。
【総評】
もっと広く取りたい(集合写真とか?)、また、花などの接写などしたい!
それをスマホでやりたいと思っている方、この商品購入して満足できると思います。
出典:Amazon

キーボード選び方・種類一覧ガイド表!!



パソコンやタブレットでの文字入力に欠かせないキーボード。bluetoothなどのワイヤレスタイプが人気ですが、従来からある有線タイプも根強い支持を集めています。コンパクトで持ち運びに便利なもの、タイピング音が静かなもの、防水性能を搭載したもの、また耐久力があるものやショートカットキーの付いたものなど種類豊富で、これらの中から自分に合うものを選ぶのは少し難しいですよね。

そこで今回は、自分にぴったりなキーボードを見つけられるよう、まずは選び方のポイントを解説。

パソコン周りがすっきり。持ち運びにも便利な「無線接続タイプ」

接続方法

有線接続と無線接続、2つの方法があります。特徴を把握しましょう。

有線接続

電池交換の必要がありません。接続するだけで使えます。
USB1.1 / USB2.0 / PS2/2接続

無線接続

わずらわしいケーブルがありません。部屋のどこにいてもつながります。
Simplink / Bluetooth® / USB1.1

OS

利用する機器やOSの対応製品を選びましょう。最近は、スマートフォン、タブレット、ゲーム機でもキーボードが利用できます。

パソコン

Windows
Mac OS(Machintosh) など

スマートフォン/タブレット

iOS(iPad/iPhone)
Android など

ゲーム

PS3
Wii など

家電

テレビ など

基本機能

キーボードの基本機能を知りましょう。今、お使いのキーボードの基本機能を基準にすると、自分好みのものがイメージしやすいでしょう。

キー数

一般的には86~108キーとなります。
86はテンキーなし、108以上はテンキーありです。

キーピッチ

キーの間隔をキーピッチといいます。長さの種類は15mm~20mm程度で、一般的なサイズは19mm程度です。

キーストローク

キーを押したときの、沈む深さをキーストロークといいます。
2mm~4mm程度のものが一般的です。

キースイッチ

キーの機構をキースイッチといいます。
メンブレン、パンタグラフ、メカニカルなどがあります。

長時間のタイピングには向かないが、安価で水に強い「メンブレン式」

長時間のタイピングには向かないが、安価で水に強い「メンブレン式」

出典:www2.elecom.co.jpメンブレン式はキーの直下にラバードームが設けられ、このゴムの反発力によって押下したキーが戻ってくる構造。ゴムの反発が指先に伝わるので負担がかかりやすく、長時間連続で使用すると疲れてしまうという声も。また真っすぐ押さないと反応しないことがあるので、キートップの中心を意識してタイプする必要があります。

内部のラバードームがキーを反応させる接点をすっぽり覆っているため、水濡れに強いというメリットも。価格は手ごろで、タイピング時の音も控えめとなっています。

軽いタッチでタイピングでき、音も静かな「パンタグラフ式」

軽いタッチでタイピングでき、音も静かな「パンタグラフ式」

出典:buffalo.jpパンタグラフ式にもラバードームが内蔵されていますが、X型のパーツを組み込んだことでメンブレン式よりも真っすぐ押しやすいのが特徴です。ゴム自体も薄いため指先に感じる反発力が少なく、軽いタッチでのタイピングが可能。メンブレン式よりも疲れにくいところが最大のメリットです。

最近のノートパソコンはこのパンタグラフ式を採用している製品が多くなっています。メンブレン式と同様にこちらも打鍵時の音が控えめなので、カチャカチャとうるさいキーボードが苦手な方はこのタイプを選ぶといいですね。パンタグラフキーボードのおすすめ人気ランキング18選【2018年最新版】 | mybest

打鍵音は大きいが耐久力抜群の「メカニカル式」

打鍵音は大きいが耐久力抜群の「メカニカル式」

出典:item.rakuten.co.jpメカニカル式はラバードームではなくバネの力で接点に触れるため、キーの戻りが滑らか。ゴムよりも反発力が軽く、長時間連続で使用しても疲れにくくなっています。打鍵音は大きいですがしっかり押下した感触もあり、バネはゴムよりも耐久力があるためヘビーユーザーに適しています。

細かく分けると赤軸・黒軸・青軸などキートップの軸の色に違いがあり、軸色によって押下時の感触や打鍵音などが微妙に違うのもメカニカル式の特徴。しかしこれはあくまでキートップを外して見なければわからない話。メカニカル式を選ぶ場合は、店頭で実際に触れてみることをおすすめします。

高耐久で打鍵音も静か、使用頻度が多い人向けの「静電容量無接点方式」

高耐久で打鍵音も静か、使用頻度が多い人向けの「静電容量無接点方式」

出典:amazon.co.jp静電容量無接点方式は、キーを押下した際に物理的な接点がなく、内部の部品が摩耗しにくいことが強みです。そのため耐久性が高く、タイピング時の音も静か。

プロ向けのものが多いため価格も大変高価で、種類もあまり多くありません。しかしながら仕事などでキーボードを長時間使うという人にとっては、効率が上がればそれだけ見返りも得られ、満足のいく自己投資となるかもしれません。

機能

キーボードにも、色々なこだわり機能があります。用途に合った機能選びがポイントです。

節電長寿命

無線接続キーボードの電池寿命が長くなる機能です。

英語配列

欧文記号類の配列が英語配列のものです。

排水機能

水がかかってしまっても、効率よく排水する機能です。(※防水ではありません。)

ゲーミング向け

複数キー同時認識機能や連射機能、連打にも耐える耐久性など、ゲームに特化しています。

タッチパッド搭載

キーボードにタッチパッドが付いているので、ポインター操作やクリックをマウス無しで行えます。

テンキー搭載

テンキー付きのフルサイズキーボードです。

小型

主にスマートフォンやタブレットと共に持ち運んで使用する小型のキーボードです



防滴ソニー「WF-SP700N」音質モードやクイックSOUND設定の使い方!!

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-SP700N」(公式ページ)。左右が独立した完全無線タイプのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載し、さらに防滴性能まで備えています。

そんな700の専用アプリの使い方をご紹介!!

音質モードについて

Bluetooth再生時の音質モードを次の2通りから選べます。“Sony | Headphones Connect”アプリで、設定を切り替えたり、音質モードを確認したりすることができます。

音質優先モード:再生音質を優先します。

接続優先モード:接続の途切れにくさを優先します(お買い上げ時の設定)。

  • AAC対応の機器をお使いになる場合は、音質優先モードに設定してください。
  • 音切れしやすいなど接続が不安定なときは、接続優先モードに設定してください。

クイックサウンド設定を使う

クイックサウンド設定を行うと、ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)の設定、また、イコライザー設定が簡単にできます。

  1. ヘッドセットとBluetooth機器を接続する。
  2. ヘッドセットを装着する。
  3. Bluetooth機器で音楽を再生して、音量を調整する。
  4. L側のボタンを2回押して、クイックサウンド設定をオンにする。

    音声ガイダンス「Quick sound settings」(クイックサウンド設定をオンにしました)が流れます。

    クイックサウンド設定をオンにするとイコライザー設定が「Excited」に、外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)がノーマルモードに切り替わります。

    クイックサウンド設定をオフにするには、再度、L側のボタンを2回押します。音声ガイダンス「Off」(クイックサウンド設定をオフにしました)が流れます。イコライザー設定、ノイズキャンセリング/外音取り込み機能はオンにする前の設定に戻ります。

Samsung Galaxy Gear S3  SMR-765のレビュー

Samsung Galaxy Gear S3

今回購入しましたのはFrontieというスポーティーなデザインのバージョン。
しかも、LTE通信に対応した日本未発売モデルです。

OSがAndroid WearではなくTizenというマイナーな種類ではありますが、天気予報など基本的なアプリは初めからインストールされており、ゴルフのGPS距離測定アプリなんかも使えます。

SM-R760とSM-R765の違い

SM-R765最大の特徴は、Gear S3単体でのLTE通信に対応したところ。
SM-R760はネットワークへの接続のため、Bluetooth接続したスマホが必須です。
しかし、Gear S3は、スマホを使わず単体でネットワーク接続できるんです。
SIMカードは内蔵方式になっています。いわゆるeSimというやつです。
Apple SIMと同じような仕組みですね。

主なスペック

基本的なスペックはこんな感じです。FrontieもClassicも同じ。ベルト分も含め総重量がちょっと異なるぐらいです。

OS:Tizen
GPS
心拍数計
気圧計・高度計
IP68防水・IP6X防塵
MIL-STD-810Gの米国軍用規格準拠の堅牢性
バンド交換可能(22㎜)
スピーカー搭載
380mAh長時間バッテリー(通常モード最大96時間、省電力モード最大120時間)
1.3インチ円形Super AMOLED
Corning Gorilla Glass SR+
RAM 768MB ROM 4GB

本体デザイン

Samsung Galaxy Gear S3

大きさは結構大きめ46mmぐらい。普通の時計と比べると一回り大きめなサイズ感です。
本体重量は約84g。スマートウォッチの中では結構重い方ですね。
一方、チープさは一切感じない重厚で高級感を押してるデザインです。

スマートウォッチでは最近自分でベルトを簡単に変えられるようになっているものが多いですが、このGearS3でもイージークリップタイプのベルトが採用されています。

ちなみにベルト幅は22mm、市販の時計用ベルトと互換性があります。
なのでその日の気分によって変えたりできます。ウォッチフェイスも変えれば毎日新鮮な気持ちになれます。
勿論メタルベルトも同サイズであれば取り付けが可能です。
フラッシュフィット部分がぴったりなものを探すのはちょっと大変ですが、メタルバンドにするとかなり印象も変わります。この辺は好みですね。

ウォッチフェイスも好み次第。デフォルトで入っているウォッチフェイスでも凄くカッコいいです。
クオリティは非常に高いです。

Samsung Galaxy Gear S3

ちなみにウォッチフェイスはSAMSUNGのアプリストアから無料・有料含めダウンロードが可能です。
毎週有料のモノも、何かしらが無料になったりと選択肢はかなり豊富です。

背面には心拍計センサーも搭載。腕時計装着しながら、定期的に心拍数も計測してくれるというもの。ちょっと試してみた感じ、精度もなかなかですね。

回転式ベゼル

一番の注目点、回転式ベゼルの操作性

Android Wearには無い、非常にシームレスな操作性が目を引きます。
例えば、上下が長いニュースフィードなどを順番に見ていくときは、小さな画面上でのスワイプよりも、この回転式ベゼルを利用したスクロールのほうが断然滑らかで使いやすいです。

この操作性に慣れると中々他へは移れませんよ。

スピーカーを搭載

もう一つの面白ポイントがスピーカー搭載という点。
母艦のスマホとBluetooth接続さえしていれば、電話の発信と受信がGear S3で出来ちゃいます。

通常のスマートウォッチなら、着信は通知だけ。しかし、Gear S3 frontierは、そのまま通話が出来てしまいます。ちょっと試してみたところ、これが思いのほか非常にクリア。相手の声もよく聞くことができるし、逆にこちらの声も相手側には充分に聞こえるとのことでした。

電池・バッテリー

充電は置くだけタイプ。充電中の画面もカッコイイです。
充電中は画面が回転するので卓上時計みたいな使い方もできます。こまかい所までよく出来てます。

そして、肝心のバッテリー持ちについて。
ここは及第点です。普段使いであれば2~3日は持ちます。G-mailやらLINEやらの通知が頻繁に来る日でも1日半くらいは持ちます。

バイブレーション

Android系のスマートウオッチはどうもバイブが弱いですよね。
その点、GearS3は十分な振動を伝えてくれます。個人差はあるかと思いますが、私の場合はランニング中でもきちんと気がつくレベルでした。

TIZEN OS

Samsung Galaxy Gear S3

この時計はAndroid Wearでは無く、TIZEN OSになっています。
Androidじないという事で選択肢から外れてしまう人もいるかもしれませんが、TIZEN OSかなり完成度高いですよ。
キビキビ動きますし、タッチ感度もかなり良いです。

アプリの充実度という意味では少し弱いかなぁと思いますが、基本的なアプリはSAMSUNG側で対応しています。

まとめ

電池が持たないというイメージがスマートウォッチの一番の弱点ですが、そこをクリアしているGearS3はスマートウォッチの利点と言うものを最大限に感じられるのでは無いかと思います。

TIZEN OSをどう考えるかがポイントですが、TIZEN OSも十分完成度高いですよ。
それよりもデザインが最高です。純粋にカッコいいです。洗練されたデザインで、普通の高級時計に見劣りしません。高級感もありベルト交換などカスタムの幅も広いのでいろいろな意味で楽しめるスマートウォッチだと思います。

SAMSUNG サムスン GALAXY GEAR S3 Frontier SM-R760 Smart Watch Wi-Fi Bluetooth [並行輸入品] 新品価格
¥32,790から
(2018/11/4 14:33時点)
Samsung. Galaxy Watch ギャラクシーウォッチ 最新モデル Wi-Fi Bluetooth SM-R800 46mm [並行輸入品] シルバー 新品価格
¥39,870から
(2018/11/4 14:33時点)