コスパが良い「Nokia 6.1 Plus」レビュー!使い勝手の良さは??

「Nokia X6 (6.1 Plus)」のスペック

Nokia X6(2018)
6.1 Plus
OSAndroid 8.1 Oreo
ディスプレイ5.8インチ
2,280 × 1,080
CPUSnapdragon 636
1.8GHz(8core)
RAM3GB / 4GB/ 6GB
内部ストレージ32GB / 64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
カメラメイン 16MP+5MP
フロント 16MP
ポートUSB-C
イヤホンジャック
バッテリー3,060mAh
その他背面指紋認証センサ
サイズ縦147.2 × 幅71
× 厚み8.6 mm
重さ151g

このようなスペックになっています。

今回購入したモデルは4GBRAM/64GBのもので、性能的にはまさにミドルレンジクラスというものです。

スペックに関するコメントは、発表時や比較記事でも書いていますのでここでは割愛しておきます。

ちなみに私が購入しているモデルは、中国市場向けの「TA-1083」というモデルですが、私が購入した時点(2019/01/12)では、すでに最新のAndroid 9 Pieにアップデートが可能で、端末名も「Nokia 6.1 Plus」となっていますし、先の日本語設定も可能になっていることから、中国市場向けといっても対応バンドの違いくらいでそこまで気にしなくても良さそうです。

OSについて

さて、いずれのモデルもOSはAndroidOreoとなっていて、今後Nokia機種は優先的に「Pie」へのアップグレードを対応するというウワサがあるくらいなので、「Android Pie」へのアップは確実であると思われます。
たま

ディスプレイについて

ディスプレイについては、いずれも5.5インチを超えていますが、唯一「6.1 Plus」がノッチのあるディスプレイとなっています。これはNokiaスマホで初のノッチとなります。いずれもGorillaglassを採用しているので、解像度に関しても、「Nokia 7 Plus」は画面サイズが大きいのでやや高くなっていますが、基本的にはどれを選んでも画質は悪くないと思うので、ここではノッチの有無や好みのディスプレイサイズを選ぶ程度になるかと思います。

共通部分について

RAMについて、基本モデルはみな共通して4GBRAMとなっていますし、上位モデルには6GB搭載などがありますが(私の持っている7Plus)、中国版モデルのみなどやや特殊ですのでここでは表記していません。

またストレージ容量に関しても、64GBがスタンダードになっているのでここは大きな基準になはならないかと思います。ただ外部ストレージ(microSD)の対応容量については差があり、「6.1 Plus」が最も多くなっていることから、写真をたくさんとるけどクラウドに保存せずmicroSDに保存していきたいと思う方は、カメラ性能的にも「Nokia 6.1 Plus」が最も向いているように思います。

CPU性能について

採用されているCPUは3機種とも異なっています。性能的には660>636>630という順序なわけですが、実は660と636の単純なCPU性能差は636と630よりも差はありません。ですので、CPU性能のイメージは660>636>>630という感じで見てもらえればわかりやすいかと思います。グラフィックに関しては636と630に差がないようなので、660>>636=630という感じのイメージになります。

要は、ゲームなどをガッツリやりたい場合には、グラフィックス性能の高い「7 Plus」がより向いていますが、そうでなければ「6.1 Plus」や「6.1」でも何ら問題はないという前提になります。
ただ価格差が1万円以上存在していますから、そこをどう捉えるかというところだと思います。

Nokia X6には言語に日本語は無い!

まあ、これは予測どおりでしたが、日本語のロケールはデフォルト状態では隠されています。

日本語の追加には、Androidの設定を開発者モードにして、PCと接続してADBコマンドを打ち込んでから、Morelocale2というAndroidアプリで隠されている日本語を言語として設定することで日本語でも利用できます♪

ブッシュネルのゴルフ用レーザー距離計各種の違いを比較表!!

ブッシュネルのゴルフ用レーザー距離計は、PGAツアー選手の90%以上が使用していると言われており、最も信頼のおけるレーザー距離測定器とされています。

PGAパートナークラブ推奨品にも選出されており、プロゴルファー、キャディ、コーチ、コース設計者はもちろんのこと、アマチュアに至るまで、ゴルフ界において絶大なる指示をうけているメーカーです。

キャディさんの代わりをやってくれるのがレーザー式距離計測器ですが、これ以外にもいろんな使い方があります。昨日のトークショーでも話したのですが、ざっとこれぐらいの事はできます。

ティショットでは、

・ティショットの落とし場所までの距離計測
・ティショットの落下地点付近のハザードまでの距離、ハザードを超える距離
・ドッグレッグホールでのコーナーまでの距離、コーナーを突き抜ける距離
・ボールの落下地点がティグランドまでの距離を計測して、ティショットの距離を知る

グリーンを狙う時では、

・ピンまでの距離

・グリーンエッジまでの距離
・バンカーに入る距離
・バンカーを越すのに必要な距離、
・グリーンの奥までの距離

2018年6月現在、ブッシュネルのサポートセンターでラインナップされている機種は以下の7機種。

  • ピンシーカープロX2ジョルト
  • ピンシーカースロープ ツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカーツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカースロープ プロX7ジョルト
  • ピンシーカーTEプロX7ジョルト
  • ピンシーカースロープ ツアーV4ジョルト
  • ピンシーカー ツアーV4ジョルト

スロープ機能搭載モデルが4機種と、直線距離のみの機種が3機種となっています。

ブッシュネルのゴルフ用レーザー距離計を比較 2018年版

■ 高低差計測が可能なスロープ機能搭載モデル

スロープ機能搭載モデルは 

  • ピンシーカープロX2ジョルト
  • ピンシーカースロープ ツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカースロープ プロX7ジョルト
  • ピンシーカースロープ ツアーV4ジョルト

の4機種。

なかでもピンシーカープロX2ジョルトは、スロープ機能とスロープ機能解除の切り替え可能な「スロープスイッチ」を搭載しています。

ブッシュネルのスロープスイッチ

■ ジョルト機能

ピンを捉えたことをバイブで知らせる「ジョルト機能」は全ての機種に搭載。

■ ビビットディスプレイ

周囲の明るさに影響されずに、高いコントラストな表示をする「ビビットディスプレイ」を搭載しているのは

  • ピンシーカープロX2ジョルト
  • ピンシーカースロープ ツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカーツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカースロープ プロX7ジョルト

の4機種。

■ E・S・P2

測定結果をより速く、より精細にディスプレイ表示させるE・S・P2(エクストリーム・スピード・プレシジョン2)を搭載しているのは

  • ピンシーカープロX2ジョルト
  • ピンシーカースロープ ツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカーツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカースロープ プロX7ジョルト

の4機種。

スロープ機能・ビビットディスプレイ・E・S・P2の全ての機能を搭載しているのが

  • ピンシーカープロX2ジョルト
  • ピンシーカースロープ ツアーZ6ジョルト
  • ピンシーカースロープ プロX7ジョルト

の3機種となっています。

ブッシュネルのゴルフ用レーザー距離計を比較 2018年版

■ 最大計測可能距離

最大測定可能距離は、最も長い機種だと プロX7の1600yd。一番短いV4でも1000ydと、ブッシュネルの底力を感じます。

■ 価格

価格も最低でも4万円台からとなっています。他メーカーと比べると若干高めの価格設定となっている感じもしますが、性能等を考慮すると価格以上のゴルフ用レーザー距離計だと思います。

Wacom Bamboo Ink(CS321AK)レビュー !

ワコムが2017年7月31日に発表、8月4日に発売した「Bamboo Ink」

ワコムAESテクノロジーと、Microsoft Penプロトコルの両方のペン入力方式に対応し、Windows搭載タブレットや2in1 PCなどで利用できるスタイラスペン になります。

Bamboo Ink :デザイン・設計

円形ではなく、Inkは三角形です。それでも、まだかなり丸みを帯びていますが、鋭いエッジはありません。このスタイラスの長さは5.75インチ、最も幅の広い部分の直径は0.4インチです。

使い勝手はかなり快適で、長期間でも握りやすいことを発見しました。これは滑らかではないからです。代わりに、ワコムはそれに心地よい「柔らかい手触り」の質感をつけました。

Inkをケースやギアバッグに取り付けるための便利な金属製のクリップがあります。このアクセサリをコンピュータに固定するための磁石は内蔵されていませんが、他社製のスタイラスには信頼性がまったくないとわかっているので、ここで見逃したりしないでください。

Bamboo Ink : ボタン 

Bamboo Inkには2つのボタンがあり、1つは上部に、もう1つは側面にあります。

Wacom EMRテクノロジをベースとしたオリジナルのSurface ProまたはSurface Pro 2では機能しません。

一番上のボタンはアプリケーションランチャーとして使用されます。1、2、または3回すばやく押すと、Windowsのインクワークスペース、付箋、スケッチパッド、スクリーンスケッチ、またはその他のアプリを開くことができます。

Bamboo Ink : ペン先

サイドボタンはバレルからあまり突き出ていないので、邪魔にはなりません。同時に、マウスの右ボタンとして使用することも簡単にできます。Bamboo Inkはテスト用のSurface Proでホバーをサポートしているので、ペン先を画面上の何かに近づけてボタンをタップするだけでオプションメニューが開きます。

ワコムには、この製品には3つの代替ペン先が含まれています。1つはハード、1つはミディアム、もう1つはソフトです。2番目の中ペン先がスタイラスにあらかじめ取り付けられています。

これらの小さなアイテムが迷子にならないようにすることが主な目的のケースです。これでも1.6×1.2×0.25インチですので、必要なときに見つけられるように、必ず適切な場所を見つけてください。

しかし、ケースにはもう1つのトリックがあります。片方の端には金属で裏打ちされた穴があります。竹インクからペン先を取り外すには、この穴に差し込みます。指の爪でペン先を引き抜こうとしないでください。損傷する可能性があります。

Bamboo Ink : 性能

指先または静電容量式スタイラスを使用すると、タッチスクリーンだけで接触の場所を知ることができます。アクティブペンはこれ以上に通信する必要があります。特に、ペン先がディスプレイにどれだけ強く触っているかが重要です。ペンは2つの互換性のない標準のうちの1つによってタブレットにこれらの詳細を伝えます:マイクロソフトペンプロトコル(MPP)またはワコムAES技術。

ワコムのスタイラスを他のライバルと一線を画すのは、これらの両方をサポートしていることです。私たちが知っている他のすべての同様の付属品は1つだけを支えます。

さらに、2つを切り替えるにはサイドボタンを押すだけでよいので、このペンは複数のデバイスで簡単に共有できます。または買物客は、それが彼らの次のWindowsタブレットでうまくいくという合理的な自信を持ってそれを買うことができます。

とは言っても、このスタイラスは第一世代と第二世代のSurface Proバージョンのような古いワコムのEMR規格を使うデバイスをサポートしていません。Synapticsのアクティブペンテクノロジーもサポートされていません。そしてそれは絶対にどのiPadでも動作しません。これはWindowsのみです。

現在のほとんどのアクティブペンと同様に、このアクセサリもBluetoothを介してコンピュータとペアリングする必要があります。これは、上部ボタンと側面ボタンを押したことをタブレットに伝えるために使用されます。

AES対応機種一覧

  • Dell™ Venue 10 Pro™ 5000 Series (5055)
  • Dell™ XPS 13 2in1
  • Fujitsu LIFEBOOK® P727
  • Fujitsu LIFEBOOK® T937
  • HP EliteBook x360 1030 G2
  • HP Elite x2 1012 G1
  • HP Elite x2 1012 G2
  • HP ENVY 8 Note Tablet
  • HP Pro x2 612 G2
  • HUAWEI MateBook E
  • Lenovo™ ThinkPad X1 Tablet
  • Lenovo™ ThinkPad Yoga 260
  • Lenovo™ ThinkPad® X1 Yoga™
  • Lenovo™ ThinkPad® P40 Yoga™
  • Lenovo™ ThinkPad® 10 (2nd Gen)
  • Lenovo™ Miix 510
  • Lenovo™ Miix 720
  • Lenovo Yoga 720 (13″)
  • Toshiba dynabook V82/D
  • Toshiba dynabook V72/D, VZ72/D
  • Toshiba dynabook V62/D, VZ62/D
  • Toshiba dynabook V82/B, VZ82/B
  • Toshiba dynabook V72/B, VZ72/B
  • Toshiba dynabook V62/B, VZ62/B
  • Toshiba dynabook V42/B, VZ42/B
  • Toshiba dynaPad N72

リストに記載はありませんが、 Dell Venue 8 Pro 5855なども対応します。

MPP対応機種一覧

  • ASUS Transformer Pro T304UA/ TransBook T304UA
  • ASUS Transformer 3 T303UA / TransBook 3 Pro T303UA
  • ASUS Transformer Mini T102HA/ TransBook Mini T102HA
  • HP Pavilion x360 14-ba000
  • HP Spectre x2 12t
  • HP Spectre x360 13-ac000
  • Microsoft® Surface® 3
  • Microsoft® Surface® Pro 3
  • Microsoft® Surface® Pro 4
  • Microsoft® Surface® Pro
  • Microsoft® Surface® Book
  • Microsoft® Surface® Laptop
  • Microsoft® Surface® Studio
  • VAIO® Z (flip)

リストに記載はありませんが、 Diginnos DGM-S12Yなども対応します。

非対応機種一覧

非対応の機種についても代表的な機種のリストを作成してみました。これらの機種は電磁誘導ペンに対応しており、Bamboo Inkは使用不可です。

  • ASUS VivoTab Note 8
  • Dell Latitude 10
  • Diginnos raytrektab DG-D08IWP
  • Microsoft Surface Pro 2
  • Toshiba dynabook RZ82

Bamboo Ink : 描き心地

WacomのBamboo InkをMicrosoft Surface Pro 4でテストしたので、Microsoft Pen Protocol(MPP)を使用しました。

スタイラスを使ってメモを取ったり、時折スケッチをしたりすることに慣れてきましたが、Bamboo Inkを使って素晴らしいアートを作成するのが好きかどうかについてはアドバイスできません。

説明したように、ワコムにはハード、ミディアム、ソフトの3つのペン先があります。細心の注意を払うことによって、これらの間にわずかな違いを見分けることができますが、それは劇的ではありません。

ペン先が柔らかいほど、このアクティブペンを使用するほど紙に書くように感じます。欠点は、それらがより早く消耗するということです。難しいペン先は長持ちします。

Wacomは、アクティブペンによってサポートされるプレッシャーのレベル数を公開していません。そして、それを決定する方法がわかりません。それは1024と同じくらい低いか4096と同じくらい高いかもしれません。そうでなければWacomはこの製品がどれくらい高度であるかについて自慢するのでそれが1024であると思います。

Surface Pro 4はインクの軽いタッチにも反応しました。そして私達のテストラインのいずれかを描いている間それはスキップしませんでした。

先端がゆっくり動いているときにアクティブペンの中には問題に遭遇するものがあります。先端がどこにあるのかスクリーンが完全に決定できないように見えて、ほんの少しぼやけている線をもたらします。

Bamboo Inkに傾きが検出された場合、その兆候は見られませんでした。これは、デバイスを使用してアートを作成することがはるかに困難になるため、残念です。

Bamboo Inkは、どのバージョンのSurface Penよりも保持が簡単で快適なことがわかりましたが、それ以外はメモやスケッチに使用する場合はほぼ同じであると考えました。より芸術的な作品になると、ワコムの製品に傾き検出機能がないことが第4世代のSurface Penに利点をもたらしました。

Bamboo Ink : 電池

WacomのBamboo Stylusは、小型のAAAAバッテリー1本で動作します。それは珍しいことではありません。そのライバルの感圧スタイラスも動作するように電池が必要です。

Wacomは約束をしていないので、各バッテリーがどれくらいの期間続くのかわからない。このアクセサリーに付属しているものはまだ私達のすべてのテストの終わりに強くなっています。バッテリーが平らになったら、それは簡単に交換可能です – ちょうどバレルの上1インチを緩めてください – そしてこのアクセサリーに頼る人は彼らの机とギアバッグに余分なAAAAを保管することを勧めます。

Bamboo Ink : まとめ

Wacom Bamboo Inkには、。手書きのメモを取りたいビジネスマンや学生には最適だと思います。

同じペン1本で幅広く使える選択肢が広がるのがメリット

これから新しく購入される方で、ペンの利用頻度がそれほど高くない方にはオススメかと。

Android One 搭載!SIMフリースマートフォンXiaomi「Mi A2」!

XiaomiにAndroid One準拠のSIMフリースマホ「Xiaomi Mi A2」が仲間入り!スペック(性能)や特徴、最安値情報からXiaomi Mi A2の割引クーポン情報までギュギュッとお届けします!

前モデルであるXiaomi Mi A1も人気の高いモデルだったので、個人的にXiaomi Mi A2は期待しているモデルですが、期待を裏切らない性能向上を果たしていたので是非チェック

Xiaomi Mi A2

Xiaomi Mi A2は、シャオミのAndroid Oneシリーズ新機種。Xiaomi Mi6Xという機種が中国向けにMIUIを搭載して発売されているのですが、筐体や内部スペックはほぼ同じで、Android Oneシリーズとしてグローバル向けにシンプルなUIを搭載して発売されているモデルがXiaomi Mi A2という事かと思います。

まずは外観をチェック。今回のレビューする端末の本体カラーはブラックですが、ゴールドやレイク・ブルーもあります。

xiaomi-mi-a2-front-1

ディスプレイは5.99インチの18:9。解像度は2160×1080ドットのFHD+で、サイドベゼルが狭いので片手で十分持ち易いサイズ感です。

xiaomi-mi-a2-front-2

背面。AIサポートのデュアルカメラ、指紋認証センサーなどが搭載されています。筐体はメタル素材と思われるユニボディで、Xiaomi Mi A1やXiaomi Mi Max 2など、近年発売されているシンプルなXiaomiミッドレンジ端末とよく似ています。

Xiaomi Mi A2のスペック(性能)

項目スペック
OSAndroid 8.1
Android One仕様
SoCSnapdragon 660
メモリ4GB版
6GB版
保存容量↓メモリ4GB版↓
32GB
64GB

↓メモリ6GB版↓
128GB
MicroSD非搭載
ディスプレイ5.99/18:9
解像度2160×1080/FHD+
アウトカメラ2000万画素+1200万画素
AIデュアルカメラ
インカメラ2000万画素
AI照明対応
バッテリー容量3010mAh
USB Type-C
5V/2A
カラーゴールド
ブルー
ブラック
サイズ高さ: 158.7mm
幅: 75.4mm
厚み: 7.3mm
重量168g
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
ネットワークGSM:B2/B3/B5/B8 
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8 
LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
LTE TDD:B38/B40

4G+4GのDSDV対応
ドコモ回線必須バンド非対応
ソフトバンク回線必須バンド対応
ワイモバイル回線必須バンド対応
au回線必須バンド非対応

Android One仕様なのでセキュリティーが高いです!

Xiaomi Mi A2は前モデルから引き続きAndroid One仕様となっています。Android Oneは極力、素のAndroid OSを維持することで、OSのアップデートやセキュリティパッチを迅速に適応出来る端末であることが特徴です。

XiaomiではAndroidをベースにカスタマイズしたMIUIという独自OSを多くのXiaomi端末に搭載していますが、Xiaomi Mi A2に限ってはMIUIではなく、OSはピュアなAndroid OSを搭載しています。

日本語にフル対応しているので安心して下さい!

Xiaomi Mi A2

ピュアなAndroid OSを搭載するXiaomi Mi A2は、言語もAndroid OS標準言語を利用可能で、日本語もバッチリ含まれています。Xiaomiの高品質なハードウェアを安心感の高いピュアなAndroid OSで利用できることが大きな利点の1つでもあります。

Xiaomi Mi A2 カメラ性能

Xiaomi Mi A2の背面カメラは20MP+12MPのダブルレンズを採用しており、ハードウェア仕様はこんな感じになっているそうです。

  • 12MP、SONY IMX486、1.25μmピクセル、f/1.75
  • 20MP、SONY IMX376、2.0μmピクセル、4-in-1ピクセルビニング技術、f/1.75

カメラUIに関しては以前も紹介した通り、AI対応といいながらもXiaomi Mi MIX 2SのカメラUIにあるようなAIモードのON/OFF切り替えというのはありません。

Bose QuietControl 30レビュー!!  ノイズキャンセリング性能が光る。

Bose 製品としては初となるBluetooth対応インナーイヤー型ワイヤレスイヤホン BOSE QuietControl 30 ノイズキャンセリング機能と全体的な使い勝手を レビューいたします。

QC30の特長

  1. ワイヤレス
  2. ノイズキャンセリング
  3. 連続使用時間

外観と装着感レビュー

ネックバンドタイプのQC30には、QC20の後継機種というより独立した新シリーズといった雰囲気があります。実際に首にかけてみた感じ、首周りに余裕があって長時間装着していても圧迫感を感じることはありません。

使わない時はネックバンドを首にかけたままイヤホンを垂らせるのもいいです。耳から外したイヤーピースは、胸元上部あたりの位置にくるので邪魔になることもありません。ヘッドホンのような感覚で首にかけたまま、いろんな作業ができるのは地味にポイント高いです。

Bluetooth接続可能なワイヤレスイヤホン!

iPhoneやAndroidの他、Bluetoothで簡単に接続できるワイヤレスのイヤホンになっています。

ワイヤレスヘッドホンを利用しているのですが、ケーブルレスの生活は本当に素晴らしい。

ストレスフルなストレス社会の現代日本において、こんなにもストレスのないストレスレスな世界が広がっているなんて・・・!

ワイヤレスだが、最高峰のノイズキャンセリングを搭載!

ワイヤレスになると気になるのはその音質。ワイヤレスイヤホンはケーブルを通さずに音を発信する特性上、音質が劣化すると言われています。

また、ワイヤレスとノイズキャンセリングを同時に搭載するのは技術的にも難しく、現在発売されている種類も少ないです。

そんな中、BOSEの誇る最高峰のノイズキャンセリングを詰め込んだとされるのがこの「QuietControl 30」なのです。

ノイズキャンセリングイヤホンを付けていて困るのが、外音が一気に遮断されるところ。さすがに「電車内の騒音を100%カットする」というのは難しいのですが、車内の案内音声などが聞こえなくなる程度には周囲の音が聞こえなくなります。

また、細い路地や暗い夜道を歩いているときなど「外の音が聞こえないと怖い」って状況もありますよね。

そんな時に便利なのが、この可変ノイズキャンセリング機能。コントローラブル・ノイズキャンセレーション機能なんて呼ばれています。

なんと12段階にノイズカットの強さを選ぶことができ、外部の音の遮断具合をいつでも設定変更できるのです。

音質

QuietControl 30の音は全体的におとなしめの行儀のよい感じです。
高音のキラキラ感のようなものはあまり感じられませんし、低音もそれほど強く出ているようには聞こえません。

ノイズキャンセリングを強めにすると響きが少し控えめになってデッドな感じになります。

ボーカルの声そのものを楽しむというよりも、トラック込みの全体の音を聞くのに向いているという印象を受けました。

(ハイファイマン)HIFIMAN RE800Jレビュー!

HIFIMANは2005年に誕生したオーディオメーカー。

中国の天津を拠点としています。

もともとは、自作ヘッドホンや中古品などをウェブショップなどで販売していましたが、

2010年、当時ほとんど無かったハイレゾオーディオプレーヤーHM-801リリースを皮切りに次々と新製品を発表。

DIYで培った確かな技術力とユニークなものづくりで、世界に認められるメーカーへと成長しました。

RE800JはそんなHIFIMANから発売されているイヤホンです。

スペック

再生周波数帯域5Hz-20kHz
インピーダンス60Ω
音圧感度105dB
ドライバー・トポロジーダイヤフラム
・9.2mmダイナミックドライバー
筐体24k金メッキ
ケーブル銀メッキ結晶銅ケーブル

上品な見た目ですが、ダイナミックドライバー1基という漢らしい構成。

HIFAIMAN独自となるトポロジーダイヤフラムを採用したこのドライバーは、

ダイヤフラムの表面に特殊なメッキ処理を施すことにより、ダイヤフラムの分割振動による歪みを大幅に低減することに成功しています。

24K金メッキの真鍮ハウジングと銀メッキ結晶銅ケーブルの恩恵か、中高域の解像度の高さはダイナミック型のイヤホンの中ではトップレベル。

インピーダンスが60Ωと高めです。鳴らしにくい印象がありますがスマートフォンでも音量はとれます。

RE800との違い

RE800との違い
・MMCXリケーブル対応
・本体が艶消しの金色に
・遮音性が向上
・音質は全く別物で少し大人しめの音に

特徴等
・トポロジーダイヤフラムを採用した9.2mm ダイナミックドライバー1 発構成。トポロジーダイヤフラムはダイヤフラムの表面に特殊なメッキ処理をしたものとのこと。・筐体は真鍮ハウジングに24K金メッキを施した物を使用。
・銀メッキ結晶銅ケーブルを使用。・筐体はとても小さく装着感は非常に良い。
・遮音性や音漏れ防止は一般的なカナルと同等か少し優れているかというくらい(無印RE800よりは大分向上している印象)

RE800J MMCX connecter

音のバランス

高域:★★★★
中域:★★★
低域:★★★

高域の鳴り方が印象的です。シンバルやグロッケンのような金属の鳴り方が鋭く、煌びやかです。結構鋭いので刺さるような感覚も受けますが、本物もこんなもんなので個人的には問題ないです。
高域が全体的な音の印象に大きな影響を与えていると感じますね。

低域が弱く感じられますが、そんなことはありません。出るときゃ出ます。出ないときは出ません。そりゃそうだ。つまり、盛っていないんですよ。曲によって左右されるだけなのです。
とはいえ、量は出ているのですが軽い印象を受けます。重たく、フロアからズシン!とくるような質感ではありません。そこが弱く感じられる要因かなと思います。

中域は、なんというか自然なんです。あまり印象が無いともいえますが、それはちょっと違うかなと。上手く聴かせてくれるというか、他のイヤホンではうまく聴こえなかった曲が、RE800Jだとうまく聴こえるというか‥

音の鳴り方

響きは広くはないが、低域を中心に、高くなるにつれ周囲に広がる感じ。音の位置もとても掴みやすいです。解像度が高く、特に高域の繊細さが素晴らしい。低域から高域まで歪みなく綺麗にに鳴らしてくれます。

響かせ方には若干人為的な感じがあるけど、RE2000の後にでも聴かなきゃ感じない事だし、この響かせ方が秀逸

ジョギング・ランニング・通勤・通学用のイヤホンの選び方のポイント!

音楽を聴きたいけどスピーカーで大きな音を鳴らせない…。そんな方には気兼ねなく音楽鑑賞できるイヤホン、ヘッドホン使用をおすすめします。イヤホン、ヘッドホンの特徴から、用途、目的別の選び方、おすすめ製品までご紹介。

アウトドアでのお供にもなるイヤホン、ヘッドホンをいつも側から離せなくほどの魅力を知ってください


イヤホンの主な種類

イヤホンは主にカナル型とインナーイヤー型に分かれます。

カナル型

耳栓みたいなゴム製のピースを入れて使用するタイプ。比較的耳が密閉されるため、音漏れしづらく、低温が響くため臨場感がある音質を楽しめます。音楽の世界に入り込みたい人にはおすすめ。

インナーイヤー型

耳に掛けて音楽を楽しむタイプのイヤホン。非常に軽量なのでイヤホンをつけているのを忘れてしまうこともしばしば。密封性が高いカナル型に比べて外の音が聞こえやすいので、車が多い道を歩いている時は安全なのでおすすめです。

イヤー型」「カナル型」の2つがあります。

インナーイヤー型は、耳の穴に浅く装着するタイプで昔からある最もポピュラーなイヤホンと言えるでしょう。

インナーイヤー型は脱着が簡単な反面、周囲の音が聞こえやすい・イヤホンの音も漏れやすいというデメリットがあり、通勤や通学の際のバスや電車などの車内では、迷惑にならないように配慮する必要があります。

次に、近年目覚ましく普及しているのがカナル型です。

カナルとは耳の外耳道のことで、耳栓のように挿入して使用するため外の音が聞こえにくく、また音漏れも少ないのが特徴です。

ただし、ジョギングやランニングで使用する場合は、車や自転車に気付きにくいというデメリットがあるため、使用には注意が必要となります。

イヤホンを選ぶ時は、この2つの種類の特徴と使用場所を照らし合わせてみるのがよいでしょう。

イヤホンの平均的な価格は?

earphone3


イヤホンは100円ショップでも売られているため、100円でも買える商品となります。

ただし、イヤホンは音楽などを聞くために使用するのですから、音質にこだわりがある方も多いと思います。

そこで、初めてイヤホンを使用する場合であれば1,000~3,000円程度、5,000~10,000円は音に多少のこだわりがある方用、10,000円以上は中級者、30,000円以上は上級者というのが一つの目安になると思います。

スピーカーの発音方式による分類

310pJDHSA5L

By: amazon.co.jp

スピーカーの発音方式による分類では、ダイナミック型。バランスド・アーマチュア型、コンデンサー型、複数方式のハイブリッド(混在)型があります。

ダイナミック型は一般的なスピーカーと同じ、丸い発音部(振動板)をコイルで動かす方式。非常に普及している方式で、極めて安価な製品から高価な製品まで使われる最も一般的な方式です。幅広い音域を安定した音質で再生可能。また、アンプへの負担も少ないなどメリットは多いです。

補聴器用の発音器をイヤホン用に改良したのがバランスド・アーマチュア型。ダイナミック型では得難い細かい音の繊細な再現力を持つことから、数万円以上の高級機を中心に採用が拡大しています。

欠点があるとすれば、幅広い音域をひとつのユニットで再生することが難しい。それを補うため複数ユニットを採用する高級機もありますが、大型化、高額化につながります。

繊細な音質への注目は高く、大手メーカーが低価格化に成功したことから、現在では数千円程度から購入可能です。現在のイヤホンブームの中心にある存在でもあります。

ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型を両方採用するハイブリッド型もあります。両方のいいとこ取りの音質を狙う方式です。設計が難しく、価格も1万円以上はしますが、うまく作られた機種では高音質が望めます。

多彩な用途に対応する機能性と形状を持つ現在のイヤホン

41PZG2atZOL

By: amazon.co.jp

幅広い用途や利用シーンで活躍するようになった現在のイヤホン。用途に応じた機能性、使いやすい形状など、多様な製品が販売されています。

イヤホンを使用する際、邪魔になりがちなコード。ワイヤレスイヤホンならコードのわずらわしさから解放されます。外で音楽を聴くのに便利なイヤホン。でも、雑踏のなかでは騒音がうるさくて、音楽がよく聴こえない…。そんなときには、外部からの騒音だけを減少して音楽に集中できるノイズキャンセリングイヤホンがあります。

ランニングなどのスポーツのお供にも役立つイヤホン。耳かけ型やネックバンド型なら、動いてもずれにくく、快適に装着し続けられますよ。汗や多少の雨にも耐える防水タイプもあります。

USB DAC内蔵ポタアンCHORD Mojoレビュー!

Chordでポータブルアンプ・DACと言うとhugoが有名ですが、hugoのエコノミークラスとして登場したMojo

スペック!!

・PCM 768kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生
・独自のアルゴリズムを搭載したXilinx社の新世代Artix7 FPGAによるD/A変換
・最大800Ωのヘッドホンもドライブできる駆動力と1Ω未満の出力インピーダンス
・ボディに音響的に優位性の高い、ブロック削りだしの航空機グレードアルミを採用
・幅82×高60×奥行22mm/重量180g、手のひらサイズの超コンパクト設計
・再生音源のサンプリングレートを、パワーLEDのカラーの変化で表示
・【入力】MICRO USB×1、COAXIAL(3.5mm)×1、OPTICAL×1
*iPhone/iPod/iPadとは市販のLightning – USBカメラアダプタを使用にて接続可能。
*Android端末とは市販のUSBホストケーブル使用にて接続可能。
*Sony NW-ZX2/NW-ZX100/NW-ZX1/NW-AシリーズとはSony WMC-NWH10を使用にて接続可能。
・【出力】3.5mmヘッドホン出力×2、【充電】MICRO USB×1
・高性能バッテリーにて最大約8時間再生を実現
・ライン出力機能搭載(ボリューム+/-同時に押しながら電源投入)
カラー:ブラック
ボディ:航空機グレードアルミニウム
出力レベル:35mW @ 600Ω 720mW @ 8Ω
出力インピーダンス:0.075Ω
ダイナミックレンジ:125dB
THD+N:0.00017%@3V 
入力:オプティカルTOSlink×1(最大192kHz / 24bit)
コアキシャル(3.5㎜)×1(最大768kHz /32bit)
MicroUSB×1(最大768kHz/32bit)
MicroUSB(充電用)x1
出力:ヘッドホンジャック(3.5㎜)×2
ラインアウトモード出力:3V
ボリューム調節:96ステップ(1dB 刻み)
電源:バッテリー:内蔵 リチウムポリマーバッテリー (1,650 mAh 7.4V)
充電時間:約5時間 (5V/1A USB-AC使用)
駆動時間:約8時間
サイズ(W×H×D):約82㎜×60mm×22mm
重量:約180g
同梱物:MicroUSBケーブル(充電用)、クイックガイド、保証書

Mojoを使う理由は??

普通の人にとっては、なにこれ?という機器だが、いわゆるUSB DACと言われる製品である。アナログレコードからCDに代わって以来、ダウンロードであれパッケージであれ、音楽はデジタルデータで流通されている。それを音楽として再生する時に必要となるのがDAC(Digital to Analog Converter)と呼ばれるD/Aコンバータ(デジタルアナログ変換器)で、音楽が再生できる機器には必ず搭載されている。そう、iPodやiPad、ウォークマンはもちろんのこと、スマホにも必ず内蔵されている電子回路だ。

デジタル信号をアナログ信号(音声データ)としてスピーカー(イヤホン/ヘッドホン)に送出するだけの単機能なアイテムだが、こいつがどんな仕事をするかで音質は大きく左右される。スマホの場合、音は出るもののそんなにいい音じゃないのは、DAC機能とそれを増幅するアンプ機能が貧弱だからだ。この部分を徹底追求し高品質に設計すれば、ピュアオーディオの世界やレコーディングスタジオレベルの最高品質のサウンドが飛び出してくる。音楽再生の肝となる部分だ。

Mojoが大人気を誇っているのは、価格破壊級のコストパフォーマンスを誇っているからだ。オフィシャルショップでも7万円を超えており決して安価ではないものの、それでも絶賛されているのは、他の追従を許さぬ高品質なサウンドをさくっと叩き出す、ずば抜けた実力を持っているからである。Mojoのサウンドに触れ「こいつはすげぇ」と感服したのは私も同じで、これまでのポータブルオーディオの価値観をひっくり返すインパクトを放っている。

Mojoの音質について

肝心の音質ですが、DAC-HA200よりもキレイに聴こえるのは間違いないです。

クラシックやジャズのピアノの響きがとてもキレイなのをまず感じました。

ピアノだけでなく、他の楽器の音もひとつひとつに力強さを感じます。

且つ、ボーカルの特に女性ボーカルの声が澄んでキレイに聴こえます。

Mojo 外観・使い勝手について

Mojoはコンパクトですがずっしり重量感があります。アルミ削り出しの艶消し仕上げで、カッコいいんですが、バッグに入れて持ち歩くとすぐに傷つきます。↓ロゴ下部の白いラインがすり傷です。

Mojo 外観

出力は3.5mmのイヤホンジャックが2つ。

入力はUSB(micro-B)・光デジタル(角形)・同軸デジタル(3.5mm)の3種類です。

私はAndroidスマホとUSB(micro-B)で接続していました。

USBが2つ並んでいるのは、給電と音楽信号の入力とを分けているからです。

音質を追求するノイズ対策と、分けることでDAC-HA200のようにスマホから給電されてしまう現象もなくなります。

光デジタルや同軸デジタルで出力するプレーヤーを持っていなかったので、この二つは未使用です。

USB DAC内臓の小型なポタアン探しているという方は視聴する機会がありましたら、是非視聴してみることをオススメします。

Nokia 3.1 レビュー!安価であるがバランスの良いエントリーモデル

スペック的にはフラッグシップ機などと比べることはできませんが、採点減の機能をバランスよく取り込んだスマホといえます。

この「Nokia 3.1」は、今年(2018年)の5月29日にノキアことHMDGlobalが新機種を3種類発表しましたが、そのうちの1台でして、メーカー側もコストパフォーマンスの良さをうたったエントリーレベルのAndroidスマートフォンです。

スペック

ディスプレイ: 5.2インチ
解像度: 720×1440ピクセル (18:9)
OS: Android 8.0
チップセット: MediaTek MT6750N
RAM: 2GB
背面カメラ: 1300万画素
前面カメラ: 800万画素
ストレージ: 16GB
バッテリー: 2990mAh
その他: microUSB

設計

Nokia 3.1 Plusは、新しく登場した兄弟であるNokia 5.1 PlusとNokia 6.1 Plusとデザイン言語を共有しています。ここでの違いは、使用される材料にあります。他の2つの電話機は金属製とガラス製の本体を備えていますが、Nokia 3.1 Plusは上下にポリカーボネートを入れたアルミニウム製の殻で梱包されています。

後ろの金属は柔らかく、つや消し仕上げで光沢のない反射があります。リアパネルのフィニッシュは、ノキア6.1や5.1のように似ています。

外見だけでなく、携帯電話の手触りもプレミアムです。ノキアの強固な携帯電話を保証する上で、あなたが手に持っているときに、Nokia 3.1 Plusで構築された丈夫なものが感じられます。カメラと指紋センサーの周りのクロム裏地は、電話の全体的な外観に加わります。しかし、それは簡単に染色されます。

それは、指/手のひらを掘ることなく、把持して長時間保持することを容易にする、湾曲した縁を全周に有する。しかし、覚えておいてください、それは180gでやや重いです。携帯電話のサイズはNokia 6.1 Plusのような便利なデバイスと呼ばれるものではありませんが、

右側にはボリュームロッカーと電源/スリープキーの2つのソフトタッチ物理ボタンがあり、簡単にアクセスでき、触覚フィードバックを与えることができます。後部指紋スキャナーも指の下にうまく収まります。

3.5mmオーディオジャックは上部にあり、マイクロUSBポートは下部にマイクとスピーカーがそれぞれ左右にあります。左側に2つのスロットがあります.1つはmicroSDカード用で、もう1つはデュアルSIMカード用です。

正面にはノキア7.1のようなデザイン、つまり曲がったコーナーと18:9のディスプレイを備えた標準的なフロントフレームがあります。厚い顎と額とイヤホンと前面のカメラとの上にノキアが右上隅にブランディング。ノキアはおそらく携帯電話で自分のロゴのために奇妙な場所を選んだ唯一のブランドです、他の人はあごを使用している、または全くブランドを入れていない。非常に多くの18:9ディスプレイの電話機では、それがどんな電話であるかを知ることは決して容易ではありません。

表示

新しいNokia 3.1 Plusには、ノキア3.1以降、18:9のアスペクト比を持つ新しいHD + IPS LCD画面が搭載されています。垂直解像度がまだ720pで水平が1,440pの6インチパネルでは少し高くなります。

黒のレベルは深いですが、最大の明るさは屋外で見たときの平均値をわずかに上回ります。Sunlightの読みやすさは圧倒的ですが、競合するデバイスと同等です。

色の精度は、ディスプレイの強い領域ではカウントできません。シアン、青緑色の色合いです。

通常のユーザーにとっては、マルチメディアやゲームのための非常に平均的なディスプレイですが、フルHD解像度は私たちが期待する最低限のものです。

バッテリー寿命

  • 3500mAhバッテリー
  • ノキア、2日間のバッテリバックアップを要求 

我々は、Nokia 3.1 Plusはやや大きめだと言いましたが、それは内部にジューシーな3500mAhのバッテリーが入っているからです。ノキアはこの電話機で2日間のバッテリーを約束していますが、これは技術的には正しいですが、パワーを重視した仕事や長時間のゲームであなたの携帯電話にストレスを感じない場合に限ります。パワーユーザーは、午前10時から午後8時まで、仕事の日を過ごすことができます。

フルチャージでは、ストリーミング、メッセージング、終わりのないソーシャルメディアフィードのスクロールなど、1日の使用状況がわかりました。バッテリーが問題であれば、信頼できる日常の運転手になることができます。

カメラ

  • プライマリ: 13MP PDAF / F2.0 / 1.12um セカンダリ: 5MP BW / FF / F2.4 / 1.12um
  • 8MPフロントカメラ
  • AI機能

Nokia 3.1 Plusは、f / 2.0絞りを備えた13メガピクセルの第1レンズ+ f / 2.4絞りを備えた5.0メガピクセルの第2レンズを備えています。正面向きのカメラは、f / 2.2の開口部を備えた8メガピクセルのシューティングゲームです。

カメラの設定は普通ではありません。つまり、昼間は説得力のあるショットを取ることができますが、照明が厄介な状況では苦労します。直射日光に当たって、時には過度の露出をしてハイライトを吹き飛ばしていましたが、暗いところではいくつかの領域が汚れているようでした。それは制限されたライトでオートフォーカスと闘っているし、また、明確なショットを得るためにあなたの手を安定して保つ必要があります。

にもかかわらず、あなたはそれを良い照明と手の安定したペアを与える場合、あなたはInstagramフィードの共有ショットを得ることができます。8MPのフロントカメラは良いセルフを持っていますが、再び低照度環境では最高のものではありません。

ノキアは、スマートフォンの新しい範囲で多くの人々によって評価され終わった年を始めた。基本的に、すべてのスマートフォンは最初のラインナップの改訂版でしたが、実際のアップグレードと自信を持って呼び出すことができます。

復活後の最初のNokia製ハンドセットを、Nokia 5.1 Plus、Nokia 6.1 Plus、Nokia 7 Plusなどの新しい携帯電話と比較すると、そのフィードバックに注意を払っていることは明らかです。

リーグに加わる最新のものはNokia 3.1 Plusです。それはノキア3.1を継承し、特にオフライン市場での予算市場を目指しています。兄弟と同様に、3.1のPlusバリアントは、その前身との類似点がほとんどありません。内部のデザインから始めて、新しいものがたくさんありますが、それは価格には十分ですか、遠慮する必要がありますか?確認してみましょう。

価格と在庫状況

Nokia 3.1 PlusはRsで販売されています。白、青、バルトの3色があります。Nokia 8110 4Gの価格はRsです。5,999。両方のスマートフォンは、10月19日から小売チャネルを介して利用できるようになります。

設計

Nokia 3.1 Plusは、新しく登場した兄弟であるNokia 5.1 PlusとNokia 6.1 Plusとデザイン言語を共有しています。ここでの違いは、使用される材料にあります。他の2つの電話機は金属製とガラス製の本体を備えていますが、Nokia 3.1 Plusは上下にポリカーボネートを入れたアルミニウム製の殻で梱包されています。

後ろの金属は柔らかく、つや消し仕上げで光沢のない反射があります。リアパネルのフィニッシュは、ノキア6.1や5.1のように似ています。

外見だけでなく、携帯電話の手触りもプレミアムです。ノキアの強固な携帯電話を保証する上で、あなたが手に持っているときに、Nokia 3.1 Plusで構築された丈夫なものが感じられます。カメラと指紋センサーの周りのクロム裏地は、電話の全体的な外観に加わります。しかし、それは簡単に染色されます。

それは、指/手のひらを掘ることなく、把持して長時間保持することを容易にする、湾曲した縁を全周に有する。しかし、覚えておいてください、それは180gでやや重いです。携帯電話のサイズはNokia 6.1 Plusのような便利なデバイスと呼ばれるものではありませんが、

右側にはボリュームロッカーと電源/スリープキーの2つのソフトタッチ物理ボタンがあり、簡単にアクセスでき、触覚フィードバックを与えることができます。後部指紋スキャナーも指の下にうまく収まります。

3.5mmオーディオジャックは上部にあり、マイクロUSBポートは下部にマイクとスピーカーがそれぞれ左右にあります。左側に2つのスロットがあります.1つはmicroSDカード用で、もう1つはデュアルSIMカード用です。

正面にはノキア7.1のようなデザイン、つまり曲がったコーナーと18:9のディスプレイを備えた標準的なフロントフレームがあります。厚い顎と額とイヤホンと前面のカメラとの上にノキアが右上隅にブランディング。ノキアはおそらく携帯電話で自分のロゴのために奇妙な場所を選んだ唯一のブランドです、他の人はあごを使用している、または全くブランドを入れていない。非常に多くの18:9ディスプレイの電話機では、それがどんな電話であるかを知ることは決して容易ではありません。

表示

新しいNokia 3.1 Plusには、ノキア3.1以降、18:9のアスペクト比を持つ新しいHD + IPS LCD画面が搭載されています。垂直解像度がまだ720pで水平が1,440pの6インチパネルでは少し高くなります。

黒のレベルは深いですが、最大の明るさは屋外で見たときの平均値をわずかに上回ります。Sunlightの読みやすさは圧倒的ですが、競合するデバイスと同等です。

色の精度は、ディスプレイの強い領域ではカウントできません。シアン、青緑色の色合いです。

通常のユーザーにとっては、マルチメディアやゲームのための非常に平均的なディスプレイですが、フルHD解像度は私たちが期待する最低限のものです。

バッテリー寿命

  • 3500mAhバッテリー
  • ノキア、2日間のバッテリバックアップを要求 

我々は、Nokia 3.1 Plusはやや大きめだと言いましたが、それは内部にジューシーな3500mAhのバッテリーが入っているからです。ノキアはこの電話機で2日間のバッテリーを約束していますが、これは技術的には正しいですが、パワーを重視した仕事や長時間のゲームであなたの携帯電話にストレスを感じない場合に限ります。パワーユーザーは、午前10時から午後8時まで、仕事の日を過ごすことができます。

フルチャージでは、ストリーミング、メッセージング、終わりのないソーシャルメディアフィードのスクロールなど、1日の使用状況がわかりました。バッテリーが問題であれば、信頼できる日常の運転手になることができます。

カメラ

  • プライマリ: 13MP PDAF / F2.0 / 1.12um セカンダリ: 5MP BW / FF / F2.4 / 1.12um
  • 8MPフロントカメラ
  • AI機能

Nokia 3.1 Plusは、f / 2.0絞りを備えた13メガピクセルの第1レンズ+ f / 2.4絞りを備えた5.0メガピクセルの第2レンズを備えています。正面向きのカメラは、f / 2.2の開口部を備えた8メガピクセルのシューティングゲームです。

カメラの設定は普通ではありません。つまり、昼間は説得力のあるショットを取ることができますが、照明が厄介な状況では苦労します。直射日光に当たって、時には過度の露出をしてハイライトを吹き飛ばしていましたが、暗いところではいくつかの領域が汚れているようでした。それは制限されたライトでオートフォーカスと闘っているし、また、明確なショットを得るためにあなたの手を安定して保つ必要があります。

にもかかわらず、あなたはそれを良い照明と手の安定したペアを与える場合、あなたはInstagramフィードの共有ショットを得ることができます。8MPのフロントカメラは良いセルフを持っていますが、再び低照度環境では最高のものではありません。

Nokia 3.1 (TA-1049) 2GB / 16GB 5.2インチLTEデュアルSIM SIMフリー [並行輸入品] (ホワイト/アイアン) 新品価格
¥15,286から
(2018/12/5 10:43時点)

「AQUOS zero」レビュー ゲーミングスマホおすすめ機種

1

AQUOS zeroでいかにゲームを快適にプレイできるか

2018年の年末に発売となったシャープのスマホ、AQUOS zeroの試用機をお借りして、2カ月ほど使い倒してみました。AQUOS zeroは、AQUOS Rシリーズとは別ラインのハイスペックモデルとして位置づけられるモデルです。

AQUOS zeroは6.2インチの有機ELディスプレイを搭載し、重さ約146g・厚み8.8mmの薄型軽量ボディ、128GBの大容量ストレージを有しています。ほかにも防水機能、高画質カメラ、高性能CPU、FeliCa対応など、ハイエンドスマホとして十分な機能を持っている1台です。

薄型かつ重さ146gの軽量ボディという点も魅力十分

AQUOS zero、128GBの大容量ストレージがうれしい

AQUOS zeroで筆者が気に入った点のひとつは、ストレージ容量が128GBあることです。多くのAndroidスマホは、内部ストレージが32GBや64GBくらいで、あとは本体にmicroSDカードを入れて記憶容量を増強するようになっています。

写真や動画などのデータを溜めておくにはその方法で十分なのですが、アプリは基本的に内部ストレージに保存するため、たくさんのアプリをインストールすると内蔵のストレージ容量が圧迫されます。新しいアプリを入れるためには、何か別のアプリを削除する必要がある……という状況になった人は多いのではないでしょうか。

スペックもコストパフォーマンスも優秀。防水など日本人好みの機能も満載していて、背面にはFeliCaや指紋認証も。指紋認証は精度が高く、読み取りにストレスを感じません

さまざまなゲームアプリを入れている筆者のようなユーザーにとっては、内部ストレージが128GBもあることで、「アプリを消すしかない」を回避できるだけでかなりの魅力となるわけです。

ただし、AQUOS zeroにはmicroSDカードスロットがないので、写真や動画など日々積み重なっていくデータは、クラウドストレージや母艦パソコンに移す必要も出てきます。面倒に感じるかもしれませんが、アプリの取捨選択を迫られるよりは、対処しやすいでしょう。

  • ストレージ容量は128GB。microSDカードスロットを持ちませんが、アプリは基本的に内蔵ストレージに保存(インストール)するめ、内蔵ストレージが大容量というだけで価値があります

AQUOS zero、やっぱりキレイな有機ELディスプレイ

次にディスプレイです。AQUOSスマホといえば、ハイスピードIGZO液晶による120Hz高速リフレッシュレート(*)や高画質が売りでしたが、AQUOS zeroは有機ELディスプレイを採用しています。高コントラストと高精細さはIGZO以上です。特に発色の良さはさすが有機ELといったところ。

AQUOS zeroのリフレッシュレートは60Hzですが、特にもっさりとした印象はありません。また、有機ELで言われる「焼き付きやすい」(簡単にいうと表示の残像が薄く残ったままになる状態)は、未知数。2カ月程度の試用では、目に見える焼き付きはありませんでした。

(*)リフレッシュレート
画面が1秒間に描き変わる回数。一般的な液晶画面は60回(単位はHz)。リフレッシュレートが高くなると、動きの速い映像やゲームなどがよりクッキリと表示されるようになります。ただし見た目の感じ方は個人差があり、リフレッシュレートを高くすると消費電力も上がるため、一概に高リフレッシュレートが優れているとはいえません。

さて、AQUOS zeroのディスプレイは狭ベゼル仕様で、全面ほぼ画面という印象。フチに向かって湾曲しているのが特徴的で、タッチ抜けが起こりやすそうな感じですが、独自のタッチチューニングをしているだけあり、タッチ感は良好です。

  • 本体をわしづかみにすると、手のひらや指の付け根に画面のフチが反応(タッチと認識)することもありますが、普通に持っているぶんには大丈夫です

持ち方によっては、手のひらの一部が画面端に触れて、タッチ操作がイマイチになることもあるため、多少の慣れは必要かもしれません。ゲームをプレイするときは、本体のフチをしっかり持つようにすれば、タッチ操作に影響もなく、端のほうまで的確なタッチ操作ができます。タッチ自体も思ったところにタップができるので、細かいタップ操作が必要なゲームでも、ミスにならずにプレイできます。

ワイヤレス完全イヤホンWF-SP900  タップ操作ができない/音量調節ができないなどの不良の際は!

2018年10月27日発売のワイヤレスステレオヘッドセット「 WF-SP900 」レビューをお届けいたします!

スポーツ用としての完全ワイヤレス イヤホンとして登場の WF-SP900 。しっかりとした装着感とスリムな筐体

WF-SP900は防水・メモリー搭載のアクティブなワイヤレスイヤホンとして、スマートフォン等とのBluetooth接続に加えて、音楽再生プレーヤーなしでも内蔵メモリー(4GB)により音楽再生が可能となっています。

タップ操作ができない/音量調節ができない

タップセンサーがロックされていないかご確認ください。
ロックされている場合は、以下の手順でロックを解除してください。

  1. プレーヤーを両耳に装着する。
  2. Bluetooth機能がオンの場合は、ボタン()を2秒長押ししてBluetooth機能をオフにする。
  3. ボタン()を2秒長押しする。

プレーヤーを同梱の充電ケースに取り付けた場合も、ロックは解除されます。

問題がタップセンサーのロックでない場合は、以下をお試しください。

  • 充電ケースに取り付けて電源を切ってください。その後、充電ケースからプレーヤーをもう一度取り出してください。
  • ボタン(と)を30秒間押し続けて、リスタート(再起動)してください。
  • タップセンサーをタップしても音量が調節できない場合は、指を立てるようにして、やや強めにタップしてみてください。

クイックサウンド設定を使う

クイックサウンド設定を使うと、お使いの状況に応じてイコライザーや外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)を簡単に設定できます。

  1. ボタン()をすばやく2回押す。 「Quick Sound Settings ON」と音声ガイダンスが聞こえ、クイックサウンド設定がオンになります。

クイックサウンド設定をオフにするには

再度、ボタン()をすばやく2回押します。

「Quick Sound Settings OFF」と音声ガイダンスが聞こえ、クイックサウンド設定がオフになります

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」本体のアップデート手順・やり方

完全独立型イヤホンのソニーの「WF-1000X」。左右のハウジングを結ぶ線がないケーブルレスでありながら、アクティブノイズキャンセリングの機能まで持っている、全部入りなモデルです

今回は本体のアップデートについてご紹介します! F-1000X アップデート手順(Android)

1 はじめに

本機のアップデートは、以下の手順で行います。なお、所要時間は約17分かかります。

  1. サーバーからAndroid 機器にデータをダウンロード。
    (ファイルサイズは約1MBです。)
  2. Android 機器からヘッドホンへデータを転送。
  3. ヘッドホンにてアップデートの実行。

注意1) アップデートのダウンロード中、データ転送中、アップデート実行中は、「本体を充電ケースに挿入」したり、「電源OFF」を絶対にしないでください。これらの操作をしてしまいますと、本機が使用できなくなることがあります。 注意2) 極力Bluetoothの接続が安定している環境でアップデートを行って下さい。
※電車など乗り物に乗っている状態やWi-Fiや電子レンジ、コードレス電話などの2.4GHz帯の電波が多く飛び交うような環境ではアップデートを行わないようご注意ください 注意3) WF-1000Xやスマートフォンのバッテリーライフが十分にあることをご確認の上アップデートを行って下さい

アップデートには、以下を満たすAndroid 機器(Android 4.4以降)を用意してください。

  • インターネットに接続されている。
  • 最新版の「Sony | Headphones Connect」(v2.1.2以降)がインストールされている事。

2 「Sony | Headphones Connect」を起動してください。

3 「Sony | Headphones Connect」とWF-1000Xを接続してください。

3.1 一度も「Sony | Headphones Connect」と接続したことが無い場合。

3.1.1 画面の指示に従い、接続してください。

3.1.2 接続が終わるとこの画面になります。

3.2 既に、「Sony | Headphones Connect」と接続したことがある場合。

3.2.1 「WF-1000X」を押下してください。

3.2.2 接続が終わるとこの画面になります。

4 アップデートが存在する場合は、「ヘッドホンのソフトウェアの更新が可能です。」と表示されます。

5 「詳細」を押下してください。

「バージョン 1.0.7」と表示されていることを確認してください。

6 「OK」を押下してください。アップデートが開始されます。

7 ダウンロード中の画面です。ダウンロードが終わると自動的に次の画面に遷移します。

8 転送中の画面です。転送が終わると自動的に次の画面に遷移します。

9 更新中の画面です。約1分かかります。この工程の間、「本体を充電ケースに挿入」したり、「電源OFF」を絶対にしないでください。
これらの操作をしてしまいますと、本機が使用できなくなることがあります。

10 ソフトウェアの更新が完了しました。と表示されます。

11 「OK」を押下してください。下記の画面が表示されます。

Androidの場合、上記6から10の手順で約17分かかります。

*上記7、8の手順で下記の表示が出て失敗する場合があります。

その場合は

  1. 「OK」を押下してください。
  2. WF-1000Xを一度充電ケースに格納してから取り出してください。
  3. 「Sony | Headphones Connect」を再起動し、再度1からアップデートを行ってください

ワイヤレス完全イヤホンWF-SP900 初期化(フォーマット)のやり方!プレーヤーの設定と本体メモリーリセット



今回は2018年10月27日に発売された「WF-SP00」を思い切って購入したので、使用感や設定のコツなどをあなたに共有したいと思います。

完全ワイヤレスのBluetoothヘッドホンの初期化についてご紹介します!

プレーヤーの設定と本体メモリーを初期化(フォーマット)する

プレーヤーを初期化(フォーマット)すると、プレーヤーは以下の状態になります。

  • 各種設定は、工場出荷時の状態に戻ります。
  • Bluetooth機器登録(ペアリング)情報は削除されます。
  • プレーヤーの本体メモリーに保存されているすべてのデータ(音楽ファイル、プリインストールデータなど)が消去されます。

初期化(フォーマット)する前に、重要なデータはバックアップを取ってください。

  1. 音楽再生を一時停止する。
  2. Bluetooth機能がオフであることを確認する。
  3. ボタン()を15秒長押しする。

    ランプ()がゆっくり点滅します。

  4. ボタン()から指を離す。

    ランプ()が点灯します。

  5. ランプ()が点灯してから30秒以内に、ボタン()をすばやく2回押す。

    ランプ()の色が変わります。
    30秒以内にボタン()をすばやく2回押さないと、初期化(フォーマット)はキャンセルされます。

  6. ランプ()が点灯している間に、ボタン()を押す。

    ランプ()が速く点滅して、初期化(フォーマット)が実行されます。初期化(フォーマット)が完了すると、ランプ()が消灯し、プレーヤーの電源が切れます。

ご注意



防滴ソニー「WF-SP700N」音が出ない・音量調節・小さいときの対処法。

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-SP700N」(公式ページ)。左右が独立した完全無線タイプのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載し、さらに防滴性能まで備えています

WF-SP700N アップデート手順(Android)

音が小さい

  • 音量調節は接続機器側で行ってください。機器によっては音量を調節できないことがあります。その場合はスマートフォン用アプリ“Sony | Headphones Connect”をインストールし、アプリ上で音量調節を行ってください。

音楽再生時にできること(Bluetooth接続)

お使いのBluetooth機器が機器操作機能(対応プロファイル:AVRCP)に対応していれば、以下のような操作が可能です。Bluetooth機器によってできる機能は異なりますので、お使いの機器の取扱説明書をご覧ください。

R側のボタンを押して操作します。

  • 再生:一時停止中に1回押します。
  • 一時停止:再生中に1回押します。
  • 次の曲の頭出し:2回押します。( 
  • 前(または再生中)の曲の頭出し:3回押します。(  
  • 早送り:1回押して離してから、もう一度押し続けます。( 
  • 早戻し:2回押して離してから、もう一度押し続けます。(  

ご注意

  • 音量調節は接続機器側で行ってください。機器によっては音量を調節できないことがあります。その場合はスマートフォン用アプリ“Sony | Headphones Connect”をインストールし、アプリ上で音量調節を行ってください。
  • 通信状態が悪いと、ヘッドセットの操作に対してBluetooth機器が誤動作する場合があります。
  • 接続する機器によってできる機能が異なります。上記の操作をしても異なる動作をしたり、動作しない場合があります。
  • 音が出ない

    • お使いのスマートフォンアプリ(HFP/HSPプロファイルを使用するもの)によっては、音声がL側からのみ聞こえ、R側からは聞こえない場合があります。
    • 接続先の機器とヘッドセットL側、R側の両方の電源が入っているか確認してください。
    • ヘッドセットと送信側Bluetooth機器が、A2DPでBluetooth接続されているか確認してください。
    • 音量が小さすぎるときは音量を上げてください。
    • 接続先の機器で正しく再生されているか確認してください。
    • Bluetooth機器とヘッドセットをもう一度機器登録(ペアリング)してください。

防滴ソニー「WF-SP700N」初期化・音声アシスト機能(Googleアプリ)の使用法

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-SP700N」(公式ページ)。左右が独立した完全無線タイプのイヤホンで、ノイズキャンセリング機能を搭載し、さらに防滴性能まで備えています。

初期化する

ヘッドセットを充電ケースから取り出して、L側のボタンを2秒以上押してヘッドセット(L側とR側)の電源を切ってから、L側とR側のボタンを同時に15秒以上押し続けてください。

ランプ(赤)が点滅し、ランプ(青)が4回点滅して(   )、ヘッドセットが初期化されます。工場出荷時の設定に戻り、すべての機器登録(ペアリング)情報を削除します。この場合は接続相手の機器からヘッドセットの登録を一度削除して再度機器登録をしてください。

操作の途中でボタンから指を離したりして初期化が正しく完了しなかったときは、ヘッドセットのランプ(赤)が点灯したままになります。その場合は、もう一度ケースに収納してから、再度初期化の操作を行ってください。

初期化しても動作が改善されないときは、ソニーの相談窓口またはお買い上げ店へお問い合わせください。

Androidスマートフォンに搭載されているGoogleアプリを起動して、ヘッドセットのマイクから声でAndroidスマートフォンを操作することができます。

Googleアプリ使用時はスマートフォンからの音声はL側からのみ聞こえます。

  1. アシストと音声入力の選択をGoogleアプリに設定する。

    Androidスマートフォンで[設定]-[アプリ]で表示した画面の右上にある歯車アイコンを選択します。
    [標準のアプリ]-[アシストと音声入力]の順に選び、[アシストアプリ]を Googleアプリに設定します。

    上記の操作は一例です。詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書をご覧ください。

    注: 最新版のGoogleアプリが必要なことがあります。

    Googleアプリについて詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書やサポートページまたはGoogle Playストアのウェブページをご覧ください。

    Androidスマートフォンの仕様により、ヘッドセットからのGoogleアプリの起動に対応しない場合があります。

  2. ヘッドセットをAndroidスマートフォンにBluetooth接続する。
  3. Androidスマートフォンがスタンバイ状態または音楽再生中のときに、R側のボタンを押したままGoogleアプリを起動する。

    Googleアプリが起動し、起動音が聞こえます。

  4. ヘッドセットのマイクを通して、Googleアプリに頼みごとをする。

    Googleアプリと連携しているアプリなどについて詳しくは、Androidスマートフォンの取扱説明書をご覧ください。

    Googleアプリを起動した後、頼みごとをしないで一定時間たつと、ビープ音が鳴り音声入力が解除されます。